2020年05月24日

[漫画] datasea: 夢記録,2020.5.3 〜渋谷コロナ封鎖



















posted by datasea at 23:01| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原照子: 各地で活発化する日本の火山〜「米丸」


世見2020年5月20日 富士山
2020/05/20 00:00
世見2020年5月
<世見>
世見2020年5月20日 富士山
日本の象徴といえば富士山。
全世界に富士山の美しさは知られています。
新型コロナウイルスのために、外国人観光客が今訪れることはありませんが、2000年の9月に訪日団体旅行ビザが解禁され、旅行ブームに沸く中国人の間でも、富士山は人気スポットになり、多くの人が富士山を見にやって来ています。
富士山はれっきとした活火山。
きれいな円錐形をしているのは、過去何度も噴火を繰り返した証です。今から10万年前までに小御岳という火山をつくりました。その後も噴火は続き、1万3000年前までに古富士を形成しました。そして、1万1000年ほど前になって大噴火が起き、その時に出来たのが現在の富士山です。
小御岳の更に下に、先小御岳があるのも見付かっています。富士山が出来てからも噴火は繰り返されていて、864年の貞観大噴火では、流出した溶岩流が青木ヶ原に流れ込みました。
あの当時、“せのうみ”という湖がありましたが、この時の大噴火で分断されて西湖と精進湖をつくりました。この両方の湖と本栖湖は水中でつながっているとも言われています。
貞観大噴火の時と噴火物総量が同等以上と言われているのが、1707年に起きた宝永大噴火です。313年前の出来事です。貞観大噴火から宝永大噴火までにかかった年数は843年です。
出来れば後500年以上大噴火は避けて欲しいとは思いますが、500年後の人々が苦しむのは胸が痛みます。いつ大噴火をしてもおかしくない富士山ですが、あの美しいお姿は見るものの心を癒します。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/475187021.html








世見2020年5月14日日本の火山
2020/05/14 00:00
世見2020年5月
<世見>
世見2020年5月14日日本の火山
4つものプレートがぶつかり合う狭間にある日本列島。世界有数の火山国日本には、活火山がなんと世界の1割近くもあるのです。温泉や地熱利用などの恩恵を与えられてもいますが、火山との付き合い方は非常に難しいのが現実です。
2014年の9月、御嶽山で水蒸気爆発が発生して、死者58名、負傷者69名、行方不明者5名を出してしまいました。このことから、気象庁は2015年の8月、噴火速報の運用を開始したのです。現在は24時間体制での監視が行われていますが、“常時観測火山”が対象です。
噴火速報はとてもシンプルな内容で、火山名、年月日時分、気象庁地震火山部発表。
「○○山で噴火発生 令和○○年○○月○○日○○時○○分頃、噴火が発生しました」
というのが流れるのですが、どれだけ役立つのでしょうか。東京都心からも近い観光地、温泉地として人気が高いのが箱根ですが、2015年の5月6日、噴火警戒レベルを1から2へ引き上げたことがありました。大涌谷で新たな噴気孔ができ、噴出物の堆積も見られ、6月30日にはレベル3への引き上げが行われたのですが、覚えておられますか?あれから5年が経ちましたが、今も大涌谷は元気です。レベル3というのが入山規制です。居住地域近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生しているか、それが予想される状態で登山禁止です。
各地で活発化する日本の火山。このように書きたくはないのですが、いつ「噴火警戒レベル5」が起きるかわかりません。
「米丸」‥‥40数年前に知り合った方の名前が浮かびました。「米丸さん元気ですか?」と書きたいのではなく、「米丸」この名前が気になりました。
桜島の近く?

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/475187021.html




posted by datasea at 10:50| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原照子: コロナと天災が重なったら。。

松原照子: コロナと天災が重なったら。。
世見2020年5月15日 新型コロナウイルス
2020/05/15 00:00
世見2020年5月
★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報
世見2020年5月15日 新型コロナウイルス
新型コロナウイルスには、紛争を沈める力があるのかもしれませんね。
昨年も異常気象が多発して、日本も多大な被害を受けました。台風19号は、死者・行方不明者90人以上を出す災厄でした。全国で堤防決壊、土砂崩れ、住宅への浸水、道路や橋の破壊が起き、水害の恐ろしさを心に叩き込まれてしまいました。あの台風19号から未だ10カ月しか経っていないのに、新型コロナウイルスが世界を恐怖の渦に巻き込んでしまっています。
昨年の7月、イタリア南部のストロンボリ島で火山が噴火して、住人や観光客約70人が避難したのですが、恐怖のあまり海に飛び込んだ人がいたと言うのですから、それくらい噴火の威力は凄まじかったのでしょう。そのイタリアが、今年は新型コロナウイルスで苦しめられているのです。
2020年、世界の歴史の中に、この「新型コロナウイルス」は強烈な言葉として残されることと思います。
ブラジルでは森林火災が起き、スペインでも森林火災が起きました。今年も、多くのハリケーン・サイクロン・台風がやって来ることでしょう。モンスーンが呼ぶ大雨が猛威を振るい、多くの犠牲者を出す‥‥そんな思いもいたします。
新型コロナウイルスが完全に治まらない限り、被災者の人々が集まる場所で新型コロナウイルスが広まってしまったらどうなるのだろうか、という心配は続くのです。
梅雨も近付いています。「今年 災害は起きない」と申し上げたいのですが、今年も集中豪雨や短時間大雨警報も出されるでしょうし、道路や橋の破壊、住宅への浸水、河川の氾濫も、起きると思えて仕方がないのです。大地震だけは起きないでください、と心から願わずにはおれません。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/475137206.html


posted by datasea at 04:50| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする