2019年04月08日

[動画][資料] 時間とは何か 〜時空超越の旅〜 宇宙空間の謎 第1巻






















[動画][資料] 宇宙 〜時空超越の旅〜 宇宙空間の謎 第1巻
宇宙科学
2015/12/07 に公開
時間を無駄にする、時間を節約する、時間をつぶす、時間を作る…。
この世は、時間の上を流れている。
しかし、物理学者に「時間とはどういうものか?」とたずねると、「わからない」という衝撃な答えが返ってくる。
さらに驚くことに、私たちが体験している現在から過去へ過ぎていくという時間に対する強い感覚は、幻想にすぎないかもしれないのだ。
こんなにも当たり前に理解していることが、なぜ間違っていたりするのだろうか
再演する:
https://www.youtube.com/watch?v=OA0-sB6yRN4&list=PLZouMXIKbSMwphMyq2AVOJcqlBaw4FQ8j

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=MdVSvrYxiUc
https://www.youtube.com/watch?v=OA0-sB6yRN4&list=PLZouMXIKbSMwphMyq2AVOJcqlBaw4FQ8j








2012年/超音波の時間加速とアセンションの徴候
2012 Supersonic Time Acceleration & Ascension Symptoms > Shekina Rose / Blue Ray
Shekina Rose / Blue Ray → Messages
Shekina Rose / Blue Ray
http://spiritlibrary.com/shekina-rose-blue-ray/2012-supersonic-time-acceleration-ascension-symptoms
Blue Rayからのメッセージ
Shekina Rose
2012年1月3日火曜日
時間加速(The quickening).
時間が急速に加速しているように感じる。通常1日24時間のところが現在1日わずか16時間。ガイア(母なる地球)の電磁気共鳴(シューマン共鳴、the Schumann resonances)の増加。つまり地球の電磁気共鳴のサイクルが加速しているということ。銀河の中心と同調して震えるガイアの脈、鼓動がますます同調しているということ。宇宙の1サイクルの期間の終わり。アセンションの出入口である2012年のグラウンドゼロが接近しているということ。地球が次元のポータルに接近しているということ。
あなたが通常1日24時間でしていた仕事をやり終えないと感じるならそれがが理由だ。あなたは前の世界とこれから出来る世界の橋の上にいる。地球のシューマン共鳴の変調、時間の人工的調整に適応しようとしている。
時間加速(The quickening)は神の意図。アセンションのプロセス。生命の成長、喜び、完成のためのプロセス。精神の進化、時間旅行、若返り、細胞の若返り、時間遅延、バイロケーション、奇跡的な治癒がおきる。愛と平和の世界を構築するサイクルのはじまり。
多次元統一意識(multidimensional unity consciousness)において、時間は環になる。あなたは時を越え、他の領域と次元に踏み入る。
以下、線形時間、多次元現実、レゾナンス高周波数を越える徴候:
* 時間を失う
* ものが見つからない、後で目の前にあってちゃんと見えていた事がわかる
* 光速の徴候
* シンクロニシティの増加
*次元の入口が目の前に現れる
* 天使、妖精、球、地球外生物の目撃の増加
* 岩、木、山、水に精神を見る
* 細胞の振動が高まり疲労感は増す、高次元の出入口を通り抜ける
* 体の細胞の振動が聞こえる
高いピッチ音の増加
* 天や天使の領域から自身の血統をダウンロードする
* 夢が強烈になり現実味をおびる
* 今日が何日かわからない、計時が困難
* 日、週、月を「次元の時間空間」と感じる、
日、週、月は一年に相当し、感情的成長、精神的成長が一層加速
時間加速により、DNA(原素の神の青写真)、光体は拡大する。振動数増加により、体と存在に影響を及ぼしているガイアとコスモスのリズムとの調和は高まる。神の計画との調和は高まる。電磁パルスの変動により、鼓動は影響をうける。小さい痛み、心鼓動上昇を感じる。心鼓動上昇と目ざめ覚醒により、終末感、悲しみ感、解放からくる悲しみ感、神学者による抑制からの浄化、治癒がおきる。この解放により、本当の本質の存在、あなたのコア、内なる深い所にいく。

local pc











2012/2/24(金) 午後 7:53
自分の身体はイメージだということを知らなければなりません。
この3次元は、私たちが思っているような世界では全くなく、実際はホログラムであり、すべてが意識(コンシャスネス)で作られています。つまり、身体だけではなく、すべては意識の中のイメージでしかないということです。
これを理解すれば、身体を4次元にもっていくのは容易なことです。科学的に言えば、この身体を次の次元に波動としてもっていって、それをイメージとして形成すればいいことで、肉体を実際にもって行く必要はありません。
これは、誰にでもできる簡単なことで、肉体をもって3次元に生きている限り、たとえ車いす状態だとしても、腕や足がなくても、この変容は可能です。ドランヴァロ
この3次元の世界では、私たちの身体は純粋な質量を保ちながら、ごく少量のエネルギーで形成されていて、この世界のすべてがそのようになっています。
4次元に行くと、私たちは身体を保っていますが、質量はほんの少しで、ほぼすべてがエネルギーに変容します。4次元の世界では、3次元と同様に身体は有形に見えますが、すべてがエネルギーです。
そして、5次元の世界では、質量は全くなく、すべてが純粋なエネルギーとなり、通常は身体としての形状はなくなり、球体状の大きな白い光となります。この球体状の光となるのはひとつのステップで、その後はさまざまに変容します。これを説明するのはとても難解なことですが、ひとつの可能性としては、やがてその光は宇宙そのものとなり、それが私たちの身体になるのです。ドランヴァロ
同じ地球の別の周波数に存在するということで、景色はすべて変わります。そこでは、いまの私たちの身体は、経験として2年ほどで身長約3.5メートルにまで成長し、次のレベルの5次元へと移行する準備ができます。
三次元と五次元の間にゼロポイントがあり、ゼロポイントに達すると五次元の山が見えてくる。ようやく五次元の山のふもとに達するのです。
http://p.booklog.jp/book/44691
私たちの魂はもともとその世界にも行き来している(眠ったとき)のですが、新しい時代になると、そちらの世界に移っていくということです。ただ、この半霊半物質の世界にいるのは千年の間だけということで、その後はいよいよ本格的な神の国に移るようです。大摩邇
コーザル界はお花畑の世界、エーテル界はこの世とあまり変わらないが、より霊的な世界、アストラル界はこの世とは少しだけ違う世界。物質界はこの世。アストラル界から上は食べ物を食べなくても生きていける。
http://nanahoshikinkamemushi.ti-da.net/c155845.html
私、地球はより高い次元への次元上昇を完了した。どの次元かって?今は五次元と六次元の境目だ。気がついてほしいことは、私たちはすでに五次元、及び六次元との間の境界という偉大な存在の中を歩み、呼吸し、暮らしているということだ。ふるやの森
私たちがいるこの小さい三界、いわゆる五行の世界も、とても複雑であって、天上、地上、地下の無数の生命空間があるという。天上にも次元の異なる多くの天があり、地上にも、人類の空間と似たような多くの空間があり、地下にも低い次元の霊の空間がたくさんあるというのだ。
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/12/html/d50895.html
プラズマに包まれた物体は、そのまま障害物を透過することができる。そのプラズマの内部は異次元、亜空間になっているということだ。亜空間は、この世の三次元空間と同じ空間であるが、重なっている。プラズマが複数存在すると、その間にはプラズマ・トンネルが生じる。亜空間同士をつなぐプラズマ・トンネルは、当然ながら三次元空間の制約を受けない。 もし、プラズマ・トンネルの先が全く別の場所にできた亜空間だったら、瞬時にそこに移動することもできる。言い換えれば、瞬間移動−テレポーテーションが可能になるのだ。
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/343.html
今、磁気のグリッドは減少していて、結晶質のグリッドに置き換えられています。磁気は、本質的に極性です。結晶構造のエネルギーは非極性であり、ゼロ・ポイントです!ゼロ・ポイントへの移行は、5次元から12次元で起ります。12次元が結晶構造の頂点です。単純化した言葉で言うと、次元上昇は、地球の拡大です。最初の3つの次元から(磁気の)両極性から結晶構造の次元というゼロ・ポイントの領域への移行です。きらきら星
高次元世界の意識体は、物質世界に一番近い並行世界(死後人間の霊体が行く精霊界)にいる意識体が地上の人間と寸分違わない姿で生活しているのとは対照的で、レベルが上がれば上がるほど、人間としての外観を持たなくなる。意識体が地球という枠を超えて、外宇宙の生命系にまで理解を届かせるようになると、人間的な外観にこだわらなくなっていくのだ。大摩邇
世界的に著名な体外離脱研究者であるアメリカのロバート・モンローによれば、異次元世界には意識体(霊体)の進歩レペルによって、様々な次元の世界が無限に続いているという。生前の強固な信念体系(思い込みや偏見)が意識に刻み込まれた人々は、死後、並行世界のなかに自分の信念を忠実に再現した「世界」を創りだしてしまい、そこから抜け出せなくなってしまうという。そしてこの抜け出せない「こだわり」が「地獄」の正体だというのだ。大摩邇
地球物質界は、仮想現実世界と云われますが、これは、シッカリと、現実的な世界ですよ★新しい地球の世界では、さらに、「密度の濃い現実的な世界」へと移行します。カガリ
皆さんが以前に何万回も行ってきたように、皆さんが地球の次元領域を離れる時、皆さんは皆さんの物質的な身体を捨て去り、光の衣服を着用するようになるでしょう。きらきら星
無条件の愛の周波数は、4次元中段で始まり、下位次元が高くなるに連れてそれぞれ増大して行きます。きらきら星
もし我々が一つ上のレベルに行くとするならば、何事にしてもそのことについて考えるや否や、それが瞬時に実現してしまうことに気が付くでしょう。それとは対照的にこの3次元世界においては、時間の遅れが存在します。実はこの世界においても我々の思考が我々の現実を間違いなく創造しているのですが、瞬時に実現するとは言えないことは明らかです。
我々の3次元世界の波長は7.23cmです。2つの異なる音階の音の間に空間があるように、異なる次元の間には空間があります。オクターブ離れた音の間にはもっと大きな空間があり、それは大きな壁と呼んでもよいでしょう。それぞれの次元は、他の次元から90度の回転によっても隔てられています。もし、あなたが波長を変えるとともに90度回転するならば、あなたはこの世界から消え、あなたが同調したその次元の世界の中に出現するでしょう。あなたの両目で見ているその世界の様子は、あなたが入り込んだ世界の波長に依存して大きく変化するでしょう。
6次元は神秘と魔法の領域であり、もしも皆さんがより科学的であるのなら、つまり量子の領域であり、祖先達が夢の時代として認識していたものです。そこは “現実性”が柔軟性に富み、高い順応性を備えている場所であり、意識と望みがより低い次元の原因と結果を形成する場所です。この次元の遊び場に入っている人々は、間違いなく“純粋なこころ”の持ち主であり、そうでなければ、人々は永遠に自分達自身の貪婪や怒りが創り出す“鏡の間”に陥り、無限に“カルマ” を創り続けて行くことになるでしょう。
5次元の生命エネルギーは7次元から5次元の生命体に常に流れ込み、5次元生命体の生命は栄養に不足することなく生きることができていました。しかし、しかしそのあるものたちは神との接続を断ってしまったことで、神から「愛」という建設的なエネルギーを受けることはできなくなり、ある意味で栄養の接収の源を失ってしまったのです。
5次元のレベルでは傲慢な態度で仕事をしても許されるが、6次元レベルでは謙虚な態度で精神的独立性が要求される。そして職業=天命=神理の統合が出来たとき、7次元の壁は突破される。7次元は菩薩行の世界であり 1.問題解決行為 2.神理伝道行為 3.衆生救度行為を実践することが使命である。
世界は人の数だけあるといわれます。ありのままの世界はただのスクリーンのようなもので 自分たちはその上に自分の夢を投影して見ているので 人によってみている映画は違うそうです。スクリーンは一つなのに 映画は人の数だけある。パラレルワールドみたいなものでしょうか。
人はそれぞれに、自分の周りに独自の世界を映し出して、その中で生きています。あなたとあなたの隣人は、同じ世界に住んでいるわけではないのです。もしその人の世界をつぶさに見ることができれば、あなたは驚くことでしょう。あまりにも違う世界だからです。そこに登場するあなたは、あなたが思っているような自分ではなく、そこに登場するその人自身も、その人ではありません。それは全くの別物です。
結晶構造の領域は、人間の多次元的な地球の枠組みの中で、5次元の水準から始まり、15次元まで広がっています。
数多くの皆さんが光の7次元に入る次の黄金の鍵を使うようになるでしょう。皆さんはその7次元で、原型的な用語における“神の眼”になるでしょう。
6次元は神秘と魔法の領域であり、もしも皆さんがより科学的であるのなら、つまり量子の領域であり、祖先達が夢の時代として認識していたものです。
複数の次元があることを知っているシャーマンは脳の周波数を違う次元に合わすことが出来るが、人類の意識が物質的な方向に向きすぎると、その他の次元のことを理解できなくなると言う。このまま人類が「目に見える世界」で強欲行為をすれば未来はない。「目に見えない世界」の魂の世界へと再び帰らなければならない。

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/1203883.html











posted by datasea at 22:10| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[動画][資料] 朝鮮の歴史〜韓国と北朝鮮が出来るまで〜















hgfhfghg pc





poriteto
2019/01/22 に公開
解説開始 0:43
【ゆっくり解説】朝鮮の歴史〜韓国と北朝鮮が出来るまで〜
162,012 回視聴/2019.4.10
<訂正>
親露派(おやろは)→”しんろは”

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=d8-W9OcxVUU
posted by datasea at 19:40| Comment(0) | V 歴史分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする