2020年01月07日

Christopher Watson: イラン危機は主要メディアによる偽旗プロパガンダ〜スレイマニ司令官は死んでない

Christopher Watson: イラン危機は主要メディアによるプロパガンダ〜スレイマニ司令官は死んでない
By Christopher Watson
Contributor profile | More stories
Now:27Last Hour:192Last 24 Hours:1,851Total:1,851
Oops! Caught Ya ABC! Fear-Mongering War Propaganda in Full Swing!
Monday, January 6, 2020 16:30

Before its News
https://beforeitsnews.com/alternative/2020/01/oops-caught-ya-abc-fear-mongering-war-propaganda-in-full-swing-3709523.html






米主要メディアのイラン報道は恐怖をあおるプロパガンダ〜スレイマニ司令官は死んでない
2020/01/07 18:27
主要メディアは、いつもの通り、世界中の人々に向けた印象操作に夢中です。
テヘランに集まった大勢のイラン市民は一体誰なのでしょうか。どうせ、現政権の支持者ら(シーア派?)と外国人がイラン独裁政府からテヘランに集まるよう命令されたのでしょう。日当も払われずに?それとも時給1000円くらい?
イランでも長い間激しい反政府デモが続いていますが、SNSでイラン人が伝えた通り、殆どのイラン人は国民を独裁支配している現政権を倒したいと思っているのだそうです。しかも大量虐殺してきたスレイマニ司令官が殺害されたことにほっとしているようです。スレイマニ司令官はイラン人のヒーローではなく恐ろしいテロリストということだそうです。
日本のマスコミもテヘランで多くの市民が集まり司令官の死を悲しんでいる映像を見せていますが、本当にあんなに多くの人が集まったのでしょうか。一部はCGではないでしょうか。何しろ、カメラ目線で涙を流し彼の死を嘆き悲しんでいたイラン人男性は撮影されていないときには笑顔で歩いていたのですから。なぜそんなにうれしいの?貧困に苦しんでいたのに、今回は政府から日当が出たのかもしれません。
疑問点:
本当に司令官は殺害されたのか。
テヘランに集まった大勢のイラン市民の映像は本物か?
トランプがスレイマニ司令官を殺害した理由は彼が多くの米軍兵士を殺害し米国の脅威だったためなのか。
それとも、トランプも彼ら(イルミ・フリーメーソン)のシナリオ通りに動いているだけなのか。
トランプと習近平の貿易交渉が後回しにされた理由は、トランプがイランに対応するためだったのか。それとも大統領で再選された後に中国には本格的に対応するつもりなのか。
それとも、イランとの対立を激化することで中国には自由を与え復活のチャンスを与えているのか。それを知っている安倍総理は中国経済に頼ることにし、習近平をおだてて国賓で招こうとしているのか。
トランプは本気で習近平や中国共産党をつぶす気ではないのか。それともイランの現政権をつぶすことで習や
中国共産党も一緒につぶすつもりなのか。
解らないことだらけですが、解っていることは、主要メディアがいつもの通りの印象操作、偏向報道をやっているということです。
<イランに関して主要メディアによる恐怖をあおるプロパガンダ報道が露わになりました!)
https://beforeitsnews.com/alternative/2020/01/oops-caught-ya-abc-fear-mongering-war-propaganda-in-full-swing-3709523.html
(概要)
1月6日付け
以下のビデオをご覧ください。
(概要)
私は、米軍によるイラン革命防衛隊のカッセム・スレイマニ司令官殺害に関して全てを理解していると言っているのではありません。しかし1つだけ知っていることがあります。
主要メディア(フェイクメディア)と政府筋(共和党や民主党政治家ら)が今回の出来事に関して共に嘘をつき続けているということです。
なぜなら、スレイマニ司令官殺害に関する情報は主要メディアと政府筋からしか出ていないからです。彼らが流す情報が真実かどうかは疑問です。
メディアの報道によると、多くのイラン人が「米国に死を、米国民を斬首せよ」と叫んでいるようです。
私がジャーナリストなら、実際にテヘランに行き、スレイマニ司令官が米国に殺害されたことに怒り狂い嘆き悲しむ何千人ものイラン人の一部に直接インタビューしたいと思いますが、ABC、GMA、グッドモーニングアメリカなどの主要メディアも現地のイラン人にインタビューを行ったようです。
(1:32)
では、こちらの映像をご覧ください。
(どのメディアも、大勢のイラン市民が米国に怒り狂っておりイランの報復は免れない、米政府は国内テロの脅威に警戒している、世界の緊張が非常に高まっており、スレイマニ司令官殺害で米国とイランの対立が激化しているなどと報道しています。)
このようにメディアは薬漬けで不安定な精神の米国民に訳のわからない恐怖をあおっているのがわかります。米国民はこのような恐怖に満ちたニュースを流している主要メディアや悪徳政治家らの邪悪なアジェンダを理解できていません。
グッドモーニング・アメリカのニュースで現地に行ったジャーナリストからどのように伝えられているか見てみましょう。
(2:50〜)
心配いりませんよ。このように、共産主義ニュース・ネットワークが放送前にやらせの準備をしているところは映されませんから。
(2:56〜)
ではニュース本番を疑いの目で見てみましょう。
ニュース:
「非常に多くのイランの人々がテヘランの街に集まり、尊敬するスレイマニ司令官の死を嘆き悲しみ米国に対する怒りの抗議デモを行っています・・・。ご覧ください、重要なモスクの上にイスラム教の赤旗が掲げられています。この旗は戦いの象徴です。イランは報復のために軍隊を招集しています。」
そうです。イランは報復のために軍隊を招集していると伝えています。ひどい恐怖感を味わいたいなら主要メディアの報道を信用しましょう。イラン人はこれまで以上に米国民を憎んでいるなら、トランプがやったことの報復として米国民を殺害しなさいね!
ニュース:
「イラク議会は米軍を国外追放することに賛成しました。一方、トランプはイラクに対する経済制裁とイラン政府の戦争犯罪行為を非難し彼らに対抗するつもりです。」
スレイマニ司令官が殺害される前に、アルカイダ系テロ集団はケニアで3人の米軍兵士を殺害し、スレイマニ司令官は600人以上の米軍兵士(中東で)を殺害したのです。米軍がイラクから追放されることになったことにトランプは激怒しイランの重要拠点を攻撃しました。イランは米国民を殺害すると誓っています。米国内では警備が強化されています。
(4:30〜)
そしてこちらはかわいらしいABCのマーサさん(ジャーナリスト)です。現地から伝えてくれています。
彼女は、米国を憎む血に飢えたイラン人たちについてスクープとして伝えています。
(40:40〜)
マーサさん:
「おはよう、マイク。私は、イランの反米抗議デモの現場に来ています。このような大規模デモは過去に見たことがありません。多くのイラン市民が街頭に出て私たちを囲み激しい悲しみと怒りが混じりあった強い感情で、「アメリカに死を」と叫びながら行進しています。」さて、マーサの現地リポートが終わった時点でイラン国民がどのように感じているのかを確かめてみましょう。
イランが最も憎むべき米国からカメラマンやジャーナリストが現地にやってきたのです。何しろ米国の大統領が親愛なるスレイマニ司令官を殺害したのですから、彼らは米国の報道陣にも怒りを感じているはずです。彼らはそのようなイラン市民に囲まれながら勇敢に取材をしているのでしょう。
マーサさん、あなたはこんなくだらない嘘を我々が信じるとでも思っているのですか。
(5:35〜)
メディアは、映像と共に、大勢のイラン市民がテヘランの司令官の葬儀に集まり彼の死を嘆き悲しみながら歩いていると伝えています。映像には非常に多くのイラン市民が集まっている様子を映しています。
そしてマーサさんは、現地で一人のイラン人男性(青いジャケットを着ている)にインタビューを行いました。
(6:00〜)
イラン人男性はカメラ目線で「トランプは大きな過ちを犯した。彼は我々のヒーローを殺したんだ。」と言いました。
マーサさん:
「非常に多くの民衆が集まり、感情的になっています。多くの人々がスレイマニの写真を抱いて死を悲しんでいます。彼らのメッセージは非常にはっきりしています。彼らは報復を望んでいます。」
(6:37〜)
こちらの映像の中に、マーサさんの背後に笑顔のイラン人が携帯で通話している様子が映ってしまいました。
(6:50〜)しかも、さきほどマーサさんがインタビューした青いジャケットを着たイラン人男性も笑顔で歩いている様子が画面の右側に映りました。
(7:10〜)
しかし、青いジャケットを着たイラン人男性はカメラの前では涙を流して怒りをぶつけていました。画面の左側が涙と怒りの表情。右側が笑顔の表情。(私:これ、笑っちゃいました。演技うますぎ!)
(7:15〜)
マーサ:
「大勢のイラン国民がテヘランに集まり、アメリカに死を!と叫んでいます。」
そして司令官の葬儀の様子まで映しています。映像にはイランの指導者らがみな泣いている様子が映し出されています。
マーサ:
「1989年のアヤトラ・ホメイニの死以来のイラン最大の葬儀となりました。人々はジハードを求めています。イランの国会議員らもアメリカに死を、と叫んでいます。そしてモスクの上に掲げられた赤旗は宣戦布告の象徴です。」
赤旗ねえ。フェイクニュース・メディアによって感傷的になっている視聴者は今後もあちこちで赤旗が掲げられている映像を目にするでしょう。
そして今後も偽旗事件が次々に起こされても驚かないでください。
権力を握っていてはいけない権力者らは、米国民から銃を奪い取るために米国各地に警察や軍隊を配備し米国民を監視しようとしています。イランで起きていることはその流れの一環です。
米国各地に配備された警察や軍隊は(イランの)テロに対するセキュリティの強化という口実でライフルを持って監視を始めています。
しかし本当にそのような脅威があるなら、政府は、米国民に武器(銃)を持ってイランのテロの脅威に立ち向かえと訴えるはずです。しかし米国民に銃で立ち向かえなどとは言いません。                      ↓
<国連による米国侵略計画と銃の押収>
https://www.naturalnews.com/2020-01-02-un-hiring-disarmament-officers-field-missions-new-york-un-occupation-of-america.html
(一部)
1月2日付け
国連は、国連占領計画の一環として、DDR武装解除・動員解除、復帰の担当官らを雇い、ニューヨークでのフィールドミッションを行わせることにしました。
国連は、ニューヨーク州の住民らから銃を押収するために、2019年12月26日から2020年2月8日までの間で、DDR武装解除・動員解除、復帰の担当官(英語が理解することが必須)を募集することにしました。採用された担当官らは市民を武装解除(銃の押収)し、市民による集団抗議活動を阻止することになります。つまり国連は、これから、米国民から本格的に銃を押収するということです。2017年にボイキン民主党議員は、米国内で暴力による被害者を助けるために(との口実で)、米国各都市に国連部隊を配備し国連の米国占領を求めたのです。そして、2,3か月前に極左のイルハン・オマル民主党議員もまた国連に米国を占領してほしいと訴えたのです。国連のDDR作戦により国連部隊は米国民の武器を押収し武器の独占権を得ることになります。
グローバリストは米国内のコミュニティで起きている暴力を削減し平和を維持するために市民から銃を押収するべきなどと言っていますが、全く意味不明です。しかし国連による銃の押収作戦がニューヨーク州でコミュニティレベルで始まりました。2013年にオバマ大統領は国連と武器貿易条約を成立させましたが、それにより国連が米国民から銃を押収することができるようになったということです。国連が定める「平和」はヒトラーが定めた「平和」と同じです。それは、国連が武器の独占権を有し、市民から全ての銃を押収することで市民が自らの身を守れなくすることです。ニューヨーク州の住民が銃の押収の最初の標的になった理由は、ニューヨーク州では銃を所持している人が他の州に比べて少ないため国連部隊に抵抗することが難しい状況だからです。しかも非常に厳しい銃規制が敷かれた州でもあります。ニューヨーク州での銃の押収が終われば、次はニュージャージー州や近隣の州に拡大していきます。
バージニア州では既に国連部隊が配備されトランプ(トランプ殺害或いはホワイトハウスから追放する)への武力攻撃のための準備が進められています。トランプがいなくなった後にナンシー・ペロシが大統領代行として任命されます。
もうじき、米国内の外国部隊が大規模偽旗攻撃と反トランプのクーデターを起こし米国を侵略するでしょう。これらの一連の動きは米国の解体を目指すものです。これまでにないほど大規模偽旗攻撃が起こされますが、主要メディアはトランプにその責任を擦り付け、彼を白人至上主義の独裁者と非難しながら、ホワイトハウスから去ることを要求するでしょう。それでもトランプが大統領を辞任しないなら、国連は数千人規模の国連部隊(及び武装車両)を全米に配備させ、全米国民から銃を押収するでしょう。そして銃を渡さない米国民は公開射殺します。既に米国内では戦争が始まっています。
ディープステートも民主党もトランプの再選が我慢ならないのです。なぜならトランプが再選されれば、さらに4年間、民主党の重鎮ら(ジョー・バイデン、クリンゴン、オバマ、他)による汚職、反逆行為、犯罪行為が追及されることになるからです。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52048263.html







ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった!
転載します。
貼り付け開始
https://ameblo.jp/yamatokokoro500/entry-12565077087.html
【JB press】記事より↓↓
米軍が殺害、ソレイマニは大量殺人テロの親玉だった
「米国vsイラン」危機の深層(前編)
2020.1.6(月) 黒井 文太郎
(黒井 文太郎:軍事ジャーナリスト)
2020年1月3日、米軍の無人機がイラクの首都バグダッドにあるバグダッド国際空港を攻撃し、イラン革命防衛隊コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官と、親イラン派民兵「人民動員隊」(PMF)のアブ・マフディ・ムハンディス副司令官を殺害した。
コッズ部隊はイラン革命防衛隊の特殊工作部隊で、主に海外での破壊工作を担当している。PMFはそんなコッズ部隊の指揮下にあるイラクのシーア派民兵の集合体である。ムハンディス副司令官は、その中でも最強硬派の「カタイブ・ヒズボラ」の司令官だ。
■発端はイラクの「反イラン」デモ
カタイブ・ヒズボラは2019年12月27日にイラク北部・キルクークの米軍基地をロケット砲で攻撃して軍属の米国人1人を殺害するなど、イラク駐留米軍への攻撃を繰り返していた。対する米軍は翌28日にカタイブ・ヒズボラの拠点を空爆。それを受けて、同31日からは、在バグダッド米国大使館へのデモが発生。デモ隊は大使館の壁を放火したり、大使館内への侵入を試みたりするほど激化したが、このデモもPMF支持者が動員されたものだ。こうした事態に、米国のトランプ大統領は対応を迫られた。米紙「ニューヨーク・タイムズ」によると、トランプ大統領は12月29日にエスパー国防長官らから複数のプランを提示されたが、31日に米国大使館がデモ隊に襲撃されたことに激怒し、民兵の拠点への爆撃以上の作戦の検討を指示。最終的に1月2日夕刻、ソレイマニ司令官殺害の命令を下したという。
同紙によれば、ソレイマニ殺害計画はもともと、大統領の選択肢を増やす目的で、国防当局がとりあえず含めていたものだったらしい。ソレイマニ殺害はたしかに事件としては衝撃的だったが、当然、そこに至った経緯はある。なにもトランプ大統領が唐突に決めたわけではない。
まず、もともとは近年、イランがイラクでの影響力を拡大し、ほとんど「支配」するに至ってきたという背景があった。サダム・フセイン打倒後にイラクの政権を握ったシーア派政権はもともとイランとの関係は深かったが、2014年から本格化したISとの戦いで、さらにイランの影響力が拡大した。ISとの戦いにはイラク政府軍に加えてシーア派民兵が参戦している。その民兵組織「人民動員隊」(PMF)はイラク革命防衛隊コッズ部隊の指導下にあった。その工作を指揮していたのがソレイマニ司令官である。PMFはイラク政府の軍や治安部隊、警察に匹敵する勢力となり、IS敗走後のスンニ派地区で住民を虐待するなど、暴虐の限りを尽くした。その勢いはさらに強まり、2016年11月には、ほとんどイランの傀儡と化していたイラク国会で、PMFはイラク政府の正規の部隊と認定された。イラク政府もイランの強い影響下に置かれたが、同時に、ソレイマニ司令官はPMFを中心に強大な「支配権」を手に入れていた。その後、2017年7月にモスルが奪還されると、2018年から2019年にかけてISは壊滅。イランのイラクでの影響力はますます強化された。
そんななか、2019年10月、バグダッドを中心に大規模な反政府デモが発生した。その反政府デモは従来の宗派対立ではなく、腐敗したイラク政府への批判のデモだった。しかし、前述したように現在のイラク政府はイランの強い影響下にあり、今回の反政府デモは“反イラン”デモの性格も帯びた。シーア派の聖地・ナジャフのイラン総領事館も放火され、当然、イラン側も危機感を高めた。今回のソレイマニ殺害に至る緊張のエスカレーションは、そもそもはこの“反イラン”デモが発端になっているといえる。
まず、これらのデモを、イラク政府治安部隊とシーア派民兵が実弾で弾圧し、400人以上の死者を出した。弾圧を主導したのは民兵組織PMFである。こうしてイランの影響下にあるイラク内の勢力が、イラク国民を弾圧する状況で、PMF内の民兵が米軍を攻撃した。当然ながら、イラク国民の関心を駐留米軍に向けるためだろう。PMFが国内での住民弾圧のみならず、米軍にまで手を出す時に、「親分」であるソレイマニ司令官の指示を仰がないということは考えにくい。つまり、少なくともここからはソレイマニ司令官が指示もしくは承認したテロ作戦だった可能性がきわめて高いのだ。そして、それに対し、米軍が反撃したところ、在バグダッド米国大使館襲撃デモは起きた。こうして米軍とPMF=ソレイマニ陣営との緊張は急速に高まっていた。
 ■次なる作戦を準備していたソレイマニ
以上をまとめると、構図としては以下のようになる。
◎イランがイラク政府を事実上、牛耳る

◎イラク民衆が腐敗したイラク政府を非難し反政府デモ

◎反政府デモが“反イラン”デモに拡大

◎親イラン派民兵が、デモ隊を実弾で弾圧

◎親イラン派民兵「カタイブ・ヒズボラ」が米軍基地をロケット弾攻撃

◎米軍がカタイブ・ヒズボラの拠点数か所を空爆

◎親イラン派が米国大使館にデモ。大使館に放火を図るなど過激化する。
こうした状況で米軍は、親イラン派民兵司令官と合流していたソレイマニ司令官をピンポイント攻撃で殺害したという流れである。ソレイマニに焦点を当てると、前述した構図解説は、以下のようにも書き換えられる。
◎イランがイラク政府を事実上、牛耳る。イラク国内でのイラン側の工作を取り仕切ったのがソレイマニ司令官

◎イラク民衆が腐敗したイラク政府を非難し反政府デモ

◎反政府デモが“反イラン”デモに拡大

◎ソレイマニ配下の民兵が、デモ隊を実弾で弾圧

◎ソレイマニ配下の民兵が米軍基地をロケット弾攻撃

◎米軍がソレイマニ配下の民兵の拠点数か所を空爆

◎ソレイマニ配下の民兵支持者を中心に米国大使館にデモ。放火を図るなど過激化する
こうした局面で、ソレイマニ司令官はバグダッドに入り、配下の民兵司令官と合流した。米軍への攻撃を繰り返している民兵のトップと合流したということは、次なる作戦の準備だろう。今回の件で米国防総省は「米国外交官や米軍に対する攻撃を防ぐためだった」と発表したが、それはそのとおりだ。
■テロ・弾圧・殺人の張本人だったソレイマニ
殺害されたソレイマニ司令官は、20年以上にわたりコッズ部隊を率いてきた破壊工作のプロである。イランのハメネイ最高指導者ともしばしば直接会見するなど、ハメネイの子飼い的な立場にあり、海外でのテロ作戦などの謀略・破壊工作の全権を任されていたものとみられる。
コッズ部隊はイラクやシリアで数々の工作を行ってきたが、多くのケースでソレイマニ司令官が直接現地で指導していた姿が目撃されている。後方のオフィスから指示と出すというより、現場で工作を直接指揮するタイプなのだ。配下の民兵が今回のように駐留米軍へのテロ攻撃を仕掛けるなら、直接その監督に出向く。つまり、彼本人が超大物のテロ工作員といえる。
今回の攻撃は、米国側からすれば、イラクで合法的に活動している米軍が、自らに対するテロ作戦を指揮していたイランのテロ工作員を、自衛のためにピンポイント攻撃で殺害したことになる。米国側は「差し迫った脅威があった」「米国の外交官や軍人に脅威がある以上、何もしないわけにはいかなかった」としている。
また、ソレイマニ司令官は、イラクやシリアで多くの人々を弾圧し、殺害してきた、まさに張本人である。イラクでは配下のシーア派民兵がISと戦う過程でスンニ派住民を大規模に虐待・殺戮してきたが、そうした作戦自体をソレイマニ自身が指揮してきた。また、シリアでは一般住民を虐殺するアサド政権を、イランの勢力圏をシリアに拡大する目的で、一貫して支え続けた。アサド政権の戦力が脆弱な戦線に配下の民兵「ヒズボラ」を投入。さらにアサド政権が劣勢になると、ロシアと共謀して大規模介入し、アサド政権を死守した。
いくつもの町を封鎖して住民に飢餓地獄を強いた残酷な作戦も、コッズ部隊が主導している。イラクではたしかにISと戦うという名目もあったが、シリアで戦ったのはISより、もっぱら反IS系の反政府勢力である。
敵対する軍事組織よりも一般の住民を攻撃したこうした戦争犯罪を、ソレイマニ司令官が直接、指揮してきた。生きていれば、今後も彼の手によって多くの人々が殺害されることになっていただろう。
今回のソレイマニ殺害に対し、イラクやシリアの各地では祝福する声も多く聞かれる(下のツイートを参照)。
Massive crowds in #Idlib northern Syria are celebrating the death of Qasem Suleimani by the American attacks last night.
They’re celebrating the end of that bad guy who caused their displacement and killed their children and the lovely ones... pic.twitter.com/Sjeb79JLFP
− Asaad Hanna (@AsaadHannaa) 2020年1月3日
なお、イランによるイラクやシリアでのこうした戦争犯罪行為は、ハメネイ最高指導者が細かく立案・指揮してきたわけではない。そのほとんどが、ハメネイ最高指導者の承認の下で、ソレイマニ司令官が立案・実行してきた。彼がいなければ、イランがここまで近隣国に露骨に介入して多くの人々を殺害することもなかったかもしれない。ソレイマニ司令官の罪はきわめて重い。
■ハメネイ最高指導者は報復を示唆
ただ、米軍の今回の作戦への懸念もある。イランによる対外テロはトップの殺害で大きなダメージを受けるだろうが、ソレイマニ司令官はハメネイ最高指導者の子飼い的な大物であるため、革命防衛隊が報復に動くことが必至だからだ。実際、ハメネイ最高指導者はこの事態を受けてさっそく、報復を示唆するコメントを発表した。イランでは、ハメネイ最高指導者の言葉は重い。
当面、イラク国内での米軍と親イラン派民兵との戦いは激しくなるだろう。
このように、今回のイラン軍人殺害は、イランと米国の衝突のエスカレーションに繋がる危険があり、その評価には賛否両論ある。しかし、論点はまさにその部分だけだ。
ソレイマニ司令官がこれまでどれほどテロ活動を主導してきたかを知れば、単に米国が一方的に理不尽な攻撃をしているとの批判はあたらない。前述したように、今回の攻撃への流れは、ソレイマニ司令官の配下の民兵組織が、反イラン・デモの高まりからイラク国民の目を背けるために米軍を攻撃したことから始まっている。また、彼がどれほど多くの人々の殺戮に直接手を染めてきたかを知れば、人道的にはソレイマニ司令官を排除したほうが、さらなる虐殺を防げることになるとさえいえる。
1月3日、英国のラーブ外相は次のような声明を発表した。「われわれは常に、ソレイマニ司令官が率いたイランのコッズ部隊による好戦的な脅威を認識してきた」「ただし、彼の死後、すべての関係者に緊張緩和を要請する。さらなる対立は誰の利益にもならない」。日本のメディア解説では、中東専門家の多くが反米スタンスのため、とかくトランプ政権批判が中心になりがちだが、基本的にイランの問題は、核開発やテロ支援、宗派弾圧や独裁国支援のための戦争犯罪など、国際社会の安全に対して問題だらけの国家であるイランを、いかに封じるかの問題である。
つまり、ソレイマニ殺害でイランを追い詰めることが、イラン対策上、戦略的に妥当か否かということで、そこは議論があるところだろう。
貼り付け終わり、
ソレイマニ将軍殺害の大きすぎるツケ
開戦挑発のつもりが「ファトゥーア」でトランプ氏は永遠の標的に
2020.1.6(月)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58842
米全土を徘徊し始めた「ソレイマニの亡霊」
「報復」恐れてテロ警戒警報、米軍は臨戦態勢へ
2020.1.7(火)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58846
ソレイマニ司令官殺害は「マッドマン理論」の実践か 予測不能な行動を武器にイラン報復を封じ込められるか
2020.1.8(水)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58860

タマちゃんの暇つぶし
https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19582.html






posted by datasea at 23:52| Comment(0) | % 予言者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザアカイ: 時代はマタイ24章・ルカ21章の世界に突入している

ザアカイ: 時代はマタイ24章・ルカ21章の世界に突入している
正月早々、中東が緊張状態、ヤバイことになっている
2020/01/03 18:45:38
 経済・政治・国際
2020年も幕を明けました。正月名物、箱根駅伝をまるで自分が走っているかのように(2位東海大と僅差の接戦だったので)緊張しながらテレビを見ていました。優勝を狙えるとなると、さすがに愛校心にも火が点ると言うもの。昨年の屈辱をバネに見事にリベンジ!思わずガッツポーズ! 自分もこうしちゃいられない、頑張らねば・・・と、母校の後輩達の活躍に酔いしれていたのも束の間 −−;
正月早々、さっそくきな臭い記事が2連発で入って来ました(涙;)早くも気持ちを通常モードに切り替え −−;・・・
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200103/k10012234631000.html
イスラエルなど3国 ガスパイプライン建設で合意 トルコは反発
2020年1月3日 13時10分
イスラエルは、沖合で採掘した天然ガスをヨーロッパに送るため、東地中海を横断するパイプラインを建設することで、ギリシャなどと合意しました。ただ、同じ海域での天然ガスの開発に意欲を示しているトルコが反発を強めていて新たな火種となることが懸念されます。イスラエル、ギリシャ、そしてキプロスの3か国の首脳は、2日ギリシャの首都アテネで会談し、イスラエルの沖合とギリシャを結ぶ、東地中海を横断するガスパイプラインの建設について合意しました。イスラエルが採掘した天然ガスをヨーロッパ向けに輸出するのがねらいで、ロシア産天然ガスへの高い依存度が課題となっているヨーロッパ諸国はエネルギー調達の多角化に役立つと期待しています。ネタニヤフ首相は「イスラエルはエネルギーの輸出大国になろうとしており、きょうは歴史的な日だ」と述べました。
一方、同じく東地中海に面するトルコはこの海域でのガス田開発に強い意欲を示していて今回の計画に反発しています。トルコは去年11月、地中海の対岸に位置するリビアの暫定政府との間で、このパイプラインのルートを塞ぐように互いの排他的経済水域を設定していて、東地中海のガス田をめぐる開発がこの地域の新たな火種となることが懸念されます。
■イスラエルのガス戦略
イスラエルは東地中海の沖合で開発した豊富な天然ガス資源を使って今後は周辺国への輸出に乗り出し、アラブ諸国とは関係改善を図り、ロシア産ガスへの高い依存度が課題になっているヨーロッパ諸国には売り込みを強化し、エネルギー外交を活発化させる構えです。イスラエルは2009年以降、東地中海の沖合で大規模なガス田を相次いで発見し、アメリカ企業と連携して開発を進めた結果、イスラエル国内のガス消費はほぼ自給できるようになり、ぜい弱だったエネルギー安全保障の強化に成功しました。そのうえでイスラエルは去年1月、エジプト、ヨルダンという隣接するアラブ諸国のほか、ギリシャ、イタリア、キプロスという南ヨーロッパの国々とともに「東地中海ガスフォーラム」を立ち上げ、同盟国のアメリカと連携して周辺地域の開発協力を推し進めています。
具体的にはエジプトとヨルダンに対してはすでにあるパイプラインを通じてイスラエル産ガスを供給し冷え込んだ関係の改善を図ろうとしています。またヨーロッパ諸国に対しては今回合意した全長およそ1900キロのパイプラインの建設を推し進めてヨーロッパ市場への足がかりを得たい考えです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イスラエルとトルコ+リビアの確執、ロシアにとっても面白くない事は明らかでしょう。
次です。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00010011-abema-int
■米空爆による司令官殺害にイラン反発「犯罪者には厳しい報復が待っている」 中東緊迫
1/3(金) 16:26配信
イランの革命防衛隊の司令官が、アメリカ軍の攻撃を受け殺害された。イランは反発しており、対立がさらに激しくなる恐れがある。
【速報】イラン司令官殺害 トランプ氏指示
アメリカ国防総省は2日、トランプ大統領の指示を受けてイラン革命防衛隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。国防総省は、ソレイマニ司令官が先月31日にイラクの首都バグダッドでアメリカ大使館が襲撃された事件に関わったとしている。イラクの地元メディアは、ソレイマニ司令官の乗った車がバグダッドの空港で空爆を受けたと伝えている。イランの最高指導者ハメネイ師は「司令官を殺害した犯罪者には厳しい報復が待っている」とアメリカに警告した。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アメリカとイラン、お互い挑発し合い、相手の出方を慎重に見極めようとしている。エゼキエルの預言によると、ロシア、トルコ、リビア、イランがイスラエルに侵略する時、アメリカは軍事支援をしない、というかおそらく「出来ない」のかもしれない。アメリカが内戦、もしくは他国からの攻撃を受けるという予測、予想は前々から存在します。オカルトマニア向け雑誌??「ムー」の編集者の発言によると、「米中核戦争が勃発し、東京オリンピック中止」などという今年の予言?もあるようだし・・・私的にはあるとしたら、米中ではなく、米露だと思うが・・・ロシアには核弾頭搭載可の極超音速ミサイル「アヴァンガルド」他、アメリカの防衛網では対処できない最新兵器がわんさかありそうです。その口火を切るのは、その突撃先兵部隊となりそうなイランか?
イスラエル+(欧米=おそらくは米英)+サウジ VS ロシア、トルコ、イラン、(リビア+スーダン)
もしかしたら、聖書には具体的に書かれてはいないが、米英に対する攻撃がロシア、トルコ、イラン側から(リビアはまだ機が熟してはいないと私は見ます)イスラエル侵攻前、あるいは同時進行で?あるかもしれない。今年はひょっとしたら?マジで?金融テロを含め、トンでもない年になる可能性が高いかもしれない?
ザアカイ(取税人ザアカイ)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-8b9b74.html







2012年1月29日 (日)〜ジョン=コールマン著「第三次世界大戦」〜初版発行からもうすぐ7年〜再掲載
2020/01/04 21:36:53
 黙示録、聖書預言
正月早々、まるで第一テサロニケ5:1〜11節のような、中東を舞台とする世界情勢の大展開・・・もちろん当然ながら、今まで伏線はありましたがね。2020年の今となっては約15年前の情報ですが、昨日のエントリー記事の補足、貴重な参考資料となるかもしれない?と思ったので今また、再掲載しようと思い立ちました。
古い記事なので探すのが大変でした −−;・・・ブログ管理画面で検索かけてもヒットせず・・・検索キーワード:子羊通信 ジョン=コールマン 第三次世界大戦 イラン でググってみたら、あらま!上の方にありました^^;
時代は明らかにマタイ24章、ルカ21章の世界に突入しているでしょう。エゼキエルの大預言の舞台設定も、ここに来て一気に、早いペースで進んでいるかのようです。今年はひょっとしたら??心してかからないと、また、今まで以上に霊的備えをしないといけなくなるかもしれません。
トマスがヨハネ伝で復活のイエスに再会した時に言った言葉・・・「我が神、我が主よ」、来るべきメシヤ、King of kings なるキリストに連ならねば、明日はないような状況になる可能性だってあるかもしれない。イエス=キリストだけが、道であり、命であり、真理だと私は信じます。この方以上の弁護人は誰一人として存在しない事でしょう。
では転載を開始しましょうか。
****************************************
さて、中東ウォッチング・ブログと化している今日この頃 −−;IAEAがイランの核査察に入っています。明日29日にはイランが先制攻撃とも言えるEUへの原油輸出禁止法案の審議に入るようで、事態はますます悪化する様相を呈しています。
そんな中でふと?2005年5月5日に初版が発行されたジョン=コールマン氏が書いた「第三次世界大戦」という“おどろおどろしい本”をなぜか?もうすぐ7年が経とうとする折り、再び拾い読みしたところ、興味深い箇所を発見しました。
初めに断っておきますが、私はコールマン氏の言うことすべてに賛同し、鵜呑みにしているわけではありません。聖書預言と矛盾する箇所も多々見受けられます。それでも方向性は的外れではありませんし、十分参考にはなります。今は亡き太田龍氏が監訳してます。温故知新とはまさしくこれに似たようなことでしょうかね?
氏の発言で興味深かったのは、共産主義ソ連は、NWOユダ金陣営によって造られた。これはわがブログの読者にとっては自明の理でしょう。そんな中で興味深かった点を二つピックアップするならば
1. ロシア人民には自分達を亡き者にしようとする環境の中を生き抜いてきた歴史がある。
2. 1960年代末、ソ連の軍部を中心に、反ユダヤ、反フリーメーソン、反シオニズムの旗印を掲げたロシア民族主義運動が生まれ、1980年代にはそれは数百万人を影響下に置く、非常に重要な勢力に成長した。その動きを、「300人委員会」は阻止できなかった。
この歴史的過程をほとんどの人は気づいてないが、コールマン氏は「ロシアの第二革命」と名づけている。ゴルバチョフ、エリツィンというユダ金陣営の忠実なるエージェント=売国奴が登場したことはあったが。
・・・なるほど。これで今あるプーチン・シロビキ体制が理解できるというものです。この見方は正しいような気がする。机の下で握手している茶番劇などではない、米ロはお互い不倶戴天の敵同士なのだと。ユダヤ世界帝国に対する、神がその創造の時から用意されたヤコブの末裔を悔い改めに導くための「ゴグ、マゴグ」という鉄の杖なのだろうと。この事を前提に太田龍氏の監訳者解説部分より、今現在において重要だと思われる箇所を抜粋引用してみましょう。
引用開始〜P307〜313より(注釈は管理人個人によるもの)
本書によれば、反ユダヤ反フリーメーソン反シオニズム思想に目覚めたロシアが、このようなイルミナティ300人委員会の構想に対抗する勢力として登場した。ここのところは、本書の最も重要な論点であり、また、今の日本人には最も理解しがたい内容であろう。しかし、我々はその難問を解かなければならない。レーニンはイルミナティの完全なエージェントである。しかしレーニン死後、スターリンとトロツキーの権力闘争に際して、イルミナティがスターリンを支持したにもかかわらず、スターリンは、イルミナティの忠実な傀儡とはならず、両者のあいだに深刻な対立が発生した。最晩年のスターリンが大規模なユダヤ人追放政策をまさに実行に移そうとしたその直前に、ユダヤ人ベリアを首謀者とするスターリン暗殺クーデターが発生した。しかもそのあと、第二次大戦の国民的英雄ジューコフを長とするソ連軍は、ベリアを逮捕銃殺して逆クーデターを敢行するのである。
(注;スターリンはグルジア系ユダヤ人だとする説もありますが、私はこの手の分析、「ロシア皇帝の密偵説」を支持しております。)
ロシア帝国とその継承者ソ連の完全解体と、マッキンゼー地政学の言うところの世界島(ユーラシア大陸、アフリカ大陸、アラビア半島を含む)の心臓部をも直接武力による占領支配下に置く。これは、18世紀以来の大英帝国(の姿をかりたイルミナティ世界権力)の、一貫した大戦略であり、米国を使役してイルミナティ300人委員会が、なお追及し続けている目標である。そしてそのことを、現在のロシア軍部は十二分に認識しており、米英(300人委員会)の侵略攻撃がロシア民族の生存そのものを危機に瀕せしめる場合には、対米無制限世界全面戦争作戦を発動することを決定済みであると、コールマン博士は述べる。日本人にはそのような事態を正視する用意がないことはいうまでもない。
しかし、肝心の米英イルミナティ300人委員会中枢部は、情勢をどう評価しているのであろうか。英国の諜報機関専門家、ティム・ライファトは、ロスチャイルドを中核とするロンドン・シティ、島のクラブ(クラブオブアイルズ)など、いろいろな名称で呼ばれる国際金融寡頭権力は、2012年、第三次世界大戦発動の日程をたてている。そしてそれまでの間になすべきことは、(注;これは実現しなかった)
1. エルサレム、イスラムの聖地岩のドームを破壊して、その跡に、ソロモン第三神殿を建設する。
2. 2012年に予定される第三次核全面戦争によって、このソロモン神殿に生贄を捧げる
3. それまでにロシアを、チェチェンその他、南から攻撃して、その力を極力滅殺、消耗させる。
4. 第三次核世界大戦の陣形は、米英イスラエル陣営とロシア、イラン陣営を中核とする。この体制を作るために、イランの力を強化しなければならない。
(注; それにしても・・・サタンに魂を売った連中は精神異常者ばかりです・・・このうち成就しているのは4番だけですね。3番も2008年に北京オリンピックの開幕のどさくさに紛れて、グルジアのサーカシビリを使ってちょっかい出しましたが、哀れ、返り討ちに −−;
ソロモン第三神殿の建設は神が許さないかもしれないと私は考える時があります。聖書の言う「聖なるところ」とは、教会と解釈することは出来まいか?イランに関しては連中が強化したのか、ロシアがバックアップしたのかはわからない。)
追記;2020年現在、「聖なるところ」とは、置換神学を排斥して、文字通り解釈し、第三神殿でいいのではないかと考えるようになりました。ティム・ライファトは、このように述べている。彼の見方でも、イスラエルのユダヤ人はロシアの核攻撃によって皆殺しにされる。つまり、第三ソロモン神殿に捧げられる生贄となるべく予定されているわけである。コールマン博士の記述もこれと同じ。
(注;この見方は聖書的ではないし、個人的には実現しないと思う。確かにイスラエルは攻撃されるだろうが、イスラエルが地図上から消滅することはないと思う。キリストが再臨する地が核で汚染されるということがあるのだろうか?と考える。以下、私のオリジナルですが、エゼキエル書39章の戦後処理、エゼキエルの神殿の記述が、千年王国初期の段階の出来事であると解釈するのは異端だろうか −−;?・・・あくまで数ある可能性の一つとして。)
ここで、第三次世界大戦とは、米国とロシアが保有する戦略核ミサイルが標的に向かって無制限に発射されることを意味する。しかし日本人は、旧ソ連=ロシアは、米国との冷戦に完敗惨敗して、いまや息も絶え絶え、かつてのソ連の核戦力はもはや存在しないと信じ込まされている。つまり、全面核世界戦争の危機は完全に消滅したと、無条件で前提するのである。
(注;個人的にはこれこそが黙示録の第7の封印が解かれ、第一のラッパが鳴り響く時であると思うのだがさて?)
追記;↑の注;はどうやら間違いの可能性が高いかも −−;?
英国ロスチャイルド(そしてロンドン・シティ)は、第三次世界大戦、つまり全面核世界戦争を2012年と設定していると言う。
中略〜
シリアを片付け、レバノンも占領し、そしていよいよ本番はイランとサウジアラビア攻略である。ロシアがここでイランを本気で守ると言うことであれば、一方に米英イスラエル、他方にロシアとイランという第三次世界大戦の二つの陣営の最初の核が形成されるであろう。2004年5月の石油ピークに関する国際会議において、イラン国営石油会社副総裁は、「第三次世界大戦はすでに始った。そのことを、我々イラン人は痛切に感じている。やがてそれは、全世界の人々の生活に影響を及ぼすであろう。」と言う趣旨のことを述べたと言う。まさしくその通り、イランこそ、第一次大戦のセルビア、第二次大戦のポーランドの役回りを振られてしまっているのである。(注;ここ大事!)
しかし今の米国には、通常兵器による大陸上陸部隊をイランに展開する余裕はない。米英イスラエルにとっての唯一可能内乱殲滅策は、全面核攻撃しかない。
(注;この分析は今でも変わらないと感じます。
以下、中国は米国と組んでロシアと戦うと言うことを書いており、これは今となっては、聖書預言的にもあり得ないので、再び中略〜 −−;)
コールマン博士の予測によれば、米国とロシアの全面戦争の結末は、ロシアに対する米国の一方的勝利とはならず、双方とも深刻な打撃を受けるけれども、ロシアはかろうじて生き残り、米国は全滅となるという。もちろん、イスラエルが真っ先にロシアの核攻撃によって全滅し、消滅させられることは言うまでもない。
(注;くどいようだが、イスラエルは消滅しないと思う。アメリカとロシアは双方かなりの打撃を受け、その後、EUと中国が代って台頭するのではないかな?それからハルマゲドンへと突き進むような?聖書予言的にはそう読めるのだが −−;?)
日本に対するロシアの核攻撃の程度は、その時点で、日本がどこまで米国の第三次世界大戦の作戦に深入りしているか、その程度によって決定されるであろう事は間違いない。
引用終了〜
こうして見てみると、日本としては極力中立を保つのがベストでしょう、難しいと思いますが。フクイチ原発事故が、結果「塞翁が馬」となるのかどうか? あとタイムスケジュールの問題がありますが、こればかりはわからない・・・
私としては
「主よ、イエス様・・・平安が与えられますように、あなた様にある知恵と勇気に満ちた強き心をお与えになってください。どうぞこの身になりますように。一切をあなた様に委ねます。どのような結果になろうとも、あなた様に従います。再臨に立ち会えるならばこれ以上の幸いはありませんが、どうぞ、御心のままに。」と、これで行こうかと・・・
追記;今は、大艱難時代を生き抜くのは不可能に近いと思うようになったので、携挙に与りたく・・・大艱難期前、遅くとも第四の封印=青白い馬、通称ペール・ホース・マンが解かれる前には(これが中川健一師が鼻で笑う、御怒り前携挙説になるのかーー;?
欲を言うならば、「私としてはこの世にはもうなんの未練もありません。十分生きました。その時は、どうせならミサイルが近くに着弾し、死に損なって、血を流して苦しむよりは、いっそうのこと寝ている時にでも、我が家の真上に着弾し、苦しまずに逝く事が出来ますよう楽にやってください。」でしょうか(笑)歴史を紐解く限り、体制の転換期、行き詰った時は必ずといっていいほど、人類が取ってきた方法と言えば、破壊で解決し、新体制でもってやってきました。いわゆるガラガラポン、ご破算です。ケインズも市場原理もダメだと証明された今、資本主義もあとは崩壊を待つのみ、時間の問題です。このコールマン氏の分析をバカにすべきではありません。先にあったことは、また後にもある、先になされた事は、また後にもなされる。日の下には新しいものはない。
伝道の書 1:9
まさしくこの通りです。そしてそろそろ、我々人類が統治していたのでは、幸せを掴むことは永遠に不可能だと悟り、神に大政奉還すべきでしょう。
わたしは、その角の語る大いなる言葉の声がするので見ていたが、わたしが見ている間にその獣は殺され、そのからだはそこなわれて、燃える火に投げ入れられた。 その他の獣はその主権を奪われたが、その命は、時と季節の来るまで延ばされた。
わたしはまた夜の幻のうちに見ていると、見よ、人の子のような者が、天の雲に乗ってきて、日の老いたる者のもとに来ると、その前に導かれた。 彼に主権と光栄と国とを賜い、諸民、諸族、諸国語の者を彼に仕えさせた。その主権は永遠の主権であって、なくなることがなく、その国は滅びることがない。
ダニエル 7:11〜14
このような世界が実現するのであれば、真綿で首を絞められ生かさず殺さずの生活で一生を終わるより、私はたとえ肉の命が失われようと、こちらを選び賭けます。どうせ一度は死ぬわけだし(ただし、苦しまずに楽に願いたい^^;)、死んでも霊は生き復活するという希望があるなら恐れる理由はないはず。
まさしく大艱難よ、来るなら来たれ〜、私は恐れない。と・・・口で言うのは簡単、強がっていられるのも今のうちかもしれませんがね −−;
PS;一部、加筆追記をし、以前と考えが変わったり、置換神学を必要以上に使うべきではない箇所などは、訂正させていただきました。
ザアカイ(取税人ザアカイ)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-8b9b74.html









posted by datasea at 23:35| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

William Cooper: 米国と宇宙人の歴史



William Cooper: 米国と宇宙人の歴史
ウィリアム・クーパー講演
■宇宙人&UFO問題の起こり
いくつかの情報は、私が見た情報から導きだした研究に基づいています。たとえば、私が見た文書には、宇宙人(エイリアン)問題の疑問に関する、欺き、うそ、事実、真実、その根拠や本当の証明などを研究するための「ジェーソンスカラー」と呼ばれたコミッション(これは学者の秘密社会のことだが)におけるアイゼンハワー大統領の文書がある。NSCメモ5410には、12人のメンバーからなるもう1つのグループがあったと記され、NSCメモ5411には、研究グループについて述べられていました。こういう人々の動きをカバーし、なぜこういう組織が必要かを説明し、なぜ定期的に会合を持つ必要があるかを説明するメモ、NSCメモ5412/1、5412/2、も存在しました。NSCメモ54121は1955年3月に作られました。NSCメモ5412/2は1955年11月に作られました。そういったメモやその境界やいつ書かれたかをよく知るものは、5412が1954年3月に以前に書かれたということ、そしてパート2が11月に書かれたということを知っています。それらは本当に最初に1954年に書かれたということです。
さて私は本題に入りますが、私はいくつかのことについては触れずにすまさなくてはなりません。それは至極単純な理由からです。というのも、私がもらったたった1時間半の講演で全部をカバーしてお話することは出来ないからであります話を始める前に、私は2つほど引用をしたいと思います。1つめは、アレスター・クックによるものですが、彼はこう言いました。
「明らかにいまあるように、この惑星は今から50年はまだ進んで行くだろう。しかし私は2000年に至るとは思えない。それは非常にひどいものとなるだろう。」
ウィンストン・チャーチルはこう言いました。
「我々は、我々の意志に反し、どの人種、どの国民、どのクラスの意志に反して、不可解な破局に向って動き、ただよっている。だれもがそれを止めたいと思っているが、だれもどうしたら良いのか分からない。」
皆さんはこれらの引用をどう思うでしょうか?
ロナルド・レーガンは、1983年10月にアメリカイスラエル社会問題委員会代表のトーマス・ダインの会合においてこう言ったといいます。引用します。
「ご存知の通り、私が皆さんのいにしえの予言や言い伝えに戻った時、私は軍備を結集するように言うように署名した。それを見る世代がどこでそれに出くわすのかどうか私自身不思議に思う。あなた方が予言のいくつかを後々知るようになるのか私は知らない。しかし私を信じてください。確かに機が熟しているとそれらは記しています。」
皆さん、ここで皆さんにお話することや提供することや説明することは、この現象の歴史、だれが「秘密の政府」なのか(私があとで名称で名前をつけますが)、始まりのグループ、研究グループについてです。私が今日彼らがだれであるかを教えます。私はすべてのことを教えます。だれが皆さんの子供たちに麻薬を売っているのかお教えします。なぜアメリカ合衆国が「UFO」に関する真実であることを皆さんが見いだすことを恐れているのかお教えします。
初期の円盤についてすべて触れることははしょりますが、というのも、皆さんが思っている以上にたくさん存在するからであります。初期の円盤(マイクを直して「多少マシになりましたか」)、非常にたくさんの墜落がありました。皆さんが知っている以上に多数のエイリアンの身体の回収がありました。しかし、それはたいしたことではありません。大事なことは、「それが起こった」ということであり、その「数」ではないからです。いくつであったかとか、どこでだったかとか、いくつの身体だったかというようなことに関心のある人々はだれにとっても時間の無駄をさせるだけです。大事なことはそれが起こったということなのです。いずれにせよ、とてつもなく重要な墜落事件は2つありました。それらは、どんな理由においても政府が皆さんから真実を覆い隠す必要のあるものでした。ニューメキシコ州アズテックに起こった2つのクラッシュ事件です。なぜそれが大事かと言えば、両方のUFO墜落事件において、その中に人間の身体の一部分が含まれていたからです。政府は国民のパニックを心底恐れたのです。
このため、すべてにおいて、エイリアン問題について、すなわち、墜落したUFOに関して、宇宙人が存在することに関して、我々が回収した宇宙人のテクノロジーに関して、非常に厳しい安全対策の毛布が敷かれました。いくつかのUFOは奇妙にも全く損傷していませんでした。我々は機械的、電子的、流体的など、我々のこれまでの知識ではまったく理解不能でした。例外としては、乗り物(クラフト)は小さな反応炉(リアクター)を、大きなサッカーボールか、バスケットボールくらいの大きさのものを含んでいたということのみです。それは、クリーンリアクターで、どうやら水を燃料にしているらしいということがわかりました。しかし、それがどう作動するのか、私は全く分かりません。私が核物理学者ではないからです。神に感謝します。その現象を調べるために、1947年12月にアメリカの最高の科学者の特別グループが「プロジェクトサイン」の名の下に組織されました。その時にはまだ「MJ-12」のようなものの兆候はありませんでした。汚い仕事は秘密裏に行われました。1948年12月に「プロジェクトサイン(sign)」は「プロジェクトグラッジ(grudge)」に変更されました。非常に低レベルの情報操作のコレクションが「プロジェクトグラッジ」の下で形成された「ブルーブック」でした。16巻ありました。これについてはいろいろ議論の余地がありますが、私とビル・イングリッシュ(Bill English)が見て、読み、公衆に暴露したものにはグラッジ13があります。「ブルーチーム(Blue Teams)」が破損した円盤の回収と死んだ宇宙人の回収のために招集されました。「ブルーチーム(Blue Teams)」は、後に「プロジェクトパウンス(Project Pounce)」、「プロジェクトプルトー(冥王星)」の下でアルファチームに含まれるようになりました。
初期には、米空軍とCIAは「宇宙人の秘密をどのように完全にコントロールするか」訓練していました。米空軍は後に脱落しました。というのは、空軍の若い上官たちには海軍の力を超えるほどの政治力がなかったためです。事実、CIAは大統領戒厳令により宇宙人の存在を扱う目的を表現するために作られたものだったからです。後に、国家安全保障法がCIAを設立しました。国家安全保障諮問委員会(National Security Council, NSC)が、国際情報機関を超越するために(特に宇宙人の飛行に関して)設立されました。公的な指導原則枠や国民政策に基づいて作られたものではありせん。事実、NSCはMJ−12の前身であったということができるでしょう。NSCとMJ−12の間にもう1つのグループがありました。これについては後で述べます。NSCのメモシリーズは、CIAの全仕事の除去、情報機関の招集等、ゆっくりだがすばやく以前の隠蔽行為や直接行動を法制化するための戒厳令でした。
■「ロズウェル事件」の真相
1947年12月9日にトルーマン大統領は、秘書マーシャル(Marshall)、フォーレスタル(Forrestal)、パターソン(Patterson)および国務省ディレクター政策立案スタッフのケナン(Kennan)による強制によって、NSC−4のために「外国諜報機関基準の座標軸」というタイトルの発行物を承認しました。ところで我々は皆この人々が「外国関係諮問委員会(Council of Foreign Relations)」のメンバーであったことを覚えていますが、海外軍事諜報機関ブック1、「諜報機関の活動を認めるように脅威にさらされた委員会について最終的にレポート」、US上院議会、94議会、第2セッション、リポート#94−755、1976年4月26日、49ページは、「諜報機関の国際的な活動を指揮するために国務大臣の破壊的な力が”反共産主義”のためにデザインされた」と述べています。NSC−4、NSC−4α、これはNSC−4A(これは軍事用語で混乱はありますが)への最高機密付属文書ですが、これは諜報機関がNSC−4を秘密裏に実行する心理行動をとり、アメリカ国民からUFOや宇宙人の存在について隠すようにという、諜報機関のディレクターへの通達でありました。
NSC−4の下では、CIAに隠蔽工作を与えた最初の権威は、これらの行動を指揮したり証明するため形式的手続きを行いませんでした。これがどういうことかお分かりですか? あまりいませんね。私に説明させてください。それが意味することは、誰にも答える必要はないということです。それが意味するのは、何かしなくてはならないことをするためならどこにいって行い、何も持ち帰らず、我々は何も見たくない。ただ仕事をするだけ。だれも聞かず、だれもレポートしない。それが正確に意味していることです。
DCI(Director of central intelligence)は、アメリカの政策に一貫していて、独立状態のつながりで隠蔽工作を請け負いました。唯一のガイドラインはアメリカの政策に矛盾しているかどうかだけでした。後にNSC−10/1、10/2はNSC−4、NSC−4Aを超えて行きました。NSC−10/1は、隠蔽工作を拡大して行くこと、宇宙人のテスト飛行プロジェクトに責任を持つことなどのために設立されました。それは直接にMJ−12の前身でした。NSC−10/1、10/2は、国家安全保障の指導的立場のために賛同できる範囲内で、合法的かつ非合法的実施、策略、手続きを正当化しました。行動力は汗かくものでしたが、諜報機関社会の目には板の穴すらありませんでした。NSC−10/1は、隠蔽工作の提案を再調査をするために設立された、のり付けするためではなく、指標となるグループでした。どうしてか? それは、トルーマン大統領にしては珍しいことだったからです。彼は猜疑心深い小男でした。彼は他人が正しいことをするとははなから信じていませんでした。だから彼は権力を固く自分の手中に収めました。それを他人に譲るようなことはありませんでした。
ECGは、宇宙人プロジェクトを取り扱う仕事を秘密裏に請け負っていました。NSC−10/1、10/2は、知りたいことが完了し成功裏に終わるまでだれも上には立たないものと解釈されていました。これらの行動は、大横領と諜報機関の間の緩衝役として設立されたものです。これは皆さんが理解する上でとても大事なことであります。というのは、後々非常に大事になるからです。それは、大統領が知識を否定する手段としての緩衝器として意図されたものです。それが政府が崩壊することを防ぎます。もし大統領が立って「私は知らない」と言えば、政府は助かりますが、もし大統領が何も言わなければ、非常に危険な状況に陥るからです。その緩衝器は、後々秘密の政府や諜報機関社会が知りたいという時以外は、宇宙人の存在のどんな知識も有効に孤立させるための目的で利用されるようになりました。NSC10/2は秘密裏に研究パネル設立しました。それはその当時の科学者心を持つ人々、”MJ−12”として知られるような極秘文書やアイゼンハワー大統領の簡単な命令文書(これは現実に引き続きそれらの守りを通じて再調査するように計画されていました。)のようなものに名前が乗る人々、で構成されていました。その研究パネルは、”MJ−12”とは呼ばれていませんでした。実際、それは決してMJ−12と呼ばれたことはありませんでした。別のNSCメモ、NSC10−5、は、さらに研究パネルの義務の輪郭を描いています。これらのNSCメモや極秘の大統領戒厳令は、MJ−12は、その4年後に設立されたとだけ記述してあります。
さて、ここから話は汚くなります。国防長官のジェームズ・フォーレスタルは秘密にすることに反対し始めました。彼は理想主義者で敬虔な宗教家でした。彼は公衆は知る必要があると信じました。それで彼は議会のリーダーたちの会合において彼が聞かれたエイリアン問題について話し始めたとき、彼は優しい言葉で言えば、「解雇」されました。つまり、トルーマン大統領が彼を更迭しました。彼は多くの人々に自分は監察下にあり、命を狙われていると言っていました。しかしこのことは彼の精神分裂症のせいであると見なされました。というのも当時は大半の人々は何が起こっているか知らなかったからです。フォーレスタルは、後に精神衰弱にかかったといわれ、彼は”彼の意志に反して”近所の病院に入院したと言われています。事実、フォーレスタルは話したくても孤立させられ、見捨てられ、黙らされていたのです。1949年の5月22日の早朝のある時間、CIA工作員が行ったところ、まどの付近で首を閉められて死んでいるのを発見したという報告がなされました。これが「隠蔽工作」の最初の犠牲者であります。
1949年に「ロズウェル事件」で生き残った宇宙人は「EBE」と呼ばれました。すなわち、"extraterrestrial biological entity"を短くしたものですが、すべての宇宙人がこう呼ばれた訳ではありません。「EBE」は何年か生きていている傾向がありました。「EBE」は聞かれた問いのうち、望むものには答えを与え、望まない問いには答えずにいました。2年目の活動のある時点で「EBE」は提供し始めるようになった情報を開示するようになりました。この時の暴露の編纂が後々に終了した「イエローブック」と呼ばれるものの土台になりました。さまざまなものの中で「EBE」の写真も撮られましたが、これが私とビル・イングリッシュ(Bill English)が2、3年後に「グラッジ13」の中に見たものであります。なぜ彼らが「EBE」をファラデーシールドで取り囲んだか? というのは、「EBE」は、突然消えて人間が作った建物の壁を平気ですり抜けることができたからであります。逃げられないようにするために、壁の外側に電磁場を張り巡らせると、「EBE」を捕獲できたのです。
1951年の暮れ頃、「EBE」は病気になりました。米軍の医師団はその原因を特定できず治療できませんでした。彼らは原因を導きだす背景がありませんでした。「EBE」(身体)システムは、葉緑素を基本にしたもので、非常に「植物」に似たやり方で食物をエネルギーにしていました。廃棄物はあたかも植物がするのと厳密に同じような方法で取り出しました。そのため、植物学の専門家を呼び寄せることが決定されました。その病気は、ギル・メンドーサ(Guillermo Mendoza)博士が身体の回復を計ろうとさまざまな手を打ちました。彼は植物学の博士でした。
■アイゼンハワーの第三種接近遭遇
メンドーサ博士は、1952年の中頃に「EBE」が死んだ時まで働きました。私が読んだすべての情報の範囲では、メンドーサ博士はこのタイプの宇宙人生物学の第一人者となりました。
「EBE」を救い、地球人より高度に技術的に進んだ宇宙人種族の好意的感情を確保するために、アメリカ合衆国は1952年の早い時期から助けを求めて広大な宇宙に向って放送するようになりました。もしあなたが皆さん以上に知っているなら、もし彼らが皆さんを見ていることを知っているなら、彼らと友人(味方)になった方が得策であります。それがこの試みの目的でありました。その呼びかけには返答はありませんでしたが、そのプロジェクトは「善良な顔」の試みとして引き続き行われました。
トルーマン大統領は「超極秘の国防システム(National Secret Agency(NSA)」を1952年11月4日から最近までの間に秘密裏に構築しました。アメリカ合衆国内の約5万人がその存在を知っていました。その第一の目的は、「宇宙人との対話」をめざして、宇宙人のコミュニケーションと言語の解読を行う言語学上の研究をすることでした。これは最も緊急の課題であり、それ以前のプロジェクトの続きでもありました。このプロジェクト名はコードネーム「SIGMA(シグマ)」と呼ばれました。NSAの第二の目的は、人間や宇宙人の情報そしてその存在の込められた秘密を集める目的のために世界中のすべての計略(デバイス)からあらゆるコミュニケーションやミッションをモニターすることでありました。「プロジェクトシグマ」は、紳士淑女の皆さん、非常に成功しました。
またNSAは「月面基地」や他の「秘密の宇宙基地」プログラムとのコミュニケーションを維持することにありました。戒厳令によって、NSAは、米国の法律や成文法やそれに関連する名のついた法律など、左右されるべき「あらゆる法律」から除外されていました。これが意味することが分かりますか? それが意味することは、特別にアメリカ合衆国大統領の戒厳令として、彼らが何を行っても、だれにも答える必要はなく、その法律の中にNSAの名前のつく法律はなく、国全体に関わる組織のための法律がない(治外法権)ということであります。それが意味することは、もしそのエージェンシーが議会に送られる文書の中に記載されないのであれば、どんな法律にも左右されないということであります。NSAは今やたくさんの義務を果たし、実際、諜報機関社会における最高機関となりました。今日ではNSAは諜報機関社会における75%の資金を受けるようになっています。そして皆さん、古いことわざにあるように、「お金が行く所に権力がある」。これは真実であります。
今日のDCI (Director of Central Intelligence)は、主に名目上の頭首であります。彼はCIAの責務を負ってはいません。CIAはたくさんの機能を持ちます。その多くはこの国家の役に立つことでありますが、いくつかは我々の命に関わるものです。もちろん、DCIはそのエージェンシーの責任を持ちます。しかし彼は、だれもが思っているようなものではなく、諜報機関社会の頭ではありません。その地位は、現実にかつ本当にNSAのうそであります。NSAの第一の仕事は、依然として宇宙人コミュニケーションでしたが、同様に今や他の宇宙人プロジェクトも存在します。
トルーマン大統領は、「ロズウェル事件」の隠蔽以来、宇宙人問題が発展してきていることを知らされて、ソ連も含めて、連合軍をずっと保持してきました。これは、宇宙人が世界人類を脅かすと判明する場合に使われるはずでした。計画は宇宙人の侵略に対する地球防衛のために構築されました。それは国際的な計画でありました。それはほとんどの国々を含んでいました。彼らの困難は、国際的な秘密を保持することでした。報道から政府のスクープを出さず秘密を隠すために、国際的な努力をコントロールして取り扱う外部グループが必要であると決定されました。この結果が、秘密社会の形成でした。これは後に「ビルダーバーガーズ」として知られるようになりました。このグループの本部はスイスのジュネーブにあります。ビルダーバーガーズは「秘密の世界政府」を発展させ、今やあらゆることをコントロールしています。国際連合(UN)はその時もそして今も「国際的ジョーク」にすぎません。
1953年新しい大統領がホワイトハウスを占拠しました。彼は、命令の連鎖のある、階層的な人員組織を使ってきた男でした。彼の方法は、権威を派遣し、委員会によって支配することでした。彼は、彼が軍隊にいた時に外交官として知られていたように、彼の助言者たちがコンセンサスに至ることができなかった時のみ決定を下しました。彼は、彼が行ったことに対して非常に良かったのです。彼は人々をコンセンサスに至るように持って行くことや人々を彼のために働くように持って行くことが上手でした。彼の通常のやり方は、いくつかの代替案を読み聞きし、最後に1つを決めるというものでした。彼と近くでいっしょに働く人々は、彼の好きなコメントとは「どんなことを得てもきっちりすること」であったと述べています。彼はトルーマン大統領とは非常に違った男でした。彼はゴルフコースでたくさんの時間を使いました。これは、指揮官として前戦争を体験し、その時の5つ星に反するように、指揮官の中ではかなり異例なことでした。実際、彼はそう望んだのでした。この大統領が陸軍大将デービッド・アイゼンハワーでした。
1953年の6月1日のうちに10機以上の円盤のクラッシュがありました。我々は10機回収し、26体の死んだ宇宙人と4人の生きた宇宙人を回収しました。4人のうちの1人の宇宙人は破損した円盤から回収する1時間のうちに死にました。他は2、3日後に死に絶えました。10機の内訳は、4機はアリゾナ、2機はテキサス、1機はニューメキシコ、1機はルイジアナ、1機はモンタナ、1機は南アフリカで発見されました。100ほどの目撃がありました。
なぜそんなに多くの円盤クラッシュがあったのでしょうか? なぜなら、政府は恐れおののきました。我々は、レーダーが乗り物(クラフト)を落とし、彼らはレーダーをロックオンし、それを注ぎ込んで、レーダーを乗り物にねらいをつけたのだということを発見しました。多くがそうであったように、放送局はたくさんダウンしました。アイゼンハワー大統領は宇宙人問題を覗き込む別のレストランを知っていました。彼はその秘密を議会に露にすることは出来ないと知っていました。なぜなら事実は公衆に教えていることとは全く違っていたからであります。
1953年の早くに新大統領は宇宙人問題の助けのために彼の友人であり評議会形成のフェローメンバーであったネルソン・ロックフェラーに矛先を向けました。アイゼンハワーとロックフェラーは宇宙人試験管理の秘密の構造を構築し始めました。こうしてMJ−12のアイデアが誕生したのです。そもそも大統領になるようにアイゼンハワーを確信させる上で決定的だったのはネルソンの叔父ウィンスロップ・オールドリッチ(Winthrop Williams Aldrich)でありました。ロックフェラー帝国内の全ロックフェラー家が一致団結してアイゼンハワーに戻ってきました。すぐに皆さんにも分かるように、宇宙人問題の助けをロックフェラーに求めたことは、アイゼンハワーがアメリカ合衆国の将来のために、そして最も確かにすべての人類のために、かつて行った最大の失敗でありました。彼が文章上行ったことは、紳士淑女の皆さん、米国大統領の地位を秘密のグループに負わせたことなのであります。アイゼンハワーの立候補から1週間以内に彼はネルソン・ロックフェラーを政府組織のための大統領助言委員会(presidential advisory committee)のチェアマン(委員長)に任命しました。ロックフェラーは政府の再編成を立案する責任を任されました。ニューディール政策は、「健康教育と福祉の省(Department of health education and welfare)」と呼ばれる、一つの内閣職を設けました。1953年の4月に議会が内閣のその新しい地位を承認した時、ネルソンは秘書の下では「オービド・コープ・ホビー」(訳注、意味不明)とその地位に名付けられました。
1953年にはまた天文学者たちが大きな物体を宇宙で発見しました。それは地球に向っていました。最初はそれが隕石群と信じられました。もし皆さんが天文学についてよくご存知であれば、皆さんが軌道を予測したり、その物体の軌道をさかのぼって行き、それがどこから来たか、何をしているのか、どちらに向って行くか、その軌道が本当にどういうものかなどを決定できることをご存知だと思います。まあ、それは痛み走って真っ青になるものでした。その証拠が証明したのは、その物体群は知性体が運転する宇宙船か何かであるということでした。
■米政府と宇宙人の密約
プロジェクトシグマは、宇宙人のラジオコミュニケーションを妨害するというものでした。その物体群は地球に近づいた時、それらは赤道の周りの非常に高い軌道を取りました。いくつかの非常に巨大な宇宙船がありましたが、正体は分かりませんでした。プロジェクトシグマと新しいプロジェクトプラトン(Plato)は、コンピューターの2進数言語(これは宇宙人が非常に良く理解し、宇宙人の数学的心にうってつけのものでした)を使ってラジオコミュニケーションを通じたものしたが、(宇宙人の)着陸を計画することに成功しました。それはついに他の惑星からの宇宙人との面と向って(フェイス・トゥー・フェイス)の接触をもたらしました。プロジェクトプラトン(Plato)は、この宇宙人種族との外交的関係を結ぶことが仕事でした。
しかし、その間に何かが起こりました。その間に、”人間と瓜二つ”の宇宙人種族がアメリカ合衆国政府に接触しました。どこでそれが起こったのか? 私は知りません。私はそれを知りたいものです。この宇宙人のグループは、赤道を回っていた宇宙人に対していぶかしがっていました。そして、我々のスピリチュアルな(霊性的な)発達を助けたがっていました。彼らは最重要条件として我々の核兵器を破壊することを要求したのであります。彼らは我々が技術交換をすることを拒否しました。それは、我々が持つ核技術を我々が霊性的に管理することはできないということや我々の歴史を通じてそれが真実ではないということをこれまでずっと観察してきたからです。彼らは、我々はいつもそうであるように、どんな技術であってもそれを我々がお互いを滅ぼすために使うだろうと信じていました。この種族は「我々が自己破滅の道を進みつつある。だから、我々が、お互いを殺しあうのを止めなさい。大気汚染するのを止めなさい。地球の自然資源を強奪するのをやめなさい。そしてお互いに調和してそして自然と調和して住むことを学びなさい」と主張しました。
これらの言葉は極度の疑念を起こしました。特に、核武装化するか、非武装化するかの最重要な条件に関してです。私は彼らを面と向って非難することは出来ないと言わねばなりません。というのも、非常にたくさんの不確かさがあったからです。非常にたくさんの宇宙人もいましたし、直接に差し迫った驚きもあったからです。その会合の条件は宇宙人の脅威の前には我々には役立たないと信じられました。また歴史上我々の決定の助けになるものはありませんでした。核非武装化はアメリカ合衆国の最大の興味に適うものではなく、それは却下されました。
1954年の後半に、赤道を周回していた、「大きな鼻のグレイ宇宙人(large nosed gray aliens)」がホローマン空軍基地(Holloman Air Force Base)に着陸しました。皆さん、それは1954年に起こったのであります。もしあなたがかつてエミネーガーが言ったことの上に何でも取り、それから10年を差し引けば、皆さんは正しいと言えるでしょう。1つの基本的約束が結ばれました。「クリル(Crill)」という名前の宇宙人が”印”として残り、彼らは形式的約束をして立ち去りました。彼は実際上の「人質」でした。この種族は、赤い恒星の周りをまわる惑星から出自の種族であり、そして同盟の領事であると自らを認めていました。私はそれはうそであると信じています。彼らはうそをたくさんつきます。そしてうそで騙します。その証拠は、彼らが我々に行ったいろんな行動であります。真実は、紳士淑女の皆さん、本当には、この生物は火星からやってきたものと思われます。彼らは、我々がオリオン座の「ベテルギウス(Betelgoeuse)」と呼ぶ、1つの赤い恒星をまわる惑星からやってきたと主張しました。彼らは、彼らの星が死につつあり、よくわからない将来、彼らはもはやそこに住めなくなると述べました。これがエドワード空軍基地における2番目の着陸につながりました。歴史的な出来事が計画され進められていました。そして誓約の詳細はすでに約束されていました。
アイゼンハワーは休暇のためポームスプリングス(Palm Springs)に行くことを手配しました。約束の日に大統領は姿を眩まし基地へ向かいました。記者への言い訳は、大統領は虫歯のために歯医者を訪れていたというものでした。宇宙人国家とアメリカ合衆国の間の書類上の誓約のためにアイゼンハワー大統領は宇宙人たちと会談しました。我々は、外宇宙からの大使第一号を引き受けました。書類上の彼の名前は、皆さんには非常に馬鹿げて聞こえると私は知っていますが、それはまったくの真実です、彼の名前は、「全能の高みにあるKrlll(Omunipotent highest Krlll)」、「Krill(クリル)」と発音しますが、"KRLLL"あるいは"CRLLL"というつづりでありました。大げさな名前は使わないというアメリカの伝統に基づき、彼は秘密裏に「最初の人質クリル(Original Hostage Krill)」ないしは単に「OHKrill」と呼ばれました。
皆さんは、宇宙人の旗を知っておくべきであります。それは、「三極勲章(trilateral insignia))として知られるようなもので、"TP "のように見えます。すなわち、2つの円がVのどちらの側にもあり、1つの棒が中心をまっすぐ下に貫くものです。それは、乗り物(クラフト)上に表示されてあり、制服の胸の上に縫い付けられてあります。2回目の会合と2度の着陸の両方ともフィルムに撮られました。そしてフィルムは今日も存在しています。どこに存在するのか? 私は知りません。しかし、私は、それが確かに存在することを知っています。その契約が述べていたのは、「宇宙人は我々の諸問題に干渉すべきではなく、我々は彼らの諸問題に干渉すべきではない」ということでありました。我々が特に興味を惹かれたのは、彼らが我々の将来に関係するすべてに干渉しないということでしたが、これは破られました。我々は彼らが地球にいることを秘密にし、彼らは発達した技術で我々を懲らしめ、技術の発展の手助けをしました。彼らは地球の他の国々とはいっさいの誓約を行わないだろうということでありました。
彼らは、医学的調査の目的で、限定的かつ定期的に人間をアブダクト(拉致)できました。それは、誓約に基づき、「人間が害を受けるかどうか」人類の発達を観察するためでありました。拉致された人間たちはアブダクションの場所に送り返され、その記憶を消されるはずでありました。そして、宇宙人たちは、定期的スケジュールを基本として拉致された人々のすべての人間的背景のリストをMJ−12に提供するはずでありましたが、これは為されたことはありません。
「誓約が力を持っている限り、各々の国民は相手の大使を引き受ける」ということが同意されました。さらに、アメリカ合衆国内の宇宙人の国民は、「互いに相手のことを学ぶという目的で、互いに16人ずつの個人を交換する」ということが同意されました。時間周期を知るために、宇宙人のガスが地球上に残され、人間のガスが宇宙人の原点にまで旅行し、そして戻りました。この点で、逆交換が行われるようになったのであります。それがどうなったか、地球を去り宇宙人たちのところに向ったそれらの最初の16人の人間たちに何が起こったのか、私には全く知る由もありません。そしてまた、「宇宙人国民の使用のため、地下に基地を作るということ、そして、宇宙人とアメリカ政府の共同利用のための2つの基地が建設されるべきである」という同意がなされました。「ドロシー基地(Dulce base)」が第一のもの。そして、ドリームランド(Dreamland)のエリア51付近にある「S−4基地」が第二のものであります。共同利用していた基地内で技術交換が行われるようになりました。宇宙人基地は、ユタ州、コロラド州、ニューメキシコ州とアリゾナ州の「フォーコーナーズ(4つの角)」(Four corners)にあるインディアン居住区の地下に建設されました。1つはネバダにも建設されました。 ネバダのS−4基地は、エリア51の西側境界の南におよそ7マイル行ったところに位置し、その他のものはドリームランド(Dreamland, Area 51)にあります。
すべての宇宙人基地は海軍省の完璧なコントロール下にあり、そこで働く人々はすべて海軍からお金をもらっている人々であります。基地建設はただちに始まりましたが、1957年になって巨額が利用できるようになるまでは、その発展は遅々としたものでした。その間は、「イエローブック」(顧客情報)をたどって行きました。この際、私はすでに多くの人たちが見た「映画」について言いたいと思います。何人の人が「第三種接近遭遇」(訳注:日本では「未知との遭遇」)という映画をご覧になられましたか? あの映画は完全に真実であります。それらの出来事は現実に起こったことであります。あなたが見たものとはちょっと違いますが、あなたが見た場所とも違いますが、実際に着陸が確かにありましたし、誓約もありました。会話もありましたし、人間郵便物の交換もありました。
また私はいま皆さんにこういいたいのです。「J・アレン・ハイネック(J・Alen・Heineck)があの映画の技術ディレクターであった。そして、彼は私が1970年から1973年の間に読んだ「グラッジ13」の共著者であり、もう一人は、ルーテナル・カーネル・フレンドという名の男であった」と。
"As you learn last night, it’s the real nice guy that gets you"(君が昨夜のことを思うと、本当にいい男が君をものにする)。これで正しいかい、ビル?
■「陰の政府」の誕生
「プロジェクトレッドライト(赤い光)」が形成され、同盟のもと、宇宙人航空機(クラフト)飛行実験が開始されました。前に私が述べたように、多くのクラフトが回収されました。埋没したものにはまったく無傷のものがありました。60年代初期のある時、クラフトの1つが試験飛行中に現実に爆発しました。私はその正確な日時は知りませんが、その爆発は3段階に渡って観察されました。私が持つ情報によると、「プロジェクトレッドライト(赤い光)」はその時に遅れました。なぜなら、何が生じたのか、なぜ飛行機が爆発し、パイロットを失ったのか、分からなかったためであります。そして、そのプロジェクトはもはや存在しません。
最高機密の施設がネバダのグルームレーク(Groomlake)と、「ドリームランド(Dreamland)」という暗号で呼ばれた試験区域の西の奥に建設されました。この全領域が建設されました。試験は奇妙に消された区域(訳注:toner part?)で行われたのであります。それが、みなさんのある方々が矛盾する情報を持っている理由であります。「隔離政策(insulation)」が海軍の別の部門にあらゆる個人の通行許可において行われ、執行部同様に「Q−許可証」を要しました。これは、「大統領の認可」あるいは「マジェスティック(MJ)認可」を意味しています。これは皮肉であります。アメリカ合衆国の大統領すらその場所に入るための許可を持っていないという事実においてです。もし皆さんがそれをご存知なければ、「アメリカ合衆国大統領はエリア51に入れない」ということであります。また他にもたくさんの入れない場所があります。宇宙人基地技術交換が「S−4」区域で現実に起こりました。「S−4」はコードネーム(暗号)「月の裏側(The dark side of the moon)」でありました。陸軍は、あらゆる試験プログラムのための安全を確保する極秘組織を作る仕事を任されました。この組織は、コロラドのカールソン要塞(Fort Carson)を本拠地にした「国家偵察組織(National Reconnaissance Organization)」になりました。特別チームがそのプロジェクトを安全にする訓練を行いました。これが我々が「デルタ(Delta)」と呼ぶものであります。
「”赤い光”の目撃はどんなものでもそれは空軍の実験であった」と説明するために、第二のプロジェクト、コードネーム「スノーバード(Snowbird)」が展開されました。報道の目の前、いくつかの機会において、スノーバード円盤(クラフト)は通常の技術を用いて製作されました。ここにおられる皆さん、私の年より上の方はみな子供の頃か青年の頃に映画館に行って「無声のニュース映画」を見て、アメリカ合衆国やカナダ陸空軍が製作した、アブロカー(訳注:Avro car、円盤型で真ん中にプロペラがあるもの)や別の奇妙な姿をした円盤航空機を見たことがおありでしょう。あれがスノーバードの一部でした。また、「プロジェクトスノーバード」は、宇宙船あるいは「UFO」と呼ばれたものの公衆目撃談の正体を見極めることに利用されました。近年に至るまで「プロジェクトスノーバード」は、世間からの報告を徐々に衰退させる上でとても成功しました。「プロジェクトスノーバード」が行うことはそれだけということではありませんでした。最初から、集中的な、嘲笑、否定、正体暴露のキャンペーンがありました。おかげで、人々はしだいに彼らが見たことを報告しなくなりました。複数の「多額の金」の秘密資金が組織されました。これはホワイトハウスの軍事オフィスに保管されました。この資金は75の地下深くの施設を建設するために使用されました。大統領に聞かれた時には、大統領には「資金は戦争の時に大統領が逃げる深部地下シェルターである」と伝えられました。ほんの2、3が大統領のためのものでした。「多額の金」は規約外にこのオフィスを通じてMJ−12に蓄えられました。そして、"TOP SECRET DUMB(Deep Underground Millitary Bases)"(「最高機密の”沈黙”(地下深部軍事基地)」)同様に最高機密の地下深部宇宙人基地を建設するために使われました。私は、「馬鹿な(dumb)」がうってつけだと思います。(聴講者の笑い) そして、施設は別の道具によって国全体に広がっていきました。
ジョンソン大統領は、この資金を映画館を作るのに、あるいは昼食代を支払うために使いました。また私は信じていますが、彼はシャワー修理にも使いました。彼はその真の目的を知らず、普通の金でないので彼の金だと感じたのです。秘密の地下建設のためのホワイトハウスの資金がアイゼンハワー大統領により1957年に設定されました。トルーマンのことは忘れてかまいません。なぜなら、アイゼンハワーが全部したことですし、我々にしたことであり、意図的にではありませんし、我々に危害を加えるものではありませんし、我々を守るために始めたことだからであります。資金は、議会のもう一人の男が軍事攻撃の際に大統領を連れて行くための秘密の場所(これは、「大統領の非常事態の場所(Presidential emergency sites)」と呼ばれる)の建築と補修を行うために使用されました。その場所は、文字通りに、核の嵐にも耐えるに十分な地下深くで、外部との通信手段をも兼ね添えたものでありました。今日、国の周りに広がった75以上もの施設がありますが、私は数えることが出来ません。これらはこのファンドからのお金を使って建設されました。原子エネルギー委員会(Atomic energy commission)は少なくともそれに加えて22の地下施設を建設しました。これまた私は数えることができません。これらの場所で行なうあらゆるものの所在地は、最高機密と考えられ、取り扱われてきましたし、きています。そのお金は、ホワイトハウスの軍事事務所によってコントロールされ、情報豊富なスパイですら追求できないようにこの網には安全装置がかけられていると知られていましたし、います。
1980年になると、この網の終わりの始まりとして2、3の者がこの金が何のためのものであるか知りました。最初の者は、ホワイトハウス支出委員会(the House Appropriation Committee)委員長で防衛副委員会委員長のテキサス選出ジョージ・メイホン(George Mahon)議員とホワイトハウス軍事工事支出副委員会委員長のフロリダ選出ロバート・サイクス議員でありました。今日、ホワイトハウス広報官のジム・ライトが議会の金をコントロールしていた、そして彼を退けるための権力闘争が行われた、という噂があります。まあ、私はそこで何があったか知っていますが、彼がお金に責任を負っていたという事実をどんな証拠によっても物証することはできませんでした。それは単なる噂にすぎません。大統領、MJ−12、軍隊事務総長、ワシントン海軍造船所の指揮官のラインの終わりで、お金の出所が支出委員会によって知られてしまいましたが、それは「最高機密」として防衛省と陸軍建設プログラムに割り当てられました。しかしながら、紳士淑女のみなさん、陸軍はそれを使用できませんでした。実際、何のためか知ることもできませんでした。お金を使う許可は海軍に与えられたというのが現実でありました。皆さんは、海軍がすべてをコントロールしていたことを見いだします。ちょっと後で、結論を言います。その金は、それが何の目的のものか知らない海軍技術者のチェサピーク支部(the Chestapeak Division)への1つのチャンネルでありました。指揮官ですらそのファンドが役に立つと知っているという程度でありました。チェサピーク支部に割当てでき、現実にはホワイトハウスの軍隊事務所に唯一責任を持つ、たった1人の人間、海軍司令官だけが、「最高機密」資金の、本当の目的、金額、そして最終的な行く先を知っていました。ほとんどすべての跡づけが行き当たるその計画を取り巻く完全な秘密は姿をくらますことができましたが、ごくわずかの人々がそれをコントロールしたのであります。その秘密の資金の「監査」(audit)は、これまでもずっとありませんでしたし、また今後もあり得ないでしょう。多額の金額が最高機密費から海岸警備隊に属する、フロリダのポームビーチ(Palm beach)のピーナッツアイランド(Peanut island)と呼ばれる場所に送られました。その島はジェーソン(秘密の学者社会)の所有物で、ジョセフ・ケネディーが所有していました。 その金は、ずっと景観の美化に使われてきたと言われてきました。そのお金は、ケネディーの暗殺の直後からピーナッツアイランドに送られなくなりました。ちょっと前、ケネディーの暗殺に関する、テレビのニュース特番で、海岸警備隊の所員がこの正規のラインを超えてお金とブリーフケースをケネディーの使用人に送金したと報じていました。テレビ番組ですよ。これは、息子のジョン・F・ケネディーの損失に対するケネディー家への秘密の支払いだったのでしょうか。私はそうだったと思います。しかし私はそれを証明できません。その支払いは1967年まで続けられ、その時に止まりました。送金された全金額は知られていません。実際に使用されたお金も知られていません。その間、ネルソン・ロックフェラーが再び役職を変えました。彼は、「正しい時」と言われるまで、一種の「空席の地位(ホールディングポジション)」に居続けました。そして今、「正しい時が来ました」。この時彼はC・D・ジャクソンに地位を与えました。この地位は、「”心理学的戦略”のための特別補佐官(the Special Assistant for psychological strategy)」と呼ばれました。ネルソンは、その名前が「”冷戦”のための特別補佐官(the Special Assistant for cold war)」 に変わるように定めました。この地位は、何年もの間同じ地位としてあり続けました。ヘンリー・キッシンジャーがニクソン大統領の下で自動的にこの地位を取りました。公式にはそれは「我々国民の間の協力についての理解の発達のために助言や助力する者」ということでありました。無知な人には、響きが非常にいいですね、そうではないですか。その公式の「記述」はもちろん「煙幕」であります。秘密裏には、彼は「諜報機関社会のための大統領の指揮官」ということになっています。そして、ロックフェラーのその新しい地位は大統領に直接かつ大統領だけにリポートすることでありました。彼は、内閣の会合、経済政策のための諮問委員会(council for economic policy)、そして国家安全諮問委員会(national sequrity council)(これは政府内の最高の政策決定の場でありましたが)に参加しました。また、ネルソン・ロックフェラーが与えられた2つ目の重要な仕事は、秘密部門の長でありました。これは「調整計画するグループ(planning coordination group)」と呼ばれましたが、これはNSC5412/1の下1955年3月に形成されました。証拠となったメモは1954年に書かれました。同時にNSC1−10、失礼、NSC54−10とNSC54−11が書かれました。それは必要となるまで使用されませんでした。
■「MJ−12」の登場
そのグループは、長期計画(アジェンダ)に関する内容に応じて異なる、特別のメンバーからなりました。基本的メンバーは、ロックフェラー、国防省代表(the representative of the Department of Defense)、国務省代表(the representative of the Department of States)、中央諜報局(CIA)長官でありました。彼らはまもなく「5412委員会」あるいは「特別グループ」と呼ばれるようになりました。NSC5412/1が初めて、「隠蔽工作」は、これまでの過去では作戦にはCIA長官の権威のみに基づいて進められたのに、「執行委員会(Executive committee)」による承認を要する議題とする、という規則を設立しました。
厳密に秘密のメモNSC5410により、アイゼンハワーは1954年のNSC5412/1に先立ち、1つの「永久委員会」(permanent committee)を立ち上げました。これは、「マジョリティー12(Majority-12)」、「MJ−12」と特別に知られるようになったものではありません。行動監督するために、あらゆる「隠蔽工作」が宇宙人問題に関与するようになりました。NSC5412/1はこれらの会合の目的を説明するために作製されました。そして議会と報道が、「なぜそんな著名な重要人物たちが定期的に会合を開くのか」ということに興味を惹くようになりました。
「マジョリティー12(Majority-12)」は以下の人々で構成されました:
ロックフェラー、
CIA長官アレン・ウェルシュ・ダレス(Alen Welsh Dulles)、
国務長官ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles)、
国防長官チャールズ・E・ウィルソン(Charles E. Wilson)、
(陸海空軍)統合参謀本部議長(the director of Joint of Chiefs of Staff)アーサー・W・ラドフォード(Author W. Radford)提督。
それが海軍がすべて奪ってしまった理由であります。なぜなら、「MJ−12」を提供した最初の統合参謀本部長が海軍だったからであります。もし陸軍司令官が取れば、陸軍がそうしたでしょう。そして、FBI(Federal Bureau of Investigation)長官J・エドガー・フーバー、そしてこの点については多くの質問に答えるべきでしょうが。そして、「外国関係諮問委員会(Council for Foreign Relations)」の厳密な委員会からの6人、この人々は「ワイズメン(Wise men)」(賢人)として知られていました。これらの男たちは、彼らが「ジェーソンスカラー(Jason Scholar)」と自分たちを呼んでいた、「秘密の学者社会」の古参のメンバーでありました。
笑ってまた会おう、ビル。でも知っていたました。知らなかったよね。馬鹿にしてるね。
「スカル・アンド・ボーンズ(頭蓋骨と骨)」と「スクロール・アンド・キー(巻物と鍵)」からメンバーをリクルートした、すべての「ジェーソンスカラー」はハーバード大学やイェール大学出身でありました。今や、「マジョリティー(MJ−12)」の作戦の中で文字通りに述べられています。
「ワイズメン」は、永年にわたり、「外国関係諮問委員会(Council for Foreign Relations)」の鍵となるメンバーでありました。政府の役職からの最初の6人を含む12人のメンバーがいました。それが「マジョリティー12(MJ−12)」でした。このグループは、「最高高官(top officers)」、「司令官(directors)」、「外国関係諮問委員会(Council for Foreign Relations)」、後に「三極委員会(trilateral commission)」を作りました。
ゴードン・ディーン(Gordon Dean)、
ジョージ・ブッシュ(George Bush)、
ズビグニュー・ブレジンスキー (Zbigniew Brzezinski)
がその中にありました。しかしながら、MJ−12を提供した「ワイズメン」の中で最も重要かつ影響力を持ったのは、
ジョン・マックロイ(John Macloy)、
ロバート・ラベット(Robert Lovett)、
アヴェレル・ハリマン(Averell Harriman)、
チャールズ・ボーレン(Charls Bohlen)、
ジョージ・ケナン(George Kennan)、
ディーン・アチェソン(Dean Acheson)
でありました(訳注:これらの人々は、矢追純一の本とは全く異なる)。かれらの政策は70年代まで「遺言」として残されました。そして、顕著なことは、政府からの最初の6人同様、アイゼンハワー大統領もまた「外国関係諮問委員会(Council for Foreign Relations)」のメンバーであったということであります。さらに研究者たちはまもなく、必ずしもすべての「ワイズメン」がハーバードやイェールに通っていたわけではなかったということや、必ずしも彼らのすべてが大学時代に「スカル・アンド・ボーンズ(頭蓋骨と骨)」と「スクロール・アンド・キー(巻物と鍵)」に選ばれていなかったということを発見しました。
ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson)と
イヴァン・トーマス(Evan Thomas)著の
「Wise Men(ワイズメン)」(Simon Houston, NewYork)を得れば、この謎(ミステリー)をただちに解くことができるでしょう。そして、この本の中頃にある、イラスト#9の脚注にこう書かれてあります。「ラベット(Robert Lovett)は、海岸の真上の遥か上のイェールユニットであった」(Lovett was the Yale unit above far right on the beach)。「スカル・アンド・ボーンズ(頭蓋骨と骨)」における彼の「イニシエーション(入会式)」がダンケルク(Dankirk)近くの空軍基地に持ち込まれるようになりました。私は、そのメンバーたちが婚姻に基づく勧誘によって選出され、土台となって行くということを発見しました。学生時代、それは実際ハーバードやイェールに限られた訳ではありません。また、もしあなたが「軍人」でなければ、「あなたの家族がいくらのお金を持っているか」、こういうことも影響したようであります。選ばれた2、3の者は、「ジェーソンソサエティー」の「イニシエーション(入会式)」に関与していました。彼らはすべて「外国関係諮問委員会(Council for Foreign Relations)」のメンバーでありました。これは、当時「東部エスタブリッシュメント(eastern establishment)」として知られました。こういったものが、これらの最も秘密の大学社会の、及びもつかない深刻な性質への手がかりをみなさんに提供するでしょう。「ジェーソンソサエティー」は今日もしっかり生きています。しかし、今では「三極委員会(trilateral commission)」のメンバーも含んでいます。「三極委員会(trilateral commission)」は、1973年以前の数年前には秘密裏に存在していました。なぜなら、私は1971年の文書に「三極委員会(trilateral commission)」の名前を見たことがあるからであります。「三極委員会(trilateral commission)」の名前は、「三極勲章(trilateral insignia)」として知られた宇宙人の旗から取られました。それが、「どれほどここに問題が潜むか」の手がかりを与えてくれるでしょう。
「マジョリティー−12」は今日まで生き残りました。それは、アイゼンハワーやケネディーの時代には、「5412委員会」と間違って呼ばれたり、あるいはもっと正しく「特別グループ」と呼ばれました。そして、ジョンソン政権の時代には、「303委員会」とか「自由委員会」になりました。これは、ホワイトハウスの中の会いたい時に会うことのできる部屋の後ろで名付けられました。なぜなら、「5412」という名前は、「秘密の政府(The Secret Government)」という本にずっと含まれていたからであります。実際に、意図的に含まれていなかったのであれば、これらの男たちの会合を暴露するために含まれたにちがいありません。そんなわけで、だれもNSC5410やNSC5411を探すものはいなかったのであります。皆さんに幸運をと私は願います。私はそれを発掘できることを望みます。実際に、NSC5412/1がNS5410を隠すために暴露されたということがあります。ニクソン、フォードそしてカーターの時代には、「40委員会」と呼ばれ、レーガンの時代には「PI40委員会」と呼ばれました。すべての年月で名前だけが付け変わったのであります。その地位は同じであり続けました。
1955年頃、明らかになってきましたが、その宇宙人はアイゼンハワーを騙し、誓約(協定)を破りました。「ばらばらに切断された人間(mutilated humans)」? はい、「ばらばらに切断された人間」が「ばらばらに切断された動物(mutilated animals)」といっしょに発見されました。はい、「ばらばらに切断された動物」、それを信じない人がいると知っていますが、これも起こりました。
仕事をそのままにすべきです。家をそのままにすべきです。あなたがしなければならないことをそのままにすべきです。そして、自分自身を探しに行ってください。なぜなら、それを知るのは重要なことだからです。そして、それを信じてください。これらのことはアメリカ全土で発見されました。そこで「宇宙人は「アブダクティーズ(拉致された人々)」の人間の背後関係の完全なリストをMJ−12に渡さなかった」という疑惑が浮かびました。そして、「全部の鍵が返えされたわけではなかったのだ」という疑念を生みました。これが証明されました。ソ連は「彼らと交流している」と疑がわれましたが、これも本当だと証明されました。「多くの人々を操作する(manipulate)という範囲内で、宇宙人が魔術カルト”反宗教”(magic cult "unreligion")に行っていた」ということを学びました。宇宙人クラフトとの空軍戦闘部隊の数回の交戦の後、我々の兵器は彼らのものにはかなわないことが明らかになりました。
1955年の11月に、研究委員会を設立するために、NSC5412/2が公刊されました。この委員会は、対外政策と核時代を作り履行するために含まれる、すべての因子を遂行するためのものでありました。しかし、これは再び、「宇宙人問題」という、本来の研究目的を隠蔽する、「隠れ蓑」(訳注:雪の毛布)でありました。というのも、事実、5412/2は、私が前に言いましたように、1954年に書かれたものだからであります。それはNSC5410と5411が書かれたときと時を同じくし、5411は秘密の実行委員メモでありました。
1954年に、その研究グループは、あらゆる事実、証拠、虚偽や例外を調査するために、そして宇宙人問題の真実を発見するために権限を与えられました。NSC54/2だけが隠されましたが、報道が非常に著名な男たちの暦会合の目的を質問し始めた時に必要になりました。1954年の終わりごろどこかで、報道関係者がゴードン・ディーンに「なぜ連中は会合するのか?」、「何の目的で彼らは研究しているのだ?」と聞いた時、ゴードン・ディーンは、「いやまあ、我々は特別な方向を持たないが、それを研究してる」と言いました。それから、方向性を見つけたり、これらの会合のための理由を見いだすことが必要になりました。それがまさに彼らが行ったことであります。
第一回目の会合が1954年に始まりました。これは「クウォンティコ会合(Quantico meetings)」と呼ばれました。なぜなら、「クウォンティコ潜水艦隊基地」(Quantico Marine Base)において彼らが会ったからであります。
私が理解したことの1つを分かってください。紳士淑女の皆さん、私は彼らが誰か知っています。私は彼らがどう呼ばれていたかも知っています。私がしなければならなかったことのすべては、だれがそれらの名前に属していたかということであります。そして、それほど長期間にわたって秘密であった、36人もの常任の男どもの会合を調べ上げることは不可能であるということです。実際にここ3年間の研究です。永遠ではありません。3年の研究期間です。
■「ジェーソンスカラー」と「研究グループ」
「研究グループ」は、「ジェーソン学会(Jason Society)」あるいは「ジェーソン学者(Jason Scholars)」として知られた、「外国問題諮問委員会(Council on Foreign Relations, CRF)」の秘密の学者たちの35人のメンバーで構成されていました。エドワード・テラー(Edward Teller)博士が参加するように招聘されました。ズビグニュー・ブレジンスキー(Zbigniew Brzezinski)博士は最初の18ヶ月の研究指揮者でありました。ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)博士は、1955年11月に始まった第二期18ヶ月の研究指揮者でありました。ネルソン・ロックフェラーは、この研究期間中よく訪問していました。
今、私は「研究グループメンバー」の名前を読み上げます。皆さんの中でそういう人々をご存知の方はきっと面白いと思いになるでしょう。よくご存知でない方々は、先週書き上げたばかりでもう直き販売になる、拙著をお読みくださるようアドバイスしておきたいと思います。そして、私が話している研究のあらゆることが、皆さん独自の研究の中で私が皆さんに真実を告げていると告げると思いますが、私はそうするつもりはありません。私は一証人にすぎませんし、私はUFO研究者でもありませんし、職業的な研究者でもないからであります。私がこうしているのは、私がアメリカ憲法を取り戻したいからであります。
その「研究グループメンバー」は以下の人々でありました。
チェアマンのゴードン・ディーン(Gorden Dean)。彼は当時アメリカ合衆国でもっとも力のあった人々の1人でありました。
ズビグニュー・ブレジンスキー博士(Dr. Zbigniew Brzezinski)、第一期の研究長。
ヘンリー・キッシンジャー博士(Dr. Henry Kissinger)、第二期の研究長。
エドワード・テラー博士(Dr. Edward Teller)、科学者世界の代表者。
リチャード・C・リンドセイ少将(Major General Richard C. Lindsay)
ハンソン・W・ボルドウィン(Hanson W. Baldwin)
ロイド・V・バークナー(Lloyd V. Berkner)
フランク・C・ナッシュ(Frank C. Nash)
ポール・H・ニッティ(Paul H. Nitze)
チャールズ・ピノ・ノイス(Charles Pinouis Noyes)
フランク・ペース・ジュニア(Frank Pace, Jr.)
ジェームズ・A・パーキンス(James A. Perkins)
ドン・K・プライス(Don K. Price)
デービッド・ロックフェラー(David Rockefeller)
オスカー・M・ルーハウゼン(Oscar M. Ruebhausen)
ジェームス・M・ギャバン陸軍中将(Lt. General James M. Gavin)
キャリル・P・ハスキンス(Caryl P. Haskins)
ジェームズ・T・ヒル・ジュニア(James T. Hill, Jr.)
ジョセフ・E・ジョンソン(Joseph E. Johnson)
マービン・J・ケリー(Mervin J. Kelly)
フランク・アルチュール(Frank Altschul)
ハミルトン・フィッシュ・アームストロング(Hamilton Fish Armstrong)
ジェームズ・マコーミック・ジュニア少将(Major General James McCormic, Jr.)
ロバート・R・ボーイ(Robert R. Bowie)
マクジョージ・バンディ(McGeorge Bundy)
ウィリアム・A・M・バーデン(William A. M. Burden)
ジョン・C・キャンベル(John C. Campbell)
トーマス・K・フィンレター(Thomas K. Finletter)
ジョージ・S・フランクリン・ジュニア(George S. Franklin, Jr.)
I・I・ラヴァイ(I. I. Rabi)
ロズウェル・L・ギルパトリック(Roswell L. Gilpatrick)
N・E・ハラビー(N. E. Halaby)
ビードル(Bedell)と呼ばれた、ウォルター・ベダル・スミス将軍(General Waltere Bedell Smith)
ヘンリー・デウォルフ・スミス(Henry DeWolf Smyth)
シーズルズ・ウォーレン(Shields Warren)
キャロル・L・ウィルソン(Carroll L. Wilson)
アーノルド・ウォルファース(Arnold Wolfers)
こいつらは悪いやつらです。彼らが「研究グループ」でした。そして、最初のMJ−12は悪いやつらで構成されたわけではありません。彼らは、アメリカ人のことを考慮して構成されました。後で起こったことがだんだん悪くなりました。大統領から力を奪い取ること、陰の政府の形成、アメリカ人に麻薬を売ること、などなどなどであります。私が終える前に私はこういうことのすべてをカバーすることはしません。その頃のことです。第二期の会合は、クウォンティコ・マリーン・ベースで開かれました。そして、そのグループは「クウォンティコII」と知られるようになりました。ネルソン・ロックフェラーは、MJ−12と研究委員会のために、彼らが大衆の詮索から離れて会合できるように、メリーランド(Maryland)のどこかの飛行機でしか行けないところに避暑地を建設しました。彼は土地と建物を寄付しました。
ビル、私に今日はって言ってくれるかい?
この秘密会合期は、暗号名「カントリークラブ」と知られています。衣食住、レクリエーション、図書館と会合のための施設など完璧なものがその場所に存在しました。
その「研究グループ」は、1956年の後半の月々には「公的に」閉ざされました。そしてヘンリー・キッシンジャーが、1957年の結果を公的に「核兵器と外交政策(Nuclear Weapons and Foreign Policy)」と名付け、これは「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations)」によりHarper and Brothers, NYから出版されました。真実は、その原稿はキッシンジャーがハーバードにいる間にすでに80%は書かれていたというものでした。その研究グループは、引き続きベールに覆われていました。
キッシンジャーがその研究にいかに真剣に関わっていたかを知るための手がかりは、彼の妻や友人たちの証言によって見いだすことができます。彼らの多くは、「ヘンリーは毎朝早朝に出かけ、毎晩遅くに帰宅し、誰とも話さず、だれにも返事しなかった。まるで他の誰かのための隙間もない別世界に住んでいたかのようでした」と述べていました。今彼らは「もしあなたがだれにも話さず誰にも答えないのであったなら、彼らは形式的に会っただけだ」と彼らは言っています。
私は、これらの言葉が非常に真相を暴いていると発見しました。その研究中に宇宙人の存在と行動の暴露は大きな衝撃であったに違いないからであります。私がどれほどショックを受けたか私も知っています。
ヘンリー・キッシンジャーは、これらの会合の間確かに調和していませんでした。彼は普通、紳士的で非常にチャーミングと形容されるように、彼と会った多くの人々は彼をとても好きになりました。しかし、その後のどんな深刻な行事においても二度とこういうふうに振る舞うことはありませんでした。多くの場合、彼は日昼働いた後深夜まで働き詰めでした。夫婦は話もしませんでした。この振る舞いのため、離婚することになりました。
宇宙人研究の大きな発見とは、一般大衆は教えられるべきではない、というものでありました。それは、このことが経済崩壊を引き起こし、宗教構造の崩壊を引き起こし、無政府状態を引き起こす国民的パニックになると信じられたからであります。こうして秘密が保持され続けました。この見解の分岐には、もし公衆に伝えられないのであれば、議会も伝えられることはない。こうして、プロジェクトと研究のための資金は政府の外部から来なくてはならないということでありました。何かがその場所に降りてき始めました。宇宙人問題なしに、44年間に起こっていたことのどんなことにもつじつまを合わせることができないのです。もしすべての中心に宇宙人問題を置いた時のみ、あなたはそれらの1つ1つの答えのすべてを得ることができるのです。その会合の間、お金は軍事予算やCIAの極秘の無目的資金から得られました。
もう一つの大きな発見は、「宇宙人が、腺分泌、酵素、ホルモン分泌、血液、そして恐ろしい遺伝子実験のために、人間や動物を利用していた」ということでありました。宇宙人たちは、自分たちの生存に必須なのだと説明しました。
私がお話しすることは非常に悲しいことですが、それは真実のことであります。というのは、私はこのセクションの行を読むことができないからです。現実はそれが真実と見いだします。私が知っていることのすべては彼らが私に伝えたことなのです。彼ら(宇宙人)は、彼らが自身の遺伝子構造を改良できなければ、彼らの種族はまもなく存在できなくなるだろうと述べました。我々は、彼らの説明を非常に疑いの目で見ました。我々の兵器は宇宙人に対してはまったく役に立たなかったので、MJ−12は、我々が軍事的に彼らに立ち向かうことができる技術を発達させることのできるその時が来るまで、彼らと外交関係を和平的に結ぶことを決定しました。予備交渉が、人類の生き残りのための軍事力を結集するために、ソ連やその他の国々と為されなくてはならないということでありました。その間に、うまく行けば我々を一致団結させる通常兵器や核兵器を使って、2つの兵器を研究し構築するという、計画が発展しました。
その研究の結果が「プロジェクトジョシュア(Joshua)」と「エクスカリバー(Excalibur、訳注:アーサー王の魔法の剣) 」でした。ジョシュアはドイツ軍から撤収した武器でありました。当時ドイツ軍は、低照準低周波音波を使って、2マイルの範囲で4インチの鋼鉄版を粉砕できました。そして、この兵器は、宇宙人の円盤とビーム兵器に対抗して有効であると信じられました。エクスカリバーは、地下30000フィート(約9km)を超えず、狙ったターゲットから50m以上ずれないミサイル兵器でありました。これはニューメキシコで見つかるような固い岩盤地層でも1kmまで侵入し、1メガトンの破壊力を持ち、宇宙人の地下基地を破壊するために使用することを意図したものでありました。ジョシュアは成功して発展しましたが、私の知る限り使用されたことはありません。エクスカリバーは、近年まで押し進められてはいませんでしたが、今現在この兵器を発展させるための先例のない努力が続けられています。これらの兵器開発に携わる人々は、歴史上これほどきびしくせかされたことはなかったと言っています。そして、エクスカリバーを発達させるために圧力をかけられてきているのであります。
■「ファティマの予言」と「3つの代替案」
今世紀初頭にファティマ(Fatima)で起こった出来事(訳注:俗に「ファティマの聖母」の奇跡と呼ばれる出来事)が綿密に調査されました。それが宇宙人の操作したものかどうかという疑いに関して、諜報機関作戦がその出来事を取り巻く秘密に侵入するように動かされました。米国は、第二次世界大戦の間にリクルートし育てられたバチカンのもぐら(訳注:バチカン内に潜伏するスパイ)を利用しました。まもなく「予言」(訳注:「ファティマの予言」のこと)を含んだバチカン研究の全部を手に入れました。
私は、皆さんがすでにその真の予言を読んだことは気にしません。
この予言はこう述べています。
「もし人類が邪悪から戻らず、キリストの足下にひれ伏さなかったなら、この惑星は自己崩壊し、黙示録にある出来事が実際に起こるだろう。世界平和の計画と1992年に始まる偽りの宗教を携えて世界統一を果たす、一人の子供が誕生するだろう。1995年頃、彼は邪悪で、実際は「反キリスト」である、と人々は見極めるようになるだろう。1993年に通常兵器を使用するアラブ連合国がイスラエルに侵攻して、第三次世界大戦が中東に始まるだろう。その通常兵器は、1999年に核のホロコーストへと最高潮に達するだろう。1999年と2003年の間にこの惑星上のほとんどの生命は致命的に損害を被り、その結果死に絶えるだろう。キリストの再来が2011年に起こるであろう。」
これは真実か? 
私には分かりません。アメリカ政府によってだれかがこれが実際には宇宙人の出来事であると決定したということを私は知っています。私は、これが欺瞞であろうと信じます。嘘は我々の前に積み上げられてきました。ですから、明日世界が終わると思ってここから逃げないでください。この理由のため、何かもっと他の理由のために違いありません。私はそのことのためにお話ししているのであって、このことのためにではありません。
宇宙人たちがこの発見に出くわした時、彼らはそれは真実であると確証したのであります。宇宙人たちは、異種混合(ハイブリダイゼーション)を通じて我々を生み出し、宗教(Religion)、悪魔主義(Satanism)、魔法(Witch craft)、魔術(Magic)やオカルト(Occult)を通じて人間を操作してきたのだと説明しました。さらに彼らは、宇宙人たちはタイムトラベルができ、その出来事が実際に起こるだろうと説明しました。アメリカ合衆国とソ連による、タイムトラベルを使用する宇宙人テクノロジーの後々の開発が、実際に何か悪いことが起りつつあると確証したのであります。宇宙人たちは、実際のキリストの十字架のはりつけ(crucifiction)と彼らが主張した、1つのホログラムを見せました。これはフィルムに撮られました。
我々は彼らを信じるべきか、そうでないか分かりません。彼らは、正真正銘の宗教を作って我々を操作してきたのでしょうか? あるいは、彼らは、ずっと操作してきた宗教の源泉だったのでしょうか? あるいは、これは、聖書が予言してきた、正真正銘の「終わりの時」や「キリストの再臨」のシナリオの始まりなのでしょうか? だれも答えは知りませんでした。私もまたその答えを知りません。
1957年に1つのシンポジウムが開催されました(訳注:これは「ハンツビル会議」という。「「第三の選択」(1977年):やっぱり月には色があり、月面には基地があった!」参照)。これには、もっとも偉大な科学者の一部が参加しました。彼らは、「神様あるいは宇宙人の助けなしには、西暦2000年頃かその後すぐに、この惑星は人口増加と環境破壊のために自己消滅するだろう。」と結論しました。アイゼンハワー大統領の秘密の戒厳令によって、「ジェーソンスカラー」たちはこのシナリオを研究し、その発見から何かを勧告するように命令されました。これは行われました。
「ジェーソンソサエティー」は、その科学者たちの発見を確証し、「代替案1、2&3」と呼ばれる、3つの勧告を行いました。
「代替案1」は、「核兵器を利用し、爆風で成層圏(Stratosphere)に穴を開け、そこから熱と大気汚染物を宇宙空間に逃がす」。熱頼みで、大気汚染ではない。「そして、環境破壊の文化から環境保護の文化へ人間の文化を変革する」というものでありました。これは、人間本来の性格と核爆発が創出するだろう付随したダメージのため、もっとも成功する見込みが薄いと判断されました。
「代替案2」は、「地下都市と地下トンネルからなる広大なネットワークを建設し、その中であらゆる文化と職業の選ばれた代表が人間種のために運ばれて生き残る。そして、他の人間どもは、惑星の表面に残って自己防衛する。」というものでありました。
「代替案3」は、「選ばれたわずかのものが地球を離れて宇宙空間に植民地を作るために宇宙人テクノロジーや通常テクノロジーを開発する。」というものでありました。私は、その計画の一部として、機械労働のため使われる人間奴隷たちの「集団委託販売(Batch Consigments)」の存在を確証することも否定することもできません。
「アダム」というコードネームで呼ばれた月(Moon)は、第一番目の関心のある対象物でありました。その次が、「イヴ(Eve)」というコードネームで呼ばれた火星(Mars)でありました。1つの遅延行動作戦として、「3つの代替案のすべてが、出産制御(Birth control)、不妊(Sterilization)を含みました」、強制が必要とあらば、地球人口の増大を制御し遅延させるように恐ろしいマイクロチューブの導入をも含んでいました。エイズ(AIDS)はこれらの計画の結果の”1つ”にすぎません。他にもたくさんあります。「人類という種族が、我々の社会から不必要な要素を取り除くことに最大の関心がある」と決定されたのであります。連携した米ソのリーダーたちは代替案1を放棄しましたが、みえないところで同時に、ただちに代替案2と3を開始する作業を命令したのであります。ワシントン州の人々は、機械化した地下都市がおそらく正しいとここにリポートしています。
1959年に、ランド・コーポレーションは、「地下深部建設シンポジウム(Deep Underground Construction Symposium)」の開催者になりました。私はこのシンポジウムレポートの1冊を持っています。これは私が持ってはいけないものでありますが、にもかかわらず持っていますが、これくらいの厚さです。このシンポジウムレポートには、機械類の写真があり、1時間あたり5フィート(訳注:約1・5m)の割合で半径45フィート(訳注:約13・5m)のトンネルを掘ることができるとあります。また、その本には、複雑な施設、まるで都市にみえるようなものを含んだ、巨大なトンネルや巨大な地下の丸天井の写真も示されていたのであります。それ以前の5年間に、地下建設のすべてにおいて、すでにその当時ものすごい進歩を遂げていたということが明らかであります。
支配権力は、宇宙人が関与する予算やブラックプロジェクトの予算の手段が麻薬の非合法販売の角に立たされたと判断しました。「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations)」の若い、野心家のメンバーが接近してきました。彼の名前は、ジョージ・ブッシュ(George Bush、訳注:パパブッシュこと、前大統領の親父)でした。彼は、その時、テキサスを拠点にしたザプタ石油(Zaputa Oil)の社長兼最高責任者(CEO)でありました。ザプタ石油は、海岸沖掘削(Offshore drilling)という新技術を持ち、その経験がありました。一般に、麻薬は漁船で南アメリカから海岸沖に運ばれ、そこから物資や人のための普通の交通手段で海岸に運び込まれると考えられていました。この方法では、税関(Customs)や法務局(Law enforcement agency)は、積み荷を調査しないだろうというものでした。ジョージ・ブッシュは、その支援に賛成し、CIAと連携してある作戦を組織しました。その計画は、だれもが考えた以上にうまくいき、以来世界中に広がりました。そして、今や非合法麻薬を国に持ち込むたくさんの方法があります。そこでいつも覚えておいて欲しいことは、「ジョージ・ブッシュが我々の子供たちに麻薬販売を始めたのだ」ということであります。
さて、もし皆さんが私を気違いとお思いでしたら、バスを降りて土を掘り起こしてください。なぜなら、皆さんがそれが全くの事実だということがお分かりになるだろうからであります。今日CIAが世界中の非合法麻薬をコントロールしています。
「公式の」宇宙計画は、ケネディー大統領が彼の就任演説で「アメリカ合衆国はこの10年の終わりまでに人を月に送り込む」と命令した時に推進されました。たとえ着想は純粋であるとはいえ、この命令は、責任を負わされた人々が膨大な額のお金をブラックプロジェクトに注ぎ込むことや「真の」宇宙計画をアメリカ国民から隠すことを可能にしたのであります。ソ連における類似の計画も同様の目的を提供しました。事実、宇宙人とアメリカ合衆国とソ連の共同基地が、ケネディーがその言葉を話したその瞬間にはすでに月に存在したからであります。1962年5月22日に、宇宙探査機は火星に着陸し、生命を維持する環境が存在することを確証したのであります。それほど後ではない頃に、惑星火星上に植民地建設が正式に開始されたのであります。今日、火星上には、アメリカ合衆国とロシアと宇宙人の施設である植民地(コロニー)が存在します。
(訳注:こう話している間に、聴衆の1人の女性が大声で叫び始める。そして「そんな”途方もない”話を信じられるかい」というような言葉を吐く。それに対して、クーパーが以下のように言う。)
もしあなたがそれが途方もない(トンデモ)とお思いなら、2、3年研究してみてください。
(訳注:その女性はさらに「あんたの話には何の証拠もないじゃないか!」と怒鳴る。他の男性が「私はもっと話を聞きたいんだが、」と弁護する。聴衆がざわめき騒ぎ立った時、クーパーが言う。)
これは、非常に心をかき乱す情報であります。そして、私は、みんながそれを信じるだろうとは期待していません。私は、この中の1人すら私が皆さんに話していることを信じるとは期待していません。そして、私は、私がここに来た理由を分かっています。私は、皆さんの1人ではありません。UFO研究家でもありません。私は研究者でもありません。私には公衆に情報をお伝えする義務があると考えています。その一つは終わりました。私は自分の責務を果たしました。今からは、皆さんにかかっているのです! 私ではありませんよ!
(訳注:聴衆からの盛大な拍手が起こる)
■「JFK暗殺の真相」と「真の宇宙計画」
この植民地は火星に存在します。そこでは、地球全体から取られた、異なる文化や職業から特別に選別された人々が居住しています。実際には我々は親密な同盟国である時、「国防」の名の下に計画にお金を流す目的で、米ソ間であたかも敵対しているかのような公的ジェスチャーが長い年月にわたりずっと取られ続けてきました。
ある時点で、ケネディー大統領は、麻薬と宇宙人に関する真実の一部について発見しました(訳注:これを証明するJFKの演説が、The speech that got John F. Kennedy Killed、The speech that got John F. Kennedy Killed version 2、What John F. Kennedy Would Say To George Bush)。彼は、1963年にMJ−12に最後通牒を発行しました。ケネディー大統領は、「もし彼らが麻薬問題を掃除しなければ、自分がやる」と彼らに保証しました。そして彼は、「次年度内にアメリカ国民に宇宙人の存在を明らかにするつもりであり、彼の決定を遂行する計画を命令した」とMJ−12に通告しました。ケネディー大統領は、「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations, CFR)」のメンバーではなく、「代替案2あるいは3」については何も知りませんでした。
「政策委員会(Policy Committee)」と知られる最高委員会(訳注:これがおそらくかの有名な「300人委員会」のことだろう)により、国際的な一連の作戦が指揮されました。彼らは、アメリカ合衆国内ではMJ−12によって、ソ連内では姉妹組織によって指揮されました。ケネディー大統領の決定は、彼らの責任のある地位につく人々の心に危機感を引き起こしました。彼の暗殺が「政策委員会(Policy Committee)」によって命令され、その命令はダラスにおいてMJ−12の工作員によって果たされました。
ジョン・F・ケネディー大統領は、自動車行列の中で彼の車を運転していた諜報機関の工作員によって殺害されました。その工作員の行動はフィルムにはっきりと映っています。私が見た文書の中にはそう述べられていました。その暗殺者の名前は、ウィリアム・グリア(William Greer)です。「映像を見る時には、ケネディーではなく、運転手を見てください」そのフィルムを見つけたときは、それが皆さんに見せてくれるでしょう。車の近くでウィリアム・グリアがケネディーを撃ったのを目撃した証人たちのすべてが、事件の2年以内に彼ら自身全員が殺害されました。それは事実です。「ウォーレン委員会」は茶番劇で、「外国関係諮問委員会(Council on Foreign Relations, CFR)」のメンバーがそのパネルの大半を占めました。彼らは、アメリカ国民に雪を被せる(訳注:騙すの意)ことに成功しました。宇宙人の秘密を暴露しようとした、他の多くの愛国の志士たちもまたその間の年月を通して殺害されました。
これが、私が放出した情報について非常に注意してきた理由です。なぜなら、私が今日提供したように、私が皆さんに真実を告げることができるということが非常に重要であるからです。後で私に何が起こるか? 今日の後で何が起こるか? 私には分かりません。後は皆さんがすることです。(訳注:2001年このクーパーもまた射殺された)
アメリカ合衆国最初の宇宙探査や月着陸の時代の中では、どの発射も宇宙人クラフトによって随伴されていました。月面基地は「ルナ(Luna)」とあだ名を付けられていましたが、この基地はアポロ宇宙飛行士たちによって目撃され、映像におさめられました。ドーム、尖った塔、サイロに見える高い円形構造、月面の跡に編み込まれたかのように残された「T」の形をした鉱物採取の乗り物、そして信じられないほど大きな宇宙人の円盤や小型円盤が写真にあります。それは、実際にはアメリカ、ソ連そして宇宙人の月面基地です。宇宙計画は茶番で巨額の資金の損失なのです。「代替案3」は1つの現実であり、SFではありません。アポロ宇宙飛行士のほとんどが、この経験や彼らの生き様にひどく震え上がりました。そして、彼らのその後に続いた言葉の数々が暴露の深刻さや従わねばならなかった口封じの効果を物語っています。彼らはだんまりを決め込むように命令されるか、極刑、死(これは、「便宜的なもの」と称されました)で処罰されるかのいずれかでした。
現実に1人の宇宙飛行士が、多くの証言で確認をとり、テレビで「代替案3」を暴露する番組の英国プロデューサーに話しました。「代替案3」という本では「ボブ・グロディン(Bob Grodin)」という偽名が宇宙飛行士の名前に変えて使われました。その本はまた、「彼は1978年に自殺した」と書かれています。このことはどんな資料によっても正当化できませんでした。それゆえ私は、その本の中のいくつかの「通説事実」は本当に情報操作であると信じています。しかしながら、「代替案3」は本当であると私は示すことができます。この情報操作は、著者たちにかけられた圧力の結果であると確信しています。そして、それはまた「代替案3」という題名のイギリステレビ暴露の人気番組の効果をゼロにするために意図されたと私は確信しています。この「国際的陰謀」の本部はスイスのジュネーブにあります。支配本体は、「ビルダーバーガーズ(Bilderburgers)」 として知られるグループの重役メンバー同様に、関わっている各国政府代表から構成されています。会合は、必要とあれば、北極の氷冠の下で原子力潜水艦内で開かれます。これが会合が盗聴されないという保証をとる唯一の方法です。そうやって秘密を保ちます。これが彼らが秘密の案件に付いて議論する唯一の場所です。
私の持つ知識や私の持つ文献資料の知識から、私はその本の70%は真実であるということができます。その情報操作は、間違いと分かる情報でイギリスのテレビ暴露番組の信用を失わせる試みであると信じています。たとえば、「アイゼンハワーの戦闘命令書(Eisenhower Briefing Report)」が偶発的な計画「マジェスティック12」の下、ここ合衆国から出されたというようなものです。これはもちろん真っ赤なうそと証明されています。
我々が宇宙人と交流相互作用を開始して以来、我々の野性的な夢を超えてついにその技術を持つ日がやってきました。「オーロラ(Aurora)」と命名された機種がエリア51に存在します(訳注:「エイリアン工学はすでに実用化している」参照)。これは宇宙への規則的な飛行旅行を実現します。それは、「TAV(Trans Atmospheric Vehicle)」と呼ばれた、第一段階の宇宙航空機(クラフト)です。そして、7マイル(約11km)の滑走を地上で行って飛び立ち、高軌道に入り、自身のパワーで帰還し、同じ滑走路に着陸します。我々が現在持っている、原子力を使用した宇宙人タイプのクラフトはネバダのS−4にあります。我々のパイロットはすでにこれらのクラフトで惑星間宇宙飛行を成し遂げ、これらのクラフトに乗り込んで、月、火星、および他の惑星に行ったことがあります。その基地にはパイロットのグループがあります。彼らは記章を付けています。その記章には、下から覗いている小さなエイリアンがあります。それは、私が思うに、上部に3、4の文字があります。私はそれが何だったかわすれましたが、ジョン・リアーはそれが何であるか知っています。写真には、土星の姿、火星の姿もありました。背景には、ちょうどプレアデス星団のように奇妙な形をした7つの星があります。それが何を意味するのか? 私は知りません。
我々は、月や火星や金星などの惑星の真の本質、そして今現在の今日我々が所有している科学技術についてうそをつかれてきました。月には、植物が生長し、季節によって色を変える地域すら存在します。この季節効果は、月は地球や太陽にいつも厳密に同じ側を向けている、そういわれていますが、というわけではないからです。季節ごとに暗さを取り入れして揺らめく領域があります。この付近で植物が生育します。月はその表面に人類が作った湖や沼を2、3持っています。大気には雲が観測され、撮影されています。
皆さんのどれほどの人が、ちょっと前、数年前を覚えているでしょうか? 宇宙人の円盤のほとんどの報告書が、円盤は水の近くに着陸し、円盤に水を吸い上げていたという報告した時のことを覚えているでしょうか? どれくらいの人がそれを覚えていますか? ごくわずかですね。水は月に行ったのです、紳士淑女の皆さん、月を変えるためにですよ。そして今も行われています。月は重力場を持ちます。深海潜水夫と全く同じ減圧方法を行った後、酸素ビンから息をしながら、宇宙服なしで、人が月表面を歩けます。紳士淑女の皆さん、あなたが水面下1200フィート(約360m)から表面に来ることができるのであれば、減圧であなたは表面から真空大気に行くことができます。真空は人体にはどんな影響も引き起こさないと理解してください。不活性ガス(Inert gas)が、あなたの組織(Tissues)やあなたの骨(bones)やあなたの身体の中の流体に溶け、問題を引き起こします。もしこれがうまく減圧できれば、何も問題は生じません。必要なものすべては、わずかの量の酸素と呼吸するためのごくわずかの圧力です。何も損傷を受けません。長時間呼吸した後に酸素が有毒になるという一点を除いてですが。それゆえ、遠足は最小限の時間内で行われなくてはなりません。その他に関しては、あなたがた、他のだれもが、宇宙服を着ないで真空中宇宙で月の表面を歩けないという理由がないのです。
どうやって私が知っているかって? 私は、大学(訳注:どの大学名は聞き取れなかった)の混合ガス飽和潜水学部の学部長であった時、潜水夫のための深海(deep sea)、混合ガス(mixed gas)、混合呼吸(breathing mixture)、飽和潜水(saturation diving)に関する、世界エキスパートの1人であったものです。私は今言うことができますが、真空に減圧して月面を歩くことはとても簡単なことなのです。それが人を600フィート(約180m)まで持って行くのです。
■最後の言葉
私はその写真の数々を見ました。そして、それらのいくつかは実際にフレッド・ステックリング(Fred Steckling)による「我々は月に宇宙人基地を発見した(We Discovered Alien Bases On the Moon)」という本で公表されました。
すべての写真がそこにあるというわけではありませんが、いくつかの非常に良い写真があります。私はその本をお買いになるようにお勧めします。私はその写真を見るようにお勧めします。良いNASAナンバーがそれらに見ることができますよ。私は皆さんがまだそれらを手に入れられるかどうか疑っていますが。一時それは可能でした。
1969年に人間と宇宙人の間の対決が「ドロシー地下研究所(Dulce underground lab)」で突然勃発しました。宇宙人たちは我々の科学者の多くを人質に取りました。デルタフォース(Delta force)が彼らを自由にするために送り込まれましたが、宇宙人たちの武器の前にはまったくかないませんでした。我が方の人員の66人がこの作戦で失われました。1つの結果として、少なくとも2年間は我々はすべての計画プロジェクトを取り下げるというものでした。結局ある懐柔策がとられ、再び我々は交流し始めました。私が知る限りでは、今日も我々は宇宙人と交流しています。
どうやら私の持ち時間を過ぎましたね。私は他の講演者の邪魔をするつもりはありません。私の講演の文書は外で販売されますから(訳注:「Behold a Pale Horse」のこと)。ただ私は1つだけ皆さんに言っておきたいメッセージがあります。
私は皆さんが私のことをどう思いになろうが気にかけません。私は皆さんが私をどう呼ぼうが気にしません。私が唯一気にしているのは皆さんがこの情報をどうするかということです。なぜなら1つの種として我々が生き残ることに非常に重要だからです。我々の惑星にとって重要です。この世界にとって重要です。私に何が起こるかは重要ではありません。そして、私はこれを述べた時、私はそう知っていました。この17年間にわたって、私はいつか私がこれをいうために立ち上がらなければならないと分かっていました。私がしたいかどうか、私が恐れるかどうか。今、私はここにいます。今、それが終わりました。私はとてつもない開放の喜びを感じます。皆さんは嘲笑することができます。皆さんは、それらをゴミ箱に投げ入れることもできます。もし皆さんがお望みなら、私の家を焼くことすらできます。しかし、私はたった今皆さんに言いたいのです。皆さんの未来、皆さんの子供さんたちの未来、皆さんのお孫さんたちの未来は、皆さんがこの情報をどうするかにかかっているのです。皆さん自身の政府が麻薬を子供たちに売っているのです。皆さんが気にかけているようには見えません。皆さん自身の政府が人民の力を放棄したのです。皆さんが気にかけているようには見えません。この国全体に走っている暢気さがあります。もはや致命的です。宇宙人がいるかどうかです。
(「勇気を持って…可能性を実現する」より)
我々は、たった今この瞬間に羊のような国民です。紳士淑女の皆さん、私は「羊は必ず屠殺場に連れ去られる」ということを保証します。しかし、そういうふうになる必要は必ずしもありません。
知識には信じられない力があります。同様に、秘密にも信じられない力があります。その秘密を取り去りましょう。皆さんが情報を得たことを確認しましょう。皆さんは物事を変えることができます。お互いに噛み付くのを止めましょう。ご清聴ありがとうございました。
盛大な拍手。

井口和基の公式ブログ
https://quasimoto.exblog.jp/10485103/
https://quasimoto.exblog.jp/10539621/







ウィリアム・クーパー講演解説
Kazumoto Iguchi's blog
by Kikidoblog
2009-06-21 09:37
2009-06-22 10:34
2009-06-23 12:21
2009-06-30 13:23
2009-07-02 13:57
2009-07-02 13:57
みなさん、こんにちは。
ウィリアム・クーパー講演のYouTube番組の日本語訳(ほぼ直訳)である。
今日からしばらくの間、私は最近紹介したウィリアム・クーパー講演(「ビル・クーパー「ロズウェル事件の真相」を語る」)のYouTube番組の”私の”日本語訳をここに紹介して行こうと思う。
私が英語のYouTube番組を見聞きしているのは、自分のヒアリング能力を訓練しかつ維持するためである。が、我が家の92年製ソニーのテレビが死んでしまい、私が最近はテレビを見ずに十分に時間ができたためでもある。毎日英語を聞いていると、さすがにアメリカ留学はもう20年も前の体験や記憶となってすっかり英語ヒアリングを忘れかけてきた私の脳みそにもそれなりの覚醒を引き起こし、それなりに聞き取れるようにはなるようである。
ウィリアム・クーパー氏独特の米語発音は私にはかなり聞き取りにくい点がたくさんある。さらには氏の語る内容が宇宙人問題に関するかなりインサイダーな極秘事項を扱っていて、そのための特殊な言葉使いなどがあるために、私自身意味を取るのにかなり苦労する点がある。そんなわけで、私のヒアリング能力はそれほどたいしたことはないので、かなりいい加減でうまく聞き取れずに誤訳や間違った解釈をしている部分もあるだろうが、その辺は見逃してもらってお許しいただき、ご自身で適当に補ってもらいたいと思う。したがって、英語能力の高い人は直にYouTubeから自分で聞き取ってもらえばよく、私の日本語訳は無視してもらいたい。仮に私の翻訳が断片的に意味があっていただけだとしても、ウィリアム・クーパー氏の講演における主張の内容の大筋は理解できるだろうと思う。
いずれにせよ、ウィリアム・クーパー氏が自身の命をかけて行った一世一代の「宇宙人問題暴露」講演は実に衝撃的でかつ非常に深くかつ興味深いものである。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 2-10
今日は、昨日に引き続き、ウィリアム・クーパー講演(「ビル・クーパー「ロズウェル事件の真相」を語る」)のYouTube番組のパート2の日本語訳である。以前のものには、その部分的なものを聞き取ったために、前後関係からの内容がよくわからずかなり誤解していた部分があった。今回のものの方がかなりましで、より正確であると思う。
パート1のところでも書いたように、読者が間違っていると思う部分は適当に自分で補完してもらいたい。何事も部分や細部の真偽にこだわるのではなく、言葉にのせるべき対象の総体の意味と話の流れをつかみ取って欲しいと思う。
というのも、人間の(経験を記述した)文章というものは、文章にするには書ききれないほどの経験した情報の中から断片的に文章を羅列して、その元ととなる経験対象を相手に気づかせる(把握させる)ための手段にすぎず、文章というものは得られた時空間の全くことなる文の織物として描かれるものだからである。この点、同じ文章でも数学的証明や科学論文として書かれたものとはまったく意味が異なる。なぜなら、数学的証明や科学論文に書かれた文章にはそれぞれの文の間で同時性が成り立つからである。したがって、数学証明では文章の中の一部の文に誤りがあれば、その全体が誤りとなるが、一般的な文章においては必ずしもそうはならない。一部に誤りが含まれていても、それはその部分にあやまりがあっただけのことで総体には影響しないものだからである。こういうことを特に日本人の科学者やインテリは理解しなくてはならない。つまり、ある人の主張に部分的な判例を見つけたからその人の主張そのものが誤りだというような態度を日本人は捨て去れねばならないということである。そういう思考過程が今の日本人には必須である。そういう練習だと思っていただきたい。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 3-10
この辺りから、日本の矢追純一氏の番組や本などの情報からはまったくうかがい知れない(つまり、矢追氏がまったくご存じなく、我々日本人をいつも誤った方向に導いていたために我々が知り得なかった)インサイダーな情報が次々と明らかとなってくる。実に興味深い内容満載である。アメリカ合衆国大統領と陰の政府の力関係が逆転してゆくさまが明らかとなる。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 4-10
昨日もちょっと書いたように、この辺りから、日本の矢追純一氏の番組や本やちまたで流れてきた情報や歴史とは全く違う姿が明らかとなってくる。特に面白いのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇」が”現実に起こったこと”を描いた映画であり、テクニカルディレクターとしてこの情報をスピルバーグにリークしたのが(おそらく、ジェーソンスカラーの一員であった)通称「UFO研究家の第一人者」と言われたアレン・ハイネック博士であったという部分である。
この博士こそ「グラッジ13」を書いた張本人であった。実際、ハイネック博士の「科学的研究の価値があるUFO」という論文には、
1.UFOを報告するのはUFO“マニア”に限られている.
2.UFO報告は頼りない,信頼できない,教養のない人物から寄せられる.
3.科学的素養のある人物がUFOを報告したことは一度もない.
4.UFOが至近距離で目撃されたことはなく,報告はいつも曖昧である.
5.空軍は,UFOが地球外起源の存在である,あるいは、ある種の高度なテクノロジーを示している,という証拠をつかんではいない.
6.UFOの報告はマスコミが世間に広めた.
7.UFOはこれまでレーダーで捕捉されたこともないし,流星カメラや衛星追跡カメラで撮影されたこともない.
などの条件があることから、実はこの博士こそ「カバーアップ(隠蔽)工作」のエージェントであったということになるだろう。まずそう見て間違いない。(ついでに付け加えると、上の条件の中の「UFO」の部分を「超能力」、「テレパシー」、「宇宙人」、「マイナスイオン」、さてまた「偽科学」などに置き換えても大筋においてそのまま成り立つ。このことからも、こういったキャンペーンはすべて「スノーバード」プロジェクトに端を発していると考えられる。同時に、こういう論法で物事の真実を覆い隠そうとする人々は同じような精神構造の持ち主と言えるだろう。)
世にある「専門家」という人種の主張を信じると痛い目にあう、という典型であろう。「専門家」やなにがしかの「権威」と呼ばれるものは、たいていがそのスポンサーのためのエージェントというのが相場であるからである。なぜなら、そやつを権威や専門家と呼ぶのはこの世の(調子こいた)”だれか”であって、この自然宇宙ではないからである。自然は人を差別しない。差別するのはあほな我々人間のみである。したがって権威と称するものどもはいつも後ろ盾の言う通りに振る舞うものなのである。これがこの世の真実である。だからこそ、「権威を信じるな」と、いにしえの昔から賢者たちは時代を超えて場所を超え、時空間をも超えて、同じことを口を酸っぱくして言い続けてきたものなのである。それゆえ、専門家の意見を集めたり、他人の意見だけを聞いて、(UFO)番組を作ったり、(UFO)本を書いたりする人々は往々にして支離滅裂でひっちゃかめっちゃかでうそ八百のものしか作ることが出来ないという訳である(UFO問題のみにかぎらないが)。やるなら何でも「自分で証拠をつかみ、自分の足でまわり、自分の頭で考えろ」ということである。この意味で、インサイダーとして自分で調べ上げたウィリアム・クーパー講演は貴重である。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 5-10
この部分は、アメリカ合衆国政権内の地位のお話であり、ホワイトハウスの内部構造やアメリカの政治システムをよく知らない、あるいはよく知り得ない、我々日本人には非常に分かりにくいところが多い。しかし、ヘンリー・キッシンジャーなどが就いたことで有名な、いわゆる「大統領補佐官」(という日本語表記)の地位の本当の目的が何であるか、あるいは、大統領の地位がいつから「陰の世界政府(俗にいう、イルミナティー)」の手に落ちて行ったか、それがいつ頃のことだったのか、などの実に興味深いことが実に分かりやすく議論されている。結論を言えば、アイゼンハワー大統領時代になってロックフェラー帝国の魔の手がおよび、それ以降もはや二度とアメリカ大統領に真の権力は回ってこなかったのである。そういうことが実に良く分かる。こういった内容はインサイダーでなければ絶対に分からないものであろう。
いずれにせよ、世界史の大きな流れとして、ロスチャイルド家が欧州において行ったことの焼き直しをロックフェラー家が米国内で行ったということができるだろう。ロスチャイルドの時代には「円盤」はなかった。しかし、意外にもロックフェラーの時代になり、「円盤」や「宇宙人」が現れた。何百年にわたりユダヤ人の世界帝国を築こうと計画してきたイルミナティーには衝撃が走った。そしてこの宇宙人テクノロジーをだれより先に手に入れたら世界はわがものとなる。だから宇宙人と連携して地下基地で技術交換し最終兵器(円盤)を作る。とまあ、そういう単純な歴史だったということのようである。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 6-10
この部分では、アメリカ合衆国内に、いかにして、いわゆる「マジェスティック12」、あるいは「マジョリティ12」、単に「MJ−12」と呼ばれる組織が誕生したか、ということが詳細に説明される。この「MJ−12」については、日本でも古くから矢追純一氏などによって、テレビや本を通じて詳細に語られてきた。が、どうやらそれは”真っ赤なうそ”で、矢追純一氏の名指しした人々は全くのダミーあったことがわかる。実際にはもっと名の知られた現役の政治家たちやエスタブリッシュメントたちや著名な学者たちであったようである。むしろ、JFK暗殺の際に名前が出てきた人々の方にだぶる。要するに、秘密の組織だから一般にはあまり知られていない人物たちだろうと矢追氏が考えたのとは違って、現実には、一般人もだれもがその顔を知っている人々が秘密の組織に入っていたのである。この組織と「ジェーソンスカラー」といわゆる「スカルアンドボーンズ」、そしてこれまで全く日本では知られていない「スクロールアンドキー」という大学内の秘密結社の存在などとの関係が明らかになる。アメリカ政府になぜハーバードやイェール(ちなみに、浦賀来航のペリー提督はイェール出身者であった)出身者が多いのか、の理由が明らかになる。そして、これらの結社の「秘密のイニシエーション(入会式)」が米軍に導入されて行ったことが語られる。また、ここでは、アイゼンハワー大統領と面会した宇宙人(ロング・ノーズ・グレイ。これはいわゆるユダヤ鼻のような大きな鼻を持つグレイ宇宙人)が、アメリカとの協定を無視し、好き勝手に地球人をアブダクトし、人体実験するようになったということが語られる。そして、クローリーに代表される、反倫理、反キリスト、反宗教の、秘密の魔術的カルト「アンリリジョン(反宗教)」がその宇宙人と接触して行ったということが語られている。この映像の最初の方に約8秒間ほどの無声状態の部分があるが、これがどうしてできたのかは分からない。講演時のマイクの不調かもしれないし、録画当時にできたものか、あるいはだれかがカットしたのかもしれない。ひょっとすれば、この部分には、文脈からして”まだ現存する”、かなり重要な個人名が含まれていたのかもしれない。それゆえ、消されたのだろうと思う。なぜなら大半はすでに亡くなっているからである。
(ちなみに、『NSC5412/1が初めて規則を設立しました。作戦を「隠蔽」した設立規則は、???の承認によって左右されました。??????? (訳注:NSC5412/1が初めて規則を設立しました。???の部分には約8秒間のカットがある。それゆえ意味不明)』と書いた部分は、後で調べたところ、ここはにこうあるようだ。『NSC5412/1が初めて、「隠蔽工作」は、これまでの過去では作戦にはCIA長官の権威のみに基づいて進められたのに、「執行委員会(Executive committee)」による承認を要する議題とする、という規則を設立しました。』)
我々日本人には、米語口語というのは、rとlの区別、bとvの区別、aとuとoの区別、cとkの区別などかなり難しい部分がある。それゆえ、これを聞き間違えば意味が大きく変わることがあるため、しばしば意味不明の場所が出る場合がある。しかし、そういう場合は前後の文脈から適当に補って意味をつないで欲しい。そういう訓練である。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 7-10
この中では、「研究グループ」と呼ばれた「ジェーソンスカラー」の学者たちがだれであったかが暴露されている。そしてこの組織を後押ししたのが、大統領から実権を奪ったネルソン・ロックフェラーであったことがわかる。まあ、要するに、現在のアメリカ政治は、大統領は表向きの職で、実権はロックフェラーが握っているという構図である。日本の昔と同じ「摂政政治」のようなものである。しからば、当然、陰にいて実権を持つ人間は自分の都合良く政治を後ろから動かす。時の北条政子のようなものである。
この「研究グループ」は、おそらく「300人委員会」のアメリカ支部のようなものだろう。この人々が、俗にいう「イルミナーティ」の中核的人物へと育っていったようである。トルーマン、アイゼンハワー時代に米国民の存亡の危機を考慮してMJ−12が立ち上げられたが、いつしかそれが「イルミナーティ」の支配下に置かれ、アメリカが徐々に利用されるようになって行ったということが分かる。「イルミナーティ」の覇権のためには、アメリカ国民を宇宙人の犠牲にすることも辞さない。宇宙人に自由にやらせ、その宇宙人の陰で、宇宙人を壊滅するための科学技術をその宇宙人から奪い取る。そのための武器や兵器も独自に開発する。
とまあ、こういう姿が彷彿させられる部分である。そして、おそらく、今ではほぼ目的が達成したために、今度は「イルミナーティ」は、我々地球人を人口減らしするために、宇宙人もろとも「全面核戦争」で破壊する作戦に一気に出るということなのだろう。「現実は小説より奇なり」とはよく言ったものである。
この最後に出てくる、「ジョシュア」や「エクスカリバー」という兵器は初耳だったが、エクスカリバーに似た兵器は実際にイラク戦争で使われたようである。つまり、地下基地を爆破するために垂直に落下するミサイルのたぐいである。「ジョシュア」も「エクスカリバー」もハリウッドのSF映画などでは頻繁に出てくるものである。あるときは、地球全面核戦争をシミュレーションするスーパーコンピュータが「ジョシュア」だったり、単語修正ソフトの名前が「エクスカリバー」だったりする。こういうネーミングのアイデアがどこから出てくるのか知らないが、一種の情報操作のたぐいかもしれない。ナチスの科学兵器も結局は米ソ、米ロに伝播し、その後継機が開発されている訳である。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 8-10
この中で語られることがおそらく最も「途方もない(outrageous)」話に聞こえる部分だろう。しかし、このブログを最初から読んできた人々は、必ずしもそれがそれほど途方もない(トンデモ)とは思わないだろう。この中では、まず今世紀最初にポルトガルで起こった「ファティマの予言」という現象のことが語られる。CIAがこれを調査し、宇宙人の仕業だったのだろうと結論される。そして、「ファティマの予言」(この中には、1、2、3の予言があり、3の予言が非公開とされた)の第三の予言をバチカンから盗み出し解読したという話が語られる。この予言は基本的には聖書の「ヨハネの黙示録」をより現代化したもので、「ノストラダムスの予言」とも重なるものである。
この予言に抗してどうすべきかという研究が「ジェーソンスカラー」により開始され、結局「3つの代替案」が勧告される。1つは、成層圏を核爆弾で穴をあけ、大気汚染や温暖化熱を外に逃がす作戦。しかし、これは核爆弾の後遺症が残るために破棄される。2つ目は、大陸の地下深くに地下都市を建設し、地下トンネルで結び、広大なネットワークを建設するという作戦。3つめが、宇宙に出て宇宙基地や宇宙植民地を作り、そこに住むという作戦。米ソ、そして米ロは宇宙人と共同して、2、3の選択肢に突き進んだ。その結果、J・F・ケネディー大統領が「アポロ計画」をぶちあげた就任演説の時には、すでに月や火星に米ソ宇宙人の基地が存在し、地球には地下都市がネットワークが存在した、という話が語られる。これらの計画の基底にあるものは、地球人の人口爆発問題であり、そのために「産児制限」、「人口抑制」、「不妊」などのためのあらゆる手段が考慮されるようになったとある。これから鑑みて、今日我々が知る現象の多くは、ここから始まったと言えるだろう。実際、「タバコで早死にさせる」、「1人っ子政策」、「ポルノセックス産業を増大させ性を遊びに変える」、「オーラルセックスを流行らせ、性病や子宮がんや前立腺がんを流行らせる」、「ドラッグで薬物中毒者にする」、「離婚や家庭崩壊や家庭内暴力でまともな子供が育たないようにさせる」、「ファーストフードで太らせ、暴飲暴食で早死にさせ子孫ができないようにさせる」、「フッ素飲料で脳や生殖機能を退化させる」、「アスパルテーム等の人工甘味料で不妊にさせる」、「エイズやプリオンなど新型ウィルスや新型病原体で病気を蔓延させ、死に至らしめる」、などなど、の作戦があったということを想像させるものである。そして、今後さらにどんな計画があるか、どんな作戦が施されるだろうか、おおよその見当がつく。すなわち、「第三次世界大戦」は「全面核戦争」それも「中性子爆弾」によるものとなり、地上に残された名もない人々は死に絶える。あるいは、生き残りは奴隷にされる。こういうシナリオであろう。
「ファティマの予言」にある「キリストの再来」というのは何者の再来ことかわからないが、シッチン博士は「ニビルの神エンリルの再来」と考えているようだが、かなりスペクタクルな未来が待ち受けていることだけは確かなようである。
それにしても、CIA長官だったジョージ・ブッシュこと、パパブッシュが、CIAを使ってアメリカ人にドラッグ(非合法麻薬)を売ってその金をブラックプロジェクトの資金に充てたというのは、デービッド・アイクやジョン・コールマン博士の調査結果とまったく一致していて驚くばかりである。もっとも、百害あって一利なしというタバコを世界中に売りさばいているのがイギリス貴族の会社なのだからさもありなんというところだろう。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 9-10
この中で初めて、「JFKの暗殺」の真相が明らかとなる。ケネディーを撃ったものがその運転手ウィリアム・グリアであったことが明らかになる。その真相とは、今やデービッド・アイクやジョン・コールマン博士らにより明らかとなった、
「300人委員会」
「ビルダーバーグ・グループ」
「MJ−12」
の名を持つ人々がシークレットサービスを使って暗殺したというものである。また、ケネディーの「アポロ計画」と陰の世界政府の「真の惑星探査計画」が語られる。ケネディーが「月に人を送り込む」と宣言した1960年初頭にはすでにMJ−12が「月面基地を作っていた」という事実が語られる。それをアポロ宇宙飛行士たちが発見する。NASAが火星に探査ロボットを送り込んだ時には、すでに「米ソ・エイリアンの火星基地ができていた」。潜水の減圧技術を使えば、人は真空状態でも宇宙服なしで歩くことができる、もちろん月面でも宇宙服なしで短い時間なら歩くことができるとクーパーは説明する。
いずれにせよ、クーパー講演の内容では、このブログでいろいろ紹介してきたような事柄が絶妙に連結するから面白い。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 9-10
この中で初めて、「JFKの暗殺」の真相が明らかとなる。ケネディーを撃ったものがその運転手ウィリアム・グリアであったことが明らかになる。その真相とは、今やデービッド・アイクやジョン・コールマン博士らにより明らかとなった、「300人委員会」や「ビルダーバーグ・グループ」や「MJ−12」の名を持つ人々がシークレットサービスを使って暗殺したというものである。また、ケネディーの「アポロ計画」と陰の世界政府の「真の惑星探査計画」が語られる。ケネディーが「月に人を送り込む」と宣言した1960年初頭にはすでにMJ−12が「月面基地を作っていた」という事実が語られる。それをアポロ宇宙飛行士たちが発見する。NASAが火星に探査ロボットを送り込んだ時には、すでに「米ソ・エイリアンの火星基地ができていた」。潜水の減圧技術を使えば、人は真空状態でも宇宙服なしで歩くことができる、もちろん月面でも宇宙服なしで短い時間なら歩くことができるとクーパーは説明する。
いずれにせよ、クーパー講演の内容では、このブログでいろいろ紹介してきたような事柄が絶妙に連結するから面白い。
・William Cooper: The U.S. UFO And Alien 10-10
いよいよ、ウィリアム・クーパー講演のYouTube番組の最後になった。パート10の日本語訳(ほぼ直訳)である。
この中では、時間切れで話は中途半端に終わる。しかし、クーパーがどういう理由でこの講演を思い至ったかについての1つの声明が行われる。これがいつ頃の講演なのか分からないが、彼の著書「Behold a Pale Horse」が出版されたのが、1991年12月1日のことらしいから、おそらくその年の10月か11月のことだろう(後で調べたところ、1989年の講演らしい)。これから約10年ほどして彼もとある事件をきっかけに射殺されたという。アメリカを愛した愛国の志士はそうやって死んだ。
この話の中に出てくるほとんどの人々は今はもう亡くなっている。まだ健在なのは、私の知る限りでは、ズビグニュー・ブレジンスキーとヘンリー・キッシンジャーとパパ・ジョージ・ブッシュなどだろう。しかし、「外国関係諮問委員会(CFR)」、「三極委員会(Trilateral Committee)」、「ビルダーバーグ(Bilderburg)」、「政策委員会(Policy Committee)」=「300人委員会」などは健在である。「ジェーソンソサエティー」、「スカル&ボーンズ」、「スクロール&キー」なども健在である。
現在こういう組織が何を行っているかについては、かのデービッド・アイクやジョン・コールマン博士が詳しい。こういう組織は、そのメンバーが死んでも、必ずその代わりが現れる。それゆえ、昔のリーダーたちの言葉は「遺言」として生き残る。それが「ユダヤ的」なやり方らしい(偽ユダヤ的と厳密には言うべきらしいが。なぜなら、ユダヤ教を信じている人々はそういうことは考えないし行わないらしいからである)。
このクーパーの主張の内容の真偽のほどは、私個人は信じているが、読者自身の頭で考えれば良いだろう。いずれにせよ、明らかにそう遠くない未来にその真偽がはっきりするからである。「ヨハネの黙示録」、「ノストラダムスの予言」、「ファティマの予言」、「ヒットラーの予言」、こういったものの時代に入りつつあるからである(ただし、こういった予言群は、述べられている日時が重要なのではない。そのシナリオやストーリーなど大きな流れの方が大事なのである。何事も文脈や行間が大事である)。
現実には「代替案2」、「代替案3」がアメリカ本土では本気で実現されている。これを忘れないで欲しいものである。何も知らない東洋人や日本人は、「家畜人ヤプー」の世界が待っているのかもしれない。

井口和基の公式ブログ
https://quasimoto.exblog.jp/10471249/
https://quasimoto.exblog.jp/10485103/





Screenshot_20200109-030629.jpg
Screenshot_20200109-030524.jpg

posted by datasea at 17:15| Comment(0) | % マリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉蔵: WW3スタート〜シオニストの人口削減計画が本格化する


玉蔵: WW3スタート〜シオニストの人口削減計画が本格化する
今年から戦争の年? WW3スタート その1
陰謀2020.01.06
ヒャッハー!
さて、去年、そろそろ戦争だろうと書いたのですが。今年しょっぱなから来ますたね。北朝鮮の方かと思いきや中東ですた。海外では第三次世界大戦がトレンド入りとのことですた。
BIGLOBEニュース
✔@shunkannews
「第三次世界大戦」各国で相次ぎトレンド入り でも日本1位は「ムック」だった|BIGLOBEニュース https://news.biglobe.ne.jp/it/0104/jc_200104_0709372493.html 
20:15 - 2020年1月4日
今年はゴーンで始まる年のようですた。
にこそく(千里の道も一歩から)@nicosokufx
大発会「中東情勢緊迫化」あかーん!
日経平均-400円超
ゴーーーーーン!
9:14 - 2020年1月6日
ワタスが注目したのは金価格の方です。
何これ凄い。金が昇竜拳中。以下は田中貴金属さんのサイト。おほぉ。日本円で6千円超えて来ますたよ。やはりなにはなくとも有事の金。金を買ってた方はおめでとうございますた。多分、これからもっと上がることでしょう。
さて、前にも書きますたが。
日月神示によれば、子(ネ)の歳真中にして前後十年が正念場。前が2010年〜2020年、後ろが2020年〜2030年。
ワタスがこれで思い出すのは、あのアジェンダ21です。1992年ブラジル地球環境サミットで採択されたのがアジェンダ21。表向きは地球規模の環境問題を克服して人類が繁栄するための「行動計画」である。しかし事実上は以下のようなことが目的として記載されている。
▼大幅な人口削減
▼国家主権の崩壊
▼財産の平等化(没収)
▼私有財産の禁止
▼政府による子どもの養育
▼政府による職業供与
▼行動の規制
▼居住の限定
▼教育の低下……。
具体的に「人口を85%削減」することが記載されている(『国連(生物多様性)査定報告書』)。
つまり、現在70億人のうち60億人を減らし、10億人が“適正人口”という。米バラク・オバマ政権で、大統領補佐官(科学技術担当)を務めるジョン・P・ホルドリンは 「地球に最適な人口は10億人である」 と主張している。
ワタスはこの人口削減計画。支配者層の中で変わらず最優先事項だと見てます。一番人口を効率よく削減できるのはやはり戦争なのです。
以下は、ずーっと前にのっけましたが。フリーメーソン33階級のアルバートパイクさんの予言。もうすっかり飽きてしまってこのような話題は書かなくなってしまったのですが。
フリーメーソンの正装で写るアルバート・パイク氏(1809〜1891年)
弁護士、詩 人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰 め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)。彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送っ た書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた。それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書 いてあり、「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦 争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた。
■アルバート・パイクの“予言” (未来計画)
この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると、
次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである。
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」
「第 二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作 の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」
「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」
「予言は当たるものではなく、当てるものだ!」
この手紙が書かれたのは1871年8月15日。
この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった。
この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる。
一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう。
この計画というのが、前にも書いたヨハネの黙示録から来てるんですね。以下の絵は、『黙示録の騎士』。ヴィクトル・ヴァスネツォフ作(1887年)という作品です。
今は、青い馬の期間。そして次が殉教者の苦しみ期間なのです。で、2030年までに人口の85%を削減する。アジェンダ21や日月神事の2030年は微妙に一致しているのですた。って、ちょっと書いてるうちに長くなってしまいますた。今日は忙しいのでまた明日詳しく書きましょう。
にしても以下は、第三次世界大戦のチーム分けが決まったというツィート。
かーる・あひる@ItoKazahiru
第三次世界大戦のチーム分けが決まった模様。
13:11 - 2020年1月4日
くほほほ。
まぁ、こんなところでしょう。一の大将と二の大将とが大喧嘩すると見せかけて世界をワヤにする仕組み。2020年からいよいよスタート。とかなんとか。本当にありがとうございますた。
目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート
メルマガ始めました:

黄金の金玉を知らないか?
https://golden-tamatama.com/blog-entry-world-war3-start.html








【自衛隊員の現状】
アカ停覚悟で書きます。
コピペ及び拡散希望します。
知人の自衛隊員の話。
現在、中東派遣が決まり、自衛隊の中でも拒否する隊員が相次いで居るが、上官は国の命令だと言い、一切聞く耳をもたず、辞職する事さえ許されないと言います。
若者隊員が数人で直訴するも認められず、更に派遣される隊員は何が起きても覚悟し一切の責任を自らが負う事という誓約書に署名を強要されると言います。家族が裁判を起こそうにも引き受ける弁護士も居ないと言う現状…。隊員の家族がこの現状をSNSで拡散するもアカウントごと停止にされると言われてます。
確実に人権剥奪であり、正に狂気です。今の政府のやってる事は完璧に違憲であり、国家による大量殺戮に等しい状況です。そして周知の通り、海外派遣どころではなく、国内は災害で未だにボロボロの状態です。経済を見ても、被災地を見ても防衛目的の派遣というのは全て詭弁です。
#兵役が居なくなれば徴兵待ったなし
#憲法はもはや完全無視
#いい加減沈黙やめろ
#いつまで他人事だ日本人は
#またバカな歴史を繰り返すつもりか
#クズ政権の暴挙を許すな
#ダメリカの戦争犯罪の片棒を担ぐ世界唯一の被爆国
#NoWar
#ImNotAbe
#StopIranSendingTroops

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1473750329440944&id=100004179729928





posted by datasea at 00:03| Comment(0) | ◉ 日月神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする