2020年01月05日

鈴木祐司: 2019年"視聴率最低"紅白の分析



20191203_213747336.jpg


鈴木祐司: 2019年“視聴率最低紅白”の分析
データでみる“最低紅白”の真相〜ワースト断定は早計だが改善の道は見えた!〜
鈴木祐司  | 次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員
1/5(日) 11:11
世帯視聴率が“史上最低”とされた『第70回NHK紅白歌合戦』。
ビデオリサーチ(VR)のデータが発表された後、同番組を批判する記事がたくさん出た。しかし統計データは誤差がつきもの。しかも今や、テレビ番組の視聴データは複数ある。
これらを見比べると、単純に去年の紅白がワーストだったとは言い切れない。もちろんデータは、課題も浮き彫りにしている。
“史上最低”とされた紅白の真相に迫ってみた。
■視聴データによる位置づけ
VRは1月2日、年末年始の世帯視聴率を発表した。これによると『第70回NHK紅白歌合戦』第2部は37.3%。2部制になった1989年以降で最低の値だった。ただし1部の34.7%は、過去に30%強が何度もあるので、史上最低ではない。これを受けて、今回の出来を批判する記事がたくさん出た。
「ヤマ場が少ない」
「サプライズ感に乏しい」
「まとまりと決定力に欠けた」
「リハから欠けていた高揚感」
紅白放送の翌日に発言するならまだしも、視聴率が判明してから鬼の首をとったように言うのは、「なんだかなあ」って気もしないでもない。中には「初期のころのように、純粋な歌合戦で勝負するべき」と、何を根拠に個人の主観を述べているのか、首をかしげたくなるような極論も散見された。
そもそも近年の紅白2部は、それまで4回が40%前後で、今回3%ほど下がったからと言って大騒ぎすべき出来事なのか。視聴率調査を行うVR自身も、40%の番組の誤差は±3.3%と明言している(視聴率をご覧いただくときの注意事項)。例えば15年2部は、36〜42%のどこかだ。19年は34〜40%のどこか。15年より下だったかも知れないし、逆に上だった可能性も残っている。
また近年は、多様な視聴データが登場している。スイッチ・メディア・ラボ(SML)は、関東地区でVRより2倍以上のサンプルで、世帯視聴率や属性別の個人視聴率を測定している。これによると、世帯も個人も18年紅白に負けているものの、15〜17年より高い。サンプルの集め方などが異なるので単純に比較できないが、VRのデータだけで最低と決めつけるのは、短絡的過ぎるだろう。
ちなみに「世帯が下がったのは、若い出演者が増え、紅白の主な視聴者である60歳以上がついていけなかったから」旨の批判もあった。ところがSMLのデータを見ると、3−層(男女50〜64歳)も3+層(65歳以上)も、18年には及ばないが、14〜17年比では同等あるいは上を行く。「キャスティングが高齢者を排除した」とは、安易には断定できないのである。
■視聴データが浮き彫りにする課題
ただし今回の紅白に課題がなかったとは言わない。この辺りも視聴データを分析すると、番組改善のためのヒントが浮かび上がる。
例えばインテージ「Media Gauge」は、全国150万台ほどのインターネット接続テレビの視聴ログを集め、接触率の変動を15秒単位で見せている。さらに紅白の視聴をやめ、他のチャンネルへザッピングするなどの行動も分かるようになっている。このデータで見ると今回の紅白は、中盤から終盤にかけて、数字が今までのように上昇していない。例えば1部開始時点では、3年間で大きな差はなかった。ところが1部終了時には、差が少し生じた。さらに2部では、右肩上りの度合いが少なく、差がさらに開いた。
こう書くと、キャスティングが駄目だったように思われる。ところが17年で接触率を大きく押し上げたアーティストの多くは、19年でも出演していた。
三浦大地・郷ひろみ・欅坂46・関ジャニ∞・椎名林檎・YOSHIKI・Superfly・嵐・ゆず等だ。18年で視聴率に貢献したYOSHIKI・Da Bump・TWICE・松田聖子・松任谷由実・嵐
らも同様だ。19年で欠けたのは、西野カナ・安室奈美恵・米津玄師・サザンオールスターズ。代わりにFoorin・King Gnu・星野源・菅田将暉・氷川きよし・MISAなどが気を吐いた。「ヤマ場が少ない」と言われるほど、強力な歌手が少なかったわけではない。
■最大の課題は演歌
では、何が問題だったのか。課題をデータで示すとすれば、流出率の高いパートが、接触率の上昇を阻んだ点だ。
例えば歌手が歌っている部分では、15秒ごとの流出率は全体平均が0.885%だった。15秒ごとに視聴者100人に1人弱が逃げ出した計算だ。では誰のどんな歌の時に、視聴者は視聴をやめたのか。
やはり目立つのは演歌歌手。ワースト5のうち3組を占めた。平均を上回った21組では、10組に及んだ。
例えばワーストの丘みどり。
歌ったのは2分ほどと短い。Kis-My-Ft2の踊りと折り紙の鳥が飛ぶという工夫が凝らされていたが、曲紹介のMCから流出が激しく、歌い始めの1分では視聴者の1割以上が逃げた。
幸い、裏の民放番組でCMがあり、流入も比較的多かったため、接触率曲線が大きく落ち込むことは回避された。しかしこの部分で、流出率が平均並みだったら、この時点での接触率は18年に迫る上昇をしていた。
同じように山内惠介や坂本冬美も痛い。前者では、激しいダンスや本格的なバイオリンで盛り上げた。後者ではキンプリの3人が太鼓をたたくなど、若年層を押しとどめる努力が光った。ところが共に冒頭1分で累積7〜10%ほどの流出が起こった。小手先の演出では、残念ながら大きな流れは変えられなかったようだ。
演歌歌手のコーナーでは、歌のパート以外にも課題がある。例えば恒例のけん玉でギネスブック挑戦もした三山ひろし。確かにギネス記録が気になったのか、歌後半で流出が目に見えて減った。ところが曲とけん玉を紹介するMC部分で、累積で1割以上の視聴者に逃げられていた。マジックを幾つも入れ込んだ水森かおりの場合もそうだ。歌のパートでは視聴者がマジックに目を奪われ、流出は平均に近かった。ところが曲紹介では冒頭1分で12%以上の視聴者を失っている。演歌ではこのパターンが少なくない。ザッピングを頻繁に行うのは、今や若年層から3−層まで広がっている。「そもそも演歌は見たくない」人が、年々確実に増えている。
ただし流出が極めて少ないケースもある「VIVA・LA・VIDA!」の五木ひろしと、今回が11回目の「津軽海峡・冬景色」を歌った石川さゆりだ。五木ひろしは、武田真治のサックスと筋肉美、さらにチコちゃんのドラムに助けられ、3分弱と長丁場だったが、比較的流出を抑えられた。石川さゆりに至っては、典型的な演歌のセットと演出のみで3分を歌い上げた。ところが流出は0.658%と、平均を大きく下回った。カラオケで人気のお陰か、やはり聞きごたえがあると多くの視聴者が思ったのか、演歌でも成功するケースがある。つまり本当に大多数が聞きたい演歌に絞り込むか。あるいは流出を防ぐ演出を総動員するか。どうやら演歌生き残りの道は、限られているようだ。
■グダグダのMCも課題
「何回かやってらっしゃらるのに、初々しさをまったく失ってない。素晴らしいです」
M-1グランプリでは厳しい審査で有名な上沼恵美子に、こう言わせた綾瀬はるか。今回が3回目の紅組司会で、“ノーミス”宣言も報道されていたが、蓋を開けてみると序盤から言い間違いなど“噛み噛み”の連続。他にもMCでは、歌の準備が整わないため間延びすることが多く、“グダグダ感”が滲み出ていた。SNSでも、それを指摘する声は多かった。
「MCグダグダでワロタ」
「今年の紅白、歌の準備がいつにも増してグダグダじゃない?」
「せっかくの歌番組のリズムをグダグダにする」
「グダグダ司会を大晦日に見させられる視聴者の気持ちも考えてくれよ」
内村光良・桜井翔・綾瀬はるかが司会を務めたMCの、平均流出率は1.23%。歌コーナーの1.4倍ほど高い。ちなみにオープニングとエンディングを除く紅白の平均流入率は1.03%。つまり歌コーナーで接触率を上げ、MCで下げている格好だ。それでも綾瀬を「初々しい」と上沼がいじったMCは、0.651%と秀逸だった。他にも平均を下回る流出率で済んだMCがあった。
「嵐と米津玄師」
「YOSHIKIとKISS」
「Official髭男dism」
「ラグビー日本代表とビクトリーロード」
「鬼滅の刃とLiSA」
「AKB48世界選抜」
逆にベテラン歌手が登場するMCは、多くの流出を起こした。要はNHKへの貢献度など送り手の論理は通用せず、その年にどれだけ注目されたのか、純粋に話題力で人選し、MCでの扱いも計算しなければ、視聴者は逃げていく。大晦日に放送する特番として、ある意味当たり前の編集方針が求められていると言えよう。
■特別企画の明暗
最後に特別企画について。
「Disney Cinema Medley 2019」の流出率は0.731%と全体平均を下回った。特に中村倫也と木下晴香の「ホール・ニュー・ワールド」は、0.525%と健闘した。『アナと雪の女王2』の大ヒットを追い風に、やはりディズニーの強さを見せつけた。ところが、ここに取って付けたような「おしりたんてい」の一連は、1.02%と空振りだった。やはりNHKの番宣と受け止められるコーナーは評価が高くない。似た現象はNHKのコント番組『LIFE』に関連するコーナーにも当てはまる。
「紅白×LIFE SPコント」の流出率は1.038。綾瀬が参戦した「三津谷寛治のダメ出し」も0.95と、あまり効果はなかった。NHKの事情が目立ち、2019年1年との関係が希薄だったのが原因だろう。
究極は嵐が歌った「NHK2020ソング」の「カイト」のコーナー。MCと歌パートの平均流出率は0.835。全体よりは良いが、トリとなった「嵐デビュー20周年SPメドレー」の0.549と比べると大きく落ちる。NHKが五輪をPRしたい気持ちはわかるが、“この1年を振り返りたい”視聴者の気持ちとはあってない。以上のように、紅白2019は史上最低だったかどうかは断定できないが、時代とのミスマッチが随所で目立った。
「その年に一番ふさわしい歌を聞く」
「大晦日に歌を介して1年を振り返る」
この基本がじゅうぶんでなかった点を反省して、次は大晦日にマッチした番組を放送してもらいたいものだ。

Yahoo!ニュース
https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/bylines/all/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2J5bGluZS9zdXp1a2l5dWppLzIwMjAwMTA1LTAwMTU3NzA1Lw--









鈴木祐司
次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員
愛知県西尾市出身。1982年、東京大学文学部卒業後にNHK入局。番組制作現場にてドキュメンタリーの制作に従事した後、放送文化研究所、解説委員室、編成、Nスペ事務局を経て2014年より現職。

Yahoo!ニュース
https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/bylines/all/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2J5bGluZS9zdXp1a2l5dWppLzIwMjAwMTA1LTAwMTU3NzA1Lw--












『紅白』は時代を先行?並走?それとも追従?
鈴木祐司  | 次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員2019/12/31(火) 13:02
今回で70回目の『紅白歌合戦』。
1951年の第1回(ラジオ放送)から続く、最長寿番組の一つだ。しかも視聴率が測定されるようになった1963年から80年代半ばまでは、70%台以上の高率を誇っていた。大半の家庭が視聴していた“超お化け番組”だったのである。
ところがわずか数年で50%台に急落し、さらにこの10年ほどは40%前後に後退した。「歌は世につれ、世は歌につれ」と言うが、テレビの音楽番組は時代と共に大きく変貌したようだ。
『紅白歌合戦』と時代との関係を考えてみた。
■お化け番組ぶり
『紅白』が凄いのは、視聴率が高いことだけじゃない。NHKの放送は、視聴者が高齢者に偏っている。10〜20年前は、50歳以上が大半を占める中高年チャンネルだった。ところが近年は、3−層(50〜64歳)の視聴は減少の一途。その代わりに3+層(65歳以上)がメインになっている。つまり高齢者チャンネルなのである。
関東で2000世帯5000人のテレビ視聴動向を追うスイッチ・メディア・ラボによれば、それでも『紅白』は3−層が30%近くと、3+層と肩を並べる。『いだてん』や『NHKスペシャル』と比べると、4〜6倍も見られている。しかも特筆すべきは、C層(4〜12歳)・T層(13〜19歳)・1層(20〜34歳)。
『いだてん』や『Nスペ』だと1%前後しかない。若年層は深刻なNHK離れを起こしている。ところが『紅白』だけは、10〜15%と日テレの『イッテQ』も凌駕する。
個人全体を分母として、どの層をどれだけ獲得できているか、「視聴者層含有率」でみてもバランスの良さが際立つ。『いだてん』や『Nスペ』だとC・T・1層が壊滅的だが、『紅白』だけは高齢層に遜色のない比率を、若年層も保つ。この結果NHKの週間接触率は、決まってこの時期に異常値が出る。一週間に5分以上NHK総合を見た人の割合が、普段は60%台の半ばなのに、大晦日の週だけ80%に迫ってしまう。リーチ拡大を経営課題とするNHKにとって、『紅白』は大きな意味を持つ番組なのである。
■お化け番組の後退
しかし“超お化け番組”も、ここまでには紆余曲折があった。70%台は当たり前、時に80%超というパワーは、80年代に急減した。84年の78.1%から89年47%と、5年で30%も失ったのである。実はテレビの音楽番組は、この時期に転機を迎えていた。
前提には娯楽の多様化とテレビリモコンの普及があった。そしてテレビの音楽番組は、カラオケボックスの普及という音楽の多様化にさらされた。人々が自らも歌う側にまわったことで、音楽の好みが多様化した。結果として、老若男女を幅広く引き付ける流行歌が、出現しにくくなった。多様な歌が多様な層に、分散して消費される時代なのである。これにリモコンによるザッピングが重なった。歌手が自分の持ち歌を歌うシーンが2分以上続くと、飽きてチャンネルを替える人が続出するようになったのである。
実は視聴率を落としたのは、『紅白』だけではなかった。それまで高視聴率を誇った歌謡番組も、この時期に軒並み勢いを失った。日テレでは『NTV紅白歌のベストテン』『ザ・トップテン』と続いて、『歌のトップテン』が90年3月で終了した。フジは『夜のヒットスタジオ』が90年10月で終わった。そして30%以上を毎週連発したTBS『ザ・ベストテン』も、時代の波に抗えず、89年9月で消滅した。
■平成の30年
この事態に対して、NHKは姑息にも『紅白』を1部2部にわけ視聴率を発表するようになった。数字が盛り上がる2部を際立たせることで、見た目の数字を高くしたのである。これで見ると、90年代は50%超。そして数年で一段の急落を経て、近年は40%前後となっている。ところが以前のように、1部を含めた平均で計算すると、平成初期に既に視聴率は50%を切り、この15年は40%を切っている。そしてスポーツ中継やニュース特番など、『紅白』以外の番組に年間トップを奪われるようになっていた。昭和の時代には絶対になかったことである。例えば1998年のサッカーW杯フランス大会や2002年の日韓大会で、『紅白』は後塵を拝した。そして1〜2部平均にすると、それ以降は頻繁に首位の座を明け渡している。もはや年末恒例は、絶対的な地位を保てなくなっていた。
■『紅白』も変質
かつての『紅白』は、大半の歌手にとって「何とか出たい」憧れの的だった。ところが80年代あたりから、出場を辞退するアーティストが増えていく。対する演出側は、あの手この手でお願いして出てもらうケースが増える。典型的なのは1990年の第41回。ベルリンの壁から20分近く歌った特別出演の長渕剛。演歌の大御所を激怒させたエピソードがある。他にも94年の吉田拓郎、07年の矢沢永吉、2010年の桑田佳祐などの特別待遇があった。さらに08年のエンヤ、11年レディー・ガガ、18年サラ・ブライトマンなど、海外の大物アーティストにも特別に依頼するようになっていった。言うなれば“出させて頂いていた”出演者の中から、“出てやる”的なスペシャルなゲストが増えてきた。明らかにNHK側と出演者側の関係が変容してきた70年だった。
■原点は『紅白音楽試合』
しかも『紅白』の存在意義は、2015年に放送した『紅白が生まれた日』で、NHK自ら明確に描いていた。『紅白』の前身となったラジオ番組『紅白音楽試合』は、番組を発案したディレクターが主人公(松山ケンイチ主演)。太平洋戦争に敗れた日本は1945年、GHQの占領下におかれた。その一機関・CIE(民間情報教育局)は、民主主義を日本に伝えるため、民衆にラジオを聞く習慣をつけさせようとしていた。娯楽は大切なメッセージを伝えるための“撒き餌”として、重視されていたのである。そんな状況の中で主人公は、『紅白歌合戦』を発案する。ただし「歌合戦」は戦争を連想させるため、『紅白音楽試合』とタイトルを変更させられる。それでも主人公は、男女平等と自由競争社会のシンボルとして、民主主義を体現した番組の実現に何とか漕ぎつける。ただし放送には、3つの条件がつけられた。
「台本に従って、1分1秒の遅れも内容に進行すること」
「アドリブは禁止」
「途中での変更は一切みとめない」
なんと『紅白』のDNAは、GHQから始まっていたのである。それでも現実には、ハプニングが起こり、内容は「途中で変更」される。しかも紅白両チームが競い合うルールだったにも関わらず、主人公自ら最後に採点の紙を破り捨て、アナウンサーに「Q!」と合図を出してしまう。一瞬戸惑った司会は、機転を利かせて以下のように番組を締める。
「勝敗はラジオをお聞きの皆さんにお任せすることにしましょう」
最初の『紅白』は、1945年の時代状況と、その時の民衆の思いと、制作者の志を色濃く反映した名作だった。ところが70年以上の間に、形式だけ温存され、時代の反映や作り手の想いは色褪せていく。出場を辞退するアーティストの中には、こんな理由を挙げる人が少なくない。
「歌で勝ち負けを決めるのが嫌い」
「NHK側の演出にはめ込まれるのは嫌」
せっかく大晦日にやるのに「その1年を反映させる」という作り手の意図が、じゅうぶん生きていない気が筆者もする。
■視聴者の意思は“流出”に反映
『紅白』の出来に対する評価は、視聴者がどこで見るのをやめているのかを見るとよくわかる。全国で150万台ほどのインターネット接続テレビの視聴状況を調べているインテージ「Media Gauge」のデータで見ると、流出ポイントから番組や出場者の評価が明確に浮き彫りとなる。
例えば17年の第69回。
最も流出が少なく、結果として接触率が最大限上昇したのは、引退を発表した安室奈美恵が「Hero」を歌ったパートだった。
平成とともにスターダムに上り詰め、平成の終焉とともに表舞台から姿を消す彼女の最後の『紅白』は、明らかに2017年を象徴するコーナーとなっていた。
18年では、米津玄師が他を圧倒した。VOCALOIDOクリエーターとして頭角を現し、シンガーソングライターとして支持を集めた彼のコーナーが最も流出が少なかったのである。歌ったのは、石原さとみが新境地を拓いたドラマ『アンナチュラル』の印象的な主題歌「Lemon」(レモン)。じっくり歌を聞かせるシンプルな演出だったにも関わらず、流出はごくわずか。全アーティストの中でピカ一の実績だった。やはり時代の寵児で、テレビに滅多に出ない米津が何を語り、生でどう歌うのか、多くの視聴者を引き付けたのである。
そう考えると、今回の『紅白』は誰が2019年を象徴するのだろうか。「紅白連続出場〜周年」なのか。「デビュー〜周年」か。「AI美空ひばり」が時代を反映するのか。はたまた「嵐×紅白のスペシャルメドレー」が視聴者の心にフィットするのか。おそらく『紅白が生まれた日』に描かれた「1945年を反映した最初の紅白」、そこに込めた関係者の思いなどと比較しつつ今回を見ると、『紅白』の70年だけでなく、日本の70年が見えてくるのではないだろうか。
今回が時代を「先行」しているのか。
最低限「並走」できているのか。
はたまた「追従」に終わっているのか。
じっくり見させてもらうとしよう。
(※『紅白が生まれた日』は、アクトビラなどで視聴可能)

Yahoo!ニュース
https://rdsig.yahoo.co.jp/rss/l/bylines/all/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2J5bGluZS9zdXp1a2l5dWppLzIwMjAwMTA1LTAwMTU3NzA1Lw--





















年間視聴率トップ10
(ビデオリサーチ社調べ,関東地方)
■1973年
1 第24回 NHK 紅白歌合戦(NHK総合): 75.8%
1973年12月31日21時〜
放送時間165分
2 ありがとう最終回(TBS) : 55.2%
1973年1月18日20時〜,
放送時間55分
3 北の家族(NHK総合): 51.7%
1973年11月10日8時15分〜
放送時間15分
4 8時だヨ! 全員集合(TBS) : 50.5%
1973年4月7日20時〜,
放送時間60分,
5 藍より青く(NHK総合): 50.2%
1973年3月5日8時15分〜,
放送時間15分
6 ゆびきり(TBS) : 49.8%
1973年1月25日20時〜,
7 第4回日本歌謡大賞日本テレビ47.4%
1973年11月20日19時〜
放送時間115分
8 スタジオ102/首都圏国鉄暴動(NHK総合): 44.4%
1973年4月25日7時35分〜
放送時間37分
9 1973年スターかくし芸大会(フジテレビ) : 44.1%
1973年1月1日19時30分〜
放送時間145分
10 1973年輝く日本レコード大賞(TBS) : 44.1%
1973年12月31日19時〜,
放送時間115分,

g7ug56t5c pc













posted by datasea at 21:32| Comment(0) | # アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする