2019年08月12日

ETメモ: 火星のグレムリン〜ローバースピリットの画像に現れた超次元生物

pp6520061211113.png


pp6520061211112.png


pp6520061211114.png




ETメモ: 火星のグレムリン〜ローバースピリットの画像に現れた超次元生物
Basiago – The Discovery of Life on Mars

EXOPOLITICS
http://exopolitics.blogs.com/files/mars---andrew-d.-basiago---new-discovery---mars-ids-transitional-phase-of-id---9-10-09-1.pdf

NASA
http://marsrover.nasa.gov/gallery/all/spirit_p2012.html



(要約)
超次元生物を火星で発見
NASAローバースピリットの画像に現れた超次元生物
シアトル
2009年9月10日
火星調査協会( the Mars Anomaly Research Society , MARS )会長によるヒューマノイドの新情報が公表された
10日後、また新しい情報がはいった。
ローバースピリットの近くに生物が映っているのだが、それは3次元生物ではなく超次元生物であることがわかった。
連続して撮影された画像をみるとその生物は「モーフィング」していることがわかった。
まだらのグレムリン:
2009年9月1日
火星調査協会会長アンドリュー D. バシャゴ(バジアーゴ)は火星で新種のヒューマノイドを発見したことを明らかにした。
この新種のヒューマノイドをバジアーゴは「まだらのグレムリン」と呼んでいる。
この可愛い小型のヒューマノイドは2012プロジェクトで活動しているローバースピリットが撮影した。
「これが超次元生物である証拠だ。」、バシャゴ(バジアーゴ)は言う。
「連続して撮影された画像をみると生物が映っているのがわかる。この生物は次の瞬間には消えている。
ローバースピリットを通り過ぎたりしている。岩でできた像ではない。
このことからも火星には生物が棲息していることがわかる。」
この映像は火星研究家ロスカーリーによってNASAのアーカイブページのローバースピリットの画像から見つけられた。
1つめの写真ではローバーのすぐそばでまだら色の小さいグレムリンの頭が映っている。
2つめの写真はNASAのアーカイブページの同じ場所にあった写真。
ローバーが動いたのでグレムリンも頭をそっちに向けたと火星調査協会は判断している。
その後ことの生物は視界から消えた。
この発見以後、NASAのアーカイブページはまだらのグレムリンの研究対象となった。
この宇宙に生きる超次元生物は自分の肉体の形状を自由に変える。
3つめの写真で、グレムリンの目や鼻や口や頭は次の映像では「モーフィング」している。
この生物は3次元の生物ではない。
下の3つの画像のうちの左の画像(最初)ではグレムリンの顔はふくれて悲しく見える。
まだらの顔色は光にあたってコントラストがある。
下の3つの画像のうちの真ん中の画像(次)ではグレムリンの顔はなにかに驚いたような表情になっている。
表情はまったく変わっている。
左の画像では閉じていた大きい目が真ん中の画像では小さくなって開いている。
まだらの顔色のコントラストは左の画像より小さくなっている。
顔の右側に黒いL
字状のパーツができている。
下の3つの画像のうちの右の画像(次))ではグレムリンの顔はほとんど完全に消えている。
顔の右側の黒いL字状のパーツだけが残っている。
バシャゴ(バジアーゴ)は言う。
「火星には超次元の生物が棲息している。この画像はそのことの証明である。」

local pc

posted by datasea at 08:40| Comment(0) | % ET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETメモ: 火星の生物,爬虫類ヒューマノイド,マーシャンサスカッチ

pp6520190812111.png


Reptoid predation of humanoids on Mars, page 3
Reptoid predation in NASA image PIA11049

EXOPOLITICS
http://exopolitics.blogs.com/files/mars---mars-publishes-color-enhanced-image-of-speckled-gremlin---9-11-09-1.pdf

スクラップ雑記
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50318970.html
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50328512.html
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50217543.html
http://satellite1517.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html








(要約)
火星に生息する肉食爬虫類ヒューマノイド
NASAが撮影した火星の写真のなかに映っていた肉食爬虫類ヒューマノイド
上は肉食爬虫類ヒューマノイドが火星で生息していることの証拠となる写真。
バジアーゴ氏がNASAの火星写真/イメージPIA11049のなかで発見した。
イメージPIA11049は火星のコロンビア盆地を映したもの。
緑色の爬虫類の頭が映っている。
爬虫類の獲物になっているヒューマノイドはターコイズブルーの服を着ている。
前回爬虫類の獲物になった時このヒューマノイドは足の先を喰いちぎられた。
どうやら、火星の爬虫類がヒューマノイドを補食する場合、まず足をねらって動けなくするらしい。
前回足を喰いちぎっただけでおわりにしたのはヒューマノイドへの心遣いかあるいは補食のテクニックだろう。

local pc






pp6520190812112.png


火星の野生生物/マーシャンサスカッチ
Three New Animal Species found on Mars
THREE NEW ANIMAL SPECIES FOUND ON MARS
IN SECOND PHOTOGRAPH FROM ROVER SPIRIT
EXOPOLITICS
http://exopolitics.blogs.com/files/mars---andrew-d.-basiago---three-new-animals-found-on-mars---3-12-09.pdf
耕された土のエリアの左上の岩棚のところに3匹の動物が映っている。
これはバシャゴ(バジアーゴ)氏が発見したもの。
動物は霊長類で茶色い毛が日光で輝いている。動物は岩棚に集まって右を見ている。
動物の大きさは人間の5倍。
下の盆地を立って見下ろしている。
バシャゴ(バジアーゴ)氏は右側にいる動物を作家モーリスセンダックの古典児童文学からとってマーシャンサスカッチ( Martian sasquatch )と名付けた。

スクラップ雑記
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50328512.html
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50217543.html
http://satellite1517.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html











pp6520190812113.png


プレシオサウルス
Reptoid predation of humanoids on Mars, page 3
Reptoid predation in NASA image PIA11049
EXOPOLITICS
http://exopolitics.blogs.com/files/mars---mars-publishes-color-enhanced-image-of-speckled-gremlin---9-11-09-1.pdf
写真は火星で撮影されたもの。この肉食ヒューマノイドは
プレシオサウルスだろう。アンドリューバジアーゴ氏が火星で発見したプレシオサウルスと同じものだろう。
地球ではプレシオサウルスはすでに絶滅した。

スクラップ雑記
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50318975.html
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50328512.html
http://satellite1517.seesaa.net/article/a50217543.html
http://satellite1517.seesaa.net/
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html






posted by datasea at 08:20| Comment(0) | % ET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画,1962年5月火星に到着

















Exopolitics: 2012年の地球のタイムラインと火星の極秘移住計画
2012 EARTH TIMELINES AND THE SECRET MARS AGENDA by Ki' Lia
My recruitment into a classified project involving Time & Quantum Access technologies, and Gaia’s urgent call for Disclosure
By Ki’ Lia

2012goddesscosmos.com
http://www.2012goddesscosmos.com/Gaias_Call/EarthMarsTimelines.html
12:54 PM | Permalink

Exopolitics
http://exopolitics.blogs.com/





(要約)
2012年の地球のタイムラインと火星の極秘計画
キリア
これは私キリアが数年前経験した個人的な経験です。私キリアは非常に危険な火星任務につきました。
秘密結社のエージェントとの奇妙な出会い、時間と量子にアクセスすることで人類の集団意識を操作する技術との出会いを経験しました。
政府機関は火星を生き残りのための植民地として考えています。
そして広く予言された2012年に地球のタイムラインは2つのタイムライン、災害と超越に分かれます。
私はこの計画にデザイナー、フューチャリストとして採用されました。
私は音楽、デザイン、ダンス、ライティングなどで多くの賞をとっているマルチアーティストです。そして私は多次元ガイドです。
私は地球の政治リーダーが地球外文明とのコンタクト、火星の生命のディスクロージャーをすすめているのかどうか疑っています。
例によって例のごとく治安を優先しているんだと思います。
人類の覚醒のタイムリミットが近づいています。
我々はみな知る権利、豊かに生きる権利があります。まわりの人にこの地球の本当の歴史と運命を教えてあげてください。
高度な知識と力の封印を解くカギを手に私たちはともに前例のない賢明な文明を構築できると信じています。

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50776860.html






第3の選択〜バランタインsテープ火星映像,あなたも私も選ばれなかった!
2012/2/28(火) 午前 0:47
宇宙 練習用
第3の選択〜バランタインsテープ火星映像

第3の選択
http://video.google.com/videoplay?docid=-4270009619784824077#





ケネディーやニクソンとそのチームは本当に「第3の選択」のチームとソビエトの協力や火星での成果を知らされていなかったのだろうか?

新宿宇宙人のブログ 
http://blogs.yahoo.co.jp/hamakiufo/3484556.html






UFO。火星の宇宙基
あなた火星行きに選ばれましたか?
ローラマグダリーン・アイゼンハワー
キ・リア
アイゼンハワー元大統領
もう搭乗が始まっているのではないでしょうか?
私には残念ながらお呼びがかかりませんでした。
アイゼンハワーのひ孫は選ばれたようです。
「第三の選択」は既に行われている!

メモ帳
http://blogs.yahoo.co.jp/dojobzzzz/50217543.html







火星コロニープロジェクト

Examiner.com
http://www.examiner.com/x-2912-Seattle-Exopolitics-Examiner~y2010m2d10-Whistleblower-Laura-Magdalene-Eisenhower-Ikes-greatgranddaughter-outs-secret-Mars-colony-project






(要約)
ローラマグダリーンアイゼンハワー、アイクの曾孫ドワイトD.アイゼンハワー元大統領(1890〜1969)の曾孫、ローラマグダリーンアイゼンハワーは、火星コロニープロジェクトから内々に採用の打診があったことをメディアに暴露した。
採用の中身というのは2006年4月から2007年1月まで火星コロニーで働くというもの。
ローラはこの申し出を断った。ローラの話はウェブサイト ExopoliticsRadio.org と彼女自身のサイトに掲載されている。
キリアはスタンフォード大学出身のアーチスト。
ローラの同級生。
時間旅行の監視と火星コロニープロジェクトのスパイの仕事の採用者リストにのったことを語っている。
極秘にすすめられている火星コロニープロジェクトの目的は、地球でおこる人為的な災害、天然の災害による人類削減計画からの人類の避難所をつくることである。
ローラとキリアはどちらもスタンフォード調査委員会の前調査員ハロルドE.プソフ博士のことを知っている。
プソフ博士は火星コロニープロジェクトの立役者だ。
2人の証言はアンドリュー.D. バジアーゴ氏の証言と一致する。
バジアーゴ氏は弁護士でアメリカ政府の極秘プロジェクト、タイムマシーンの開発の取材をつづけている。
バジアーゴ氏はテレポーテーションの体験を過去二回している。
一度目は1981年、カリフォルニア州エルセガンド( El Segundo )にあるCIAの施設から火星へ彼一人でテレポーテーションした。
二度目は同じ径路でCIA職員のコートニーM.ハント氏といっしょにテレポーテーションした。
ホワイトハウス:
ドワイトD.アイゼンハワー元大統領
ローラマグダリーンアイゼンハワー、宇宙人、アイゼンハワー家の伝説
ローラマグダリーンアイゼンハワーはアメリカ国内外の20以上の都市を旅行や引越で転々として最先端の医学、
環境学、錬金術、形而上学、古代史などの幅広い学識を身につけた。
さらに科学者、荒野探検のリーダー、自然療法士、建築士の資格をもつ。
さらに神話の宇宙論者、戦略家、サイキック治療者、平和活動家、アーティストだ。
ウェブサイト Exopolitics.com の火星コロニープロジェクトの記事でローラはこう書いている。
― 「私の曾祖父アイク大統領、ヒトラーと戦って連合軍を勝利に導いた軍将軍でもあったアイク大統領。
彼は地球にはびこる権力の不正と戦い歴史の上でも最も勇気あるシナリオをつくった。
大きくなるにしたがい、私は古代から延々とつづく戦いはもう終えたと感じるようになっていった。
第二時世界大戦がおわった。
ヒトラーは死んだしナチスは権力をうしなった。
しかし宇宙人の一味はそうはならなかった。
宇宙人の一味はまた新しい宿主をみつけて寄生して操っている。
その宿主とはロックフェラー、グローバルエリートのことだ。
彼らは恐れによって人類を支配し、神の教えを廃れさせようとしている。

local pc



火星行きのエレベーター
氏によれば、このデバイスが地球と火星をむずぶ交通手段で、デバイスは大きな貨物エレベーターに似ているということです。

projectcamelot
http://projectcamelot.org/index_archive_7.html




posted by datasea at 07:52| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グノーシスの天体図,支配構造


pp6520190712112.jpg


グノーシスの天体図,支配構造
プレヤデスから来たセムヤーゼはエドアルド・ビリー・マイヤーが誕生した1937年は地球がアクエリヤスの時代に入る100年前であると言っていた、と思う。
とすればアクエリヤスとフォトンベルトは少しづれているのだろうか?
どちらも正確にその年からきっちりと始まると言うことではなさそうだけれど
同じ天体図で説明できそうだ。このずれがなんとなく不安だ。

新宿宇宙人のブログ  
https://blogs.yahoo.co.jp/hamakiufo/15988855.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/3812372.html                      
http://blog-imgs-40.fc2.com/o/u/j/oujyujyu/07192.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/rirateraera/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%A2%A5%EB%A5%B7%A5%AA%A5%CD&sk=0

尾形Tハルのブログ
https://ameblo.jp/rirateraera/entry-12034671522.html






pp6520190711221.png


宇宙の現実,ヤンガス,精神世界,支配構造
2019/7/17(水) 午前 8:46 日記 練習用
神々の降臨は近い 神々は地球で覚醒を始めた!
【都市伝説】グノーシス派イルミナティに集った天才と人工知能…
地球外生命体:地球を訪れた57種類のET
地球人は宇宙でもまれなDNAの多様性を持っている、
"THE FLYING SAUCER MAN" Billy…
Billy Meier ufo 2014
波動を上げる祈り  バシャール  Prayer for A…
アレックス・コリアー:メンタリング#3 5次元界への移行
地球史 #3: 地球外種族による太古の地球訪問とエデンの設置
【誘導瞑想】ハイヤーセルフとつながる誘導瞑想
たった1日で体外離脱できた方法!【不思議×おもしろ 研究所】
OBE(体外離脱)をUSS( UFO科学大学院 )から紹介…
【 DNA repair anti-aging Solfe…
Hemi Sync Lightfall ヘミシンク モンロ…
明るい死後世界―従来のあの世観は間違っていた!
DVD版激動の時代を生きる英知【坂本政道・ヘミシンク】
パパジ、日本人の決意の強さ
パパジ〜『何かしようとしないでください』
地球人のための宇宙語講座 その3 マルチバースとは? Wh…
地球人のための宇宙語講座 その2 ヤンガス アセンション …
地球人のための宇宙語講座 その1 ヤンガス
大国主はユダヤの大統領だった?
大国主と宇宙人の関係とは?
フトマニ(ヲシテ文字) 国常立の緊急メッセージ
竹内文書における神界の仕組み
工学博士 政木和三 超能力
異次元を旅するサラリーマン まるの日圭さん
死後の世界を探索するためのエクササイズとは?ブルース・モー…
死後探索 ブルース・モーエンさん インタビュー (HD版)
ブルースモーエン 坂本政道さん コラボレーションセミナー
み魂を磨くには?
宇宙生命体について
銀河宇宙人類の祖としての宇宙生命体、その心情と解放
「愛と悟りと運命」 プロジェクト ペガサス
ペガサスの地球開闢記念ワークショップ
スターシード☆目覚めの時地球人のための宇宙語講座 その3 マルチバースとは? What is multiverse? 地球人のための宇宙語講座 その2 ヤンガス アセンション あわのうた 地球人のための宇宙語講座 その1 ヤンガス 大国主はユダヤの大統領だった? 大国主と宇宙人の関係とは? み魂を磨くには? フトマニ(ヲシテ文字) 国常立の緊急メッセージ 竹内文書における神界の仕組み 工学博士 政木和三 超能力 かごめ唄の秘密 その2(宇宙連合のUFOに乗るには?) 「宇宙連合とアウェイクニング(目覚め)」井上恒弘 アルシオン・プレヤデス(3部作の第3部) オリジナルバージョン
アルシオン-プレヤデス 第2部 Alcyon Pleiad…
アルシオン・プレヤデス 21−2 地球外生命の助言者とプラ…
アルシオン・プレヤデス21−1 光子によるDNAの再コード化
プレアデスポータル - The Pleiadian Por…
1hr Gamma Binaural + Isochron…
1 hour Gamma Binaural Beats 4…
1hr Gamma Binaural Beat Sessi…
全世界で1000万回以上再生のビデオドラッグ】 「レイン…
体外離脱誘導
JSAI2014xトランセンデンス前半(松田)
トランセンデンス 特別映像「トランセンデンスとは?」
トランセンデンス(日本語吹替版)
30 minutes movies: The Matrix
町山智浩が映画「マトリックス」ウォシャウスキー監督の性転換…
町山智浩 インセプション 「"人生,自分が主役."これ…
映画「インセプション」キャラクター紹介特別映像
映画『インセプション』予告編
フェーズ
ウイングメーカー
2011/9/26 SF小説?:750年未来からのメッセー…
神様の分散と集合 坂本政道の「絵で見る死後体験」を読み…
あの世の世界ですべての過去世 が一同に会している(トータル…
カルロス・カスタネダ  ナワール  幽体離脱  集合点の移動
カスタネダ    意識の帯
神々は地球で覚醒を始めた!
年代別に人々の特徴分析する「インディゴの生まれ変わりと進化…
【閲覧注意】衝撃!当たりすぎるヒトラーの怖い予言
カスタネダ   変身
カスタネダ   4000歳   
エネルギーフィールド  集…
実はアトランチスの時代に人工知能による人類支配が始まった?!
【都市伝説】グノーシス派イルミナティに集った天才と人工知能…
2045年問題 人工知能は人類を超える
昔から地球は宇宙人だらけだった「宇宙連合とアウェイクニング(目覚め)」井上恒弘
こんなに広い宇宙に地球人だけが住んでると思いますか? …
大暴露 超常現象 宇宙人 コンタクト  アブダクシ
シッチン シュメール文明  エジプト  マヤ インカ  日…
地球人への手紙:レプティリアン -- アンドロメダ2012…
Greatest Scenes In Film: They Live - Sunglasses

新宿宇宙人のブログ  
https://blogs.yahoo.co.jp/hamakiufo/15988855.html
http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/3812372.html                      
http://blog-imgs-40.fc2.com/o/u/j/oujyujyu/07192.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/rirateraera/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%A2%A5%EB%A5%B7%A5%AA%A5%CD&sk=0

尾形Tハルのブログ
https://ameblo.jp/rirateraera/entry-12034671522.html




posted by datasea at 07:29| Comment(0) | ◉ エノク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

fumitakakarasu読書メモ: 伝説のスープのおばあさん

fumitakakarasu読書メモ: 伝説のスープのおばあさん
■「生まれ変わりの村 1」  
森田健,河出書房新社,2008/6/24
中国奥地、前世を記憶する村があった
死んで、生まれ変わって、再び家族とめぐりあった84人の証言
死は別れではなかった。 意外な前世記憶法
<前世を記憶する村の「スープの伝説」とは?>
<あの世で忘却のスープを飲まなかった女性(2001年10月4日取材)>
<前世での服飾の技が、今世でも使えた>
1969年生まれの32歳の女性です。
生まれ変わりの話をすると病気になると言い、最初は逃げ腰でしたが、それでも少しずつ話してくれました。
前世(女)も女性で結婚していて、男の子一人と女の子二人の三人の子供がいました。
ある日、何か幽霊のような存在に取り憑かれ、それらに連れられるようにして、魂が体から離れ、そのまま肉体は死んでしまいました。1967年1月8日、27歳の時のことです。
<あの世>
・死んでから2年ほど、経ったある日、生まれ出る寸前にあの世で、橋のたもとにおばあさんがスープを持って立っているのが見えました。
そこにはたくさんの行列ができていました。
馬や牛やロバなどの行列も人間とは別にできていました。
私は、おばあさんの差し出すスープは飲まず、そこを逃げ出しました。
これがある「伝説のスープ」(後述)だと思ったからです。
そして、次の瞬間、私は今の肉体に生まれ変わっていたのです。

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受ける
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57016520.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883974.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883970.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883975.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/folder/1612209.html?m=lc&p=9
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html






■「超入門 アカシックレコード」 
ゲリー・ボーネル  徳間書店   2009/8/6
<生まれ変わらない魂、肉体をもたない魂>
<“ガイド”あるいは“光の存在”について>
・ここまで、魂の転生のお話をしておきましたが、実は肉体をもって転生できる魂は本当に少ないのです。魂の全体の数を見ると、実際に肉体を持って生まれ変わることのできる魂の数の割合は、非常に少なくて、残りの魂たちは、人間となった存在たちをサポートしているのです。
地球の周りには、いろいろな次元の層があって、そこには菩薩といわれる存在たちもいます。さらに興味深いのは、生まれ変わらない肉体を持たない魂たちです。
この魂たちは、自分が惹かれる肉体を持った人間を通して、この地球次元を観察します。これがいわゆるガイドといわれる存在です。
もし、自分の魂が見える鏡があるとしたら、そこにはあなたの周りに何千もの魂がびっしりといるのが見えるはずです。
肉体を持たない、あるいは肉体をもったことのない魂たちが数えきれない程、たくさんいて、あなたがやっていること全てを、ものすごい興味をもって見ています。
・肉体を持っている私達はみんながそういう魂たちの応援を受け、観察もされています。
本当に、あなたが、一呼吸するたびに、彼らは、話し合い、すべてを観察しているのです。
ひとりひとり、人間そのものが奇跡です。深遠なる奇跡です。
魂のような永遠の存在が、こういう臨時的な存在に宿るということそのものが、本当に奇跡です。
創造と言われる全体の中で、地球のようにこういうことが起きている場所は、ほとんどありません。
また、魂の中では、ほかのシステムで転生を終えてしまった存在たちもいます。彼らは、今この地球のシステムでは“光の存在”として存在しています。ほかのシステムを経験し終わった人たちは、もうあえて地球で肉体をえようとは思いません。
・“光の存在”にとっては地球に転生することは、どろどろの沼の中に入るようなものだからです。もう二度と物質の世界に宿ろうなんて思いもかけないという感じで、頭にそういう考えさえ浮かばないんです。

UFOパラレル・ワールド 日本は津波による大きな被害を受ける
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57016520.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883974.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883970.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/56883975.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/folder/1612209.html?m=lc&p=9
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html
https://blogs.yahoo.co.jp/fumitakakarasu/57034012.html





posted by datasea at 06:49| Comment(0) | + 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き盆と盂蘭盆

生き盆と盂蘭盆
2017年11月26日
折口信夫全集第一巻  古代研究(国文学篇)(46)
11月26日(日)
折口信夫全集第一巻
中央公論社:昭和51年6月10日
古代研究(国文学篇)(46)
国文学の発生(第三稿)
昭和二年十月稿、昭和四年一月「民族」第四巻第二号
まれびとの意義
七 生きみ霊(4)
古代における呪言(よごと)は、必ず、その対象の神・精霊の存在を予定していたものです。
賀正事(よごと)に影響される者は、天子の身体というよりも、生き御霊であったと見るのが適当です。
天子の生き御霊の威力を信じていたのは、敏達天皇紀十年閏二月蝦夷綾糟(えみしあやかす)等の盟いの條に泊瀬の中流に下り、三諸(みもろ)ノ岳に面し、水に漱ぎ、盟ひて曰はく…若し盟に違はば、天地の諸神、及び天皇の霊、臣が種を絶滅さむ。
とあるのは、恐らく文飾ではないでしょう。
正月、生き御霊を拝する時の呪言が「おめでたう」であったとすれば、正月と生き盆との関係は明らかです。
生き盆と盂蘭盆との接近を思えば、正月に魂祭りを
行ったものと見ることも、不都合とはいわれません。柳田国男先生は、やはりこの点に早くから眼をつけておられました。
 
短歌とわたし
http://blog.livedoor.jp/jintoku510/search?q=%E7%94%9F%E3%81%8D%E7%9B%86










三つのお盆
2009/8/17(月) 午後 9:55 一口法話 夏休み
facebookでシェア
twitterでつぶやく
”三つのお盆”
●新盆 過去1年〜3年以内に死者のでた盆
●吉事盆 過去1年〜3年以内に不幸のなかった家の盆
●生き盆 過去1年〜3年以内に不幸もなく、両親も健在である家の盆
お盆は今、在る自分を見つめ中身のある人生を送る事を認識する期間 です。合掌

篠栗85番札所 祖聖大寺
https://blogs.yahoo.co.jp/soshiodaiji5885/30349401.html











ウランバナ」とは逆さ吊りの苦しみという意味です。 これが「盂蘭盆(うらぼん)」の語源です。
2019/8/11(日) 午後 10:07
転載記事 宗教
この項目では、仏教行事としての詳細について説明しています。
日本などの民俗行事については「お盆」をご覧ください。
■盂蘭盆会(香港)
盂蘭盆会(うらぼんえ)とは、7月15日を中心に7月13日から16日の4日間に行われる仏教行事のこと。
盂蘭盆(うらぼん)、お盆ともいう。
また、香港では盂蘭勝会と称する[3]。
『盂蘭盆経』(西晋、竺法護訳。今日では偽経とされる)、『報恩奉盆経』(東晋、失訳)などに説かれる目連尊者の餓鬼道に堕ちた亡母への供養の伝説に由来する。もともとは仏教行事であるが、唐代の道教の隆盛期に三元の一つの中元節の流行とともに儀礼の融合が進んだ[3]。
日本における日付については、元々旧暦7月15日を中心に行われていたが、改暦にともない新暦(グレゴリオ暦)の日付に合わせて行ったり、一月遅れの新暦8月15日や旧暦のまま行っている場合に分かれている。父母や祖霊を供養したり、亡き人を偲び仏法に遇う縁とする行事[4]のこと。
盂蘭盆は、サンスクリット語の「ウランバナ」(ullambana、उल्लम्बन)の音写語で、「烏藍婆拏」(『玄応音義』)、「烏藍婆那」とも音写される[5][6]。「ウランバナ」は「ウド、ランブ」(ud-lamb)の意味があると言われ、これは倒懸(さかさにかかる、逆さ吊り)という意味である。
一方、古代イランの言葉(アヴェスター語)で「霊魂」を意味する「ウルヴァン」(urvan)が語源だとする説もある。
古代イランでは、祖先のフラワシ(Frava?i、ゾロアスター教における精霊・下級神)が信仰され、それが祖霊信仰と習合し、「祖霊」を迎え入れて祀る宗教行事となったとする。
2013年、仏教学者の辛嶋静志は盂蘭盆を「ご飯をのせた盆」であるとする説を発表した。
それによると、盂蘭盆経のうちに
「鉢和羅飯(プラヴァーラ〈ナー〉飯)」
という語があり、これが前述の旧暦7月15日・安居(雨安居)を出る日に僧侶たちが
自恣(プラヴァーラナー 梵: prav?raṇ?)
を行うことに関連付けられる。
古代インドには自恣の日に在家信者が僧侶へ布施をする行事があったとし、それと盂蘭盆経が説く行為とが同じものであるとしている。
また、盂蘭盆の「盂蘭」はご飯を意味する
「オーダナ (梵; 巴: odana, 特に自恣の日に僧侶へ施されるご飯を強調する)」
の口語形を音写したものであり、それをのせた「盆(容器の名)」が「盂蘭盆」であると説明する。
盂蘭盆の行事は中国の民俗信仰と祖先祭祀を背景に仏教的な追福の思想が加わって成立した儀礼・習俗である。
旧暦7月15日は、仏教では安居が開ける日である「解夏」にあたり、道教では三元の中元にあたる。仏教僧の夏安居の終わる旧暦7月15日に僧侶を癒すために施食を行うとともに、父母や七世の父母の供養を行うことで延命長寿や餓鬼の苦しみから逃れるといった功徳が得られると説く[3]。一方、道教の中元節とは、宇宙を主るとされる天地水の三官のうち、地官を祀って、遊魂などの魂を救済し災厄を除くというもので、仏教の盂蘭盆とほぼ同時期に中元節の原型が形作られた[3]。
本来的には安居の終った日に人々が衆僧に飲食などの供養をした行事が転じて、祖先の霊を供養し、さらに餓鬼に施す行法(施餓鬼)となっていき、それに、儒教の孝の倫理の影響を受けて成立した、目連尊者の亡母の救いのための衆僧供養という伝説が付加されたと考えられている[5]。
■目連伝説
盂蘭盆会の由来に目連の伝説がある。
仏教における『盂蘭盆経』に説いているのは次のような話である。
安居の最中、神通第一の目連尊者が亡くなった母親の姿を探すと、餓鬼道に堕ちているのを見つけた。喉を枯らし飢えていたので、水や食べ物を差し出したが、ことごとく口に入る直前に炎となって、母親の口には入らなかった。
哀れに思って、釈尊に実情を話して方法を問うと、「安居の最後の日にすべての比丘に食べ物を施せば、母親にもその施しの一端が口に入るだろう」と答えた。その通りに実行して、比丘のすべてに布施を行い、比丘たちは飲んだり食べたり踊ったり大喜びをした。すると、その喜びが餓鬼道に堕ちている者たちにも伝わり、母親の口にも入った。
■歴史と習俗
盂蘭盆会に関する最早期の資料は竺法護訳の
『般泥恒後潅臘経』、
『仏説盂蘭盆経』、
『経律異相』
などで仏教上の儀礼としては六朝梁の頃には成立していた。
咸淳5年(1269年)に南宋の志磐が編纂した『仏祖統紀』では、梁の武帝の大同4年(538年)に帝自ら同泰寺で盂蘭盆斎を設けたことが伝えられている。『仏祖統紀』は南宋代の書物なので梁の武帝の時代とは、約700年の隔たりがあり、一次資料とは認め難い。しかし、梁の武帝と同時代の宗懍が撰した『荊楚歳時記』には、7月15日の条に、僧侶および俗人たちが「盆」を営んで法要を行なうことを記し、『盂蘭盆経』の経文を引用していることから、すでに梁の時代には、偽経の『盂蘭盆経』が既に成立し、仏寺内では盂蘭盆会が行なわれていたことが確かめられる。
唐代から宋代には中国の民俗信仰を土台として盂蘭盆、施餓鬼と中元節が同じ7月15日に行われるようになり、儀礼や形式、作法などにも共通性が見られるようになるなど道教の行事との融合が進んだ[3]。

情報収集中&放電中
https://blogs.yahoo.co.jp/honjyofag/67118646.html



新盆・初盆・ご法要の準備はしましたか?
2015/7/18(土) 午後 3:15
日記 その他祝日、記念日、年中行事
facebookでシェア
twitterでつぶやく
盆提灯の曽根人形です。
新盆・初盆・ご法要の準備はしましたか?
イメージ 1
曽根人形・人形の正栄ヤフーショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/soneningyo/
まずは、簡単に「お盆」とは何か、何をしたら良いのかを簡単にご説明いたしますネ。
お盆について
「お盆」というと帰省ラッシュ、盆踊りの風景などを想像される方が多いと思いますが、
「お盆」は先祖供養の儀式で、先祖の霊があの世から帰ってきて、家族と共にひとときを過ごし、再びあの世に帰っていく、という日本古来の祖霊信仰と仏教が結びついてできた行事です。
お盆の期間
お盆の期間は地域によってさまざまです。
東京では7月13日から7月16日、その他の地方では8月13日から8月16日に行われ、8月のお盆のことを旧盆とか月遅れのお盆といいます。
お盆のスケジュール
お盆の前日までに、精霊棚(しょうりょうだな)・仏壇に、
灯明、
線香、
生花、
果物
などのお供え物、精進料理を供えた霊供膳(仏膳)などを供え、盆提灯を飾ります。
(新盆の場合は、新盆用の白提灯を飾ります。)
いかがでしたか?
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らしていると自然と覚えることも、最近では核家族が増えているので、いざ自分でやろうとしても難しくてわからない事だらけですよね。
ざっくりとした説明ですが、なるほど、そうなんだと思っていただけると嬉しいです。
盆提灯の曽根人形では高級感あふれる伝統の粋が生きる
盆ちょうちんの逸品を取り揃えています。

曽根人形・hina・お雛様のブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/soneningyo_hina/14215563.html








死生二つの盆踊り(遊行の盆で)
書庫日記
カテゴリ練習用
2019/7/30(火) 午前 4:45
7月26日(土)は台風6号接近で各地の催事が中止順延になりました。
私は毎年藤沢の遊行寺で催される「遊行の盆」に出かけています。
既に私の「季節の体内時計」にインプットされているので行かないと気持ち悪くなりそうなのです。
昨年は秋田の竿灯もやってきて大通りを練りました。夕食を食べてから夕涼みがてらユックリ出かけようと思っていましたが。
午後4時になると高校野球のテレビばかり見て居られなくなってソソクサと出かけました。
私の楽しみは秋田県羽後町西馬音内に伝わる盆踊り「西馬音内盆踊り」を観る事です。
西馬音内の盆踊り。深い菅傘を被ったり黒い頭巾で顔を隠した踊り子が練り踊ります。
踊り子の服装は黒い地味な一重モノの上に友禅の羽織や西陣の帯を巻いています。想像するに服装は踊り子のお母さんやその先のお母さんの晴れ着や浄衣をこの日の為に大事に用意しておいて、「お母さん盆踊りに行くからね・・・・!」箪笥の底から引き出してきているのでしょう。もう一方で一重の着物で黒子頭巾をかぶっている踊り子がいます。黒子頭巾は文楽の人形遣いを思わせます。現代の文楽の人形遣いは黒子頭巾の人と素顔を出している人がいますが,元々は全員が黒子で顔を隠していたそうです。最近になって主遣いの人形遣いだけ顔を出すようになったそうです。黒子で顔を隠しているのはその踊り子が心霊的な存在であることを示しているのでしょう。少なくても盆踊りの見物には晴れ着の模様を観て「あれは昨年亡くなった▽▽さん、今年は初盆だわ!」何て思うのでしょう。
踊り子はお世話になった母や祖母の霊を取り込んで踊るのでしょう。
藤沢遊行寺通リで練る西馬音内の踊り子たち。
着物に先祖の晴れ着をパッチワークにしています。亡者とその子孫が一体になって踊っているのです。
同じく遊行通リを練る西馬音内の踊り子菅傘を被っている踊り子と黒子頭巾(ひこさ頭巾)で顔を隠した踊り子がいます。
そして盆踊りのお囃子が問題です。一般に盆踊りのお囃子は笛に三味線に鼓ですが西馬音内盆踊りには「摺鉦(すりがね)」が目立つのです。鉦とは空也上人が下げている鈴の事です。明らかに盆踊りと云っても盆の息抜きのバカ騒ぎではなくて、祖霊の供養の葬列です。その推測を証明するように西馬音内盆踊りの会長はその歴史を次の様に話していました。
1、西馬音内盆踊の歴史は鎌倉時代に遡り旅の上人様が豊作の祈願の踊りを教えてくれました。(藤沢市民はその上人こそ遊行寺のお坊さんであると確信しています」。
2、更に江戸時代になると、慶長6年(1601)西馬音内城主小野寺茂道一族が滅び、土着した遺臣たちが君主を偲び、旧盆の16〜20日までの5日間、宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行われた亡者踊りと合流したのだそうです。農業の予祝踊りと亡き主君の慰霊の踊りが合体して現在まで存続してきたというのです。
黒子頭巾(西馬音の人に訊くと『ひこさ頭巾』と云うそうです。田の草取りの際に日焼けや目を守る頭巾は”頬カムリ”だそうです。
日本三大盆踊りを同時に観られるのが「遊行の盆」のいいところです。残りの二つが「阿波踊り」と「郡上踊り」です。「西馬音内踊り」の次は「阿波踊り」で例年高円寺の「朱雀連」の踊り子が来られます。西馬音内踊りは祖霊と一体になって踊る「亡者の踊り」なら阿波踊りは生きる喜びを爆発させる「生者の踊り」でしょう。
生きている喜びに溢れています。
薄物の襦袢は白で、法被半纏はピンクで帯は黒です。
連の先に女踊りがその後ろにヒョットコ踊り(滑稽踊り)の男達が続きます。
両者を合わせれば「高千穂神楽」です。オカメとヒョットコが嬉々として踊る事から。豊穣になり子孫も繁栄します。
これが高円寺の朱雀連による阿波踊りです。
この日は台風6号が近づいて中止も懸念されていました台風の風が襦袢の裾を乱して踊り子は大変見物の私のようなエロ爺さんは大喜びでした。久米の仙人なら歩道で卒倒したでしょう。
三番目最後の踊りが「郡上踊り」です。郡上踊りも中世に始まる「念仏踊り」や「風流踊り」の流れを汲みます。郡上八幡城主(青山氏)が宝暦一揆(百姓一揆)対策として、城下の住民が融和して踊る事を奨励したので、8月14日〜16日の盂蘭盆会を外さず一夏中踊られます。谷合の城下町のタップダンスのような下駄の音が響きます。
遊行の盆でも郡上踊りはその精神通りに見物人も連に加わって踊って
”令和になってら災害も無く平穏に平和にあって欲しい”
と踊りますが、やはり長良川と九頭竜川(福井)と荘川(富山)の分水嶺の谷合城下町の情趣は藤沢では期待できません。
郡上八幡には昨年春桜を見て長良川の渡し場の民宿に泊まりました。
”次は盆踊りの季節に参ります”約束しましたので、いつもの友人を誘ってゆきたいものです。それ迄はポスターを観て我慢しましょう。

羽後町観光協会
http://ugo.main.jp/bonodori/

毎日をロハスに
https://blogs.yahoo.co.jp/kamakurakannon/41564920.html



posted by datasea at 06:09| Comment(0) | ◉ 仏典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする