2019年02月22日

[メンタル] スーパームーン時のメンタルケア

[メンタル] スーパームーン時のメンタルケア
*:::*:::*:::*:::*:::*
満月対策としての食事
以前お伝えしたフード(風土)ヒーリングの基本、
「米、水、塩」をとることをお勧めします。
(「周囲からの影響を受けにくくする」参照)
見えない力(陰性)からの影響は物質的(陽性)な食物から気を取り込むことでバランスを取ります。
米=出来れば有機栽培などの7分づきが望ましい
水=塩素を含まないミネラルウォーター
塩=原材料名「海水」と書かれた、昔ながらの製法で作られたもの
3合の米に塩小さじ1を入れて炊き、ゆっくり噛んで食べてください。
それに味噌汁(できれば自然海水塩を使った本醸造味噌と天然だし)を合わせると効果があります。
化学調味料は陰性なので入っていないものを食べましょう。
満月の前後は意識してこれらを食べることをお勧めします。
満月の影響がある期間に陽性体質の方が陰性の食物を食べて体調が悪くなる方もいらっしゃると思います。
例えば小麦粉もの(麺類、お好み焼きなど)や生の野菜や果物、甘いものなどです。
**〜**〜**〜**〜**
身体からのアプローチ
気を下に下げる呼吸法をお伝えします。
Terraの瞑想ワークショップの中でお伝えしている、呼吸法とエネルギーワークを合わせた方法です。
1、 立っても、座っても良い。足を肩幅に開き、足の裏を床にしっかりつける
2、 出来るだけ体中の空気を抜くようにお腹をへこませながら息を吐く
3、 お腹をへこませたまま、肺を膨らませるように息を吸う
4、 上半身、特に頭の辺りに上がっている気を下すイメージで出来るだけゆっくりと息を吐く
この時、体の中の余計な気やネガティブ感情なども足の裏から地球へ流すのをイメージすると良いです。
イメージが苦手な方は足の裏が床にくっついていることを意識しながら息を吐きましょう。
これを何度か繰り返してみてください。
無理することはありません。
心地よい状態でやめましょう。
これはイメージ力が大切です!
上手くできない方はかなり気が上がってバランスが崩れていると思います。
*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*
心からのアプローチ
ハイ状態でも鬱でも精神が不安定になっている方は、信頼できる誰かに話をゆっくり聞いてもらいましょう。
カウンセリングなどを利用するのもお勧めです。
この時、出来るだけ安心させてくれる方を選ぶことが大事です。
ですが、むやみに「気の持ちよう」的(陰性的)な安心のさせ方ではなく、
冷静に状況を分析し、理論的(陽性的)に「○○だから大丈夫」と言ってくださる方を選んだ方が良いです。
これは人生経験が豊かな方の方が良いでしょう。
(年齢を重ねているという意味ではありません)
もし、運悪くそうではない方を選んでしまった場合は?
この記事を思い出し「そういう力量の無い人だ」と、ご自分の中で論理的に納得してください(^^;)
理論的=陽性だからです。
************

私の中の森
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-495.html






【緊急!注意!】スーパームーンの影響が出ています
2015-10-01 Thu 13:05
先日のスーパームーンの影響で、身体と心のバランスを崩している方がいらっしゃいます。
中には入院など、深刻な症状の方もいらっしゃいます。
あなたは満月の前後に影響はでませんでしたか?
特にHSPの方、心配しています。
私の周辺では深刻な症状ではなくても何らかの影響があった方が多いです。
記事を掲載したばかりですが、注意喚起と、お困りの方へ対策をお伝えしたくて緊急に掲載します。
昨日の記事「HSPの苦手な物事あれこれ@―読書」も併せてお読みくださいませ。
************
スーパームーンの影響
先日、こっそり気楽に記事を書いているTerraのアメブロにも、
「スーパームーンに気を付けて!」と言う記事を掲載しました。
Terraではスーパームーンに限らず、満月はあまり見ない方が良いと言っています。
電灯が無く、夜がちゃんと暗かった時代とは違うのです。
詳しくは上記記事をご参照ください。
人は満月や新月に影響を受けるものなのです。人間も自然の一部だからです。
日頃にも増して心身の健康に気を付ける必要があるとTerraではお伝えしています。
影響は満月の前後数日間にわたり、月の出ていない時も、たとえ見ていなくてもその見えない力が働いています。
昔から月の満ち欠けが潮の干満、出産、人の生死に関係すると良く言われていますよね。
西洋でも精神異常のことを「Lunatic」と言います。
Lunaとは月のこと。
月の光は人の心を狂わせる、と、言われています。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
何故心身のバランスを崩すのか?
自然界には陰陽の法則と言うものが働いており、人も陰陽の性質に分かれます。
周囲の方を見ていると、
陽性の性質の方は身体に影響が出やすく、
陰性の方は心や精神状態に影響が出やすいようです。
月は陰性に分類され、
陰性とは上昇、拡散、広がる
と言う意味があります。
満月の時はもっとも陰性の強い「極陰」となり、元々持っている性質を増幅させる力が働きます。
あらわれる症状
陽性体質の方(男性に多い。すべての生物の子ども)=下降するエネルギー
だるさや疲れやすさ、身体の重さ、異常な眠気、気分の落ち込みなどの症状
病気も悪化しやすく、ただの風邪が入院などの重い症状になりかねません。
陰性体質の方(女性に多い)=上昇するエネルギー
のぼせ、脳の過活動、躁状態、不眠、精神のバランスを崩す
一見体調が良くなったように思える方もいらっしゃるかもしれませんが、地に足がつかない感じ
悩みがあれば増幅される
*:::*:::*:::*:::*:::*
満月対策としての食事
以前お伝えしたフード(風土)ヒーリングの基本、
「米、水、塩」をとることをお勧めします。
(「周囲からの影響を受けにくくする」参照)
見えない力(陰性)からの影響は物質的(陽性)な食物から気を取り込むことでバランスを取ります。
米=出来れば有機栽培などの7分づきが望ましい
水=塩素を含まないミネラルウォーター
塩=原材料名「海水」と書かれた、昔ながらの製法で作られたもの
3合の米に塩小さじ1を入れて炊き、ゆっくり噛んで食べてください。
それに味噌汁(できれば自然海水塩を使った本醸造味噌と天然だし)を合わせると効果があります。
化学調味料は陰性なので入っていないものを食べましょう。
満月の前後は意識してこれらを食べることをお勧めします。
満月の影響がある期間に陽性体質の方が陰性の食物を食べて体調が悪くなる方もいらっしゃると思います。
例えば小麦粉もの(麺類、お好み焼きなど)や生の野菜や果物、甘いものなどです。
**〜**〜**〜**〜**
身体からのアプローチ
気を下に下げる呼吸法をお伝えします。
Terraの瞑想ワークショップの中でお伝えしている、呼吸法とエネルギーワークを合わせた方法です。
1、 立っても、座っても良い。足を肩幅に開き、足の裏を床にしっかりつける
2、 出来るだけ体中の空気を抜くようにお腹をへこませながら息を吐く
3、 お腹をへこませたまま、肺を膨らませるように息を吸う
4、 上半身、特に頭の辺りに上がっている気を下すイメージで出来るだけゆっくりと息を吐く
この時、体の中の余計な気やネガティブ感情なども足の裏から地球へ流すのをイメージすると良いです。
イメージが苦手な方は足の裏が床にくっついていることを意識しながら息を吐きましょう。
これを何度か繰り返してみてください。
無理することはありません。
心地よい状態でやめましょう。
これはイメージ力が大切です!
上手くできない方はかなり気が上がってバランスが崩れていると思います。
*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*〜〜〜*
心からのアプローチ
ハイ状態でも鬱でも精神が不安定になっている方は、信頼できる誰かに話をゆっくり聞いてもらいましょう。
カウンセリングなどを利用するのもお勧めです。
この時、出来るだけ安心させてくれる方を選ぶことが大事です。
ですが、むやみに「気の持ちよう」的(陰性的)な安心のさせ方ではなく、
冷静に状況を分析し、理論的(陽性的)に「○○だから大丈夫」と言ってくださる方を選んだ方が良いです。
これは人生経験が豊かな方の方が良いでしょう。
(年齢を重ねているという意味ではありません)
もし、運悪くそうではない方を選んでしまった場合は?
この記事を思い出し「そういう力量の無い人だ」と、ご自分の中で論理的に納得してください(^^;)
理論的=陽性だからです。
************
自然に逆らわず、畏敬の念を持つ
ここにもよく、スピ系の記事で
「見えない世界の物事を便利グッズ扱いしないように」
と書いています。
月は月として存在しているのであり、
人間の願いを叶え、お金を与えるために存在しているのではありません。
見えない世界の力に頼りたくなる気持ちもわかりますが、それは現実世界できちんと努力したうえで、
精いっぱいやったから、後は神頼みと言う時にしましょう。
努力しない人に女神(アルテミス)は振り向かないし、イケメン(月読命)もそっぽを向きますよ。
月だけではなく、自然界の物全てに畏敬の念を持つことが大切です。
そして、自然に逆らわない生き方をお勧めします。
満月の時に運気を上げる!
と現世利益丸だしに言う人はたくさんいますね。
ブログなどでも人気記事になっているようです。
そこから行くと、この記事は小言ばばあ的に感じるかもしれません(笑)
でもね、
私はかつて原因も解らず身体と心の不調で苦しんでいた経験があるから、
このブログへたどり着いた方が、少しでも健康で幸せになれるヒントを書き続けているのですよ。
「月のパワーにあやかって」
と言う欲深い言葉に耳を傾けるのも、自分の性質を知り、理解し、身体と心の声に耳を傾け、
ここに書かれたことを実践するのも、自然や宇宙の法則にそった生き方を選ぶのも、あなたの自由です。
何故なら、あなたの人生はあなたのものだから。
あなたは何が大事ですか?
人間は自然の一部です。
だから、不自然な生き方をしない方が良い。
身体も心も魂もそれを望んでいます。
カウンセリングも占いも、食事についても、Terraは全てその考えに基づいてお伝えしています。
面倒な様でも、これが健康で幸せになる近道だと私達は考えています。
イレギュラー掲載でした。
お読みいただきありがとうございます

私の中の森
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-495.html




私の中の森
北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

私の中の森
http://watamori323.blog.fc2.com/blog-entry-495.html












伊勢白山道:2019年2月の月齢カレンダー/月パワー
2月の自然観察日
2019-01-31 11:53:47
2019年2月の自然現象を、
「月による“中潮”の切れ目」
を重視して観察します。
月齢カレンダー(http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20190209120 
月齢カレンダー データ引用 http://koyomi8.com/ より)から考えて見ます。
* 2月の地球から月への距離の最遠日は、
・ 2月5日18時29分:月の距離が最遠(1.058、40万6555km、視直径29.4′)本年最遠。
これより5日後は、2月10日です。
月の最遠日から5日後を注目して観察します。
(月の最遠理論:http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
* 月の距離の最近日は、
・2月19日18時03分:月の距離が最近(0.928、35万6761km、視直径33.5′)本年最近。
* 毎月18日は、死後の世界・霊界が近い観音日で注意します。
* 関東大震災は、月が最遠になって数時間後に発生しました。最遠当日の発生です。
つまり、地球と月の間の距離が、極端(最遠と最近)に成った数時間後を特に注視します。
・ 月への距離の最遠日、2月5日18時29分より3時間後、「2月5日 21時29分」前後1時間。
・ 月への距離の最近日、2月19日18時03分より3時間後、「2月19日 21時03分」前後1時間。
「満月」「新月」の日と、「大潮」が重なる日への注意をします。
* 2月5日 (新月)
* 2月20日 (満月)
* 古代ユダヤの聖なる日。月の動きの意味を知る上で、古代イスラエルの叡智を参考にします。
・ 3月までは特に記念日はありませんが、5月以降の伏線期間と考えます。
*  月の下弦(1月28日)〜新月(2月5日)。
この期間は「新月期間」(カレンダーの緑色線)であり、その1週間は自分の思いが反射されやすい実現週間です。
従ってマイナス思考を持つことに注意し、特に良いイメージと軽く希望を思いましょう。
感謝の参拝には最適な1週間です。
* 月の下弦と上弦の日も注意です。
2月13日 :上弦
2月26日: 下弦
上記カレンダーに加えていませんが、すべての「中潮」(不安定なニュートラル状態)の日が注意日です。
地球の電子状態を見て、随時お知らせします。

astroarts.com
http://www.astroarts.com/phenomena/2019/02/index-j.shtml

月齢カレンダー
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm?cmd=20190209120

あなご君
http://www.sinjidai.com/~miyagi/anago-hi-net.html

地球上空の電子状態
http://www.swpc.noaa.gov/products/goes-electron-flux

伊勢白山道
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/0553017a360da333a96a3df3162b0206
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/7e974d15e950af1185a913cd34c7bea4
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou
http://www.geocities.jp/poriporry/m/
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html











スーパームーン
2013/6/25(火) 午後 10:12
ウツ人の独り言 メンタルヘルス
狼男は満月に変身する。
満月である必要はなく、別に月さえ出ていれば良い。
月の光は、更に月の周期はヒトを幻惑させ、狂わせる。
これは人類発生以降、良く知られている。
大脳の深い部分は太古から、月の周期に敏感であり、感情より深い部分が反応する。
脳科学でも知られている。
太古から暦の制定と改暦には、戦争や生け贄など、負の歴史が多い。
理由は「神の仕事」だからだ。シャーマンや陰陽師が最古の職業で神がかりなのは、来歴をそこに発しているからだ。
ボクは民俗学が趣味だから、月は面白いと本当に感じる。
「神話」などでは、月の魔物と云うのは余りない。
女神や楽園は月に因む。
アルテミスやビーナスは月に因むが、一方で魔性も含む。
月の形容詞、ルナティックとは「狂った」と云う意味。
アジアでは月は陰陽道の陰として意味深いから、扱いも慎重になる。
月とは「憑き」であり「撞き」である。月のもの、とは女性の生理であり、月経とは28日の月の周期まんまである。
女が狂う月のもの、ルナティック。面白い。
まあ、概して太陽暦より太陰暦の方が歴史がある。
ウツ人としては、やはり夜に起きているから、ルナティックに分類される。
大昔からメンタルは「憑きもの祓い」の対象になった。
全く西洋は乱暴だ。
が、日本や中国も大差ない。
かぐや姫は、おそらく生理の重い気性の荒い不細工だと思います。
貴族か何かが、口封じをしておいて、月に帰った、としたのだろう。かわいそうに。
狼男は、ただの夜遊び男であり、月光仮面は変態仮面であっただけの話。
月に代わってお仕置きされるのは、確実に女であり、月はそもそも呪いはしない。
蟹や魚が、満潮時に産卵したりするのは、太古からの「月のもの」であり、何も不思議はない。
スーパームーンと云うらしい。
今宵ばかりは外出は控えた方が良い。
男は狼なのだ。
特に下半身が毛深い。
執念はもっと深い。
赤ずきんちゃん気を付けて。
(注意1:この記事は先日書いて、放置されておりました)
(注意2:記事にせず放置されている記事・ネタがノートごと放置されています。
 可燃ゴミにも随時出しております。)

風邪とは違うのだよ!うつ病は(わぁ)!!
https://blogs.yahoo.co.jp/vivachorus/53653573.html?__ysp=44K544O844OR44O844Og44O844OzIOODoeODs%2BOCv%2BODqw%3D%3D




pp6519900200330.jpg
1990.2


pp6520011230209.jpg
2001.12


pp6520000500220.jpg
2000.5


pp6520121128437.jpg
2012,11


pp6520190220220.jpg
2019.2










2012年05月05日
宇宙の全方向を考えることの大切さ: スーパームーンの報道を見て思うこと
(訳者注)
なんだか一昨日くらいからものすごくイライラしていて、朝目覚めても
イライライライライライライライライライライライライラライ・・・
などと書き殴っていて、ふと見ると、最後のところでタイプミスしていることに気づき、またも
イライライララララララ ラララララ♪(いつの間にか歌ってるのかよ!)
畜生、つい歌ってしまった。
とにかく
「なんでこんなにイライラするのかなあ」
と思ってみたんですが、まあ別にプライベートにしても何にしても特に理由なんて思い当たらない。
ボーッとニュースを見ていたら、スペースウェザーにこんなのが。
・PERIGEE "SUPER MOON" ON MAY 5-6
(5月5日から6日にスーパームーンが接近)
「イライラはこのそのスーパームーンだとかのせいか?」
とも思いましたが、読んでみると、要するに、スーパームーンというのは、
・月と地球の距離がもっとも近くなる
・そのために月が通常より大きく明るく見える
と、そういうことのようです。
今回は通常の満月より 16パーセント大きく見えて、 30パーセント明るく見えるのだそう。
「それだけのことかよ・・・どうせなら地球にぶつかってこい、月よ! それでこそスーパームーンだろ」
と、イライラしていたのですが、まあ、しかし、 NASA の過去の写真を見ると、キレイはキレイですね。
▲ YouTube にある NASA チャンネルより。過去のいろいろなスーパームーンの写真が収められています。
スーパームーンは、そんなに珍しいというものでもないようで、昨年、つまり 2011年の3月19日にもスーパームーンが見られたそうです。
昨年の3月19日頃だと震災1週間後くらいで、月のニュースを見るどころではなかったので、そのことを忘れていました。
その前のスーパームーンは19年前の 1993年。ところで、スーパームーンのニュースを見ると、こんなタイトルのものが並んでいます。
・週末にスーパームーン、迷信の真偽は?
ナショナルジオグラフィック ニュース 2012.05.0
・スーパー・ムーン 日本の地震の原因なのか? 
ロシアの声 2012.05.04
こういう記事タイトルを見ていますと、一昨日の「災害の噂だらけの世界で」で書きました、プーケット沈没の噂で逃げ出す人を笑えないということをしみじみと感じます。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/268592531.html














pp6520110417117.gif


pp6520110417111.gif



ペーパークラフトから月球儀のもでるがあり、そこに日本の衛星、かぐやが測定した月面情報(メルカトル図)を見つけました。
http://gisstar.gsi.go.jp/selene/Maps/Mercator_aw-200.gif
そこでImagineを使って月球儀を作りました。
アニメと静止画です。
静止画で、月の裏側のでこぼこがよくわかります。
かぐやでアポロ15号の着陸地点が見つかったらしいです。
http://www.jaxa.jp/press/2008/05/20080520_kaguya_j.html
ほかの着陸地点は、見つかっていないようです。
なぜでしょうか?

AmigaFun World
https://blogs.yahoo.co.jp/amigafun2005/folder/406478.html?m=lc&p=10


pp6520110417116.jpg


pp6520110417114.jpg


pp6520110417115.jpg


pp6520110417113.jpg


pp6520110417112.jpg










posted by datasea at 20:36| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする