2018年11月25日

大洪水前のシュメール社会,シュメール王名表

fdsfdsfds.png



地球は「8人の宇宙人たち」が241000年にわたり支配していた!「シュメール王名表」が語る衝撃の真実
2016.12.21
やはり、古代文明は宇宙人によって支配されていたのだろうか? 
そう思わざるを得ない驚愕の事実が発覚した。
なんと、シュメール文明の公式王名簿に、8人の宇宙人が24万1200年にわたり世界を支配していたという衝撃の歴史が記載されていたというのだ!
■『シュメール王名表』が明かす衝撃の事実
『シュメール王名表』「Wikipedia」より引用
『シュメール王名表』とは、古代メソポタミアにおける王朝の王をシュメール語で列記した古代の王名簿である。
2600年前に実在したとされるギルガメッシュ王の名も記載されており、“公式な”王権や王の在位年数を記録した、歴史的価値が高い名簿とされているが、中には常識では考えられない記述も散見される。
オルタナティブニュースサイトなどによると、
『シュメール王名表』
に記載されている初代の王アルリムは、ギルガメッシュ王よりも数十万年遡った時代に存在したとされ、在位期間はなんと2万8800年! 
間違いなく人間ではないだろうが、一体この王は何者だったのだろうか? 
『シュメール王名表』の記述をみてみよう。
「王権が天から降りてきた。王権はエリドゥにあった。
エリドゥでは、アルリムが王になった。アルリムは2万8800年に渡って統治した。
次に、アラルガルが3万6千年間王位にあった。2人の王が、6万4800年の間統治した」
「5つの都市に8人の王がいた。彼らは合わせて24万1200年に渡り統治した。その後、洪水が全てを洗い流した」
8人の王それぞれの在位年数は以下の通りである。(在位年数)
アルリム(28800年間)
アラルガル(36000年間)
エンメンルアンナ(43200年間)
エンメンガルアンナ(28800年間)
ドゥムジ(36000年間)
エンシブジアンナ(28800年間)
エンメンドゥルアンナ(21000年間)
ウバル・トゥトゥ(18600年間)
8人の王で24万年以上も統治したとは、話が壮大すぎて開いた口が塞がらないが、
このような浮世離れした事実が本当にあったのだろうか? 
専門家らの答えは単純だ。
このリストは、そもそも事実のみを記述したわけではなく、歴史以前の神話上の王も含めてしまっているというのだ。
しかし、王が天から降りてきたのは何故だろうか? 
シュメール風の王権神授説(王権は神から付与された絶対の権利とする政治思想)だろうか? 
陰謀論者らは、それでも疑問は残ると考えているようだ。
それというのも、これら8人の王がどのような最期を向かえ、どのように大洪水が地球を襲ったかまで詳細で緻密な記述があるからだという。洪水の後には、「別の王権が天から降りてきた」と物語られ、ミステリアスな王がまた世界を支配する様子が描かれているそうだ。確かに、王権神授説を唱えるための作り話ならば、王権を2つに分割して正統性に疑問がもたれるような面倒なことをする理由が無いのではないだろうか?
また、そういった事情に加え、多くの著述家や研究者は、神話説に異議を唱え、反論しているという。
では、天から降りてきた8人の王が実在した歴史上の人物だとしたら、どの説が最も合理的だろうか? 
1つの可能性は、「古代宇宙飛行士説」だろう。
『王名表』には記載されていないが、シュメールの神話においては、惑星ニビルに住む「アヌンナキ」という知的生命体が古代の地球に降り立ち、文明を興したと伝えられている。シュメール文明と地球外生命体との関係は以前より指摘されており、今年10月にはイラクの運輸大臣も「シュメール人はUFOで惑星間飛行をしていた」と、公の場で発言している。
「古代宇宙飛行士説」を提唱する、超人気UFO研究家ジョルジオ・ツォカロス氏も過去に、
「シュメール文明には進化の痕跡が無いため、高度な知的文明が技術を伝えた可能性が高い」
と、「Legendary Times.com」のインタビューで答えている。
これら8人の王の実在は現時点では確認されていないが、神話であると断言することもできないだろう。
シュメール文明の成り立ちを考える上では、肯定するにしても否定するにしても、まずは宇宙人との関係を考慮に入れる必要があるのではないだろうか? いくら結論を急いでも、過去は変わらない。全ての可能性を検討する時間は十分にあるだろう。
(編集部)

TOCANA
https://tocana.jp/2016/12/post_11828_entry.html
























































































































































時代

王朝名

王名

備考

初期王朝時代T
(大洪水以前)

エリドゥ王朝

アルリム
アラルガル

バド・ティビラ王朝

エンメンルアンナ
エンメンガルアンナ
ドゥムジ

ララク王朝

エンシブジアンナ

シッパル王朝

エンメンドゥルアンナ

シュルッパク王朝

ウバル・トゥトゥ

初期王朝時代U

キシュ第1王朝

ジュシュル
クルラッシナ・ベル
ナンギシュリシュマ
エンタラフアンナ
バブム
ブアヌム
カリブム
ガルムム
ズカキブ
アタブ
マシュダ
アルリム
エタナ
バリフ
エンメヌンナ
メラム・キシュ
バルサルヌンナ
ザムグ
ティズカル
イルクウ
イルタサドゥム
エンメバラゲシ
アッガ

ウルク第1王朝

メスキアッガシェル
エンメルカル
ルガルバンダ
ドゥムジ
ギルガメシュ
ウル・ヌンガル
ウドゥル・カランマ
ラバシュム
エンヌンダランナ
メスヘデ
メラムアンナ
ルガルキドゥル

ウル第1王朝

メスアンネパダ
メスキアグナンナル
エルル
バルル

初期王朝時代V

アワン王朝

名前不明
名前不明
名前不明

キシュ第2王朝

ススダ
ダダシグ
ママガルラ
カルブム
トゥゲ
メンヌンナ
名前不明
ルガルング

ハマジ王朝

ハダニシュ

ウルク第2王朝

エンシャクシュアンナ
ルガル・ウレ
アルガンデア

ウル第2王朝

ナニ
メスキアグナンナ
名前不明

アダブ王朝

ルガルアンネムンドゥ

マリ王朝

エンシャクシュアンナ
アンブ
アンバ
バジ
ジジ
リメラ
シャルム・イテル

キシュ第3王朝

ク・バウ唯一の女王

アクシャク王朝

ウンジ
ウンダルル
ウルル
プズル・サニラー
イシュ・イル
シュ・シン

キシュ第4王朝

プズル・シン
ウル・ザババ
ジムダル
ウシ・ワタル
イシュタル・ムティ
イシュメ・シャマシュ
シュ・イリシュ
ナンニア

ウルク第3王朝

ルガルザゲシ

アッカド時代

アッカド王朝

サルゴン
リムシュ
マニシュトゥシュ
ナラム・シン
シャル・カリ・シャッリ
イギギ
イミ
ナヌム
エルル
ドゥドゥ
シュ・ドゥルル

ウルク第4王朝

ウルニギン
ウル・ギギル
クダ
プズル・イリ
ウル・ウトゥ

グティ時代

ウルク第5王朝

ウトゥ・ヘガル

ウル第3王朝

ウル・ナンム
シュルギ
アマル・シン
シュ・シン
イビ・シン

イシン・ラルサ時代

イシン第1王朝

イシュビ・エッラ
シュ・イリシュ
イディン・ダガン
イシュメ・ダガン
リピト・イシュタル
ウル・ニヌルタ
ブル・シン
リピト・エンリル
イルラ・イミッティ
エンリル・バニ
ザンビヤ
イテル・ピシャ
ウル・ドゥクガ
シン・マギル
ダミク・イリシュ

イシン第2王朝

マルドゥク・カビト・アヘシュ
イティ・マルドゥク・バラトゥ
ニヌルタ・ナディン・シュミ
ネブカドネザル1世
エンリル・ナディン・アプリ
マルドゥク・ナディン・アヘ
マルドゥク・シャピク・ゼリ
アダド・アプラ・イディナ
マルドゥク・アヘ・エリバ
マルドゥク・ゼリ
ナブー・シュム・リブル


司徒ブログ
http://www.geocities.jp/aydahn42df5/sumer1.html
http://www.geocities.jp/aydahn42df5/index.html








シュメール王名表
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シュメール王名表(シュメールおうめいひょう)は、古代メソポタミアにおいて、シュメール人、及びセム系などの他の民族の王朝の王をシュメール語で列記した古代のテキストである。後世のバビロニア王名表やアッシリア王名表もこれと同様のものである。
王名表には、「公式な」王権や王の推移が王の在位年数とともに記録されている。
概説
当時の王権観では、王権は神から授けられ、軍事的征服によってある都市から別の都市へと推移すると考えられていた。シュメール王名表に記されている唯一の女王は、キシュ第3王朝の1代限りの君主であった酒場の女主人ク・バウである。
シュメール王名表には、大洪水以前の時代の在位期間が異常に長い、明らかに神話上の人物であると考えられる王や、存在が確実視できる王が混在している。
だからといって、そうした王名表の初期の王たちを切り捨ててしまうべきではない。
実在と考えられる王たちもまた、後世に同様に神話的偶像となったからである。
なお、不自然に長い在位期間の多くは「12」で割り切ることが可能である。
近年の考古学上の発見によって実在が確認された王名表中の最古の年代の人物はキシュ王エンメバラゲシであり、
彼の名はギルガメシュ叙事詩にも登場する。
このことは、ギルガメシュもウルクの実在の王であり、単なる伝説上の人物ではないということを示している。
王名表にはラガシュの歴代エンシ(祭司王)の名が含まれていないが、彼らについては前25世紀頃以降の碑文から直接窺い知ることができる。もう一人、王名表に記された初期の王で存在が確実視されているのが、ウルク王ルガルザゲシ(前23世紀)である。
彼はラガシュを征服したが、後にアッカドのサルゴンに倒された。
他に正確な史料が少ないため、前3千年紀の年代学においてはシュメール王名表が中心的な史料となる。
しかし、このシュメール王名表にも問題はある。
初期の王の在位期間が異常に長い場合がある上、諸王朝は1つずつ交替するのではなく同時代に複数存在し、それぞれ独自の都市を支配していたと考えられるからである。
このため現在では、初期の王の西暦紀元年代が古い刊行物によるものよりもっと新しくなると思われる。
グティ時代の継続期間がかなり不確実なため、ウル第3王朝(前21世紀)以前の出来事の年代を特定するのはほぼ不可能である
(シュルギ、ウル・ナンムの項も参照)。
初期王朝時代I(大洪水以前)
エリドゥ王アルリム(在位28800年間)
エリドゥ王アラルガル(英語版)(Alalĝar、在位36000年間)
バド・ティビラ王エンメンルアンナ(在位43200年間)
バド・ティビラ王エンメンガルアンナ(在位28800年間)
バド・ティビラ王ドゥムジ(牧神)/タンムーズ(在位36000年間)
ララク王エンシブジアンナ(在位28800年間)
シッパル王エンメンドゥルアンナ(在位21000年間)
シュルッパク王ウバル・トゥトゥ(在位18600年間)
初期王朝時代II
キシュ第1王朝
ジュシュル(在位1200年間)
クルラッシナ・ベル(在位960年間)
ナンギシュリシュマ(在位670年間)
エンタラフアンナ(在位420年間)
バブム(在位300年間)
ブアヌム(在位840年間)
カリブム(在位960年間)
ガルムム(在位840年間)
ズカキブ(在位900年間)
アタブ(在位600年間)
マシュダ(在位840年間)
アルリム(在位720年間)
エタナ(在位1500年間) 「牧人、天に昇った者、国土を固めた者」
バリフ(在位400年間)
エンメヌンナ(在位660年間)
メラム・キシュ(在位900年間)
バルサルヌンナ(在位1200年間)
ザムグ(在位140年間)
ティズカル(在位305年間)
イルクウ(在位900年間)
イルタサドゥム(在位1200年間)
エンメバラゲシ(在位900年間) エラムを征服。
アッガ(在位625年間)
ウルク第1王朝
メスキアッガシェル(英語版)(在位324年間) 太陽神ウトゥ(英語版)(Utu)の息子とされる。
エンメルカル(在位420年間) ウルクの創建者。
ルガルバンダ(在位1200年間) 牧人。
ドゥムジ(英語版)(在位100年間) 漁師。キシュ王エンメバラゲシを捕虜とした。
ギルガメシュ(在位126年間) ここではリラ(後の死霊リルー)の息子とされ、クラブ(クラバ=ウルクの神域)のエン祭司とされる。
ウル・ヌンガル(在位300年間) トゥンマル文書等の異本ではウル・ルガル
ウドゥル・カランマ(在位15年間)
ラバシュム(在位9年間)
エンヌンダランナ(在位8年間)
メスヘデ(在位36年間)
メラムアンナ(在位6年間)
ルガルキドゥル(在位36年間)
ウル第1王朝
メスアンネパダ(在位80年間)
メスキアグナンナル(在位36年間)
エルル(在位25年間)
バルル(在位36年間)
初期王朝時代III
アワン王朝
3代の王(名は不明)が計356年間統治した。
キシュ第2王朝
ススダ(在位201年間)
ダダシグ(在位81年間)
ママガルラ(在位360年間) 船頭。
カルブム(在位195年間)
トゥゲ(在位360年間)
メンヌンナ(在位180年間)
(不明)(在位290年間)
ルガルング(在位360年間)
ハマジ王朝
ハダニシュ(在位360年間)
ウルク第2王朝
エンシャクシュアンナ(在位60年間) 初めて「国土の王」の称号を使用した。
ルガル・ウレ(またはルガルキギンネドゥドゥ)(在位120年間)
アルガンデア(在位7年間)
ウル第2王朝
ナニ(在位120年間)
メスキアグナンナ(在位48年間)
(不明)(在位2年間)
アダブ王朝
ルガルアンネムンドゥ(在位90年間)
マリ王朝
アンブ(在位30年間)
アンバ(在位17年間)
バジ(在位30年間)
ジジ(在位20年間)
リメラ(在位30年間)
シャルム・イテル(在位9年間)
キシュ第3王朝
ク・バウ(クババとも、在位100年間)
アクシャク王朝
ウンジ(在位30年間)
ウンダルル(在位6年間)
ウルル(在位6年間)
プズル・サニラー(在位20年間)
イシュ・イル(在位24年間)
シュ・シン(在位7年間)
キシュ第4王朝
プズル・シン(在位25年間)
ウル・ザババ(在位400(6?)年間)
ジムダル(在位30年間)
ウシ・ワタル(在位7年間)
イシュタル・ムティ(在位11年間)
イシュメ・シャマシュ(在位11年間)
シュ・イリシュ(在位15年間)
ナンニア(在位7年間) 宝石商。
ウルク第3王朝
ルガルザゲシ(在位25年間)
アッカド王朝
アッカドを参照。
ウルク第4王朝
ウルニギン(在位7年間)
ウル・ギギル(在位6年間)
クダ(在位6年間)
プズル・イリ(在位5年間)
ウル・ウトゥ(またはルガル・メラム)(在位25年間)
グティ時代
ウルク第5王朝
ウトゥ・ヘガル(在位年数は、427年、26年、7年など諸説ある) グティ人を放逐。
ウル第3王朝
ウル第3王朝を参照。
イシン王朝
イシンを参照。

ウィキペディア(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%8E%8B%E5%90%8D%E8%A1%A8

















   
=【シュメール王名表】:解明、新解説所見=
●シュメール王名表からの所見、新解説:
当該のウィキペディア・ページには以下の説明概説文があります。(抜粋引用)
・・・・・・・・・・・・・・・
<“シュメール王名表には、大洪水以前の時代の在位期間が異常に長い、明らかに神話上の人物であると考えられる王や、存在が確実視できる王が混在している。
だからといってそうした王名表の初期の王たちを切り捨ててしまうべきではない。
実在と考えられる王たちもまた、後世に同様に神話的偶像となったからである。
なお、不自然に長い、、、省略、、、、、
近年の考古学上の発見によって実在が確認された王名表中の最古の年代の人物はキシュ王エンメバラゲシであり、彼の名はギルガメシュ叙事詩にも登場する。
このことは、ギルガメシュもウルクの実在の王であり、単なる伝説上の人物ではないということを示している。 
王名表にはラガシュの歴代エンシ(祭司王)の名が含まれていないが、彼らについては前25世紀頃以降の碑文から直接窺い知ることができる。
もう一人、王名表に記された初期の王で存在が確実視されているのが、ウルク王ルガルザゲシ(前23世紀)である。
彼はラガシュを征服したが、後にアッカドのサルゴンに倒された。
他に正確な史料が少ないため、前3千年紀の年代学においてはシュメール王名表が中心的な史料となる。しかし、このシュメール王名表にも問題はある。
初期の王の在位期間が異常に長い場合がある上、諸王朝は1つずつ交替するのではなく同時代に複数存在し、それぞれ個々自存的に都市を支配した期間もあったからである。”
など々と、、、、>
・・・・・・・・・・・・・・
この上記説明文を参考アドバイスとして、
<シュメル王名表の存在、存立意義>
の真相を探り、解説所見の一考としたいわけだが、現在その王名表として知られうる諸資料次元でのそれらの源となる原テキストは、その成り立ちの古代の当初にあって、2度、3度と書き改めの校正がなされたものであったと見られる。
つまり、最初期に伝承成立した伝統伝書のものが、アッカド・サルゴン時代に最大限に書き改められ、次ぎにウル第3王朝時代の間にもさらに改め校正された。そのウルの折にはシュメル語とアッカド語のもの、双方二つが最終的なものとして伝承成立したと推定されうる。
その後、イシン王朝時代に幾つかのコピー粘土板が造られ、一部恣意的な改校もなされた。
古バビロン王朝・ハンムラビ時代、古アッシリア時代にも、主要な各都市でシュメール語文字に慣れた書記者、書庫管理者により、コピー板が随時製作されたと見られる。
その写しにはコピーによるコピー板も登場する。
現在発掘出土した点数は、断片的で内容の欠けたもの、部分的なものを含めて、16から18種ほどに及んでいる。
その中で、粘土板形体ではなく、約20cm前後の角柱(4側面表記)のもので、造られた当初には柱の中心に心棒を通して回転させる工夫がなされ、回して読める仕組みのものでった事が知られている。
<WB444>と寄贈者イニシャルで分類された(Weld-Blundell Prism)ものがその手のものと見られる。
ラルサからの出土か、イシンかは定かでない。
製作年代はイシン王朝の年代終期に関係し、説が色々、BC1827〜1817年の頃とされているが、BC1800年前後とも推定されている。
以下、日本文ウィキペディアの<王名表の表示文言枠の抜粋>をベースとして、順次解究、新解説を示すものとする。
1){初期王朝時代第I期}(大洪水以前)
通常の年代設定を推定することも不可能。
ただし、地名については推定がなされている。
この初期グループの在位年数は、あり得ない異常なものである。
何か意図的な動機から手の込んだ算定となったという向きも無きにしも非ず。
後の世、現代に至るまでも、あたかも<なぞ解き>のような感じの設定をしているとさえ推察されうる。
*シュメル人の数の単位の種類で、
sars(60の二乗=3600が一単位)
ners(600を一単位)、
sosses(60を一単位)
が知られており、この三つの単位によって在位年数が算定されたとの説が提言、公表されている。
 @エリドゥ王アルリム(在位28800年間)3600x8sars
 Aエリドゥ王アラルガル(alalgar)(在位36000年間)3600x10sars
 Bバド・ティビラ王エンメンルアンナ (在位43200年間)〃x 12sars
 Cバド・ティビラ王エンメンガルアンナ(在位28800年間)3600x8sars
 Dバド・ティビラ王ドゥムジド(在位36000年間)牧神,タンムーズ,3600x10sars
 Eララク王エンシブジアンナ(在位28800年間)3600x8sars
 Fシッパル王エン・メン・ドゥル・アナ(在位21000年間)3600x5sars+600x5ners
 Gシュルッパク王ウバル・トゥトゥ(在位18600年間)〃 +600x1ner
*大洪水以前の前世という、ある何らかの前世に対して抱く観念的時世感覚や、伝説、伝承に関わる世相要因から、この王たちの在位年が余りにも法外とっぴなものとなっている。
それだからして、通常的な先史の枠組みの内にさえ宛がう事もできない。
常識を欠き、不適切、不可能な扱い対象となるような神話上の事由と見る他ないといった、現代感覚的な受けとめ方となる。
(だが、この法外な年数表示をなしうること自体が、その根底的背景で、単なるメソポタミアでのローカルな洪水ではない、とてつもなく大規模な洪水があった事をおぼろげながら遠因とするふうに暗示している。)
そんな神話創作上の在位年数を度外視して、現代的な歴史性の常識で、あえてその先史的年代を見定めるとすれば、
<旧石器時代末、新石器時代あるいは、金石併用の銅器時代〜青銅器時代>
の年代範囲(前12000年〜前6000年以降)のうちに想定される年代となる。
(文化期年代ではシュメール文明の発祥期とされる
先史ウバイド文化期〔前6500年前後−前4000年前後〕
に特定され、その時期を分断するかたちで、大洪水以前と、それ以後に成った王朝とに別けて記述されたものと考えられる。)
が、しかし、これには視点的問題がある。
<青銅器時代>に関わる年代設定において、、、、。
現代考古学的史観でのメソポタミア・シュメールにおける学者らの定説一般の見解では、その始まりを
紀元前第4千年期中葉以降(BC3300年)
の頃からと見なしているからである。
しかも大洪水は、遺跡での発掘時における洪水地層の<炭素14測定>が
BC2900年頃
を示すとして、メソポタミアの下手半分、南部地域に限られたローカルなものと推定して、その文明の一時的な断絶期を見定めている。
*シュメール人の数の単位に着目すると、初歩的な自然10進法の発達と、位取りが異なる60進法への進展、及び両者の数学的相互関係の認知や数量的な活用など、その発展過程がきわめて複雑なかたちで、
シュメール時代(前4千年期−3千年期)
社会に見られる訳である。

諸書 INDEX参考
http://www.geocities.jp/sayufm_musiclabo_s/EnsoTop/NextSanko/sumeruRon.html
http://www.geocities.jp/sayufm_musiclabo_s/EnsoTop/NextSanko/noadai-sin.html
http://www.geocities.jp/sayufm_musiclabo_s/EnsoTop/NextSanko/sankou.html








poster_israel_zoom.jpg


413suOK4h9L._SX355_.jpg
ウルの旗章に酷似する旧日本旗章

















PS:古代日本とイスラエル10部族の謎というURLがあります。
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/032kodai.htm
その中で.......
『とはいえ、なぜイスラエル神殿に菊の紋が刻まれているのか――その理由や起源は、よくわかっていません。
ただこのデザインは、エジプトやペルシャ、その他の中東の諸地域において、宗教の中心地や、重要人物の棺の紋様として広く使用されていました。
菊の紋について、次の3つの考えがあげられています。
1つはイスラエルの菊の紋は、菊の花のデザインであろう、ということ。
2つ目は、それは太陽をデザインしたものかもしれないこと。
3つ目は、全く意味のない単なる美しいデザインかもしれない、
ということです。
いずれにしても菊の紋は、イスラエルにおいて、比較的広く使用されていたシンボルでした。
そこで、もし古代イスラエル人が日本に渡来したのだとすれば、
彼らが持ち込んだ菊の紋が皇室の紋として採用されたのではないか、
という考えが浮かんでくるわけです。
一方、日本の伊勢神宮の灯籠に、私たちは
「ダビデの星」
を見ることができます。
「ダビデの星」とそっくりのマーク(カゴメ紋)が、皇太神宮の参道わきの石灯籠に刻まれているのです
(ダビデの星は、奥宮の「伊雑の宮」の紋でもあり、古代からのものであるという)。
「ダビデの星」とは、言うまでもなく、古代イスラエルの王ダビデの紋です。
それは現在のイスラエル国旗のシンボル・マークとしても使用されており、ユダヤ人の印なのです。』
上の説明,つまり任意団体の
「伊勢三宮奉賛献灯会」
が、1955年当時、献灯目的で、これらの六芒星の石灯篭を設置されたことを知らないと大変な誤解を招くことになります。
http://blogs.yahoo.co.jp/dyhkr486/66543147.html

いつも一緒(旧Legacy of Ashes)
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/






























鳥居の聖人
2013-12-03 10:35:54
写真は、伊勢神宮の伊雑宮(イザワのみや)の鳥居の写真です。
入り口の大鳥居を内側の神域から写したものです。
私は約30年間も毎年のように伊雑宮への参拝をしておりますが、鳥居にスポットライトのような光が当たり、
木材の染みがコマ送りの動画のように訴え掛ける現象に出会ったのは初めてです。
太陽の位置からして、まだ西日の時間でも無いにも関わらず、木漏れ日が当たっていたのでしょうが、
コマ送りの動画の物語を私が認識して写真に撮影し終えますと、このスポットライトは消えてしまいました。
まさに見せられました。
同行者も鳥居に太陽光が反射しているのは目視が出来ました。
この時の鳥居の発光現象は、時間帯により誰でも見られるのでしょうが、私の脳裏にはハッキリとした動画でした。
まるで西洋の教会の壁画に在りますフレスコ画や、(壁に漆喰を下地に顔料で描きます)ステンドグラス画を思わせるような図柄でした。
私は、写真の鳥居の右側から2つめの染みが、
紀元前8世紀の古代ユダヤの大預言者・イザヤ
だと感得しました。
まるで天を仰ぎ見るように、左斜め上を見上げています。
そして、その視線の先の更に左側には、ユダヤ民族の起源となる大聖人・モーゼの横顔が、右側のイザヤの方に向かって話しかけています。
モーゼの染みの部分だけが、ひときわ大きく発光していました。
預言者イザヤは、旧約聖書にありますイザヤ書66章の預言を残しています。
その預言の中には、東方に存在する「海の島々」(伊勢志摩のこと)と、聖なる山々が存在することが記述されており、
そこに人類の救いが存在することが示唆されているでしょう。
旧約聖書のイザヤ書を解読することで、日本の大いなる秘密が解き明かされると思います。
伊雑宮の神紋は、籠目紋(かごめもん)です。
これはユダヤの象徴であるダビテの紋章と同じです。
そして、伊雑宮(イザワのみや)の名称の起源は古過ぎてハッキリしませんが、私には
「イザヤの御宮」
だと響きます。
イザワのみや=イザヤの御宮、
だと感じます。
旧約聖書のイザヤ書に、
東方の「海の中の島々」
の記述を読み取れますので、大預言者イザヤは伊雑宮に来たと夢想します。
以上の話は、伊勢神宮の正式な歴史とは一切関係がありません。
あくまでも、私の想像の物語です。
言えますことは、伊雑宮は本当に聖なる場所だということでした。
信じるか、信じないかは自己判断です。
生かして頂いて ありがとう御座位ます

伊勢白山道 
http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/ea049a8773c5420a67bc9e5a0ecc6d84

かごめかごめを研究する会
http://kagome.biz/












88ヶ所から突然、カゴメの歌に
皆さん、たくさんのコメント、貴重な情報をありがとうございます。
写真は剣山山頂、『ウィキペディア(Wikipedia)』から拝借しました。
いま、harunoshinnさんからの情報で「剣山」は「鶴亀山」とありました。
そして四国はキリスト教的だと。
ということで、思いついたことをメモ代わりに書いておきます。
「剣山」が「鶴亀山」なら、カゴメの歌だ。
籠の中の鳥→剣山
に隠された契約の箱(アーク)?
いついつ出やる→契約の箱がいつ出るの?
鶴と亀が滑った→剣山が統べる?
剣山はスメル(天皇)?
キリストと関係があるなら、後ろの正面はキリストかな?
夜明けの晩って何だろう?
四国から太陽が昇る方向に伊勢神宮がある。
(夜明け?)
伊勢神宮から太陽が沈む方向に剣山がある。
(晩?)
時間にして10分くらいのぶっ飛び解読でした。

かごめかごめを研究する会
http://kagome.biz/

つながっているこころ
http://cocorofeel.exblog.jp/8415883/











posted by datasea at 18:45| Comment(0) | ◉ シュメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする