2019年09月11日

正木和三: かつて人類は惑星フェイトンで石油文明を形成していた


正木和三: かつて人類は惑星フェトンで石油文明を形成していた
知られざる人類の歴史
人類は潜在的に、超能力に対する何らかの拒絶反応をもっているような節がある。
おそらくそれは、人類がもつ怒りとか恐怖の感情と密接に結びついているのではないだろうか。否定的な感情が超能力と結びついたときの遠い過去の記憶が亡霊のようによみがえるのかもしれない。
秋山眞人によると、地球人が潜在意識下においてもつ恐怖は3つあるという。一つは遺伝子レベルで引き継いできたともいえる恐竜への恐れ。これは恐竜に襲われた小哺乳動物として記憶が残っているからだという。次に、日食や彗星といった自然現象の異変に対する恐怖。最後に、これが一番「サイキの海」への恐れにつながっていると思うのだが、アトランティス文明の滅亡とも関連した大地震への恐怖であるという。
では、なぜアトランティスの滅亡と超能力が関連するのか。秋山はこう語る。大地震などを誘発したことによりアトランティスが滅亡した背景には、アトランティスが核兵器や超能力を使った戦争(内戦)をするなど科学や人間の能力を悪用したからだ、と。
「核自体に人間の念的なエネルギーを込めることができて、全く別な強力な殺人兵器に変えたりしました。催眠戦も行われて、人間に一定の催眠をかけることによって体を変革させ、動物みたいに退化させて、それを奴隷みたいに使ったりしています」
「ですから一定の生命の進化の道からかなりはずれたものがあったようです。形としては戦争という形で滅びましたけれども、実質的にはそんな戦争が起きること自体が自然の法則にかなったことかもしれません。そんな生活をしていながら、だれもそれに疑問をはさまなかったこと自体が、滅びる兆しであったのでしょう」
「結局アトランティスが自然界のバランスを崩して地軸ジャンピングが起きるわけです。それによってムーもめちゃくちゃになったんです。結局地軸ジャンピングの引き金をアトランティスが引いたわけです」
秋山が言うことが本当なら、人類が現在超能力を恐れる理由には、超能力の悪用で滅んだというアトランティスのトラウマがあるように思われる。そのトラウマがあまりにも大きかったので人類は半ば、潜在的に超能力を封印してしまったのではないだろうか。
果たして現代の地球人はこのトラウマを乗り越えることができるのだろうか。今ひとたび超能力を手に入れた場合、アトランティスの二の舞になることはないのか。それは赤ん坊に拳銃を渡すようなものなのか。
もちろん、人類はすでにトラウマを乗り越え、人間の潜在力を魂の進化のために使うだけ賢く進化したかもしれない。そのときは、清田の言う「サイキの海」が目の前に無限の可能性を秘めて広がっていくことになるだろう。
秋山眞人によると、人類に大地震、大津波に対する恐怖を植えつけることになったアトランティスの滅亡は、別の大陸である「ムー」をも滅ぼしたという。
「ムーもそのこと(地軸ジャンピングに地球大変動)をかなりの人が事前に察知していたんです。しかし、闘争のレベルに巻き込まれた人たちは、闘争しに行ったんです。戦争挑発に乗ったんですが、聡明な連中は逃げることを考えていました。違う世界へ行くことを考えていましたね。この方たちのほうが人間的には上だったわけです。さっと別な惑星へ行ってからまた戻ってきたのもいるでしょう。だから地球でいろんなコンタクトマンに会った宇宙人のなかには、先祖が地球人だったという人もいるでしょう」
秋山が語るアトランティスとムーの最期が、本当にあった人類の歴史なのかは確認のしようがない。
秋山が言うように、結局人類はアトランティスの暴走を止めることはできなかった、超能力と科学を悪用し、核兵器を使ったサイキック・ウォーが勃発、地軸ジャンプによる地殻変動を誘発して滅亡したのかもしれない。
では、それ以前の人類の歴史を超能力者たちは、どう見ているのだろうか。そのいくつかを紹介しよう。
前世でアトランティスの神官だったという正木和三は『この世に不可能はない』の中で、生命体からのメッセージとして、次のような人類の歴史を語っている。
「かつて3億6000万年前の太陽系には、木星と火星の間の軌道を回る、地球によく似たもう一つの惑星があった。仮にこの惑星をベータ星(=惑星フェトン)と呼ぶことにしよう。ベータ星(=惑星フェイトン)には非常に進化したベータ星人が住んでいたが、これがいま地球上に住む人類の先祖だと考えていい」
「ベータ星人は、現在の地球人がそうであるように、乱開発によって石炭や石油などのエネルギーを使い果たし、核融合エネルギーを開発した」「そして、ベータ星(=惑星フェイトン)破滅の危機を察知した科学者は、宇宙船をつくり、さながらノアの方舟のように、できるだけ多くの優れたベータ星人を乗せて、ベータ星によく似た地球へと送り出した」
「まもなく、科学者が危惧したとおり、何かのはずみでおきた核爆発によって海水が誘爆し、そのためベータ星そのものが大爆発して、宇宙空間にこっぱみじんに飛び散った。
飛び散った星のかけらのうち、比較的大きい一つが地球の周りを回る月となり、十六個が木星の衛星となり、残りの無数の小片が木星の内側軌道を回る小惑星群となったのである」
「地球に飛来したベータ星人は、地球の環境に馴染めずに死に絶え、その生命体だけが、その頃地球上に生息していた動植物に宿った。そうして3億年以上もの長い時が流れ、いまから約300万年前に、生命体はやっと誕生したばかりの人類の肉体に宿ることができるようになった」
「だが、動植物の中に宿っていた時間があまりにも長すぎたため、かつては非常に優れていたベータ星人の生命体も、動植物の生命体、すなわちエネルギーの低い生命体になってしまい、せっかく人間の肉体に宿ることができた後も、その多くはエネルギーの低い生命体のままで残った」
(続く)=文中敬称略
正木和三は、火星と木星の間を周回していた惑星から逃れてきた人たちが地球にやって来たのではないかと主張する。
確かに火星と木星の間には、直径1キロメートル以上の小惑星が100万個以上存在するとみられる「小惑星帯」(アステロイド・ベルト)がある。
かつての惑星が滅んだ残滓であるのだろうか。
地球に宇宙船で逃れてきた3億6000万年前の記憶は、現代の地球人にも残っており、UFOはその記憶の現われではないか、とも正木は言う。
地球は今、かつてのベータ星のように環境破壊が進んでおり、核融合エネルギーなども大きな危険を伴いながら開発されている。
「そこで生命体が、ベータ星の愚行を繰り返さないよう、遠い日の恐怖の記憶をUFOに託してよみがえらせ、私たちに警告を発している」
というのだ。
もちろん、これはあくまでも正木の主張であって、超能力者が皆認めている地球人の歴史というわけではない。たとえば秋山眞人説は正木説と微妙に異なる。
秋山によると、火星など太陽系内の他の惑星には、確かに今の地球に地球人が住んでいるように人類が住んでいたという。そして、ある一定の進歩を果たして宇宙へと旅立っていった。
彼らは太陽系人とも呼べる人類で、一部は金星系列の宇宙人となったらしい。このため、火星などの惑星では今でも、「卵の抜け殻」とも呼べる文明の残骸が残っているのだという。
秋山説では、地球人が有史以来歩んできた道は、恐竜との戦いの歴史であったという。
人類の祖先である、ねずみのような初期の哺乳類が地球上に誕生したとき、この惑星を支配していたのは恐竜たちであった。
草食や肉食の巨大な恐竜が地球上を闊歩していた。一方哺乳類は、恐竜におびえながら暮していた。だが、支配者であった恐竜も、隕石の衝突、宇宙からの放射線照射などにより滅んでしまった。
後に残ったのは、恐竜の屍や卵を食べながら地下で生活していたラット類だった。
このラット類が進化して、人類になった。
しかし、哺乳類と恐竜の戦いの記憶は遺伝子の中に組み込まれており、現在の人類にも恐竜に対する恐怖心が残ってしまった。
「問題は、そんな私たちの文明に最初に干渉してきたのが、恐竜と同じ爬虫類から進化した宇宙人であるグレイ・タイプだったのです」
と、秋山は言う。ところが哺乳類の潜在意識には、爬虫類の恐竜に対する恐怖心が強く残っていた。そのため、竜族ともいえるグレイ・タイプでは、哺乳類世界である地球を進化させることができなかったというのだ。
折しも、宇宙人側の干渉にも変化が現われた。地球に類人猿が出現したころ、今度は哺乳類から進化したヒューマノイド・タイプの宇宙人が地球にやって来た。
哺乳類世界である地球に対し、爬虫類から進化したグレイ・タイプが干渉しようとしていることを目の当たりにしたヒューマノイド・タイプの宇宙人は考えた。地球は哺乳類が知性を発達させるための転換期にさしかかっている、このままグレイ・タイプが干渉を続ければ、人類は滅びてしまうか、グレイ・タイプに隷属して支配されるようになるだろう、それは地球にとって不幸ではないか、と。
ただし、ヒューマノイド・タイプの宇宙人は、グレイ・タイプがやろうとしているような地球人の進化に直接干渉することは避けた。宇宙の法則に反することになると考えたからだ。そこでヒューマノイド・タイプの宇宙人は、グレイ・タイプの直接干渉に対抗するため、思念力で対抗することを決めたという。
つまり、一方的に知恵を与えて干渉するのではなく、一定の成長段階でいろいろなヒントを与え、自力で問題を解決させれば、地球人の進化の自由を侵害していることにはならないのではないかと考えたのだ。具体的には、ヒューマノイド・タイプの宇宙人の一部が、地球人に生まれ変わり、彼らの知識を伝達しようとした。
ところが当時の地球には、まだ類人猿しかいなかったので、宇宙人も類人猿として生まれてくるしかなかった。類人猿に生まれ変わった宇宙人は、他の類人猿に対して徹底的に手の機能を開発させるように導いた。手の発達によって類人猿は脳を発達させ、ネアンデルタール人やクロマニヨン人といった猿人が誕生した。
「実際のところは、類人猿から猿人に進む過程で、一部のステップを飛ばしてしまったこともあったのです」
と秋山は言う。グレイにそそのかされて、おそらく遺伝子操作によって、カモシカのような足を持ったケンタウロスのような人間を生み出してしまったこともあったという。急激な進化は、事実上失敗に終わった。
こうした試行錯誤を経て、人類の進化プログラムは次の段階へと移っていった。秋山によると、この段階で地球は一時、宇宙の流刑地のようになってしまったという。
ヒューマノイド・タイプで、宇宙の秩序を破った宇宙人が地球に送り込まれ、ある程度力を奪われて、地球人として転生してきたのだ。
時代は違うかもしれないが、『竹取物語』のかぐや姫の話を思い出してほしい。
このようにして、宇宙人が転生することにより、地球上の人類は進化していった。
ただ、進化が急激すぎたり、宇宙の刑務所扱いされたりするなど、最初から祝福されていたとはいえないようだ。それでも人類はやがて、超能力も自由に使える科学文明をつくり上げる。それらがムーやアトランティスの文明だ。だが、元々宇宙の秩序を乱した結果、転生してきた人間が多かったせいか、人類は超能力と科学を悪用して、地球文明の崩壊と大災害を招いてしまったのだという。
ガンマー星から移住してきたという正木説と、宇宙人の直接的、間接的な干渉により地球は進化してきたという秋山説はそれぞれ微妙に異なるが、矛盾なく説明することもできる。
秋山が言うように、太陽系の他の惑星にもかつては人類が住んでいたとしたら、正木説による火星と木星の間を周回していたガンマー星にも人類がいたのであろう。
正木によると、それは3億6000万年前だったという。
秋山は、他の惑星も人類は一定の進化を遂げた後、宇宙へ旅立って行ったというが、ガンマー星のように、進化したものの滅亡してしまった人類がいても不思議ではない。彼らは地球に移住しようとしたが、環境に馴染めず死滅。人類が誕生するまで3億年ほどの間、転生できずに動植物などに憑依しながら地球をさまよっていたのかもしれない。
やがて人類が登場すると、ガンマー星人の生命体も人類として転生するようになるが、それとは別に他の惑星から転生してきた宇宙人がいたのではないだろうか。あとは秋山説と同じである。
その後の人類の歴史について、正木は生命体から次のように聞いているという。
「実は10万年以上も前に、人類は現在と同じ文明をもっていた。人類は、それまでにも何度か、発達した物質文明によって滅亡を繰り返していた」
「ガソリンエンジンをつくって、石油を燃やし、空気を汚染してしまったことなどから、氷河期を招いたのが、滅亡の原因であった」
正木は言う。「人類は、過去に四回も高度な文明を獲得し、そのつど、自ら生み出した科学によって滅んできたのである」
その最後の文明がアトランティスやムーであったのだろうか。
正木の推測では、1万4000年前はムー大陸と日本は陸続きで、沖縄県与那国島の海底遺跡で見つかった文字は、ムーの文字であったのではないか、という。

天の王朝
https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/9005/
https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/9006/








惑星フェトン(Phoeton、Deya)
さて、火星と木星の中間にもう一つの惑星が存在していたそうですが、それが幻の太陽系第五惑星「フェイトン」と呼ばれていました。
またシュメール文明の太陽系図にも火星と木星の間に惑星の存在していたことが残されていたようです。
偉大なる故正木工学博士によれば、今から遡ること3億6千年前、火星と木星の中間に地球と同じサイズの惑星が存在していて、
環境破壊を起こし、現在の地球同様に核融合エネルギーを使っていたため、人類滅亡の危機に立たされていったそうです。
フェイトンの科学者らは人類滅亡の危機を予測し、危機から逃れる為に巨大宇宙船を造り、その宇宙船に多くの第5惑星人を同乗させて地球に移住させたということでした。そして間もなく、核融合エネルギーの過剰開発と大量使用で海水が誘爆して(核融合のエネルギーは水によって誘爆を起こす)、惑星は大爆発を起こし木っ端微塵と化し、その飛び散った惑星の欠片は小惑星群となって現在、木星の内側軌道を回っているという天からの啓示を受けたそうです。当時3億6千年前の地球は恐竜やシダ類で覆われ、人類がとても住める状態ではなかったため、生命体は動植物に宿って、3億年以上を地球での原始時代を過ごし、ようやく300万年前より人間の肉体に宿ることができるようになった、いわゆる人類学上の肉体の発生から現在に至ったとされているということのようです。
しかし3億年以上の長きに渡って動物に宿って生きてきた生命体はその心までもがすっかり動物的に成り果ててしまい、現在の地球ではその人口の8割が動物的な人類(人間性を高めよう、進化しようとしない無気力)のままであると推測されていましたが、愚民化されたままでは人類の滅亡は避けられないように思いました。
たとえ生まれ変わったとしても、続々と発見されている地球型系外惑星で動植物からスタートする羽目になるかも知れません。
そして幻の第五惑星にはもう一つの名がついていました。それは「マルデック」と呼ばれ、地上の楽園、エデンの園はそのマルデックに存在していたものを後から地球の楽園として付け加えられたものだそうです。
最後に故正木和美工学博士のメッセージ
「修業とは、自分の行ったことが、自分以外の人に幸せを与えることなり」
陰徳を増やし、生命体エネルギーを高めることが意識を高め、宇宙の叡智に気づくことになるのではないでしょうか。
http://world.agosu.jp/index.html
皆様、今年も「宇宙への気づき日記」をご覧いただきありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

宇宙への気づき日記
http://telepotation.at.webry.info/201112/article_3.html






posted by datasea at 10:29| Comment(0) | ◉ アカシックレコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

datasea: 夢記録, 2019.9.11〜八ヶ岳自然公園


datasea: 夢記録, 2019.9.11〜八ヶ岳自然公園
八ヶ岳自然公園
イベント初日
白いベニヤ板
掲示板作りが間に合わない
第一陣とうちゃく
図々しい
入場料と焼鳥代は別に決まっているだろ
「焼鳥は別料金になります」
ベニヤ板に一列の文を書きいれる
まだ3/4残る空白
まだトロッコ電車の写真貼って
金剛武人像の写真貼って
集合時間が迫る
ああ
第二陣とうちゃく
ああ
間に合わない
合流しなけりゃ

amtpjemwJp pc



posted by datasea at 09:03| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

雑誌ムー: アラスカ・トライアングル

pp6520190901122.png


pp6520190901121.png


pp6520190901123.png



雑誌ムー: アラスカ・トライアングル
超常現象研究家・並木伸一郎
フロリダ半鳥の先端とプエルトリコ,バミューダ諸島を結ぶことで浮かびあがる三角地帯
「バミューダ・トライアングル」
は,古来,船舶や航空機,ときには乗員だけが謎の消失を遂げる海域として知られてきた。
2015年5月16日には,90年前に行方不明となった貨物船「コトパクシ号」が突如として帰還し,100年以上前から,100を超える舶舶や航空機と1000を超える人間を呑みこんだ伝説が今なお生きていることが証明された。
謎の消失ゾーンは「魔の三角地帯」とも称されるが,類する異常地帯はほかにもある。
たとえぱ,干葉県野島崎,小笠原諸島,グアム諸烏を結ぶ三角形の海域は
「ドラゴン・トライアングル」と呼ばれ,調査船や航空機の遭難が多発している。
また,ブラジルのリオデジャネイロ中心部には,高層ピルを結んだ三角地帯で,車両や金品が日中晴天下でも忽然と消失する
「ブラジルのバミューダ・トライアングル」
がある。
だが,近年もっとも注目されているのはバミューダの北西に位一する
「アラスカ・トライアングル」
だろう。
アラスカ・トライアングルが注目されるきっかけとなったのは,1972年10月に発生した失踪事件だ。
当時の多数派国会議会のリーダー,ヘイル・ボッグズやアラスカ議会のニック・ペジヒ議員たちを乗せたプライベートジェットがアンカレジからジュノーに向かう途中で消息を絶ったのだ。
1か月以上にわたり,50機の民間航空機と40機の軍用機,何隻もの船舶が約10000平方キロに及ぷ捜索を展開したが,飛行機の破片ひとつ見つからなかった。
その後,この三角地帯では9年の間に2万人以上が謎の失踪を遂げているといい,バミューダ以上に危険な場所とされている。
この怪奇現象には,地中に眠るピラミッドが関係している可能性がある。
アラスカの凍土の下にピラミッドが眠っている。。
信じがたいかもしれないが,これは紛れもない事実だ。
なぜならぱ,それを裏づける証拠がいくつも獲得されているからだ。
アラスカでピラミッドの存在が取り沙汰されるようになったのは1992年のこと。
中国が強行した地下核実験による地震波が世界中をかけ巡ったとき,これを活用して地質字者や地震学者が地殼の特性を検証。
その結果,アラスカ西部に位置するノース・サウンドとマッキンリー山の中間地点の地下に,四角い異常構造物が存在することが判明したのだ。
地上からは捕捉しかたいがゆえに
「ダーク・ピラミッド」
と称されるようになった異常構造物が発見されたのは,マッキンリー山の南西約80キロ地域。
グーグル・アース上でも
北緯63度17分51.40秒,
西経152度31分24.49秒
地点で,平坦な地形の周囲とは明かに異なる四角形の地形が確認できる。
周辺には植物が自生し,季節によって彩りも変化するが,四角い異常地形が変化することはない。
地上に建造物がまったくないにもかかわらずこの地形ができたのは,周囲の地質と異なる何かが存在し,地表の植生に影響を与えたためだと考えられる。
実際に,地下のピラミッドを見たという人物もいる。
アメリカ在住のジャーナリスト,リンター・ハウは,2012年12月,自身のサイトで異常構造に関する調査報告を公表。
実際にピラミッドを目の当たりにしたという人物の息子から得た証言を公関している。
ウェスタン・エレクトリック杜に勤める匿名の男性によれば,彼の父親は1959〜1961年にかけて,謎めいたこの地で働いていたという。
父親は米海軍所属のエンジニアで,「地下に存在する巨大エネルギーにかかわる特別プロジェクト」に従事していた。
当地には地下へつづく長いシャフトエレベーターがあり,その先に鎮座するピラミッド状の構造物は強力なパワーを発生していたという。
父親が彼に詳細を語ることはなかったようだが。
アメリカ政府がこの未知なるパワーの秘密を隠すためにピラミッド自体の存在を封印し,関係者にも機密にさせていた可能性は高い。
だが,どんなにアメリカが隠蔽しようと,地下に眠るピラミッドの存在は公然の秘密となりつつある。
なぜなら,2011年5月,英放送局のBBCによって,ピラミッドの存在を示唆する赤外線衛星写真が公開されているのだ。
この写貞からは,17のピラミッド形構造と3000もの集落らしき形跡が確認された。
そればかりではない。口シア政府内では,ダークピラミッドに関する報告書が秘密裏に回覧されていたのだ。
■核のカーテンにかくされたピラミッド・パワー
ロシアに詳しい情報筋によれば,ロシア空軍航空宇宙防衛作戦戦略コマンド(VKO)が作成し,クレムリンに提出された
2012年12月10日付の報告書に
「アメリカ政府はアラスカで核実験を実施することで,ピラミッドの存在を隠蔽しようと画策している」
という主旨の一文が記されていたという。
ここで指摘される「核実験」とは,米加国境付近にあるユーコン・チャーリー・リパース国立保護区で2012年9月27日に起こった謎の大爆発,
その3か月後の12月5日に行われた未臨界核実験を指す。
9月の大爆発の際には,地元新聞によって蒸気を発する小さな火ロクレーターに写り込んだ航空写真がリークされたが,政府は当然のごとく沈黙をつらぬいた。
だが,北極にあるロシアの地震観測施設は爆発痕下にあるピラミッド状の構造物を見逃さなかった。
そして,3か月後に行われた未臨界核実験でも同様に異常構造を補足していたのだ。
もしかしたらVKOは,他にもさまざまな情報を得ていて,ふたつの核実験で露出したピラミッドの存在によって,アメリカの狙いを確信したのかもしれない。
いずれにしても奇妙なのが,12月の未臨界核実験については,
翌年1月26日,アメリカ国軍核安全保障局の公式ウェブサイト上で核実験全面禁止条約(CTBT)採択後,初めての地下核実験を実行したと公表していることだ。
1996年,国運総会で探択された核実験全面禁止条約(CTBT)では,地下を含む地球上の全碩域,及び大気圏内外といったあらゆる空間で核爆発実験が禁じされている。
とりわけ,アメリカが行った未臨界核実験はきびしい批判にさらされた。
ただし,アメリカは核実験全面禁止条約(CTBT)に署名しておらず,自国の核施設に対する査察をいっさいゆるさない資勢を貫いている。
よって,彼らが臨界核実験を行ったとしても特定することは困難だ。
それでも未臨界核実験の施設を公表したのは,世の注目を核実験へ向けることで,ダークピラミッドを秘匿しようとしたのだろう。
リンダーハウが別の証言者である元空軍中佐から得た情報によれば,当地から112キロ地点には不目然なほど立派な滑走路を俑えたフェアウェル航空基地があるという。
1942年に建設された同基地は,現在は運用されていないが,ピラミッド発見当時は前哨基地として機能していたのかもしれない。
だとすれば,ピラミッドは70年以上も秘匿されていたことになる。
だが,単なる古代遺跡だとしたら,これほど歳月をかけても満足のいく調査結果を得られないのは不自然だ。
むしろ,公表できない理由があると考えるのが妥当だろう。
これまでの経緯をみれぱ,秘匿される理由はひとつしかない。
ピラミッドが有する衆知のパワーを隠ぺいしたいに違いない。
はたして,その力とはどんなものなのだろうか?
■「ダーク・ピラミッド」はアトランティスの遺跡か
1930年代から,ピラミッド形の物体には不思議な力「ピラミッドパワー」が宿っているとされてきたが,科学的根拠はなく,現段階では疑似科学の領域を出ない。
ダークピラミッドのパワーを考察するのであれば,アラスカ・トライアングルとの関係を見ていくことが近道だろう。
この一帯では明らかな磁気異常が認められ,コンパスが本来の方角から30度ずれることもある。
幸運にも帰還することができた救出隊のメンバーの証言によれば,音響機器から酷い雑音がしたり,めまいや見当障害を起こすこともあるからだ。
本誌読者であれぱ,これがバミューダ・トライアングルで報告される事例と近しいことに気づくだろう。
それもそのはず,バミューダの海底にも,ピラミッドが存在するといわれているのだ,
やはり,ピラミッドと三角形地帑の怪異には深い関連があるに違いない。
バミューダートライアングルにおける消失事件の原因については,ブラックホールやワームホールが介在するという主張や
海底に埋蔵されるメタンバイトレートが原因だと考える学説,冷気の塊が引き起こすマイクロ波などが唱えられてきたが,いずれも怪異のすべてを説明するには至らなかった。
それゆえピラミッドの存在が,謎を解く鍵として注目を集めているのだ。
その正体は明らかになっていないが,太古の磁気エネルギー発生装置で,地球のパワーグリッドの役目をはたしていたと考えられている。
もし,アラスカのダーク・ピラミッドが古代遺跡だとしたらどうだろうか?
北アメリカに巨大ピラミッドを有する文明の歴史はないが,アトランティス大陸は北極海にあったという説がある。
バミューダとアラスカのピラミッドかその遺跡だとしたら……。
だが,その存在が秘匿されている現状では,これ以上のことはわからない。
残念ながら,ピラミッドと魔の三角地帯の解明にはまだまだ時間が必賢なようだ。    
雑誌ムー,2019.10号

gfgfgfdf pc













アラスカの古代ピラミッド
By Glenn Canady
Ancient Alaska Pyramid Can Power Canada!
Saturday, March 23, 2019 18:09
Earth File
https://www.earthfiles.com
Before It's News
https://beforeitsnews.com/v3/alternative/2019/3672016.html
アラスカの古代ピラミッド
2019年3月23日(土)18:09
Glenn Canady
アラスカの地下にねむる古代ピラミッドについて,Linda Moulton Howeが興味深い投稿をしている。
アラスカのピラミッドは,その頂点が約150フィートの地下にあるという。
2012年,Lindaは元米国陸軍対情報令状将校役員Douglass Mutschlerから内部告発の電子メールを受け取った。
以下メール文面
===========================================
1992年,アラスカのアンカレッジに駐留している時,地下にあるにピラミッドの話をきいた。
中国の核実験による振動を調査するためにアラスカにモニターを設置するプロジェクトがあり,
1992年5月22日,アラスカのアンカレッジで掘削をはじめた。
地下にピラミッドがある事がわかったのはその時だ。
デナリ山(Mt Denali)の60マイル西に飛行禁止区域があることは知っていた。
だからピラミッドはその地域にあるかもしれないと思った。
その後カナダ・メリーランド州のフォートミードの図書館に行く機会があり,個人的に調査した。
アラスカの地下に考古学的文献が埋まっているのかを司書に尋ねた。
司書はアラスカの地下から発見されたファイルを保管した金庫を見せてくれた。
座って読み始めたが,視線が気になる。
振り向くと,後ろに2人のグーンがいた。
「あなたはその情報を知る必要がない」と言う。
私はただ「何かを探している」と答えた。
彼らは言った
「あなたが何を探しているかはを知っている。
しかし,すぐにここから出ていけ。
あの事には触れたくない。」
===========================================
この情報によれば,このアラスカのピラミッドは1992年以前に既に知られていたことを示している。
Lindaはまた,1959年から1961年にかけて父親がWestern Electric Companyで働いていたという男性から情報を得た。
男性の父親
「黒フィルターの窓のバスで現地まで連れていかれた。
現地にはエレベーターシャフトがあり,それに乗って地下700フィートまで降りた。
そこには高さ550フィートの濃い黒いピラミッドの角があった。
米国政府がピラミッドの角を通り抜けて真ん中から上に向かってエネルギーを得ようとしている」。
この男性は元パイロットからも情報を得ていた。
パイロットによれば,この埋もれたピラミッドは当時のマンハッタン計画と同じくらい超機密事項であった。
だからその場所を誰も知っているはずはない。
パイロットによれば,それは何千年も前のある種の発電機であるという。
それがどこから来たのか,誰が作ったのかは誰も知らない。
しかしこの埋もれたピラミッドは,アラスカ全土とカナダ全土に電力を供給するのに十分なエネルギーを生み出すという。

夢日記
http://datasea.seesaa.net/article/465855511.html


posted by datasea at 00:11| Comment(0) | # 遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

FB古代史研究会: 八咫鏡と八咫烏は相関関係

FB_IMG_1567758343104.jpg



FB古代史研究会: 八咫鏡と八咫烏は相関関係
坂口成事
八咫鏡と八咫烏は相関関係です。
鏡の外に反射して映る世界が、顕界の八咫烏の日足(影延び)で、内に反射して映る世界が、神界の八咫烏の日足で、鏡面に映る世界が、幽界の八咫烏の日足という事です。
八咫烏や日足、旭日が大事でありますのは、影延び(日足)があるという事が、私に日が当たっている、何よりの証拠だからです。
そして、その日が当たるあなたがおられる事が、そのまま、日を当てているものを証ししているのです。
それは、言霊でも突いて出ています。
皆さんは、何々いたしますとおっしゃるでしょう。
いたしますは、八咫しますです。
あなたに、意志という、神の子の尊厳があられるので、言葉もあるのです。
ですから、ご立派な教祖様であろうと、隷属しましては、恥ずかしいですね。
写真は、熊本地震から、まだ復興途上の、健軍八咫烏神社です。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=940167459680854&id=100010628255647


posted by datasea at 18:07| Comment(0) | ◉ 日本神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

datasea: 夢記録, 2019.9.8〜堅実なボヘミアン

Screenshot_20190909-094628.png



夢記録, 2019.9.8
夕暮れの渋谷
誰そ彼
たそがれの暗い街を
家路につく人々
路上の地下鉄階段入口のブロックにもたれて思案
今日はかなりお金が残っている
無駄遣いしなかったから
堅実なボヘミアン
駅前広場から商店街へ
都市整備がすすむ渋谷だが
こういう猥雑な商店街のほうが好きだ
今井書店
蛍光灯の下にならぶ本棚
入口ちかくに芸能雑誌コーナー
関ジャニ錦戸がグループ辞める。。?
一時期芸能界辞める芸能人が続出したが
昔はそんな事はあり得なかった
芸能界の華は消えているのか
30代男2人
「雑誌,丸はないのか?」
ミリタリー雑誌「丸」の事か
立ち読みの客をかきわけて店内をすすむ
背の高い女たちをかきわけて店内奥へ
店内奥,「コ」の字型の漫画コーナーには小学生が一人
雑誌コーナーの一角に
ミリタリー雑誌「丸」と外国雑誌「FACE」
高価な外国雑誌
魅力的な紙面
だからめくるまい
と思いつつ手は雑誌にのびる
キラキラな写真を見てしまい買う事に
1500円か
無念
絵画の作品をつくろうか
マクドナルド池袋店で
というより
マクドナルド渋谷店で
勝手知ったる集合ビルにはいり3Fへ
マクドナルド客席階
人で埋まっているのはいつもの事だ
脇にひとつ空席
ここでよい
荷物おいて座席確保
広い客席の真ん中に階上にのびるエスカレーター
それに乗って4Fレジカウンター階へ
10機のコーヒーマシン
「シェイクMひとつ,チョコレートで」
席にもどりスケッチブックをひろげる
上のほうに
「cafe BOHEME」
と書きいれる
だから今日の作品はカフェの絵だ
幽霊
ET
前時代の女
アル中男
を描く
。。
チョコレート旨い
シェイクを飲むというより
シェイクに呑まれるようにしてストローを吸うが
しかしシェイクは2/3残しておく
全部飲みきらない
40分後に別の品をオーダーするまでは
(目覚める)
なんだ夢か
せっかく良い作品が出来そうだったのに
(入眠)
絵の続きを描きはじめる
ラジオ音声: 下高井戸のカフェ経営のSさんからお便りです。。。
(目覚める)
なんだ夢か
せっかく良い作品が出来そうだったのに

gktN pc




posted by datasea at 09:21| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

白文鳥ピピ: フェミニズム(男女同権)に隠された陰謀〜やがては女子が国を亡ぼす

白文鳥ピピ: フェミニズム(男女同権)に隠された陰謀〜やがては女子が国を亡ぼす
女性が国を亡ぼす
2019/07/21 10:28
■女性解放、男女同権とは何ぞや!
フェミニズム(女性解放、男女同権)に隠された陰謀です。
日本国憲法24条に隠された家庭の破壊です。
同時に、道徳の破壊です。
そして、やがては女子が日本国を破壊します。
ロックフェラーが女性をどのように再構築したか
How the Rockefellers Re-Engineered Women
February 1, 2007
By Henry Makow Ph.D.
フェミニズム(註1)は、ロックフェラー巨大企業連合が社会を支配するためにマスメディアの強力な力(すなわち宣伝)をどのように利用しているかを示す優れた例です。
40年という短い年の間に、多くの女性は本能である自然の愛を失いました。
その結果、家庭は混乱しており、性的堕落が蔓延しており、出生率は急落しています。
私はロックフェラーの役割を拡大するつもりですが、最初に私たちは女性にとって、愛は自己犠牲の本能的な行為であることを覚えておく必要があります。
彼女は夫と子供たちに自分自身を与えて、彼らが目標に向かって前進するのを見て、
彼らの愛、尊敬と感謝を受け取ることによって満たされます。
女性は、彼女を大事にして家族を養う一人の男性だけにこの最高の犠牲を払います。
本能的に男性はこの責任を果たしたいと思っています。
これが異性間の契約(すなわち、結婚)の本質です。
男性の力と引き換えに女性の力は、愛として表されます。
セックスはこの排他的な絆の象徴です。
結婚や家族は皆のためではないかもしれませんが、それはほとんどの人にとって自然な道です。
フェミニズム(女性解放、男女同権,Feminism)は、たとえそれが彼らの自然な本能を反映しているとしても、
「古風な、抑圧的な既成概念」
としてこのモデルを拒絶するように女性を訓練しました。
木曜日に、イギリスの作家は、2人の若い女性の会話を耳にしたことを報告しました:
「最近、すべての男性が役に立たなくなっています」
と1人が言いました。 「ええ、」ともう一人が言いました。
「問題は、彼らがフェミニズム(女性解放、男女同権)の問題に立ち向かっていないということです。
彼らは私たちがもっと男性的である必要があることを理解しておらず、代わりに彼らはただうまく処理するだけでした。」
それは彼らの論理ですか?
女性が女性らしくなければ、男性は男性的になりますか?
男性は女性と戦うようには設計されていません。
彼らは女性の従順と信頼によって支持される必要があります。
女性が絶えず男性に挑戦するとき、男性は結婚と家族から「責任を回避する」でしょう。
愛と結婚が「信用できない」ようになった今、女性は愛との引き換えはセックスだけです。
このように、多くは不自然に外見にこだわり、哀れなことに自分の体をありとあらゆる人に与えます。
永遠の愛は、女性の性的魅力、または性格や業績に基づいていません。最終的には、それは自己犠牲に基づいています。
私たちは私たちを愛する人々を愛しています。
洗脳者、手段、動機を特定できないため、フェミニズム(男女同権)が大衆の洗脳であることを人々は認識していません。
最近、ベット・ミドラーの映画のプロデューサーであるアーロン・ルッソと
「アメリカ:自由からファシズムへ」
が 私が言っていることを裏付ける3つすべてを確認しました。
外交問題評議会(CFR)のためにロシア人を募集しようとしている間、ニコラス・ロックフェラーは彼の一族の財団が人類を奴隷にする長期計画の一環としてマスメディアのコントロールを利用して女性の解放を案出したと彼に言いました。
彼は彼らが「私たちの分断」を望んでいると認めました。 グーグルで "ロックフェラー財団"と "女性学"を検索すると、あなたは50万の引用を得るでしょう。
フェミニズム(女性解放、男女同権)の隠された目標は家庭を破壊することであり、それは若者の国家洗脳(愛国心)を妨げます。
副次的な利点には、人口減少や課税ベースの拡大などがあります。
大黒柱(稼ぎ手)の役割の男性を家庭から追い出すことも家庭を不安定にします。
世界を理解するには、思い切ったパラダイムシフト(註2)が必要です。
詩人チャールズ・ペギーは、「すべては信仰で始まり、政治で終わる」と言いました。 国際金融資本カルテルには、人類を結び付けることを正当化するための哲学が必要です。 その哲学はサタニズム(キリスト教の儀式に倣った悪魔崇拝)です。
国際金融資本カルテルは、フリーメーソン(註3)、共産主義、バチカン、および組織化されたユダヤ人(Bnai Brith、ADL、AJC、シオニズム)にリンクされたオカルト社会のネットワークを通じて世界を支配しています。最高のオカルト階級はイルミナティ(註4)として知られています。
現代の西洋文化はフリーメーソンです。
ルシフェリアニズム(註5)に基づいて、フリーメーソンは神ではなく人間が現実を決定すると教えています。
彼らは、人々とは自身の理由や認識を信頼するよりも、言われていることを好む内気な影響されやすい生き物であることに気が付きました。
したがって、たとえば、メディアは私たちの自然な本能と対立する同性愛の価値観をうまく宣伝しています。                         つづく
(ソース)
https://www.savethemales.ca/001904.html
安倍内閣が唱える「全ての女性が輝く社会づくり」に潜む陰謀。
非正規社員を拡大し、安定した家庭を築けない社会を構築。
イコール、独身男女を主流とした社会で子供を作らせず。
※首相官邸ホームページ
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/josei_link.html
この若い男女による安定した家庭の構築への際立つ阻害は、2001年4月就任した小泉純一郎首相から始まる。
以後、2009年9月に政権交代した民主の連立政権も継承。
無論、現安倍内閣期間中だけでも、非正規社員は73%も増加している。
■フェミニズム(女権拡張、男女同権)に隠された陰謀
ニコラス・ロックフェラーは彼の一族の財団が人類を奴隷にする長期計画の一環としてマスメディアのコントロールを利用して
「女権拡張」
を案出した。その陰謀とは、家庭の破壊。
40年という短い年の間に、多くの女性は本能である自然の愛を失う。
その結果、家庭は混乱し夫婦喧嘩から離婚へ、或いは不倫などの性的堕落が蔓延し、出生率は急落している。
※テレビドラマでの不倫やSEXシーンは、特に女性をターゲットとしたものであり、
女性を不倫へと、或いは淫乱へとかきたてる目的がある。
女性視聴者は、ドラマでの度々の不倫行為で、不倫は特別なことではなく、普通に起こる現象として洗脳され、あこがれてしまう。
(NHK)ドラマ「ミストレス〜女たちの秘密〜」
2019年4月19日(金)スタート
毎週金曜[総合]後10:00〜10:49(全10話)
http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17578
長谷川京子(40)の不倫・濡れ場。毎回誰かの濡れ場がある。
かってNHKは朝っぱらから朝ドラ直後の有働のあさイチで椅子に座ってSEX体操を自ら演じたように、NHKは主婦を発情させる。
これは同じくロックヘラー一族が編み出したフランス革命の「自由・平等・博愛」のスローガンと同様、
国家を混乱と衰退に導く戦略的なものである。
例えば、「自由」とは何ぞや? 「平等」とは何ぞや?
何れにしても概念はあっても、明確な回答はない。
あなたの思い描く「自由で平等な社会」とはどんな社会か?
そのような社会を実現できると思うか?
国ごと、人種によって、性別によって、環境によって、立場によって、人夫々の解釈・絵が違う。つまり、これらの標語とは、多種多様な思想と終わりなき論争であり国民の団結を阻害する要因である。
※現在展開されていることは全て影で働く同じ暗黒の力によって一体となって動き、何世紀も前に計画されている。
それから彼らは、全ての人類を完全に奴隷化するという彼らの究極の目的にかなう方法で彼らに影響を与える。
MEDIA ERADICATES LOVE
メディアは愛を消し去る
Every facet of the mass media (movies, TV, magazines, music, commercials, news) is used for indoctrination and social control with the ultimate goal of enslavement. There is a connection between what happened in Communist Russia and what is happening in America today. In both cases, the central banking cartel is asserting its totalitarian control.
In order to destroy the family, the media convinced women that they could not rely on the heterosexual contract.
マスメディアのあらゆる側面(映画、テレビ、雑誌、音楽、コマーシャル、ニュース)は、究極の目標である市民の奴隷化と社会的統制のために使われています。
共産主義ロシアで起こったことと今日アメリカで起こっていることの間には関連があります。どちらの場合も、ロスチャイルド金融資本連合はその全体主義的支配を行使しています。
家庭を破壊するために、プロパガンダのメディアは女性に男性との接触(結婚)に頼ることができないと確信させました。
マーナ・ブライスは1981年から2002年までLadies Home Journal(女性の家庭定期刊行物)の編集長でした。
彼女は著書 "Spin Sisters"(2004)の中で、メディアが「幸福な専業主婦(家電)」を販売したのと全く同じドラムの叩き方で母親を納得させたと言います。※例えば繰り返し繰り返し大音響でCMを流す等。
イルミナティ(註1)は、以下のスローガンを使って女性の自然な愛情のある本能を弱体化させました。
1.男性は信頼できなくなります。
一例としてアメリカ民放テレビ局ネットワークを使用し、ブライズは「すての男性は、 ⇒ ⇒ ⇒
1)忠実でないネズミ(卑劣な奴)
2)虐待モンスター
3)不誠実な卑屈な者
または4)上記の全てのものである」、と結論付けました。
その一方で、女性たちは…男達を自分達のところに留めたいと思う野蛮人(淫乱)にも拘わらず、勝利を収めた卑劣な達成者でした。
2.女性は性別によって被害を受けています。
マーナ・ブライスは、プロパガンダのメディアは「1つのメッセージを大声で明確に送信する」と述べています。※CMの如く。
「私たちは女性であるため、私たちは私たちの個人的な生活の中、仕事の中、社会全体の中で犠牲者のままです。」
このように、女性は苦情、権利、反抗感を持っていなければなりません。
同じ戦術(被害者意識の高揚)がユダヤ人、黒人、労働者と同性愛者を操作するために使われました。 (私の「道徳的ゾンビとしての犠牲者」を参照)
3. 女性は利己的であるべきです。
「解放と自己愛(ナルシシズム)は融合した」とブライスは言います。
余暇は、「自分のために過ごす、一人で過ごす、あるいは恐らく自分の恋人と過ごすが、配偶者や子供を伴わずに……」
延々と続く記事が新しいフェミニスト(女権拡張論者)の福音を説いています。その福音とは、自分を甘やかすことは健康で、よく調整された女性であることの重要な部分ということです。
4. セックスは愛と結婚のために用意されていません。
グラマーやコスモポリタンのような雑誌で強く勧めていることとは、若い女性が初デートで誰とでもセックスし、公然と男性をいやらしい目つきで見詰め、そしてベッドで運動選手になることです。(註2)
そこでは結婚や家族についての議論はありません。
そのような女性は、恋をするのに十分なほど男性を信用することはできません。
5.自己実現はキャリアの成功にあり、夫や家族にはありません。
「仕事を抑えることによる社会的な見返りは、尊厳と自己の価値観に欠かせないものです」
とベティ・フリーダン(註2-3)は考えました。
実際、「ほとんどの作業は非常に普通のことです」とベティ・フリーダンは観察しています(35-36)。
したがって、上記のように多くの女性は、自然の本能を絶えず反対のことをするように促すことを試みるので、統合失調症です。残骸 - 壊れた家族や機能不全の人々 - は至る所に散在しています。
同時に、プレイボーイマガジンなども同様のメッセージを男性に向けました。 セックスするために結婚する必要はありません。 結婚と子供たちは退屈です、と。
結論
この一貫したメディアの絶え間ない宣伝は組織的な洗脳です。
社会は完全に国際金融資本連合によって覆されてきました、その主な道具として悪魔崇拝、秘密結社の組織員フリーメーソン(註1)を使います。
ほとんどのフリーメイソンは真実を知りませんし、マスメディアの所有者も確かにそうです。
※世界の大手マスメディアの9割以上が、国際金融資本に支配されている。
私たちは「アメリカ人は母性的であり、そして極めてアメリカ的(アップルパイ)である」と言っていました。
悪魔主義者だけが母性を駄目にするでしょう。
表面的目的の女性に権限を与えることからかけ離れ、フェミニズム(女権拡張、男女同権)は多くの人をセックスから解放をしました。
それは女性達から安全で価値ある社会的役割を奪い、そして女性達をセックスの対象と取り換えの利く労働者に悪化させました。
ルシフェリアン(註2-4)は反抗を促進します。
「世界は悪魔によって作られた。世間が悪とすることこそ善なのだ。
選ばれし我らが古い世界を壊し、新たな世界を支配する」
「イルミナティは、神から堕ちた悪魔(ルシファー)を崇拝。」
ルシファーに添付されている本質的な特性を崇拝する信念体系。
通常、ルシファーを悪魔としてではなく、解放者として、保護者として、あるいは導きの精神として、あるいはエホバとは対照的に真の神として明らかにする。
ウィキペディア(英語版)。
もう少し詳しくは、後述の(註6)。
それはルシフェリアンが女性達の自然なもの(愛情⇒SEX⇒結婚⇒出産⇒子育て、献身)を拒否し、幸福(フリーセックス)を助長しているからです。
彼らのシンボル、ルシファーのように、彼らは神を演じたいのです。
神の愛は、夫と子供への女性の献身に見ることができます。
従って国際金融資本は神の愛を破壊しなければならないのです。
(註2)
女性誌 Glamour グラマー
初デートのセックス:するかどうか?調べよう
https://www.glamour.com/story/sex-on-the-first-date-to-do-or
女性誌 Cosmopolitan コスモポリタン
Sex on the First Date?
(But only if you want to!)
初デートでセックス?
(しかし、あなたがしたい場合だけ!)
https://www.glamour.com/story/sex-on-the-first-date-to-do-or
女性誌 Chatelaine シャトレーヌ
It’s OK to sleep with him on the first date
デート初日に一緒に寝ても大丈夫です
https://www.chatelaine.com/health/sex-and-relationships/why-its-ok-to-sleep-with-him-on-the-first-date/
SEX & RELATIONSHIPS
セックスと恋愛関係
https://www.chatelaine.com/health/sex-and-relationships/
※ 日本の女性誌
女性雑誌「an an」に付録DVD(SEX実演編、体位編)

白文鳥ピピme物語
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4263.html
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4302.html
https://minaseyori.blog.fc2.com
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/64832305.html
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63016256.html
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63284281.html
https://ameblo.jp/minaseyori/
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori

Seventh Males
https://www.savethemales.ca/001904.html

Cosmopolitan
https://www.cosmopolitan.com/sex-love/positions/
https://www.cosmopolitan.com/sex-love/positions/advice/a3727/the-sex-moves-she-craves/






(註1-1)フェミニズム
女性解放[男女同権]論[主義]
(註1-2)パラダイム・シフト
クーン(Thomas Kuhn)が提唱した概念で、ある科学分野の中で、支配的な理論の基礎となる前提(パラダイム)が劇的に変化すること。
ロックフェラーは民間企業の世界中央銀行連合(国際金融資本)の一部です。それはまた、メディア、防衛、製薬、その他の企業連合(カルテル)も管理します。
彼らの信用と富の独占を守るために、彼らは偽の9-11攻撃と終わりのない戦争を口実として世界警察国家(「世界政府」)を創設しています。ロックフェラーは、9 〜11年前のこの計画についてルッソに話しました。
(註1-3)フリーメイソン(英: Freemasonry)
秘密結社。石工組合としての実務的メーソンリーが前身として中世に存在した、とする説もある。こうした職人団体としてのフリーメイソンリーは近代になって衰えたが、イギリスでは建築に関係のない貴族、紳士、知識人がフリーメイソンリーに加入し始めた(思索的メイソンリー。「思弁的-」とも)。それと共に、フリーメイソンリーは職人団体から、友愛団体に変貌したとするのである。ウィキペディア
16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社。
多様な形で全世界に存在し、会員数は600万人を超える。
(註1-4)イルミナティ
とは 世界支配を目論む寡頭勢力。魔術結社。
アメリカのロックフェラー財団や、ヨーロッパのロスチャイルド財閥によって運営されており、英王室やその他巨大資本家カルテルに組する家族が関わっている。 目指しているのは人類の完全支配、民族浄化である。
「イルミナティとは、ラテン語で「開化」を意味する。
1776年、ドイツ・バイエルン王国の哲学者アダム・ヴァイスハウプトが「 世界統一政府(ワンワールド) 」を謳い旗揚げした秘密結社」
「世界は悪魔によって作られた。世間が悪とすることこそ善なのだ。選ばれし我らが古い世界を壊し、新たな世界を支配する」
「イルミナティは、神から堕ちた悪魔(ルシファー)を崇拝。」
カトリックでの祭事とは実は悪魔の儀式で、そこで生贄(いけにえ)とされた5万人の子供の人骨がカナダの各地の協会関係施設の地化から発掘された。これらの殺人でCommon Law Court of Justice(国際慣習法裁判所)は、ローマ法王ベネディクトとエリザベス女王らに実刑判決を下した。
(註1-5)ルシファー (Lucifer、ルキフェル、ルシフェルとも)
明けの明星を指すラテン語であり、光をもたらす者という意味をもつ悪魔・堕天使の名である。
キリスト教、特に西方教会(カトリック教会やプロテスタント)において、堕天使の長であるサタンの別名であり、魔王サタンの堕落前の天使としての呼称である。ウィキペディア
秘密結社。石工組合としての実務的メーソンリーが前身として中世に存在した、とする説もある。こうした職人団体としてのフリーメイソンリーは近代になって衰えたが、イギリスでは建築に関係のない貴族、紳士、知識人がフリーメイソンリーに加入し始めた(思索的メイソンリー。「思弁的-」とも)。それと共に、フリーメイソンリーは職人団体から、友愛団体に変貌したとするのである。ウィキペディア
ルシフェリアニズム
ルシファーに添付されている本質的な特性を崇拝する信念体系です。グノーシス主義の影響を受けた伝統は、通常、ルシファーを悪魔としてではなく、解放者として、保護者としての、あるいは導きの精神として、あるいはエホバとは対照的に真の神としてさえも明らかにします。 ウィキペディア(英語)
(当然のことながら、彼らは彼ら自身の統制を主張するために自然法と精神法を覆す必要がある。)
イルミナティの奥の院『サンヘドリアン』メンバー
<ブッシュ> アメリカ元大統領。パパ・ブッシュ
<ロックフェラー> 石油王。ジェイ・ロックフェラー
<ロスチャイルド> 金融王。ジェイコブ・ロスチャイルド
<エリザベス女王> 英王族。エリザベス女王2世
<ローマ法王> カトリックの頂点。バチカンの主。べネディクト16世
(註2-3)ベティ・フリーダン
アメリカ合衆国のフェミニスト、ジャーナリスト、作家。1963年に出版された著書『女らしさの神話』が大きな反響を呼び、米国における第二波フェミニズムの引き金となった。1966年、全米女性組織 を設立し会長に就任。
ウィキペディア ※彼女は米国の切手にもなった。
Betty Friedan, a Peoria, Illinois native, helped spark a new wave of feminism.
https://drloihjournal.blogspot.com/2019/05/betty-friedan-peoria-illinois-native.html
(註2-4)ルシフェリアン
世界と日本の闇世界での絶対支配者。
フリーメーソン(註5)の一部。
悪魔(サタン)の姿ではあるが、悪魔とは異なる。
ルシファーを崇拝。
(註2-6)ルシフェリアン
アマゾン、カスタマーレビュー
世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン
ベンジャミン・フルフォード (著)
akrtmd
ルシフェリアンのルーツはニムロド
2015年2月13日
単行本Amazonで購入
ロスチャイルドのルーツはニムロドと言われているが、ニムロドはアブラハムの系列で紀元前の人物である。 
ロスチャイルドは紀元後7世紀ごろフン族のハザール部族が建国した遊牧民の末裔である。 
したがってこの両者には接点がない。
現在のイスラエル、米国のユダ人は90%がハザール系で古代バビロニアとは無関係である。 
正統派ユダヤ人はイスラエルを国際法違反として国家として認めない。 
ハザール系ユダヤ人が正統派ユダヤ人を襲撃することも米国でみられる。 
彼らが自らはニムロドやソロモンの末裔と自称するのは誤りである。 
ビザンチン帝国とイスラム帝国に挟まれて自国防衛の立場からユダヤ教に改宗した新参者にすぎない。 
最後はロシアとモンゴールに滅ぼされて東欧に四散した遊牧民である。 
自らの民族の歴史を改ざんするのもルシフェリアンの得意技とみられる。 
我々日本人にはルシフェリアンの悪魔崇拝が理解できない。
他宗教ではすたれた若い少年や少女の生贄儀式が今日でも密かに行われているのは進化の止まった宗教としか見られない。 
寄生する国家の法律に従わず、自らの法律を上位におくルシフェリアンとは何者か。 
国際社会は悪魔によって支配されている。
長崎の平和祈念像とは、悪魔崇拝団体の「The Satanic Temple」が黒ミサを司る山羊の頭を持つ悪魔のバフォメット像を模したもの。

白文鳥ピピme物語
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4263.html
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4302.html
https://minaseyori.blog.fc2.com
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/64832305.html
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63016256.html
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/63284281.html
https://ameblo.jp/minaseyori/
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori







白文鳥ピピme物語
検察と大手メディアの明らかな犯罪
更新のお知らせすべて表示
ブログ:13年9か月間の御礼
先ずは御礼から
2005年11月に始めました私のブログを13年9か月も継続し記事を更新できましたのは、ひとえに皆様の暖かいご支援があったからこそでございます。
振り返れば、当初、yahooのジオステージ(有料)でホームページ(HP)をしていました。後、このブログを併用し始めましたが、いつの間にかHPの方は放置状態のまゝ今年の3月まで推移し、やはりこのブログが主体となりました。
このブログで最も驚かされたことは、3〜4年前の秋、或る1日の訪問者数が確か1万2千700だったことです。
私のブログに何が起きているのか、炎上しているのかと、恐ろしさを感じたものです。
その記事は、翌日、『福知山線脱線事故を再思考する』(2015/04/23)だと知ってほっとしたものです。
(FC2記事の場合)
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-3076.html
このブログをして最も良かったことの一つに、このブログを開設してからの1年後の2006年の秋、当時、中学1年のある少女(『リカ』さん、時には、『さや』さんと称す)とブログ友になったことです。その契機は「初恋慕情」でした。
初恋慕情夢路編@
2006/10/12(木)
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/40940907.html
彼女が大学に入学するまでの少女時代の5年と数か月、彼女の楽しかったこと、悩んでいること、都度学校のテストのことなどの聞き役に徹することが出来たことです。アメブロを開いたのも彼女の要請でした。ここでは「アメンバー」での彼女との二人だけのブログでした。
(参考)
『クリスマス・イブの今夕5時から聖霊中高合唱隊が歌います』 2011/12/24(土)
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/61031237.html
当にこれが古来の日本の大家族での爺婆の役割を果たしたものと思っています。
やはり、少年少女の成長過程に於いて、話を聞く人がいるということが重要なんですね。
尚、彼女が大学に入学したことで、爺の役割は自然消滅します。
他方、自分の記事で良く書けている記事は、『重曹』と『スピルリナ』についてです。]
尚、『スピルリナ』の記事は未だ未完ですので時間を見て書き続けるつもりです。
(FC2記事の場合)
重曹でがんは消える 2018/3/3(土)
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-3874.html
がんや諸病から守る重曹:目次
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4120.html
体内除染:スピルリナ
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-category-99.html
以上、とりとめもないことを書きつらねましたことをお詫びいたします。やはり十数年も利用させていただいたブログに終焉が来ることは寂しいことです。
皆様におかれましては、新天地でご活躍されることを期待し、このブログの最後の記事と致します。
これまでの十数年間、本当にありがとうございました。
(追記)
もしも宜しければ、下記のブログを開いていますので皆様の訪問を期待しています。
但し、FC2の場合、『ブログ友』などの表示や操作が未だ分かりません。明日以降、色々とやってみます。出来ましたらコメントを残していただけないでしょうか。
私の新ブログURL
(FC2ブログ)
https://minaseyori.blog.fc2.com
(アメブロ)
https://ameblo.jp/minaseyori/
(更に追記)
このyahooブログのゲスブは12月15日まで使えるようです。
何らかの伝言がございましたら、上記FC2、アメブロのコメ欄、又はこのブログのゲスブにご記入下さいますようにお願い致します。

白文鳥ピピme物語
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4302.html
https://minaseyori.blog.fc2.com
https://ameblo.jp/minaseyori/
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori



posted by datasea at 14:48| Comment(0) | // 社会学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飄平: 香港デモ,断末魔の中国共産党

飄平: 香港デモ,断末魔の中国共産党
周庭(アグネス・チョウ)さん等は、すぐに保釈されたが…!
2019-09-01 18:54:29 | 国際・政治
緊迫の香港情勢は続く!
何より香港政庁提案の「反送中法案」撤回を
中共中枢が拒否したことである
メンツと権威に拘る習近平!
あくまで強硬姿勢だ・・・!
すかさずトランプ大統領は牽制した。
「貿易交渉がなければ、香港はもっと困った状況にあっただろう」と述べ、米中の貿易協議が事態の悪化に一定の歯止めを掛けているとの認識を示した。
「中国は合意したがっている。人道的な方法で問題を扱わなければ、我々を苦しい立場に置くと分かっている」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49271090R30C19A8FF8000/
節度と理性が勝るなら、習近平は強行鎮圧を踏みとどまるだろう。
これが世界の常識である。
が、中共は今や世界の最悪の共産党政権である。
北朝鮮も酷いが、たかが3000万人足らずの小国の話である。
対外テロの常習犯だからテロ指定国家にもなった。
比べて中共は桁が違う。
辺境人口を含めて15億人の暗黒国家だ。
近年それが一層深化した。
中共は少なくともウィグル・モンゴル・チベットの侵略組織である。
あえて言えば満州国も侵略した。
中国という国家を名乗っているが、国家主権は上に君臨するのが中共組織である。
しかも、重大な人権侵害・臓器収奪・強制収容所・虐殺が推進する組織である。
8月11日からは、
「中国共産党は中国を支配する70年以上の間、人間が考えることのできる多くの恐ろしいことを行ってきた。
これらの悪行には、歴史の捏造、言論と報道の自由への抑圧、数兆規模のマネーロンダリング、生きた人からの臓器狩り、
性的嫌がらせ、未成年女性への暴行、反革命を理由に無実な市民に対する虐殺などが含まれる。
人民解放軍が香港警察に変装して香港市民に対して暴力行為を行ったことを鑑み、
我々は中国共産党をテロ組織として認定するよう請願する」
とのホワイトハウスに請願運動が開始されている。
今世紀最後のそして最大のテロ指定が中国共産党に下されたら、その息の根が止められる。
まさに中共は断末魔の域に達している状況である。
もしも香港で「天安門の大虐殺」が再現されたら、全世界から中共組織が「テロ指定」が下される。
間違いなく下される。
その時が最期の時だ。
その認識が欠如しているとしたら習近平は中共最後の愚か者として歴史にその名を止める。
間違いない。
そしてその時が中共の崩壊の時である。

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei








織田飄平
@hyouhei
[夜遅くに香港の街に駐Anする反暴動軍隊] 30日の夕方、香港に駐留する人民解放軍の軍用車両に10台以上の車両が吊られ、香港島の北の隅に航行した。この地域には軍事キャンプはなかった。車は盾を持った武装した男たちでいっぱいです。
https://twitter.com/rfa_chinese/status/1167619972375302144
自由亚洲电台

@RFA_Chinese
【防暴武装部队深夜进驻香港市区】
30日晚深夜时分,超过十辆挂上驻港解放军车牌军车,驶到港岛区北角民居,那地区并没有军营。
车上满载了配备盾牌的武装人员。
埋め込み動画
15:29 - 2019年8月31日
Twitter広告の情報とプライバシー
織田飄平さんの他のツイートを見る
織田飄平
@hyouhei
スポット:サイインパンにある中国の連絡事務所の近くのコンノートロードに放水車が駐車されています#HongKongProtests#香港多くのための@business :
http://bloom.bg/2MMCSWq https://twitter.com/tictoc/status/1167662390814629888
Travelers Left Stranded After Airport Protest: Hong Kong Update
Travelers were left stranded at Hong Kong’s international airport after protesters disrupted transport to and from the facility, blocked roads and vandalized train stations.
bloomberg.com
Bloomberg TicToc

@tictoc
返信先: @tictoc @businessさん
SPOTTED: Water cannon trucks are parked off Connaught Road near China’s liaison office in Sai Ying Pun #HongKongProtests #香港
For more @business: https://bloom.bg/2MMCSWq
埋め込み動画
14:57 - 2019年8月31日
Twitter広告の情報とプライバシー
織田飄平さんの他のツイートを見る
【転載開始】
https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/gangtai/wkw1-08302019122923.html
ロイターによると、香港の林正Z最高経営責任者はかつて北京に報告書を提出し、この地域での政治的危機を緩和するために物議を醸す引き渡し法案を撤回したが、北京は拒否した。
報告書の中で、ロイターは3人のインサイダーを引用して、香港最高経営責任者の林正yが8月7日に北京に報告書を提出し、国務院の香港とマカオ事務局と香港連絡事務所が香港の状況に関するフォーラムを共同で開催したと述べた。レポートは、抗議者による5つの申し立てを分析します。逃亡犯罪者規則の修正の撤回、警察による暴力の虐待の独立調査、二重性の普遍的選挙権、抗議の「暴動」の撤回、逮捕された人は告訴を取り下げました。報告書で、香港政府は、これらの主張を評価した後、法律を撤回することで、この地域で拡大する政治危機を緩和すると考えたと述べた。
しかし、報告書は、中国政府が抗議者をなだめる香港政府の計画を拒否し、抗議者と妥協しないように命じたと述べた。
中国中央政府が香港政府の反送信キャンペーンへの対応を管理しているという証拠があるのはこれが初めてです。
【転載終了】
70年前の1949年,支那と満州を制覇した中国共産党(中共)は、その勢いでチベットを侵略し、東トルキスタンを新疆ウィグルとして侵略した。
内モンゴルを自治化したが侵略である。
ベトナムを侵略し敗退した。
インドに対しては常に虎視眈々と牙をむいている。
西域のブータンを犯し南アジアラオス・カンボジアを陰に陽に侵略しつつある。
南シナ海・東シナ海尖閣を日夜犯し続けている。
最後の巨大侵略覇権組織である。
まさに中共は最大のテロ組織と名付けられるに相応しい。
その寿命はもう尽きようとしている…。

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei







周庭(アグネス・チョウ)他3人香港デモリーダー拘束!
2019-08-30 23:17:33 | 国際・政治
香港デモの精神リーダー周庭(アグネス・チョウ)さん逮捕!
これには驚いた!
人民解放軍の武警が香港駐屯地に入った
北戴河会議で10月1日迄に鎮圧決定との情報
「天安門大虐殺」の暴挙に打って出るか?
習近平の狂気の独裁が発動されるか?
まさに風雲急を告げるというのはこの事だ。
この重大事案に比べて韓国の痴戯じみたやり取りなど、非情な覇権国家中共の暴挙前には霞の彼方に追いやられる。
習近平の暴挙は本物である。
その結果を見据えての度胸があるか?
はなはだ疑問ではあるが、着実に歩を進めている。
これに対峙できるか?
国際世論とトランプ大統領の本気度が試される。
いやそれよりも、日本のアジアでのリーダーシップが問われていると言えよう。
何故なら、西洋の覇権主義から植民地解放を成し遂げた、嘗ての日本の責任と力量が問われているのだ。
西洋覇権の残像を放つコミンテルンの創った中共が再びアジア全域を植民化する瀬戸際に立たされているのだ。
香港の次は台湾だ。
その次は沖縄・九州そして日本だ。
その事大主義に流されているのが韓国だ。
明らかに中共の傍流が北朝鮮のチェチェ(主体)思想の化けて、今や文在寅に憑依してカルト化しているのが現状である。

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei










門田隆将
@KadotaRyusho
中国国営TVが香港に入る人民解放軍映像を流した。
香港駐屯部隊の交代という説明だ。
だがデモへの牽制は明白。北戴河会議で10.1建国70周年までの香港デモ収拾を決めた以上これが脅しでない可能性も。
武警もとうに深圳に集結。
香港に迫るのは世界の民主主義の危機に他ならない。
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49188120Z20C19A8000000?s=2
中国、香港駐屯部隊を交代 装甲車などでデモけん制か: 日本経済新聞
【北京=羽田野主】中国国営テレビ(CCTV)は29日、人民解放軍の香港駐屯部隊が交代するため香港に入る映像を流した。陸軍部隊の大型トラックや装甲車が広東省深圳から香港に向かう場面や、香港の岸壁に到着した海軍部隊の模様を伝えた。
r.nikkei.com
6,559
11:27 - 2019年8月30日
Twitter広告の情報とプライバシー
2,606人がこの話題について話しています
中華通信 with China News
@with_china
緊急速報  
香港デモのリーダーで今年6月21日に警察署を取り囲むデモを主導した容疑で女性リーダーの周庭さんと、黃之鋒さんが今朝7:30に警察当局に逮捕された
Twitterで画像を見る
114
11:54 - 2019年8月30日
Twitter広告の情報とプライバシー
175人がこの話題について話しています
【転載開始】
香港デモ主催者、31日の抗議活動取りやめ−当局はリーダー3人拘束
2019年8月30日 10:12 JST 更新日時 2019年8月30日 13:51 JST
香港の民主派団体、民間人権陣線(CHRF)は30日、集会と行進の開催許可が警察から得られなかったとして31日に計画していた抗議活動を取りやめることを明らかにした。香港当局は2014年の民主化デモ「雨傘運動」を率いた活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏ら3人を拘束し、約3カ月続くデモへの締め付け強化に乗り出している。
民間人権陣線の副招集人、ボニー・リョン氏は記者団に対し、当局が許可しなかった集会に参加させて法的責任を負わせることは望まないと説明した上で、集会や行進の許可申請は今後も続けると述べた。
警察本部の外で話す香港活動家の黄之鋒氏(6月21日)
黄之鋒氏(22)が創設した団体「香港衆志(デモシスト)」が声明で明らかにしたところによると、同氏は30日午前7時30分(日本時間同8時30分)ごろ地下鉄駅に向かう途中で拘束された。黄氏は14年の民主化デモに絡んで法廷侮辱罪で実刑判決を受け、6月に出所したばかり。警察当局の報道官は現時点でコメントできないと回答した。
黄氏以外に香港民族党の創設者で独立派の陳浩天(アンディ・チャン)氏、活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏も拘束された。
周庭氏
警察当局は29日、民間人権陣線が呼び掛けていた31日の大規模抗議活動を禁止。
今回の3人拘束は中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反対がきっかけで、民主化を求める事態に発展した抗議活動に対する取り締まりを強化する一環のようだ。
デモシストの共同創設者、羅冠聡(ネーサン・ロー)氏がワッツアップのグループ内で投稿したところによれば、メンバーの周庭氏は30日午前に自宅で拘束された。
陳浩天氏はフェイスブックで29日に空港で拘束されたと訴えていた。
陳浩天氏
原題:Three Hong Kong Protest Leaders Arrested Before Weekend Rallies、H.K. Organizer Cancels Sat. Protests After Failing to Get Permit(抜粋)【転載終了】
【参考資料】

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei








米中貿易戦争、香港デモの裏で「中国リスク」はここまで高まっている
現代ビジネス
安達 誠司
エコノミスト
⬛中国経済の現状
このところ、中国問題といえば、もっぱら香港のデモが話題で、経済問題は二の次になっているようだ。「米中貿易戦争」についても、トランプ米大統領の慌てぶりばかりが報道され、中国の状況はあまり伝えられていない。
しかも、昨年と異なるのは、米中貿易戦争の激化が、米国経済、特に製造業に直接的な打撃となって跳ね返りつつある点だ。そのため、来年の大統領選でのトランプ大統領の再選を危ぶむ声も出始めており、米中貿易戦争での米中の立場は逆転したとの見方も台頭しつつある。
こうした中、中国経済は、ある意味、「蚊帳の外」のような状況だが、実態は相変わらず悪く、しかも、先行きに対してさらなる懸念材料も出てきたと考える。来年に大統領選挙を控えたトランプ大統領にも時間はなくなりつつあるが、習近平中国国家主席にも時間的猶予はない。
そこで、今回は中国経済の現状を考えてみたい。
図表1から図表4までは、中国の比較的信頼できる主要な経済指標をまとめたものである。これらの図表が示す中国経済の現状をまとめると以下のようになる。
1)製造業PMIは50を割り込んでおり、業況は相変わらず悪い。しかも、下向きのトレンドが継続している(図表1)。この「下向きトレンド」は、鉱工業生産指数も同様である(図表2)。
2)生産で注目されるのは、これまで生産を下支えしてきた鉄鋼の伸びがピークアウトしつつある点だ(図表2)。興味深いのは、7月になってからの中国が輸入する鉄鋼石のスポット価格が7月以降、大幅下落している点だ(ピークから約30%下落)(図表5)。
ちなみに4-6月期は前年比で+50%上昇していた。また、主要輸入先であるオーストラリアの鉄鋼石の輸出数量も減少傾向にある。このまま鉄鋼生産が減速していくと生産指数の伸びはますます減速していくことが懸念される。
3)輸出入金額ともに減少傾向を強めている(図表3)。このうち、輸出金額の減少は輸出物価の低下によるところが大きい。一方、輸入金額の減少は、中国の内需の弱さを示している可能性がある。
4)中国の生産者物価は前年比で0%まで低下している(図表4)。原材料の輸入物価の上昇率と比較すれば、中国企業のマージンは大きく低下していることが推測される。その結果、今後、生産調整が強まるおそれがある。
5)消費者物価では、食品以外の品目は緩やかに上昇率が減速している。一方、食品は急激に上昇している(図表4)。これは、米中貿易戦争の激化による米国からの輸入の減少の影響だと推測されるが、生活必需品である食料品の価格高騰は中国国民の生活を圧迫していると推測される。
⬛人民元安は諸刃の剣
以上のように、中国の実体経済は、現在も悪化しており、今後、さらに悪化のペースが加速する懸念もある。
一方、このところ、回復基調に入ってきたのが、不動産価格、株価などの資産市場である(図表6)。特に、昨年は米中貿易戦争の激化で下落した株価が今年は回復基調で推移している。この理由は、当局による信用供与であると考えられる。
図表7は、社会融資総量の推移だが、昨年までは減少していたものが、2019年に入ってから一転、急激に増加している。これは、新規の銀行融資の増加というよりも、理財商品といわれる金融商品への投資増を中心とした「影の銀行(シャドーバンキング)」によるところが大きい(1-7月の累計で前年比+174%の増加)。
もちろん、この信用供与の拡大の背景には当局の金融緩和があると思われる。そして、その結果、中国人民元も対ドルで、下落基調で推移している。
図表8は、米中のマネタリーベース(中国の場合はM0といわれる金融指標だが)の比率と人民元の対ドルレートの関係を示したものだが、これをみると、最近の人民元安は、中国の金融緩和によるマネタリーベースの増加(と米国のマネタリーベースの減少)によるところが大きいことがわかる。
この人民元安が、中国の輸出の大幅悪化を回避させている可能性がある。
確かに対米輸出は減少しているが、それでも米国の中国からの輸入品の価格は、制裁関税の賦課にもかかわらず低下している。この一部の効果は人民元安がもたらしていると考えられる(ただし、人民元安の減価率よりも輸入品価格の下落率の方が高いので、差分は輸出側の中国企業、もしくは中国の現地法人販売価格を下げることによる利益マージンの低下で補っていると思われる)。
また、中国の台湾、韓国、ASEAN諸国への輸出は前年比で2桁台の増加となっている。
ただ、人民元安は、対外債務(しかも多くがドル建て債務)を多く抱えている中国にとっては諸刃の剣でもある。通貨下落によって、事実上の債務残高は増加するし、当局の監視の目をすり抜ける資本流出も拡大している。

ゲンダイ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67004?page=2






posted by datasea at 13:40| Comment(0) | // 社会学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飄平: 文在寅大統領 朝鮮労働党員疑惑〜北朝鮮による赤化統一戦略>>米韓同盟破棄

52a5ce6be64fb2ce3fc0a72362a03c2c.jpg


440a1adfa979ec010f6f9aacb2416819.jpg


狂気の文在寅大統領の外交姿勢は、その目的が韓国の破壊であり、米韓同盟の破壊であり、日韓の破壊であると共に、日本の破壊であるとすれば、狂気ではなく労働党秘密工作員である文在寅であると観れば、確信的思考行動であると言える。最大限の警戒を要する。

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei

白文鳥ピピme物語
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-4302.html
https://minaseyori.blog.fc2.com
https://ameblo.jp/minaseyori/
https://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori





pp6520190929112.png


1bbd1087c1479fa8451d7f53b3c6123d.jpg


文在寅大統領 朝鮮労働党員疑惑が発覚!
2019-09-02 23:11:40 | 壮大なうそ
到底理解しがたい韓国文在寅政権の行動原理!
痴戯(ちぎ)と言うだけでは済まない事情があった…!
確信的行動である!
北朝鮮労働党の秘密党員であった…!
なら、分かる、腑に落ちる!
確信的な韓国破壊工作が進行中だったのである。
その証拠文書が見つかった。
篠原常一郎さんの「文在寅大統領に朝鮮労働党員疑惑」スクープ記事が月刊Hanada10月号に掲載された。
これは驚くべき情報である。
しかしさもありなんという情報である。
何しろこれまでの韓国情勢がこの文脈で観れば、総てが繋がるし合点できるからだ。
文在寅大統領 朝鮮労働党員疑惑が発覚!
北朝鮮はチュチェ(主体)思想のカルト国家である。
当然朝鮮労働党員はそのカルト成員である。
その秘密工作員が文在寅大統領であったとすればこれまでの行動原理が理解できる。
チュチェ(主体)思想が何たるかについて詳細は今回割愛するが、
要約すれば、共産主義の革命思想の変形版だ。
マルクスレーニン思想が毛沢東思想になり、チュチェ(主体)思想になったと考えることが出来る。
一つの教義である。
その教義に洗脳された国家が中共であり今般の北朝鮮であるとすれば、その文脈で理解することが可能である。
その秘密工作員が韓国に多数侵入していて、その頭目が文在寅であり韓国大統領となった。
その取り巻きも大多数が秘密工作員であった。
そしてその核心的目標が韓国の行政・司法・軍事の破壊であった。
北朝鮮による赤化統一戦略である。
レーダー照射事件から続く不可解な現象はこの文脈で理解できる。
GSOMIA破棄も下記情報も理解できる。
その中には、これから起きてくるであろう米韓同盟破棄まで予感できる。

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei





石井孝明(Ishii Takaaki)
@ishiitakaaki
いくら無能で有名な軍隊でもありえないだろう。領内に基地作られるなんて。
RT知らない間に占領されていた…韓国領の無人島に北朝鮮が軍事施設を作っていたことが発覚して衝撃走る=韓国の反応
- カイカイ反応通信 http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/55774558.html
知らない間に占領されていた…
韓国領の無人島に北朝鮮が軍事施設を作っていたことが発覚して衝撃走る=韓国の反応 : カイカイ反応通信
韓国のポータルサイトネイバーから、「(単独)西海”咸朴島”で北韓軍捕捉…穴の開いた安保」という記事を翻訳してご紹介。
blog.livedoor.jp
1,684
0:04 - 2019年9月2日
Twitter広告の情報とプライバシー
880人がこの話題について話しています
「文在寅大統領の朝鮮労働党員疑惑」の証拠文書と言うのは「誓詞文」の事である。
「誓詞文」と言うのは朝鮮労働党秘密党員たちが2014年に書かれた北朝鮮の頭領である金正恩に充てた文章である。
その署名に文在寅の署名がある。その他の要人の署名がある。
その多くの要人が現在の韓国の行政・司法・軍事の権力を支配している。
【転載開始】
https://ameblo.jp/yeosupampada/entry-12515913206.html
篠原常一郎という人は元共産党員という経歴から、日本共産党の実態などを具体的に伝える書籍などで評価されている。
取材の過程で、韓国内の左派活動家たちのグループから「誓詞文」の原本を入手した。
「誓詞文」は2014年6月15日の金大中、金正日「南北首脳会談14周年」を記念して、韓国内に秘密裏に存在する朝鮮労働党の党員たちが、北の最高指導者と朝鮮労働党に対して祝意と忠誠を示し、当面する活動課題の遂行を誓うために送ったものである。
この「誓詞文」は韓国メディアの左傾偏向と異論排除の動きの中で、韓国内では発表されていない。
「誓詞文」の最後には40の個人と団体の名前が添えられている。
そこには文在寅、朴元淳(現ソウル市長)、李石基(朴槿恵時代に逮捕された統合進歩党元党首)のほか、現・元職国会議員、大臣、外交官、ソウル市の元幹部などが名を連ねている。
彼らの名前は、韓国内の国家保安法による取り締まりを恐れて、名前のハングルの綴りを変えてある。
例えば、
文在寅(正 문재인 ⇒ 誓詞文では 문제임 )
朴元淳(正 박원순 ⇒ 誓詞文では 박원숨 )
李石基正 리석기 ⇒ 誓詞文では 리서기 )
誓詞文には10か条の遂行課題が書かれているが、その多くが2014年以降、この内容に従って進行してきている。
「誓詞文」の真贋について、北朝鮮から脱北してきた元高位の脱北者たちが本物である、と認めている。
文在寅はチュチェ思想や北朝鮮の国家運営方針に連なる『自力更生』という言葉をしばしば口にする。
『南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく』などもその表れである。
10か条の誓詞文には次のようなものがあった。
2.我々は今回のセウォル号沈没事件を朴槿恵傀儡徒党を審判するための絶好な機会として最後まで闘争するでしょう。そのためにセウォル号事件に興奮した国民情緒を汎国民的反米、反政府示威に発展させるでしょう。
5.我々は南側セイルの警察、検察など司法部と行政部に浸透し、政府の行政機能を麻痺させ、金正恩将軍様の指導と領導に従うようにいたします。
これはまるで何かの予言みたいに、韓国で起きてきたことであり、起きていることである。
ホントかよ?と、これもまた、韓国の中に多くある「嘘」の一つなのではないかと思ってしまう。
更に誓詞文には次のようなことが書かれている。
9.我々はいったん有事にはまず第一に軍および警察の武器庫を襲撃し、銃を奪って南朝鮮の韓国軍、警察、情報機関などを襲撃し、右翼反動勢力を射殺し、金正恩将軍の挙族的な南朝鮮革命と統一戦争に合勢します。
【転載終了】
さらに今回の韓国情勢から明らかになったことは、日本の反日左翼活動がそれに連なっていることが見えてきた。
日本の反政府批判や、知識人、沖縄反基地闘争までがそれに連なっている。
広く解釈すれば現在の野党行動原理までそれに連なっている。
その根幹にチュチェ(主体)思想研究会なるものがある。
その出所は朝鮮総連あるいは今では民団までも関与している可能性がある。
「関西生コン事件」はまさにその顕れであることが容易に推量できる。
常識的に考えてもカルトの洗脳思想は理解できない。
狂気の文在寅大統領の外交姿勢は、その目的が韓国の破壊であり、米韓同盟の破壊であり、日韓の破壊であると共に、日本の破壊であるとすれば、狂気ではなく労働党秘密工作員である文在寅であると観れば、確信的思考行動であると言える。最大限の警戒を要する。
【参考資料】
本日のつぶやき⇒https://twitter.com/hyouhei

飄(つむじ風)
https://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2
http://tumuzikaze.net/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/07/post_d9be.html
https://twitter.com/hyouhei




韓国・現代自動車4千台載せた運搬船が転覆 米国沖
9/9(月) 10:51
配信朝日新聞デジタル
韓国・現代自動車4千台載せた運搬船が転覆 米国沖
米ジョージア州の沖合で8日、転覆した自動車運搬船=AP
 米南東部ジョージア州ブランズウィックの沖合で8日午前2時ごろ(日本時間8日午後3時ごろ)、
大型の自動車運搬船が転覆した。韓国政府によると、船は現代自動車グループの物流会社所属で、マーシャル諸島船籍の「ゴールデンレイ」(全長約200メートル、載貨重量約2万トン)。韓国メディアは4千台の新車が積まれていたとし、機関室にいた韓国人4人が行方不明になったと報じている。
事故原因は明らかになっていない。
船の運航状況を追跡するサイトによると、同船はブランズウィックに7日夜に到着し、9日夜にメリーランド州ボルティモアに着く予定だった。
(ニューヨーク=藤原学思、ソウル=武田肇)

Yahoo!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000024-asahi-int

posted by datasea at 13:28| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤス: 欧米メディアに見る認識〜世界はシンクロして不況に突入>>2020年-2021年に危機の引金


ヤス: 欧米メディアに見る認識〜世界はシンクロして不況に突入>>2020年-2021年に危機の引金
2019.09.01(第67回)
不況突入は必至か? 主要メディアに見る共通認識
9月になった。
あいかわらず世界は激動しており、特に世界経済はどんどん不安定感が増してきている。
まず、米国債券市場で、長期金利と短期金利が逆転する逆イールドが発生した。
10年物国債の金利が、2年物国債の金利を下回ったのだ。
通常、投資家が将来の経済動向を楽観しているときは、短期国債に人気が集まるので金利は長期国債の方が高い。
だが、近い将来の経済に悲観的な見通しだと、投資は短期国債から長期国債に移動する。
将来の景気対策としての利下げを見込んだ行動だ。その結果、長期国債の金利が短期のものよりも低下する。これが逆イールドだ。
過去の景気後退局面では、いずれも直前に逆イールドが発生していることから、景気後退のサインが点灯したとみなされる。アメリカでは1990年以降、3回の景気後退局面があったが、そのいずれにおいても、景気後退局面を迎える前に、逆イールドが発生している。
ただし、逆イールドが発生するとすぐに景気後退が始まるわけではない。
歴史的に見ると、景気後退には平均で2年2カ月ほどかかっている。
だが、そうではあっても市場は大きく反応した。14日のニューヨーク市場は、ダウ平均株価が大幅下落、800ドルを超える今年最大の下げ幅となったほか、15日の東京市場も、日経平均株価が一時450円以上値下がりする展開となった。いまは相場は回復しているものの、市場には景気後退の可能性を懸念する不安感が根強い。
■ドイツの景気後退、イギリス、イタリアなどの危険性
このようなとき、衝撃をもたらしたのがドイツの景気後退のニュースだった。
さんざん報道されているので周知だと思うが、どんなニュースだったのか確認しておこう。
19日、ドイツ連邦銀行は公表した8月の月報で、ドイツ経済が2019年7から9月期に第2四半期連続のマイナス成長となり、景気後退に陥る恐れがあると警告した。また月報では、「ドイツの景気は19年夏もさえない見通し」だとし、再び「軽度の後退」に見舞われる可能性を明記した。定義上、2四半期連続のマイナス成長となれば景気後退とみなされる。
これに加え、合意なき離脱へと舵を切ったジョンソン政権のイギリス、そして政治的な混乱のなか、財政危機を向かえているイタリア、さらにドイツ同様に2四半期連続のマイナス成長となり、景気後退入りを発表したブラジル、そしてかねてからの景気後退懸念でペソの急落に見舞われているアルゼンチンなど、各国で景気後退の赤信号が点灯している。
■欧米主要メディアの動向と自己実現的危機
このように、世界経済の今後を強く懸念させる状況だが、日本ではあまり大きく報道されているとはいえない。報道の焦点は日韓関係や米中貿易戦争などが中心的で、他の地域や分野の状況を十分にカバーできていないようだ。経済に関する全体的な報道のトーンでは、来年のオリンピックまでは好景気は続くという漠然としたイメージが先行しているように見える。
一方、欧米の主要メディアに目を転じると、アメリカをはじめとした各国で景気後退入りするのは時間の問題だとする認識が一般化しつつある。そして議論の焦点は、景気後退の可能性よりも、きっかけとなる事態を予見することに動いている。
いわば欧米の主要メディアでは、それこそ血眼になって景気後退の引き金を探る記事が増えているように見える。
欧米の主要メディアの動向を追うのは重要だ。そのトレンドは、いま欧米でどのような認識と理解が一般的になりつつあるのか示すインジケーターとして機能しているからだ。これはいわば、多くの人々が信じる現実の見方である。ということでは、こうした記事で景気後退と不況がこれから避けられない現実だと解釈されれば、ささいな経済変動
たとえばこれは、銃乱射事件の多発に脅える町で人々が車のパンク音を銃撃音と誤認してしまい、警察官が手持ちの銃で応戦し、実際に人命が奪われてしまうような状況だ。景気後退に脅える集合的感情が臨界点に達すると、小さくささいな出来事が、実際の金融パニックの引き金になってしまう。
この感情的なガスのたまり具合を見るひとつの窓が、欧米の主要メディアの記事だ。
■ニューヨークタイムスの記事
今回はこうした記事の代表的な論調のものをいくつか見て見よう。最初はニューヨークタイムスだ。8月17日に掲載された記事、「2020年の不況はどうやって始まるか?」だ。ニューヨークタイムスの経済担当スタッフライターによる記事だ。以下がその簡単な要約だ。
「長短金利の逆イールドが発生した。これは将来景気後退に入ることの予兆として理解されている。だが、いまのアメリカ経済は好調そのものであり、景気後退を示す予兆は乏しい。もちろん、米中貿易戦争の先行き不安で多くのアメリカ企業は積極的な投資を控えていることは事実だ。だが、企業投資がアメリカ経済に占める割合はたかだか14%である。アメリカ経済の3分の2を支えているのは国内消費であり、これはいまのところいたって堅調だ。拡大している。
だが、もし企業投資の低迷が長引き、リストラが加速するような状況にまでなると、消費者の懐具合が悪くなるので消費も落ち込むことだろう。企業投資の低迷が国内消費を引き下げるという構図だ。だがこれが起こったとしても、緩やかな景気後退にしかならないだろう。
2001年のドットコムバブルの崩壊や、2007年の住宅ローン危機のようなパニックにはならないはずだ。
こうした過去のパニックでは、バブルの存在が引き金になった。また、起こったパニックを拡大させる要因が働いていた。それは、ドットコムバブルでは同時多発テロであったし、2007年の住宅ローン危機は、多くの銀行が保有する「CDO」のような金融商品であった。
ではいま、パニックを引き起こすバブルの存在はあるのだろうか?間違いなくある。それは、レバレッジド・ローン(CLO)のような企業による過剰債務の存在である。もし景気の低迷で企業がローンを返済できなくなると、レバレッジド・ローンは破綻し、パニックが起こる。
では、このようなパニックを拡大させる現代特有の媒介はあるのだろうか?
それは間違いなくある。ひとつは、すでに金利をとことん引き下げてしまったFRBである。ここまで引き下げると、危機が起こったとき、使える手段がない。そして次は、トランプ政権がもたらした一国主義である。2008年の金融危機では、各国の協調体制がすぐに構築でき、危機に対応した。いまのナショナリズムが高まる状況では、こうした国際協調を望むことはできない。
こうした点を見ると、次に起こる経済の危機は相当に激烈なものになるだろう。」
以上である。
これは、「ローン担保証券」のパッケージである「CLO」が経済破綻の引き金を引くというシナリオだ。
そして、一度これが起こると、2008年の金融危機以上に激しいものになるとしている。
これは、2020年に入ると危機は避けられなくなると見る論調の記事だ。
■CNNの記事
こうした記事は、8月の半ば頃から欧米の主要メディアでは急速に増え、一般的な貴重になりつつある。しかし、なにが経済危機を誘発するのか見方は異なるものも多い。かならずしもニューヨークタイムスの記事のように、「CLO」が引き金になると見るものだけではない。CNNはそれ以外が危機の引き金になる可能性に目を向けている。「世界の5大経済が危機に瀕している、アメリカはどこに位置しているのか?」という題名の記事である。
執筆者はCNNの経済担当記者だ。以下が要約だ。
「今週、米中貿易戦争、ドイツの景気後退、中国の減速などが背景となり、ダウは800ポイントも下がった。これはアメリカが景気後退に入ったかもしれないとの懸念を強めた。
しかし、米中貿易戦争のお陰で企業の投資は減速しているものの、アメリカ経済の3分の2を占める個人消費はいたって堅調だし、失業率も過去50年で最低水準だ。アメリカがこれから景気後退に入る感じではない。だが、好景気が永遠に続くことはあり得ない。
不況はかならずやってくる。
次の5つが引き金になるかもしれない。
1)個人消費の低迷
いまアメリカの個人消費は堅調だが、米中貿易戦争の余波を懸念して消費者が消費を控える可能性がある。すると、アメリカ経済の土台である個人消費は冷え込み、景気後退に至る。いわば自己実現的な不況だ。
2)米中貿易戦争の余波
トランプ政権が中国に適用した高関税に、中国はかならず報復する。いまは農産物がターゲットになっている。米中貿易戦争が激化すると、マイナス効果はさまざまな産業に拡大するだろう。それはアメリカの不況の引き金になる。
3)グローバル経済の減速
いま、中国は減速し、ドイツとイギリスは景気後退に入った。
これからブレグジットで状況はもっと悪くなるに違いない。
こうした複数の国々が引き起こしたグローバル経済の減速が、アメリカ経済を不況へと追いやるかもしれない。
4)デフレ
最近のアメリカを見ると、目標としたインフレ率が2%であるにもかかわらず、これに到達することはまれだ。もしかしたら、これからアメリカはデフレになるかもしれない。日本がよい例だが、デフレに一旦なると脱出することは難しい。長期の低迷になる。
5)ブレグジット
そして最後はブレグジットだ。これがどこまでヨーロッパ経済を、そして世界経済を下方に引っ張るのか分からない状況だ。これがアメリカの不況の引き金になる可能性もある。」
以上である。この記事は景気後退のきっかけとして5つの要因を列挙している。
■ヴォックスの記事
いま欧米では既存のメディア以上にオンラインだけで配信されるメディアが大きな影響力を持つ。米大手ITメディア企業「ヴォックス・メディア」が運営するニュース配信サイト、「ヴォックス」もそうだ。8月15日に「不況に入りつつあるのはアメリカだけではない」という記事が掲載された。執筆者は地政学では著名なシンクタンク、
「アトランティック・カウンシル」
の元研究員である。以下が要約だ。
「すでにアメリカでは、景気後退に入る予兆がはっきり出てきている。しかしこれはアメリカだけではない。他の国々も不況に入りつつある。
日本は中国への輸出が減少しているときに韓国と貿易戦争を始めたし、ブレグジットでイギリス経済はすでに景気後退に入った。
そして、ドイツも景気後退入りを宣言した。
中国の成長率は2002年以来の低迷を記録した。
これに止まらず、香港を巡る政治的緊張は確実にマイナスの影響を経済に与えることは間違いない。
それに加え、シンガポール、ブラジル、アルゼンチン、そしてメキシコも景気後退期に入った。
これは各国の不況がシンクロしている状況だ。いっせいに不況に入る可能性は大きい。
このような状況になっている背景のひとつは、トランプ政権が仕掛けた米中貿易戦争だ。しかし、それだけが要因ではない。
各国のナショナリズムの盛り上がりが作り出した政治的混乱が不況の背景になっている。要するに、どの国も国内の政治的な混乱から、経済にエネルギーを集中できないのだ。イタリアでは政権内の深刻な対立から経済への対処はままならない状況だし、これはブラジルの極右政権も同じ状況だ。アルゼンチンの汚職まみれの大統領が再選されたことで、政治的混乱は拡大している。
このように、これから世界がシンクロして景気後退期に入ることは間違いない。それを示す事例は他にも多いが、このくらいでよいだろう。」
以上である。
この記事では不況入りのきっかけではなく、すでに世界はシンクロして不況に突入することは避けられないとする記事だ。
■ガスが充満した状態か?
これらは、いま欧米の主要メディアが報道する内容がどのようなトーンのものなのかを伝える代表的な記事だ。
すでにアメリカを始め世界が同時的に景気後退に入りつつあるのではないかという見方が一般的になっている。もちろん一部には楽観的な記事も見られるが、経済の将来を悲観する記事がすでに主流のトレンドになっている。
これは、人々の不安感と危機感が臨界点に向かって押し上げられている状況を示している。いわばこれは、不安感というガスが充満しつつある状況だ。先にも書いたが、こうした状況ではちょっとした火花が大爆発を誘発しかねない。普段であればなんでもないちょっとした出来事に、不安感と危機感でいっぱいの人々は過剰反応し、それが引き起こす行動が思っても見ない危機を引き起こすかもしれない。
いま、なんでも危機の引き金になる状況に入った。
要注意だ。
今年はなんとか大丈夫にしても、2020年か2021年には危機の引き金は引かれるのではないだろうか?要注意だ。

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 毎週金曜日配信
http://www.mag2.com/m/P0007731.html
https://twitter.com/ytaka2013/




posted by datasea at 13:02| Comment(0) | // 社会学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松原照子: 円高は11月まで油断大敵〜円を欲しい人が増えるかも

松原照子: 円高は11月まで油断大敵〜円を欲しい人が増えるかも
★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
世見2019年9月4日 円高・円安
円を欲しい人が増えるかもしれません。
何故こんなことを思うのでしょうか。
私ね。時折、円を欲しい人が増えることを、円高と言うのか円安と言うのかが分からなくなるのです。
円を欲しい人が増えると日本経済はどうなるのでしょう。
円安・円高と言う言葉は知っているのですが、円を欲しい人とドルが欲しい人との差で円安・円高が決まるのでしょう。
ウ〜ン、何を書こうとしているのか分からなくなりました。
ユーロの過去の最高値って幾らなのだろう。
ドルとユーロが急に円安になる日が来る。
ウ〜ン、又、分からないことを書いています。
円を欲しい人が増えることと今書いたことは違う気がするのですが、外国の通貨が不安定なのでしょうか。
1円円安になるだけで、トヨタ自動車は約350億円の営業利益が上がると聞いた気がするのですが、本当かなぁ。
ごめんなさい。
何を書きたいのかが分かりませんが、トランプ大統領の一言で為替が動くのかもしれません。
分からないなりにも書きたくなるので書いておきます。
円安・円高に興味がおありの方は、ここに書いたことを推理してくださいね。
今年は11月まで油断大敵なのかもしれません。
「輸出企業が勝つか 輸入企業が勝つか」
こんな思いにもなるのですから、円安・円高に人々が一斉に目を向ける日が来るかもしれません。
日銀の金融政策もよく見ていた方がいいのかもしれません。
「金利を変える日が来るのかなぁ〜」
先行きの物価上昇率の見通しって暗く思えるのですが。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/






★世見★松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
世見2019年9月2日 消費税増税
いよいよ始まる消費税10%時代。
「8%より10%の方が計算しやすいわ」こんなことを思う人がいるでしょうか。
食費に付き10万円かかったら、この10万円に1万円プラスしなくてはいけません。
こんなことを思うと、食事を質素にしないといけない気にもなります。
2014年の4月、消費税増税が8%に決定されてから未だ5年しか経っていません。
8%から10%に消費税率を引き上げると、税収はいくら増えるのでしょう。
消費税率が5%から8%になった時は、東日本大震災の復興事業として約1,3兆円の予算が当てられました。
昨今の日本の自然災害の多さを見ていますと、復興事業にかかる費用が莫大に膨れ上がるのが心配になってしまいます。
消費税増税が家計に影響を与えるのは間違いありませんが、かなしいかな、私達は直ぐに諦め、10%の消費税に慣れてしまいます。
月日の経つのが早いなぁ〜と思うことのひとつに、
2013年の9月7日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたIOC総会で2020年東京オリンピックの決定があります。
あれからもうすぐ6年が経つのですから、消費税増税の年月など早くて当たり前かもしれません。
中国、韓国との外交問題も、この間までは靖国神社参拝に関しての内政干渉だったりしたのが、今はどうでしょう。
韓国国民の多くは本当に反日なのでしょうか。
「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕を掲げられたこともありましたが、
私達が知り得ない裏の世界で、今どの様なシナリオが書かれているのでしょう。
アジアの平和に綻びが生じ始めているとしたら、日中・日韓関係の今後にかかっているとしか思えません。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/


posted by datasea at 12:46| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする