2019年11月09日

タモリ・たけし: 陳腐化がすすむテレビ文化,玄人芸と素人芸(1984)

タモリ・たけし: 陳腐化がすすむテレビ文化,玄人芸と素人芸(1984)
1984年の娯楽
1984年,インタビューでタモリは,
「戦後時代・黎明期のテレビは,家族がテレビの前で正座して,お父さんがテレビの扉をあけて,じゃあ観るぞって。そういうものだったでしょ。でも今のテレビって,床に寝転んで鼻クソほじりながら観るようなもんでしょ。
古典芸能の人たちって,そういう今の1980年代の観衆を理解できているのかなって思う。使い捨ての消費物。そこが理解できていないと。」
「陳腐化がすすむテレビ文化の中で,玄人芸のニーズは少ない,大衆娯楽の性質がもっと安価になっている。」
と語る。
「作り上げた芸」よりも「偶然性」,「思い付き」が大きなヒットを作る時代。そんな印象がある。
1984年の時点でテレビ受信機の性能はさらにたかまり携帯性まで備えるようになったと言っている。
社会学者宮川氏のメディア論ではこの時期(1980年代中期)はいわば
お茶の間テレビ文化>>>個室テレビ文化
への移行がおきた時代で,その背景には韓国・台湾製の安価なテレビが大量に市場に流れた結果,一人一人がテレビを持つようになって,この時点で世代間をつなぐ「お茶の間テレビ文化」が終わったといわれている。
そして1980年代半ばにはじまった「個室テレビ文化」は,インターネット・携帯電話がつくる「路上文化」がはじまる1990年代半ばまでつづく。
「個室テレビ文化」時代には,時代のテーマ・文化は各世代ごとに分化していく。
1960年代のテレビの民有化(一世帯一台時代)のはじまった時代から通してみると,
技術の進化>>>ガジェットの進化・低価格化がすすむ>>>共有化がすすむ>>>文化の分化・陳腐化がすすむ
という流れが一貫してすすんでいるようにかんじる。
それにしても
「20年後(2004年)には俺もタモリさんもテレビ業界にはいない」
とみるたけしの見方はシビアだ。。
演者・観者が構成する娯楽の場がどういう方向に向かっていったか。それをマクロ的にみるのは面白い。演者・観者,明確に立場が分かれた二者。演者の発想。観者の興味。観者の心を汲む演者。そういう場がどこへ向かっていったか。
構築性・構造性>>直感性・刹那性・開放感
というマクロなベクトルはあったのだろう。
ヒエラルキーの確立>>崩壊
あるいは
位置エネルギー>>運動エネルギーへの開放
エントロピー増大
と言ってしまえば身も蓋もないが
悲観的な見方だが。ガジェット・コンテンツ共にその進む方向は陳腐化・分化だという事になる。

fgfhgh pc





























posted by datasea at 21:49| Comment(0) | # アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボストロム教授: シングルトン仮説

Big Think: シングルトン仮説
人類の未来を予測する「シングルトン仮説」を有名哲学者が提唱! 世界政府、AI、独裁…決定付けられた世界の行く末に唖然
2019.10.30
人類の未来を予測する「シングルトン仮説」なるものを有名哲学者が提唱している。
知的情報サイト「Big Think」(10月23日付)を参考に、ご紹介しよう。
シングルトンとは日本語で単集合と訳されることもある数学用語である。英オックスフォードで教鞭を執る、スウェーデン出身の哲学者ニック・ボストロム教授が提唱する「シングルトン仮説」の概略はおよそ次のようなものだ。
地球上の知的生命体は歴史のある時点で“シングルトン”を形成するという。これは、世界政府、超知的な機械(AI)、独裁といった様々な可能性があるが、いずれにしろ、何らかの形を取って、シングルトンは形成される。
ボストロム氏は、人間は小さな狩猟集団から、都市を形成し、国家を作り出し、今では多国籍企業や国連まであると指摘し、これが単一のシングルトンを形成する方向に向かうと主張している。特に技術の進歩、たとえば、監視技術、コミュニケーション技術、マインドコントロール技術、分子ナノ技術、人工知能研究などがシングルトンを生み出す原動力になるという。
シングルトンには望ましくない側面、たとえば、個人の自由の制限などが考えられるが、いずれにせよ、世界が複雑性を増す中、国家間の協力がどんどん難しくなっていくため、シングルトンのような単一政府が求められるようになるという。他にも壊滅的な自然災害や戦争が引き金となってシングルトンが生まれる可能性もあるという。たとえば、国連は第二次世界大戦の副産物であるとボストロム教授は指摘している。
とはいえ、近年見られるナショナリズム、移民排斥、関税戦争などは、グローバリゼーションや世界の人々の統一を妨げ、後退させているようだ。これについて、ボストロム教授は、「変化は10年単位、数十年単位では起こらない」と語っている。
「地球文明の長期的な命運の問題に対して、年単位(10年単位)の政治的揺らぎの中では十分な証拠を見つけることはできません。とはいえ、世界が断片化して、一方向化していく現状は少々悲しいものです」
「私は、人々が冷戦がいかに最悪の状況だったか忘れていないか、そして間違った教訓を学んでいないか恐れています。“俺たちは生き延びた。だから、そんなに悪くはなかった”と。これは私に言わせてみれば、ロシアンルーレットで生き残って“そんなに悪くなかった。もう一回やろう”と言っているようなものです」(ボストロム教授)
世界がそのような最悪の状況にいつ陥るかも分からない。第三次世界大戦や核戦争の脅威は常に無視できないのだ。そうした最悪の状況を回避するため、必然的にシングルトンが求められる世の中になっていくのかもしれない。
参考:「Big Think」、ほか

TOCANA
https://tocana.jp/2019/10/post_120875_entry.html

posted by datasea at 20:18| Comment(0) | // 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩屋弥次郎伝説〜朝鮮支配〜信玄,謙信,秀吉,家康の父


岩屋弥次郎伝説〜朝鮮支配〜信玄,謙信,秀吉,家康の父
日本歴史上から抹殺された巨大な偉人
書庫:歴史から消された偉人
2013/12/14(土)午後10:08
岩屋梓梁こと弥次郎は、明応六年(1497)正月、薩摩国伊集院神殿に生まれ、俗称・橋口弥次郎左衛門兼清、憎名を岩屋梓梁といったが、
背高十尺、容貌魁偉、頭上右鬂(びん)に三寸ほどの高さの肉腫(角)がおっ立っていたため、当時の民衆から
「岩屋大天狗」「鼻天狗」「岩殿(いわどん)」「ヤジローどん」「金精様」「金屋様」「たたらぼっち様」
など多くの呼称で畏敬された。
岩屋梓梁は永正四年(1507)以来、十数回渡鮮して多くの書をなして弥勒天徳教(後の天道教)を説き、
仏教の再興、韓語(ハングル)の創出、易占(ムーダン、タンゴル、ジンバン)の普及など、想像を絶する多元的な文化興隆を図り、天文十三年(1544)には自分と朝鮮王女・玉珥(ギョクジ・ニ?)との間に生まれた清茂を王(仁宗)に擁立するなど多くの事績を遺した。
岩屋梓梁は、朝鮮を支配した余勢を駆って、薩摩人の武力と朝鮮人の文化、経済力を駆使して、永正年代末期(1520年代)、時の室町幕府を衰退せしめ、
大永年代(1520年代)、『日本紀』(『日本書紀』)の編纂、『古事記』の自記、その他多くの古典を書いて易断政治の思想的根拠を固め、北はアイヌ族から南は琉球の果てに至るまで、神仏習合、祭政一致の易断教団政府を樹立し、
また、武田信玄、上杉謙信、豊臣秀吉、徳川家康ら多くの英傑を子として残した。
天文十七年、弥次郎は、西方浄土を求めて、中国、天山山脈、タクラマカン砂漠、中東経由で地中海に達し、印度のゴアから切支丹宣教師フランシスコ・ザビエルを天文十八年八月十五日鹿児島に案内してきたが、
二人は同二十年秋、山口において、仏教と切支丹の宗教論争をして、終局的には、弥次郎が説く地動説の前にザビエルは敗退して印度へ帰ってしまったのである。
ところが、ザビエルが宗論において敗退したことに復讐すべき執念をもって、永禄六年(1563)に来日した宣教師ルイス・フロイスらは織田信長を
そそのかし、多くの武器、弾薬(硝石)、商船艦隊を提供して、それまで六十年続いてきた大阪石姫(いわひめ)山に籠もる易断政府(現在、石山本願寺の一向一揆として歪曲されている)を討滅せしめ、
あまつさえ、信長、秀吉、家康らに「蕃異人・岩屋梓梁が日本で天下を取った(易断政府)ということは日本国永遠の汚辱だ」
「日本歴史は波斯人(アラブ人)が書いたものだ」
「天皇に反逆した岩屋天狗は歴史から抹殺すべきだ」などと高言追及して、ついに武将たちをして、岩屋梓梁と易断政府の存在を歴史から抹殺せしめるに至ったのである。
とくに、秀吉と家康は、自らが取った天下の政権を子々孫々に永久に保持するためには、自分が、反逆者蕃異人の子であるという血の汚辱を歴史から隠蔽する必要があるとしたからである。
岩屋梓梁と易断政府の存在を歴史から抹殺するという政治工作の発端は、天正十五年(1587)六月十九日、秀吉が博多において発令した
「宣教師追放」と「岩屋梓梁抹殺令」に始まり、以後、易断政府に参画して政治を執行してきた神官、僧侶、惣、座、学問芸能などの支配者群の人々を、全国の特殊地域に「易断党」と称して隔離、幽閉して痛めつけ、その歴史、記録、伝承をはじめ、人々の心からその存在を消滅せしめんとしてきたのである。
明治維新時に、西郷隆盛、大久保利通、東郷平八郎、大山巌、山本権兵衛ら多くの英傑を生んだ鹿児島の鍛冶屋郷(現加冶屋町)もそういう特殊地域の一つで、鍛冶屋郷中士は、易断政府時代に、弥次郎を慕って全国から集まった易断精鋭分子の子孫だったのである。
しかし、全国に散在した大多数の易新党衆は、当時ユタ、ユッタと卑称された。
今も、奄美、琉球の南西諸島に実在しているユタ(巫女、その関係者の実数は約二千名とされている)はその名残であり、東北地方のイタコもユタを歪称(訛称)したものである。
薩摩西郷家のユタノン、ユタモンなる家筋もその語源は「易断者」であり、琉球士族のユカッチュなる呼称もその語源は「易断衆」なのである。
読書日記様から転載
http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-656.html
管理人:
歴史というものは、世界また、日本においても例外なく常に勝者にとって時の権力者にとって都合の悪いものは抹殺し、書き換えられてきた事実がある。
ちなみに、wikiで「岩屋梓梁」を調べてみてもその名さえ出てこない。
「ヤジロウ」で検索してみると、僅かな記録しかなく、単なる日本で最初のキリスト教徒としか出てこない。
ザビエルを大和の国に招致したことなど一言も出てこない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%A6
如何に日本歴史上からその名を抹殺されたかが伺える。
「ヤジロウ」は、日本での弥勒下生運動の創始者としても知られ、その継承は古く西暦600年代に出羽三山を開山した蜂子皇子と、従兄弟の聖徳太子が表裏の関係として、「ヤジロウ」はその時の皇太子と表裏の関係として、裏天皇、裏神道として日本に多大な貢献をしたとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9C%82%E5%AD%90%E7%9A%87%E5%AD%90
学校での歴史教育では、「朝鮮征伐」は「加藤清正」だったはずだが、その以前に既に「ヤジロウ」が朝鮮にその活動範囲を広めていた。
覇権ではなく、布教活動と捉えたほうが正解だろう。
驚かされるのは、当時既に「地動説」を説いていたことが本当ならちょうどその時期にコペルニクスが「地動説」を唱えたのとシンクロするが、交流があったのか、易断の技なのか、高度のインスピレーションを受け、バースビジョンで理解できたのか・・・実に興味深い。
蜂子皇子と岩屋梓梁に共通する事実は、どちらもアラブの血を受け継いでいたということであるが、これは、迦楼羅神(かるらしん)とも繋がるスサノオの使命的立場であったと推察することができる。
身の丈10尺とは、メートル法に換算すれば、3メートルで、いくらなんでも眉唾だが、余りに神業としかいいようがない偉業から、そうした伝説として語り伝えられているものと推察する。
弥勒下生運動の継承は近年では、出口王仁三郎へとその使命を継承し、天命未完成のままに、現代に引き継がれている。
大本教の衰勢も当時の満州と清国にまでおよび、紅卍字会としてその名を馳せたが最後は、当時の政府によって完膚なきまでに叩き潰された。
全て神の国、日本の神性を広めるための運動であったのではなかろうか?
東洋の思想と西洋の思想との融和、パラダイムシフトへのいざないだったかもしれない。
石屋の仕組みと鍛冶屋の仕組みの融合!?
(西洋フリーメーソンvs日本フリーメーソン)
今そしてその日本の神性が世界に広がることが求められていると感じる。
時の権力者にとっては覇権は必要でも、目覚めた神性は邪魔で消し去りたい存在であろう。
時代は今、時の権力者はいつまでたっても同じで、自分の都合でしか考えないものであると、しみじみ感じる。
自分たちの情報は徹底的に秘密にし、国民の情報は盗み取るとは・・とほほ(T_T)
言いたいことは、山ほどあるが、今日は実は私という一人の人間が
娑婆でお世話になって53年目の日であるからこれ以上何も言うまい。
言いたいけど言わない(^_-)-☆
それとは正反対に今現在も人知れず、裏神道の八咫烏という人たちが大切な使命をもって活動しているのかもしれない。
妄想は尽きることがない。
しかし、日本の歴史とは余りに神秘に満ち溢れている。
そう、思わない?

本物を探す旅
https://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/

読書日記
http://2006530.blog69.fc2.com/blog-entry-656.html
posted by datasea at 20:12| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする