2019年09月30日

比嘉良丸/りか交信: 東アジア海域の海神達の懸念〜核戦争は回避出来ないだろう, 大戦を避けよ

比嘉良丸/りか交信: 東アジア海域の海神達の懸念〜核戦争は回避出来ないだろう, 大戦を避けよ
核戦争は回避出来ないだろう。近年においては、世界の中で、原爆を落とされた国、被害国である日本で、政治家からも原子力の兵器、原爆を保有する議論をしてもいいではないかと実際に発言が出たほど、核兵器に対して考え方が甘くなっている。
そして、四大プレートが重なり合い、数多くの海溝、海嶺、火山帯、構造線がひしめき合い、大地震や大噴火、大地殻変動を引き起こし兼ねない、いや、いずれは必ず大きな地殻変動や地震、火山の噴火が起こる、日本列島というその大地の上に、アメリカ・フランスに次ぐ、世界の三本の指に入るほどの原子力発電所を保有している日本。核の恐ろしさを本当に理解してないことに嘆くばかりである。
近い将来10年内には、核戦争が勃発するだろう。改めて世界が核保有の動き、あらゆる各種の核兵器の開発、一つの爆弾で一つの国が消滅するぐらいの大きな大量破壊兵器。それこそ、大量破壊兵器という言葉では済まされないほどの威力を持った核兵器を生産しており、本当に恐ろしい。それを保有することで自分の国を守るという考え方で、進めているが、いずれこれは使用される。遅かれ早かれ核戦争は起きる。
しかしながら、それでも今なら間に合う。日本という国だからこそ、それを阻止し流れを変えることが出来る。唯一の被曝国、原爆投下された被害国だからこそ、世界中に訴えることが出来る。核兵器を無くすことが出来るのだ。
しかし間に合うが、無理であるだろう。

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3525.html








もう一つの御神事である世界大戦の回避についてお伝えしたいと思います。
昨年11月にイタリアからギリシャ、スエズ運河やイスラエル、ヨルダン、バブ・エル・マンデブ海峡やホルムズ海峡、ドバイまでの御神事をおこないました。一昨年は、ヨーロッパとアドリア海、中東と回り、これらの御神事で中東アラブ諸国との戦争、イラン、イスラエル、アメリカとの戦争を回避する為におこないました。
今年も10月に訪れる予定でおりましたが、どうしてもどうしても予算の都合がつかず、支払いを事前に行うことが出来なかった為、諦めてキャンセルしました。今のところは、ぎりぎりでおさまっております。実際には、その地域で御神事をすることで、災難を回避する力が大きく働きますが、今年は、国内、沖縄を中心に御神事をおこないまして、出来る限り戦争回避を努めてゆきます。
大国ミロク大社
比嘉良丸
比嘉りか

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3520.html







しかし、ここでのやり取りでは、かなりの神々様、そして多くの御魂の認識として、この10年内に核戦争は起きるだろう、確実に起きるであろうという認識を持っていることが今回はっきり伝えられてきました。
この広島という場所に残っている核の恐ろしさ、この現実を見たとしても、核戦争は回避出来ないだろうと伝えてきました。近年においては、世界の中で、原爆を落とされた国、被害国である日本で、政治家からも原子力の兵器、原爆を保有する議論をしてもいいではないかと実際に発言が出たほど、核兵器に対しての考え方が甘くなっていると伝えられてきました。
そして、四大プレートが重なり合い、数多くの海溝、海嶺、火山帯、構造線がひしめき合い、大地震や大噴火、大地殻変動を引き起こし兼ねない、いや、いずれは必ず大きな地殻変動や地震、火山の噴火が起こる、日本列島というその大地の上に、アメリカ・フランスに次ぐ、世界の三本の指に入るほどの原子力発電所を保有している日本。核の恐ろしさを本当に理解してないことに嘆くばかりであると訴えてきました。
そして、この内容は長崎でも同じでした。近い将来10年内には、核戦争が勃発するだろう。改めて世界が核保有の動き、あらゆる各種の核兵器の開発、一つの爆弾で一つの国が消滅するぐらいの大きな大量破壊兵器。それこそ、大量破壊兵器という言葉では済まされないほどの威力を持った核兵器を生産しており、本当に恐ろしい。それを保有することで自分の国を守るという考え方で、進めているが、いずれこれは使用される。遅かれ早かれ核戦争は起きる。そのように伝えられてきました。
しかしながら、それでも今なら間に合う。今なら間に合うという事も伝えらえてきました。日本という国だからこそ、それを阻止し流れを変えることが出来る。唯一の被曝国、原爆投下された被害国だからこそ、世界中に訴えることが出来る。核兵器を無くすことが出来るのだと強く伝えらえられてきました。その一方で、「しかし間に合うが、無理であるだろう」という悲観的な内容も伝えられて参りました。核兵器が実際に使用されるか、されないかは分かりませんが、このままではいずれ神々様が考えておられるように、そして、精霊や御魂達が悲観しておられるように、10年内に起きる可能性は確実に起こると思われます。それでも、今なら日本が本当に立ち上がれば、核というものを縮小し無くすことが出来る。被曝の本当の現実を隠さずに、世界に伝えることで無くすことが出来る。それがおこなえるのも日本だと、強く訴えられてきた事も凄く印象に残っております。正直、この伝えられ方が普通ではなかったです。尋常ではない凄い伝え方で、「本当にこのままでは核戦争は起きる」と強く訴えられました。この啓示を改めてうけ、本当に何とか阻止するために御神事を行いたいと思っております。

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3525.html




日本は、自然が動く事で起きる惨事を想定して、技術開発を努め、原子力ではない発電所や様々な分野における技術を持った国へと成長し、大陸の内陸部で起きた災害や世界で起きた大災害に国自体が積極的に乗り出し、復興を手伝ってゆく。日本は、兵器や軍、武力ではなく、人々を救済する面から世界へ重要な仕組みを作っていくと伝えられています。大陸の内部における災害の際には、日本もただでは済まない自然災害に巻き込まれているでしょうが、それでも、日本という国がこれまで経験してきた大きな地震を教訓に、一人でも多く命を失うことなく守り、その守った命が今度は近隣諸国や世界中の人達を救済に走る。救済に必要な技術を持って動くことにより、日本という国は世界から信頼を得て、戦争ではなく平和活動で国々の復興、技術の提供、多くの人達に衣食住・教育の場・医療の場を提供することができ、世界中から日本という国の技術や政治力等の様々な面を改めて認められ、日本を中心に一つの連合国家をつくってゆく。
これまでの旧ソ連やNATO、今のEUなどではなく、言葉では少し伝えづらいところもありますが、もっと壮大な規模の世界を一つにする形が出来上がるという、啓示、ビジョンを見せられています。
日本が平和的活動から世界を支えてゆくという啓示に基づき、日本で起きる大きな地殻変動の動きを分散・分割しながら、同時に環太平洋で分散分割し、更に、受け持ってくださった地域や他の地域の力抜きを確実に行いながら、環太平洋全体のバランスを整えるという御神事を出来る限りおこない続ける。そして、軍事戦争を出来るだけ解決できるよう、平和であるように御神事をおこない、見えない力における影響を与え、戦争を回避出来るように進めている状況です。
大地殻変動による途轍もないエネルギーの中に地球が巻き込まれ、全ての生命の消滅という道ではなく、地殻変動の仕組みが変更され、新たな地殻変動の仕組みが動くように努めております。日本では南海トラフが数百年周期、阿蘇の噴火も数百年、場所によっては数千年周期でおきる火山や地震というものもわかってきています。地震や火山の動く周期が、数百年ではなく数万年、数十万年という長い年月周期の循環の仕組みへと変化する事で、その間に数万年かけた素晴らしい技術を実らせることもできます。
世の中が、核兵器を使ってしまう状況に陥れば、地球上には大変な被害が出て、大惨事に陥ります。
そのような状況に陥らない道がきちんと伝えられています。そして、戦争を回避した先には素晴らしい環境を作り上げた中で人々が調和・和合・統合された、神々様より伝えられている理想のみろく世を築くことが可能だと、その啓示を信じて今、御神事を行っております。
災害や戦争などの啓示をお伝えしますと、これまでも多くの方に、脅しをかけているとか、不安を煽っていると言われますが、私自身も単に煽りたくて叫んだり、喚いているわけではございません。私自身、各地における御神事や一日の中で、日本が崩壊しかねない状況に陥る啓示やビジョンを散々見せられ伝えられてきました。そして、そのような大惨事にならないように、実際に起きてしまえば地獄絵では済まないと思い、御神事をおこない続けてきました。何よりも啓示で惨事を伝えられてくるという事は、回避の道があるからこそ伝えられてきます。回避することが出来なければ、敢えて神々様は伝えては来ません。今は何とか惨事を凌いでいる状況の中で、改めて強く啓示やビジョンを見せられてまいりますと、一層警戒しなければ、そして、敢えてお伝えし警鐘を促す事で、防災の意識や戦争回避の意識を高めていただく事で、一人ひとりの意識の変化が、大きな力、意識の波、渦となり世の中へと影響を及ぼしてゆきます。啓示やビジョンをお伝えするのは、意識の変化により一人でも多くの方の命が救われるように、一日も早く平和の世となるようにと願いお伝えしております。
伝え方がちょっと分かり辛いかもしれませんが、今回お伝えする内容はここまでとさせていただきます。動画放送の際には、話しながら様々な存在がこれを伝えて欲しい、あれを伝えて欲しいと伝えてきて、話がとびとびになってしまいます。また、事前にお伝えする文章を準備していても、始まると当時に、全く違う事を伝えるように神々様より伝えられ、その場で伝えられてくる内容を話さなければならなくなることもしばしばあります。その為、わかりにくい部分もあるかと思いますが、何卒ご了承くださいませ。
ここまでの長文をお読みいただきまして、ありがとうございました。
比嘉良丸
比嘉りか

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3527.html



数年前、啓示では、アジアからの世界大戦の火種を伝えられ、まず中国との尖閣列島や南・西南沙諸島の問題が中心で戦争が起きる状況を教えられ、2014年、16年、18年とその流れの回避の御神事をおこない続けてまいりました。その結果、私は御神事でその流れははっきり回避してきたと言い切る事が出来ます。中国とのかかわりから戦争へ流れる流れを回避してまいりましたが、中国との問題解決の対応をしていたら2016年後半ごろから今度は韓国が負の流れへと進み、政治の事柄からではなく、恨みつらみによる目茶苦茶な内容を政治で解決しようとしており、今、韓国は戦争へ向かう最悪のシナリオを推し進めようとしているとしか言えない対応をしています。
近隣諸国との調和の大切さは啓示で伝えられ続けていましたので、調和、協力の御神事は現在もおこなっておりますが、古(いにしえ)からの因果因縁、日本が国として国家が成り立った時期からの様々な因果因縁は複雑で難しい部分があり、現在まで背負っている、尾を引いている状況があります。この古からの因果因縁の流れをそう簡単に断ち切る、変える、解消するというのは、中々難しく、韓国、台湾、中国といった国々との因果因縁を解消し、世の中を善い方向へ持っていくというのは、それなりに時間がかかります。
それでも幾度となく御神事を繰り返し、これまでは何とか大事を回避してまいりました。
現状は、正直なところ悪い状況ではございますが、それでも確実に解消することを目的とした御神事を現在執り行っております。
今後、今の韓国の大統領が、どこまで反日感情を国民や政治家に植え付け、次の大統領がこの状況を改善するのか、もしくは拍車をかけるのかが大きな問題となってきます。今の政権が変わった後の事も踏まえて御神事にて解消することが出来るように動いております。
正直なところ現状では、国と国の話し合いで何とかいい結果を生み出し改善出来る内容となるものが、見当たらない状況です。アメリカも口では日韓、日米韓の間で連携するのが望ましいと言いながらも、今のアメリカ大統領は、自分の次期大統領選に向けて日韓をいいようにあしらい駆け引きに使っているため、アメリカへの期待は乏しい状況にあると伝えられております。また、日本が軍事国家へ突き進む流れは、中々止め辛い状況に陥っております。
軍事強化しなければ、近隣諸国から攻められる状況となってきており、今、悪い状況の悪循環になっています。これらは啓示での教えなのですが、伝えられてくる以上、改善することが出来るという事ですから、何とか善い方向へ向けていくように、人々が煽られる事無く、冷静に判断し、戦、争いへの道を進まず、平和と調和を選び取り進みゆくように最善の御神事をおこなってまいります。あまり政治のことをお話すると誤解を招いたり、御神事にも影響が出てしまう為、このぐらいにさせていただきます。
とにかくご理解いただきたいのは、何度も日本を回り、近隣諸国を回り続けているのは、日本を中心とした極東東、北・東アジア、そして東南アジア、西アジア、南アジアといった地域の平和を守るための御神事だということです。そして昨年まで何度もアメリカ・ワシントン、ニューヨーク、中国・北京、上海、ロシア・モスクワ、サンクトペテルブルグ、台湾・台北、韓国・ソウル、釜山、イギリス・ロンドン、ドイツ・ベルリンといった国々や東ヨーロッパ、西ヨーロッパ、地中海、スエズ運河やイスラエル、ホルムズ海峡といった場所を訪れ平和の御神事をおこなってきました。現在問題になっているトルコ、イスラエル、イラン、サウジアラビアといった中東やアフリカにおける国々の内戦やテロ、紛争といった流れが中東、アフリカのみならず、一気にヨーロッパでの戦争へと拡がり、そこからも第三次世界大戦へ繋がる要因も大きく秘めていると伝えられていたこともあり、去年はヨーロッパからスエズ運河を通り、ホルムズ海峡進む、ヨーロッパ、中東、アラブ諸国へ御神事に訪れました。しかし、ここも一度の御神事で簡単に収まるような内容ではない事から、改めて今年の10月にもその地域へ行く予定でございました。しかしながら、資金の都合がつかず、今回はこの御神事は中止にしております。今おこなっております8月から9月いっぱいの御神事を海外の御神事として目途を付けまして、その後の予定は立っておりません。ですが、今出来る御神事をしっかり執り行い、最善を尽くしてまいりたいと思っております。

こころのかけはし祈りの和
http://mirokumusubi.blog115.fc2.com/blog-entry-3522.html


posted by datasea at 21:13| Comment(0) | % 暗示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

datasea夢記録: 東京島, 2019.9.30

IMG_20190930_173622.jpg



datasea夢記録: 東京島, 2019.9.30
東京島
国道10号線(東京線)のむこうにかすむビル群
この横浜埠頭から
のびる4車線の直線道路
その一本だけで本土とつながっているのだから
ある意味出島のようなものだ
東京島
政治経済の中枢
青い空の下
かすむビル群
早朝
東京線に車は走っていない
東京線をすすんで
東京島にはいると
やがて左手に皇居
その先の気象庁こえて
北東京地区
生涯学習センター
「古典芸能とわたし」
講演会に参加中のLをまつ
早朝
蛍光灯に照らされた待合室は
ガランとして人がいない
かすかに講演の声がきこえ
朝から古典芸能か
ご苦労な事だな
時間ありすぎるからコンビニへ
セブンイレブン千石3丁目生涯学習センター前店とか
そのやたら長い支店名は何とかならんのか
Crea,サンキュ!,CanCam,
興味もない女性誌をながめ
時間をつぶし
うしろのボーダーシャツの男もヒマつぶしか
俺の真後ろにずっといて気になる
時間がちかい
コンビニでて道路へ
「背中のホックつけた方が良いですよ?」
そうだな
背中の真ん中に一つだけついているホックボタン
何を留めるでもない意味ないボタン
寝る時イタいだけ
部屋についたら森永卓郎
先回りしたの?
「PlayStation1の筐体て確か海外仕様のNintendoTGでしたよ」
棚から落ちかけているPlayStation1
先回りしたの?

t8u57ytrr46 pc


posted by datasea at 17:48| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

datasea夢記録: 横浜フリマ, 2019.9.27

datasea夢記録: 横浜フリマ, 2019.9.27
中央線くだり
発車前
かぶりつきのA席・B席・C席・立見席
みな赤いシートでほぼ満席
C席中央でBとCを待つ
どこ行っているんだ
とりあえず席を立ち
Panasonic折りたたみケータイひらき
Bを呼ぶ
出たのは交換士
認証プロセス
7号車側面のスロープを降りながら
認証つうか
高さ10mのスロープを降りながらの通話は難儀
Bにつながる
「まだ来ないの」
「いま東急デパート」
「は?」
「来てくれ」
仕方なく東急デパートへ
「じゃなっくて東急線ホーム」
BもCも車中
「中央線と東急線は方向が違うんだ
進めば進むほど目的地から離れていく
横浜駅でおりて八高線に乗り換えて....
なんでそんなロスを選択するんだ?」

無情な発車ベル
無情にも発車
東急線くだり横浜行き
明大前.高井戸........
横浜エリアにはいった
右手に名所ひょうたん池
ひょうたん池の亀噴水つうか
これが有名な横浜グランドホテルか
時代がかった洋館をすすみ
横浜市金沢文庫とうちゃく
金沢文庫フリマに間に合ってよかった
ひさしぶりの出品だから
横一列の出品ブース
客は二分の入り
1点売れれば上々

隣のブースに並ぶ雑誌ムックセット
青い表紙
ひとつ持ってる
4冊セット500円
悩ましい
自分のブースに
蒼い天然石ペンダント
売り物ではない
昔買った私物
ずっとつけていないからつけてみた
パワーが湧く
いいな
もうひとつのペンダントを水のはいった桶へいれる
まずい
こっちは電子機器だ
慌てて桶からだす
横浜チックなオバサマ
「ちょっと誰か詰め物頂けません?」
プチプチの切れ端しかない
他の出品者が紙を丸めわたす
客は二分の入り
1点売れれば上々

f6yt567ytr3e pc








まさか横浜市金沢文庫にほんとうに存在したひょうたん池▽

ryy6yt4556yy pc






Screenshot_20190930-181123.jpg


横浜金沢ひょうたん池
HYOTANIKE POND
谷戸のなか、緑のなかに佇む幽玄の池
EXPLANATION管理人の訪問記はこちら(外部サイト『ヤマレコ』へのリンク)
「日本湖沼めぐり」では、訪れたすべての湖沼を掲載しているわけではありません。足を運んだけど、掲載していない湖沼もあります。
そこに明確な基準があるわけではなく、ただ私の主観とそのときの気分といえばそれまでです。
さて、この「ひょうたん池」。正直ここも掲載すべきかどうか迷いました。
規模としては非常に小さい、しかも人工の池。金沢の山を歩いているときに案内板に誘われやって来たのですが、それでも谷のなかに佇む雰囲気は一軒の価値ありでした。
これは瀬上池にも言えることですが、このあたりの谷は緑の深さを感じます。なぜだろう。
それは「都会横浜のなかに残された自然」という先入観ゆえなのかもしれません。
YAHOO! MAPDATA
所在地 :神奈川県横浜市金沢区
湖の成因:人工溜め池
周囲総長:-
面積  :-
最大水深:-
貯水量 :-
標高  :約90[m]
河川  :-

日本湖沼めぐり
https://www.lakes-japan.net/lake/pondHyotanikeY/pondhyotanikeY.html





posted by datasea at 17:23| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

馬場周二: 歴史からみた文明の衰亡の法則〜近代中国の頽廃に衰亡の要因をさぐる

馬場周二: 歴史からみた文明の衰亡の法則〜近代中国の頽廃に衰亡の要因をさぐる
文明という言葉は色々な意味に使われている。 20世紀文明とか,機械文明とか,あるいはインカ文明バビロニア文明,さらには 近頃では情報化文明などという言葉も見受けられるようになった。
私が論ずる文明の意味は,人類の歴史が始まって以来,ユーラシア大陸とアメリカ大陸の特定の地域に生まれて育って,そのある物はすべて自然に消滅してしまっている領域的歴史的文明のことである。具体的に言えばナイル文明とかインダス文明,インカ文明,インド文明,西欧文明などを言う。
これらの文明はこの大陸の固定した地域で人口が増加したことによって一時的に発生したものか,または同じように人口が増加したところに他の地域も先発の文面が伝播してきて それを核として後続文明を発展させるようになったのか,のいずれかによって文明が起こっている。
■第一文明
メソポタミア文明とメソアメリカアンデス文明は始原文明と考えられているが,他の文明は先行する文明の伝播刺激を受けて育ったとみられる。従ってこれらの後発文明は地理的にメソポタミアから順次遠隔化しているし,時間的にも遅れてくることは当然である。
チグリスユーフラテス・デルタ とほとんど同じ自然環境を示すのがナイル・デルタ及びインダス・デルタである。
後者は現在のパキスタンの領域である。考古学的知見によればこの両者は両大河文明にやや遅れているとされるが,似た部分も多く目につく。これら西南アジアの三大文明は相互に近接でしかも時間的に同期している。同じ文明思想を形成していると考える。これは第1層の世界文明といえるものであろう。他の文明に比べてこれを「第一文明」と名付ける 。
一方メソアメリカアンデス文明はユーラシア大陸で言えば「第一文明」に相当する。
ただ人類がアメリカ大陸に移動するのが遅れてさらに自然環境が西南アジアほど文明の発達にとって適していなかったために4000年遅れて文明が独立に起こったと考えることができる。そこでこの 古代アメリカ文明を「第一文明」とする。
この文明はスペイン人の侵入によって滅んだ。これは文明のカタストロフィーである。スペインは「第二文明」及び「第三文明」の境界に位置する。接触したときの落差が1.0以上あると古い文明は崩壊するのであろう 。
■第一文明の崩壊
ナイルからインダスに至る地域ではシュメール文明の 起源文明が高度化するとともに数多くの国家が出現して興亡の歴史を繰り返した。バビロニア・アッカド・アッシリア・エジプトの諸王朝,ヒッタイト・ペルシア帝国などである。しかもこの地域が独自の国威を保持して自主的に自己展開できたのは紀元前334年〜323年のアレキサンダー大王の侵入 までのことであった。以降の西南アジアは1350年ごろのイスラムの勃興まで1700年間,文化的にも政治的にもギリシアローマの影響下に存在するようになる。つまり第一文明は 2500年にして滅んだ。
アレキサンダー大王は 腐敗した 樹林を倒して回るように疾風の如く西南アジアを駆け抜けたのであるが,その後に残したものは彼の武将達を支配者とする外来国家であった。有名なクレオパトラはエジプトに建てたギリシア人の王朝プトレマイオス家の女王であった。彼女の美貌はギリシア人の美貌であってエジプトの土着の浅黒い民族のものではないのである。
西南アジアの第一文明崩壊の原因は明らかである。それはギリシアマケドニアの王による軍事的征服であるが,敗北の原因には勝者の強さと共に敗者の弱さがある。
戦争の勝敗は単に武力の強弱のみで決まるものではなく,古代といえども政治的・社会的・文化的な複合力による。当時の西南アジアはギリシアに比較すればはるかに広大であって物質的に 豊かであったし何よりも文明において先進文明であったた。
それがなぜ小国マケドニアとの勝負に負けてしまったのか?私の見るところそれはすでに第一文明の命脈が尽きていたからだというほかない。つまり一つの領域の文明というものは波状を呈して一つの生命のサイクルを持つ。
人間の作ったもの,企業,社会,国家,全ては人間それ自身の生理から脱することができないのである。それは自然の成り行きなのである。
ー馬場周二,衰亡の法則,1986,


y85th35eeu766 pc








■第二文明
他の国の政治的支配を受けない社会の特徴は例えば政治が温和で純真なことにある。ギリシアローマ文明はその典型であり,これらの文明の根幹はエジプトおよび中近東古代文明である。
ギリシア神殿やギリシア人彫刻はエジプトのそれと全く違っているように見えるが,建築における列柱構成や神像・人像を岩から丸彫りして作ること自体エジプトの文明の継承なのである。
違ってるのはそれらがヒューマナイズされてリアルになっていることなのである。それは海洋的なギリシア人によるバリエーションまたはモディフィケーションであって所詮は二次的文明なのである
形而下に現れたこの事態は政治・社会の形而上面でも同様の事情を示していると言っていいだろう。
ギリシアの文明はこの先行文明・エジプト文明の土台の上に建てられて新しい衣装を着せられてある部分は増築された。
ローマ文明はこのギリシャをさらに大幅に模様替えして建て替えたものと見ることができる 。
インドの事情を私はよく知らない。ガンジス文明は明らかに北方から侵入してきたアーリア人が主導した文明であったが,インダス文明はアーリア人の先住民族ドラヴィダ族によるものとも言われている。シュメールもドラヴィダ族によるものではないかとされ,技術と文明の始まりもまたこの種族によるものかもしれない。彼らは今日南インドに住み着いていて現在のインドではむしろ社会の下層に組み込まれているようにも見えるが,数千年前にエジプトあるいはメソポタミアから駆逐されて,インダス流域からも駆逐されインド 半島の先に溜まってしまったものであろうか。それはともあれインド文明の源流にはこのドラヴィダ文明があるのではないだろうか。
つまりインド文明はインダス文明を第一次文明とする第二文明だと見るのである。
このように見てくると同時的に出現したシナ・インド・ギリシア・ローマの3大文明は西南アジアの第一文明を継承してそれに独自の発展を加えた第二次文明だということになる。
これを「第二文明」と命名する。
■第二文明の崩壊
西ローマ帝国は北方蛮族の侵入によって消滅して生き残っていた東ローマ帝国はトルコ人によって倒された。
インドはイスラムの侵入によって大いに荒らされイギリスによって最後の止めを刺された。
シナといえども外見上は文明が長く引き続いているように見えるはするが,その内容を見ると幾度も蛮族に侵入支配されていてついに蒙古という巨大侵入者によって古来の伝統はほとんど根絶やしにされたと思われる。唐・宋においてクライマックスに達したシナの文明は以後老残の状態にある。
満州国による支配はさらにこの国を根絶やしにした。その上さらに共産主義という外来思想が起きて今や支那民族の芯を貪りつつあるのではないか。
このようにして第一文明と同じく第二文明もまた内部飽和をしたところに外敵が侵入して止めを刺された。外敵は武器を持っている場合もあり,また思想・宗教の形で入り込むこともある。しかしそれは武力と同じく衰弱した文明を食い破るのである。
ー馬場周二,衰亡の法則,


y85th35eeu766 pc



DSC_0039.JPG


DSC_0040.JPG


■近代中国の頽廃
各領域の文明は波であって,盛りを過ぎればやがて衰退止するのは当然だと聞けばそれはあまりに機械的な歴史観であって,そのような一面的な人間機械論にはしっくりしないと いう思いをする向きが多いだろう。それどころか何だか昔習った幾何学の復習を今になってやらされているような気分になるかもしれない。
これまで超マクロな立場から歴史の興亡を見たのであるが ,やや時間と空間のスパンを狭めて,例えば私がすでに衰亡しているという考えているシナの文明について, その誕生から衰亡に至る過程を観察することから問題に入ることにしたい。
第二文明のシナ文明は消滅している。
一つの文明が衰亡するということは,新しい新規の情報の発生が減少して,社会におけるその流通が細くなることであり,さらには情報が混乱して 錯綜することでもある。社会がその活力を失って病むことに等しい。体でいえば神経系が老化することである。想像力がなえて活動力が減って反応性が低下した社会に支えられる文明は衰亡せざるを得ないのは当然である。社会の衰亡をよりミクロに捉えるということはその社会の劣化を 観察してその原因を分析することなのである。
これまで見たように、文明の盛衰が必然の波であるとするならば,社会はまた創造性に富んで活力に溢れた状態から低迷虚脱した状態に移行するサイクルも不可避的・可逆的にさかのぼることになる。このような状態に陥った文明流域には外敵が侵入して最後に外敵に刺される。
社会は個人の行動が集積して出来上がるものである。では社会が変容し劣化するということは,それを構成する個々人もまた変化して劣化することなのであろうか?私の観察によればそれは事実である。文明と社会と個人の頽廃は並行する。
日中併合した戦前の日本人が当時接触した中国社会あるいは中国人は,先進国の国民に比べると頽廃と崩落の中に沈滞していた。
例えばアヘンの浸透などはその一面である。今日は社会の不安を一掃したように見えるのは人為的表面的な現象であって,革命以後社会が内部から抜本的に健全化したわけではない。
麻薬を追放すればそれと入れ替わりに他の腐敗,例えば官僚の 横行,四人組の横行などの現象にシフトする。こちらを押せばあちらが出るのである。
社会の劣化の本体に変わりがない。
中世日本人が師事した唐・宋の社会は現代中国に比べればずっと清潔で高度であっただろう。
シナの不潔さは蒙古以来の悪習だと見る人もいる。さらに遡れば周時代の礼は孔子によって深く慕われている 。舜時代の社会は理想郷として崇められている。
つまりシナの社会での経験は,文明の衰亡と社会の劣化とは同伴することを教える。
古代シナ社会の伝承が過度に美化された伝説であるとしても,時代が減るとともに社会が劣化していったことは事実としなければならない。このシナ社会の変異は人間社会は必然的にたどる一般的経路である。
文明も社会も過ぎてゆく波のように一度高まれば後は低下しかない 。
では文明の衰亡と社会の劣化とは何が因であり果てであるのであろうか?その答えは社会の劣化が文明の衰亡をもたらすと思われる。
なんとなれば情報の集積である文明は情報発生して流通させる社会を母体とする三次構造だからである。そうであるならば,文明は波であったからには,社会には自動的に劣化する機構が組み込まれていなければならない。
社会は個人の集積である。そうだとすれば,社会が衰亡するということは個人の能力が低下していって,素質が下がった人口が増えるためだろうか?
シナでは近代になってアヘンの悪習に染まる人口の割合が確かに増えたであろう。しかし同時に文盲もまた減ってきているのである。 社会の劣化は,麻薬にふける人口が増えたことが原因ではなく,むしろそれは社会の結果がもたらした結果である。
個人の背徳や善行が社会に反映するならば,個人のいかなる変化が社会を劣化させるのだろうか?
既に我々は世界文明は極めて長期のマクロの視点から捉えてその盛衰の時間的地理的法則性を見出している。
■効率性・理知性ずくめの構造がもたらすもの
衰退した社会における人々の生活はどういったものであろうか。
孫文は中国ナショナリズムの リーダーである。彼は生涯を漢民族中国の 復活に捧げたのであるが,彼に深く傾倒してその秘書を務めた戴天仇は,中国人と日本人の 社会生活を比較して次のように述べている。
「人の生活は理知だけで成り立つものではない。理知だけで生きるとしたら人生は解剖室に置かれた死体と同様,生存の意味を失ったものになるだろう。これが国民の生活ともなればなおさらである。人生は計算可能なものだろうか?仮に人生が計算不可能であるとすれば科学はいらないことになる逆に人生が万事計算づくだとしたら,古来その計算は一度もあわなかったことになる」
「計算は生きるための方便であって,計算によらないものが生の意味なのである。人生とは絶えざる死滅の中で生き続けるものである。もし人が皆計算ずくなら,その中に生を求める力がどこから生まれるのだろうか?」
「中国はどうだろうか。 香煙が燻り,燭台の炎が揺らめく。城の台上に高く神像があり,何百人とも知れぬ男女がその下にひざまづく。彼らの信仰とは何だろうか?夜中にコソ泥を働いた男が祈る。神様どうか私が捕まりませんように。15日には鶏一羽を与えいたしますから!コソ泥にしてやられた男が祈る。神様何卒あの泥棒が捕まって盗んだ品が戻りますように!豚の頭をお供えいたしますから!
こんな計算ずくの国民のどこに信仰があるだろうか?信仰とは計算抜きのもの・計算不可能なものであって少しでも計算が混じれば信仰は成立しないのだ」
「心に共産革命を思って,口に国民革命を唱えて,実際には個人主義の生活を送る。この矛盾した虚偽の生活。これこそ計算ずくがもたらした 錯誤である。
日本の信仰生活を仔細に観察してみると確かに中国人のそれよりも純粋な点が多い。彼らの信仰生活の方がより純粋であって積極的であって非打算的であることは一目瞭然である。宗教についても教義や組織の両面でも中国よりも本物である」
「社会の実生活の諸相,とりわけ恋愛と戦争にはっきり見て取れる。中国の男女生活はまことにもって悲哀の極みである。家庭においてもよるがごとき愛の結合が見いだせないばかりか非公式な男女の結合でさえ例外なしにつめたい計算が働いている 。もし男女関係な単なる打算に落ちてしまえばもはや生存論理は完全に消滅する」
「日本で注目すべきは切腹と心中である。心中は自己の目的のために死ぬのではない。それどころか相手と自分の共存の目的のために死ぬのでもない。彼らはただ愛する相手の目的を達するために勇敢にも愛する者への犠牲となるのである。彼らの世界は小さい。この世界のために彼らは全世界を放棄する。心中が最も多いのはもちろん花柳界であって,計算ずくの環境なのに多くの男女がその環境の中で一切の計算を放棄する。二重性を持った生を超える生存意識が彼らを教えの道へ赴かせるのである 」
ー戴天仇著,日本論,市川浩訳
中国の愛国者・戴天仇は日本社会の本質をよく把握して中国に深く絶望しているように見えるが,しかしなぜこの中国か,についての理解はない。この点は魯迅にも毛沢東も同様であった。文化大革命は毛沢東一流の方法によるシナ社会の日本化が目的であったが,無残にも内部から中国の本質に帰ってしまった。
■文明・社会・組織の衰亡を止めるもの
彼らの失敗は時間を元に戻すことができないことを知らなかったところにある。
この日中生活の著しい対比は,
理知性で構成された中国社会と情緒性を多く残した日本社会の対比であって,何が爆発的な発展する社会をつくるかは明らかである。
社会の発展性を保とうとすれば可能な限り情緒性を保持しなければならない。
明治以来の日本は欧米社会の合理主義の衝撃と大帝国への野心によって論理・理性の方向に進んだ。
第二次世界大戦の敗戦は一見アメリカ的合理主義をさらに受け入れたようにも見えるけれども,それよりもアジア大帝国建設の放棄の影響が社会に与えた作用が大きく,むしろ情緒性・現実性の方向に戻った。
戦後高度成長期以来の企業の内部状況は,終身雇用とか会社協力などに見るように情緒面によるところが 大きい。
これは企業の業績を上げようとすると,自然に企業内社会の性格が理知性から情緒性に移動することを意味し,企業も国家も理知性・効率性に移行すれば衰亡することを意味する。
ー馬場周二,衰亡の法則,1986,


y85th35eeu766 pc








ウクライナ・マイダネツィケ地下に5000年前の巨大建造物発見
5000年前の巨大建造物がウクライナで発掘される 
HISTORY_ARCHEOLOGY
2019/09/26
■文明の繁栄と衰退
研究者たちは巨大建造物の位置をマッピングすることで、それらが計画的に配置されていることに気がつきました。およそ等間隔で比較的小さなものが並んでおり、中でも特に大きなものが集落の中心に位置していたのです。こうすることで、彼らは社会階層の違いによって集まる場所を分けて使用していたのかもしれません。
しかし、時が経つにつれて比較的小さなものは使われなくなり、最も大きなものだけが利用されるようになりました。この変化が、当時の中央集権化についてのヒントを与えてくれると考えられます。低い階層の人々が集会をしなくなったということは、そうした人々がコミュニティの統治に関与することがなくなっていったことを意味します。そして、これが究極的にトリポリエ文化の衰退につながっていった可能性があるのです。
現在研究者たちは、こうした巨大建造物が、地域によってそれぞれ具体的に日常の中でどのような使われ方をしてきたのか、その違いについての調査を進めています。一つの文明の繁栄と衰退が、現代文明の未来を示唆していることも多くあります。今後研究が進むことで、現代にもより多くのヒントが得られることが期待できます。
reference: livescience / written by なかしー

Nazology
https://nazology.net/archives/45604




posted by datasea at 16:02| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

[芸能メモ] マイケルジャクソン生存説

Screenshot_20190925-231434.jpg



[芸能メモ] マイケルジャクソン生存説
あの人は今?
マイケルジャクソンが生きてる生存説は本当か?肌の色の変化にも関係がある?
あの人は今?
マイケルジャクソンが生きてる生存説は本当か?肌の色の変化にも関係がある?
2019年4月26日 2019年4月27日
マイケルジャクソンって本当に世界的なスーパースターでしたよね。
歌も踊りも本当に素晴らしく、
地球上のすべての人を圧倒してくれたと思います。
特にSMOOTH CRIMINALのダンスは圧倒的でしたね。あれを生で見たら、失神する女性が出るのも納得できます。適切な言葉が見つからないくらい素晴らしい人でした。ということで今日は、マイケルジャクソンの生存説について見ていきましょう。
マイケル・ジョセフ・ジャクソン
Michael Joseph Jackson
1958年8月29日 - 2009年6月25日
ニックネームは「キング・オブ・ポッkプ」
マイケルジャクソンは元々兄弟で組まれたバンド、ジャクソン5に所属していたのです。
ジャクソン5は凄いバンドでした。
1969年10月発売の「I Want You Back」というデビュー曲で、
いきなり全米チャート1位を記録してしまったのです。
そして2曲目の「ABC」ではまた1位になったのです。しかもこの曲は前週まで1位だったビートルズの「Let It Be」を押しのけての1位だったのです。
このあたりが凄いですね!!
続く「The Love You Save」も「I'll Be There」も全米チャートを制し、
デビューから4曲連続で全米チャート1位という信じられない偉業を成し遂げたのです。その後ジャクソン5の活動は減少していき、ソロで音楽制作を行うようになっていったのです。
そして1979年にはあの大プロデューサーのクインシージョーンズと出会い、素晴らしい作品を世に送り出していったのです。その後はもう説明がいらないくらいの大活躍で世界中を席巻していったのです。
■マイケルジャクソンがこの世を去って
マイケルジャクソンは本当に素晴らしいエンターテイナーでした。しかし、2009年6月25日に心肺停止により、50歳という若さでこの世を去っています。このスーパースターの死に、世界中の人が悲しみをあらわにしました。実は2009年3月5日にマイケル・ジャクソンはロンドンで、コンサート公演『THIS IS IT』を行うことを発表していたのです。
しかし、その直前に彼が急死してしまったのです。
そこで『THIS IS IT』のリハーサル映像を中心に構成された、ドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』が公開されました。
この映画は当初の公開予定日は10月30日というものでしたが、あまりの人気に2日繰り上げられ、「2週間限定」で10月28日に全世界同時公開されたのでした。公開後もこの映画の人気はとどまらず、11月27日までの4週間に延長されたのです。そして、日本では12月19日からアンコール上映が行なわれた。とにかくものすごい人気だったのです。
さすがはマイケルジャクソンといった感じですね!!
■マイケルジャクソン生存説
確かにマイケルジャクソンは2009年に亡くなっています。しかし、生存説が出てきたのです。
というのも、1980年代からマイケルジャクソンの容姿が急激に変化し始めたので、その理由はもしかしたら不老不死の肉体を手に入れたためだったのではないかと考える一部の人間がいるのです。
そして彼の突然すぎる死も、それ自体がフェイクなのではと考える人が存在するのも事実です。そのうえ、マイケルジャクソンの棺が、亡くなったとされる日から埋葬までの間、一度も開けられていなかったというのもこの憶測に拍車をかける要因となったのです。
言い換えると何らかの理由で、自らの死を偽装する必要性があり、本人は人知れずどこかで生きている可能性も噂されているのです。
写真は映画館のような場所で、撮影されたものです。眉もきっちりと描かれ、とても中性的な顔立ちと、あのマイケルジャクソンの顔にとても似ています。
この写真を見た人々の反応は様々です。これは単に似た人が映っているのではという人もいますし、きっとこれは本人に違いない、本人であって欲しいと考えるファンも多いのです。
確かにマイケルジャクソンはこれまで、ずっとマスコミに追い回されて疲れてきました。どこに行っても追いかけられて、プライバシーなんてないも同然だったのです。そこからくる精神的な疲労は、我々の想像を絶するものだったのではないでしょうか?
■まとめ
マイケルジャクソンは本当に素晴らしい、偉大過ぎる存在でした。歌も踊りも世界中に革命を起こした人です。だからこそみんな彼に生きていて欲しいと願っているのです。また彼の圧倒的なダンスが見たいという人がたくさんいるのです。そしていつの日か、マイケルジャクソンがまたステージに立ち、私たちの前に姿を現して、あのダンスを披露してくれたらこんなに嬉しいことはありません。そんな日が来ることを祈って、今日はマイケルジャクソンの映像を見たいと思いいます。

ときめきとぴっく
https://newsnachricht.net/reminiscing/michaeljackson
































posted by datasea at 19:23| Comment(0) | + 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

[経済メモ] 消費増税直前! 駆け込みで買うもの、増税後にすればよいこと(やりがちな間違い)

P_20190917_132851.jpg


[経済メモ] 消費増税直前! 駆け込みで買うもの、増税後にすればよいこと(やりがちな間違い)
2019.09.24
いよいよ10月1日から、消費税が10%にあがります。
9月に入ってから、軽減税率やキャッシュレスによるポイント還元制度のテレビ報道が頻回で、消費者への周知を進めているように思えます。ネットでは駆け込み購入すべきものといった記事があふれています。では改めて、この増税直前にするべきことと、増税を待ってからしたほうがよいこと(焦ってやりがちな間違い)を考えてみましょう。
■消費増税:1カ月前の今からできる対策、やっておきたいこと
駆け込み購入するものはある?
もう少しで消費税増税だと思うと、直前でも買っておいた方が得になるものはないかと考えがちです。ただ今回、食材関係は8%で据え置きですし、飲料も据え置きなので、買いだめする必要はありません。日用品は増税のタイミングで買いだめする人の多いアイテム。石鹸やシャンプーなどを買いだめる人が多いようですが、買い込みすぎると逆に消費が加速するとも言われるため、以前よりは慌てて購入している人も多くはないようです。
◇通勤・通学定期
ここで買っておいた方がよいと思われるものは、あえていうなら増税後に運賃が上がるとわかっている電車の通勤、通学定期。
特に10月から後期授業に入るため、生活費を1円でも切り詰めている大学生の通学定期は9月中に購入すると良いでしょう。できれば、今期分(半年分)購入するとお得感があるかもしれません。
◇増税前後で値段が変わらず長く使うもの
増税前後で値段が変わらず、一度買うと長く使うものはチェックしておきましょう。例えばMacのパソコンなどは、買い替えなどのタイミングを迎えているのであれば、10月になる前に購入したほうがお得に感じることでしょう。
◇常備薬
常備薬を見直しておきましょう。不足分を買い足すだけでも長持ちしますし、備えという意味でも買っておいて損はなさそうです。
◇今、必要がないものは買わない
必要がないものでも安いうちに買う、という発想はやめておきましょう。日用品の買いだめも意味があまりないことです。在庫が多いと思うと消費が加速しがちになりますから。もし、今必要なものがあれば、どうせなら9月に買おう、その程度で十分だと思います。なぜなら、ポイント還元を上手に活用できれば、急いで購入する必要はありません。そして、そもそも、数カ月分のお得な買い物ができていたとしても、やがて増税後の支払金額に慣れ、家計をやりくりしていかなくてはいけなくなるからです。
■増税後のポイント還元はどこで受けられる?
増税後の買い物で期待したいのは、キャッシュレス決済によるポイント還元。
中小のお店では5%、フランチャイズのコンビニなどでは2%のポイントが戻ってくることになっています。それは値引きの形であったり、ポイント付与であったり、その企業や決済事業者により対応が異なるようですが、増税の裏側で少し期待ができる存在です。5%還元事業者の登録も2019年9月5日時点では全国で577,885店が申請中となっており、これからももっと増えるはずです。上手に使って恩恵を受けていきたいもの。キャッシュレスで得する損する!10月からのポイント還元はこう変わる【追記更新あり】
■大手スーパーやドラッグストアは5%還元対象外
最近はスーパーなどでもスマホアプリによるQRコード決済を導入し始めています。これらスーパーも、5%ポイント還元の対象かもと勘違いしてしまいそうですが、実は対象外である場合が多いのでご注意を。なぜなら、名を聞くスーパーは大手である場合が多いため。今回ポイント還元対象となるのは、小売業の場合、資本金は5000万円以下、従業員は50人以下であることが条件となるので、該当しないほど大きいスーパーは、もちろん対象外なのです。また、大手のドラッグストアも対象外。そうなると、いったいどこで5%還元が受けられるのでしょうか?
■地元密着・小型小売店の動向をチェックしよう
恐らく地元に密着したような商店、パン屋さん飲食店などで、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録されている店での決済に限られてしまうでしょう。自分の行動範囲にあるお店の利用の仕方も検討してみたほうがよいかもしれません。
■増税後は、ネットショッピングをお得に使え
実際の店舗ばかりに目が行きますが、いつも使うネットショッピングサイトは、5%還元を受けるには便利かもしれません。
Yahoo!ショッピングや楽天など複数店舗が出店しているショッピングサイトでは、5%還元事業者となるお店にはマークを付けるという方針を各サイトが打ち出しています。ポイント還元の仕方も、実際にポイントとして還元するのか、値引きという形にするのかはそのサイトにより異なります。利便性を考えれば、ポイント還元の恩恵を受けやすいのは、実店舗よりネットショッピングサイトに軍配が上がりそうです。もともと、中小企業が多数ある地域の商店街などに客を集め、活性化しようという狙いが国にはあったのかもしれませんが、10月以降はネットショッピングが活性化されるかもしれませんね。
増税後は国のポイント還元だけではなく、キャンペーンで還元率が高くなる企業も複数あります。増税前後、どちらで購入すると得なのかは、まだはっきりと断言できませんが、少なくとも今購入するべきもの以外を無理して購入する必要だけはないと言えます。落ち着いて増税と付き合っていきましょう。

lifehacker
https://www.lifehacker.jp/2019/09/199060kakei_zouzei.html




pp6520190912111.png

pp6520190912112.png





吉野家、牛丼10%引き=来月1日からキャンペーン
ニュース
2019.09.24
by 時事通信
吉野家は24日、10月1日から牛丼と牛皿を全品10%引きで販売するキャンペーンを行うと発表した。同社は消費税率引き上げに伴い実施されるキャッシュレス決済時のポイント還元制度には参加しない。キャンペーンはこれに代わる還元策。15日午後3時まで全国店舗で実施する。
 牛丼「並盛」の場合、店内で食べると387円が347円、持ち帰りは380円が341円となる。牛丼と牛皿以外の商品はキャンペーンの対象外。(2019/09/24-15:41)

まぐまぐ
https://www.mag2.com/p/news/headline/416764?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000003_wed&utm_campaign=mag_9999_0925&trflg=1




【悲報】セブンイレブンさん、またまたまたまた弁当の容量を減らす・・・
2019/09/27 15:06
コメント122
ハム速twitter:フォローバック
@hamusokuをフォローする
1 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:06:34 ID:WBL
どんぶりのメシまで減らしてなにがしたいんや。。。
弁当以外取り柄ない癖にそれも捨てていく無能
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569470794/
2 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:07:27 ID:qwN
取り柄はFCからの過酷な搾取です
3 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:07:52 ID:4lS
おにぎりほぐした後みたい
4 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:08:11 ID:mrv
カツ丼とかのやつか?
クソ無能やんけ!
5 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:08:18 ID:oaE
もうそろそろ量増やしてセブンの時代きた!やっぱ神コンビニ!
ってのをやるんやでほんまは普通の量に戻しただけやのに
6 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:08:25 ID:qlw
もう1年以上お前んとこの弁当買わなくなったわ
もう置かなくていいぞ
7 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:08:42 ID:zz1
それでも買う馬鹿いるからええやん
8 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:08:49 ID:it1
筋肉への負荷を減らした女性に優しい食べきりサイズやぞ
文句あるんか?
9 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:09:21 ID:qlw
>>8
文句はないぞ、購買欲もないが
11 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:09:42 ID:WBL
>>8
サラダチキンの容量も減らし、
筋トレ界隈からも落胆されている模様
10 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:09:26 ID:nMk
自炊最強   
13 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:11:02 ID:4lS
パンもどんどん細くなっていって、気付いたら名前がスティックになってた
14 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:12:15 ID:P0A
この前カレー買ったらルーの下のスペース丸々空っぽやったわ……
15 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:13:31 ID:WBL
もう今更の話だが
外側が白くて食材の乗ってるところが黒色のトレイのやつ、すっげえ上げ底だよな
18 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:19:16 ID:ahA
会長追い出してからどんどんやばくなってるなセブン
19 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:21:22 ID:H31
セブンで食い物を買う奴は情弱やぞ
21 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:22:34 ID:ytW
売れ筋商品→量を減らして価格上げて再登場!
悪魔かよ・・・
22 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:22:37 ID:rPb
鶴瓶と戦争でもしてんの?
24 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:23:38 ID:H31
>>22
鶴瓶に勝てるわけないんだよなぁ
27 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:25:10 ID:6JG
>>24
ネットの一部で8人目の七福神とか言われてて草
増福寿とかいうネーミングでさらに草
23 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:23:14 ID:6JG
nanacoのポイントも7payに誘導するために減額しといて
ポシャった挙句に下げたままだからな
28 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:26:32 ID:RHQ
つべこべ言わずにおでん食えホイ
どーせ平日昼間からおんjしとる奴らなんて成人病待ったなしか罹患中のデブか糖尿病ガリやろ
ダイエットに最適やで
32 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:27:54 ID:5io
>>28
コンビニおでんとか埃に小蝿にジジイの唾液てんこ盛りの毒汁やぞ
29 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:27:10 ID:DP0
彡()()「今日も疲れたわね…スーパー行くのかったるいしコンビニでビールとスルメ買ったろ…」
するめ二枚 270円
彡()()「」
30 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:27:38 ID:RHQ
>>29
この際だからビールやめようやって遠回しに言われてるんやで
36 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:28:31 ID:DP0
>>30
ホンマくそ
31 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:27:43 ID:3Jt
もうカツ丼の具だけ売ってくれや
124 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)14:57:48 ID:caN
>>31
おかずとライス別売りにして一旦量もねだんも1から決め直した方がええと思うわ
33 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:28:02 ID:3jp
コンビニダイエットできるな
いま流行りなんやろ
34 :名無しさん@おーぷん:2019/09/26(木)13:28:26 ID:H31
お財布までダイエットせんでええねん

ハムスター速報
http://hamusoku.com/archives/10120641.html






posted by datasea at 19:52| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOCANA: 「環境少女」グレタ・トゥンベリはソロスの兵隊か

TOCANA: 「環境少女」グレタ・トゥンベリはソロスの兵隊
「環境少女」グレタ・トゥンベリはロスチャイルド家の操り人形だ!
TOCANA
【重要】「環境少女」グレタ・トゥンベリはロスチャイルド家の操り人形だ! イルミナティである4つの疑惑…陰謀まみれだった!
2019.09.26
スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)の国連スピーチが全世界で話題になっている。「生態系全体が崩壊しつつあります。我々は大量絶滅のとば口に立っているのです。それなのに、あなた方はお金や永続的な経済成長というおとぎ話についてしか話しません。よくもそんなことを!」など、強い言葉と怒りの表情で警鐘を鳴らすグレタさんの姿に世界がくぎ付けになった。
彼女の迫真の演説に対して賛否両論あるが、演説の内容よりも彼女のスポンサーについて疑惑の目を向けるメディアもある。
■ロスチャイルド
グレタさんは米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットに参加するため、二酸化炭素を排出しないヨットでアメリカに渡ったが、このヨットがなにやら怪しいのだ。同ヨットはモナコのヨットクラブ「チーム・マリツィア」が所有する「マリツィアU号」。船長にはモナコ公レーニエ3世と米女優グレース・ケリーの孫の1人であるピエール・カシラギ(Pierre Casiraghi)氏が就くという豪華っぷりだが、ロシア国営メディア「RT」(7月31日付)によると、このヨットはもともと「Edmond de Rothschild(エドモン・ド・ロートシルト)」と呼ばれていたというのだ。ロートシルトとはロスチャイルドのフランス語読みである。つまり、世界を裏から牛耳る陰謀一家「ロスチャイルド家」がグレタさんに関係しているのだ。
グレタさんが搭乗したヨット。画像は「RT」よりルイーズ=マリー・ノイバウアーとグレタさん。画像は「Patriot Watchdog」より
■ソロス
さらに、グレタさんの活動に共感し、ともに活動している活動家ルイーズ=マリー・ノイバウアーも怪しい。彼女は慈善団体「ONE」と関係していることが明らかにされているが、この団体はもともとジョージ・ソロスが設立した反貧困組織を母体にしており、後にビル・ゲイツらが参加し、現在の形になったという。ユダヤ系の有名投資家であるジョージ・ソロスとロスチャイルド家の関わりは有名である。ここまで来ると、グレタさんのバックにロスチャイルドがついていると見た方が自然ではないだろうか? すると、グレタさんがトランプ大統領を敵意剥き出しで睨みつけたことも別の文脈から考えることができる。ソロスとトランプ大統領は以前から犬猿の仲だからである。
画像は「sott.net」より
■イルミナティサイン
スピーチ中のグレタさんの背後に彼女を操る糸が見えると冗談を言う人もいるが、案外間違っていないかもしれない。同じく環境活動家であるグレタさんの父、そして何よりロスチャイルド家の息がかかったジョージ・ソロスの操り人形になってしまっているのではないだろうか? さらに、グレタさんは秘密結社「イルミナティ」のシンボルサインを披露していたことまで暴露されている。プロビデンスの目、ホルスの目にそれぞれ見えないだろうか……?
ちなみに、グレタさんの母親は著書で「彼女には普通の人が見えないものが見える。二酸化炭素を肉眼で見ることができるのです」と語っているが、彼女を操る糸までは見えていないようだ。
■謎の科学者
さらに、政治ニュース「TeamRaheem」(9月24日付)によると、気候変動の専門家で英マンチェスター大学とスウェーデン・ウプサラ大学で教鞭をとるケビン・アンダーソン教授も彼女を操る一人だという。
まず、グレタさんの方からアンダーソン教授に接触してきたそうだが、どうもグレタさんの主張とアンダーソン教授の主張はかなりオーバーラップする部分が多いという。基本路線は「人間がもたらす二酸化炭素排出により世界はすぐに終わろうとしている。そして、権力者たちはそのことを止める努力を十分にしていない」というものだ。そこから同記事は、アンダーソン教授が自分の思想を広めるためにグレタさんを利用しているのではないかと推測している。そのことはアンダーソン教授の言葉からも伺えるという。
「グレタはコミュニケーションの専門家です。大量の情報を簡潔に率直なメッセージにまとめてくれます。この能力は我々科学者に欠けていたものです。グレタの言葉は科学者が出会ったことのないような人々にまで届いています。特に子どもと青少年です」(アンダーソン教授)
グレタさんの背後にちらつく家族、ロスチャイルド家、ジョージ・ソロス、科学者の影……彼女の言葉は本当に彼女のものだったのだろうか? グレタさんのスピーチは確かに胸を打つものがある。しかし、こうした感情的なメッセージから一歩引いて考えるのが知性というものだろう。そうでなければ、彼女を操る糸を見抜くことはできないのだ。
参考:「RT」、「TeamRaheem」、

TOCANA
https://tocana.jp/2019/09/post_115802_entry.html






 

センドラーとグレタ
2019年10月06日 (日) 17:12
2008年に98歳で亡くなったイレーナ・センドラーというポーランド人の女性がいた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC
この女性は、私の知る限り人類最強で、たぶん吉田沙保里でも伊調馨でも歯が立たないほど凄まじい強さだった。ゴジラよりもモスラよりもキングコングよりも強かった。
https://www.imishin.jp/irena-sendler/
イレーナの人生を知った人は、百人中、たぶん99名は、その凄まじさに涙して彼女を心の底から敬愛するだろう。残りの1名は悪魔である。
イレーナは2007年のノーベル賞候補になった。イレーナを知る人々は、「ノーベル平和賞の歴史のなかで、人間の真実の勇気を示したという意味で、彼女ほどふさわしい人はいない……」と口を揃えた。だが、受賞したのはイレーナではなく、アル・ゴアだった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%82%A2
アル・ゴアは地球温暖化説を唱え、
「現在起きている急激な気象変動の原因は、人間社会が無作為に放出してきた二酸化炭素の増加のせいであり、このまま放置すれば、人類の生存環境が致命的に脅かされることになる」
と「不都合な真実」というプロパガンダを公表することで警鐘を鳴らし、先進国による大規模な炭酸ガス放出を規制する措置が必要と訴えたことが評価されたのだ。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4065/index.html
だが、「炭酸ガス地球温暖化説」に対しては世界中の科学者から強い疑義を示されている。
 確かに、地球気象は、あまりにも異常であり、このまま放置すれば灼熱地獄によって人類が滅亡すると直感する人々は、非常にたくさんいる。しかし、この異常気象が経済活動による炭酸ガス増加のせいであるかは、まだはっきり分からない。一部の環境学者は、温暖化の原因は、炭酸ガスよりも原発温排水による海水暖め効果や、エアコンや自動車の増加による放熱量の拡大、それに気象緩衝効果の母体であった熱帯雨林の大規模な破壊、などに起因しており、炭酸ガスと断定できる段階ではないと主張する。もう10年以上も前に、槌田敦教授は、炭酸ガス増加は、地球を人為的に暖めた結果であって原因ではない。気象異変の原因は、過剰伐採や自動車排気などにあると主張した。
http://www.asyura2.com/09/nature4/msg/209.html
つまり炭酸ガス増加は結果であって、これを原因とすることは間違っていると指摘した。アルゴアは、この間違った説によってノーベル平和賞をイレーネから奪い取ったことになる。アルゴアは、
「炭酸ガスを抑制するためには、原子力発電の拡大が不可欠だ」
と訴えた。これを見て不審に思った人々が、アルゴアの正体を調べると、とんでもない事実が明らかになった。アルゴアは、オクシデンタル・ペトロリウム社という、準石油メジャーの経営者である。これを創設したのは、アーマン・ドハマーというアメリカきってのユダヤ人富豪で、レーニンを金銭的に支援し、ロシア革命の成功を導いたことでも知られる。ゴアは、ハマーの実孫であるといわれる。父親は副社長だった。そして、オクシデンタル社は、東欧最大のウラン鉱山を所有していたのだ。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=164318
その後、ゴアは、自宅維持に莫大な電力を使用していたことが暴露され、「エネルギー浪費抑制を主張する人物が、最悪の浪費を行っている」と批判されることになった。
https://blogs.yahoo.co.jp/yukikoindesert/14928499.html
何よりも、世界最大級のウラン利権の所有者が、ノーベル賞を利用して、原発推進の宣伝活動を行ったという事実が、世界的にも暴露される結果となった。このことで、「地球温暖化説」にも懐疑的な目を向ける人々が増えた。今では、世界中の気象学者の大半が、地球は現在、マウンダー小氷期による寒冷化に向かっていて、人為的な放熱による気象破壊が寒冷化とせめぎ合っているとの指摘に傾いている。
http://www.yoho.jp/shibu/tokyo/41miyahara.pdf
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20181001.html
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-date-20190706.html
こんななかで、「地球温暖化説」にとって、アルゴア以来の強力な助っ人が登場することになった。 スエーデンの16歳少女、グレタ・トゥーンベリである。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4333/index.html
これだけ、凄まじい猛暑の連続で、熱中症による死者も、激増しているニュースを聞けば、誰だって彼女の活動に拍手を送りたくなるのは当然である。実際、彼女を、アルゴア以来のノーベル平和賞候補に推す人々もいる。しかし、グレタについて、不可解な背景が指摘されるようになった。グレタ・トゥーンベリが尊敬し、一緒にビデオを製作した英国のライターはバリバリの原子力推進派 
http://www.asyura2.com/19/genpatu52/msg/143.html
**********************************************
以下引用
グレタが尊敬し、一緒にビデオを製作したジョージ・モンビットという英国のライター・環境活動家とのツーショット。
https://www.youtube.com/watch?v=-Q0xUXo2zEY&feature=youtu.be
このモンビットという男は環境活動家のふりをしているが、バリバリの原子力推進派で、次のような記事を福島原発直後にガーディアン誌に寄稿している。
Why Fukushima made me stop worrying and love nuclear power
「福島の事故により私は如何にして心配するのを止めて原子力を愛するようになったか」
(George Monbiot The Guardian 2019/3/21)
https://www.theguardian.com/commentisfree/2011/mar/21/pro-nuclear-japan-fukushima
映画ファンの方は気づいていると思うが、表題はスタンリー・キューブリック、不朽の名作のもじりである。
「博士の異常な愛情 または私は如何にして水爆を愛するようになったか」
(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)

重要な部分を和訳する。(全文は下に添付)
(中略)
福島原発事故の結果として、私は原子力に対して中立的な立場を捨て、この技術を支持するようになった。
(中略)
安全対策の不十分なオンボロの原発が大地震と大津波に襲われた。
電源が喪失し冷却システムが止まった。原子炉は爆発しメルトダウンし始めた。
この事故は、お粗末な設計と手抜きというおなじみの遺産をさらけだした。
だが、私の知る限り、この事故で致死量の被ばくをした人はいない。
(中略)
スリーマイル島原発事故で10マイル圏の住人の平均総被ばく量は、米原子力作業員の年間最大許容量の625分の1であった。
これは、明らかにがんのリスクが増加する最低年間被ばく量の半分であり、確定致死被ばく量の80分の1である。
(中略)
私は原子力業界の連中の嘘は大嫌いだ。害のない代替手段があれば原子力はないほうがよろしい。しかし、理想的な解決方法はない。
どのエネルギーもコストはかかるし、エネルギー技術の不在も同様だ。原子力は最も過酷なテストに耐えてきており、人類と地球への影響は小さくて済んだ。
福島の危機により、私は原子力推進へと改心した。」
福島第一原発事故直後、大混乱の中、多くの人が亡くなり、行方不明になり、避難民も放射能汚染に怯え苦しんでいたのに、こんな記事を投稿するのは非常識の極みだが、御用ライターに常識は通じない。グレタが尊敬するヒーローとはこういう人物なのだ。彼女が原子力推進派であることはバレバレではないか。
*************************************************
引用以上
この記事を見る限り、グレタは、アルゴアと同じ勢力(世界原子力産業から送り込まれた原発推進天使であると断言できそうだ。
 まだ、公式発言のなかで、グレタが原発推進について語ったことは確認できていないが、いずれグレタが、ノーベル賞候補として世界的に喧伝されるようになれば、アルゴアのように「原子力だけが地球温暖化を止められる」と吹聴するようになるのだろう。
トゥーンベリの父親は、役者のスヴァンテ・トゥーンベリ(Svante Thurnberg)、母親は、エンターティナ―のマレーナ・エルンマン(Malena Ernman)祖父は、オロフ・トゥーンベリ(Olof Thurnberg)だ。国連で演説するに至った経緯も不透明で、不可解だ。
とコメント欄に書かれているが、ノーベル平和賞が、昨年マララに与えられた経緯を考えると、選考委員会が、この種のプロパガンダを高く評価し支持していることは明らかであり、「生まれながらの役者」として演技しているのではないか?
 と疑われても仕方ない。ゴアと同様、あまりにも、できすぎているからだ。 
少なくとも、グレタはイレーネ・センドラーではない。彼女と比較することも失礼極まりない話ではあるが……。

東海アマ
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-892.html







【よくもそんなことを】国連の演説で環境少女と持て囃されているグレタちゃん、プラスチックにまみれた生活を送ってる事がバレて世界中からバカにされて炎上wwwwwwwwwww
2019/09/26 17:10
コメント363
0 :ハムスター速報 2019年9月26日 17:10 ID:hamusoku
Greta Thunberg
✔@GretaThunberg
Lunch in Denmark.
4,720
21:30 - 2019年1月22日
Juan Sin Tierra@juanlbdc
返信先: @GretaThunbergさん
plastic , plastic everywhere....I am afraid you are a great fake
0:57 - 2019年8月5日
publio magri@publio71
返信先: @GretaThunbergさん
Coffee and banana where coming from??? Don't talk about plastic bag for bread ........
6:38 - 2019年3月17日
@otravezcarlos@otravezcarlos1
返信先: @GretaThunbergさん
Plastic?  Money Mone
6:12 - 2019年8月5日
Twitter広告の情報とプライバシー
@otravezcarlosさんの他のツイート
AiloveSpain@AiloveSpain
返信先: @GretaThunbergさん
Bread in PLASTIC, a salad in PLASTIC, hummus (or some) in PLASTIC......so ECOLOGIC 100%.
102
21:51 - 2019年8月4日
ミシマ@犬狼新党@kuze627
グレタ・トゥーンベリさん
・アスペルガー
・ヴィーガン
・鉄道至上主義者(鉄オタ)
・モナコ公家所有のヨットを借りれるほど財力とコネがある
・帰りは飛行機
・白人
・中国の環境問題を聞かれても「でもアメリカもやってるから」としか反論せず pic.twitter.com/3ekNKXPYKE
11,629
12:46 - 2019年9月25日
1 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:11 ID:BHUJqTyV0
燃〜えろよ燃えろ〜よ〜
2 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:11 ID:P0n.Qj2k0
どっかでコラだって見たけど、それも捏造?
12 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:4k1tF90q0
>>2
そもそも画像が本人のtwitterからの画像じゃん
3 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:11 ID:X3oA7Ng60
日本にもこういった人見たことあるなー
政治家とかで
4 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:12 ID:cqWGgXYv0
スウェーデンのゆたぼん
5 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:XDOTi2wS0
そこにある容器を使ってる店にまず文句言え。
6 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:imQxNow50
お前の設定ガバガバじゃねぇかww
7 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:JU.7wvhU0
この子、重度のメンヘラなのをいいことに活動家連中に神輿にされてますます歪んだ精神構造にされちゃってて将来が心配になるわ
8 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:fGAehqkK0
自分の中でこれが正しいと思ったらそれだけが正しいんだろうね
差別意識はあまり持ちたくないけどやっぱりアスペだからなのもあるのかなと思ってしまう
9 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:13 ID:S1SpVHkb0
これ系は胡散臭すぎる
本気で頭が良くて環境問題を考えてるならそれを推し進められる力(金、権力)を持つ事を目指すやろ
10 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:j3DCr.rH0
どこの国でも似たようなのが居るんだなぁ(棒)
11 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:NWz2.Eki0
つ、つぇ〜やwww
13 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:hqtVjsfU0
大人に都合よく踊らせれてんだな……
14 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:aPuohUxO0
俗物が!
15 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:13 ID:7l7k9DM90
???「ねぇねぇ?背後にいるオトナの皆さん、焦りまくり?」
16 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:14 ID:iYO50pWc0
よくもそんなことを!!
17 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:sQiArDAm0
洗脳怖い
18 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:sjyVmolz0
声高らかに理想だけ叫ぶやつは自分の利益のためなのは常識やん
人権○○団体とかしかり
20 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:V.KhmsH.0
温暖化ビジネスとLGBT推進のバックには、ディープステートがいる
メディアを使って自作自演して行くやり方、いつものやつだ
21 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:14 ID:9YGrL..D0
演説とかする時間があったら、金曜日にも学校に行こうよ。
22 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:qG1Ui3XA0
温暖化に関しては中国を非難しない奴は全く信用しないよ。
23 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:OD.47aAO0
環境ヒステリーと言われてたよな
24 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:14 ID:FucUbG2U0
裏切ったら許さない
25 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:ygFvzX.R0
そのうち環境テロリストなりそう
26 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:3yPG9wmu0
日本で炎上しそうな趣味主張の欲張りセットやめーや
27 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:15 ID:j4POCa4s0
いきすぎたヴィーガンって狂人と変わらんな
28 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:15 ID:w4hCKC350
さてどう転がるか
29 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:16 ID:imKKRE6q0
不登校ユーチューバーを思い出すなぁ。
30 :名無しのハムスター2019年09月26日 17:16 ID:edesDq9C0
スウェーデンのアグネス・チャン
31 :ハムスター名無し2019年09月26日 17:17 ID:NA7084cs0
ご都合主義だよなあ。
他人を批判して担がれてるだけなら楽なもんよ。
自分が批判される対象になるなんて考えたこともないんだろ。

ハム速
http://hamusoku.com/archives/10120327.html

posted by datasea at 03:09| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

datasea夢記録: NHK収録室にて, 2019.9.26

P_20190917_174646.jpg



datasea夢記録: NHK収録室にて, 2019.9.26
バー・Ratoeは開店前
「Aさん,ラム酒をシャーベットで割ったヤツたのむよ」
「はいよ」
店内でなめなめ
店先でなめな め
まだ日はたかい
飲食店が軒を連ねる一角
隣に新しいバーができたってね
ハーレーの精肉機がウリ
ハーレーの看板が目印です
すこし歩こう
5車線の国道
車の轟音
歩道はせまい
陸橋脇はなおせまい
車のガスですすけた歩道脇の店店
シャッター通り
後ろをあるく男女4人カップル
カップル曰
「マドマギの何がスゴいってさ」
「確かに でも」
片方は反感もってるな
あいつ4人分全部自分の財布から払うんだ
何故??
NHK収録室にとうちゃく
ラカンドン
ポポルペトル
アヌ
神武
........
神社脇の木枠に神の名前の入ったバッジを並べる作業
20x40+20x40
だからな
順番違えると最初からやりなおしで難儀
ペルーはペルーでまとめていかないと
管理職女曰
「残業は毎晩深夜までだから,アタシ,ツバメ定期券買っちゃったわよ」
「あの早朝便に乗れるヤツか」
「うん」
PowerMacG5
うすい鉄板ユニット
上書保存のたびに
スロットのせまい隙間をくぐらせる
くりかえし
くりかえし
ここか
思い出した
ここだ
ガチャン
上書保存
爆笑問題曰
「SEのヤツら,朝まで保守か」
「死んだヤツらとしゃべくりながら朝まで保守」
「コワいだろ!」
水曜JUNK爆笑問題カウボーイ
うすい鉄板ユニット
上書保存のたびに
スロットのせまい隙間をくぐらせる
くりかえし
くりかえし
ここか
思い出した
ここだ
ガチャン
上書保存

yg56uyr46ut37uy pc


posted by datasea at 13:18| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュゴン・クスノキ: 地球はかつて宇宙のアトランティス帝国の首都だった

P_20190926_041615.jpg




ジュゴン・クスノキ: 地球はかつて宇宙のアトランティス帝国の首都だった
■250万年前の人骨
最近250万年前の地層から11の人骨が出てきました。 250万年前から人間は地球上に存在していたということです。
6000年前から250万年前の間の長い時間はどうなっているのでしょうか? おかしいなという風に考える必要があります。
実はみんなにはもっともっと長い偉大な歴史があるのです。私たちは地球はテクノロジーでも進んでいて現代的な進化を遂げた星だと考えていますが,宇宙では石器時代のような状態なのです。
■3000万年の記憶をもつ我々
私達のような形の肉体を持った人間の種が宇宙の中で存在するようになったのは,今から約3000万年前のことです。
この形の種はバリエーションがありますが,共通の DNA を持っているので私たちの中には少なくとも3000万年後にもすごい情報・すごいストーリーが詰まっているはずなので,宇宙においては崩壊する>>また繁栄する>>また崩壊する>> ということは何度も繰り返して,それも私たちの中の情報としてあります。
地球上の人間もそうなのですが,中には遠い遠い星にもアクセスできるような宇宙文明まで達したのに衰退して消えていったということはいくつかあるのです。
文明が発達発展すると宇宙に出て行きます。
それで宇宙の遠いところにある全く異なる文明と出会います。異なった文明同士が出会ってお互いの違いを理解して共同しましょうとなって,宇宙的な同盟を結びます。
様々な宇宙の帝国がいくつか出てきた時代がありました。
地上の人間を見ただけでも,肌の色が異なった種類が何種類かいます。
大きく分けると
白人種
黄色人種
赤色人種
黒色人種
です。黒人の中には茶色っぽい人とても黒い人がいます。
中には黒だけれどもよく見ると青っぽいと言うか紫っぽく反射するような色の人がいます。
このようなブルーの遺伝子を持った人はトゥアレグ人と呼ばれていますが,今はサハラ砂漠の方に5000人ほど残っているだけです。
彼らは顔や骨格も異なっていて,私がアフリカに長くいたとしてもあのように黒い皮膚にしてならないと思います。何世代にもわたって長くいたらその環境に従って遺伝子的な情報が徐々に変わることはあるかもしれませんが,突然この色にはなりません。10世代20世代と世代が変わると少しぐらいは肌の色は変わるかもしれないけれども.骨格や顔つきまでは変わりません。
地球上に肌の色や顔つきがあまりにも違う人間が入り混じっている理由は,地球が宇宙の様々な帝国から様々な種の人間が入植して始まった星だからです。
■かつて宇宙のアトランティス帝国の首都であった地球
黄色人種は 巨大な宇宙船で地球に入植してきて,今の日本と中国インドネシアの辺りについて,そこに住み着いて文明を築いていきました。それがムー帝国です。ムー帝国には7つの帝国があって,そのうちの一つの重要な帝国が今の日本のあたりにありました。昔は陸続きが今は海で隔てられています。
黒い皮膚をした種が乗った宇宙船は今のアフリカのあたりに着陸してまた異なった帝国を築きました

同様に白色人種・赤色人種もそれぞれ違う星から地球にやってきました。
アトランティスの場合は違う星で既に文明を築いてアトランティス帝国として繁栄していて,さらに宇宙の中で領土を増やすために地球に入植してきたんですが,地球があまりにも素晴らしい特殊な星であったので,地球上のアトランティスがオリジナルのアトランティス帝国の首都機能を持つようになりました。
■アトランティスの繁栄と崩壊
アトランティスは宇宙の主要な帝国として発展を遂げていました。そして地球に入植してきて.地球という星の特性から,地球のアトランティスが宇宙のアトランティス帝国の首都になったのです。
実際にあった国なのになぜ今は跡形も残っていない のでしょうか? アトランティスの人間は大変な精神的な進化を遂げて宇宙の帝国も広まっていきました。
実は私たちの宇宙にはある種が進化して繁栄するとそれを徹底的に停めて根こそぎ壊滅しようとする種がいます。
その種はアトランティスがあまりにも急激な進化を遂げたことで危機感を持ち,そして宇宙の遠いところから富士山ほどの大きさの三つの小惑星をアトランティスの島に連続して直撃させました。
そのインパクトでアトランティス大陸は海底に沈んでしまい,同時に高さ800メートルの大津波が発生して地上を何度か回って,その時代の様々な文明の 痕跡は一気に消えてなくなると共に,地上の人間という種が消滅するかもしれない危機的な状況に陥りました。
実はこのエピソードが地球規模での大洪水として異なった場所の様々な民族に残っています。聖なる書物の中にも書かれています。
ーダマヌール基調公演, 高坂和導祭
ータイムトラベルからみたアトランティス, 三和導代xジュゴン・クスノキxフェニーチェ・フェルチェ, ヒカルランド

yg6756tg3rt4u pc




P_20190926_041627.jpg


P_20190926_041719.jpg


P_20190926_041736.jpg








アトランティスの記憶
■アトランティスの“記憶”を持つ人・正木和三
この世界には、アトランティスの“記憶”を持つ人がいる。
「そんな、まさか」と思うかもしれないが、信じられないほど大勢いるのだ。
しかも克明に当時のことを覚えているため、アトランティスが存在したことを否定するのは難しくなってしまう。
中でも、以前紹介した正木和三(故人)の体験には、思わずうなってしまう。
正木は大阪大学工学部工作センター長を務め、定年退職後は岡山のバイオベンチャー企業「林原」の生物化学研究所で新製品の発明・開発を担当した理科系の発明家だ。精神世界関連の本も多数書いている。
私が正木和三を取材したのは、1986〜87年ごろ。
当時はゴルフでエージシュート(自分の年齢かそれ以下のスコアでラウンドを回ること)を達成したからといって、ご丁寧にテレホンカードをいただいたこともある。
正木和三は私にアトランティスに関する不思議な話をしてくれた。
その話によると、正木和三は小学生の頃から毎月1度、必ず同じ夢を見続けた。
どこの場所かはわからない石畳のある町の風景だった。
その道の脇には全く透き間のない石組みが延々と続いていた。
正木和三にとって心当たりはまったくなく、「不思議な夢を見るものだな」と思わずにいられなかった。
ところが1970年ごろのある日、何気なくテレビを見ていると、何と夢とまったく同じ風景の映像が目に飛び込んできたではないか。
それは、米国・フロリダ沖のバハマ諸島ビミニ群島近くで、1968年に発見された奇妙な巨石の構造物らしき海底遺跡を撮影した影像であった。
正木和三は驚いた。さらに不思議なことに、それまで四〇数年間続いていきた毎月一度の不思議な夢が、その日を境にぷっつりと途絶えたのだ。
その海底の遺跡というのは、約1・2キロ続くJ字型の巨石道路や長さ100メートル、幅10メートルの石の壁などでできた遺構らしきもので、一部の考古学者の間でビミニロードと呼ばれ、水没した古代の遺跡ではないかとして格好の研究対象となった。
一体、これらの遺跡と思われるものは何なのか。ただの自然の造形によるものなのか、あるいは人類がまだ知りえていない古代巨石文明の建造物の一部なのか、多くの研究家が実地調査をするために、ビミニ群島を目指した。
■見ず知らずの外国人の訪問
ビミニ群島の海底遺跡は、学術調査とは別にある研究家たちの注目を集めた。
というのは、それより28年前の1940年に、エドガー・ケイシーというアメリカの“超能力者”が「アトランティスの首都・ポセイディアが再び浮上する。1968年か69年に予期されている。そう先のことではない」という内容の予言をしていたからだ。
しかもその場所については、「フロリダ海岸沖のビミニとして知られるところに近い海底の泥土の下から、かつて大陸の最高所であったポセイディアの神殿の一部が発見されるだろう」と1933年に明確に指摘していた。
ケイシーが詳述したアトランティスについては後述するとして、正木和三はこれをきっかけにして、自分はもしかしたらかつてアトランティス人であったのではないだろうかと思うようになった。そのときすでに正木和三は、宇宙の「高次元生命体」からインスピレーションを得て、過去何度も日本で生まれ変わり(転生)をしていたことを知らされていたからだ。輪廻転生が事実で、アトランティスが伝説だけの大陸でないなら、自分が過去生においてアトランティスの住人であったとしても不思議ではない、と考えた。
それから十数年経った1986年10月16日。
その考えをさらに決定的にする出来事が起きた。
その日、正木和三は全く見ず知らずの二人の外国人の突然の訪問を受けた。
アメリカ人の学者と企業コンサルタントらしく、二人は正木和三に会うなり、「あなたこそ、この石の持ち主に違いない」と言って、直径四センチほどの奇妙な円盤型の石を手渡した。
それはキュウリを輪切りにしたような色と模様をした、メノウに似た宝石のようだった。
正木がその石を手に持つと、手のひらの中で熱くなった。そして、その石が正木の元にまで届けられたいきさつをその二人から聞かされたとき、
「こんなことがありうるのだろうかと狐につままれた気持ちになった」
と、正木は言う。
二人の訪問者が明かしたいきさつは、にわかには信じられないような話だった。
それは次のようなものだ。
二人は来日する一年ほど前にエジプトへ行ったときに、まったく思いがけなくエジプトの神官と名乗る人物に出会った。その神官は二人に歩み寄ってきて、手に持った不思議な石を見せながらこう言った。「この石は6000年も昔からエジプトの神官が受け継いできたものだ。あなた方は近いうちに日本に行き、必ずこの石の持ち主に会うことになっている。これをその人に渡してください」。そして神官は、その石を二人に手渡した。
二人は驚いた。そのときは別に日本に行く予定もなかったし、誰だかわからない人間に一体どうやって石を手渡したらいいのか見当もつかなかった。だが、その神官が「石の持ち主は必ずわかる」と言い張るので、石を預かったという。
そうしたら本当に、仕事の都合で日本に行くことになり、二人は何かに導かれるようにして正木和三にめぐり合った。そして会った瞬間、直感的に「この人が持ち主だ」と思ったという。
その石は何なのだろうか。エジプトの神官は6000年前から受け継いできたと言ったほかは、石について詳しくは教えなかった。
そのため正木も、その石を手渡した二人も、何の石なのか知る由もなかった。
ところが、その後間もなく、さらに驚くべきことが起きた。正木和三がその石の話を講演会で話したところ、参加者の一人が突然、感極まって泣き出したのだ。その人は女性で、正木が「どうしたのかな」と訝っていると、その女性はにわかに、周りの人が誰も理解できないような言語で正木に向かって喋りだした。
その場にいた誰もが、それまで聞いたこともないような言語だった。
そう誰も・・・。正木以外は。
不思議なことに、正木にはその言葉の意味がはっきりとわかったのだ。
正木もつられるように無我夢中で同じ言語をしゃべりはじめた。
もちろんそのときまで、正木はそのような言語を聞いたこともなければ、話したこともなかった。
同時に頭の中では、その言葉を完璧に理解していた。
周りの人は皆、唖然とするしかなかった。正木が後に解説するには、その女性はその石がアトランティスの神官が持っていた聖なる石で、正木がその神官だったとアトランティスの言葉で話したのだという。そしておよそ1万年以上の時が過ぎ去り、神官の石は巡り巡ってかつての持ち主である正木の手元に返ってきた。実はこのように玉が持ち主に戻ることを「完璧」というのだ、と正木は言う。
■二つの可能性
正木和三の驚異的な体験を理解するには、二つの可能性について言及しなければならない。一つは、アトランティスは実在したのか、実在するとしたらどのような文明を持ち、どうなってしまったのか。二つ目は、輪廻転生がありうるのか、という問題だ。
今から1万年以上も前に、アトランティス大陸があったなどというと、たいていの歴史学者や考古学者は笑い出すにちがいない。ましてや、正木和三のように「私は当時、神官でした」などという話は、信じろといわれても無理というものだ。
にもかかわらず、そんな幻の大陸が今日までなお、ロマンと謎をもって実在したかもしれないとして議論されるのは、紀元前350年ごろ、ギリシャの哲学者プラトン(紀元前427?〜同347年?)がエジプトの神官から聞いた話として、『ティマイオス』『クリティアス』という対話篇に書き記していたからだ。対話篇自体は、ソクラテスと3人の友人が架空の問答を交わす形式で書かれている。
その対話篇では、プラトンの母方の祖父に当たるクリティアスがその祖父の大クリティアスから子供のころに聞いた伝説として、アトランティスが登場する。大クリティアスが父親のドロビデスから聞いたという伝説で、そのドロビデスもまた、友人のソロン(紀元前640ごろ〜同560年ごろ)から聞いている。ソロン自身は、エジプトのサイスで太古の記録文書を保管する神殿にいた老神官からアトランティス伝説を聞いたのだという。
まるで秘伝ように語り継がれてきたその伝説によると、紀元前1万年ごろ、ジブラルタル海峡の外側、すなわち大西洋の彼方に北アフリカと小アジアを合わせたよりも大きいアトランティスという名の島(大陸)があった。アトランティスは周辺の島々だけでなく、エジプト以西のリビアやトスカナ以西のヨーロッパをも勢力下に置く大帝国を築き上げていた。首都の中心には王宮と海神ポセイドンを祭る神殿があり、神殿は黄金、銀、象牙、そして炎のように輝くオルハリコンと呼ばれる謎の金属で飾られていた。
アトランティスは全部で10の王国に分かれ、それぞれの国を統治する10人の王たちは、ポセイドンと人間の女であるクレイトーとの間に生まれた五組の男子の双子の子孫であった。王たちは、アトランティスという名の由来ともなったポセイドンの長男アトラスの一族を宗主としてそれぞれの国を治めていた。
アトランティスの人々は初め、神の心を持ち、美徳を重んじ、物欲を軽蔑していたらしい。ところが、世代を重ねていくうちに神性が薄められ、人間の気質が優位を占めるようになり堕落。よこしまな欲望に染まり、力の誇示を始める。やがてヨーロッパ全域を蹂躙しようと侵略を開始した。
これを見た神々の王ゼウスは、堕落したアトランティスに罰を下そうと考え、すべての神々を最も尊い殿堂に集めた。
ゼウスがこの会議で何を言ったかは、プラトンの対話篇がここで唐突に終わっているためわからないが、いずれにしても、プラトンが対話篇の別の箇所で述べているように、恐ろしい地震と洪水などの異変によって、アトランティスは海中に没したのだ。そして、ヨーロッパとの大戦争の記録がエジプトの古文書に残され、ソロンの知るところとなった。
■エドガー・ケイシーのリーディング
プラトンの伝えたアトランティス伝説をめぐっては、様々な角度から研究や調査が実施された。
それは現在に至るまで続いている。
エジプトとメキシコ・ユカタン半島にあるピラミッドを比較することにより、アトランティス文明の実在を証明しようとする学説や、大西洋の海底にはアトランティスの存在を示すいかなる痕跡も見つからないとする地質学的調査結果などが発表されている。
いずれの場合でも、アトランティスの実在性を根本的に肯定したり、否定したりする十分な確証というものは出てきていない。
そうした議論の一つに、先に述べた“眠れる超能力者”エドガー・ケイシーがリーディング(半睡眠、あるいは催眠下で過去や未来を透視すること)によって明らかにしたアトランティスの歴史がある。
ケイシーは1877年、米国・ケンタッキー州の農場の子として生まれた。彼は子供のころから、亡くなった親戚の「幻影」を見て、彼らと話をしたり、学校の教科書の上に頭を乗せて眠る、つまり教科書を枕にして眠るだけで内容を覚えてしまったりする(うらやましい!)という離れ業をやってのけたとされている。
そんなケイシーが21歳のとき、声がほとんど出なくなるという奇病にかかった。医者たちはあの手この手を使って治療を試みたが治らない。ケイシーは最後の手段として、かつて教科書を記憶したのと同じ潜在能力を用いて、自分自身を治すことができないかと考えた。
友人の催眠術師に協力してもらって催眠状態になったケイシーに対し、催眠術師はケイシーの症状を問いただした。するとケイシーは、病気の原因と医学的に適切な治療法について、うわ言のように喋りだした。そして、その通りにすると、彼の声は再び出るようになったのだ。
これ以降、ケイシーは催眠中に、まるで医者のように患者の病気を診断し、治療法を教える力に目覚めた。この方法を使って、1945年に亡くなるまで、約1万4000件の病気の治療法や予言、それにいろいろな問題の解決法を残した。
その中でケイシーは、転生が事実であること、過去世でアトランティスにいたことがある実体が現代に多く生まれ変わってきていること、今生でその人間が直面している問題と過去世とは大きくかかわっていることなど、人間の知られざる驚異的な事象や歴史、アトランティスの高度な文明について明らかにしていった。
エドガー・ケイシーのリーディングによると、人間がこの地球に住み始めたのは、約1050万年前。数多くの地殻変動があり、その間に20万年にわたり文明があった。最後は三つの大変動が数千年間隔で起こり、紀元前1万100年ごろ、アトランティスとみられる「最後の文明」が滅んだという。
アトランティスの人々は、今日のアメリカのように豊富な資源と才能に恵まれ、科学を重んじた。ガス気球を用い、テレビやラジオも発明、空や海の中を進む水陸両用の乗物も持っていた。最後には、太陽エネルギーを転換する秘法を解き明かし、「偉大な水晶体」を使って太陽エネルギーを活用した。「偉大な水晶体」は「火の石」もしくは「ツーオイ石」とも呼ばれ、神との交信に使われたり、病気を治療するために用いられたりもした。
このようにアトランティスの人々は非常に進歩していた。信仰面では、神のシンボルとして太陽を用い、一つの神を崇拝した。ところが、やがて人々は神の贈り物である人間の能力を誤用、次第に衰退して行き、最後には自滅したのだとケイシーは言う。
では、具体的にはどのような誤用があったのか。ケイシーは「水晶体」の誤用、乱用があったという。つまり、本来なら人類の幸福のために使われるべき太陽エネルギーを、一部の権力を握った人達が破壊に使ったのだ。
きっかけは偶発的だったともケイシーは言う。水晶体が偶発的に高水準に調節されたことにより、地球の火山活動が誘発され、結果的に地球上に大洪水をもたらしたのだという。
最初の破壊は紀元前1万5000年前ごろ起こり、最後は紀元前1万500年。一連の破壊により、アトランティス大陸は5つの島に分かれ、アトランティスの滅亡がエジプト、ギリシャ、インカの始まりとなった。アトランティスの生き残りの一部はエジプトやインカに逃れたらしい。
アトランティスと同時期に存在した古代レムリア大陸も水中に没した。
アトランティスの貴重な記録は、エジプトに逃れた一派によりスフィンクスの右前足とナイル川の間の秘密の部屋に保存された。その記録の中には、アトランティスの科学、文学、歴史、法律だけでなく、地球の過去、現在、未来を解説する文献も含まれている。その記録の一部が、あるいは口伝による歴史の一部が、ソロンからプラトンへと伝達されたのであろうか。
ケイシーによると、アトランティスの記録については、グッドニュース(いい話)とバッドニュース(悪い話)があるようだ。グッドニュースは、それらはやがて発見されるということ。バッドニュースは、「人類が地球的変動を経験するまで秘密の部屋は開かれることはない」ということだ。
これだけ詳細にアトランティスを描写したケイシーだが、今でもケイシーの能力を疑っている人がいるのは、ケイシーの予言の多くが外れていることが大きい。たとえば、1998年までに日本は大部分が海中に沈むにちがいないとケイシーは予言しているが、幸いなことに2005年現在、日本列島は一応原形をとどめている。同じころまでに、ヨーロッパやアメリカ大陸でも陸地が海中に没するような地殻変動が起こると予言したが、これも実際には起きていない。
しかし、こうした予言が外れたことを理由にケイシーの信憑性を断じるのは間違っている。それはケイシーの予言に関する次の発言からもわかる。
ケイシーは言う。時間や空間は、三次元という私達の限られた条件のもとで使用するための単なる概念にすぎない、時間と空間こそ、人間が作り出した幻覚にすぎないのだ、と。アカシックレコード(「神の記録帳」「魂の記録庫」)から未来を知ることができる、なぜなら、すべての時間は一つであり、過去、現在、未来は一体であるからだともケイシーは言う。
これはデジャビュ現象で私が直感的に知った仮説とも一致する。過去、現在、未来はそれぞれ連動しているとみるべきだ。現在が変われば、未来と過去も変わる。ケイシーの予言は外れたではないかと鬼の首を取ったかのように批判する研究家もいるが、実はこの時間に関する真理を理解していないことから生じる誤認であるといえる。
ケイシーは予言に関してこうも言う。「たとえ予言で日時や場所、人が特定されていても、それには一定の期間や修正の幅がある」「しばしば、期間の変更をもたらすような変化も起こる。スーやラーを崇拝する僧侶たちは、真の神の奥儀をエジプトから追い出してしまったために、変化が生じてしまった」
ケイシーの言うことが正しいとすると、過去や未来は決まっていない。同様に私たちの過去生も未来生も決まったものではない。それは、三次元的表現を使えば、“同時進行”しているからだ。今生を変えれば、それは過去生や未来生にも影響する。
すると、現代の科学技術利用の有様がアトランティスの科学技術の有様と連動していることがわかる。アトランティスの人々がそれを誤用したのだとすると、それは現代の人々が誤用していることの裏返しとなる。
このように時間の概念を正確に理解したときに初めて、ケイシーの予言が理解できるわけだ。そして、アトランティスの教訓を学ぶことも可能になる。
■輪廻転生
アトランティスはおそらく実在したのであろう。
しかし、アトランティスの神官であったとする正木和三の話が本当であることを証明するには、輪廻転生についても検証しなければならない。
私は1980年9月から81年6月にかけて、イギリスのケント大学に留学していたが、その大学生活が始まる少し前の7月か8月に、ダライラマの輪廻転生についてBBCがドキュメンタリー番組を放映したのを覚えている。
このBBCが制作した番組は輪廻転生に対する偏見をなるべく廃して、チベットの神秘についてまじめに取り上げていた。私はこの番組を見るまで、輪廻転生には懐疑的であった(潜在意識においては肯定していたが、すくなくとも表面的には否定論者であった)。しかし、私がホームステイしていたそのイギリス人家族も私も、この番組を見た後は、ひょっとしたら輪廻転生はあるかもしれないと思うようになった。
私が輪廻転生に懐疑的だった背景には、母の影響もある。幼少のころ(多分幼稚園児のころ)、メーテルリンクの『青い鳥』を母と一緒に読んでいると、未来の国でこれから人間の体に生まれようとする魂たちが並んで話をしている場面が出てきた。
私はその場面にすごく感動し、母に「みんなこういう風にして生まれてくるの」と聞いた。
そのときの母の答えがすごかった。「こんなのは作り話よ。魂が転生するなんて聞いたこともない」
「では人は死んだらどうなるの」と私は聞いた。
「死んだら真っ暗闇があるだけよ。生まれる前も真っ暗闇だったでしょ」
「暗闇だけ?」
「そう、何もない暗闇だけ。魂の転生など、そんなこと考えるのはやめなさい」
非常に現実的な母だったな、と思う。
しかし母の答えは、幼少の私には衝撃だった。
トラウマになったとまでは言わないが、輪廻転生について考えるのは幼心に封印してしまったような気がする。
そして、その経験をイギリスにまで引きずっていたのだ。
封印が一度解けてしまえば、こちらのもの。後は輪廻転生が実在するかどうかを科学的に分析すればいいだけだ。
輪廻転生を科学的に証明できるのか。非常に難しい問題だ。幽体離脱や臨死体験を論じる際にも必ず指摘されることだが、脳が作り出した幻影や錯覚である可能性もあるからだ。
確かに、そういう場合もあるのかもしれない。しかし、それではどうしても説明できない事例も多くあることを忘れてはならない。しかもこの現象は、人類が昔から普遍的に“経験”してきたものでもあるのだ。それは、それぞれの国の古典や記録にも残されている。
西丸は合点がいかない。自分は中国人のような顔をしていないからだ。そこで安禄山について調べてみた。すると、確かに安禄山は漢民族ではなく、西域人の混血であった。そして、醜怪な姿で腹が途方もなく膨れて垂れていたとある。だがおかしなことに、そのように醜い姿をしていたのに、楊貴妃とは愛人関係だったらしい。
「筋が通らない話だな、私が安禄山であったというのは、やはりたわごとだったのか」と、西丸が自宅の書斎で思索にふけっていたときだ。後ろの暗い片隅に人が立っているのに気が付いた。黒い「ドバーッとした服」を着た男で、変な帽子をかぶっている。よくみると顔は西丸に似ている。
「どなた?」と西丸が聞くと、その男はニッと笑って「誰だと思う?」と聞き返す。
「う〜ん、安禄山!」
「その通り」
安禄山は、西丸が安禄山について解せぬことがあると考え込んでいるのを知って、過去から駆けつけたのだという。
安禄山は西丸と合体し、玄宗皇帝の時代に連れて行き、西丸が疑問に思っていたことをすべて解き明かす。安禄山との会話は、日本語でも古代中国語でもなく、「お互いの言語でしゃべっている内容が頭の中に押し込まれるみたいに理解される。テレパシーみたいなものか」と西丸は書いている。つまり正木和三が、知らないはずの「アトランティス語」を理解できたのと同じ仕組みだ。
過去の人物でありながら現在に出現した過去世の西丸震哉である安禄山。西丸はもちろん、この話を事実として書いている。西丸と安禄山の二人が出会うということは、過去世の自分と今生の自分は同時に存在することを意味している。
「自分」という意識(存在)は常に時間を超越して存在する。それが宇宙の法則であるような気がする。
過去、現在、未来は同時に存在しているという考え方は、理解するのは難しいかもしれない。
なぜ、すでに起こった過去がこれから起こることなのかという疑問が生じたとしても当然だ。しかし、私たちが知っている過去とは何なのだろうか。「本当に起こったこと」などあるのだろうか、と考えてしまう。「本当に起こったこと」とは、実は私たちが「本当に起こった」と信じているだけではないか、とも思える。
考古学の世界でも、「現在」における発見によって、「過去」がドンドン変わる。たとえば炭素年代測定の導入によって、弥生時代が従来考えられていたよりも500年も早い紀元前1000年ごろから始まったのではないか、とも考えられるようになった。未来も過去も刻々と変化している。
例え話をしよう。二次元世界の住人にとって、線上に順にA,B,Cという点があれば、AからCへ行くには必ずBを通らなければならない。Aから見たら、Cは必ずBの向こう側にある。ところが三次元世界の住人にとっては、空間があるため、BをまたいでAからCに行くことができるわけだ。Bを通る必要はない。当然、Bを通らずにCからAに行くこともできる。
同様に三次元世界の住人にとっては、過去から未来へ行くには現在を通らなければ行けない。ところが四次元世界の住人にとって、過去から未来へと現在を経ずに飛ぶことも、未来から過去へと時間を旅することも容易にできる。四次元世界では過去、未来、現在は一体として存在するからだ。安禄山と西丸のケースや、ゲーテのデジャビュ現象を思い出せばいい。
このことを理解するには、エドガー・ケイシーが過去生だけでなく、自分の未来生もリーディングしていることを思い出すべきであろう。ケイシーは1998年と2100年ごろに再び地球に転生し、どのような人生を歩むかを克明に述べている。つまり、ある時点における未来はすでに完了している。過去生を思い出すという表現を使うならば、未来生を“思い出す”ことも可能であるのだ。過去と未来、現在は同時進行で起こっている。
さて、輪廻転生が事実で、かつアトランティス文明があったとすれば、正木和三の体験は真実であった可能性が強くなる。最後に、正木和三のほかにアトランティスの記憶を持つ人達を紹介しよう。
秋山眞人は、かつてアトランティスにいたのは間違いないと言う。手元に取材メモがないので正確ではないかもしれないが、秋山は前世でレムリアの王子の従者であったという。その王子がアトランティスにやって来たので、お供をした。秋山はアトランティスの最後にも立ち会うことになり、山のように巨大な津波が大陸を襲うのを目撃したという。
ミュージシャン喜多郎のところでかつて瞑想を教えていた梅本利恵子にも、アトランティスの記憶があるという。梅本によると、アトランティス時代の同時期に一緒にいた魂たちが、現代の日本にも多数転生してきている。そして、そのことを覚えている人も多く、そういう人達が出会うと「きゃ〜、あの時、あの塔にいた何々ちゃんが、今のあなたなの!お久しぶり〜」と、まるで同総会で出会ったときのような会話が交わされることがあるのだという。
なぜ、アトランティスの記憶を持つ人が今の時代に多くみられるのだろうか。「(科学技術の悪用によって滅んだという)アトランティスの過ちを二度と繰り返さないために、自分たちの意思で転生してきたのではないか」と秋山は言う。
カルマの法則が働いているのだろうか。そうであるならば、私たちの「今の決断」しだいで、未来の地球だけでなく、過去のアトランティスを救うことができるのかもしれない。
(文中敬称略)
(主要参考文献)
ジェニファー・ウエストウッド『失われたアトランティス』(主婦と生活社)
E・B・アンドレーエヴァ『失われた大陸』(岩波新書)
正木和三『驚異の超科学が実証された』(廣済堂)
マリー・エレン・カーター『エドガー・ケイシーの予言』(たま出版)
渡辺豊和『発光するアトランティス』(人文書院)

天の王朝
https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/9000/


posted by datasea at 05:01| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

[天体メモ]米コネチカット州で撮影された2つの太陽

Screenshot_20190925-043928.jpg


[天体メモ]米コネチカット州で撮影された2つの太陽
By Josey Wales 
2019.9.16
 BEFORE IT'S NEWS
http://m.beforeitsnews.com/
コネチカット州の山頂からの写真。
登山者の動画に二ビルらしき天体が映っている。
1983年,NASAは天体Xの存在を公表し,WashingtonPostはその記事を書いた。
記事にはNeugebauer とHouckが赤外線望遠鏡で発見したとある。

tu77yttt5yhy pc





190904_locationonSundaySep8th.jpg

惑星ニビル情報: -サム博士の学説〜ロシア天文学会は2021年初旬二ビル接近と予測
2019年9月10日火曜日18:24
 BEFORE IT'S NEWS
http://m.beforeitsnews.com/spirit/2019/09/nibiru-dr-sam-nibirus-discovery-and-to-its-date-of-arrival-2516162.html
https://t.me/BeforeitsNews
https://beforeitsnews.com/v3/spirit/2019/2515380.html
https://beforeitsnews.com/v3/spirit/2019/2515386.html
イスラエルの天文学者Sam博士が惑星ニビルについてのニュースを伝えている。
原語はアラビア語で,ポルトガル語に翻訳されブラジルのTio ABADOMのYouTubeチャンネルに投稿された。
興味深い話だ。
Sam博士によれば,ニビルは2021年初期に地球を通過する予定だという。
しかし、サム博士がこの講演と以前の講演のいくつかで述べているように、ニビルは天体物理学のすべての既知の法則に反します。 そしてそれはその旅から始まります。
サム博士による講義
09/08/2019
おはよう…慈悲深い神の名において…惑星ニビルが発見されて以来,この天体について,根拠のない伝説,物語,空想科学,小説が溢れているが,その理由は,真相を知る世界のエリート天文学者の秘密と清算のせいであり,真相を知る市民はすくない...我々は一般的学説を脇に置き,二ビル接近の日付を我々の視点で考える。
1986年,ソビエト連邦はアメリカの科学者と会合し天文情報を共有した。
ソビエト連邦は,惑星二ビルが2010年に最接近するとした。一方,アメリカは2017年〜2018年であるとした。
そしてロシア天文学会の最近の結論は,二ビル最接近は2021年初旬であるという事だ。ロシアのアシュレスク天文台(Asuresk Observatory)の推定値はまだタイムライン内にありいくらか誤差はあるが,概算で2021年初旬であるという事だ。
今日,我々人類には高度なソフトウェアと正確な天文計算により構築した素晴らしい技術開発があり,食の時間,彗星の軌道とその接近時期,流星群の日付を知っている。
しかしこの偉大な技術開発にもかかわらず,計測不可能な天体は存在するのか?
…答えはイエスだ…二ビルの動きはこれらの計算の範囲内ではない…エリートはそれを知っている...
単一の天文法/通常の軌道計算のみで計測した場合,ニビルが1979年の発見からいつ到着するかはわかっていたはずだ…しかし残念ながら,二ビルにその方法は通用しない。天体物理学の法則に反し,時に加速し,時に停止するためだ。
一般的な計測方法による予測値はあくまで参考にしかならない。
考えうる方法は,侵入者フィールドの強度の変化を測定することだ。
煙がたてばそこに火が発生していることがわかる..わかりやすく言えばそういう事だ。
7月以前の地球と以降の地球は状態が全く違う。
磁場速度(the velocity of the magnetic fields)は,7月以前は上空400kmの障壁を通過しなかった。しかし7月以降,ニビルは未だ地球から遠い距離にあるもかかわらず,現在は磁場の崩壊障壁が1450〜1500kmのポイントに到達している。
この統計的変化。ここから最接近ポイントに到達するまでにどれくらいかかるのか?
地震の統計,
気候の温暖化,
極氷の融解,
地球の電磁移動,
マグマの異変,
エネルギー貯蔵の増加
など。これらはすべて毎月記録された昇順の記録だ。 そしてこの段階においてさえ,まだ手で日光を遮ることを主張する人々がいる…..
これらの増加の原因は何か。
根拠は何もないのか…??。
私はロシアの天文情報を信頼している。そこから考えると,来年最接近と考えるのが妥当だ…。
あなたへのアドバイスは,事実だけを信じる事。 真相を追求せずに既存の一般的事実を受け入れる。それが賢明で知的な人だというのかも知れないが。しかしエリートが伝える情報を信じるべきではない。
信じるべきは今おきている現象だ。
地球の磁場の崩壊を信じるべきだ。
これから地球を襲う大規模な巨大地震を信じるべきだ... !!
イエローストーンが呼吸する時…!!
地球の亀裂。
目に映る煙のほうを信じるべきだ。
最後に。
8月の月はいて座方向にある。その近くに土星がある。
画像の天文図に従って望遠鏡で観測すれば,射手座エリアに月とリングのある土星を観測できるはずだ。このエリアは最も重要なエリアの1つであり,二ビルはこの方向から接近する。
平和とあなたに神の慈悲と祝福あれ。

tur56yr6trr4r pc

posted by datasea at 14:05| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする