2019年06月30日

FB古代史研究会: 偽書「旧事紀(くじき)」にみるべきものはないか


FB古代史研究会: 偽書「旧事紀(くじき)」にみるべきものはないか
古荘秀雄
【先代旧事記を復権させよう】
先代旧事記は偽書ということになっていて、資料的価値なしというのがいわゆる通説です。
ウイキペディアにはこう記されています。
*****************
「  先代旧事本紀』(せんだいくじほんぎ、先代舊事本紀)は、日本の史書であり、神道における神典である。
『旧事紀』(くじき)、
『旧事本紀』(くじほんぎ)
ともいう。全10巻からなり、天地開闢から推古天皇までの歴史が記述されている。
序文に聖徳太子、蘇我馬子らが著したとあるが、江戸時代の国学者である多田義俊、伊勢貞丈、本居宣長らによって偽書とされた。
現在では大同年間(806年〜810年)以後、延喜書紀講筵(904年〜906年)以前に成立したとみられている。
物部氏の氏族伝承など部分的に資料価値があると評価する立場の者もいる」
******************
偽書にあるとされる最大の理由は序文を聖徳太子、蘇我馬子が著したとあるからで、これは成立年の想定からすると明らかに間違いであり、そもそも、その時点で二人はとっくに生きてはいません。
内容についても古事記、日本書記の二番煎じの箇所も多く、総合的に見て後代の作り話であるということになりました。
しかし
です。
聖徳太子らが序文を書いたというのは、ある書物に箔をつけようと後代のものがしただけ。ということは十分考えられるでしょう。
そして記紀とかぶるところはあれども、それでは被らないところはどういうことになるのか?
物部氏という古代最大豪族の一族の記録という視点も必要ではないのか。
******************
Wikipediaより
「 序文には推古天皇の命によって聖徳太子と蘇我馬子が著したもの(『日本書紀』推古28年(620年)に相当する記述がある)とある。
このことなどから、平安中期から江戸中期にかけては日本最古の歴史書として
『古事記』・『日本書紀』
より尊重されることもあった。
しかし、江戸時代に入って偽書ではないかという疑いがかけられるようになり、多田義俊や伊勢貞丈らの研究によって偽書であることが明らかにされた[4]。
本書の実際の成立年代については
『古語拾遺』(807年成立)
からの引用があること、藤原春海による『先代旧事本紀』論が承平(931年〜938年)の日本紀講筵私紀に引用されていることから、『先代旧事本紀』は藤原春海による延喜の『日本書紀』講書の際(904年〜906年)には存在したと推定され、従って、『先代旧事本紀』の成立は
大同年間(806年〜810年)以後、
延喜書紀講筵(904年〜906年)以前
と推定されている。  」
******************
つまり先代旧事記が偽書というのは
成立年代だけが問題になっているという構造のようなのですね。
十種の神宝(とぐさのかんだから)
などの独自の表現についても一緒くたに作り話になるのはやや乱暴ではないかと思いますし、
饒速日の河内への天孫降臨なども独自のものです。
(記紀よりかなり詳しい)まさに物部に伝わる物語なのだと思うのです。

Facebook
https://www.facebook.com/groups/kodaishi/permalink/1980274142117326/
posted by datasea at 16:55| Comment(0) | ◉ 日本神話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FB古代史研究会: 武蔵はなぜ熊本金芳山を死地に選んだか

FB古代史研究会: 武蔵はなぜ熊本金芳山を死地に選んだか
オリンピックを五輪と表記する元となりましたのが、宮本武蔵が、平の岩戸山で記しました、五輪書によるものです。
岩戸山では、外国の方をよくお見かけいたしますが、欧州では、大ロングセラーの本として知られているそうです。
兵庫の高砂生まれ→岡山
の宮本武蔵は、なぜ、歌詠み場がある熊本の金芳山岩戸山で五輪書を納め、生涯を閉じたのでしょう。
それは、古代に伽那人がたどった、鳥人族の
金芳山(熊本)→金鳥山(兵庫)
への道と逆の道、古今集仮名序、高砂やの歌と逆の道をたどらなければ、真名である、観自在(私は在ると観る)とは何かを知る事はできなかったからです。
熊本藩での武蔵の役職は、お伽話をお殿様に聞かせるお伽衆でした。
宮本武蔵が五輪書を書いた霊巌洞のすぐ上の、山桃の木の下で、母に宿った私ですが、武蔵の本名の藤原玄信の名を知った時、ピンときました。
岩戸山は、天(中)津神を祀る中津臣(藤原)氏の故郷の、近津宇土の宮と、同じ松尾地区だったのです。
三刀流の海賊島のあった所でもあり、宮本武蔵の型破りの剣法は、船上で戦う海賊の剣法に近いと考えています。
写真は、宮本武蔵が描いた古木鳴鵙図ですが、獲物を枝に生け贄のように刺す鵙の習性により、生(令)と死(霊)の二天の片仮名の一流(真名、令霊の和)の学びを示しています。
また、武蔵は、達磨を好んで描いていますが、目を入れる達磨は、球磨日(クマラ)の八咫鏡(八方鏡369片仮名→神鏡666真名)の目でもあります。
球磨の雉馬(金人の鳥)は、クマラと同じデザインです。
達磨が、大陸での伽那人である可能性もありますのは、金芳山には、古代に、航海に必需のインドのダイダイが植えられていた事と、坂口の実家の達磨の絵には、頭蓋骨変形が見られる事からの推察です。

Facebook
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=896816100682657&id=100010628255647




FB_IMG_1561881579671.jpg


FB_IMG_1561869648270.jpg

FB_IMG_1561881704929.jpg
posted by datasea at 16:16| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小原一成教授: 次の巨大地震は千葉で間違いない

小原一成教授: 次の巨大地震は千葉で間違いない〜千葉沖でスロースリップ連発>>千葉沖で311級地震
【緊急警告】千葉県沖で超巨大地震が目前に迫っている! 政府、気象庁、学者もガチ危惧する前兆現象「スロースリップ」連発中!
2018年6月17日 07:00 44
百瀬直也
6月11日、防災科学技術研究所のチームが政府の地震調査委員会で、衝撃的発表を行った。房総半島沖で今月上旬から起きている群発地震は、プレート境界の岩盤がゆっくり滑り動く
「スロースリップ」現象
によるものというのだ。
この現象、実は東日本大震災の前にも発生しいたことが判明しており、前兆現象の1つだったという指摘がある。
つまり、次は千葉県の南東沖を巨大地震が襲う可能性があるということだ。
【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/06/post_17231_entry.html
■3.11の直前にもスロースリップ現象が起きていた!
まずは、耳慣れない読者も多いであろうスロースリップ現象について簡単に説明しておく。同現象は、他にも「スロー地震」「ゆっくり滑り」「ぬるぬる地震」などさまざまな呼ばれ方をするが、基本的にプレート境界で見られ、地下の岩盤に蓄積されたエネルギーが断層のすべり運動となって解放されるものだ。それが急激であれば高速なすべり(通常の地震)となるが、この現象は大小互いに影響を与え合っているという。さらに現在では、発生期間により短期的・長期的スロースリップに分けて分析することもある。
これまで地震学者の多くが、スロースリップが巨大地震の前兆となった前例はないと考えてきたが、その認識は本当に正しいのだろうか? 筆者の分析によって、過去にスロースリップの直後に大きな地震が起きたケースは、以下のようなものがある。
1994年、三陸沖で約1年にわたりスロースリップ現象が続いたが、同年末の12月28日にM7.6、最大震度6の三陸はるか沖地震が発生し、3人が命を落とした。また、宮城県沖では2011年3月上旬にもスロースリップが見られたが、その直後に東日本大震災が発生した。これらは、気象庁気象研究所により「2011年東北地方太平洋沖地震前に見られた前兆的現象」としてまとめて公開されているが、やはりスロースリップは大地震の前兆現象として十分に“あり得る”との認識が学会でも深まりつつあることの表れだろう。
■房総半島沖で不穏な動き
では、現在問題になっている房総半島沖では、過去にどのようなスロースリップが起きていただろうか。
房総半島東部から千葉県東方沖にかけての領域は、オホーツクプレート(北米プレート)の下にフィリピン海プレート、さらにその下に太平洋プレートが沈みこむという複雑な三重構造になっている。
オホーツクプレートとフィリピン海プレートの境界では、
1983年
1990年
1996年
2002年
2007年
2011年
2014年
と、頻繁にスロースリップ現象が発生していた。これらのうち2014年1月のケースでは、気象庁が地震に注意を呼びかけるなど異例の対応を取った。すると、約1カ月後となる2014年2月11日、房総半島南方沖でM5.3、最大震度3の地震が発生している。
今回、房総半島沖で6月3〜6日にかけて発生した群発地震に、通常とは異なる地殻活動が確認されたため、スロースリップと判定された。
そして11日、政府の地震調査委員会は、房総半島沖でのスロースリップ確認を受けて今後は地震活動が活発化する可能性を指摘していた。するとその翌日となる12日朝、千葉県東方沖でM4.9、最大震度3の地震が起きたのだ。平田直委員長は「きのうの会合で指摘したとおりに地震が起きたといえる。今回は震度3だったが、今後はより揺れの大きい地震が起きる可能性もあるので、地震活動に引き続き注意してほしい」(NHK NEWS WEB、2018年6月12日)と警告している。
■次の巨大地震は千葉で間違いない
このようにスロースリップ現象は、研究が進展することによって、将来的に地震予知の可能性が大きく開けるかもしれない。これは極めて重要なトピックなのである。
スロースリップ研究の第一人者である東京大学地震研究所の小原一成教授も、「スロー地震は巨大地震の発生と何らかの関係があり、観測によって巨大地震の発生や切迫度の予測に応用できる可能性がある」と語っている(読売新聞、2013年9月18日)。
そして問題は今、房総半島沖でスロースリップ現象の発生間隔が次第に短くなっているということだ。
前述の小原氏は、
「“スロースリップ”が起こる間隔が徐々に短くなっていった後に、大地震がくることがわかっています」(「週刊女性」、2014年2月4日号)
と指摘している。
さらに、次に巨大地震が起きる場所も特定できているとして、それは
「東北や南海トラフではなく、千葉県沖で間違いない」(「週刊女性」、同上)
と断定しているのだ。このように、日本列島を襲う次の巨大地震が、いよいよ千葉県沖に迫っている可能性は否定できない。警戒するに越したことはないだろう。
(文=百瀬直也)

Excite
https://www.excite.co.jp/news/article-amp/Tocana_201806_post_17231/

posted by datasea at 04:22| Comment(0) | // 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする