2019年09月21日

聖書の伝説・古代エドム王国が実在した事が証明された

petra_in_edom_map_143143545-1.jpg





BEFORE IT'S NEWS
Online: 1423 |  Visits: 1,029,533,301 |  Stories: 6,993,442
By Alton Parrish (Reporter)
Now:10Last Hour:314Last 24 Hours:2,349Total:2,349
Evidence of Biblical Kingdom in Arava Desert Discovered
Friday, September 20, 2019 3:57

BEFORE IT'S NEWS
https://m.beforeitsnews.com/paranormal/2019/09/prophetic-biblical-discovery-mysterious-kingdom-of-edom-found-and-more-this-is-big-news-buckle-up-2544676.html
https://t.me/BeforeitsNews
https://m.beforeitsnews.com/science-and-technology/2019/09/evidence-of-biblical-kingdom-in-arava-desert-discovered-2965079.html

YouTube
https://youtu.be/pzmiefoV2q4

Ineffable Island.com
http://www.ineffableisland.com/2019/09/evidence-of-biblical-kingdom-in-arava_20.html





(要約)
聖書の伝説・古代エドム王国が実在した事が証明された
アラバ砂漠の聖書の王国の証拠が発見
2019年9月20日金曜日3:52
Alton Parrish
創世記36:31には紀元前10世紀前半に存在したとされるエドム人の王国が記述されている。
「…イスラエルの王が君臨する前にエドムで君臨した王たち」
しかし考古学的記録はこの聖書の記述の解釈に矛盾をもたらした。
9月18日にPLOS ONEで公開されたテルアビブ大学の調査により,紀元前12世紀〜11世紀に今日のイスラエルとヨルダンがあるエリアのアラバ砂漠(Arava Desert)でエドム王国(the kingdom of Edom)が栄えたことが判明した。
ヨルダンのKhirbat en-Nahasで高さ6mをこえる銅生産廃棄物(銅スラグ)が発掘された。
この近辺から発掘された資料は,聖書に記述されたエドムで4世紀以上にわたって発達した技術・社会の痕跡が特定された。
この発見はテルアビブ大学(Tel Aviv University,TAU)考古学/古代近東文化学部のErez Ben-Yosef教授とカリフォルニア大学サンディエゴ校のTom Levy教授が率いるAFTAU(T. Levy/American Friends of Tel Aviv University)によりなされた。
アラバ砂漠(Arava Desert)の銅生産工場の遺跡から見つかった標本の分析によれば,当時のエドム王国(the kingdom of Edom)は銅を使った「ハイテクネットワーク」が主導する豊かで繁栄した社会であったという。
古代に道具や武器を生産するために使われた銅は古代近東では最も貴重な資源であった。 銅の生産は複雑なプロセスが必要で,さまざまな段階とレベルの専門知識が必要。
Ben-Yosef教授のチームは、ヨルダン(Faynan)とイスラエル(Timna)の古代銅鉱山の数百の調査結果を分析,その銅スラグの劇的な変化を特定。その時代が最初のミレニアムBCE(1300- 800 BCE)であると特定した。
Ben-Yosef教授
「社会的プロセスのプロキシとして技術的進化を分析,聖書のエドム王国の出現を特定し特徴付けることができた」
「この結果は従来考えられていた時代よりも昔で,聖書の記述のほうが正しかった事を語っている」
による銅製錬の過程でできるゴミ・銅スラグの分析によれば,スラグ中に含まれる銅の量は時代に従い低下しており,時代に従い生産の効率が高まっていった経緯が読み取れる。
この突然おきた技術的飛躍は,エジプト王Shoshenq I(ファラオ・ショーシェンクI世,聖書のシシャク)による紀元前10世紀のエルサレム略奪(エジプトの最も有名な聖地侵略の1つ)に起因すると考えられる。
また,エドムの土地へのエジプトの介入は破壊を伴わなかったことを示している。
Ben-Yosef教授
「紀元前10世紀後半,ヨルダンのファイナン遺跡からイスラエルのティムナ遺跡にいたる約2,000平方kmの広大な領域でスラグの突然の標準化進化が同時におきた事が実証された」
「この地域の銅産業の効率は向上していた。 エドム人は最小限のエネルギーで大量の銅を生産できる正確な作業プロトコルを開発した」
しかし当時のエジプトは弱い力であったと教授は言う。 この地域への影響は明らかだが,おそらくエドムの銅産業を指揮することはなかった。
Ben-Yosef教授
「輸入銅の消費者としてエジプトは産業の合理化に既得権益を持っていた。 両国の同盟により彼らは地域全体の技術革新の触媒となったようだ。 たとえばラクダはショシェンク1世のエドム侵略直後に初めてこの地域に現れた」
「この発見は,アラバにゆるい同盟を持つ複数部族が住んでいるとする従来の認識と矛盾し,エドム王国がここにあったという聖書の記述のほうに一致する」
「アラバで繁栄した銅産業は,中央集権的で階層的組織にのみ起因し,これもエドム王国の聖書の記述に当てはまるかもしれない」

ruhyy67thy5 pc





Jeffery Pritchett
2019年9月25日,世界70か国がエルサレム・オリーブ山(Mt of Olives)に集い動物を使った生贄の儀式を行なう。無法の法の支配が進んでいる。だまされないで。 V.A.
イスラエルで古代エドムの遺跡が発見されたという。聖書に記録された伝説上の王国だ。
Esau(エサウ)はロシア人の祖先。
Esauはishmaelite(イシュマライト)と結婚した。それゆえにロシア人にはアラブ人の血がはいっている。
アメリカ,ヨーロッパの大部分,カナダ,オーストラリアの多くの人々の祖先はJacob(ジェイコブ)。神はJacobの末裔を呼び集めて民族を正す。 神が送り賜うた軍隊だ。 ベルトを締めよ!
😁Jeshurun
緑の高山に連れて行かれることを夢見ているのは誰か??
乾いた荒地に大地震が起こり,荒れ乾いた山を壊し山の巨岩から恐ろしい巨大な巨人が形成され,山から出て別の山を破壊する見た夢を見た。
神はあなたの敵から逃げるために翼をあなたに与えてくださる。
主の聖なる山であるシオンの山(Mount Zion)に行き,声をあげ,手を挙げ,永遠に,そして常に主なる神に賛美を歌おう!

ruhyy67thy5 pc








暴かれる伝説。滅びの王国「エドム」は聖書の記述通りに存在した
HISTORY_ARCHEOLOGY2019/09/20
Credit:timesofisrael
■Point
旧約聖書『創世記』に登場する「エドム王国」の繁栄年代が、最新の研究により、聖書の記述と一致することが判明
従来の研究では、紀元前8世紀頃と考えられたが、聖書の記述通り、紀元前10世紀頃に繁栄していた可能性が高い
紀元前10世紀頃に、エジプト人による介入で「銅製造技術」が格段に飛躍したことが推測される
旧約聖書『創世記』第36章31節に、「エドム王国」と呼ばれる国が登場します。
前6世紀にバビロニア人によって滅ぼされた亡国ですが、これまでの考古学調査では、その始まりは紀元前8世紀後半と考えるのが主流。聖書の記述とはズレがあったのです。
しかし、イスラエル・テルアビブ大学による最新の研究で、エドム王国は紀元前13世紀頃にはすでに存在していた可能性が高く、王国の繁栄時期も聖書に一致することが明らかになりました。
さらに当時のエドム人は、銅製造の優れた技術を誇っていたことも判明しています。その影には、隣国エジプトの存在がありました。
⬛繁栄年代は聖書と一致
エドムはパレスチナの南南東に位置する地域です。聖書によると、エドム人はイスラエルの兄弟民族で、ヤコブの双子の兄エサウの子孫とされています。
現在、この地はイスラエルとヨルダンに広がるアラバ砂漠となっており、ここにエドム王国の遺物であるFaynan遺跡(ヨルダン)やTimna遺跡(イスラエル)が位置しています。
チームは、この遺跡から出土する銅の鉱滓(スラグ)の年代調査を行い、特定された各時代における銅スラグの量を調べました。スラグとは、銅や金属を製錬する際、溶融プロセスで分離していく部分で、いわば金のクズを指します。
排出されるスラグの量が少ないほど、製錬技術が高いと言えるそうです。
遺跡から入手された銅スラグを分析した結果、紀元前1300年〜800年にかけて、銅製造の技術が徐々に発展していることが特定されました。技術の発展は、その地に住むエドム王国の発展と結びつけることができます。研究主任のErez Ben-Yosef教授は「エドム人は、紀元前12〜11世紀頃という、従来の予想よりもずっと早い段階で繁栄していたと推測される」と指摘しました。
⬛エジプト人の介入による技術革命
さらに興味深いのは、紀元前10世紀頃に銅スラグ量の劇的な減少が見られたことでした。つまり、この時期にエドム人の銅製造技術が急激に進化していることを示唆しており、これには明らかに第三者の介入がうかがえます。研究チームは、この突然の変化を「エジプト人による王国進出がきっかけではないか」と推測しています。
というのも、聖書には、紀元前10世紀の後半に当時のファラオ「シェションク1世」が、聖地エルサレムを占領したという記述が見られます。これはヘブライ語聖書の中でも有名な一節です。
エジプト人の侵入はエドムの崩壊ではなく、技術の飛躍をもたらしたのかもしれません。この時期のエジプトは、かつての栄華に比べると大幅に弱体化しており、軍事的な力も弱まっていました。それゆえ、エドム人に技術革命をもたらすことはできても、侵略するまでの余力は残されていなかったのでしょう。
非現実的な記述も多い聖書ですが、「ノアの方舟」の大洪水などは昨今数々の証拠が発見されています。聖書の記述が科学的に解明されていくことで、古代の謎が紐解かれていくことに期待しましょう。

Nazology
https://nazology.net/archives/45341
















posted by datasea at 20:56| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[動画][資料] BBC: 第二次世界大戦の歴史(1930〜1950),全13回,















トータル10時間超です。
時間がある時にどうぞ。

fdsfsfds pc
posted by datasea at 18:54| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

datasea: 夢記録, 2019.9.19〜司法書士A

datasea: 夢記録, 2019.9.19〜司法書士A
個室居酒屋
最近は同窓会は頻度がふえた
積もる話を繰り返し
かつてのガリ勉たちも
今は立派な父親
積もる話を繰り返し
司法書士のA
学生時代から太っていたが
今も太い
となりの物理の先生と頭をすげ替え
意味あるのか
大きな腹の上に哲学的な先生の頭
Aなのか先生なのか
積もる話を繰り返し

458gmuj45 pc
posted by datasea at 02:08| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[旧跡] 八王子山金大厳

FB_IMG_1568997401603.jpg


FB_IMG_1568997462507.jpg


FB_IMG_1568997439385.jpg


FB_IMG_1568997485544.jpg









八王子山
日吉大社奥宮
滋賀県大津市
金大厳という磐座を御神体としている奥宮
さらに登ると、八王子山山頂
おそらく古代祭祀場であったと思われる

Facebook
https://www.facebook.com/groups/kodaishi/permalink/2082476731897066/
posted by datasea at 01:43| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする