2019年08月15日

雑誌ムー: 南米のヒトラー〜敗戦を逃れ生きた老ドイツ人

雑誌ムー: 南米のヒトラー〜敗戦を逃れ生きた老ドイツ人
■『ムー2016年8月号,No.429』
<ナチスUFO最高機密 アルデバラン星人の謎>
<ナチス・オカルティズムの淵源とヒトラー生存説>
<ヒトラーは死んでいなかった!世界を騙したフェイク心中の真相>
・当時ソ連の最高指導者だったヨシフ・スターリンが、ヒトラーの遺体の検証後、アメリカ国務長官ジェームズ・バーンズに対し、
「ヒトラーはスペインかアルゼンチンに逃げのびたにちがいない」と語り、ドイツ国外逃亡説が、第2次大戦直後の世界を駆け巡ることとなったのだ。
・事実、ヒトラー生存説を裏づける証言がいくつもある。
たとえば、4月30日の夕方、つまりヒトラーが自殺を遂げたあと、ベルリン近郊のテンペルホフ空港に姿を見せたヒトラーが兵士たちに目撃されている。
そしてまた身内の証言もある。
第2次世界大戦中、アンヘル・アルカサル・デ・ベラスコというトップクラスのスパイがいた。
ナチス降伏の寸前まで、ヒトラー、そしてエヴァ・ブラウンとともに地下室で過ごしたベラスコが、マルチン・ボルマンから聞いた話を、こう明かしている。
「ボルマンは、ヒトラー総統を総統府から連れだして、ひとまずドイツ南部のロタック・アム・エルヘンの要塞に移した。
ヒトラー総統とエヴァの死体がガソリンをかけられて焼却されたという話は、彼の創作だ。
世界中にニセの事実を信じ込ませることに成功したのだ。
実際には、ボルマンが信用する部下数人を使い、要塞からドイツ領内を横断し、船でヒトラー総統をノルウェーに移した」
1945年5月の時点で、ヒトラーはまだ生きていたのである。
<FBIも捜索したヒトラーの行方 ブラジルで95歳まで生きていた!?>
・さらに、ヒトラー生存説を裏づける根拠がある。
2009年に米コネチカット大学で行われた遺伝子鑑定の結果が、“それ”だ。
ヒトラーが自殺したとされるベルリンの地下室で発見された頭蓋骨の破片が、実はヒトラー本人のものではなく、20〜40歳の女性のものだったことが判明。
つまり、ヒトラーの死体は発見されていないのである。
・2014年4月15日、英のニュースサイト「エクスプレス」が機密解除されたFBIの文書の一部を公開した。
そこにはヒトラーの死亡が未確認で、Uボートで南米アルゼンチンに逃亡した可能性があり、FBIまでもがヒトラーの行方を追跡していた事実が記されていた。
・そして今年、ヒトラー生存説に、また新たな“事実”が加わった。なんと、ヒトラーがブラジルで95歳まで生きていたというのだ!
 2016年3月、驚くべき情報がネット上に公開された。元ナチスの残党を追跡していたシモーニ・レニー・グエレイロ・ディアスによって、ヒトラーがブラジル人の愛人と95歳まで生きていたという証拠写真が公開されたのだ。写真は死の2年前、1984年に撮影されたもので、
その男は、黒人のガールフレンドであるクティーニャと一緒に幸せそうにポーズをとっている。
・シモーニの著書「ヒットラー、その生と死」によれば、ヒトラーがベルリンの地下室で死んだというのは真っ赤なウソで、
アルゼンチンを経てパラグアイに飛び、ブラジルのマト・グロッソ州にある小さな町に落ち着いたという。
そこで彼はアドルフ・レイプジクという変名を用いて暮らし、地元民には「年老いたドイツ人」として知られていた。
<インターネット情報から>
サイトの「カラパナア」(不思議と謎の大冒険)から引用
「ヒトラーは生きていた!?ブラジル人の恋人と95歳まで生きていたという証拠の写真が発見される」
<ヒトラーは生きていた!?>
現代においても未だその影響力が半端ないドイツの独裁者、アドルフ・ヒトラー。
ヒトラーは1945年4月30日、総統地下壕の一室にて、妻であるエヴァ・ブラウンと共に自殺を遂げたというのが歴史上の認識であるが、
実はブラジルに逃亡し、95歳まで生きていたという噂もあり、最近になってその可能性を示す写真が発見されたそうだ。
ヒトラーが死んでいなかったという話は諸説あるが、ある本によれば、彼はパラグアイに逃れ、
アルゼンチン経由でブラジル、マットグロッソ州にあるノッサ・セニョーラ・ド・リブラメントという人口12,000人ほどの小さな町に移り住んだという。
そこではアドルフ・ライプツィヒという偽名を名乗っており、住民からは”ドイツの老人”として知られていたらしい。
問題の写真は、ヒトラーが亡くなる2年前の1984年に撮影されたと主張されるもので、そこには黒人の恋人クティンガとポーズをとる幸せそうな姿が映し出されている。
『Hitler in Brazil - His Life and His Death(ブラジルのヒトラー - その生と死)』
の著者シモーニ・レネ・ゲレイロ・ディアス氏によれば、ヒトラーはバチカンの友人から地図を入手し、そこに記されていた秘密の財宝を探していたらしい。
恋人のクティンガは素性を隠すために利用していたようだ。
ディアス氏はヒトラーの自殺が信じられず、ライプツィヒと称する人物の遺体を掘り起こし、DNA鑑定するべきだと主張している。
ディアス氏はヒトラーが隠れ住んでいたという町を2年間調査してきたそうだ。
ここはボリビアの国境に近い、18世紀のゴールドラッシュによって作られた町である。
その付近の洞窟にはイエズス会の財宝が眠っているとされ、ヒトラーがここに住んだのも偶然ではないと彼女は睨んでいる。
彼女がこのような考えに至ったのも、古い不鮮明な写真を加工して髭をつけたところ、ヒトラーそっくりな人物が現れたからである。ディアス氏によれば、80年代初頭にクイアバの病院で手術を受けたヒトラーを身元不明のポーランド人修道女が見つけ、そこから立ち去るよう命じたことがあったらしい。
しかし、自分はバチカンの命令で来ているのだと逆に叱責されたという。
陰謀論では、ヒトラーがドイツから南米へ逃れたと主張されることがある。
この見解は、イギリスの2名の作家がアルゼンチンで盗作疑惑をかけられたことから、盛んに議論が交わされるようになった。
2011年に出版された
『Grey Wolf: The Escape of AdolfHitler(灰色の狼:アドルフ・ヒトラーの逃亡)』
の著者ジェラード・ウィリアムズ氏とサイモン・ダンスタン氏は、ヒトラーはエヴァ・ブラウンとパタゴニアに逃れ、1962年に73歳で死ぬまでに2人の娘をもうけたと主張している。
この本は後に映像化されたが、アルゼンチン人のジャーナリストは著者らが自分の研究内容を許可なく使用していると訴えた。
こうしたヒトラーがアルゼンチンで生きていたとする説を、歴史家のガイ・ウォルターズ氏は馬鹿げていると一蹴する。
「まったく恥知らずで、そんな証拠はどこにもありません。陰謀論者の妄想に訴えかけているだけで、歴史的な研究とは言えませんね」
マットグロッソ連邦大学の歴史学者カンディード・モレイラ・ロドリゲス氏も
「ヒトラーが南米に逃れていたと主張する歴史家と称する人物たちは皆似たようなものですよ」
と、同じく否定的だ。
そうした説によれば、戦後、悪名高いアドルフ・アイヒマンやヨーゼフ・メンゲレをはじめ、大勢のナチスが逃亡を果たしたという。
ヒトラーの死を証明しようとする研究者にとって頭が痛いことに、その物理的な証拠は一切発見されていない。
2009年には、地下壕付近で発見されたヒトラーのものとされる頭蓋骨の破片をDNA鑑定したが、女性のものであることが判明している。
ヒトラーが生きている姿を最後に目撃したとされる元親衛隊曹長のローフス・ミシュは、2013年に96歳で亡くなった。
生前彼は、閉じられたドアの向こう側で銃声を聞いた後に、頭からテーブルに倒れているヒトラーを見つけたと発言している。

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受ける
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883974.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883970.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883975.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/folder/1612209.html?m=lc&p=9
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html

生命体エナジー浄化の会ブログ
http://www.seimeitai.net/
https://blogs.yahoo.co.jp/seimeitaienergy0501/16098280.html



posted by datasea at 05:24| Comment(0) | % アドルフヒトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクト・ブルーブック: 天王星人との交信

pp6520190711712.png


プロジェクト・ブルーブック: 天王星人との交信
異次元との交信
2009/8/19(水) 午後 5:46
異次元・亜空間 その他自然科学
人間と見えない世界との関わりは古い。古代は神懸かった神官が「見えない世界の言葉」を取り次いでいたが、時代とともに「取次ぎ役」の身分は格下げされてきて、一般庶民の能力者にもお鉢が回ってくるようになった。
呼び名も「神官」や「巫女」から「霊媒師」或いは「霊能力者」に変わり、そこに多少の熱狂的信者が集まれば、簡単な宗教団体と教祖が出来上がる。
見えない世界に対する情報を、国家が統制していた古代や、キリスト教が絶対的な支配体制を確立していた数世紀前までとは違って、20世紀以降の現代は、一国一城の小さな神々が乱立するようになったのである。
実は、チャネリングと霊媒は、交信の構造としては同じである。だが、メッセージを送る存在が宇宙人やその類なら「チャネリング」で、神様や幽霊ならば「霊媒」、と明確な差別化が出来ている。
超常現象研究家が指し示すところによれば、チャネリングに現れる存在は、地球人とは異なった意識レベルに棲む「異次元的存在(まぁ、宇宙人といえるだろうが…)」であり、人類の経験値に登録され、歴史の中で御馴染みの神々や霊が棲む、いわゆる霊界や神界(これらの世界も一種の異次元なのだが)とは区別された空間である。
人間の生活レベルに近い階層にある異次元空間に棲む存在から引き出されるメッセージは、いわゆる霊視に見られるように、人間の生活に密着した内容が多く、人類全体や宇宙とかという規模の非個人的な全体
が見えてこない場合が多いのが気がかりである。
それは、この次元の住民たちが所属する階層が、人類全体を俯瞰できる高みにいないからだ。チャネリングの場合は、他の宇宙星系に属する意識体が、地球と人類全体を俯瞰して見たときの情報を引きだ出させている点で霊媒よりも優れていることもある。
しかし、物質世界の人間としての生き方や在り方といった、生活目線レベルでのアドバイスには見当はずれのものも多く、非常に無責任で他人事のようなメッセージが多くてあてにならない。
さらには、人間と大して変わらないレベルの意識体からの情報も多く、このような低レベルのチャネリング情報に引っかかって信じてしまうと最悪の事態が起こりかねない。
未だに「UFO=物質的宇宙船」である、というイメージが人類全体に根ざしていない19世紀には、1世紀後の20世紀に起きたチャネリング騒動の原型となる事件がアメリカで発生していた。
アメリカの歯科医師、ジョン・B・ニューブロウ(1828−1891)は、1882年(明治15年)に、霊感を得て宇宙の高度な知的生命体と宇宙交信して
『オアスペの書』
と呼ばれる、地球年代記のような本を書き上げた。
19世紀、イギリスを席巻した心霊研究ブームは、大西洋を挟んで対岸のアメリカ東部にも伝染していた。
当時、霊媒が行う降霊術に興味を持ったニューブロウは、降霊会に出席した際に、霊媒師ではなくて自分の方に異次元の知的生命体と思しき「彼ら」が降りてきてしまい、そのまま「彼ら」との交信が始まった。
「彼ら」は、自らを「オアスペの天使たち」と名乗ったが、憑依されたニューブロウは狂ったようにペンを走らせて「彼ら」の語る宇宙の隠された謎を書いたのである。自称「オアスペの天使たち」によれば、彼らは遥か太古の時代に、地球に降り立って人類の進化に介入したという。
さらには当時の地球人類には、いわゆる宇宙船の存在は珍しいものではなく、日常的に使用されていたという。
UFO研究家のグレイ・バーガーは、金星人とコンタクトしたと主張した。
元祖UFOコンタクティーのジョージ・アダムスキー(1891−1965)と並んで有名だったコンタクティーのハワード・メンジャー(1922−)の語る宇宙人の物語が、ニューブロウの書いた「オアスペの書」と内容がソックリであると指摘している。
また、アダムスキーのパートナーであった宇宙考古学者ジョージ・H・ウィリアムソンは、「オアスペの書」から感銘を受け、後の異次元空間の宇宙人たちとテレパシー交信を始めた。
コンタクティーの話を全てインチキだと批判することは極めて簡単だが、普通の人々にとって彼らの言うバカげた主張の中にも、ある共通する内容があることは否定できない。
彼らは互いに別々の活動をしていながら、偶然なのか?同じものを見て、同じことを体験している点があるのは事実だろう。
その体験を言葉にするときに、語彙などに個人差があるだけのような気がしてくるのだ。
多くのコンタクティーたちの最後は、家族や友人たちから疎外され、「何者か」に脅えるかのように、神経衰弱に陥って死んでいくか、マスコミ等に「UFO教の教祖」のような存在に祭り上げられた挙句、誇大妄想狂のレッテルを貼られてしまう場合が多い。
彼らは自分自身でも全く気がつかないうちに、ある明確な目的の意思を持った者たちによって、マインドコントロールされている可能性もある。
その者たちとはUFO隠蔽工作の首謀者なのか、或いは異次元の「連中」なのか、どちらなのだろうか?ことによると両者の共同作戦でアメリカ政府と異星人の密約という話は事実なのか…?
…と、ここまで考えてしまうとUFOコンタクティーや研究家たちが迷い込んでしまった迷宮に、足を踏み入れてしまうことになりかねないので、ここはグッと我慢して1歩引いて見なければならない。
天文学者ジェサップ博士はオカルト世界の中に「UFOの真実」を見つけ出しだ直後、何かに脅え始めてから後に怪死を遂げた。
ジェサップは最終的に、UFOの正体は異次元世界からの侵入者たちであると確信していた。
そして異次元の住人たちとコンタクトするには、無線などの通信機器を使った現代の方法では、全く持って不可能であると考えていた。
異次元テクノロジーを持たない人間に残された唯一の手段とは、皮肉にも最先端科学とは対極に位置している、最も古典的なオカルトの手法であった。
霊界交信ともいえる霊媒師による交霊術こそが、唯一の方法であると確信したジェサップは、晩年になって親しい友人に
「もし自分が死んだら霊界交信で、あの世にいる自分とコンタクトして欲しい」
と頼み込んでいる。
これまで起こった人間消滅事件を振り返ってみると、神隠し事件のような偶発的状況を除いて、我々人類が異次元世界に入り込むのは不可能に近い。
だが、「連絡を取るくらいなら、何とかならないものだろうか?」と考えるのもまた人間らしい。
科学の最先端(最先端軍事技術)を持つ軍当局も、秘密裏にオカルトによる交信試験に挑んでいたのだった。
アメリカのテレビプロデューサーであるロバート・エメネガーは、アメリカ空軍の公式UFO調査期間である「プロジェクト・ブルーブック」の調査官であったロバート・フレンド大佐(インタビュー時は中佐)から驚くべき話を聞かされた。
フレンド大佐によれば、1958年(昭和33年)7月9日(この9ヵ月後にジェサップ博士は怪死)に、首都ワシントンDCにある政府の特殊施設で秘密集会が開かれたという。集会には7名が参加したが、その内訳は軍とCIA職員であった。
集会のメインゲストは、ある海軍中佐で、異次元世界の異星人とコンタクトできる超能力を持っているという触れ込みだった。
そしてこの中佐を通して異次元世界にアクセスして、異星人とコンタクトを図る実験が行われたというのだ。
この匿名の中佐は、4年前(1954年)に起きた不可解な事件の調査中に偶然、超能力を身に着けたのだという。
この事は1954年のことである。
当時のONI(アメリカ海軍情報部)は、東部のメーン州サウスバーウィックに住むフランセス・スワンという夫人が、地球外知的生命体とテレパシーでコンタクトしているという、にわかには信じがたい情報を手に入れた。
関心を持ったONIの元少将のH・ノールズは、直ちに2人の将校を夫人のところに派遣した。
そして、この内の1人がメインゲストの中佐であった。
2人の将校が夫人の家に到着すると、ONIよりも先にカナダ国防省によって、夫人は詳しく調べられた後だった。
夫人を調べたのはカナダ政府の公式UFO調査機関「プロジェクト・マグネット」の中心人物、W・スミスだった。
スミスはUFOの異次元的な性質に興味を抱いており、彼は私的に超常現象研究に打ち込んでいた。
到着した2人の将校は、とりあえず夫人にテレパシー・コンタクトを実演してもらうことにした。
夫人は、まず2人を椅子に座らせると2人の前に座り、みるみるトランス状態に入っていった。
やがて完全に意識を失った夫人の口からは、自称「宇宙惑星連合」の異星人だと名乗る声が飛び出したが、其の話の内容は驚愕すべきものだった。
この異星人の話は、恐らく夫人の持っている全教養と知識を総動員しても作り上げることが不可能な、高度な科学技術に関する話であり、2人の将校は目をむいた。
もっと驚くべきことは、この「宇宙惑星連合」が、地球人類に対して組織的な秘密工作活動を行っているという話だった。
この話が事実なら、国防を預かる軍部としては、早急に手を打ち対策を練らねばならない。
しばらく話をしていた異星人が、ふいに夫人の手を使って2人の将校の内の1人(例の中佐)をビシッと指差した。
して「お前を通して話がしたい!」と言い出したのである。どうやら夫人よりも、肉体と頭脳的ともに勝る中佐の体に乗り移りたいらしいのだ。
テレパシーとか霊媒というものに無関心だった中佐は、異星人の申し出に戸惑ったが、とにかくやってみようということになり、異星人に指示されるがままに見よう見真似で体を動かしてみた。
初めはうまく行かなかったが、何度か繰り返すうちに、ついにトランス状態に入ることに成功した。
するとどうだろう、彼は夫人以上の適応性を見せたのである。
喜んだ異星人は、夫人の体を捨てると、そのまま中佐の体に乗り移って話を続けたのであった。夫人宅での出来事は直ぐにONIに報告され、海軍はより詳しい調査に乗り出すこととなった。そしてまとめられた報告書はワシントンにも伝えられ、冒頭の秘密集会が開かれることになったのである。
ワシントンの密室の中で異星人コンタクトは始まった。参加した7名の半信半疑の者たちの視線を浴びながら、中佐はトランス状態に入っていった。
やがて中佐の口から、自称「天王星人」が現れて、出席者たちの質問に答え始めた。
あるCIA局員が疑いの眼差しで天王星人に「我々は今すぐにUFOを見られるのか?」と尋ねた。
すると天王星人は、「今すぐ窓の外を見るように!」と答えたので出席者たちは、あわてて窓に駆け寄った。
すると、なんと円形の飛行物体が、上空を悠々と飛行しているではないか!
驚いた出席者たちが、すぐさまレーダーサイトに確認の連絡を入れたところ、なんと今UFOが浮かんでいる地点に、レーダー上でも確かに何かが浮かんでいる事実が確認されたのである。
アメリカ軍とCIA、そして政府の上層部は、このワシントンにおける異星人との交信実験をきっかけとして、異星文明とのチャネリング・コンタクトに大きな関心を持ち始めたようで、この後もこうした実験を通して、宇宙船建造に必要な科学技術情報を異星人から引き出そうと試みたのである。
またカナダ当局も、アメリカ側と全く同じ理由で同様の実験を行っていたことが判明した。
だが不可解なことに、ワシントンの秘密集会に参加したメンバーは、その後に何故か全員、転勤や配置換えなどによって遠方に引き離されてしまい、互いに交流が出来ない状態にされてしまったのである。
この秘密集会の一件ををエメネガーに話したフレンド大佐は、メンバーが引き離された理由や交信計画のその後について、エメネガーに意見を求められると、自分のような階級の者(大佐クラス)には知るずべも無い、と言いたげに、ただ肩をすくめるだけだった。

徒然ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/58774211.html
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/58763644.html
https://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide
posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % ET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幽霊飛行場に迷い込んだ小型飛行機

05466ba50d6f300594d0febe43372c26.jpg

幽霊飛行場に迷い込んだ小型飛行機
異次元空間に迷い込んだ事件
2009/5/7(木) 午後 4:42
異次元・亜空間 その他自然科学
次に上げる事例は、ハンギング・ロック事件と共に『異次元空間』を理解する上で参考になるだろう。
1976年(昭和51年)8月のことだった。
これはアメリカのケネス・ベーコン氏の体験である。オクラホマ州タルサにある飛行場から、1機の小型飛行機が離陸した。
タルサ高等裁判所判事であったベーコン氏は、この日いつものように操縦かんを握ると一人大空の遊覧飛行へと出かけた。
超常現象やUFOの目撃などの事件に懐疑的な者は、事件に巻き込まれた人々が、でっち上げたホラ話だと決め付けたり、学歴や教養の無い下層の人間が売名行為でやっているサギ話だと、決め付けて取り合わないことが多い。
だが、実際に不可解な事件に巻き込まれた者の中には、かなりの数で社会的地位のある高学歴の教養人が存在する。
そして、体験前までは、こうした現象に懐疑的であった者が非常に多いのである。
今まで懐疑的で取り合わなかった者が自らの信念を覆して、自分の体験した不可解な事件を言い表そうとする困難さは筆舌に尽くしがたいものがある。
話を戻します。この日のコースは、タルサから隣のカンザス州のウィチタまでで、約3時間の飛行予定だった。タルサのフライトサービスに天候を確認すると、今日は雲ひとつない快晴で飛行には最高だという。これ以上は望めないといった青空の下で、ベーコン氏は楽しい飛行を続けていた。
離陸してから1時間が過ぎようとしていた頃だった。
突然、ベーコンは背中に冷たいものを感じて何とも言いようの無い嫌な気分に陥った。
慌てて機内を見渡したが何もない。
「そうだ、ここは空だ。誰かが後ろにいるはずが無い…冷たいのは温度のせいだ」離陸前は摂氏29℃あった室温が今は15℃になっている。
ベーコンは自分に言い聞かせた(超常現象が発生する直前には、室温や体温が急激に下がることは研究者にはよく知られている)
落ち着きを取り戻したベーコンは、窓の外を見て絶句した。
いったい何時の間にか湧いたのだろう…雲ひとつなかった青空が、今やおびただしい量の雲に覆われている。それも普通の雲ではないようだった。白と黒の雲が奇妙な状態で渦を巻いているのだった。
しかもその雲の渦はぐんぐんこちら迫ってきていて機体を包み始めた。
不気味な雲から逃れようと、地上を見たベーコンは絶望した。なんと地表には激しい砂嵐が吹き荒れていて、とても不時着は出来ない。だが、奇跡は不意にやって来た。
機体の左前方に一筋の雲の切れ間が口を開けたように光が差し込んでいる。
しかも切れ目の向こうに側には明るい太陽に照らされた、大きな飛行場が見えるではないか。ベーコンは、その雲の切れ間に突っ込んだ。
悪魔のような雲海を乗り切ったベーコンは、早速地図を取り出して、眼下に見える飛行場の名前を確かめた。地図を見たところ位置的には「ハビット飛行場」と記載されていたが、おかしなことに、飛行場の管制塔が使用している航空無線の周波数が記されていない。
印刷ミスだろうか?いずれにせよ、これでは地上と連絡が取れない。
仕方なくベーコンは、緊急用の周波数を使って地上に呼びかけた…が、応答が無い!地上からはこちらの機影は良く見えているはずだ。高度を下げたベーコンは、その飛行場を見てゾッとした。
良く目で確認すると、飛行場には人気が全く無かったのだ。
こんなに大きな飛行場なのに、人がいないということなどあり得るのだろうか。ベーコンは何だか嫌な予感がしたが、今はそんなことを言っていられない。FAA(連邦航空局)と一悶着あるのを覚悟で、だだっ広い飛行場に強行着陸した。
無事に着陸したベーコンは、機体を係留区へと移動させると、直ぐに辺りを見渡した。滑走路の隙間という隙間には雑草が伸び放題に伸びていた。このときベーコンは、何故か理由も無く「根無し草」という言葉を思い浮かべた。
管制塔に目をやると、ベーコンに気がついた様子も無い。
やむなくベーコンは、重い腰を挙げて飛行場に降り立った。
人気の無い管制塔を見上げると、窓は割れて中は荒れ放題になっている。
まるで時間が完全に止まってしまったかのようだ。
生命感が完全に欠如した世界に、ベーコンは全身に寒気を覚えてゾッとした。
彼はこのときの異様な様子をこう語っている。
『人の気配は全くありません。これは一体現実なのだろうかと私は気になり始めました。
まともなものは何もなく、全てが狂っている感じです。
…イメージではなく、その只中に自分が飛び込んでしまったという思いです』
(M・ケイディン他、空の上の超常現象)
足を進めたベーコンは更に不思議な光景に出会った。
『私は数ブロック離れた所に芝刈り機があるのに気が付きました。その傍らには蓋の開いたままの工具箱が1つ置かれたままになっていました。
まるでたった今まで誰かが仕事をしていたような感じです。
更にその傍らには魔法瓶と半分コーヒーの入ったカップが埃をかぶっていました。
ごく普通に忙しくみんなが立ち働いていたこの飛行場が、突然として何らかの理由で全く出し抜けに運用を止めてしまった…という感じでした』
突然、ベーコンは、自分は「あの世」と「この世」の中間にある、中途半端な宙ぶらりんの世界に迷い込んでしまったのだという、説明の出来ない確信に取り憑かれた。
今や自分は「根無し草」なのだ。一刻も早く脱出しないと、2度と帰れなくなるという予感が全身に走った。
ふと地平線に目を向けたベーコンは恐怖した。
なんと、向こうで激しい嵐が巻き起こっていて、どしゃぶりの雨が降っているのに、良く見ると地表はカラカラに乾いたままだだった!
「狂っている!!」ベーコンは飛行機に駆け寄って飛び乗ると、エンジンを全開にして離陸した。
元の世界に戻るには、今来たコースを逆に進むしかない…あの雲の切れ間が消えてしまったら還れなくなるのだ。
ためらうことなく雲の切れ間に突っ込んだ。
雲海を抜けるとパッと視界が開けた。見れば地表には見慣れたカンザス州のライオンズ飛行場が見える。
今度は正真正銘の「生きた飛行場」だ。しかも無線も通じる。生きた人間の声に安堵しつつ、ベーコンは管制塔の指示通りに着陸した。
着陸すると、いつもどおりに整備員がやってきて、飛行機を誘導し始めた。
今しがたの異様な体験に興奮していたベーコンは操縦席から降りるなり自分の体験を整備員に話した。
だが、整備員の顔からはみるみる血の気が失せていく。
整備員はベーコンから逃げるように後ずさりを始めて
「旦那…あそこには誰も降りないんです。何かとてつもなくおかしなことがおきているんです…」
というと、一目散に逃げ出してしまった。
整備員は明らかに何かを知っているようだったが、誰かに口止めをされているのか、話をすることさえ恐れているようだった。
その後、ベーコンは何度か車を使って、あの幽霊飛行場に行こうとしたが、どういうわけかその度に偶発的な用事が入ったり、トラブルに巻き込まれたりして、どうしても行くことが出来なかった。
彼が自分の体験を、地元タルサの新聞記者に話したところ、これに興味を示した記者は、早速に問題のハビット飛行場に電話を入れてみた。すると意外にも、生きた人間と思しき男が電話に出るではないか!だが男の話は異様なものだった。
名前も明かさない電話の男は
「そうよなぁ、俺は根無し草みたいなものさ…」
という話を繰り返すだけだったが、電話の切り際に
「ここは軍の古い基地なんだ…おもてに出せないんだよ。それしかいえない…」
と謎めいた言葉を残したのである。
その男が「根無し草」という言葉を口にしたことを知ったベーコンは、全身に鳥肌を立てて恐怖に震えた。
それはあれを体験した者だけがわかる恐怖であった。
幽霊飛行場に迷い込んだベーコンは、そこが生命のあふれる人間の世界と時間が止まった死の世界との中間にある「宙ぶらりんの世界」であると直感していた。肉体を持った人間と、肉体を持たない異次元の存在が出会う場所だ。
物質世界の次元と非物質世界の次元が重なりあった奇妙な世界。
霊能者スウェデンボルグは、こうした中間世界を「精霊界」と呼んでいるが、世界的に有名な体外離脱者であり「ヘミシンク」の開発者であるアメリカのロバート・モンロー(1915〜1995)は、自らの体外離脱体験を通して、我々の物質世界に平行して存在している異次元空間であるパラレルワールドを発見し、中間世界について報告している。
モンローの体外離脱体験は、ある日突然始まった。横たわっている体から意識体(霊体)がスルリと抜け出してしまう体験をしたモンローは、抜け出した自分が天井から空っぽの肉体を見下ろしていることに気がついた。
そして何度も体外離脱を繰り返すうちに、次第に自分の自由意志で離脱できるようになったモンローは、物質世界に重なるように存在している、もう1つの世界(平行世界=パラレルワールド)があることを発見した。
モンローによれば、この平行世界は肉体の死後間もない魂が「死」というものを理解して、それに慣れるまでの間に滞在する仮の居場所であるという。つまりスウェデンボルグの言うところの「精霊界(中間世界)」にあたる世界だ。
中間世界では死者達は生前の好みや考え方を反映した環境を作り出していた。
同じような考えを持つ者たちは集団で生活していたが、1人で暮らしている研究者のような者もいて様々だったという。
モンローが最近亡くなった友人の消息を追って中間世界を探してみると、彼らは物質世界にいたときと何ら変わりの無い様子で、
普通に生活を送っていたという。
だが、暫くして再び訪れてみると、彼らは忽然と姿を消しており、住んでいた家や部屋は物抜けの殻となっていた。
そのときの様子をモンローはこう語る。
『私はチャーリーが自分で創り出した非物質の海辺の小屋に来ていた。
まるで静止画の中に居る様だった。
砂浜は普通に見えたが小屋は空っぽだ。
雲は空に張りついているかのように動かず、太陽も止まったまま。潮風も無い。
チャーリーが居なくなったせいだ。
彼が居たら、全ては動いていたはずだ。…それから何週間もの間、チャーリーが何処に行ったか探し続けた。
いくら頑張って探しても手がかりは何処にも見出せなかった』(R・モンロー著、究極の旅)
心臓発作で死んだチャーリーは、海辺の小屋で倒れて息を引き取ったのであるが、中間世界でも自分の想念で海小屋を作り出していて、そこで普通に生活していたのであった。
モンローの霊体(意識体)が最初に訪れたときにはチャーリーは出迎えてくれたが、どうやら自らの死を自覚したのか、チャーリーの霊体は次の進歩に向けて、より上位の次元世界へと消えていたのである。
人気のなくなった海小屋に立つモンローの描写は、何処かでみた光景のようだ。
そう、奇妙な雲の切れ間に入り込み謎の幽霊飛行場に着陸した、あのベーコンの体験だ。
草ぼうぼうの滑走路に飛行機を停めたベーコンは、ガラスの割れた人気の無い管制塔を眺めるうちに、時間の止まった飛行場の異様な気配に戦慄していた。

徒然ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/57870018.html

posted by datasea at 00:00| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする