2019年10月29日

南極古代エイリアン遺跡と激化する兵器開発>>各国の攻防,南極氷棚不安定化

56e33ad6552c.jpg


Antarctic Ice Shelf Destabilized as Race for Ancient Alien Artifacts & New Weapons Heats Up
WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON MARCH 23, 2017. POSTED IN EXOARCHEOLOGY, FEATURED
By Dr Michael Salla and Corey Goode

Exoplitics
https://www.exopolitics.org/antarctic-ice-shelf-destabilized-alien-artifacts-weapons/





(要約)
南極古代エイリアン遺跡と激化する兵器開発>>各国の攻防,南極氷棚不安定化
Dr Michael Salla. Corey Goode
 2017年3月23日  
 EXOARCHEOLOGY
極秘宇宙プログラムの内部告発者Corey Goodeによると.地球の南極に漂着した宇宙難民の古代遺跡,急速冷凍により自己保存したエイリアン遺跡を含む遺跡の調査は加熱している。南極の遺跡地域を発掘する多国籍の努力によって南極大陸の巨大氷棚を不安定化しているという。 また,1959年の南極条約に違反して,南極の秘密軍事基地ではアーティファクトの一部を使用して兵器開発が行くなわれているという。エイリアンの古代遺跡を兵器化する軍事計画が進行している。
Coreyによれば,南極遺跡の公開は迫っているという。軍事計画の秘密を保ちつつ遺跡の発見を世界に明らかにする計画があるという。
またCoreyは宇宙航行技術「ビルダーレーステクノロジー」をはじめとする高度なテクノロジーを持つ前アダマイト人を冷凍冬眠から目覚めさせる事には多くのリスクがあることを警告している。 
■古代南極に漂着したエイリアン・前アダマイト人
2017年3月16日にCorey Goodeが送ってきた資料には,以前のデータを補足する「前アダマイト文明(Pre-Adamite)」に関する追加の情報があった。この新しい情報は、過去の南極大陸の遺跡発掘記事Endgame IIと動画の続編として「Endgame III」という記事で公開する予定。
Corey Goodeの過去の情報では,前アダマイト人(Pre-Adamites)は55000年から60000年前に最初に地球に到着.当時隣接した北米大陸のほぼ2倍の大きさの面積を持つ南極大陸全体に前アダマイト人(Pre-Adamites)の基地を設立したという。 
前アダマイト人(Pre-Adamites)の身長はおよそ12-14フィート。細長い頭蓋骨が特徴。
前アダマイト人が遺伝子実験でつくったハイブリッド人種・ホモカペンシス(Homo Capensis)は古代の南アメリカ・アジア・ヨーロッパの社会で支配的であったエリート・半神になった。
一方「古代ビルダーレース(Ancient Builder Race)」テクノロジーはワームホールを使った宇宙全体を航行可能にするグリッド。前アダマイト人は「スターゲイト」「ワームホール」デバイスといった「古代ビルダーレース」テクノロジーを使い南極の基地の整備を進めた。Coreyは3月16日のブリーフィングで,こういったプレアダマイト文明のテクノロジーが人気のSF小説に描かれているテクノロジーと非常によく似ていると言っている。米国空軍はすでに技術に組み入れているのかもしれない。
前アダマイト人が南極大陸に最初に到着したとき,その時点で南極には既に人間が住んでいたが,高度な技術を使い南極での人間社会を支配した。また先進の医療技術により.前アダマイト人は遺伝子実験を行ない,使用人となった人間と前アダマイト人とのハイブリッドを作成した。 
Coreyは今年1月上旬に南極を訪れた際,生物工学ハイブリッド(Homo Capensis)の瞬間凍結体に関する情報を公開した。
それによれば,前アダマイト人は,地球で他のエイリアンが50万年前に実行した22の遺伝子実験を中断した。 しかしこれらの実験で40〜60種のハイブリッド人種は既に誕生しており,複数の実験が競合するかたちになった。前アダマイト人は、現代の人間が医療の進歩の目的のために行う遺伝子動物実験を当時の人間に対し行なっていた。前アダマイト人とレプティリアンは,当時の人類にとって大きな問題であった。
前アダマイト人が地球上に物理的な存在を確立したことを考えると,彼らが南北アメリカ・アジア・ヨーロッパの支配的血統となったいった可能性は十分考えうる。
当時の地球は,地球規模の惨事からまだ回復中の状況にあった。地表の災害を回避するために内部地球に逃げ込んだ人間は,地表に降り立った地球外人種が,地表人類に対する支配権を求め競合する様子を監視した。
純粋な人間の血統に誇りを持っている内部地球の種族の1つであるアンシャール(Anshar)。シュメールの楔形文字の記録にもあるが,アンシャールは人類に知識と技術支援を提供することにより.地球をより良くしようとする世界連合の一部であった。
アンシャールは旧来,南極大陸の人間社会と歴史的なつながりがあった。しかし前アダマイト人による南極原住民や他地域の地表人類の扱いを社会病質だと見なしたため.アンシャールはプレアダマイトには協力しなかった。
Coreyの情報によると,アヌンナキ(Anunnaki)はAnsharをはじめとする内部地球の種族とコンタクトを持っていた。アヌンナキは,ET・天から来た人々を意味する一般用語であった。 この定義は一部の人々を混乱させるので注意してほしい..
前アダマイト人の漂着する前の地球は,アトランティス文明を破壊した大惨事の後であった。レプティリアン・北欧・エベンス・アンシャールたちは古代シュメール人と交流して文明の回復を支援していた。
そして前アダマイト人が漂着。彼らが支配を拡大する中,地球に次の災害がおきた。地軸移動が考えうるが,当時温帯にあった南極は急激に寒冷化する。少数の前アダマイト人は3つの母船のうち最大の母船を停滞チャンバー内に移動。このことにより南極地域を急速に凍結させた大惨事を生き延びた。 これらの母船の長さは数マイルで以前に報告された30マイルではない。
またCoreyは以下情報を追加する。
これらの南極遺跡発掘をする各国のグループは,これらの遺跡で冬眠する存在が目覚めて敵対的になった場合に備え予防策を講じている。つまりミニ核兵器を備えて発掘を行なっているという。
これは前アダマイト人の基地と船の現在進行中の秘密の発掘に直接つながる。
■極秘南極発掘プロジェクト
Coreyによれば,現在南極大陸では複数の場所で各国が発掘を行なっている。最先端の技術を手に入れるために各国が競合している。発見の一部は最終的に開示されるだろうが,多くの技術,特に起源が明らかに地球外のものは開示されないだろう。南極の発掘に関与する各国は各自で情報開示できるが,足並をそろえようとしている模様だ。
南極大陸の情報開示は,小児性愛者・人身売買・主要な政治家,学者,実業家,軍関係者の脅迫といった犯罪に関与するエリートの訴追と並行して始まるとCoreyは考えているようだ。 トランプ政権は最近46人の地方検事を解任したが,その理由は,そのようなエリート訴追の命令に対して地方検事対応を怠った事だという。あるいは交渉が延びて米国が前進できなかった場合、ロシア・中国あるいはその他の小国が南極遺跡の発表を開始する可能性があるという。
■南極を巡る戦い,アジアの台頭
ロシア・中国の国家組織グループはCoreyが「地球同盟(an Earth Alliance)」と呼ぶものの一部。 ヨーロッパ・北米を拠点にするグローバルなCabal / Illuminatiのセンターが衰退し続けている中で,このグループはアジアの経済力の台頭とともに急速に成長している。
これは2016年初頭に南極上空で起きた戦いに最もよく表れている。
2016年,ティアドロップ型の宇宙船がロス氷棚地域の海中から海上に出て深宇宙に逃げようとした。 
これらの宇宙船は南極海底にある「惑星間企業コングロマリット(Interplanetary Corporate Conglomerate)」と呼ばれる企業運営スペースプログラムに属する基地から飛び出した。
宇宙船はカバール・イルミナティに属する船で,「暗黒艦隊(Dark Fleet)」と呼ばれる別のプログラムにも同盟する。 そしてティアドロップ型の宇宙船に乗り込んでいたのは,今後の太陽の異常によって引き起こされうる世界的混乱から逃れようとする世界的なエリートたちであった。
この宇宙船は上昇して上層大気に到達した。するとそこに数十のデルタ型の宇宙船が突然現れた。カバール達が乗るティアドロップ型の宇宙船は攻撃を受けてひどく損傷し南極基地に戻る事になった。
Coreyによればこのデルタ型宇宙船は小型戦闘機よりもはるかに大きなダメージを与えたという。また攻撃したデルタ型宇宙船について.惑星間企業の複合企業が所有するものと同等の地球ベースの技術を使い作られたものだとしている。つまりデルタ型宇宙船は地球製で,別の超国家組織・地球同盟に属するロシア・中国・アジア諸国のシンジケートのものであるという事だ。
この南極の戦いは,ロシア・中国・アジア諸国からなる地球同盟(an Earth Alliance)が,存在することが認められている西側の最先端の宇宙技術と技術のギャップを埋めることに成功したことを明らにしたといえる。
南極の地図で,Coreyは惑星間企業(the Interplanetary Corporate Conglomerate)に属する6つの基地をマークした。そのうちのひとつは2016年初頭にCoreyがAnsharに連れられて訪問した宇宙船であった。前アダマイト遺跡の近くで最大のものだ。氷から突き出たいくつかの遺跡はマークした他の基地の近くにあった。
発掘の大部分はロス棚氷(the Ross Ice Shelf)で行なわれている。ロス棚氷は海洋ではなく陸上に存在し,そこでは アンドリル(ANDRILL)のような従来の科学研究プロジェクトが掘削が行っている。
Coreyによれば,南極大陸のロス棚氷をはじめとする各地に棚氷を不安定化する効果が発生しているという。
要因は2つある。1つは、南極大陸の氷床深くの火山活動が引き起こす強力な地熱。地面に開いたマグマの通気口は大量の熱を放出し,それを覆う氷を溶かして,氷棚下に大きな洞窟を形成している。 これにより地熱トンネルが地表ちかくまで形成される。地熱ベントによって出来たこれらのトンネルは南極から約5マイルのところにある。 トンネルは2015年1月2日,匿名海軍士官・飛行技師Brianにより発見され,Linda Moulton Howeに書簡で報告された。
Howeはその後彼にインタビューし,南極の経験に関する詳細な情報を得た。
飛行技師Brianは救助任務でデイビス基地から南極大陸上空を飛行し氷床に開いた大きな穴を目撃したという。
ロス棚氷を不安定化させるもう1つの要因は,前アダマイト遺跡発掘で遺跡にはやく到達するために大型の加圧蒸気で氷床を溶かす事だ。
加圧タンクに接続されたホースからは強い熱蒸気がでる。大きな水袋にマイクロ波ビームが当たって蒸気で爆発し,氷を吹き飛ばす。溶けた氷は川になり氷棚の下を流れて滑らかになり,さらに滑りやすくなる。また氷が地熱活動によって熱くなると上の氷の重さで崩壊する。
こういった作業が各国チームにより南極大陸各地で進んでいる。結果南極大陸全域で氷棚不安定化の現象がすすんでいる。全体的に棚板の基本温度は上昇しており,氷が溶けて氷棚に移動するための潤滑剤として機能する水スラッジが追加されている。
マンドリルプロジェクトの研究者によるとロス棚氷は1日当たり1フィート動いている。
■遺跡の技術が今後の世界にどう投影してゆくのか
Coreyによれば遺跡の発掘が始まったのは2002年。以来発掘に取り組んでいる科学者らによる前アダマイト遺跡の情報はいずれ開示する計画だが,その内容は前アダマイト文明の地上要素のみにとどめてエイリアンの生命と技術の証拠は伝えない予定だという。
最後に。「闇のグループ」は,地上の生存者に対する支配への最後の賭けとしての「影の内戦」をすすめている。世界戦争に導く内戦であって,いま人類は極端な危険にさらされている。 そしてまた「闇のグループ」がかつてこれほど敗北に追いやられている状況もない。
前アダマイト文明の発掘は地球に多大な影響を与えることを強調する。 スタシスチャンバー内の前アダマイト文明の技術を各国のグループが求めている。 これらの技術を使用して,南極で急速冷凍された高度な「古代宇宙人」文明をリメイクして開示して大衆を刺激し,今後の犯罪捜査から気をそらす役割を果たしたいと考える人もいる。前アダマイト人を復活させ,ルシファー神として新しい世界宗教の神に祀ろうとするカバル/シャドー政府もいる。一方で現在各国がすすめる宇宙プログラムで使用するため,将来の世界大戦のための軍備のために、エイリアン遺跡の技術を武器化することを望む軍事グループもいる。
こういった状況ではあるが,可能な限り最良の結果に焦点を当てることが重要だ。Coreyが述べているように
「かつてネガティブなグループがこれほど敗北に追いやられたことはなかった」のである。
cMichael E. Salla、Ph.D. &Corey Goode

guhyy55tttr pc






pp77_s070w110_d20181200310.jpg


Screenshot_20191029-220246.jpg






エノク書:南極に幽閉された堕天使はまだ生きている
Antarctica and Imprisoned Fallen Angels from the Book of Enoch
WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON APRIL 4, 2017.
POSTED IN EXOARCHEOLOGY, EXOTHEOLOGY, FEATURED
exopolitics.org
12,341,965 visits

exopolitics.org
https://www.exopolitics.org/antarctica-and-imprisoned-fallen-angels-from-book-of-enoch/

BIN
https://beforeitsnews.com/v3/paranormal/2019/2541744.html

夢日記
http://datasea.seesaa.net/article/465871450.html





posted by datasea at 20:53| Comment(0) | ◉ エノク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北川惠子: 宇宙神霊アーリオーンの災害予言


北川惠子: 宇宙神霊アーリオーンの災害予言
宇宙神霊アーリオーンの災害予言
宇宙神霊アーリオーンが30年前にチャネラー北川惠子氏を通して世に伝えた予言である。
「日本列島は海底隆起と地盤沈下で、どんどん形が変わってゆくだろう。これは地球の自浄作用の一環なので、止めることは不可能だ。
アリゾナ・シベリア両方での核実験の後始末は、どこかに皺寄せが来る訳で、環太平洋火山帯のヒズミの巣である、日本列島の形が変化するのは地球の皮膚構造から見たら当然の事なのだ。
瀬戸内海の海底の構造が変化を始めている。少しずつ四国が本州に寄り始めているからだ。瀬戸内海の海底の『皺』の形が変わってきている。表面的には大きな変化は見えないが、早くて 3〜5 年の間には測量に顕れるだろう。瀬戸大橋に歪みが発見されるのは、もっと後になってからだ。発見される頃には手遅れになるだろう。
紀伊半島沖から能登半島沖にかけての断層の動きが、再び始まるだろう。既にその予兆は3年前にあった筈だ。この断層の動きは、琵琶湖の水量にも影響する。
そして、活性化したマグマの動きが海洋の流れにも影響して、回遊魚の種類が変化する。紀伊半島沖では、豊漁であったりして人々は喜ぶが経験の豊富な漁師は、何か不吉な感じを持つだろう。
九州では『不知火の火』が見られなくなるだろう。その代わりに海岸線が伸びたり、ある所では赤潮の大量発生が見られるだろう。これは台湾から五島列島近辺まで拡がっている、火山帯の活性化の影響の一つだ。桜島は隆起と陥没を少しずつ繰り返し、小さな噴火を始めるだろう。
北九州と南九州の一部では寒冷化の為に、作物の収穫が思う様にならないだろう。
アラスカから北海道に伸びる火山帯は、既に活動を始めているが、さらに激しくなるだろう。北海道の旭岳に変化があるだろう。オホ−ツク海の流氷に変化が起きるが、これも経験のある漁師が発見するだろう。北海道の南東部に当たる所では、植物の立枯れがあるだろう。
伊豆半島沖から鳥島にかけては、海底は隆起と陥没を激しく繰り返しているが、太平洋プレ−トの動きはさらに強くなり、結果的には伊豆の島々は本州側に押し寄せられる形となるだろう。その為に、大島は近い内に再び蒸気が滞留してゆくことになる。下田沖に例年になくイルカが顕れることが、予兆となるだろう。
六ケ所村の核燃料再利用システムは、再利用とは名ばかりで実はプルトニウムの抽出が主な目的であることが、人々に知れるだろう。しかし、その際にも、我と我が身だけを大切にする一部の権力者に一蹴されるだろう。
自分達の欲の醜さを知ることになるのは、数年後だろう。この施設の地下から、鉄分とカルシュウム分、そしてマグネシュウムを多く含んだ水が大量に湧き出てくるだろう。施設は水浸しになるだろう。水浸しの上に、急な寒波に襲われて凍結した場合に、どうなるかを考えてご覧。この施設の下にある断層は、不活性断層では無い。活性断層であることを忘れてはいけない。            
あなた方、人間の近視眼的な野望達成の結果が、自分達の生活にどんな影を落とすのかをしっかり見なさい。この1990年から3 年間というのは、地球の自浄作用のホンのスタ−トでしかない。ちょっとした身震い程度だ。しかし、ミクロのあなた方人間には大きな変化に見え、打撃となることも多いだろう。
東京では地盤沈下は各所で起こるだろう。土地の隆起も見られる。東京タワーの4本の足の内の一本を支える地盤は沈下の方向なので、いずれ東京タワーは傾くだろう。都心から子供と犬・猫の姿が見られなくなる時、都心の生命は終わる。大規模な火災が発生するだろう。
元々、標高が低いと言われている土地には、汚水が滲み出てくるだろう。ゴミの集積で作られた土地は沈下してゆく。何故ならば、土壌の奥の方でミイラ化が進んでいるからだ。
副都心の地下は水脈が枯渇しているため、これもミイラ化しているので、都庁が新しくなっても、人々の心は晴れない。5〜6年後からミイラ化した土壌の沈澱化が始まるだろう。コンクリ−トとアスファルトで固められて、窒息状態になった土地には、何も生きることは出来ない。人間だけが生き残ると思うのは大間違いだ。
まず、顕著に現れる現象は若者の無気力化だが、これは既に起きている。次に人間という種の保存能力の低下、つまり繁殖欲の無い人間が増加するだろう。そして、繁殖したくてもその能力の無い人間が増えるだろう。
皇居に飛来してくる野鳥の種類に、変化が起きた時には、手遅れなのだと知りなさい。」
(「光よりの光、オリオンの神の座より来りて伝える。」 南雲堂より引用)

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-920.html




全てが的中しているとは言い難いが、2013年以降の桜島の噴火の活発化・ここ数年の九州の寒冷化・近年のアラスカから北海道に伸びる火山帯の活動激化は現実に起きている。若者の無気力化・出生率の低下・不妊に悩む人の増加も当たっていると思う。
瀬戸内海の海底構造の変化については、去年から今年にかけて霊能者の比嘉良丸氏が瀬戸内火山帯の活動が始まると何度もブログで書いていた。これが始まるとマグマが直接マントルから大量に吹き出し、瀬戸内海を埋めてしまいかねないと。
こころのかけはし 祈りの輪
現在の御神事の状況について
2019.06.03.08:00
新暦6月3日(旧暦5月1日 大安 かのと 未)
また、ここで警戒している地域として、瀬戸内火山帯があります。この火山帯は、過去に存在していた火山帯で現在は活動していないとされていますが、啓示では、今、再び活動を開始しているということを伝えられております。
もし、この火山帯が一旦動き出し噴火するという状態になるとマグマだまりからの噴火ではなく、ホットスポットと同様に、直接マントルからの噴火が起き、割れ目噴火という状況がおきると啓示では伝えられており、こちらも警戒しての御神事を行い続けております。
海底の隆起は、2013〜2014年に新島西之島の海底噴火による面積の大幅拡大や2015年4月の北海道東部羅臼町での海岸線の隆起があった。
六ケ所村の核燃料サイクル基地の施設が水浸しになるというのは未だ起きていないが、青森下北半島周辺で最近地震が頻発している事や、核燃料サイクル基地近辺の地下水位が高い事から将来現実になる可能性が極めて高いと考える。
「不妊に悩む人の増加」
不妊治療による2017年の体外受精児の出生数が過去最大に
九州周辺の沿岸部の大規模な赤潮被害は2000年以降何度も起きている。
2017年〜19年に九州北部の寒冷化は現実化した。
「都心から子供と犬・猫の姿が見られなくなる時、都心の生命は終わる。大規模な火災が発生するだろう。」という予言は進行中である。
福島原発大事故の放射能汚染の影響のせいか、都心で野良猫を見なくなったというツイートを数年前から何度も見た。
2つ目のツイートは首都圏の女性。
「大規模な火災が発生するだろう」という予言も、首都圏を大地震が襲った時に沿岸部の石油タンク群やLNG基地が連鎖爆発し、東京湾が火の海になる可能性が高い。
大地震がもたらす東京湾大火災
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-351.html
日本列島の形が変わるという予言も、「日本列島が弓形を少しずつ変えている」と霊能者の松原照子氏が言っている。日本列島の形が変わる夢を見ている人も結構いるのだ。
<世見>
2018/2/1 また揺れ始めた日本列島
ダムの放水(?)の様にも見えるのですが、木にしがみついて救いを求めている人の映像が見えました。
車が川に‥‥。
今年も、自然界は世界中で脅威を見せ付けることと思います。
地震につきましては、太平洋側の北海道は油断ならないのを感じています。
(中略)
日本海だって安心とは言えない気もします。
日本列島は少しずつ弓型を変えていると思います。
そういや一昨日くらいに地震きて日本列島の形が変わる夢みた( -᷄ω-᷅ )💭 誰かが夢の中で「南海トラフこれで終わったね。もうしばらく心配いらないね」って言ってたけど、列島の形変わるくらいの地震とか来るとか怖すぎ|ω・`)夢だけど。そして今日各地で地震多すぎる・
From: kurikaniko at: 2018/06/26 20:36:25 JST
すごい久しぶりに夢を見たんだけど、大地震が起こる夢だった…場所的に南海トラフ? でもそれにしては画面の日本地図が変な形してたな… 夢をみるなら、推しさん達が出てくるような幸せな夢がみたい!!笑
From: meisui18 at: 2018/06/02 08:45:05 JST

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-920.html








宇宙神霊アーリオーンのパソコン通信霊言
30年近く前、1990年前半にまだインターネットが存在しない頃、世はパソコン通信に沸いていた。パソコン同士がニフティなどのサーバーを通じて繋がり、情報を交換するのが当時画期的な新技術だったのだ。
当時、私は大学生で反原発関係の情報をパソコン通信で集めたり発信したりしていた。スピリチュアルなものに興味はあったが、疑い深かったのでTVや既存メディアに取り上げられる情報は全て否定していた。
オウム真理教の麻原彰晃が最初に出した本を書店で見て、とんでもないインチキ教祖が出てきたなとも思っていた。
当時TVでブームだった霊能者の宜保愛子氏の霊視もどうせインチキだろうと考えていた位だ。
最近、セラピスト・マリアさんのブログ「ひむかの風にさそわれて」の記事を読んで、宇宙神霊アーリオーンの事を思い出した。
1990年代前半にパソコン通信が脚光を浴びていた頃に、パソコン通信でパソコンユーザーに回答してくれる「新しい神」として、一部のマスコミでも取り上げられたのである。当然、極度に疑い深い私はインチキだろうと思っていたが。
宇宙神霊アーリオーンが自然災害についても未来の予言をしていたというので、苦労して図書館でアーリオーン本をコピーして集めた。読んでこれは本物の神霊による霊言だと感じた。当時のパソコン通信華やかなりし頃の記憶、とても懐かしい。アーリオーンの言葉の端々から1990年代初頭の時代の雰囲気が立ち上る。
アーリオーンは色々な分野について語っているが、主な活動は人々の書き込みに一々回答することだった。宇宙神霊アーリオーンは作曲家の北川惠子氏をチャネラーとして活動しており、お陰で北川氏は人々のパソコン通信による大量の書き込みに対応せねばならず疲労困憊してベッドに倒れこむ毎日だったという。北川氏は、実に尊い仕事をされたのだと思う。
アーリオーンがチャネリングにより人々に回答したのは、ニフティ・サーブのフォーラム「ミスティ・ランド」のチャネリング会議室「アリオンの世紀末書き込み寺」であった。会議室の管理人(シスオペ)は松村潔氏が担当していたという。
松村潔氏といえば5ちゃんねるの占術理論実践板でも常に専用スレッドが立っている西洋占星術界の有名人だ。精神世界でも大御所だったのかと改めて知らされた。そういえば、私の幽体離脱の師の大澤さんが自分は幽体離脱専門に進み、松村さんは西洋占星術専門に進んだと昔言っていたのを思い出した。
現代のアメリカでチャネラーのダリル・アンカを通じてチャネリングしている宇宙存在バシャールと対比してみると面白い。
アーリオーンは地球に数百万年間関与してきて日本にも大変に造詣が深く、人々への回答も世慣れた感じがする。一方で、バシャールは地球には余り関わっていなかったので、チャネリング情報も人々への応答も非常にぎこちない。次回に、宇宙神霊アーリオーンが30年前に言い残した自然災害系の予言について考察してみたい。

天使のことつてから 〜 天使ARIONの言葉を読む 〜
http://sukecial.my.coocan.jp/mesangel/mesangel0.html

秀峰のブログ
https://ameblo.jp/shuhom/entry-12345754017.html

天の王朝 
https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/9006/

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-920.html
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-905.html







不思議な世界
超能力者列伝-北川恵子
中沢新一の体験が物語るチベット僧の瞑想さながらに、北川は瞑想によってテレパシー能力を高めていったようだ。頭の中で聞こえる声は、段々とはっきりとした、具体的な内容を伝え始めた。意味は難解だったが初期のころは詩のようなメッセージで、次には北川との対話の形式で「声」が話しかけてきた。
北川は複雑な思いだった。
「いよいよ精神病患者のようになってきたなと思いながら、しかし、心のどこかでは全くの信頼を置きながら」、「声」と付き合わざるをえなかった。
しかも「声」は、北川がやりたくないようなことをやるように、しつこく言ってくる。
そこで北川は一計を案じた。
「声」との対話をやめ、「声」の薦めることの反対のことをしたのだ。そうすれば、きっとあきらめて、もっと聖人のような人のところへ行ってくれるに違いないと北川は思った。
ところがどんなに「声」を無視しても、「声」は辛抱強く語りかけてくる。一ヵ月後、その熱意に、とうとう北川は根負けした。
観念して付き合うことにしてからは、
「本当にびっくりするような事件ばかりありました」
と北川は言う。まず、「声」は北川の前世を教えてくれた。
そのきっかけは、ある人物が行った瞑想だったという。自分でやる瞑想に比べて、ずうっと深いところまで入っていった。問いに答えるやり方で、北川自身が紙に書いてゆくもので、そのときの答えは北川が想像もしなかったような驚くべき内容だった。
それによると、北川は12世紀にはシナイ半島に住んでいた。
そのときの名前はセピアリス。男性だった。
両親の名は、父はヨシア、母はアルナといい、兄弟は兄が二人いて、ヘライテスとヨリアルといった。
家業は、舟を造る木型をかたどる仕事だった。
セピアリス(北川)は家業を手伝っていたが、ある日、乾燥した砂地の丘のような場所にたった一本だけ立っている木の根元に座っていたときに、「神の啓示」を受けて、にわかに病人の世話を始めるようになったという。
セピアリスは、体中におできのようなものができた人達を集めて、治療のようなことをした。30〜40センチぐらいの布に黒い薬を塗って、それを人々の患部に湿布薬のように貼ってあげていた。その薬は、4,5種類の薬草をすりつぶして何か独特の方法で発酵させたものだったという。彼は生涯独身で、死ぬまで苦労の連続だったにもかかわらず、幸福だったようだ、と北川は言う。
18世紀のイギリスにも住んでいた。生まれたのは1738年。
ジョージ二世が王位にあったときだという。
成人してから住んでいた場所はハムステッドという町で、糸の会社に勤めていたらしい。
子供も5人いたようだが、不思議なことに自分が男だったか女だったかはわからないという。
名前も思い出せなかったが、魔法名を持っていてアルマ・マグナと呼ばれていた。
先生の魔法名はヴァリアノス・トリ・アノス、属していた団体名はオルド・テンプリといった。
先生は錬金術と占星学の大家で、北川も当時、相当に魔法の知識があったようだが、何かの理由で先生と喧嘩して団体を出たという。面白いことに、今生でもその先生に会うことになっているのだと北川は言う。
瞑想と「声」によって、北川は自分の前世を思い出した。だが、これにはどういう意味があるのだろうか。北川は「声」にたずねた。なぜ、こういうことを自分に知らせるのか、と。すると「声」は答えた。「すべてが計画の通りに行われているので心配しないように」。
しかし、この答えに納得のいかない北川は、執拗に尋ね続けた。その結果、どうも北川に起こったような霊的な動きは、地球規模の潮流の一つであるということがわかったのだという。
北川は、「声」に教えてもらったことをすべて話すことはできないとしたうえで、次のような警告も発している。特に、霊能者と呼ばれる人の中で、暴利をむさぼっている人に対しての「霊界からのある意味での警告」だという。
それは、神および神霊の名を使って必要以上の物を取ってはいけないということだ、と北川は言う。「必要以上」とはどれくらいであるかは、おのおのの判断にゆだねられているらしいが、北川によると、霊能力は「ただでもらった贈り物」であり、他人のために役立てるためのものである、私利私欲を満足させるためのものではない、霊能力者や超能力者はその人自身が秀でているわけではなく、霊界、神界からの声の窓口、受信機にすぎないのだという。
「声」はまた、次のようにも言った。
あなた方が「神」と呼んでいる宇宙の壮大な意志から見れば、総ての人は宝石であり、各々が光り輝いている。一つ一つの宝石はいずれ劣らず美しい。総ての生きとし生けるものは、「神」の中で呼吸し育つ。総ての命あるものは、「神」の血肉である。自分の血肉に甲乙付けられようか。総て、生あるものは、平等に光を受ける。これは、書かれてある通りである。光を感じ、光を享受する事を忘れた時、宝石の光は失せる。額を光に向けて、生きよ。
やがて、「声」の向こう側にある存在も明らかになってくる。「声」は性質を変え、自己紹介をした。「私は、オリオンM42を中心とし、ペテルギウスを母体とする神霊である。私のコード・ネームはアーリオーン、コード・シンボルは薔薇と鷹を含むヘキサグラムである。私の霊的傾向は『炎』、コード・カラーは燃える赤である」
こうしたコード・ネームについて、秋山眞人が面白いことを言っている。コードを明らかにするのは、実はテレパシーでコンタクトをする場合の礼儀であるというのだ。逆に言うと、コードを明らかにしないのは、一種の「もぐりのコンタクト」となる。秋山にもテレパシー交信があるときは、必ず記号化されたコードが最初に送られてくるのだという。北川にも、これが起きたわけだ。
そして、メッセージは続いた。
光よりの光、オリオンの最上の帯としての光より来たりて伝える。
我が名はアーリオーン、愛と光の天使・・・
以下、メッセージ内容を知りたい方は、『光の黙示録』(大陸書房)、『光よりの光、オリオンの神の座より来たりて伝える。』(南雲堂)、『アーリオーン・メッセージ』(徳間書店)などをお読みください。
(文中敬称略)

天の王朝
https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/



posted by datasea at 14:07| Comment(0) | % 銀河同盟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真我のメモ帳: 『がんの原因になる食品』実名リスト



真我のメモ帳: 『がんの原因になる食品』実名リスト
死因ナンバーワン『がんの原因になる食品』実名リスト
2018/9/9 癌, 砂糖, 食品添加物
【死因ナンバーワン『がんの原因になる食品』実名リスト】BUNKA 10月号
〜がんを引き起こす5つの食品添加物〜拡散希望‼️
☠️ 日本人を胃がん・大腸がんにする危険なる5つの食品添加物とは?
☠️ 日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで死ぬ時代だ!
◆☠️ ガンを引き起こす5つの食品添加物
@ 亜硝酸ナトリウム〜肉や魚の色彩を保つ発色剤兼防腐剤。単体でも毒性が非常に強く、致死量は青酸カリと大差ない。しかも特定物質と結合して発ガン性を発揮する。安価で便利なため、広く使われている!
A カラメル色素〜日本で最も多く使われている食品添加物のひとつ。褐色をつけるための色素で、しょうゆ味、ソース味の色、焼き色、カラメル感の演出に用いられる。群細の公表義務がないため、リスクが高い!
B タール系色素〜石油から作られる合成色素。ぜんぜん色落ちしないのが特徴。体内にいつまでも分解されず、異物として長く存在し続ける。じんましんやアレルギーを起こす可能性も危惧されている!
C サッカリンNa〜防腐効果を併せ持つ合成甘味料。発ガン性が疑われたり否定されたりと、説が安定せず疑惑が晴れない。避けるのがベター。悪名の高さゆえか、現在、一般消費者向けの商品ではあまり使われていない!
D アスパルテーム〜多くのカロリーオフ製品に合成甘味料として使われている。脳腫瘍、悪性リンパ腫、白血病を引き起こすリスクが高い。特に白血病は『血液のガン』と呼ばれる、年間700人近い小児が罹患している!
◆含まれがちな食品〜実名の会社名は写真をご覧ください!
@ 亜硝酸ナトリウム〜ハム、ウインナー、ベーコン、サラミ、ビーフジャーキー、明太子、タラコ、明太子スパスタ、イクラ、魚肉ソーセージ、コンビーフ他
A カラメル色素〜カップラーメン、インスタントラーメン、蒸し焼きそば、カレールー、レトルトカレー、のりの佃煮、焼き鳥、ソース、めんつゆ、焼き肉のタレ、ハンバーグ、肉団子類、スイーツ類、発泡酒他
B タール系色素〜かき氷シロップ、アイス、ゼリー菓子、豆菓子、金平糖、梅干し、福神漬け、紅生姜、ガリ、梅酢、たくあん、グリーンピース缶、さくらんぼ缶、タコの酢漬け、魚肉ソーセージ他
C サッカリンNa〜酢ダコ、ガリ(スーパーの惣菜・寿司の中に添えられているものも同様、漬物他
D アスパルテーム〜缶コーヒー、スポーツドリンク、乳酸菌飲料、エナジードリンク、飲むヨーグルト、ガム、飴、ゼリー、アイスクリーム、グミ、チョコレート、ノンアルコール飲料、第三のビール、梅干し他
科学ジャーナリストの渡辺雄二氏は、問題なのは石油製品などから化学合成して作られた合成添加物が問題で、自然界には存在しない化学合成物質があり、体内に取り組んでも消化・分解できないため、毎日摂取し続ければ必然的に体内に溜まっていく‼️
タール系色素は、もともとはコールタールを原料に作られていたが、その内赤色2号は発ガン性が強いとしてアメリカでは使用禁止だ!
合成甘味料のアスパルテームはアメリカのガン予防研究センターでは脳腫瘍を引き起こす要因だと‼️
上記は週間BUNKAさんが書かれた衝撃的な実名リストですが、なぜメーカーは週間BUNKAさんを名誉棄損で訴えないのか?
世界では認められていない危険な食品添加物一杯の食べ物を、自分の子どもや孫達に買いますか?

真我のメモ帳
https://shinga-no-memochou.tk/?p=4559
https://shinga-no-memochou.tk/?p=5313


20191024_040834.JPG



posted by datasea at 13:46| Comment(0) | H 医師健康オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cointelegraph Japan: 占星術からビットコインで巨富を築いた男〜占星術でバブルを読む

Cointelegraph Japan: 占星術からビットコインで巨富を築いた男
占星術からビットコインの動向を読み解き巨額の富を築いた男 今年の仮想通貨相場を予想
2019年04月30日
専門家の寄稿
⬛星の周期
唐突な質問ではあるが、「占い」という言葉を聞くとどのようなイメージを持つだろうか。恐らく、怪しいと感じる人も多いかもしれない。
この世の中には物事に取り組む上で2種類の人間が存在する。小さな成果しか出せない人間と大きな成果を出せる人間。これは何の差によって生じる結果だろうか。
アメリカのモルガン財閥の創始者「JPモルガン」は「百万長者は占星術を使わないが、 占星術を使わない億万長者はいない」という名言を残している。小さな成果しか出せない人と大きな成果を出せる人間には色々な差があるだろう。しかし、JPモルガンが残した名言通り、大きな成果を残す人間の多くが占星術を活用していることは間違いない。
この宇宙には周期というものが存在する。 私たちは1日24時間、1年365日という定められた時間に沿って生活をしている。この時間という概念も、起源を辿れば地球が太陽の周りを回る周期を元に作られたものである。その星の周期に沿って生活をしている限り、周期の特徴は無視できない。
例えば、日本では春夏秋冬という4つの季節が存在するが、これも先人が星の動きから作った概念である。また、国によっては季節が存在せず、ずっと暑い国や寒い国も存在する。これも星の動きによる影響だが、海外に出かける時にこの季節感を知らなかった場合どうなるだろうか。
例えば、オセアニア地方と日本は季節が真逆になるが、日本が夏だからと言って、夏服でオセアニア地方に行ってしまうとどうなるだろうか。かなり寒い思いをするのは間違いないだろう。このように季節感を知らずに海外に出かけた場合、時として命を落としかねない問題となる。
先人達はこのような問題が起こらぬよう、星の周期を分析し、周期の特徴に合わせた生活スタイルを確立してきた。幸いにも私たちはその先人の知恵のおかげ不自由なく暮らすことができる。私たちはこの星の周期の特徴を活用しているからこそ、快適に生きていける。
そして、相場の世界でも同じことが言える。なぜならば、相場は星の周期に沿って暮らしている人間の思惑によって作られているからだ。季節の変わり目を知っているのと知らないのとでは、大きな差が出るのと同じで、相場でも星の周期を活用しなくても生き残ることができるかもしれないが、周期の特徴を知り活用できる人間の方が事前に備えることができるため、賢く生き抜くことができる。
実はBitcoinも星の動きの特徴を知っていれば、バブルがいつ起こり、いつ弾ける可能性があるのかも読み解くことができる。私は実際、それを実践してみせた。
そして、今年の2019年の動きもある程度予測することが可能である。
⬛占星術と仮想通貨バブル
占星術の一つに九星気学がある。これは古代中国から伝わる占術で、宇宙の気(エネルギー) を9つに分類したものと、さらに「木」「火」「土」「金」「水」の五行の相性を組合わせた占術である。九星気学ではその年の立春(2/4頃)から翌年の節分までを一年として9つの星に分類している。この9つの星にはある程度の特徴があり、それは以下の通りだ。
2017年は仮想通貨バブルが起こったわけだが、これ以前に歴史的に有名なバブルは過去2度存在する。
1つは世界最古のバブルと言われているチューリップバブルだ。これは1636年に富裕層の間でチューリップが人気となり、球根に家が建つほどの高値が付いたバブルだった。
そして、もう一つはマイクロソフトが牽引したインターネットバブルだ。これは1999年に米国を中心にインターネット関連企業の株価が急激に上昇したバブルであった。
この2つのバブルが起こった年を九星気学で読み解くと面白い共通点がある。 それは1636年も1999年も一白水星の年だということだ。 そして、この2つのバブルは翌年の九紫火星という年で崩壊している。(図2参照)
つまり、この2つのバブルから読み解けることは「一白水星の年はバブルが起こりやす く、翌年の九紫火星ではバブルが崩壊する可能が高い」ということである。この過去の星の特徴を知っていれば、仮想通貨バブルもバブル崩壊も予測することが可能だった。なぜならば、仮想通貨バブルが起こった2017年も一白水星だったからである。
これに気づければ翌年の2018年の九紫火星ではバブルが崩壊する可能性が高いと説くことができた。実際、私自身もこの分析からほとんどの仮想通貨を2017年の年末に売却した。
一白水星の特徴は表1にも記載してある通り「天上天下」「世の中が反転しやすい」という特徴がある。つまり、相場が反転したり、今まで富や名声を得ていた人が落ち、逆に日の目を浴びなかった人が脚光を浴びたりするような形で世の中が反転しやすいという特徴があるということだ。
この特徴の通り、仮想通貨バブルで今まであまり資産を持っていなかった人が大きな資産を手に入れたり、逆に仮想通貨を否定していた人は富を得るチャンスを逃してしまったりと天上天下が起こった。
また、九紫火星は「上がった人が落ちる」「流れが変わる」という特徴があるが、まさに2017年の仮想通貨バブルとは一変してバブルが崩壊したり、含み益が乗っていて、 そのまま保有し続けた人は大幅に目減りする結果となり特徴通りの展開となった。干支を組み合わせて見てくと更に面白いことがわかるが、今回は割愛することにしよう。
これだけでも「小さな成果を出す人間と、大きな成果を出す人間の秘密は占星術にある」ということがわかるだろう。占いというものは決して”怪しいもの”ではないということの証明だ。
⬛四柱推命とビットコイン
更に、奥深い分析を行っていくとしよう。 この世の中には占星術のほかにも色々な占いが存在する。私自身、相場分析に占星術だけではなく、四柱推命という占いをしばし取り入れることがある。
四柱推命とは、太古の中国で生まれた「過去、現在、未来」を予見する運命学の一つで、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)を基に、人が生まれながらにして持っている性格、能力、素質を理解し、その人の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いである。
人は基本的に生まれながら運命を背負っているわけだが、四柱推命を活用すればどのような運命を辿りやすいかある程度予測がつく。人はその背負った運命に沿って絶好調の時期もあれば不調な時期もあり、これはある 一定の周期(バイオリズム)で起こりやすくなる。
ここ直近で起こったゴーン会長の逮捕や安倍総理の森友問題も四柱推命上では起こるべくして起こったと言える。
四柱推命では干支において天が味方しない時期、何か悪いことが起こりやすい時期を天中殺というが、ゴーン会長の逮捕や安倍総理の森友問題も、まさに彼らのバイオリズムが天中殺中に起こった出来事である。
このように人には生まれ持った運命のバイオリズムが存在し、それを知ることでバイオリズムに合わせた適切な行動をとることで、他人や自分の人生を良い方向に導くことができる。運命は人だけではなく、モノや会社にも宿っている。もちろん、Bitcoinや他の仮想通貨も例外ではない。
Bitcoinの生年月日を元に四柱推命でBitcoinの運命バイオリズムを見てみると面白いことがわかる。図3の赤枠で囲ってある部分はBitcoinの運命バイオリズムになるが、2017年のところをみると絶好調と記載してあるのがわかるかと思う。
2017年の仮想通貨バブルはビットコインが牽引したわけだが、 これもBitcoinが元々持っている運命通りに起こるべくして起こったということがわかる。2017年は九星気学上でも一白水星というバブルが起こりやすい星であり、四柱推命でもBitcoinの運命バイオリズムは絶好調だった。これを知っていれば2017年は自信を持って仮想通貨に投資を行えたのではないだろうか。
相場を分析する手法には、大きく分けて「テクニカル分析」と 「ファンダメンタルズ分析」の2種類がある。多くのテクニカルアナリストはインジケーターと呼ばれる過去の値動きを参考に様々な計算式で作られた指標を活用して市場を予測するが、これだけでは不十分である。真のテクニカル分析とは「過去の値動き」と「現在の値動き」を比較し、今後の分析を行っていくことだ。その上で占星術は相場分析を行う上では欠かせない分析の一つであることが前述した内容でもわかるだろう。相場では「歴史は繰り返される」という格言があるが、この格言通り市場の値動きは過去と似たような動きになることも多い。
⬛マイクロソフトとビットコイン
前述した通り過去にはチューリップバブル、インターネットバブルが起こったわけだが、仮想通貨の値動きを読み解く上でも過去のバブル後の値動きは参考にすべきであろう。
過去のバブルの例でも、最も注目したいのが「インターネットバブル」だ。インターネットバブルの根元には、Microsoftのマイクロプロセッサを搭載したコンピューターの誕生がある。逆を言えば、Microsoftの存在無くしては、インターネットバブルはそこまで加熱しなかっただろう。そして、仮想通貨バブルの根元にはBitcoinの誕生がある。
アルトコインはBitcoinのブロックチェーンの仕組みをお手本に誕生したものであり、Bitcoinが生まれなければ、アルトコインも存在しなかっただろう。つまり、仮想通貨バブルを牽引したBitcoinの相場を読み解く上で、インターネットバブルを牽引したMicrosoftの過去の値動きは利用価値が高いと言える。
まず2つのチャートを単純に見比べてみると、インターネットバブル前後のMicrosoftの値動きと仮想通貨バブル前後のBitcoinのチャートの形は非常に似ているのがわかる。(図4 参照)
これだけチャートの動きが似ているということは、この2つには何か共通点があるはずだ。共通点を探すために四柱推命でMicrosoftを占ってみると、面白いことにMicrosoftはBitcoinと全く同じ運命バイオリズムを持っているこ とが判明した。つまり、BitcoinはMicrosoftの動きに影響を受けやすく、同じ運命の周期を辿りやすいということだ。さらに、興味深いのがMicrosoft社の創始者でもあるビル・ゲイツを調べてみると、彼の運命バイオリズムもまたMicrosoft、Bitcoinと同じであった。
図5を見ればわかる通り、この3個のバイオリズムは全く一緒だとい うことがわかる。
(図5 Bitcoin, Microsoft, Bill Gatesの運命バイオリズム比較)
そして、MicrosoftもBitcoinと同じ運命バイオリズムを持っているため、2017年を見るとBitcoinと同じように絶好調の時期だったことがわかる。実際にMicrosoftの株価も運命バイオリズム通り、2017年は右肩上がりであった。ここから読み取れることはMicrosoftとBitcoinのバイオリズムが同じだということは、BitcoinもMicrosoftのバブル前後の値動きと似たような動きを今後も辿る可能性が高いということだ。
それを前提に九星気学でMicrosoftの過去の値動きを見てみる と、一白水星でバブルが起こり、翌年の九紫火星でバブルが崩壊していることは既に述べているが、他にもある程度の特徴がある。
まず、九紫火星の年では価格が下落する特徴があるが、図6を見るとわかる通り、インターネットバブル崩壊後の九紫火星の年の底値が2回とも長期的な底値になっているということだ。つまり、歴史が繰り替えされるのであれば、Bitcoinも九紫火星だった2018年の最安値である3125ドル近辺(コインベース基準)が長期的な底値になる可能性が高いということが予測できる。
Bitcoinはモルガンスタンレーの分析によると、インターネットバブル時のナスダック市場の15倍速で動いているという。インターネットバブル崩壊後、Microsoftは一度2000年12月21日に約20ドルの安値を付けてしばらくレンジとなったが、リーマンショック時にその安値を更に下回り2009年の3月5日にバブル崩壊後の最安値である約15ドルまで下落した。Microsoftはこの価格が底となり長期的に上昇していった。2000年12月21日の安値から2009年3月5日までの期間は約2996日。
もし、仮にモルガンスタンレーの分析が正しいのであれば、 BitcoinはBitcoinバブル後の最安値から約200日後につけた最安値が長期的な底になる可能性が高い。Bitcoinのバブル後の最安値は、ひとまず2018年6月24日の5762ドルになった。しばらくの間ここがサポートとなったが、その後にこのサポートを破り更に下落し、2018年12月14日に約3133ドルをつけて反転している。この期間が約173日。
その後200日以内に更に下落することはなかったために、この分析の観点から九星気学の観点からもBitcoinは20018年12月4日につけた3133ドルが底値の可能性が高いということが言える。
ここまでは占星術と四柱推命を使って仮想通貨バブル形成と崩壊の歴史を解説し、マイクロソフトのチャートを加えて現在の仮想通貨相場の底を分析した。ではテクニカル分析の真髄である、未来の分析はどうなるだろうか?
⬛未来分析
次にMicrosoftの過去チャートを参考に、九星気学を活用して2019年のおおよその価格動向予測をしたいと思う。
九星気学上では
2017年は一白水星、
2018年は九紫火星、
2019年は八白土星、
となる。八白土星の特徴としては変化変動(折り返しになりやすい)という特徴があり、この特徴通りに動くのであれば、ずっと続いていた下落相場も折り返し、上昇相場に転換していく可能性が高いということが言える。
今までの解説してきた理由から、Bitcoinの今年の動きを予測するにはMicrosoftのチャートを使用してインターネットバブル前後の八白土星の年の特徴を分析するとヒントが得られそうだ。
Microsoftのインターネットバブル前後の八白土星の年をあげる と、1992年、2001年、2010年となる。この3つの年号のMicrosoftの値動きは以下の通りだ。
1992年は最初の半年は下落したものの、残りの半年は上昇し、年初の高値を更新している。
2001年は最初の約半年は上昇し、その後の3ヶ月でほぼ底値まで戻り、残りの3ヶ月でその下落をほぼ打ち消すようなレンジ相場。
2010年はほぼずっと右肩上がりの相場となった。
3つともバラバラな動きではあるが、共通している点は八白土星の特徴通り、折り返しになっていることと、上昇していることである。
前編に記載した通り、Bitcoinはインターネットバブル前後のナスダックの15倍速で動いているということを考慮するのであれば、2010年に似たような動きをする可能性が高いという結論に至る。
しかし、四柱推命上ではBitcoinは2019年から2021年までは天中殺の時期に入る。
天中殺とは、「天が味方しない時期」のことを示す。この天中殺の期間に新しいことを始めたり、積極的な行動をとると、 逆に不運を増幅させてしまうと言われている。簡単に言うと「何をやっても運が悪く、成功しない期間」といってもいいだろう。
これを考慮して考えると、強く上昇していければ9465ドルに迫るような上昇をする可能性もあるが、あまりうまくいかない時期に入っているため、過度の期待はせずに6660ドルぐらいが今年の高値になりそうと考えた方が無難だ。
今まで述べてきたことすべてを解説すると、今年の値動きのシナリオとしては以下の2パターンではないかと予測できる。
(※図12の予測画像は3月初旬時点での予測だ。coinbase価格で3997ドルの頃から上昇予測をしていたことがわかる)   
今まで解説してきた通り、九星気学の観点から2018年12月14日の底値が長期的な底値の可能性は高い。しかし、Bitcoinの運命バイオリズムでは、2021年までは天中殺に当たるため、最高値を超えるような大きな上昇を見込むのは厳しいと予測できる。
このように占星術を活用すると、ある程度の相場の動きの予測を立て、それに対してどのように対処していけばいいのか大まかなプランを立てることができる。
占星術によってサイクルを捉えられるのなら、その価値は計り知れない。
世界三大投資家の一人、ジム・ロジャーズも書籍の中で「商品市場には、一定の周期があり、その周期を理解したことで、巨額の資産を得ることが出来た」と語っている。
占星術を含めた占いは、信じるものではなく「活用するもの」だ。JPモルガンも「大富豪は占星術を活用する」と言っている。
活用とは占星術だけを単体で信じるということではなく、その他のテクニカル分析 などと組み合わせることが大事だということである。
過去と全く同じ事例は起きにくいが、今まで証明してきた通り、過去は占星術や運命バイオリズムに沿った動きをしている。相場は生き物であり、100%相場を予測することは不可能だ。しかし、多くの巨額の富を得てきた著名人たちは、占星術を活用して多大な利益を積み上げてきたという事実は受け止めて活かすべきだと考える。
占星術は魔法ではない。実際に活用されてきた長い歴史と社会への応用性を踏まえた上で、正しく使うことで生きるのだ。

 Cointelegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2





著者 トシムリン
学習プログラム「トレード帝王学」(仮想通貨を含むトレード学習に適する)で講師を務める。ヘッジファンドトレーダーなどの一部のプロしか辿り着けないトレードの真髄を人数限定で伝授!初心者も安心して学べて、大衆に惑わされず安定的に稼げる本質的トレーダー育成にフォーカスした日本トップレベルのトレード学習コンテンツを目指している。
トレード歴14年の現役為替トレーダー。20歳の頃から一度も就職することなく専業トレーダーとなる。6年間はトレードが上手くいかず一時借金を背負ったが、研究と分析を積み重ねて独自手法を編み出し、7年目からプラス収益となり、そこからは安定的に利益を出し続けている。 元ヘッジファンドトレーダーからトレードを学んでいた経験があり一般投資家が持ちえないマーケットの内部構造を多角的に分析して市場を予測していくことが得意分野。 分析能力と育成能力に定評があり、トレード教育によって多くの常勝トレーダーを輩出している。プロップファームのトレーナーも務めている。 「人生を通してこれからの激動な時代に向けて自分自身で稼げる本質系投資家を多く育成し、日本の投資教育のレベルを底上げすること」をミッションに掲げる。座右の銘は、「習慣は才能を超える」。

 Cointelegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2








[暗号通貨価格, 2019.11.8,]
BTC \1,003,889
BCH \31,702
ETH \20,288
DASH \7,852
XMR \6,938
LTC \6,766
ZEC \4,188
BNB \2,217
NEO \1,203
EOS \383
USDT \109.06
XRP \31
MIOTA \30
XLM \8.23
ADA \4.708

Coin Telegraph Japan
https://jp.cointelegraph.com/news/by-using-horoscopetoshimurin-predicts-bitcoin-price-in-2019-vol2




仮想通貨で自己破産する予定です
1: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 17:33:33.14 ID:aitEPywp
海外業者にクレカ入金で爆負け、2018年だけで1200万まけ
クレカS枠900万借金払えない、もう無理なんで弁護士の所行ってきた
引用元:http://fate.5ch.net/test/read.cgi/cryptocoin/1550306013/
14: 承認済み名無しさん 2019/02/24(日) 12:40:13.13 ID:uo1aARA1
>>1
ちゃんと払う金残ってるか?
管財なるはずだから40万くらいは用意しとけよ
2: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:01:25.97 ID:lKup1Bl+
続けて
3: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:07:42.08 ID:0krT1YXs
クレカの審査ってそんなザルなのか
4: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:17:45.42 ID:aeARZHif
全部大口中国人グループに吸い尽くされたな謝謝
5: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:34:35.06 ID:s0+T09Ck
センス無さすぎw
ショーター撃ちまくりで取り戻して!
6: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 18:55:14.14 ID:MrhtJQKi
クレカのS枠ありすぎ
年収高いのか?
7: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 19:36:33.75 ID:9VKPooEd
語っていいぞ
8: 承認済み名無しさん 2019/02/16(土) 20:49:18.41 ID:fMGpvsqy
ショッピングか仮想通貨かって違いなだけで要はただのカード破産だよね
9: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 09:53:19.42 ID:DLGe6omU
自己破産って正直何のダメージもないよな
どんどんやるべき
10: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 12:17:54.60 ID:4aMJ75XE
2017年夏〜冬に種銭20万円で20倍達成のワイ大勝利
なお、主力はXRPでCC幽閉に巻き込まれて1倍程度の模様
11: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 15:49:35.80 ID:8CoWT+2X
借金内容が株やら投資とかだったら自己破産できんかったような…
22: 承認済み名無しさん 2019/06/28(金) 13:01:07.57 ID:qKFd79iQ
>>11
自己破産はできるよ。
免責(借金を払わなくてよくなる)が出るかどうか、一部免責になるかという違いがあるだけ。
まあ、自己破産した段階で債権を放棄する扱いをする債権者も多いから、自己破産はして損になるということはない。
12: 承認済み名無しさん 2019/02/17(日) 20:30:03.87 ID:mW+tUAXu
今やっと上がり始めてきたじゃん
今全力出して買えないんだったら早く仮想通貨なんかやめちまえよ
13: 承認済み名無しさん 2019/02/18(月) 18:33:46.26 ID:zOCld8Sc
だから破産して借金チャラにして少しずつバレん程度に買い集めるんやろ
15: 承認済み名無しさん 2019/03/17(日) 13:25:50.58 ID:l8E3JdR0
破産者マップは?
16: 承認済み名無しさん 2019/03/21(木) 12:59:53.47 ID:E5h8iFZs
200万借金
利率3.5%
損益イーブン
今すぐ返したほうがいい?
17: 承認済み名無しさん 2019/04/03(水) 10:48:20.69 ID:+U08bZf/
s枠換金だと免責下りるのか?
18: 承認済み名無しさん 2019/04/17(水) 13:14:31.59 ID:wdY+fKVl
結局、追証のないエックスイーマーケッツとかで
ハイレバ勝負の方が儲かるよね
19: 承認済み名無しさん 2019/06/04(火) 00:42:53.22 ID:MYlE5W4T
甘え
20: 承認済み名無しさん 2019/06/21(金) 18:42:54.18 ID:3nuXpvjh
ww
21: 承認済み名無しさん 2019/06/21(金) 19:00:58.89 ID:QSLFEFT0
絆の代表は20代なのに余裕で破産してゴミ売って金持ちになったな
23: 承認済み名無しさん 2019/07/05(金) 08:43:30.00 ID:IgCP5Vxh
信用スコアで顔パスできんやん
24: 承認済み名無しさん 2019/09/08(日) 14:46:39.72 ID:qJc9aQjG
ww
25: 承認済み名無しさん 2019/10/25(金) 17:26:06.33 ID:ESvgGCN3
尼崎市の遠藤章史先生に聞けばいい!!どうやったら成り上がれるか教えてくれるかもよ。

仮想通貨まとめNews
http://coinmatome.com/archives/20504846.html
posted by datasea at 09:09| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする