2019年01月13日

マイケル・J・フォクスの病気の奇妙な符合

マイケル・J・フォクスの病気の奇妙な符合
2008/5/20(火) 午後 8:20
マイケル・J・フォクスの病気の奇妙な符合
「バック・トゥー・ザ・フューチャー」シリーズで知られる俳優マイケル・J・フォクス(40)は1991年、30歳の若さでパーキンソン病と診断された。
ところが今、意外な事実が発見された。
彼が昔、出演していたTV連続ホームコメディーの出演者3人もパーキンソン病を患っているというのだ。
これは全くの偶然か…?
同じTVシリーズの出演者4人がパーキンソン病をわずらっていることが発見された
フォックスは1976年、15歳の時にカナダのTV連続ホームコメディー「Leo and Me」に出演したが、放映予定のTVドキュメンタリーで、フォックスも含めて同TVシリーズの共演者4人がパーキンソン病をわずらっていることが明らかにされ、病気の原因が繧ヲ繧

ZakZak
http://www.zakzak.co.jp/midnight/hollywood/backnumber/F/020403-F.html
posted by datasea at 18:36| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョージ・オーウェル


2002年11月15日 金曜日 「オーウェルの世界」
僕は文学部の極めてヘンテコりんな学科(文芸科と言って、主に小説創作について学ぶ。
卒論は小説で提出しても可…一体何を学んだと言えるのだろうか?)
を卒業していて、別に経済学科卒でもないので偉そうなことは言えないが、日本の財政や経済の状態に対して色々と思うことはある。
竹中平蔵が出した案はすったもんだの挙げ句、弱腰なものとなったとアメリカから批判され、それに呼応するかのように株価が下がっていく。
なんつーか、なんだかなぁといった感じだ。よく分からないことが多いのだけれど。
僕が竹中案で注目しているのは、銀行を国有化しようとしているところだ。
経済の中心を担っている銀行の国有化。
非常に面白い案だと思う。
ここに韓国の場合がそうであったようにIMFが介入してくるのであれば、それは絶対に避けるべき
(いや、しかし、アメリカの手先という印象を、その予想を裏切らない形でそのままアメリカの手先ということを具体的に提示するのは面白い。
ペシミスティックすぎる?)
だが、行き着く先にジョージ・オーウェルが目指した世界があるような気がして面白いと思う。
今言ったジョージ・オーウェルが目指した世界とは勿論『1984年』で書かれたものではない。
かと言って、自由主義者がソ連を攻撃する時に『1984年』を引用する意味合いでもない。
オーウェルは社会民主主義者なのである。
銀行の国有化から始まる各財閥グループの解体・接収…日本が社会民主主義に移行していく道筋ができてくるような気がするから面白いのである。
ちなみに、マルクスは
「高度に発達した資本主義の国で共産・社会主義体制が樹立する」
と言ったが、日本もそういう風な道を歩むのかななんて思ったりもする。
「高度に発達した資本主義の国」
なんてフレーズは、結局「高度に発達しすぎて資本主義が破綻してしまった国」ということに換言可能なのではないかとも思うが。
とにかく、まあ、銀行ガンバレっていった感じだ。(え? そんなこと言いたかったの?)
公的資金注入してもらって赤字とか言ってんじゃねえぞ、まったく! 
みずほ銀行なんて合併して店舗縮小してリストラを行えるようになっていい感じになると思ったら、麹町の旧第一勧業銀行と旧富士銀行が牛丼の「すきや」か何かを挟んで隣同士じゃねえか! アホか! 
っつーか、アホすぎる!!! 
あと、銀座にも店舗多すぎ! 他行の少なさを見習えっつーの!!
仕事の方は複数の締め切りを抱えてかなりグロッキー。
でも、ニュースは見てる。
拉致されて帰ってきた人がパンを焼くのはいいが、パンを作る過程から完成したパンを食べる様、更にパンの点数を尋ねることを電波に乗せるのに一体何の意味があるのか? 
色んな意味でNGじゃないか。
深夜、同期Nと飲む。我々はすでに強大な権力にスポイルされつつあるのかもしれない。

"Orwell's 1984-2002"
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/4020/20021115.htm
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/4020/






ジョージ・オーウェル
イギリスの作家 ジョージ・オーウェル (George Orwell (本名は Eric Arthur Blair), 1903-1950)についてのサイトです。
オーウェルの著作
「絞首刑」(1931) (英) 
ビルマで死刑囚の処刑に立ち会った経験を描いたエッセイ。
人を殺す側の官僚的で陽気な残酷さと、健康な人間が一瞬で肉塊に帰す奇妙なあっけなさの対比が鮮やかな名品です。
「象を撃つ」(1936) (英) 
象が暴れているという報告を受けて、ライフルをかついで現場へ向かった警官の「私」。
見たところ、象はもう大人しくなっていて、撃つ必要はない様子。
しかし見世物を期待して集まってきた2千人の群集に囲まれ、「私」は象を撃たざるをえない状況へ追い込まれます。
板ばさみなった「私」は・・・・・・
「ナショナリズムに関する覚書」(1945) (英) 
近代国家の支配理念として登場したナショナリズムという思想を、「愛国心」と区別して詳細に分析した論考。
「復讐の味は苦い」(1945) (英) 
復讐の機会を得られなかった人間がどれほどの復讐心を募らせ、実際に復讐を実行できたときにどれほどの空しさを覚えるのか、その心境の変化を鮮やかに描いた名文です。
タイトルは英語の格言「復讐の味は甘い」にひっかけたもの。
「政治と英語」(1946) (英) 
「明確に考えることは政治の革新に必要な第一歩である」
という信念のもと、明晰に書きうることを可能な限り明晰に書くための、実例豊富な文章指南。
「政治」の部分は読者の好みに合わせて何に置き換えても通じる、すぐれた文章論です。
「なぜ書くか」(1947) (英) 
自らの作家としてのアイデンティティを掘り返し、「純然たるエゴイズム」以下四つの理由を挙げます。
そして政治的時代に生まれた作家の宿命として、
「結局インチキなものになったのは、決まって自分に『政治的』な目標がなかった場合である」
という、アイデンティティの根が表明されます。
「作家とリヴァイアサン」(1948) (英) (和)
否応なしに「政治の文学に対する侵略」に曝される時代の作家として、それに抵抗する文学的良心がいかにあるべきかが述べられます。
「オスカー・ワイルド『社会主義下における人間の魂』の書評」(1948) (英) (和)
ワイルドの「社会主義下における人間の魂」に対して、二つの非現実的な仮定を指摘して批判しつつ、
それでも友愛の精神という本質について、モリスの『ユートピアだより』と併せて擁護します。

mickindex
http://mickindex.sakura.ne.jp/orwell/idx_orwell.html



読書
自明の運命説とオーウェルの二重思考: “認知的不協和としての民主主義” 新刊書
2018年7月28日 (土)
F. William Engdahl
Global Research、
2018年7月22日
はじめに
自由は隷属だ。民主主義の名における国の破壊
1945年、イギリス人作家で社会評論家のジョージ・オーウェルが、虚構の全体主義社会をテーマに『1984年』と題する本を書いた。
出版史上最も成功した一つであるこの本は、世界核戦争後、世界が三つの国に分けられている時期を描いている。
一つの国、オセアニアは、首都がロンドンで、国民の心を完全に掌握しているイングソック(イングランド社会主義党)に支配されている。
国民を、卑屈で従順な精神の奴隷に留めておくために使われる中心的なマインド・コントロール・プログラムは“二重思考”と呼ばれる。
二重思考で、臣民は、心理学者が“認知的不協和”と呼ぶ、いずれも正しいものとして同時に受け入れなければならない、
二つの矛盾する概念にさらされる。
そこで、オセアニアは常に戦争状態にあるにもかかわらず、国民は平和でもあるかのごとく振る舞っている。
二重思考の本質は、オーウェルによって、小説冒頭で、こう要約されている。
戦争は平和だ。
自由は隷属だ。
無知は力だ。1
以下で、実際“認知的不協和としての民主主義”と呼ぶことが可能なオーウェルの二重思考の翻案を年代順に記録する。
スターリンのソ連やヒトラーのゲッペルスが率いた第三帝国さえ含め、あらゆる現代国家の、諜報機関による最も破壊的で、
最も効果的な作戦の一つの年代記だ。アメリカによるグローバル支配に対する断固たる敵、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領を打倒した1968年5月のCIA学生ストライキにさかのぼる、何十年にもわたるアメリカ諜報機関が開発した壮大なプロジェクトの年代記だ。
NATO諸国とソ連同盟諸国間の冷戦は約半世紀続いた。
最終的に、消耗し経済的に大変な苦境にあった、ミハイル・ゴルバチョフ指揮下のソ連、モスクワがベルリンの壁が破壊されるにまかせ、
1989年11月に降伏の白旗を掲げた。壁は、ワシントン・プロパガンダ が好んで繰り返した1946年のミズーリ州フルトンでの有名な演説で、ウィンストン・チャーチルが欧米“自由世界”をモスクワに支配された共産主義世界から隔てる鉄のカーテンと呼んだものの象徴になった。
アメリカCIA、国務省やペンタゴン幹部の少数の仲間や、アメリカン・エンタープライズ研究所やニューヨーク外交問題評議会などの特定のワシントン・シンクタンクの同盟者以外は、東ヨーロッパ中の旧共産主義諸国や、ウクライナや、新たに形成されたロシア連邦自体に対し、まさに政権転覆を狙った実に念入りな取り組みをワシントンがしかけようとしていることは極めて僅かな人々しか知らなかった。スローガンは“アメリカ風民主主義、自由、人権、新自由主義自由市場の導入”だった。 それはやがて、独裁政治となるのだが、ウクライナの場合など、ソ連政権下で経験したあらゆるものより遥かに酷い。
更に読む: アメリカによる帝国の遂行。ワシントンの冷戦後覇権プロジェクト
それぞれの不安定化に、マディソン街がふりつけたカラー・テーマ、つまりウクライナのオレンジ革命、ジョージアのバラ革命、イランのグリーン革命等々から、ワシントン政権転覆工作は“カラー革命”と呼ばれることになった。連中は、デイヴィッド・ロックフェラーが、彼の回顧録で、ワン・ワールド政府と呼び、ビル・クリントンが、1990年代に、無害なように聞こえる言葉ながら、さほど無害でないプロセス、大企業グローバリゼーションと読ばれるものの邪魔になる重要な国を必ず標的にした。2
実際は、こうしたワシントンによるカラー革命政権転覆介入は、かつての共産党指導者を、それぞれの国の大切な財産や国民を、億万長者の投機家ジョージ・ソロスや欧米銀行家や多国籍企業などの特定の欧米金融捕食業者に進んで売り飛ばす、厳選された、ワシントンが抱き込んだ政治指導者に置き換える取り組みだった。
アメリカ権力のオーラ
皮肉なことに、ワシントンやペンタゴンやCIAや議員と大統領を連中の資金で支配している強力な軍産・金融ロビー集団に直面した難題は、1989年末のactive冷戦の終焉だった。膨大なアメリカ軍支出やNATO存続を正当化する“敵”が突然存在しなくなったのだ。
元アメリカ国防長官で、後にCIA長官になったジェームズ・R・シュレジンガーは、ジレンマをこう説明している。
“アメリカの政策立案者は、アメリカの権力構造と将来の軍事支出を決定する基盤は、単なる個別の脅威に対する対応ではなく、アメリカ権力の総体的なオーラを維持するのに必要なものであるべきだということを念頭に置かなければならない”3
1980年代末、アメリカの経済と金融体制は、大恐慌以来最も深刻な危機の真っただ中にあった。
ウオール街の最大の銀行-シティー・グループ、バンク・オブ・アメリカや他の銀行は事実上、破産していた。
アメリカの貯蓄・融資銀行の規制緩和が、1980年代末に崩壊した不動産投機バブルを招き、同時の世界石油価格の劇的下落が、アメリカ国内石油業界中で破産の波を引き起こした。
この何十億ドルを、急速に崩壊しつつあるアメリカ経済インフラ更新に使える“平和の配当”を作り出すのではなく、何千億ドルもの税金を、もはや特定することが不可能な敵のために、高い水準の国防費の無駄遣いを続けるようアメリカ納税者に要求するのは、アメリカ軍や諜報機関にとって困難な課題だった。1991年4月、コリン・パウエル統合参謀本部議長がArmy Timesにこう語っている。
“良く考えて頂きたい、私は悪魔の種がきれつつある。悪役の種がきれつつある。カストロと金日成しか残っていない。”4
このジレンマは間もなく解決されることとなった。
連中のグローバルな狙いの推進に、もっぱら公然の軍事力に頼るのではなく、ワシントンは劇的な新兵器を公表した。
ソ連崩壊後の世界の戦略的地域で密かにワシントン寄り政権を作り出すために使われる“エセ民主主義”非政府組織 (NGO)だ。
民主的自由が、新たな独裁制をもたらすための信じられないような旗印だ。
“自由”市場は実際は、崩壊した共産主義世界の膨大な国有資源を略奪する、
ウオール街やヨーロッパのグローバル銀行や、欧米多国籍企業に支配されている。
人権を武器として利用する
1990年代、ユーゴスラビアでのワシントンの戦争という残虐な例外は別として、あからさまな軍事的対立に代わって、
世界中で、アメリカが操るエセ民主主義政権転覆で、劇的に効果のある新兵器となったものが本格的に利用されるようになった。
億万長者投機家ジョージ・ソロスが資金提供する
ヒューマン・ライツ・ウォッチや、
フリーダム・ハウス、
国際共和研究所 (IRI)、
アムネスティー・インターナショナル・アメリカ
や、民間組織ということになっているアメリカ政府の全米民主主義基金(NED)
などのいわゆる“人権” NGOは、旧共産主義東ヨーロッパの新たに独立した国々やロシアをも変身させるための政権転覆用ワシントン主要兵器となった。
後にワシントンの“エセ民主主義”カラー革命は、中国や中央アジアや、最も劇的には石油の豊富な中東諸国に、いわゆるアラブの春としてもちこまれることとなった。
目標は、狙った国々を一連の政権転覆カラー革命により、アメリカの経済的総督管轄領、つまり属国に変えることだった。
アメリカによる“民主主義”輸出の名目で、自国とその経済に対し、一体何が行われているのか、標的にされた疑うことを知らない国民が気がつくにはしばらく時間がかかるのだった。
成功した最初のエセ民主主義カラー革命政権転覆は、1999年に
セルビア、
ヴォイヴォディナ、
コソボと、
モンテネグロとなった旧ユーゴスラビア
の当時の大統領スロボダン・ミロシェヴィッチが標的だった。
1980年代初期、レーガン大統領のCIA長官ビル・ケーシーらによって、ひっそりと設立されたワシントンのNGO誕生の記述で、我々の調査を始めた。
それはNED、全米民主主義基金という名前だった。
ワシントンによる冷戦後新グローバリゼーション秩序とは一致しない政策を推進する政府を標的にするワシントンが支援するあらゆる政権の不安定化で、このNEDが中心的役割を演じたのだ。

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/cat39026920/index.html





*F. William Engdahlは戦略リスク・コンサルタント、講師で、プリンストン大学の学位を持っており、石油と地政学に関するベストセラー本の著書。
Global Researchにしばしば寄稿している。

1. ジョージ・オーウェル、『1984年』、https://www.brainyquote.com/quotes/quotes/g/georgeorwe141783.html
2. デイヴィッド・ロックフェラー、『ロックフェラー回顧録』、405ページ(翻訳書では517ページ)、http://opengov.ideascale.com/a/dtd/David-Rockefeller-s-book-Memoirs-admits-secretly-conspiring-for-a-NWO/4007-4049. “なかには我々が[ロックフェラー家]アメリカ合州国の国益に反する秘密結社の一部で、私の一族と私を‘国際主義者’で、世界中の他の人々とともに、より統合的なグローバルな政治経済構造 - 言うなればワン・ワールドを構築しようとたくらんでいるとして描くむきもある。
もし、それが罪であるならば、私は有罪であり、それを誇りに思う。”
3. Joe Stork、New Enemies for a New World Order、MER176、http://www.merip.org/mer/mer176/new-enemies-new-world-order?ip_login_no_cache=e4b-596febb56c8ddb4c739f2806fd833.
4. William W. Kaufmann and John D. Steinbruner、Decisions for Defense (ワシントンD.C.: ブルッキングス研究所、1991年)、p. 45.
F. William Engdahlは戦略リスク・コンサルタント、講師で、プリンストン大学の学位を持っており、石油と地政学に関するベストセラー本の著書。Global Researchにしばしば寄稿している。
本記事初出は、Global Research。
Copyright F. William Engdahl、Global Research、2018年
記事原文のurl:https://www.globalresearch.ca/manifest-destiny-and-orwells-doublethink-democracy-as-cognitive-dissonance/5648111
----------
新刊書、購入したいものだが、画像をクリックした先の販売元は巨大書店。
あそから購入する気になれない。困ったものだ。
この国、『1984年』を地で行くとんでもない社会になってしまったが、スローガンの項目がもう一つ増える。
戦争は平和だ。
自由は隷属だ。
無知は力だ。
過労死はゼロだ。
「街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋」の下記記事をお読み頂きたい。
残業代ゼロ法が描く『過労死ゼロ』社会
記事末尾の文章、頭の中で「いるようで」を削除して読ませて頂いた。
それにしても、労災担当官の削減を取り上げているのが中日(東京)新聞だけで後追いの記事も出ないという事実は、メディアが『過労死認定ゼロ』に加担しているようで、いやなものである。
下記のような多くの記事・映像を、IWJ「過労死」で見られる。
「4年前成立の『過労死防止法』と真逆の法案が可決するとは!」〜「高プロ」参院本会議成立後、過労死弁護団、遺族らが失意と抗議の6.29記者会見!「間違いなく過労死は増える!国は責任を取れるのか!?」 2018.6.29
日刊IWJガイド「<本日の再配信>『なぜ、続けて死刑を執行しなければならなかったのか』〜 今日午後8時より、『岩上安身による松本サリン事件の誤報被害者・河野義行さんインタビュー』を再配信します!/西日本豪雨による農林水産関係の被害額1,695億円を超える!2015年9月の鬼怒川氾濫は『国の河川管理に不備があった』として常総市民ら集団提訴へ!/翁長知事が、辺野古新基地建設にともなう埋め立て承認の撤回を表明! 埋め立ての賛否を問う県民投票条例で、必要署名数を大きく上回る約7万7000筆もの署名が集まる!! 〜7.27翁長雄志 沖縄県知事 記者会見
自民党・杉田水脈(みお)衆院議員に続き、同じく自民党の小野田紀美参院議員のツイート『義務を果たしていれば権利を主張して良い』に非難殺到!『深刻なのは基本的人権否定の考えが自民党のスタンダード』であること!
/他」2018.7.28日号〜No.2144号〜
2018年7月28日 (土) William Engdahl, アメリカ, カラー革命・アラブの春, 読書

マスコミに載らない海外記事
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/cat39026920/index.html

posted by datasea at 18:21| Comment(0) | # 詩・小説・著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤原直哉の「2019年はどうなる」要旨

藤原直哉の「2019年はどうなる」要旨
2019/01/10 20:41
・ 今までの流れから言って、ものすごい速さで決着がつく。
・ メキシコの壁を絡めてトランプが言っていることは 「米軍を引上げる」
・ 民主党は壁の予算を認めないだろうから、「非常事態」 宣言となる
・ 米軍は国内でやることがたくさんある。外国で戦争やっている場合じゃない
・ トランプは 「ISISに勝った」 と言っている。→テロ戦争は終了と言う意味
・ 米軍は911でテロ戦争のために海外に出て行った
・ トランプは 「長い戦争、誤解から始まった戦争が終わる」 と言っている
・ トランプは 「北朝鮮と話したい。中国と話したい」 と言っている
・ 北朝鮮も中国も脅威でなければ、日本の米軍は必要ない
・ トランプ 「米軍は帰って壁を作らせる」→米軍を帰らせる口実
・ メキシコの壁の話は口実で、民主党を締め上げている
・ トランプはゴルバチョフ以上である
・ 米国ではソ連以上のことが起こる
・ 金利はまだ上がる (今は速度を落としただけ) →株は大暴落する
・ トランプは1期目でほぼ達成した (米軍とドルを世界から引き上げる)
・ 「全然違うアメリカにする」 と信を問う (その時はトランプじゃないかもしれないね)
・ 911真相の連邦大陪審の審議が始まった
・ 2006年から証拠はどんどん放出している (説明はしていない)
・ ケビン・シップが大暴露している
・ 安倍、役人、官邸ポリス?関係ない、日本はどんどん取り残されている
・ ロシアの武力は圧倒的であり、世界は平和になる
・ 開けてびっくり玉手箱トランプの 「中東和平案」→パレスチナ国家を認める
* アメリカ中心でどんどん進む
* 今までの常識を変えないとついてゆけない
(以下略)

嗚呼、悲しいではないか!
http://jicchoku.muragon.com/entry/400.html

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204



   





   

藤原情報教育研究所 015藤原直哉の時事放言2019年、どうなるの?
配信元) SOUNDCLOUD
19/1/10
   
Sound Cloud
https://soundcloud.com/naoyafujiwara_lce/0152019a
https://soundcloud.com/naoyafujiwara_lce/0152019a

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204







藤原直哉氏による今後の世界情勢の予測 / フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきている
2019/1/13(日) 午前 5:07 日記 練習用
藤原直哉氏による今後の世界情勢は、”必聴” です!!
フランスの ”黄色いベスト運動” も、益々意気軒昂で、新しい段階に入ってきている、とのことです!
この運動は、1%に対する、庶民99%の革命です。
これまでのような、1%だけを肥え太らせて(富が集まる)、庶民99%は搾取され続けて、痩せ細る(生活ギリギリの超貧乏)政策をとる、グローバリスト政府に 「 NO!!」 を宣言し、1%の傀儡政府を倒す運動です。
今や人々は覚醒しつつあります!
フランスの人々は、倒すべき敵は銀行家であることをよく理解しているようです! (竹下氏コメント)

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204








黄色いベスト運動が取り付け騒ぎを起こす?
引用元) 日本や世界や宇宙の動向 
19/1/10 
https://www.investmentwatchblog.com/yellow-vests-suggest-bank-run/
(概要)
1月9日付け
ヨーロッパでは非常に多くの人々がオリガ―キー (少数独裁政治家集団) に搾取され続けてきたことに気が付いたようです。
(中略)・・・
フランスの黄色いベスト運動の女性グループが、非暴力抗議活動の一環として預金者は銀行から預金を全て引き出そうと提案しました。
中略)
黄色いベスト運動の参加者らがフランス銀行と国会を狙って抗議活動を行った後、暫くの間どこかに身を隠していたマクロン大統領が再び国民の前に姿を現し、黄色いベスト運動に対する取り締まりをさらに強化すると発表しました。
(以下略)

日本や世界や宇宙の動向 
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52036027.html

investmentwatchblog.com
https://www.investmentwatchblog.com/yellow-vests-suggest-bank-run/

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204









藤原直哉氏による今後の世界情勢の予測 / フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきている
竹下雅敏氏からの情報です。
藤原直哉氏による、今後の世界情勢の予測です。大変、参考になります。
大きな流れとして、この通りではないかと思いますが、細かいところでは、認識に若干の違いがあります。
時事ブログでは、これまでサウジアラビアのムハンマド皇太子は、ジャマル・カショギ氏の殺害に関与していないとし、これはムハンマド皇太子とトランプ大統領を陥れるディープ・ステート側の犯罪であると説明しました。
今日のソルカ・ファール情報をご覧になると、ロシア国防省の報告でも同様に考えていることがわかります。
そうでなければ、プーチン大統領とムハンマド皇太子の、G20サミットの場で見られた、ガッチリとした握手の説明がつきません。
また、
トランプ大統領と
ムハンマド皇太子、そして
ネタニヤフ首相
は、トランプ政権の発足の当初から協力関係にあります。
また、ネタニヤフ首相は、しばしばプーチン大統領と会談を行っています。
そして、これが決定的なのですが、ネタニヤフ首相は未だに魂が残っており、波動も高いのです。
しかも、潜在下、無意識下の波動も高いのです。
しかも、彼はサイコパスではありません。
このような波動を持つ人物が悪人だったという経験がないので、おそらく彼は、ロシアのスパイだろうと思います。
こうした点を除けば、ほとんど、私の考えは藤原直哉氏と同じです。
”続きはこちらから” では、フランスの黄色いベスト運動は収束の気配を見せておらず、新しい段階に入ってきているように見えます。
どうやら、フランスの人々は、倒すべき敵は銀行家であることをよく理解しているようです。(竹下雅敏)

元気の素
https://blogs.yahoo.co.jp/satumayimo7/16075860.html

シャンティ・フーラの時事ブログ
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185922
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?m=20181204














配信元) Twitter
やのっち(・ω・)@_yanocchi0519
パリ市民による政治活動 「黄色いベスト」 が今週の土曜日に銀行の取り付け騒ぎを計画中銀行などの金融機関から全ての預金を引き出すことを支援者に呼びかけている。
メンバーの一人 「非暴力かつ法的な威嚇。政治家にとって最悪の日になるだろう」
https://www.apnews.com/c8646ad291c440978c5d8a260a11d454
https://jp.cointelegraph.com/news/frances-yellow-gilets-jaunes-plan-for-the-bank-run-positive-for-bitcoin/amp?__twitter_impression=true
12:31 - 2019年1月10日
Yellow vest protesters call for huge run on Fre......
PARIS (AP) - Yellow vest activists are urging Fr....
apnews.com
やのっち(・ω・)@_yanocchi0519
「黄色いベスト運動」 が収まる気配がない。
今回、ターゲットとなったのは、マクロンの出身である銀行。
マックス・カイザー氏
「もし全てのフランス人が20%の銀行預金をビットコイン (暗号通貨) に両替すれば、フランスの銀行と政府は崩壊し、流血の事態は避けられる。」
https://jp.cointelegraph.com/news/frances-yellow-gilets-jaunes-plan-for-the-bank-run-positive-for-bitcoin/amp?__twitter_impression=true
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Max Keiser, Tweet poet. @maxkeiser
If every French person converted 20% of their bank deposits into #Bitcoin
(and got a Bitcoin debit card to use for day-2-day stuff), French banks and the government would collapse and a lot of bloodshed could be avoided. #jilletsjaunes
#JeSuisSatoshi
12:36 - 2019年1月10日

Twitter
https://twitter.com/maxkeiser/status/1071862576999526400?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1083206014944477184&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D185922

     






2016/7/7
「英EU離脱第二波〜不動産市場に異変が」  
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF06H1H_W6A700C1MM8000/?n_cid=NMAIL001
Bloomberg関連記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-06/O9WIZYSYF03V01
「資家が英不動産ファンドから資金を引き揚げているのは、
ロンドンのオフィス価値が英国のEU離脱から3年以内に最大20%下落する恐れがあるとアナリストらが警告していることが背景にある。
2007年と08年の金融危機時にも不動産ファンドは解約で同様の打撃を受け、換金停止を強いられており、
英国ではピークから40%余り値下がりするという不動産相場の低迷を経験した」
英EU離脱、市場に第2波 英不動産ファンド解約増
2016/7/7 2:02
英国による欧州連合(EU)離脱決定の余波が金融市場を揺らし始めた。
イタリアの銀行の経営不安が再燃したのに続き英不動産ファンドの相次ぐ解約停止で混乱が広がり、
6日の金融市場で日本円や日米欧の国債へのマネー逃避が鮮明になった。
不動産価格下落や信用不安の連鎖が続けば欧州の実体経済にも影響が及びかねない。
「不確実性と重大な経済調整の局面だ」。
英中央銀行イングランド銀行のカーニー総裁は5日、英離脱決定の衝撃波が欧州の金融システムに飛び火するリスクに警鐘を鳴らした。
日米欧の長期金利は過去最低の水準に低下し、日本では6日、20年債利回りが初めてマイナスに沈んだ。
円相場が6月24日以来の1ドル=100円台前半まで上昇したほか、日経平均株価は一時、前日終値に比べ500円以上値下がりした。
6日の欧州市場でもロンドンのFTSE100指数をはじめドイツ、イタリアの株価も軒並み下落するなど波乱含みだ。
離脱ショックの「第2波」は英不動産市場が震源だ。
6日はヘンダーソン・グローバル・インベスターズが英第2位の公募不動産ファンドの解約を停止。
停止は5件目で、英不動産ファンド市場の5割強が凍結された計算だ。
金融機関などが英国外に拠点を移せばロンドンの不動産価値が低下しかねず、
一部投資家らが解約を求めファンドに殺到しているようだ。
ファンド側はすぐに資産を現金化するのが困難で、
解約の一時停止に動いている。
異例の取引制限を巡り市場では
「2007年8月のBNPパリバによるファンド解約凍結を連想させる」(外資系銀行)
との声もある。
くすぶっていたイタリアの不良債権問題もクローズアップされた。
欧州中央銀行(ECB)が不良債権の大幅削減を求め、イタリア政府による公的資金注入が不可避だとの見方が浮上している。
英離脱で欧州経済の先行き不透明感が強まり、不良債権処理が遅れる欧州銀行への視線は一段と厳しくなっている。
英離脱決定後、イタリアのウニクレディトや英バークレイズ、ドイツ銀行などの銀行株は2割以上値下がりした。
英ファンドの支払い停止などを発端に市場の疑心暗鬼が広がれば、
英国だけでなく、欧州市場全体でみて問題の大きい銀行が信用不安に見舞われる可能性が高まる。
英離脱ショックは金融システムの中枢が直撃されたリーマン危機とはやや性質が異なる。
米調査会社クレジットサイツのアナリスト、ハースト氏は
「不動産業の債務依存度や銀行の与信残高は低く不動産市場から金融システムへ危機が伝染する可能性は低い」
とみる。
銀行同士が資金をやり取りするロンドン銀行間取引金利(LIBOR)3カ月物金利は1%を大きく下回っており、
4%まで上がった08年9月のリーマン・ショック時のような切迫感はない。
とはいえ、住宅など広範な資産価格下落などに見舞われれば信用の目詰まりは避けられず、
金融セクター全体の安定性が揺らぐ恐れもある。
欧州金融当局が沈静化に有効な手を打てなければ
「リーマン型の金融システム危機の性格を帯びてくる」
(中央銀行関係者)
との警戒感もある。
(石川潤、ロンドン=黄田和宏)
MOMさんちでドイツ銀行で検索すると
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/search?q=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E8%A1%8C
『日本のマスコミはドイツ銀行がいかに危機的状況かを使えようとはしません。
英ポンドが暴落していますが、それでもイギリスの銀行はヨーロッパの他の銀行ほど危機的状況ではないようです。
まさに、BREXITの前にイングランド銀行が先手を打っていたのでしょう。
ドイツ銀行が破たんするのは時間の問題となっています。また、イタリアの銀行も破綻寸前です。
今後ドミノ式に世界中の金融機関に影響を与え、ついに金融システムが崩壊することになるのでしょうか。。。
BREXITで焦っているのはEUのリーダー国のドイツでありイギリスではないのかもしれません。
もちろんポンドも暴落していますが、暴落すれば輸出産業が伸びるのでチャンスかも。。。
それより、現在の通貨システム自体が崩壊してしまうのでしょうか
FRBが今年初めにアメリカ国内の大手銀行(33行)に行った財務力テストの結果、ドイツ銀行ともう一行のみが不合格となりました。
現在、ドイツ銀行は破綻を回避するために急いで現金を増やそうとしています。
今日、ドイツ銀行は必要な資金を集めるために少なくとも10億ドルもの輸送関連ローンを売却しようとしていることがわかりました。
ドイツ銀行のこのような動きはまさにリーマンブラザースが破綻前にやろうとしていたことなのです。
イタリアの状況も悪化し続けています。
イタリアの銀行が貸し付けた銀行ローンの約17%が債務不履行状態です。
つまりイタリアの銀行は大量の不良債権 を抱えているということです。
2008年のリーマンショック時にアメリカの銀行が抱えた不良債権はたった5%でした。
このようなことからも、イタリアの金融界は壊滅的な状態であることがわかります。
BREXITの影響を最も受けているのがイタリアの銀行です。
イタリアの銀行のBanca Monte Dei Paschi Di Siena の株価はこの10日間で45%も暴落してしまいました。
この銀行は2018年までに不良債権を40%まで減らす計画を立てました。
イタリアの他の銀行の株価も6月23日以降、約30%も暴落しています。
イタリアの銀行はこれまでも大量の不良債権を抱えていましたが、BREXITにより大きな打撃を受けています』
ジョージソロスはポンドは20%下落するだろうと予測しているがご本人はポンドのロングで大損
http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/349.html

ハムレットの水車小屋
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1230.html

























posted by datasea at 10:02| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

占星術での占い方

西洋占星術の理論
ここでは占星術で占う場合の基礎をご説明します。
自分が何座がわからない方はほとんどほとんどいらっしゃらないと思います。
わたしは蟹座ですが、これは占星術のほんの一部で、わたしたちが生まれた時の太陽の位置が蟹座だったという事です。
しかし、西洋占星術では夜空に輝くもっとたくさんの星の星座や、星と星の角度などを使って占うのです。
ここではそんな西洋占星術の基本的な占い方をご紹介します。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/




chart_miel.jpg


◇占星術での占い方
ホロスコープ
占星術で占う場合、まずホロスコープと呼ばれる図を作ります。
ホロスコープとは間単に言えば自分が生まれた瞬間の宇宙の平面図です。
もうちょっと詳しく言えば、あなたが生まれた日の、生まれた時間の、生まれた場所からみた太陽や月などの星の位置、牡羊座から魚座までの星座などの位置の情報が詰め込まれた図です。
つまり、ホロスコープは地球にいるあなたを中心に描くのです。
それは、占星術はその昔、わたしたちの住む地球が絶対真ん中だと考えられていた頃の「天動説」に沿って発達したからです。
図がわたしのホロスコープです。これは
1967年7月22日土曜日午前11時42分
の、わたしが生まれた場所からみた天空の様子です。
占星術ではこのホロスコープに記されている情報をもとに占います。
例えば、わたしのチャートでは、
太陽は蟹座の28度、
月は水瓶座の4度、
金星は乙女座の8度、
水星は蟹座の12度
などなど・・・。
そして、それぞれの星が何座にあるか、星と星の角度はどうなっているかなどで、あなたの性格や運勢の流れなどを判断するのです。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/






ホロスコープ作成には生まれた時間も必要
このホロスコープを作るためには、基本的には出生日と出生時間と出生場所の3つが必要です。
時間はわからなくても占えますが、自分のホロスコープを見てもらう時には母子手帳などで時間を調べてみるといいでしょう。
さらに正確に占えるのです。
なぜなら、生まれた時間の情報も埋め込まれたホロスコープでは、同じ日に生まれても昼に生まれた人と夜に生まれた人では違ったものになるからです。
これはつまり、同じ誕生日に生まれていても、生まれた時間が違えば、全く違うホロスコープになると言う事です。
あなたのホロスコープはあなただけのものなのです。
あなたは誰でもないあなたであると言う事が、ホロスコープに描かれているのです。
同じホロスコープを持つ人は・・・
しかし、待てよ・・・。鋭い人はもうお気づきかでしょう。
双子の人や同じ病院でほとんど同時刻に生まれた人は同じようなホロスコープになりますね。
ホロスコープが同じであれば、同じ運命をたどる事になるのでしょうか?
多くの占星術家はこのようにかんがえています。
ホロスコープにはあなたの人生が象徴的に表現されていますが、わたしたちには物事の最終的な判断を下す権利と能力が与えられています。
つまり、星はあなたに人生での傾向を示すのですが、最終的にどうするかはあなたに次第であると。
それ故に、同じホロスコープを持つ人たちでも、たくさん枝分かれしている道を選び進んでいくうちに、違った人生を歩む事になるのでしょう。
ホロスコープにつめこまれた情報
さて、話を戻して、占星術ではこのようにあなたを占う訳ですが、ホロスコープと呼ばれるこの図にどこまでの星を書き込むか、つまりはどれだけの情報をこの図に詰め込むかは、占星術家次第といえましょう。
たくさんの情報が詰め込まれた図だからって、それが「良い」とか「悪い」とか、「当たる」とか「ハズレる」というのとは、また別の問題であると、わたしは思っています。
ホロスコープに詰め込まれた情報は、星の言葉で書かれたあなたへのメッセージです。
ですから、このメッセージをどんな風にとらえ翻訳するか、それこそが大切そうです。
太陽の星座ひとつだけでも、人間性を深く掘り下げ、魂の本質に迫る事ができる占星術家もいます。
しかし、高度なテクニックをたくさん駆使して、出来事を無理矢理こじつけるだけの占星術家もいます。
考え方は占星術家により違いますが、わたしは、情報を翻訳する能力こそがホロスコープのリーディングにおいては大切だと常に感じています。
なぜなら、どんなに長い文章を翻訳しても、美しく的をえた言葉こそがあなたの心に響くのでしょうから。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/







ホロスコープの作り方
では、実際にホロスコープはどうのように作るのでしょう。
ホロスコープを作るには、占星術要の天文暦が必要です。天文暦とは、いつ、どの星が、どの星座にあったかなどが書いてあるものです。
これは本屋さんなどに売っています。
例えば、占星術専門書の中には、一番後ろに天文暦が掲載されているものもあります。
わたしはホロスコープは最初は手計算で作って見ると良いのではないかと考えています。
理由は星の周期や、時間による違いが実感できるからです。
ですが、データを入れれば即座にチャートができるソフトがありますので、そちらを使うとたくさんの計算をするという面倒な手間が省けます。
また、ソフトの入手方法がわからない方は、WEB上にホロスコープ計算サービスのあるサイトもはありますので、そちらを利用するのも良いでしょう。
◇星座
太陽を始めとする天体は横道上の12星座にそって運行しています。
占星術では各星座がそれぞれ特有の性質を持っていると考えています。
ところで、実は占星術でいう星座と実際の空の星座とは大きさも違い、位置もずれています。
実際の横道12星座の大きさはまちまちですが、占星術では360度を12で割った30度をひとつの星座の大きさとしています。
そして、占星術では現在でも牡牛座の0度を春分点と定めていますが、実際の春分点は魚座の終わりの方に位置しています。
これは占星術の体系が整った頃に春分点は牡羊座の0度にあったのが、歳差運動と呼ばる地軸の移動により現在の春分点がずれてしまったためです。
しかし、占星術は星座と惑星の位置関係がわたしたちの人生を象徴しているとの古代からの考えにもとづいていますので、このような古代の体系のまま象徴的にアレンジされた星座の大きさと位置を用いているのです。
ここではそれら占星術の星座の守護星と分類を紹介します。
まず、各星座の分類をご紹介しましょう。
占星術において各星座は
2区分、
3区分、
4区分
に別けられます。
これらの星座の分類を知るだけでも、各星座の特性が見えてくると思います。
2区分
各星座は男性性座と女性星座に別けられます。
男性性座は能動的、自己表現的であり、一方女性星座は受容的、自己抑制的と考えられています。
3区分
3区分は、その星座の行動様式を表わし、活動・不動・柔軟の3種類に分類されます。
活動星座 : 牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座
分点と至点(春分、夏至、秋分、冬至)に位置する4つの星座です。
これらの星座は新しい季節が始まる象徴であるように、外向的、活動的であると考えられています。
不動星座 :牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座
活動星座の次に来る星座です。これらの星座の特徴は、物事の安定を好み、内向的であると言われます。
強い意志やゆるぎない信念を持つ星座です。
柔軟星座 : 双子座・乙女座・射手座・魚座
不動から活動の星座へとの変わり目の星座で、順応性や流動性が特徴です。
臨機応変な対応を得意とし、環境に調和しやすい性質があります。
4区分
4区分は火・地・風・水の4つに分類したものです。
現在では心理占星術の分野でユングのタイプ論と結びけて考えている占星術家もいます。
火の星座〜牡羊座・獅子座・射手座は直感機能と対応します。
常に新しい物を求める未来志向であり、五感ではとらえきれない物事を感じる力を司ります。
地の星座〜牡牛座・乙女座・山羊座は感覚機能と対応しています。
身体的な感覚(五感)を通した快・不快の感覚をベースに判断し、現実的な価値を求めます。
風の星座〜双子座・天秤座・水瓶座は思考機能と対応しています。
論理性を重んじて、客観的に物事を判断しようとします。
好奇心が旺盛で、コミュニケーションに長けています。
水の星座〜蟹座・蠍座・魚座は感情機能と対応しています。
フィーリングで物事をとらえ、好きか嫌いかが判断基準となります。
他の人の感情にも敏感で、共感しやすい性質です。
>>下表
そして、これら12の星座はさらに個性的な意味合いが与えられています。
◇惑星
占星術において各惑星はそれぞれ、わたしたち人間が持っている性質のいろいろな部分をそれぞれの星が司っていると考えています。
太陽は恒星でありますが、占星術では「天動説」の時代に発達しましたので、これも惑星と考えています。
現在では、下記に上げた星の他にたくさんの小惑星が発見され、それぞれに様々な意味を持っています。
これらの星がどの星座にあるか、また、この後に説明しますが、どんなアスペクトがあるか、どのハウスにあるかなどを考慮して占うのです。
◇アスペクト
アスペクトは星と星の角度のことです。
占星術では星と星の角度も考慮してチャートを読み解きます。
アスペクトは
「第1種」
「第2種」
に分類されます。
また、アスペクトの働き方を表す表現として
「ソフトアスペクト」
「ハード・アスペクト」
という分類もあります。
ソフトアスペクトは星と星の影響が協調関係として表れ、一般的に幸運的な配置といわれています。
一方、ハードアスペクトは星と星がお互いに緊張状態にある困難な状況を表しています。
このアスペクトを計算する場合には角度の許容範囲も考慮します。これはオーブと呼ばれています。
このオーブは占星術家によっても考えが違う場合があります。
一般的には主に6度、そして、星やアスペクトの種類によって4〜8度に設定する場合が多いといえましょう。
例えば、水星と金星の角度が「トライン」と呼ばれる120度の角度の場合、オーブを6度と考えるなら114度〜126度がトラインの範囲となります。
・ コンジャンクション   
・ オポジション  
・ トライン  
・ スクエア
・ セクスタイル  
・ その他
この他に、3つ上の星が作る角度として特別なアスペクトがあります。
・ グランド・トライン  
・ グランドクロス 
・ Tスクエア  
・ その他
◇ハウス
ハウスとは、天の動きを地上の出来事としてとらえるために、横道上の空間を象徴的に12に分けて占う技法です。
現在ではハウスの分割法は50以上もあるといわれ、どの方式を使うかは占星術家によってそれぞれ違います。
一般的に使われているのは数種類くらいであるようです。
どのハウスにどの星座が位置しているか、またはどんな天体が入っているかにより、あなたが人生で経験する事柄の傾向が示されると考えられています。
特に
第一ハウスの始まりである東の地平線(Ascendant)と
第7ハウスの始まりの西の地平線(Discendant)、
第10ハウスの始まりの天頂(Midium Coeli)と
第4ハウスの始まりの天底(Imun Coeli)
は特別な意味を持つとして重要なポイントとされています。
第1ハウス(アセンダント/Ascendant)
19世紀頃までは、アセンダント(東の地平線)に昇る星座はその人の身体的な特徴を表すと考えられていました。
現在ではこの位置の星座はその人がどんな印象を与えるかや、世間に向けた性格など表わすと言われています。
また、第一ハウスのカスプ(境界線)付近の天体の性質が、その人に強い影響を与えると考えられています。
第2ハウス
第3ハウス
第4ハウス
第5ハウス
第6ハウス
第7ハウス
第8ハウス
第9ハウス
第10ハウス
第11ハウス
第12ハウス

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/



















































































牡羊座 牡牛座 双子座 蟹座 獅子座 乙女座 天秤座 蠍座 射手座 山羊座 水瓶座 魚座
2区分 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性 男性 女性
3区分 活動 不動 柔軟 活動 不動 柔軟 活動 不動 柔軟 活動 不動 柔軟
4区分
守護星 火星 金星 水星 太陽 水星 金星 冥王星 木星 土星 天王星 海王星

posted by datasea at 07:58| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[経済メモ] 4割「AIに仕事が代替される」

[経済メモ] 4割「AIに仕事が代替される」
今日のヒト・コト
中高年サラリーマンは「今を何とか過ごす」仕事マインドから脱却するべき――。そう語るのは、人事戦略コンサルタントの松本利明氏。
「働き方改革」で勤務時間が短くなることは一見嬉しいことに思える。
しかし、キャリアやスキルアップについて考える余裕もなく組織の最前線で活躍してきたサラリーマンの場合、空いた時間をどう過ごすかに苦心し、逆に無力感に襲われるリスクもあるという。
「心のゴムが伸び切った」状態を解決するためには、瞑想やヨガなどでマインドフルネスを充実させたり、PDCAではなく解決思考のアプローチを取るなどして、仕事以外の自分を取り戻すことが大事だと、松本氏は語る。
パンツのゴムは伸びきったら取り替えるしか手はありませんが、心のゴムは伸び切っても復活させることは可能です。
@10年後、自分の仕事がAIやロボットに代替されると考える人が約4割――。そんな調査結果を、通信講座のユーキャンが公開している。
20代~40代のビジネスパーソン310名にAIやロボットによって自分の仕事が代替される可能性について尋ねたところ、36.8%の人が「代替される」と予想した。
一方、「代替されない」と答えた人も40%いた。
また、約半数の人がAIやロボットが仕事を代替することに「期待している」と答え、その理由としては「人間がすべき仕事に集中できる」が38%で最も多かった。
調査では、アンドロイド研究の第一人者、石黒浩教授のコメントを掲載。
ロボットにはホスピタリティを発揮するような仕事は難しいとした上で、今後は「人と関わるスキルを高めるべき」とアドバイスしている。
A新成人の間で、働く先に地元を選ぶ志向が強まっているという。
サイボウズ チームワーク総研が1998年4月2日〜1999年4月1生まれの新成人男女計400名にどこで働きたいかを聞いたところ、「地元」という答えが47.7%と最も多く、東京で働きたいと答えた31.5%を上回った。
どんな社会人になりたいかの質問では「プライベートを重視しながら働きたい」が76.4%で、2015年の調査よりも1ポイント増えた。
「働きたくない」との回答も9.0%あり、2015年の4.9%から4.1ポイント増加した。
B楽天が、自社が運営するプロ野球とサッカーのスタジアムを完全キャッシュレス化すると発表した。
試合のチケットをはじめ、スタジアムで購入する飲食やグッズなどの支払いを現金不可とし、原則として自社が提供する
スマートフォン決済の「楽天ペイ」や
電子マネー「楽天Edy」、
各種クレジットカード
などのキャッシュレス決済のみを受け付ける。
楽天以外のスマホアプリ決済や電子マネーへの対応は未定。
キャッシュレス利用率の低い日本で、決済におけるストレス軽減などを体験してもらうことで普及を促す狙いがあるという。
C口にくわえるだけで磨ける全自動歯ブラシが登場?
早稲田大学と同大発のベンチャー企業Genicsの研究チームが、マウスピース型のデバイスを口にはめると自動で歯みがきをしてくれるデバイスを米ラスベガスで開催中の「CES2019」に出展した。
口にくわえてデバイスの電源を入れるとブラシが上下左右に動き、歯の裏側や奥歯のかみ合わせ部分まで30秒程度で磨けるという。歯みがきの時間を短縮したいビジネスパーソンや、自力での歯みがきが困難な高齢者や手に障害のある人の利用を想定している。
D世界1位の大富豪で米アマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス氏が自身のツイッターで25年付き添ったマッケンジー夫人と離婚すると発表した。
世界一の富豪の離婚に、総額およそ15兆円と言われる資産の分与をどうするかに注目が集まっている。
ベゾス夫妻が居住するワシントン州では、夫婦が離婚した場合に全収入を含む共有財産を均等に分割することが義務付けられており、仮にマッケンジー夫人に財産の半分を譲渡することになれば女性として世界一の富豪になるほか、米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が首位に返り咲く事となる。
記事についてのご見解を、ぜひ↓↓コメント欄↓↓にお寄せください!
− 村井 秀輔 (Shusuke Murai)

LinkedInニュース
https://www.linkedin.com/pulse/ai%E3%81%8C%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%92%E5%A5%AA%E3%81%86%E3%81%AB%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%99%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1%E6%A5%BD%E5%A4%A9%E3%81%8C%E7%90%83%E5%A0%B4%E3%82%92%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%8C%96-%E3%81%BB%E3%81%8B-linkedin%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8-%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%8E%B3%E9%81%B8%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9





posted by datasea at 06:03| Comment(0) | ◆ AI・ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

占星術の歴史

◇占星術の起源
バビロニアの占星術
さて、その12星座占いのベースになっている西洋占星術と呼ばれるものの起源は、紀元前3000年頃の古代バビロニアまでさかのぼります。
バビロニアって言われても、正直いってあまりピンときません・・・よね?
バビロニアとは、現在で言うイラク、歴史で習うチグリス・ユーフラテス川に発生したメソポタミア文明を引き継ぐ古代の帝国です。
バビロニア人は天体観測技術に優れていました。
現在でも時間に使われている12進法、60進法はバビロニア起源と言われています。
そして、そのバビロニアでは天体を神々と信仰し、地上のあらゆる物事に影響を与えると考えられていたらしいのです。
古代の人々は、移り変わる天空の姿に畏怖の念を抱き、地上の出来事と照らし合わせる事をはじめ、いつしか星の運行によって吉凶判断をするようになったのでしょう。
このバビロニア文化は紀元前625年に最後のバビロニア帝国を建てたカルデア人まで引き継がれました。
このカルデア人たちはいろいろな占いをしていたようですが、とりわけ占星術は盛んであったらしく、主に国家や王家に関して、月をメインに用いて吉凶判断をしていたようです。
ちなみに、「カレンダー」とはカルデア人と言う意味の英語
「カルデアン」
がベースになっている通り、占星術からできた言葉なんですってね。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html








ギリシャの占星術
そして、バビロニアが滅んだ後、この占星術の技術を持つカルデア人がギリシャに伝えました。
ギリシャに渡った占星術は、国家や王家だけではなく個人の運命を占うものとして発展しました。
現在でもおなじみの黄道十二宮(牡羊座、牡牛座・・・という、星占いで使う星座)についての一番古い記録は紀元前410年と推測されています。
ですから、そのかなり前にはすでにこのような占星術の体系はできていたと考えられます。
そして、この黄道十二宮を用いた占星術の体系が整ったのは紀元後1世紀頃ではないかと推測されています。
紀元後2世紀には、ギリシャの天文学者で、アリストテレスが考えた地球中心の宇宙モデルを完璧な形に仕立て上げ、天文学書
「アルマゲスト」
を著したプトレマイオスが、「テトラビブロス」という4巻からなる占星術書も書いています。
「テトラビブロス」は現在でも占星術の古典として多くの占星術家に読み継がれています。
また、このギリシャの時代には、占星術を哲学や科学と結びつけての研究が盛んになされました。
例えば、エンペドクレスの有名な「万物は火地風水の4要素に分類される」という4大元素論なども占星術に取り込まれました。
このように、このギリシャ時代において、現代の占星術理論のベースとでもいうべき姿ができていったようです。
インド、中国の占星術
さらに、このバビロニア発祥の占星術は、ギリシャだけではなくインドや中国にも渡り、インド占星術や中国の占星術のベースになっています。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html






◇占星術の歴史
占星術はギリシャに渡ってから現在まで、常に今のように盛んだった訳ではありません。
ローマ時代の占星術
紀元前2世紀頃、ローマに流入した占星術は皇帝たちをも虜にして大流行しました。
しかし、キリスト教の勢力が強まるにつれて次第に占星術は弾圧されていきます。
すでに紀元後1世紀のローマ時代には占星術は迷信深いものとされ、占星術師たちは度々ローマから追放されています。
紀元後4〜5世紀頃には、ローマ皇帝たちがキリスト教に入信し、占星術などの異教的なものはさらに強力に弾圧されたのでした。
イスラム世界に渡った占星術
この頃、ヨーロッパでの占星術は衰退しました。
しかし、占星術は、ローマ教皇庁から異端宣言を受け東方に脱出したキリスト教の一派の手によりペルシャへ伝えられ、イスラム世界で盛んに研究されたのでした。
8〜9世紀頃、イスラム世界での占星術は最盛期を迎えました。
「テトラビブロス」
などの書物がアラビア語に翻訳され、バグダッドには天文台が建設されました。
そして、イスラム最大の占星術家アブ・マシャールを始めとする占星術家たちは、占星術の新しい技法を次々と生み出しました。
それらのいくつかは、現代の占星術でも重要な手法として残っています。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html






ルネッサンス以降ヨーロッパの占星術
そして、これらのアラブ占星術はルネッサンス時代のヨーロッパに逆輸入されることになります。
キリスト教の腐敗と弾圧に対抗して、古代ギリシャ思想などの復興や錬金術を始めとする神秘学が盛んになり、それらの一部として占星術も再びヨーロッパに返り咲いたのです。
イスラム占星術の書籍が次々とラテン語訳され、「テトラビブロス」などの古代ギリシャ占星術書もイスラム経由でラテン語訳されたのでした。
貴族たちはこぞって占星術師を雇いました。
イギリスではエリザベス1世がジョン・ディーという占星術師を雇っていました。
フランスではノストラダムスも宮廷占星術師として貴族に雇われていたのでした。
中世ヨーロッパの大学では占星医学が医学の一部として正規の講義がおこなわれていました。
偶然にではありますが、梅毒の治療に沃化水銀が有効であると占星術によって発見されました。
また、イタリアの貴族の宮殿などには占星術をモチーフとした壁画や彫刻などの装飾も見られます。
しかし、この頃は、宗教改革がヨーロッパで盛んになり、プロテスタントによる占星術や魔術の攻撃は激しくなっていきました。
魔女狩りが盛んに行われたのもこの頃でした。
それでも、たびかさなるキリスト教の弾圧に耐えて、占星術は研究され続けたのでした。
「天動説」から「地動説」の時代へ
1514年、ポーランドの聖職者ニコラス・コペルニコスが、太陽が中心に静止して地球はその周囲を周っているとする「地動説」を発表しました。
それから約1世紀が過ぎ、1609年、ガリレオ・ガリレイは当時発明されたばかりの望遠鏡で夜空の観測始め、夜空の星の全てが地球の周囲を周っている訳ではない事を示しました。
これと同じ頃、ドイツのヨハネス・ケプラーは惑星の楕円軌道を唱え、これが観測と合致する事を発見したのでした。(彼はまた熱心な占星術家であり、太陽中心の占星術を研究したようですが成果は上げられなかったようです。)
地球はもはや宇宙の中心ではなくなりました。
地球の周囲を星が周る事を前提として占う占星術も大きな打撃をうけました。
ルネッサンス時代には天文学者は占星術師を兼ねている事も多くありましたが、これ以降、占星術と天文学は全く切り離して考えられるようにりました。
この天動説以降、占星術はほとんどすたれかけました。
しかし、全く途絶えてしまったわけではなく、民衆の間で親しまれるようになりました。
イギリスでは、1665年のペスト流行と1666年のロンドン大火を予言したウイリアム・リリーや、また現在でも占星術家の間で有名な
「ラファエルの天文歴」
を作ったラファエルなどによる「アルマナック」と呼ばれる「占星暦」が発行されていました。
これは当時、民衆の間で読まれていた物であったようです。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html







土星外惑星の発見
1781年に天王星が発見され、古代バビロニア以来、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星の7つの星により運命を占っていた占星術は大きな打撃を受けました。
さらに、1846年には海王星、1940年には冥王星が発見されました。
これらの星の登場により、占星術はその理論を組替えることになりました。
そして、これらの惑星が発見された時代の背景や事件の意味などが、各惑星の司るところとなりました。
現代の占星術においてこの3惑星は、人の無意識の部分や世代の特徴などを象徴すると考えられ、重要な意味が与えられています。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html




◇現代の占星術
19世紀になると占星術は、それまでの運命的予言を行う占いから、少しずつ変化をしていきます。
アラン・レオという占星術師は「性格は運命なり」という言葉を残しました。
そして、心理学者カール・G・ユングは占星術をシンクロにシティーと結びつけて研究しました。
「五千年の歴史を誇る心理学」
であるとも書いています。多くの著名な占星術師や心理学者がユングに影響を受けました。
占星術が単に運勢や出来事を占うものではなく、人間の内的世界の象徴として解釈されるようになりました。
また、この他にも占星術はいろいろな形の発展をしています。
占星術は統計学であるとして、株や政治の動きを扱う占星術師もいます。
また、古代の占星術テキストを翻訳して、現代に復興しようとする動きもあります。
稀ではありますが、教育機関で占星術が教えられるようになりました。
アメリカでは占星術で学位が取れる大学が設立され、イギリスのある大学では占星術と天文学の授業があります。
現代の占星術は多様性を帯びながら展開しているのです。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html






1. 西洋占星術の歴史
◇「星占い」と「占星術」の違い
みなさんは何座ですか?天秤座?水瓶座?
多分ほとんどの方が自分の星座をご存知だと思います。
これはみなさんが生まれた時の太陽が位置していた星座のことです。
例えばわたしは7月22日生まれ。太陽はこの日、蟹座の位置にありました。
それでわたしは蟹座と言う訳です。
この太陽の星座だけによる「星占い」の歴史は意外と浅く1936年、
「ロンドン・サンデー・エクスプレス」
と言う新聞にR.H.ネイラーと言う占星術師が書いたのが始まりなんだそうです。
そして、この12星座の星占いのベースになっているのが伝統的な「占星術」です。
一般的には西洋占星術と呼よばれています。
こっちはもうちょっと複雑なんです。
太陽系の全ての天体と12星座の全て、プラス、星と星の角度やその他のいろいろな手法を使って占うのです。
ちょっと乱暴だけど、手っ取り早く言えば空にあるもの全部を駆使して占うのが西洋占星術なのです。
その伝統的な「占星術」で使う惑星の中でも、太陽の位置は毎年ほぼ一定です。
ですから、自分の誕生日さえわかれば太陽の星座は簡単に知る事ができます。
それが「星占い」となったのです。これが普及した理由は、その手軽さにあるのでしょうね。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html








◇日本における占星術の歴史
日本における最古のホロスコープは平安時代、1113年に製作されたものだそうです。
その惑星位置は驚くべき正確さなのだそうです。
宿曜道として、インド〜中国を経て渡ってきたホロスコープ占星術は、平安〜鎌倉時代には盛んでありました。
紫式部の「源氏物語」には星座の象徴がちりばめられていると解釈する人もいます。
しかし、これは正確な天体観測技術が必要なために、その衰えと共に、室町時代には宿曜道も衰退してしまいました。
再びこの占星術が日本に紹介されたのは1914年(大正3年)になってからでした。
日本初の西洋占星術テキストとして、隈本有尚著「天文ニ在ル運勢予想術」が発行されました。
この当時はまだ「占星術」という呼び名はなく、隈本は「考星学」と訳していました。
しかし、これは一般的に普及はしなかったようです。
1925年(大正14年)、作曲家として有名な山田耕作が「「生まれ月の神秘」という本を一般向けに書きました。
これは生まれ月別の占いになっていますが、西洋占星術の星座を参考にして書かれたといわれ、昭和40年代まで読み継がれる大ロングセラーであったそうです。
昭和30年代は占い大ブームでしたす。占星術のテキストが次々に発売され、手相や易などと共に占星術も広く知られるようになりました。
昭和40年代には、雑誌「アンアン」や「ノンノ」が発売され、それらの雑誌に西洋占星術による運勢が連載されました。
このようにして、「星占い」が日本でも一般に浸透し、現在は西洋占星術も人々に知られることとなしました。

星の塔
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/5191/m_astrology1.html






posted by datasea at 20:47| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

中国歴史年表


code




中華帝國史年表




















西暦時代年表
B.C.1000000


旧石器時代

B.C.500000
B.C.250000
B.C.100000
B.C.50000
B.C.25000
B.C.10000

新石器時代

B.C.8000
B.C.6000
B.C.5000
B.C.4000
B.C.3000
B.C.2800


三皇五帝

B.C.2600
B.C.2400
B.C.2300
B.C.2200
B.C.2100



B.C.2000
B.C.1900
B.C.1800
B.C.1700
B.C.1600



商(殷)(子姓)

B.C.1500
B.C.1400
B.C.1300
B.C.1200
B.C.1100

西


西周(姫姓)

B.C.1000
B.C.900
B.C.800









B.C.700
B.C.600
B.C.500

B.C.400



B.C.300





B.C.200



秦(エイ姓)



前漢(劉姓)

B.C.100

新(王姓)

後漢(劉姓)

A.D.100
A.D.200


蜀漢(劉姓)

魏(曹姓)

呉(孫姓)

A.D.250



西晋(司馬姓)

A.D.300





前涼

成漢

前趙

後趙

東晋
(司馬姓)

前燕

A.D.350

冉魏

前秦

後涼

西秦

後秦

後燕

西涼

南涼

西燕

A.D.400

北涼

南燕

北燕

宋(劉姓)



北魏(元姓)

斉(蕭姓)

A.D.500

梁(蕭姓)

東魏(元姓)

西魏(元姓)

北斉(高姓)

北周(宇姓)

陳(陳姓)



隋(楊姓)

A.D.600



A.D.700

唐(李姓)

A.D.800
A.D.900




西

(李)


(耶津)


後梁(朱)



後唐(李)



後晋(石)

後漢(劉姓)

北漢

南唐

後周(柴姓)

A.D.1000

北宋(趙姓)



A.D.1100

金(完顔姓)

南宋(趙姓)

A.D.1200






蒙古

A.D.1300


明(朱姓)

A.D.1400
A.D.1500
A.D.1600

後金


清(愛新覚羅姓)

A.D.1700
A.D.1800
A.D.1900


中華民国



中華人民共和国

A.D.2000


使徒's Home
http://www.geocities.jp/aydahn42df5/nenpyo.html
http://www.geocities.jp/aydahn42df5/index.html
http://www.geocities.jp/aydahn42df5/menu1.htm

posted by datasea at 17:39| Comment(0) | ◉ 歴史の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

[経済メモ] マリファナ解禁


[経済メモ]
[経済メモ] マリファナ解禁
大麻ビジネスに乗り遅れる日本、世界はマリファナ巨大市場の誕生でハイになっている=鈴木傾城
2019年1月8日ニュース
日本社会は大麻(マリファナ)を断固拒絶するが、米国では医療用ほか娯楽用も含めて合法化へ突き進んでいる。
大きな資金が流れ込んで一大産業になりつつあるが、日本はそれを傍観するだけだ。
しかし、日本人でもその恩恵を受ける方法はある。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城)
コカ・コーラまで?巨大多国籍企業がマリファナ市場に動き出す
日本のミュージシャンはマリファナを所持すると逮捕される。
そして
「危険な薬物中毒者」とか
「ジャンキー」
とか言われて社会から袋叩きにされる。
アメリカのミュージシャンはマリファナを吸うと「新しい時代の先駆け」として称賛される。そして、マリファナにのめり込めばのめり込むほど金持ちになる。その典型として、ヒップホップの重鎮であるスヌープ・ドッグが有名だ。
スヌープ・ドッグはもともと暴言・暴力・逮捕を繰り返す粗野なギャングスターだったが、ジャマイカでラスタ(聖なるもの)の哲学とその象徴としてのマリファナに染まると、奇妙な聡明さを発揮するようになった。
スヌープ・ドッグは、マリファナに賭けた。
2015年、スヌープ・ドッグは
「カーサ・ヴェルデ・キャピタル」
というベンチャー・キャピタルを立ち上げ、マリファナを促進する事業に次々と投資するようになったのだ。
この「カーサ・ヴェルデ・キャピタル」の投資事業は多岐にわたっている。マリファナの管理を中心にした
「metrc」、
合法的なマリファナのオンライン販売をする
「dutchie」、
マリファナの医療企業
「Oxford Cannabinoid Technologies」、
マリファナ産業の雇用を促進する
「Vangsters」
等々、多くのポートフォリオを抱えて1億2400万ドル(約134億円)もの利益を出している。
何が起きているのか。マリファナが「巨大産業」になりつつあり、そこに莫大な金が集まり出しているのである。
マリファナ・ビジネスを着実に進めるアメリカ
2018年12月17日。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、娯楽目的のマリファナ使用を2019年中に合法化すると発表している。
「これは2019年の最優先課題の1つになる」
とクオモ知事は言った。
なぜ、クオモ知事はマリファナ合法化を他のすべてに優先して取り組むのか。
なぜなら、マリファナを合法化することによって、マリファナに惹かれる観光客が群れをなして集まり、金を落とし、それがニューヨーク州の貴重な観光資源にも税収にもつながるからだ。
アメリカは、同じような「税収増加」を見込んで、
ワシントン州、
オレゴン州、
ネバダ州、
カリフォルニア州、
コロラド州、
バーモント州、
メイン州、
マサチューセッツ州、
首都ワシントン
が、娯楽用のマリファナを解禁している。
これらの州がマリファナで税収を増大させることに成功しているのを見ているから、クオモ知事はニューヨーク州でのマリファナ解禁を急いでいると言える。
クオモ知事の動きには、もはや娯楽用のマリファナに対する拒絶感などまったくない。
マリファナは「売れる農産物」
医療用のマリファナは、娯楽用よりもさらに広範囲で合法化されており、すでに30州が取り入れている。
そしてアメリカは、2018年12月11日と12日の2日間で「ヘンプ」と呼ばれる産業用のマリファナを規制物質法の対象から外し、大規模栽培を認める法案を上院・下院ともに可決している。
産業用のマリファナは、衣類にも使われるし、肥料にも使われる。食品にも使われるし、美容にも使われる。あらゆる用途で使い道が広がっている。
マリファナは「売れる農産物」だ。これを合法化することによって、アメリカの農家はより稼ぐことが可能になる。
マリファナの用途には、次の3種類があると考えて欲しい。
娯楽用マリファナ
医療用マリファナ
産業用マリファナ
アメリカはこのすべてを、ゆっくりと着実に合法化させているのである。
理由は最初から言っている通りだ。
娯楽用、医療用、産業用のすべてでマリファナはカネになり、実際に莫大な資金がそこに集まり出しているからだ。
アメリカはビジネスとして、ここで「先手」を打っている。
あと数年もすれば、娯楽用マリファナも医療用マリファナも産業用マリファナも、アメリカ全州で合法化されていたとしても不思議ではない。
見直された医療用マリファナ
娯楽用マリファナと違う部分で、社会に問題を提起しているのは医療用マリファナである。
マリファナは重度てんかんを抑制する効果が実際にあることが知られている。てんかんの危険な発作を抑制する。
他にも、
鎮痛、
催眠、
食欲増進、
抗がん、
自閉症の治癒、
多発性硬化症の緩和、
ぜんそくの抑制、
生理痛の緩和、
嘔吐の緩和、
PTSDの緩和
等、マリファナの成分は医療の発展に大きく寄与する。
今まで、マリファナは栽培することも所有することも違法だったので、研究が進まなかったし、ましてマリファナの成分を含んだ薬を出すというのは考えられなかった。
しかし、時代は変わった。
その裏側にはオピオイドという鎮痛剤が引き起こした社会問題がある。
オピオイドは優れた鎮痛作用を持つ薬だった。1日1錠を飲めば12時間効果が持続して痛みを感じない薬だと喧伝された。
しかし、この薬はヘロインと同様の依存性を持ち、依存すればするほど効かなくなるというものだった。
結果的にオピオイドは激しく乱用されるようになり、過去20年で700万人がオピオイド依存に陥るという
「アメリカ史上最悪のドラッグ汚染」
の元凶となってしまった。
一方で、医療用のマリファナには副作用も依存もない自然な鎮痛作用がある。オピオイドの害が広がれば広がるほど、医療用マリファナは見直され、そして求められ、研究されるようになっていったのだ。
「最初から医療用マリファナが解禁されていれば、オピオイド汚染はこんなにも深刻にならなかったはずだ」
このように訴える人も多かった。
巨大製薬企業も医療用マリファナ研究に動き出す
そして、いよいよ莫大な資金が医療用マリファナに流れ込むようになった。アメリカやカナダでいくつもの医療用マリファナを使った治療薬を製造する企業が上場するようになっている。
GWファーマシューティカルズ、
クロノス・グループ、
キャノピー・グロース、
ティルレイ……。
こうした企業がニューヨーク株式市場に上場し、本格的に始動しようとしている。
さらに、今後は巨大製薬大手のアッヴィが確実に医療マリファナの分野に進出してくるし、メルクやノバルティスも医療マリファナの分野に関心を寄せているのがニュースになっている。
>>以下は元サイトでお読み下さい。

MONEY VOICE
https://www.mag2.com/p/money/618705?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0108&l=unq0156e88






※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

MONEY VOICE
https://www.mag2.com/p/money/618705?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0108&l=unq0156e88






[経済メモ] マリファナ解禁
大麻ビジネスに乗り遅れる日本、世界はマリファナ巨大市場の誕生でハイになっている=鈴木傾城
2019年1月8日ニュース
日本社会は大麻(マリファナ)を断固拒絶するが、米国では医療用ほか娯楽用も含めて合法化へ突き進んでいる。
大きな資金が流れ込んで一大産業になりつつあるが、日本はそれを傍観するだけだ。
しかし、日本人でもその恩恵を受ける方法はある。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』鈴木傾城)
コカ・コーラまで?巨大多国籍企業がマリファナ市場に動き出す
日本のミュージシャンはマリファナを所持すると逮捕される。
そして
「危険な薬物中毒者」とか
「ジャンキー」
とか言われて社会から袋叩きにされる。
アメリカのミュージシャンはマリファナを吸うと「新しい時代の先駆け」として称賛される。そして、マリファナにのめり込めばのめり込むほど金持ちになる。その典型として、ヒップホップの重鎮であるスヌープ・ドッグが有名だ。
スヌープ・ドッグはもともと暴言・暴力・逮捕を繰り返す粗野なギャングスターだったが、ジャマイカでラスタ(聖なるもの)の哲学とその象徴としてのマリファナに染まると、奇妙な聡明さを発揮するようになった。
スヌープ・ドッグは、マリファナに賭けた。
2015年、スヌープ・ドッグは
「カーサ・ヴェルデ・キャピタル」
というベンチャー・キャピタルを立ち上げ、マリファナを促進する事業に次々と投資するようになったのだ。
この「カーサ・ヴェルデ・キャピタル」の投資事業は多岐にわたっている。マリファナの管理を中心にした
「metrc」、
合法的なマリファナのオンライン販売をする
「dutchie」、
マリファナの医療企業
「Oxford Cannabinoid Technologies」、
マリファナ産業の雇用を促進する
「Vangsters」
等々、多くのポートフォリオを抱えて1億2400万ドル(約134億円)もの利益を出している。
何が起きているのか。マリファナが「巨大産業」になりつつあり、そこに莫大な金が集まり出しているのである。
マリファナ・ビジネスを着実に進めるアメリカ
2018年12月17日。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、娯楽目的のマリファナ使用を2019年中に合法化すると発表している。
「これは2019年の最優先課題の1つになる」
とクオモ知事は言った。
なぜ、クオモ知事はマリファナ合法化を他のすべてに優先して取り組むのか。
なぜなら、マリファナを合法化することによって、マリファナに惹かれる観光客が群れをなして集まり、金を落とし、それがニューヨーク州の貴重な観光資源にも税収にもつながるからだ。
アメリカは、同じような「税収増加」を見込んで、
ワシントン州、
オレゴン州、
ネバダ州、
カリフォルニア州、
コロラド州、
バーモント州、
メイン州、
マサチューセッツ州、
首都ワシントン
が、娯楽用のマリファナを解禁している。
これらの州がマリファナで税収を増大させることに成功しているのを見ているから、クオモ知事はニューヨーク州でのマリファナ解禁を急いでいると言える。
クオモ知事の動きには、もはや娯楽用のマリファナに対する拒絶感などまったくない。
マリファナは「売れる農産物」
医療用のマリファナは、娯楽用よりもさらに広範囲で合法化されており、すでに30州が取り入れている。
そしてアメリカは、2018年12月11日と12日の2日間で「ヘンプ」と呼ばれる産業用のマリファナを規制物質法の対象から外し、大規模栽培を認める法案を上院・下院ともに可決している。
産業用のマリファナは、衣類にも使われるし、肥料にも使われる。食品にも使われるし、美容にも使われる。あらゆる用途で使い道が広がっている。
マリファナは「売れる農産物」だ。これを合法化することによって、アメリカの農家はより稼ぐことが可能になる。
マリファナの用途には、次の3種類があると考えて欲しい。
娯楽用マリファナ
医療用マリファナ
産業用マリファナ
アメリカはこのすべてを、ゆっくりと着実に合法化させているのである。
理由は最初から言っている通りだ。
娯楽用、医療用、産業用のすべてでマリファナはカネになり、実際に莫大な資金がそこに集まり出しているからだ。
アメリカはビジネスとして、ここで「先手」を打っている。
あと数年もすれば、娯楽用マリファナも医療用マリファナも産業用マリファナも、アメリカ全州で合法化されていたとしても不思議ではない。
見直された医療用マリファナ
娯楽用マリファナと違う部分で、社会に問題を提起しているのは医療用マリファナである。
マリファナは重度てんかんを抑制する効果が実際にあることが知られている。てんかんの危険な発作を抑制する。
他にも、
鎮痛、
催眠、
食欲増進、
抗がん、
自閉症の治癒、
多発性硬化症の緩和、
ぜんそくの抑制、
生理痛の緩和、
嘔吐の緩和、
PTSDの緩和
等、マリファナの成分は医療の発展に大きく寄与する。
今まで、マリファナは栽培することも所有することも違法だったので、研究が進まなかったし、ましてマリファナの成分を含んだ薬を出すというのは考えられなかった。
しかし、時代は変わった。
その裏側にはオピオイドという鎮痛剤が引き起こした社会問題がある。
オピオイドは優れた鎮痛作用を持つ薬だった。1日1錠を飲めば12時間効果が持続して痛みを感じない薬だと喧伝された。
しかし、この薬はヘロインと同様の依存性を持ち、依存すればするほど効かなくなるというものだった。
結果的にオピオイドは激しく乱用されるようになり、過去20年で700万人がオピオイド依存に陥るという
「アメリカ史上最悪のドラッグ汚染」
の元凶となってしまった。
一方で、医療用のマリファナには副作用も依存もない自然な鎮痛作用がある。オピオイドの害が広がれば広がるほど、医療用マリファナは見直され、そして求められ、研究されるようになっていったのだ。
「最初から医療用マリファナが解禁されていれば、オピオイド汚染はこんなにも深刻にならなかったはずだ」
このように訴える人も多かった。
巨大製薬企業も医療用マリファナ研究に動き出す
そして、いよいよ莫大な資金が医療用マリファナに流れ込むようになった。アメリカやカナダでいくつもの医療用マリファナを使った治療薬を製造する企業が上場するようになっている。
GWファーマシューティカルズ、
クロノス・グループ、
キャノピー・グロース、
ティルレイ……。
こうした企業がニューヨーク株式市場に上場し、本格的に始動しようとしている。
さらに、今後は巨大製薬大手のアッヴィが確実に医療マリファナの分野に進出してくるし、メルクやノバルティスも医療マリファナの分野に関心を寄せているのがニュースになっている。
>>以下は元サイトでお読み下さい。

MONEY VOICE
https://www.mag2.com/p/money/618705?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0108&l=unq0156e88






※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

MONEY VOICE
https://www.mag2.com/p/money/618705?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0108&l=unq0156e88







安心な「日本製大麻」を東京で作るべきだ
メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』
──2018年10月、カナダが主要先進国で初めて娯楽目的の大麻が合法化しました。WHOも大麻に関する見解を大きく変えたこともあり、日本でも大麻解禁に向かう流れなんでしょうか。
高城:日本ではほとんど報道されませんが、昨年末にトランプ大統領が、ついに「改正農業法案」に署名しましたね。これにより、CBDなどの大麻製品は公共の場で広告が打てる商品になりました。日本でも2020年代初頭には、まず医療大麻から解禁になるんじゃないでしょうか。国内のあらゆる方面からの話を聞く限り、恐らく医療用大麻に関しては2020年代の初頭には、完全に解禁されそうです。
ただ、僕も含めて多くの人が今問題だと思っていることひとつあります。それは大麻から薬効成分の高い良質な成分を抽出したCBD、これは日本にも入ってきていて合法なんですが、この品質があまりにバラツキがあるんです。なかには「飛ぶ」成分、つまりTHCが合法量を超えているものも日本に入ってるんですが、どれが合法製品なのかわかりません。だから、一時的にすべてのCBDが違法化する可能性があります。現在、使用している方々は注意が必要です。
今後は、CBDも医療化して、今のように誰でも買える状況じゃなくなる可能性があります。アメリカも州によってはそうなるでしょうし、オーストラリアも今後そうなる可能性が高いので、これは致し方ないのかもしれません。カナダや米国で続々と「大麻スタートアップ」が誕生しているのにも、注目です。なにしろ、驚くほどに儲かるブルーオーシャンですから。
また、日本で今後医療大麻が合法化した際に、いったいそれをどこで作るのかという問題もあります。薬用成分の高い大麻の栽培免許は各都道府県知事によって発行されますが、戦後一度も発行されたことがありません。
そこで現実的な案として考えられるのが、いわゆるアーバンファーミング。
農地で作るんじゃなくて、セキュリティ完備した都市のビルの中で水耕栽培を行う形です。これなら24時間稼働ができて、十毛作なども可能です。
今後大麻が巨大産業となることを想定すれば、この形が一番ふさわしいと思います。
そこで僕が思う第一候補が、東京です。輸送に便利な羽田周辺なら土地が空いてますし、地価も比較的安価。
それにアーバンファーミングなら、埋め立て地でも全く問題ない。
場合によっては輸出も可能です。
いま、中国の黒竜江省がアジアにおける大麻の一大栽培地なんですが、そこと対抗するためにも、羽田はまさにうってつけの場所なんじゃないかと考えています。
万全のセキュリティ体制のもと、お金のかかった「日本製大麻」を東京で作ることが、粗悪で違法な大麻の流通に歯止めをかけることにも繋がるでしょう。
そうなると気になるのが、2020年の夏に行われる予定の東京都知事選。
その都知事が誰になるかで、今後の方向性が決まるでしょうね。その人が大麻栽培免許を出すことになるでしょうから。
また、僕が考える第二候補は、大阪の夢洲です。
2025年の万博が終わった跡地に、巨大な都市型大麻ファクトリーを作るんです。カジノと大麻ファクトリーを併設させれば、セキュリティ面でも効率がいい。
さらに、その隣には、石油由来の薬は一切使わない医療大麻専用のクリニックを作る。
そうすれば医療観光で、医療大麻が合法化されてないアジア諸国から大阪に人がやってくる。
僕はメールマガジンの読者に、いつも7年後を視野に入れるように示唆していますが、そう考えると、いま仕込むのは2026年ということになります。つまり、万博後の世界の準備です。
──医療用大麻が解禁となれば、次は娯楽用が……という流れになると思いますが、そちらのほうはどうでしょうか?
高城:日本でも製薬会社やJTなどのロビー活動によって、2030年代には嗜好用大麻も解禁の流れになるんじゃないでしょうか。
その間にもカナダをはじめアメリカ、オーストラリアでも解禁が進むと思われますから、日本も遅ればせながらも解禁せざるを得ないでしょう。
そもそも、いままで準拠していたWHOが大麻に対しての見解を変えたので、国としても大麻を取り締まる理由がなくなっています。

Money Voice
https://www.mag2.com/p/news/382716/2



pp6520190317007.png
posted by datasea at 14:17| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョン・ホーグの未来予想

ジョン・ホーグの未来予想
1914年と2014年
いままさに集合無意識から現れようとしている我々の未来とは、どのような姿なのだろうか?
そのヒントになるのは、2014年こそ第一次世界大戦が勃発した1914年の100周年であるという事実だ。
第一次世界大戦は、それ以前のヨーロッパを中心とした世界秩序を完全に破壊した。1914年以前は、経済のグローバリゼーションと科学技術の急速な発展という、まさに理性の合理的な力がもたらした繁栄を享受していた。
国際紛争は、大きな戦争にならないように、ヨーロッパ各国の王侯貴族が密接に結び合ったネットワークのなかで管理され、安定した国際秩序の維持に成功していた。それは、王侯貴族と特権階級である外交官が活躍する壮麗な世界であった。
事実、ヨーロッパで戦争は43年間も起こっていなかった。
これを180度変えたのものこそ、第一次世界大戦だった。
第一次世界大戦は、周到に計画されて起こった戦争ではまったくない。
理性の勝利によって、経済や政治を完全にコントロールしたと思い込んだ傲慢さの背後で、抑圧された暗く動物的な集合無意識の力がなんの前触れもなく突然と解除されてしまったのだ。
集合無意識の力がもたらす破壊は壮絶なものだった。オスマントルコ帝国やオーストリー・ハンガリー帝国、そしてロシア帝国は完全に消滅し、ドイツ帝国は崩壊した。
そして、それとともに、長い間ヨーロッパの国際秩序を管理していた王侯貴族の世界は、それを支えていた伝統的な階級社会とともに吹き飛んでしまった。第一次世界大戦前と後の世界では、ほとんどなんの共通点もないほどに変化してしまった。
2014年のいま、100年前と同じことが起きようとしているのだ。読者の方々は、自分の内面に、また社会の激しい動きのなかに、集合無意識が息を吹き返し、荒々しいエネルギーの発散をはじめたのを感じないだろうか?
2014年のいま、まさに100年前の過程が再現されようとしている。
おそらく、第一次世界大戦の終結100周年にあたる2018年には、かつてと同様、世界の様相は相当に異なっているはずだ。
2014年に始まる根本的な変化
では我々の集合無意識は、100年前と同じように、世界大戦へと我々を追い込んでいるのだろうか?いや、そうではない。これから破壊されるのは、コントロールがつかないほど肥大化した金融システムと、それに過度に依存した現代の経済システムである。
2014年から2018年にかけて、世界経済は1930年代の大恐慌を上回る不況に突入する。これが引き起こされる原因は、民衆の怒りというかたちをとる、激しい集合無意識の炸裂だ。
過度なグローバリゼーションは、低賃金労働の導入で中間層を没落させ、地域の住宅街を中心とした共同体を消滅させた。多くの人々の生活は先が見えないほど不安定になり、これまでの慣れ親しんだ安定した生活世界は消え去ってしまった。グローバリゼーションはほんの一部の人々に莫大な富を残したものの、大部分の人々には極端な格差しか残さなかった。
この恨みが、集合無意識の荒れ狂う力を解除させ、世界各地で激しい抗議運動に火を付ける。
トルコ、ブラジルなどの新興国ではこうした抗議運動はすでに起っているが、新興国の経済の停滞が続くにしたがって一層激しいものとなろう。
またアメリカでは、これまでにない激しい抗議運動が全米各地で起こるはずだ。
アメリカの衰退の真の意味とみずがめ座の時代
これまでに 解説したように、アメリカの衰退はだれの目にも明らかになりつつある。しかし、アメリカの衰退の後に待っている世界は、これまで考えられているような、BRICs諸国などが地域覇権を分け合う多極化した世界秩序の出現という地政学的な変化だけではない。
もちろん多極化は進展するだろうが、アメリカ の衰退ははるかに深い意味をもつ。
この意味を理解するためには、アメリカの衰退が起こっている時期に注目する必要がある。2008年にみずがめ座の時代に入ったことを考えると、衰退の過程はみずがめ座の時代の特徴を反映したものとなるはずだ。
で は、みずがめ座の時代の特徴とはなんだろうか?それは、巨大組織の衰退、個人の力の強化、ネットワークの拡大などの特徴だ。それに伴い、社会のあらゆる方 面で中央集権が解体して、分散化が加速度的に進む。アメリカの覇権の衰退と多極化は、あらゆる領域でダイナミックに進む分散化の過程が、地政学の分野で表 現されたものにしかすぎないのだ。
2018年にやってくる徹底して分散化した世界
したがって、世界の多極化が本質的な現象だと誤解してはならない。これから我々の目の前に現れてくるのは、徹底して分散しシステムなのだ。
こうしたシステムは、2015年から2016年に起こる世界的な不況の過程で出現する。
先の解説ですでに紹介したように、2015年から始まる世界的な不況でドルと円は衰退し、中国の元が唯一の信頼できる基軸通貨となる。
しかし、元の基軸通貨の支配は長くは続かない。
というよりも、2016年頃になると、基軸通貨という概念が意味をなくし始めるのだ。
基軸通貨が必要であるの は、中央銀行が管理する不換紙幣によって維持されている経済システムのもとだけだ。
不換紙幣を相互に交換するツールが基軸通貨なのである。
だが2016年頃からは、ビットコインのような、ネットワークで使われるデジタル化した通貨が、あらゆるものとサービスの取引に使われるようになる。こので は中央銀行も一般の銀行も、中央集権化したあらゆる金融システムは必要なくなる。世界に分散化した個人が、ネットワークを通してデジタル通貨を支払い手段 として経済関係を結ぶのだ。
またこれは、投資にも大きな影響を与える。いま次第に大きくなっているクラウドファンディングが投資の中心的な形態になるはずだ。
もはや、巨大な投資銀行の役割はなくなる。
宗教と信仰
分散化というみずがめ座の時代の特徴は、宗教と信仰にも歴史的な転換を迫ることになる。中央集権化した教壇と、それを支えている信者の信仰心は、やはり急速に衰退する。
権威を集中した一神教的な宗教に変わって、個々の人間に神的な力が宿っていることを自覚する方向にシフトする。これは、特定の権威が神聖なものを独占している中央集権的な宗教の時代から、神聖性が個々の人間に分散化した時代になる。
そのような時代では、自分の内面に宿る力こそがもっとも神聖なものなので、信 仰という態度を保持する必要性もなくなる。
ヤスの備忘録2.0さんより抜粋
PRESIDENT 2015年1月12日号
もし私が日本の若者だったら、外国語を習得して日本脱出に備えます。
もしくは、カラシニコフ銃を手に立ち上がり、革命を起こそうとするかもしれません(笑)。
日本に骨を埋めるつもりなら、農地を買ってトラクターを運転できるようにもなってください。
これからは農業の担い手が不足するので、食糧を生産できる人の将来は安泰です。
ライバルが少ないうちに始めれば、15年後に農家として大成功したあなたのもとに「ここで働かせてください」と言ってくる人が現れますよ。ジム・ロジャース
▼ジョン・ホーグの2017年予測
特に大統領選挙では、1968年から一般投票の勝利者を予測し、すべて的中させている。
周知のようにアメリカの選挙システムでは、一般投票で得票したものが大統領になれるわけではない。
選挙の結果は、各州に配分された選挙人の人数によって決まる。
そのため、たとえ全米の得票数が上回っていたとしても、選挙人の獲得数で対立候補が上回っていれば、選挙には負けることになる。
今回の選挙ではこのケースであった。
クリントンの得票数は230万票もトランプを上回っていたものの、選挙人の獲得数ではトランプが勝っていたので、トランプの勝利が決定した。
ジョン・ホーグは、早くも1998年からクリントンが大統領になる可能性があること、そして2015年にトランプが立候補し泡沫候補であった時期に、トランプ旋風が起きることを予見していた。
そして、おおよそ次のようなことをかなり早い時期から述べていた。
「クリントンが大統領になる可能性は十分にある。それは間違いない。
一方トランプだが、彼が勝利する可能性は5%程度だ。
だが占星術から見ると、11月8日の投票日はトランプにとって絶好調の日だ。
5%が残りの95%を上回る可能性はある。今回は最後まで結果は分からない」
これは、クリントンでもトランプでもどちらが勝利してもおかしくないという予想に聞こえるかもしれないが、
事実、一般得票ではクリントンが勝利し、選挙人の獲得数ではトランプが勝利するという結果になった。
これは、ジョン・ホーグの予見した通りの展開ともいってよいだろう。
そのようなジョン・ホーグだが、今回トランプ政権の2017年がどのような年になるのか、予想する記事を配信した。
次の7つが起こるという。
1)米経済は2017年に好景気になる。
2)しかし好景気は2017年の秋には終わる。2018年にはインフレを伴う大不況がやってくる兆候が出てくる。
3)皆既日食のある8月21日前後には政治的、経済的な災難がアメリカで相次ぐ。
これらの出来事でアメリカ国民は自分たちのアイデンティティーを本格的に問われるようになる。
また、これらの出来事はトランプを決定的に変える。
4)オバマとネオコンが2014年に開始したロシアとの冷戦は、トランプによって2017年には終了する。
5)ロシアとアメリカは協力し、ISを攻撃する。2017年の夏にはISは駆逐される。
6)もしアメリカが2017年中に温室効果ガスを規制する気候変動会議をリードしなければ、2019年にはアメリカの覇権は完全に終演する。
7)2017年に起こる気候変動は激烈だ。トランプ自らが大きな経済的な損失を被る。
これに彼はショックを受けて、地球温暖化を信じるようになる。
もしこの転換が2017年に起こり、アメリカが気候変動会議をリードすることができれば、アメリカは再度大国として世界をリードする位置につく。
だが、この判断が2018年から2019年にずれ込むと、中国の世紀が本格的に始まり、アメリカは中国に追随するだけの国になるだろう。

あほうどりのひとりごと 幸福への近道
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/446147264.html
http://www.あほうどりのひとりごと.com/category/10091553-54.html










2018年10月 4日 (木)
アメリカの近未来〜考えられるオプション
マタイ24章、ルカ21章の預言が現実と化しつつある世の中。
アメリカも水面下で内ゲバの権力闘争が始まっているようです。
トランプに送られた劇薬入りの郵便物、
両親の470億円もの脱税幇助疑惑、
元不倫相手とされるポルノ女優の暴露本
とまあ〜、盛り沢山で集中砲火ですわねえ〜。
おそらくアメリカには3つのオプションが考えられます。
@ 大自然災害〜イエロー・ストーンの活動が活発化している模様。
また、西海岸のサンアドレアス、中西部地域のニュー・マドリッド断層にも要注意。
A 内戦による連邦制国家の崩壊〜FEMA CAMP
B 米露最終決戦〜Show Down!
のいずれかが考えられます・・・これに携挙が絡んでくるのでは?と・・・
最後にルカ伝21章から抜粋してみましょう。
日本を襲う台風の大型化かつ凶暴化、インドネシアを襲った大地震と津波、火山の噴火・・・そして、
中東では
S−300(地対空ミサイル防御システム) VS F−35(メイドインUSAの最新型ステルス戦闘機) 
のバトルが見られるのだろうか?
イドリブに非武装地帯を設置したはいいが、あのテロリスト連中が大人しく武器を捨てて退却するだろうか??
はなはだ疑問である。
21:8イエスが言われた、
「あなたがたは、惑わされないように気をつけなさい。
多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がそれだとか、時が近づいたとか、言うであろう。彼らについて行くな。
21:9
戦争と騒乱とのうわさを聞くときにも、おじ恐れるな。
こうしたことはまず起らねばならないが、終りはすぐにはこない」。
21:10
それから彼らに言われた、
「民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。
21:11
また大地震があり、あちこちに疫病やききんが起り、いろいろ恐ろしいことや天からの物すごい前兆があるであろう。
〜中略〜
21:25
また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。
そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、
21:26
人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。
21:27
そのとき、大いなる力と栄光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。
21:28
これらの事が起りはじめたら、身を起し頭をもたげなさい。あなたがたの救が近づいているのだから」。
21:29
それから一つの譬を話された、「いちじくの木を、またすべての木を見なさい。
21:30
はや芽を出せば、あなたがたはそれを見て、夏がすでに近いと、自分で気づくのである。
21:31
このようにあなたがたも、これらの事が起るのを見たなら、神の国が近いのだとさとりなさい。
21:32
よく聞いておきなさい。これらの事が、ことごとく起るまでは、この時代は滅びることがない。
21:33
天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は決して滅びることがない。
2018年10月 4日 (木) 黙示録、聖書預言 | 固定リンク

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-1237.html


posted by datasea at 00:00| Comment(0) | % ジョン・ホーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする