2019年05月17日

雑誌ムー: 新元号「令和」の言霊を考える

pp6520190501588.png


雑誌ムー: 新元号「令和」の言霊を考える
新元号「令和」。
この言語には果たしてどんな言霊が込められているのだろうか,その分析を試みてみる。
「令和」の典拠である万葉集5巻の
「梅花の歌の序」
それは筑紫国(福岡県)の太宰府(九州の行政官庁)に長官として赴任していた大友旅人は天平2年(西暦730年)正月13日(新暦2月)赴任先の邸宅で宴会を催した際に集まった人々(主に役人たち)が庭に咲く梅の花を詠んだ32種の和歌に対する序文として記されたものである。
したがってこの文の作者については,宴会の主催者である大友旅人と見るのが定説である。
典拠の核心部分である
「初春の令月にして気淑く風和し」
であるが現代語に訳すと,
「今は初春のめでたい正月であって,気持ちはよく,爽やかな風が吹いている」
となって,春の訪れを告げる梅の花が咲誇る陰暦正月の風流な情景を描写したものといえる。
ー雑誌ムー,2019年,

omopqgg pc


pp6520190501311.png








pp6520190501313.png


「令和」は「梅」に縁を持つが,
「梅」
と言えば歴史上の人物で平安時代の文人・菅原道真を思い出す。
道真は梅の花このこよなく愛して,この花を読んだ新聞を数多く残したことで知られる。
道真を神として祀る全国の天満宮・天神社は梅の花を上の家紋とする。
しかしこれもまたよく知られているように右大臣にまで上り詰めた道真は,その昇進をねたむ藤原氏の陰謀によって地位を奪われて,太宰府に左遷されてしまった。
その左遷先は奇しくも大友旅人がかつて赴任して,梅の宴会を催した場所であった。
そして道真はその太宰府で都に咲く梅の花を恋い焦がれつつ,延喜3年(西暦903年)失意のうちに没してしまうのである。
ちなみに道真の有名な和歌
「東風吹かば匂い起こせよ梅の花主なしとて春な忘れそ」
(風が吹いたならば香りを送り届てくれ,梅の花よ。
主である私がいないからといって春を忘れるな)
太宰府へ左遷されるにあたって,日頃見せていた京都の自邸の梅との別れを惜しんで詠んだものと伝えられている。
道真が没してしばらくすると不思議なことに京都では藤原氏の有力者の急死や内裏への落雷等,怪事が相次いだ。すると人々はこれは道大の祟りだと噂するようになった。
当時の天皇は病気になりほどなく崩御してしまう。世を恨みつつなくなった道真は死して巨大な怨霊あらぶる雷人になったー当時の人々はそう信じて疑わなくなった。
大和朝廷・民衆は祟りを鎮めようと道真を天満天神として崇め奉り始めた。
これが全国にある天満宮・天神社の始まりである。
「令和」は梅と太宰府を媒介としてそんな恐るべき怨霊の神とどうしてもリンクしてしまうのである。
ー雑誌ムー,2019年,

omopqgg pc





「令和」は「梅」に縁を持つが,
「梅」
と言えば出口ナオのお筆先をまとめた日月神示の一説を思い出す。
「三千世界, 一度に開く梅の花,艮の金神の世になりたぞよ。
梅で開いて松で収める,神の国の世界になりとぞよ」。
明治25年1892年2月艮の金神=国常立尊に憑依された当時57歳のナオはこの言葉で始まる神託を口走り始めて,これが大本開教の発端となった。
この神託は人類の救済神である国常立尊が神国をこの世に実現させるために地上世界に降り立ち
世の立て替え・立て直しを開始することを告げたものとされる。
そしてここにみえる「梅の花」は冬の厳しい寒さに耐えて早春にすべての花に先駆けて咲くことから,建て替え・立て直しの時節の到来の象徴,あるいは国常立尊の先触れであると理解することもできる。
したがってナオのお筆先を踏まえるならば,次のように解釈することもできる。
「咲き誇る梅の花を隠喩する元号・令和はこの時代に救済神・メシヤが到来して神の国・日本の言霊パワーが全開となって,理想世界としての神の国が実現することを予言している。
令和時代は怨霊の影に怯える不安な時代になるのか,それとも国号の言霊と結びついて輝かしい神国の世となるのか。はたまた享楽的な憂き世となるのか。
新天皇の即位とともに発動を始めた新元号の言霊が主なまもなく新時代の行方をあらわにしてくれることだろう。
ー雑誌ムー,2019年,

omopqgg pc


pp6520190501589.png


pp6520190501599.png




posted by datasea at 14:02| Comment(0) | ◉ 日月神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤス: 予言と恐怖

第1回 ビリー・マイヤーの予言について
7,935 回視聴
Yasushi Takashima
2018/09/04 に公開
ヤスの世界情勢トーク 第1回 ビリー・マイヤーの予言について

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ
https://www.mag2.com/m/P0007731.html








(要約)
ヤス: 予言と恐怖
まず予言ということなんですけれども,私はかなり前から「ヤスの備忘録」でコルマン・インデックスをはじめとした数々の予言を比較分析してきました。
予言の興味ということについては,いわゆるその予言が当たるか外れたのかというようなことではない,ちょっとはまた別な意味で興味があります。
それを紹介した上で,我々の未来の出来事などについて少し語りたいなというふうに思ってます。
まず予言というものについて語ったうえで,ビリー・マイヤーの予言が示唆するかもしれない未来について語りたいと思います。
予言というものについて。
現代人にとっての「予言」が何かといえば,それはいわば「童話」に近いものだという気がします。
「ファンタジー」という意味ではありません。
どういうことかと言いますと,例えば「グリム童話」を読みますと,「赤ずきん」の話をはじめとして,どれもですねかなり残酷なんですよね。
19世紀に出版された「赤ずきん」の初版本の挿絵などはかなりグロテスクな印象をうけます。
内容もすごくて,例えば「ヘンデルとグレーテル」なんて,グレーテルは魔女をパン焼釜の中に突き落として焼き殺してしまう。
その他にも,例えば真っ赤に焼いた鉄の靴を履かせて死ぬまで踊らされたり。。これ「白雪姫」なんですよ。
「白雪姫」などは実におどろおどろしい内容なんですね。
またその「白雪姫」で女王が白雪姫の美しさに嫉妬するっていう場面があるんですけども,じゃあその白雪姫は何歳の設定なのかというとですね,なんと7歳なんですよ。。
美しい7歳の白雪姫が王との間に愛し合う関係になる。
王にとっては自分の娘ですよね。
これはっきりと「ペドフィリア」だと思うんですよね。
最終的に女王が白雪姫に復讐されるんですけど,その復讐のされ方が,真っ赤に焼いた鉄の靴を履かされて死ぬまで踊らされるわけです。
グリム童話に込められてる本来の内容というのは相当に強いものなんですよね。
なんでそんなに怖いのかっていうことになってきますと,いろんな説があるんですけど,基本的に童話というものは子供が読むもので,子供のための文学作品といった側面がすごく強いわけですね。
じゃあなぜ子供にこんなに残虐のものを読ませるのかというとですね,まぁいろいろ説があるんですが,例えばその子供に
「こんなことになったらこういうような怪物になるよ」
というような教訓的な教えを与えるという説もあるんですが,比較的よく語られている説は,
「子供の恐怖感というものを外在化させるための手段なんではないか」
っていうことなんですね。
つまり子供というのは,相当な年に行くまで親の完全な保護下にあるわけです。
保護下にあるという事がどういうことかというと,親によって殺されかねないというようなことです。
そういう親に対してどうしても拭い去ることができないような恐怖心と不安感というものを,ずっと意識の背景に抱えているというのが,子供の一般的な心理なんではないか。
って言われてるんですね。
その親に対する恐怖心といったものを,無意識の中に無理やり抑圧するのではなく,その全てを外在化させ,その恐怖心を恐怖心として味わうことによって,それをより高い人格の中に統合させていく,いってれば
「その恐怖心を無効化する」
という感じですよね。
そのようにして自分の内面にある恐怖心を教育しを手なずけていくための手段だったんではないかと考えられている。
そのように考えると,現在の我々にもその恐怖心をどのようにして外在化させ,そしてその恐怖心とどのようにして向き合うかっていうようなことは,現代人にとっても大きな問題なんじゃないかと思います。
過去の宗教も,この恐怖心に関しては相当深く考察したと思うんですね。
恐怖心といったものが闇のような力として自分の人格から全部切りはなされて,無意識の中に犯されていると,それはものすごく大きな力というか破壊的な力を及ぼすことになります。
結果的に他者の破壊であるとか,自殺という形での自己の破壊であるとか,その他様々な破壊的な行為に向かってくるということです。
そこで心理学者ユングは,東洋仏教の曼荼羅というものに注目するわけです。
曼荼羅というのは,人格のさまざまな側面の表現で,恐怖心のような闇の側面もあります。
その全てを人格の中に統合してしまうと人格の中に統合して統合的なバランスの良い人格を作るためのモデルなんだという。
これは詳しく語りませんけれども,曼荼羅の中の一つ一つの要素といったものが,自分の内面的なサイキといいますか,自分の内面的な心の状態心の要素といったものを表現しているところだと思います。
ちなみに,なんでこういうような我々の人格の統合といったものが必要になってくるかというと,多かれ少なかれ我々どんな人間でも多重人格的な部分って必ずあると思います。
複数の人格の寄せ集めで出来上がってると。
そういった他の人格,他の心の状態といったものを,主人格,中心的なものに向かって統合してバランスのとれた全体の人格をつくっていく。
なかなか分裂したままで生きられないっていうことなのではないかなと僕は思います。
そのために曼荼羅っていうのは存在していると思います。
このような視点からいわゆる予言というものを見た場合にそれはどういうような意味を持つのかということなんですね。
予言っていうのは社会全体の,社会構成体の中に潜む「恐怖心」の共通の値,
「どんな人間でも未来に対して感じる恐怖心を外在化させたもの」
が予言という形で表れているんじゃないのかなと思うんです。
それはいろんな形で表現されていると。
未来に対する恐怖心
未来に対する恐れ
という形で集合無意識の中に内在しているような「恐怖至」というか否定的なイメージといったものが表現されているというふうに思ったんですね。
そうならば,予言を通して,例えばアメリカ人だったらアメリカ人,日本人だったら日本人といったような普通の社会生活を送っているだけではなかなか表面に現れてこないんだけれども,そういうその社会集団の中にどのような「恐怖至」,不安があるのかということを発見するための一番良い手段ではないかという形ですね。
話は変わりますが,最近
「ウエストワールド( West World)」
という映画を観ました。
これ見てみると面白いと思うんですけど,この「ウエストワールド( West World)」って何かというとAIを搭載した極めて精密に出来たロボットが作り上げるテーマパークなんですよ。
富裕層向けのテーマパークです。1人当たり450万円の入場料なんですね。
450万円の入場料を払うとテーマパークでは殺し放題・セックスし放題。ヒーローにでもなれるし悪役にもなれるし,自分が無意識にもっている暗い欲望をあからさまに表現することができるというテーマパークなんですね。
富裕層がこのテーマパークに入って最初はセックスをしたり行為をしたりということをやるんですけど,最終的にとにかく人を殺したいという願望欲望に耐えられなくなって,抑えきれなくなって殺し放題といった状態になるわけです。
まあロボットだから実際に死ぬわけではないんですが。
この映画を観て思ったんですけども,今の現在のアメリカ人の富裕層が抱えている恐ろしい深い暗い闇の側面といったものが一番よく表現された映画なんではないか。そう強く感じました。
さっき言ったこの心の闇の側面ですね。社会的にバランスの良い人格に統合する術がもうほとんどおそらく現在のアメリカには存在してないんだろうなって感じがしましたね。
まあどんな人間でもそうですけど社会的に適応して生きるということは,社会から社会の期待値に応じた社会的な人格を作るということを要求されるわけですよね。
そうした社会的な人格を作った場合に,それに当てはまらない様々な欲望であるとか恐怖であるとか
猜疑心であるとか,そういったものは社会的な人格から外部に排除して抑圧せざるをえなくなる。
そういったものが抑圧され続けて巨大な闇の力・恐怖心・破壊力といったものをもたらすものですけれども,だんだん自分の中で蓄積されてくるって事だと思います。
余談になりますが,社会的人格って時代によって違うんですね。
するとどういうものが非合理なものとして外部に抑圧されるのかというと,その性質そのものが時代によって違ってくるんじゃないかという感じがします。
江戸時代って,極めてロマンチックな憧れをもってみられる傾向がありますが,実際はかなり違ったんじゃないか。
そこで要求された社会的人格の形は今とはかなり違っていたんじゃないか。
だから結果として外部に押し出していく無意識的な闇の力といったものも性質が違ったのではないかというような感じがします。

fdfdfdf pc





































予知情報/ジョン・ホーグ
以下、ジョン・ホーグ さんというアメリカ人の予言が面白かったので載せます。
アメリカでノストラダムス予言本とか、最後の教皇(The Last Pope)という聖マラキの予言本、聖書預言本を出してる人です。
日本で言うと五島勉さんみたいな人でしょうか。
このおっさんが言うには2018年までに現在の経済システムは完全に終わって
分散化された世界がやってくるのだと言っています。興味深かったので載せます。
1914年と2014年
では、いままさに集合無意識から現れようとしている我々の未来とは、どのような姿なのだろうか?そのヒントになるのは、2014年こそ第一次世界大戦が勃発した1914年の100周年であるという事実だ。
第一次世界大戦は、それ以前のヨーロッパを中心とした世界秩序を完全に破壊した。1914年以前は、経済のグローバリゼーションと科学技術の急速な発展という、まさに理性の合理的な力がもたらした繁栄を享受していた。国際紛争は、大きな戦争にならないように、ヨーロッパ各国の王侯貴族が密接に結び合ったネットワークのなかで管理され、安定した国際秩序の維持に成功していた。それは、王侯貴族と特権階級である外交官が活躍する壮麗な世界であった。事実、ヨーロッパで戦争は43年間も起こっていなかった。
これを180度変えたのものこそ、第一次世界大戦だった。第一次世界大戦は、周到に計画されて起こった戦争ではまったくない。理性の勝利によって、経済や政治を完全にコントロールしたと思い込んだ傲慢さの背後で、抑圧された暗く動物的な集合無意識の力がなんの前触れもなく突然と解除されてしまったのだ。
集合無意識の力がもたらす破壊は壮絶なものだった。オスマントルコ帝国やオーストリー・ハンガリー帝国、そしてロシア帝国は完全に消滅し、ドイツ帝国は崩壊した。そして、それとともに、長い間ヨーロッパの国際秩序を管理していた王侯貴族の世界は、それを支えていた伝統的な階級社会とともに吹き飛んでしまった。第一次世界大戦前と後の世界では、ほとんどなんの共通点もないほどに変化してしまった。
2014年のいま、100年前と同じことが起きようとしているのだ。読者の方々は、自分の内面に、また社会の激しい動きのなかに、集合無意識が息を吹き返し、荒々しいエネルギーの発散をはじめたのを感じないだろうか?2014年のいま、まさに100年前の過程が再現されようとしている。
おそらく、第一次世界大戦の終結100周年にあたる2018年には、かつてと同様、世界の様相は相当に異なっているはずだ。
2014年に始まる根本的な変化
では我々の集合無意識は、100年前と同じように、世界大戦へと我々を追い込んでいるのだろうか?いや、そうではない。これから破壊されるのは、コントロールがつかないほど肥大化した金融システムと、それに過度に依存した現代の経済システムである。
2014年から2018年にかけて、世界経済は1930年代の大恐慌を上回る不況に突入する。これが引き起こされる原因は、民衆の怒りというかたちをとる、激しい集合無意識の炸裂だ。
過度なグローバリゼーションは、低賃金労働の導入で中間層を没落させ、地域の住宅街を中心とした共同体を消滅させた。多くの人々の生活は先が見えないほど不安定になり、これまでの慣れ親しんだ安定した生活世界は消え去ってしまった。グローバリゼーションはほんの一部の人々に莫大な富を残したものの、大部分の人々には極端な格差しか残さなかった。
この恨みが、集合無意識の荒れ狂う力を解除させ、世界各地で激しい抗議運動に火を付ける。
トルコ、ブラジルなどの新興国ではこうした抗議運動はすでに起っているが、新興国の経済の停滞が続くにしたがって一層激しいものとなろう。
またアメリカでは、これまでにない激しい抗議運動が全米各地で起こるはずだ。
・・・略・・・
アメリカの衰退の真の意味とみずがめ座の時代
こ れまでに解説したように、アメリカの衰退はだれの目にも明らかになりつつある。しかし、アメリカの衰退の後に待っている世界は、これまで考えられているよ うな、BRICs諸国などが地域覇権を分け合う多極化した世界秩序の出現という地政学的な変化だけではない。もちろん多極化は進展するだろうが、アメリカ の衰退ははるかに深い意味をもつ。
この意味を理解するためには、アメリカの衰退が起こっている時期に注目する必要がある。2008年にみずがめ座の時代に入ったことを考えると、衰退の過程はみずがめ座の時代の特徴を反映したものとなるはずだ。
で は、みずがめ座の時代の特徴とはなんだろうか?それは、巨大組織の衰退、個人の力の強化、ネットワークの拡大などの特徴だ。それに伴い、社会のあらゆる方 面で中央集権が解体して、分散化が加速度的に進む。アメリカの覇権の衰退と多極化は、あらゆる領域でダイナミックに進む分散化の過程が、地政学の分野で表 現されたものにしかすぎないのだ。
2018年にやってくる徹底して分散化した世界
したがって、世界の多極化が本質的な現象だと誤解してはならない。これから我々の目の前に現れてくるのは、徹底して分散しシステムなのだ。こうしたシステムは、2015年から2016年に起こる世界的な不況の過程で出現する。
先の解説ですでに紹介したように、2015年から始まる世界的な不況でドルと円は衰退し、中国の元が唯一の信頼できる基軸通貨となる。
し かし、元の基軸通貨の支配は長くは続かない。というよりも、2016年頃になると、基軸通貨という概念が意味をなくし始めるのだ。基軸通貨が必要であるの は、中央銀行が管理する不換紙幣によって維持されている経済システムのもとだけだ。不換紙幣を相互に交換するツールが基軸通貨なのである。
だ が2016年頃からは、ビットコインのような、ネットワークで使われるデジタル化した通貨が、あらゆるものとサービスの取引に使われるようになる。こので は中央銀行も一般の銀行も、中央集権化したあらゆる金融システムは必要なくなる。世界に分散化した個人が、ネットワークを通してデジタル通貨を支払い手段 として経済関係を結ぶのだ。またこれは、投資にも大きな影響を与える。いま次第に大きくなっているクラウドファンディングが投資の中心的な形態になるはずだ。もはや、巨大な投資銀行の役割はなくなる。
宗教と信仰
分散化というみずがめ座の時代の特徴は、宗教と信仰にも歴史的な転換を迫ることになる。中央集権化した教壇と、それを支えている信者の信仰心は、やはり急速に衰退する。権威を集中した一神教的な宗教に変わって、個々の人間に神的な力が宿っていることを自覚する方向にシフトする。これは、特定の権威が神聖なものを独占してい る中央集権的な宗教の時代から、神聖性が個々の人間に分散化した時代になる。そのような時代では、自分の内面に宿る力こそがもっとも神聖なものなので、信 仰という態度を保持する必要性もなくなる。
・・・略・・・

hogueprophecy.com
http://www.hogueprophecy.com/

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/

ヤスの備忘録2.0
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-297.html

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://www.funaiyukio.com/yasu/

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/

未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 
http://www.mag2.com/m/P0007731.html

ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/






ビリー・マイヤー「エノック予言」(1987年)
☆アメリカの崩壊
アメリカは全面的な破壊の場所となる。その原因は複数ある。
アメリカが世界で引き起こす紛争によって、アメリカは世界の多くの国々で憎悪の的になる。
その結果、アメリカは想像を絶するような多くの災禍を経験する。
世界貿易センタービル(WTC)のテロリストによる破壊はそのほんの始まりにしかすぎない。
(エノック予言が行われたのは1987年2月)
破壊は化学やレーザーやクローン人間殺人兵器などの信じられないくらいに破壊的な兵器のみによってもたらされるわけではない。
人間によって深く傷つけられた地球の自然が今度は人間に対して復讐するのだ。
人類がこれまでに経験したことがないような巨大なハリケーンや竜巻、そして大火を伴う旋風が全米を襲いアメリカを破壊し尽くす。
北アメリカがかつてないほどの巨大な自然災害に見舞われても、
アメリカの悪の軍事機構は生物化学兵器やコンピュータ化された核兵器などで大惨事を引き起こす。
コンピュータ化された兵器は人間の手を離れ、コントロール不能になっていることもその原因の一つなのだが。
☆「アメリカの内戦と分裂」
アメリカで二つの内戦が連続して発生し、地上の災難は継続する。
その後、アメリカは分裂し(国民が)敵対するようになる。
そして国家は5つに分裂し、それぞれ狂信的な宗派が独裁的な権力を振るうようになる。
世界どこでも無政府状態が長い期間人類を苦しめる恒常的な状態となることだろう。
☆「ロシアとアメリカの核戦争」
・すでにアメリカとロシアは多くの大量破壊兵器を保持しているが、両国は全面的に衝突する。
・戦争の成り行きからカナダとアラスカ州への攻撃が行われる。その結果、カナダも戦争に引きずり込まれる。
・この戦争は、これまで人類が経験したことのない規模の破壊をもたらす。
・核兵器、生物化学兵器など既存の兵器の他に、現在開発中の新兵器や、21世紀になってから新しく開発される強力な兵器が使われる。
これらはコンピュータ制御された兵器である。

夏の雨は優しく・・・
https://ameblo.jp/suekichi1997/entry-11886761430.html

夢日記
http://datasea.seesaa.net/article/463820582.html







ビリー・マイヤー「エノック予言」(1987年)
☆巨大災害
「自然災害多発のメカニズム」
・巨大なハリケーン、火災などの激しい自然災害がアメリカを襲う。
・災害のみならず、アメリカは戦争によっても破壊される。多くの国民が死に、経済は完全に崩壊する。
・ほぼすべてのアメリカの大都市は破壊される。
・この時期には巨大な地震や火山噴火も同時に起こる。
それはあたかも地球が人類の支配に反抗しかかのような状態だ。
・巨大災害はアメリカのみならず、ヨーロッパや世界のすべての地域で発生する。
・こうした災害はすべて人間がひきおこしたものだ。そのメカニズムこうだ。
原油や天然ガスなどの資源の過剰採掘→地球内部の地殻に空洞の地帯を作り出す
→地球の重心が移動する
→地球内部の地殻運動が不自然に変化する
→これにより地殻構造が大きく変化する
→巨大地震や異常気象、そして火山噴火などが多発する。
・地球の破壊的な力は全世界に拡散する。
異常気象は激烈になり、南半球の亜熱帯に属する地域に雪が降るようになる。
・巨大な洪水や異常気象の発生には以下のメカニズムも関与している。
地球表面および地下で行われる核爆発→地球の自転を変化させる→地球の公転のパターンが変化し異常になる→氷河期の早期到来となる。

夏の雨は優しく・・・
https://ameblo.jp/suekichi1997/entry-11886761430.html

夢日記
http://datasea.seesaa.net/article/463820582.html









ビリー・マイヤー「エノック予言」(1987年)
☆第三次大戦
ロシアのヨーロッパ侵攻」
・東の軍事大国(ロシア)は北ヨーロッパにも侵攻する。ロシアは破壊の限りを尽くす。
・ミサイルのみならずコンピュータでコントロールされたレーザー兵器など、いままで見たこともない新兵器が使われる。
・ロシアが最初に侵攻する国はハンガリーである。
その後、オーストリアと北イタリアに侵攻する。
・スイスは侵攻のターゲットになるわけではないが、甚大な被害をこうむる。
(マイヤーがスイス人のためスイスについてコメントしているようだ)
・おもに侵攻の目標になるのはフランスとスペインだ。
・ロシアの軍事侵攻の目的は全ヨーロッパをその軍事的な支配下におくことである。
フランスがその軍事支配の拠点として選ばれる。
「ヨーロッパ各国の騒乱とロシアによる侵略」
・ロシアによるフランスの侵略は、ロシアを支援することになるフランス国内の勢力の存在によって実現する。
・その勢力とは、国外から移民として流入したイスラムの集団である。
(エノック予言が行われたのは1987年2月)
・フランスが占領された後、今度はスペインとイギリスが侵攻の目標となる。
・国内の支援グループと連携して占領するというロシアの作戦は、その後スカンジナビア諸国にも適用される。
・フランスが占領されると、フランスが保有している大量破壊兵器はロシア軍の手に落ちる。それは実際に使用される。
・占領後、フランス軍はロシア軍に編入され、ロシアの軍事侵攻に使われる。フランス軍はロシア軍とともにデンマークとノールウェーに侵攻する。
・フィンランドも侵攻され破壊される。
・同じ時期にドイツでは革命のような内乱が発生し、多くの人が犠牲になる。
・内乱はイギリスでも発生するが、その規模はドイツよりもはるかに大きい。
・なぜなら、第三次大戦が始まる前から、イギリスとアイルランドはすでに内戦状態にあり、内戦はアイルランド全土に拡大しているからである。
北アイルランドの被害が特に大きい。
・ウェールズでもさまざまなグループの対立から内乱が発生する。
ウェールス軍とイギリス軍は衝突するが、それはカムリ(Cymru)近郊で起こる。
(※「カムリ」とはウェールズのこと)
☆「ヨーロッパ」
・第3次大戦の開始前からすでに、ヨーロッパでは局地的な戦争が勃発する。
フランスとスペインの関係が悪化し、武力衝突へと発展する。
・フランス国内が騒乱状態になる。
その原因は、EUが導入する政府の権限を強化する法案の制定、国内のネオナチなどのギャング化した集団の暴徒化、
および国外から流入してくる移民との対立である。
・移民問題はヨーロッパ各国で騒乱を引き起こす。
イギリスもその例外ではない。アイルランド、ウェールズなどは内戦のような騒乱状態になる。
(エノック予言が行われたのは1987年2月)
☆「ロシア、中国、インド」
・ソビエトはこの10年以内か遅くとも21世息の初めの数年には崩壊する。
その引き金を引くのはミハエル・ゴルバチョフである。
(エノック予言が行われたのは1987年2月)
・ロシアは、内モンゴルのある領土の領有権を巡って中国と対立する。
ロシアはこの争いに負け、領土の一部を中国に支配される。
・中国は危険な国となる。インドと対立しインドと戦争状態になる。
もしこのときに生物兵器が使われると、ニューデリー周辺で約3000万人が死ぬことになる。
・パキスタンも誤ってインドを脅威として見ることで、インドを攻撃する。
☆「ロシアのヨーロッパへの侵攻」
・ロシアはヨーロッパ全土へと侵攻する。
最初は北欧諸国に侵攻し、そこから南下する。
この攻撃は夏に行われ、それはロシアのスカンジナビア半島に隣接した都市「アルハンゲルスク(Arhangelsk)」から行われる。
・この侵攻が行われる一月ほど前には北ヨーロッパは巨大な竜巻に襲われる。
・ロシアのヨーロッパ侵攻が行われる年には巨大な自然災害がイタリアを見舞う。
これに伴いベスビオス火山が大噴火を起こし、大きな被害をもたらす。
・ロシアは中東の支配をもくろみ、トルコとイランにミサイル攻撃を行う。
・ロシアはヨーロッパの石油産出地帯を支配することを目指すため、南ヨーロッパに南下しこの地域を攻撃する。
ロシア軍はバルカン半島に侵攻する。
☆「未来の科学技術を中心にして」
・第三次大戦は科学者の犯す間違いや、レーザーや核兵器、さらに生物化学兵器などこれまでにない強力な兵器を手に入れた権力欲に取り付かれた政治的リーダーによって引き起こされる。
・いままでにない大量破壊兵器が開発され使用される。
・この災難(第三次大戦)はちょうど888日続く。
この間、人々はわずかな食料を巡った争い、ある地域によっては三分の一、他の地域では四分の一の人口が命を落とす。
・第三次大戦では戦争目的に遺伝子工学が後半に使用される。
特にクローン技術が使われるであろう。
・遺伝子工学によって、クローンのような兵士が大量に生産される。
彼らには人間のような心や感情はなく、すべてのものを破壊しつくし大量殺人を行うもっとも危険な兵器と化す。
・クローン兵士はコンピュータのような兵器である。
だが彼らは自らの判断で行動するようになり、人間から自立する。
そして人間を目標にして破壊を繰り返すようになる。
・第三次大戦はこれまで人類が経験したことのない破壊と悲劇をもたらすだろう。
経済は完全に崩壊するため、すべての食料や医療は配給制になる。
飢餓が蔓延する。
・飢餓とともに、新種の感染病が蔓延し多くの人の命が失われる。
・高度なテクノロジーを使って海底に大きな都市が建設される。
だが、海底都市は破壊され多くの人命が失われる。
破壊の後、海底都市のテクノロジーを使用した潜水艦の海賊のような部隊が組織され、海軍の部隊を攻撃するようになる。
・ちょうどそのころ、地球外生物が人類のおこした戦争にはっきりとした形で介入する。
彼らは自らのアイデンティティーを隠すことはないだろう。
そして、西側の先進国の攻撃の対象となっている人々を救う。
・ヨーロッパは戦乱によって破壊されるが、それ以上に巨大な自然災害によっても破壊される。
だが生き残るだろう。

夏の雨は優しく・・・
https://ameblo.jp/suekichi1997/entry-11886761430.html

夢日記
http://datasea.seesaa.net/article/463820582.html





posted by datasea at 01:56| Comment(0) | ◉ エノク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする