2018年08月02日

天体情報:惑星二ビル


pp2720180709122.png





THE mysterious Planet X is approaching and will cause widespread destruction across Earth,
a conspiracy theorist has claimed.
By SEAN MARTIN

Express Newspapers
https://www.express.co.uk/news/science/678099/Planet-X-approach-is-causing-devastating-climate-and-seismic-activity







(要約)
天体情報:惑星二ビル
異常気象,壊滅的な地震活動は二ビル接近が原因
SEAN MARTIN
2016年6月8日水曜日17:36
太陽系には認識が困難な惑星​​が現在ある。
惑星二ビルが近づいている可能性がある。
惑星二ビルは科学者によって確認されていないが,巨大な軌道と地上の生命に影響を与えるような強い磁気をもつ惑星二ビルは異常気象,壊滅的な地震活動の原因である。
2016年6月,Skywatch Media NewsはYouTubeに新しい動画を投稿した。
動画のなかでSkywatch Media Newsは,惑星二ビルは3600年の楕円軌道をすすむと同時に,地球の引力によって停滞しているのではないかと分析している。
惑星二ビルの磁力は非常に強く,惑星二ビルから48.6AU(天文単位,地球と太陽の間の距離の48.6倍の距離)内の天体・物体に影響を与えるとしている。
楕円軌道の中で,太陽への接近の行程を終え,太陽から離れる行程に入った二ビルだが,
2016年6月現在惑星は地球との距離は縮まって後退しており,地球に強い磁気引力を加えているとしている。

dgfsgsdsg pc






天体情報:惑星ニビル、3恒星系
sumstuff46
youtube.com
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IGizE2WXgzg
2013年1月10日
2011年3月22日のNASA STEREO H3画像には3つの恒星が映っている。
私は個人的にこの3つの恒星を3恒星系(Tri-Star Group)と呼び、
1つめを「ダンテ恒星(Dante's Sun)」、
2つめを「レモン恒星(LD Sun、Lemon Drop Sun)」、
3つめを「ミカンの皮恒星(OP Sun、Orange Peel Sun表面がミカンの皮のようだから)」
と呼んでいる。
3恒星系は378日かけて太陽のまわりを時計まわりに公転している。
レモン恒星はミカンの皮恒星よりも大きく、レモン恒星とミカンの皮恒星はダンテ恒星の後ろをすすむ。
3恒星系の公転軌道は太陽系に対して傾いている。
2010年12月ごろの画像をみると、3恒星はまるでワルツを踊るように交錯する。
ミカンの皮恒星の公転軌道がレモン恒星の公転軌道よりも内側の上にある事でそう見えるのではないか。
2011年7月14日に南極で撮影された画像には太陽の右下に3恒星系が映っている。
レモン恒星とダンテ恒星が重なり食になって2つに見えるが実際は3つ。
太陽の北極は地球からみると向かって左側、太陽の南極は地球からみると向かって右側、だからこの3恒星系は地球から見て右下だが、正しくは上下逆さにしたものが本来の位置で左上にあるという事になる。
カメラの動きに対応してうごくSUNDOG現象やレンズフレアと異なり、天体である場合はカメラをうごかしてもうごかないので区別ができる。また水面に鏡像が映っている場合、それが天体である証明になる。
この天体を金星だという人がいるが、この天体はゆがんだ球体だし、公転の方向も時計回りで逆向きだ。公転周期にしても、金星が224.65日であるのに対しこの天体は370-375日だ。地軸の傾きは金星が0度であるのに対しこの天体は30-35度だ。

local pc








15767] 恐怖の大王は、異次元の巨大な彗星なのか? Name:梅ちゃん管理人@山梨 Date:2012/07/17(火) 01:07
http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/newmurmur_db/n440001/n440022.htm
コートニー・ブラウン博士・ NO n440022−−−−コメント 2012/06/30−−−−
・・・「米軍や米情報機関で専門的な訓練を受けた38名の遠隔透視者に協力」によって共通の認識・透視の案内があったのでそれについて正しい未来遠隔透視として少し吟味してみた
多くの遠隔透視者は以下のような共通するビジョンを得たとのことである
・巨大な彗星の接近が引き金となり、津波と火山噴火が激増する
★ 巨大な彗星は 惑星Xであると考えられ、その強力な引力の影響をキントルが受けて、巨大な地震・頻繁な中小地震や噴火を頻繁に発生させるようになる
海底地震の場合、巨大な津波を誘発して、海岸線の地球上の諸都市は 破壊される
・世界の沿岸部で巨大な洪水が襲う
★ 巨大な彗星の接近による引力により地球は言うに及ばず、太陽系全体がの惑星も影響を受ける
・巨大な太陽フレアの直撃
★ 特に、プラズマガスの集合体の太陽は その引力で核融合パタン破壊され、磁場・黒点異常を誘発して、11年周期の磁場反転パタンを発生するとともに巨大なフレアを発生して地球への直撃の可能性を誘発、全世界の電子機器を破壊、人類の文明は停止し原始水準へ移行する
・嵐と激しい異常な天候
★彗星・惑星Xの太陽系接近に従い、太陽を含む全太陽系の惑星に干渉、大気→海水→マントル・地殻の動きやすい順に異常現象が多発する
・沿岸部からの大きな避難民の内陸部への移動
電気などのエネルギーが失われているので、人々は自主的に徒歩で避難している
・避難を組織できる政府のような行政機関はまったく機能していない
★正確に言えば、政府機関の中枢部は 彗星の情報を確認した段階して、地下都市を建設した
選ばれたエリ−トたちは すでにして政府を放棄して逃げ込んでいる
アメリカの中枢は 昨年に約1000名の中枢職員が地下都市へ移動完了している
・食料の供給システムは機能停止している
★政府機能が停止、政府が逃亡しているのであるから、運輸一般の機能が停止しているわけであるし、一般の商業機能が停止している
・あらゆる交通機関は機能していない
★政府機能が停止、政府が逃亡しているのであるから、運輸一般の機能が停止している
・沿岸部の地域では、多くの建造物がかなり破壊されている
★地震か地震による津波で、最初に破壊されるのは海岸の沿岸諸都市

2012年12月12日 アセンション次元上昇
http://thk95532.progoo.com/bbs/thk95532_tree_r_15767.html









それはニビルかネメシスか・・・「惑星X」と呼ばれ続けた惑星の存在がカリフォルニア工科大学の研究で実在濃厚に
2016/01/21
2016年10月21日のカナダ CBC ニュースより
Planet X? 9th planet, beyond Pluto, may exist, new study suggests
CBC News 2016/01/21
惑星X? 太陽系で9番目の惑星が冥王星の外側に存在する可能性を示す新しい研究
太陽系に9番目の惑星の存在があることが濃厚になった。
この惑星は、地球から遠く離れた冥王星の 5000倍の質量を持ち、地球と比較すると 10倍の大きさを持つ。
その距離は、冥王星への距離よりさらに数十億キロ遠い。
この惑星が太陽の公転軌道を1周するのには1万から2万年かかると推定される。
1月20日、カリフォルニア工科大学の科学者たちは、この惑星Xの存在について「十分な証拠を得た」と述べた。
カリフォルニア工科大学の研究者たちが「惑星ナイン( Planet 9 )」と呼ぶこの新惑星は、まだ発見はされていない。
しかし、研究者たちは、数学的およびコンピュータモデルに関する調査結果をベースにして、5年以内の望遠鏡での発見を期待している。
彼らは、天文学者たちがこの惑星を発見するための手助けとなりたいために、この研究結果を天文学専門誌で報告した。
「私たちは次の5年間を、空を探索しながら静かに過ごすことになると思いますが、しかし、私たちより先に他の誰かが発見することをも、むしろ望んでいるのです」と、天文学者のマイク・ブラウン( Mike Brown )氏は AP に語った。
また、ブラウン氏は、
「このことは、過去 150年で初めて太陽系の惑星配列の知識には、いまだ不確実な部分があるという証拠となります。
太陽系のかなりの部分がいまだに未解明の状態なのです。そして、これは、とても胸を躍らせることでもあります」と言う。
これは近くにあるスーパーアースなのか?
ワシントンにあるカーネギー研究所のスコット・シェパード( Scott Sheppard )氏は、
「この新しい研究は非常にエキサイティングなものです。
そして、これは、太陽系の中に、近場のスーパーアース(地球質量の数倍から10倍程度の太陽系外惑星)が存在することが事実となる可能性があるのです。
その実在の確率は、50から 75パーセントほどあると見積もっています」
と述べる。
この「惑星ナイン」は、卵形をした軌道にあるため、その存在を確認するために宇宙望遠鏡が必要な場合があると研究者は述べる。
あるいは、太陽に比較的近い公転周期の場合、高度な地上の望遠鏡でも、それを見つけることができるかもしれないと彼らは付け加えた。
距離は、 100億〜 200億マイル( 160〜 320億キロメートル)離れた場所にあると推定される。
この惑星を、カリフォルニア工科大学の研究者たちは、歴史的に言われてきた「惑星X」とは呼ばずに、「惑星ナイン」と呼ぶことを好む。
さまざまな説や噂がつきまとう惑星Xには、
「エイリアンの存在」や、
「差し迫った地球の破壊の時」
などが語られることがあるが、しかし、それらの推測を裏付けるデータはないとブラウン氏は語る。
そのこともあり、研究者たちは新惑星を惑星Xと呼ばない。
太陽系で発見された最後の惑星は、1846年の海王星(8番目の惑星)だ。
1930年には、冥王星が発見される(冥王星は 2006年までは9番目の惑星で、現在は「準惑星」扱い)。
人類は昨年7月、NASA の無人探査機ニューホライズンズの撮影によって、初めて、小さな氷の世界である冥王星とその主な衛星カロンをクローズアップで撮影した,。
この NASA の無人探査機の現在の位置は惑星ナインのある位置とは逆であり、残念ながら、惑星ナインの検出に使用することはできないと研究者たちは言う。
なお、ブラウン氏は、実際にこの新しい惑星が観測されるまでは、懐疑論が存在し続けることを覚悟しているというとも述べている。

In Deep
http://indeep.jp/planet-x-may-exist-in-solar-system/










大摩邇(おおまに) : これから惑星ニビルが地球を攻撃してくるというカガリの説
2012年03月28日18:52
三浦さんよりコメントを戴きました。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1663865.html#comments
<転載開始>
# 元気丸さんこんにちは。
いつも楽しく読ませていただいています。
私の今日のブログ記事なのですが、取り上げていただけたらありがたいです。
http://ameblo.jp/miura-hari/entry-11205797747.html
えいきち
<リンク先より>
2012年3月28日(水)
カガリのブログでは2009年から2012年にかけて惑星ニビルが地球を乗っ取るために攻撃してくることが書かれてていますよね。
http://mihoh.seesaa.net/article/136415799.html
一部抜粋
「ヨハネの黙示録」で云うところの、最も手厳しいうちの最初の期間が、西暦2009年末冬至の日から、西暦2012年末冬至の日の間の、約3年間と云われています。
これが、いわゆる、地球上における、光と闇の最終戦争の前哨戦となり、
惑星「二ビル」からの、悪性のネガティヴ・エネルギーによる、マインド・コントロールを受けまくることになります。
惑星「二ビル」の攻撃対象は、誰か特定の個人なのではなく、地球人類全員となっているようです。
当初は、地球内部世界「アガルタ」に囚われている「エクシアン人」の救出が目的でしたが、
「エクシアン人」たちは、シリウス星系内のシリウスE「ミネラーヴァ」に収容されてしまいましたので、
惑星「二ビル」の目的のすべては、地球人類全員への攻撃のみと化している模様です。
彼らの攻撃目的とは、地球乗っ取り化計画と云われています。
彼らは、あまりのネガティヴィティの強さ故に、自らのうちでは、全くコントロールの効かない
状態となっていますから、
攻撃するのしないの、攻撃してくるなといっても、どうにもならない、状態であると云えます。
地球の約250倍もの大きさであり、総人口数が推定1278億人規模である惑星「二ビル」に対して、
光のマスターたちや先生がた、光のネットワークに入っている方々が、総力を合わせたところでも、かなりの苦戦を強いられるかもしれません。
それは、フライ級のボクサーが、へヴィ級のボクサーに立ち向かってゆくようなものかもしれません。
このような攻防戦が、西暦2020年末まで続きまして、そこで一旦、惑星「二ビル」からの難を逃れるでしょう。
その続きは、「弥勒の世」から始まる第8宇宙サイクルの時代、第2期目からとなっているようですから、
「弥勒の世」の約3000年は、安泰で、平安な期間となっています。
ーーーーーー
他の記事では、現在地球を支配している闇の残党勢力(自民党や白光真宏会など新興宗教を含む)はニビルの手先であると断じていますよね。
そうすると、私などもさしずめ闇の残党勢力の影響下にある人間だということになってしまいますよね。
一方、月は宇宙連合の巨大な宇宙船であり、ニビルの攻撃から地球人類を守るためにサポートをしているというのです。
地球は現在すでに、闇の勢力によって支配されております。
ということは、既にニビルによって支配されているということですから、自分たちの支配しているものを再び占領するために攻撃してくるというおかしなことになってしまうのです。
惑星ニビルは3600年に一回廻ってくる周回惑星だといわれています。
月ほどの大きさの人工衛星を作る科学技術力を持った宇宙連合が、3600年に一回しか廻って来ないニビルが地球を乗っ取ろうと攻撃してくることから守ろうとしている。
これってありえることなんででしょうか?
えいきち
<転載終了>

大摩邇(おおまに)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1664608.html




















天体情報,惑星ニビル
二ビル専門家 Bob Fletcher氏による二ビル情報
2017年7月8日土曜日10時38分
New Planet X Information With Nibiru Expert Bob Fletcher July 7th 2017
Saturday, July 8, 2017 10:38
(Before It's News)
Before It's News
http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2017/07/new-planet-x-information-with-nibiru-expert-bob-fletcher-july-7th-2017-2570124.html
bibliotecapleyades.net
https://www.bibliotecapleyades.net/serpents_dragons/nannar.htm
https://www.bibliotecapleyades.net/hercolobus/kolbrin_06.htm
2017年7月7日新情報
二ビル専門家 Bob Fletcher氏がYouTubeで新しい動画記事を投稿した。
内容は、氏がこの数年に調査したもの。
Khumryの民の惑星x/二ビルの再来に関する記録 CRT:3:4&CRT:コルブリン文書(the Kolbrin Manuscript)
「空の怪物、破壊者(the sky-monster [Destroyer] )の憤りは天で放たれた。
燃える憤怒はあたかも千の雷鳴の如くに轟き、厚い黒い血のうねりの真中に降り注いだ。
人々は恐れから、その災いの記憶を自らの意識から少しづつ消していった。
人々は災いの過去を忘却の雲に包み、災いの後の世界を生き抜いた。
しかし人が過去からどれだけ目を背けようとも、世界は変わっていた。
太陽は昔の太陽ではなく、月は消えていた。
彼は恐れとともに天を仰ぐ。何事もなかったように穏やかな空が秘める恐ろしい秘密」。
惑星二ビルは惑星ティアマトの公転エリアにに接近した。
惑星二ビルが近日点に達する時、二ビルは北極星と一列に並ぶ。二ビルは北極点をはさんで北極星Polarisと一列に並ぶ。北極点のすぐ上に輝く。
約900年続く惑星二ビルの「夏」。惑星二ビルはその公転領域、太陽系中心部をすすむ。
そして「夏」は終わり、惑星二ビルの「冬」、太陽系外縁部オールト雲はるか遠くをすすむ。
「創世記」3章
「…世が作られたのは一回ではなく二回であった事は、古代から知られていた。
創世と再創世。一度完全に破壊した世は、再び創られ生まれ変わった。
大きなる破壊の時、神は外宇宙から「天体の」ドラゴンを呼んだ。
冷たい明るい赤い光で包まれたドラゴン(惑星二ビル/惑星X)は地球に接近し、
その焼けた尾で地球を打ち、口から火と熱い炭を吐いて地球に大災害をおこした。
空の怪物の憤りは天に放たれた。それは千の雷鳴のごとくに吠え世界を打った。
口から吐く灰と熱い石、熱風は、 悪臭に満ち、地上の人や家禽の鼻孔を害した。
熱く厚く暗い空、天と地球を切り裂くような大きな雷鳴と稲妻。
地から解かれて高く盛り上がった海は陸を呑み込み、地上は恐怖と金切り声に満ちた。
そしてドラゴン(惑星二ビル/惑星X)は去った。
明るい内部地球空間を暗いマントルで包んだ地球を去った。
引き裂かれた地球の内臓はむきだしになり、地表の動乱と吹き荒れる突風が山々を砕いた。
あまりの恐怖に、人はその災いの記憶を心からけした。
ドラゴン(惑星二ビル/惑星X)によって消えた最初の地球ティアマトの記憶とともに。。
人の住家は消え、一面の瓦礫となった。
しかし、荒廃の時にあって、山岳部の洞窟に逃げ込んだわずかな人は生き残った。
彼らの目はまるで野生の動物のようで、手足は震えていた。身体はガタガタ震え制御を失っていた。
顔はゆがみ、身体は骨と皮ばかり。
まるで炎で罠に囲いこまれた野生動物のように動揺していた。
かつての世界の知識、法律がもはや残っていないのを悟った」。
コルブリンバイブル(The Kolbrin Bible)にも赤い彗星/惑星の警告はある。
「 血(赤い灰)が地球に落ちる時、破壊者(DESTROYER,惑星二ビル,惑星X)は現れるだろう。
山は崩れて火と灰に包まれるだろう。
森はが破壊され、すべての生物は飲まれるだろう。
沸騰した海は陸を飲み込み、天は赤く燃え地表は銅色になる。
Nibiruの衛星の1つ「A new moon」が現れ、崩壊して地に落ちる。
人々は破壊者のトランペットと時の声を聞き、狂ったように走り回り、避難するほら穴を捜すだろう。
恐怖は人の心を食い、勇気は心から水のように流れ出すだろう」。
古代文献の解析にあたっては、私は惑星接近の場面に重点をおいて読む傾向にある。
古代文献には、文献作者の観点から生ずるバイアスと誇張がはいっている傾向があるが、
だからといってこういった貴重な文書を捨てることはできない。
コルブリンバイブルの「破壊者」の記述は「二ビル」であると考えるのが妥当だろう。

local pc







コメント
davychan
2017年7月27日午前1時43分
Jean Seimpleの分析によれば、二ビル・惑星Xの地球接近は2022年3月22日(22/3/2022)。
僕はこの説を信じてる。
2017年、2018年に何も起こらないならその可能性は大きい。
https://www.poureuxlelivre.fr/welcome/my-last-truth/
Paralambano
2017年5月21日3時50分午後0時
納得!
1000人の変わり者とニセ予言者の予言が1000回外れても、1,001回目は真実かも!
Truthwalker
2017年7月27日午後4時47分
二ビル・惑星Xは本当か …
https://youtu.be/WNh2j2wde38 ?t=2m18s
mitch51
2017年7月27日午前8時40分
二ビル・惑星Xが一般に知られてないっていうより、
赤外線望遠鏡や光学望遠鏡を持ってる数百万人のアマチュア・プロ天文学者に二ビル・惑星Xが隠されてるって事さ。。
悲しき二ビルは信頼できる天文学者全員から隠れうる能力があるってわけだ。
でも、もし天文学者がはじめて二ビルを発見したら、発表の方法はこのアホサイトの投稿者みたいにはやらないだろう。
ウエブのありとあらゆる場所に写真を公開するはずだよ。
Paralambano
2017年7月27日午前9時58分
指摘のように、巨大惑星(スバルのアヌンナキの星,the Ananookies of Subaru,)の大ネタをスッパ抜くために、他の科学者を殺す科学者もいるだろうね。
allendaves
2017年7月27日午後8時47分
イエスの再臨はすでに済んでおり、これが最後の再臨である。。。
イスラム神学でさえキリストの再臨を待っているが、つまりムハマドはニセの教祖である事に他ならない。
聖書を説く牧師たちも同じだ。

gfdfgdgf pc














天体情報:惑星二ビル
David Meade―米オルタナティブ系ラジオショーで惑星二ビル研究近況報告
2017年9月1日金曜日9時22分
Jeffery Pritchett
Jeffery Pritchett
Planet X: ‘I’ve Seen Top Secret Image of Planet X… and it Is Coming to Earth’ via David Meade (Video)
Friday, September 1, 2017 9:22
(Before It's News)
Before It's News
http://beforeitsnews.com/paranormal/2017/09/planet-x-ive-seen-top-secret-image-of-planet-x-and-it-is-coming-to-earth-via-david-meade-video-2527518.html
クリスチャンのオルタナティブ系科学者David Meade(デイビッドミード)氏が、
10月に惑星二ビルが地球付近を通過すると警告している。
David Meade氏は31日、米オルタナティブ系ラジオショーに出演、
惑星二ビルの近況について語った。
David Meade氏
「惑星二ビルの目撃報告が増えている」。
「パリの天文学教授は惑星二ビルが存在すると言っていた」。
「最近ユタ州の知り合いが、北極点のすぐ上にある惑星二ビルの写真を私に送ってきた。
ユタ州上空、飛行機の窓から撮った写真だ。
写真から推測すると、惑星二ビルの位置は地上20,000〜25,000フィートあたりだ。
私の見解では、写真に映った惑星二ビルは、
飛行機のプレキシガラスウィンドウ(an aircraft Plexiglass window)ごしに撮られたものなので、
レンズフレアではなく天体の光だ」。
David Meade氏
「大ピラミッドの中の2つのトンネルのなす角は、9月20日の天体配置を示している。
黙示録12章、ギーザの大ピラミッド、時と場所を隔てた2つの文献が正確に同じ日付、2017年9月20日を指している事は驚くべき事だ」。
太陽系には数百万の小惑星が存在する。
その多くが火星と木星の間の小惑星ベルト(the Asteroid belt)にある。
小惑星のうち、地球付近まで浮遊してくる小惑星を地球近隣物体(Near-Earth objects)という。
地球近隣物体は頻繁に飛来していて、だからよくある事といえばそれまでだが、
8月21日におきた日食は、9月23日の惑星二ビル接近のサインだと私は考える。
9月23日に惑星二ビルが接近して、10月に通過する時の大災害を懸念する。
9月23日はバイブルコードに日付マーカー(date marker)として記録された日付で、
これは エジプトのギーザのピラミッドにも記録されている。
惑星二ビルがはじめて世の話題になったのは1976年、
Zecharia Sitchin氏が中東の2つの古代文明−バビロニア文明とシュメール文明−の記録にある惑星二ビルの記述を発見した事にはじまる。
その後、NASAは太陽系内に新惑星を発見したと発表、第9惑星(Planet Nine)と名付けた。
地球の10倍以上の質量をもつ第9惑星は太陽系外、オリオン座方向にあると伝えた。
そして、このニュースをきっかけにして、Sitchin氏の惑星二ビルの研究は多くの人の知るところとなった。
NASAは、第9惑星は地球には接近しないとし、黙示録予言の惑星X理論はデマであるとした。

dgfsgsdsg pc









天体情報.惑星ニビル
エネルギー波・ポールシフトの懸念
2017年8月17日木曜日7時47分
NASA Warning: Pole Shift Nibiru Planet X – Global Earthquake Update – New Deep Earthquakes Mean New Global Unrest Coming- Will You Be Prepared? +Videos
Thursday, August 17, 2017 7:47
(Before It's News)
By Amber William / My Daily Informer
Before It's News
http://beforeitsnews.com/earthquakes/2017/08/nasa-warning-pole-shift-nibiru-planet-x-global-earthquake-update-new-deep-earthquakes-mean-new-global-unrest-coming-will-you-be-prepared-videos-2630468.html
エネルギー波
エネルギー波(SHOCK WAVE of ENERGY)が来る
米軍の関係筋によれば、NASAは、2017年10月におきうる地球規模のイベント「2回目のエネルギー波(The Second Wave)」に備え、観測衛星による観測を強化しているという。
2004年、NASAは人類史上最大のパルサー波を観測した。
これほど強いパルサー波が地上にそそいだ事はかつてなかった。
この時、銀河系外から来る光のフラッシュが観測された。フラッシュは地球の大気圏上層部や月に反響した。フラッシュは10秒〜12秒続いた。
2004年12月27日、 多くの観測衛星、電波望遠鏡、放射性望遠鏡、光学望遠鏡でフラッシュの余波が観測された。
科学者は、フラッシュは遠い銀河系にある中性子星の「巨大フレア」が原因であるとし、「magnetar」と名付けた。
満月の光度よりも強い光が銀河系外から来るという事は考えられない事だ。
10月に来る事が予測されるエネルギー波は、この2004年におきたエネルギー波よりもつよい波で、過去にない、観測史上最大のものになる可能性がある。
最大1/3の人間が影響をうける可能性がある。
ポールシフトの懸念
この夏の太陽光の強さは過去200年で最大。災害が懸念される。
NASAは、地球がポールシフトする危険性があると発表した。
この環境の原因は何だろうか。
惑星ニビル
はその原因のひとつとして考えうる。
1984年、オールト雲のかなた、太陽から95,000AU(1.5光年,1.5 light-years ,)の距離にある褐色矮星ネメシス(Nemesis, the brown dwarf star,惑星ニビル)が記事になった。
地質学の記録では、2600万年間隔で起きる大量絶滅の原因が研究されていたが、この惑星ニビルの公転周期がほぼそれと同じである事から、惑星ニビルが原因であるとする考え方が生まれた。
Daniel P. Whitmire、Albert A. Jackson IV、Marc Davis、 Piet Hut、Richard A. Mullerらの天文学者は、2つのチームに分かれ、
同じ「ラウプ・セプコスキの絶滅周期性(Raup and Sepkoski’s extinction periodicity)」のテーマに関する各々の仮説をネイチャー誌に発表した。
仮説によれば、
太陽にはまだ発見されていないペアの星(a companion star,仲間星)があり、この星は他の惑星と異なる公転面で公転する。
オールト雲エリアでおきる周期的異動はこの星が原因である。
太陽系中心部に飛来する彗星の数は増加、結果地球へのインパクトイベントも増加する。
これは「ネメシス」仮説(“Nemesis”hypothesis)、「デス・スター」仮説(“Death Star”hypothesis)として知られた。
Mullerは、DanielとAlbertが褐色矮星であるとした星を、マグニチュード7から12の赤色矮星であるとした。
しかし矮星は太陽を周回するので、その固有運動は低く古典的な固有運動観測によっては検出できない。
(ちなみにマグニチュード9のバーナード星/Barnard’s starは1916年に固有運動観測により検出された。)
つまり、矮星は、その視差を測定することによってでしか確認できない。
そこでMullerは、時間視差観測でなら褐色矮星ネメシスを発見できると考えた。
矮星がヒドラ星団(Hydra)の近くにある事から、Mullerは彗星軌道のパターンにより仮想の公転軌道・遠地点を推測、
褐色矮星ネメシスの公転軌道の長径が約1.5光年(95,000AU, 1.5 light-years,)であると考え、
前回の絶滅イベントがおきた時を1100万年前であるとした。(Mullerの仮説, Muller’s hypothesis.)
Richard Muller氏はネメシス理論に関連した書籍を2002年に出版している。
書籍によれば、ネメシスの公転軌道は4億年前に円軌道から楕円軌道に変わったという。
最新の赤外線望遠鏡テクノロジーを使えば、太陽から10光年離れた150ケルビンの冷温の褐色矮星を観測できる。
WISE (WISE survey,the Wide-field Infrared Survey Explorer,広視野赤外線観測衛星,) ではまだネメシスを検出できていないが、
惑星X・惑星ニビル・ネメシス理論を知らない人も、惑星X・惑星7X・惑星ニビル・ネメシスを混同している人も、動画をみて勉強してほしい。
太陽のバイナリ星が存在すべきであるという事実。
バイナリ星の再来と環境が被る影響。
次のポールシフトの危機を知り、備えること。
サバイバルは生物としての本能だが、悲しいかな、相互依存社会においては、多くが支援援助に期待する傾向がある。
しかし、現実の災害においては、政府、家族、隣人の助けが期待できない状況がしばしばおきうる。
我々に要求される生活は二重生活だ:社会ネットワーク、ビジネスネットワーク・平時の暮らしを維持しつつ、惑星ニビル/惑星Xが起こす地球の変化を監視し備える。
サバイバルの方法を模索する。。
サバイバル戦術、秘訣、スキル、アイデア。
ペミカン、雪靴、ナイフ、石けん、ビール、煙家、銃弾、パン、水車、草の湿布剤を作る方法。テント住居、地下室、原始的な方位検知術など。
備えよ!祖先がしてきたような古来の方法で!
飢饉と戦争の難局を逃れた祖先の生き残りが伝えたスキルを学べ。
以下は記事の要約:
「前回の惑星X接近の記録、惑星Xの公転経路、惑星X接近によりおきうる災害予測、それらによって地球のポールシフトの青写真を作る事が重要だ。
地球の、地上の数十億人の人々のスピリチュアル面の影響を考えるのも重要だ。
以下はこれまで私が書いてきたおおまかな7つの概念:
地球のスピリチュアルなヒエラルキー、
地球の魂の状態、
次元、
ポールシフト、
地球の地磁気の反響頻度、
スピリチュアルなペルソナ(ガイア)、
惑星ニビルの影響の減少と地球の変化
だ。」
10月に来る事が予測されるエネルギー波は、エネルギー範囲の中で最も明るいγ線エネルギーに属するもので、可視光線やエックス線よりずっと強い光線。
太陽系の近くでそういった強い爆発がおきれば、地上に大量のガンマ線が流入し、大気に影響を与える。
数億年前に地球でおきたとされる大量絶滅も、このガンマ線が影響していたという説がある。
近い銀河系で中性子星爆発(あるいは遠くでブラックホールの爆発)がおき、巨大フレアによるガンマ線バーストが発生するという可能性。
NASAの2017年10月の「2回目のエネルギー波」の警告は、このガンマ線バーストなのか??
動画は、ガンマ線バーストによる地磁気の減少が、ポールシフトの原因となると警告している。
近年つづく気候変化、地軸のずれについてもガンマ線バーストの視点で考察している。
地軸のずれによって北極は南にわずかに引きずられ、日照がふえ、氷が溶けている。
「惑星ニビル接近の影響でポールシフトがおき、地球はセットアップされる」。
惑星ニビル接近の影響がどういうものになるのかは予測できないが、
それによる、氷河期のはじまり、壊滅的な地震を懸念すべきだ。

rehwuerkwiu pc










00100000 キリストの時代,Canis Major付近に非常に明るい赤い星が観測された,
18500000 [惑星二ビル] 1800年代から「海王星の外側に巨大な惑星が存在する」という説はあった
19240000 1924年 ハッブルがアンドロメダ銀河のセファイド型変光星を観測から距離測定
19300000 1930年,トンボー,冥王星発見,
19310000 1931年 天体の電波観測の始まり
19680814 [惑星ニビル] 冥王星は思ったよりも軽く,海王星の軌道を影響するような大きさでない Robert Sutton Harrington
19680814 1968年8月14日,私は冥王星の衛星を発見した6ケ月後,冥王星の質量を解明した Robert Sutton Harrington
19680900 [惑星ニビル] 冥王星と海王星の軌道の間に地球の4-8倍の惑星がある NASA
19710000 1971年旧ソ連世界初の宇宙ステーション,サリュートを打ち上げ
19720000 1972年,NASAはETへのメッセージをのせた衛星PIONEER10号の打ち上げを行った
19720000 衛星PIONEER10号打ち上げの目的は天体の観測,特に存在しうる第10惑星の観測
19720405 パイオニア計画:10号と11号のとらえる摂動の比較によって重力原の正体を絞り込もうとした
19720405 パイオニア計画:両探査機の最終目的が超冥王星の補足にあったことは一般に公表されている事実である slicer93
19720405 パイオニア計画:両探査機の最終目的が超冥王星の補足にあったことを 知る人は少ない slicer93
19720405 パイオニア計画:両探査機は木星と土星の詳細な探査を行った
19730000 1973−1975年,木星の南赤道縞の消失現象,
19730000 木星の縞模様が消えたときは,“地球物質界の変化が激化する”
19750000 天文学者は「第10の惑星」という意味の「Planet X」と命名した
19760000 [惑星二ビル] Zecharia Sitchin氏が中東の2つの古代文明−バビロニア文明とシュメール文明−の記録にある惑星二ビルの記述を発見
19760000 [惑星二ビル] 惑星二ビルがはじめて世の話題になった
19770000 ボイジャー1/2号による木星,土星,天王星,海王星探査
19770000 ボイジャー計画: 天王星と海王星の探査が急遽決定したが,これはJPLからの要望
19770000 ボイジャー計画:パイオニアから得られたデータによって惑星X(超冥王星)の軌道はおおよそ予測がついていた
19780900 [惑星ニビル] 1978年,私はNASAの予言を基盤に観測をはじめた Robert Sutton Harrington
19810116 [惑星ニビル] 1981年1月16日,DEtroit News紙はこの惑星の記事を掲載
19820000 パイオニア10号11号,1980年代初期に土星に接近,
19820617 パイオニア計画:パイオニア計画における最終目標は惑星X(超冥王星)の探査である NASA公式コメント
19830000 Harrington氏はZecharia Sitchin氏を心の支えに研究をすすめた
19830000 衛星IRADの画像を見てから冥王星の向こうに惑星ニビルがあるとHarrington氏は考えるようになり、その研究をはじめた
19830000 赤色わい星「惑星二ビル」発見,
19830126 1983年1月26日,NASA赤外線観測衛星IRAS打ち上げ,
19831000 ニビルとそれを取り巻く星々は,1983年からIRAS望遠鏡で見えていた
19840000 [惑星ニビル] 1984年,オールト雲のかなた,太陽から95,000AU(1.5光年,1.5 light-years ,)の距離
19840000 [惑星ニビル] 1984年,褐色矮星ネメシス(Nemesis, the brown dwarf star,惑星ニビル)が記事になった
19840000 [惑星ニビル] DanielとAlbertが褐色矮星であるとした星はマグニチュード7から12の赤色矮星である Muller
19840000 [惑星ニビル] オールト雲エリアでおきる周期的異動
19840000 [惑星ニビル] ネメシス仮説:太陽系中心部に飛来する彗星の数は増加、結果地球へのインパクトイベントも増加
19840000 [惑星ニビル] ラウプ・セプコスキの絶滅周期性:地質学の記録で2600万年間隔で起きる大量絶滅の原因が研究されていた
19840000 [惑星ニビル] ラウプ・セプコスキの絶滅周期性(Raup and Sepkoski’s extinction periodicity)
19840000 [惑星ニビル] 褐色矮星ネメシスの公転軌道の長径は約1.5光年(95,000AU, 1.5 light-years,)Muller
19840000 [惑星ニビル] 褐色矮星ネメシスはヒドラ星団(Hydra)の近くにあるMuller
19840000 [惑星ニビル] 前回の絶滅イベントがおきた時は1100万年前(Mullerの仮説, Muller’s hypothesis.)
19840000 [惑星ニビル] 太陽にはまだ発見されていないペアの星(a companion star,仲間星)がある ネイチャー誌
19840000 [惑星ニビル] 惑星ニビルの公転周期がほぼ2600万年:2600万年間隔で起きる大量絶滅
19840000 [惑星二ビル] NASA:地球の10倍以上の質量をもつ第9惑星は太陽系外,オリオン座方向にある NASA
19840000 [惑星二ビル] NASAのニュースをきっかけにしてSitchin氏の惑星二ビルの研究は多くの人の知るところとなった
19840000 [惑星二ビル] NASAは太陽系内に新惑星を発見したと発表,第9惑星(Planet Nine)と名付けた
19840000 [惑星二ビル] ネメシス:オールトの雲以遠の太陽から50000-100000AUの軌道を回るとされる仮説上の赤色矮星
19840000 [惑星二ビル] ネメシス:過去 2億5000万年の周期的な大量絶滅の原因はにネメシスある シカゴ大学古生物学研究グループ
19840000 [惑星二ビル] ネメシス:大量絶滅間の平均的な長さは推定約2600万年 シカゴ大学
19870000 1987年宇宙ステーションは「ミール」と打ち上げ95年完成
19870816 1987年8月16-17日,ハーモニックコンパージェンス,
19880000 [惑星二ビル] 第9惑星は地球には接近しない,黙示録予言の惑星X理論はデマである NASA
19890000 1989−1990年,木星の南赤道縞の消失現象,
19900000 [惑星ニビル] Robert Sutton Harrington氏によるZecharia Sitchin氏のインタビュー
19900000 [惑星ニビル] もしも惑星ニビルがあるなら、我々人類はこの太陽系でひとりではないという事だZecharia Sitchin
19900000 [惑星ニビル] 海王星はSitchinさんがおっしゃるエリアと近い Harrington
19900000 [惑星ニビル] 海王星は今は天秤座の南のエリア Harrington
19900000 [惑星ニビル] 惑星が冥王星付近にある,もしこの惑星の軌道周期は3800年なら惑星ニビルという事になる Harrington
19900000 [惑星二ビル] NORLOKプロジェクトは1990にはその存在を確信した ロシア高官
19900000 [惑星二ビル] NORLOKプロジェクトはオリオン座の方向を探査した
19900000 [惑星二ビル] オリオン座の方角だと,二ビルの黄道面に対する傾斜角は予言値26度30分以下になるので条件を満たす slicer93
19900000 [惑星二ビル] オリオン座方向から太陽系に侵入してくる惑星があることを確認 探査衛星NORLOK
19900000 [惑星二ビル] ロシアは計画により探査衛星NORLOKを打ち上げた
19900000 1990年,太陽の黒点の極大期,バブル景気,
19920000 1992年,NASAは観測結果の発表を行なった。
19920000 冥王星と海王星の軌道の間,太陽から700万マイルの距離に黄道面から大きく傾いた軌道をもつ地球の4-8倍の惑星があるようだ NASA
19930123 Harrington氏がZacheria Sitchins氏のシュメールのタブレットに関する書の翻訳を終えた直後
19930123 Harrington氏がZecharia Sitchin氏のインタビューを行った直後だった
19930123 Robert Sutton Harrington氏(1942.10.21-1993.1.23) Harrington氏は1993年に食道ガンで死んだ
19970000 1997年国際宇宙ステーション建設開始
19990000 テュケー:1999年,ルイジアナ大学のジョン・マティスが仮説上の天体を提唱 
19990000 テュケー:太陽から2兆2440億kmぐらいのところに,木星クラスの天体が180万年周期で周回 ジョン・マティス
19990000 テュケー:太陽の未発見伴星ネメシスの提唱者のダニエル・ホイットモアもマティスの学説を強力支持
19990714 1999年7か月,空から恐怖の大王が来るだろう ノストラダムス
19990714 ノストラダムスの書く「1999年 7か月」はグレゴリオ暦では1999年7月14日頃から8月14日頃まで
19990800 1999年8月,太陽系惑星がグランドクロスの配置,
19990811 1999年8月11日に人類史上最も多くの人が観測した「皆既日食」が起きた
19990811 1999年8月11日の日食はヨーロッパを「分断」して北緯33度線に到達 oka
20000000 [惑星二ビル] ガス惑星、特に天王星と海王星の軌道運動に理論との矛盾
20000000 [惑星二ビル] 最初は9番目の惑星として、1930年の冥王星発見以降は第10惑星として主張された
20000000 [惑星二ビル] 惑星Xが存在するという説
20000000 2000年-2001年にかけて太陽の黒点活動極大,
20000000 2000年-2001年に極が移動する,(E・ケィシー)
20000000 べツレヘムの星(the Star of Bethlehem)は千年紀の最初にあらわれる,
20000000 新しい1000年紀(The New Millennium)がはじまる,
20000101 2000年よりフォトンベルトに入り始める,
20020000 Richard Muller氏,ネメシス理論に関連した書籍を2002年に出版
20020000 Richard Muller氏はネメシス理論に関連した書籍を2002年に出版
20020000 ネメシスの公転軌道は4億年前に円軌道から楕円軌道に変わった Richard Muller
20020800 [惑星二ビル] NASA海軍研究所やルイジアナ大学などは 間違った方向を探査するようにし向けるために誤情報を流した?? slicer93
20020800 [惑星二ビル] オリオン座:赤経度05h53 赤緯度08度40分03
20020800 [惑星二ビル] 蟹座:赤経度08h44  赤緯度18度48分01
20020800 [惑星二ビル] 計算結果/2倍説:地球からの距離=31620000km=0.2114AU slicer93
20020800 [惑星二ビル] 計算結果/3倍説:地球からの距離=47436000km=0.3171AU
20020800 [惑星二ビル] 接近の時期は5-6月頃と言われています slicer93
20020800 [惑星二ビル] 二ビル惑星の黄道面に対する傾斜角は予言的には ガセねたということになります slicer93
20020800 [惑星二ビル] 惑星二ビルXは最終的には蟹座の方角から接近する バカボンのパパ
20020800 [惑星二ビル] 惑星二ビルXは地球の公転方向と逆の時計回りの超楕円軌道:太陽の中心ライン(黄道面)を通過
20020800 [惑星二ビル] 惑星二ビルの軌道傾斜角は150度(−30度) John Murray
20020800 [惑星二ビル] 惑星二ビルの軌道傾斜角は50度 NASA海軍研究所
20020800 現在,二ビルはオリオン座の方角にあり最終的には蟹座の方角から接近する バカボンのパパ
20041200 [巨大パルサー波] 2004年、NASAは人類史上最大のパルサー波を観測した
20041200 [巨大パルサー波] パルサー波観測時,観測されたフラッシュは地球の大気圏上層部や月に反響した
20041200 [巨大パルサー波] パルサー波観測時,銀河系外から来る光のフラッシュが観測された
20041200 [巨大パルサー波] 満月の光度よりも強い光が銀河系外から来るという事は考えられない事だ
20041200 NASAは人類史上最大のパルサー波を観測
20041227 [巨大パルサー波] 12月27日,多くの観測衛星、電波望遠鏡、放射性望遠鏡、光学望遠鏡でフラッシュの余波が観測された
20041227 [巨大パルサー波] フラッシュは遠い銀河系にある中性子星の「巨大フレア」が原因である 科学者
20050716 位置(冥王星,太陽系の射手座の190/200)
20050808 最近数年で太陽内部温度は華氏2700万度から4900万度へ上昇,
20050808 太陽内部温度上昇 日時: 2005/08/08 19:17
20060321 春分点(黄経0度)の現在の位置は魚座(23/30,時計廻),
20070000 07年は物質波,電磁波,磁気波フィーゴック波供給量が2006年の約4倍,
20070000 1973−1975年,木星の南赤道縞の消失現象,
20070000 2007年 16,5時間 1日の長さ=990分,
20080000 1日の長さ=870分,
20090000 [黙示録予言] いわゆる地球上における、光と闇の最終戦争の前哨戦
20090000 [黙示録予言] ヨハネの黙示録で云う最も手厳しい最初期が2009年冬至から2012年冬至の間の3年間
20090000 [惑星ニビル] 2009年-2012年にかけ,二ビルからのネガティヴ・エネルギーによるコントロールを受けまくる カガリ
20090000 [惑星ニビル] 2009年から2012年にかけて惑星ニビルが地球を乗っ取るために攻撃してくる カガリ
20090000 [惑星ニビル] 月は宇宙連合の巨大な宇宙船でニビルの攻撃から地球人類を守るためにサポートをしている カガリ
20090000 [惑星ニビル] 月ほどの巨大人工衛星を作る技術を持った宇宙連合が,3600年に一回しか来ないニビルの攻撃から守る?? えいきち
20090000 [惑星ニビル] 地球の約250倍もの大きさであり、総人口数が推定1278億人規模である二ビル カガリ
20090000 [惑星ニビル] 地球は闇の勢力に支配されてます,ということは既にニビルによって支配されている えいきち
20090000 [惑星ニビル] 地球を支配している闇の残党勢力(自民党や新興宗教を含む)はニビルの手先 カガリ
20090000 [惑星ニビル] 二ビルの攻撃対象は地球人類全員となっているようです カガリ
20090000 黒点が太陽にまったくない状態が1年半も続いた,ヤス
20090000 太陽は100年に一度とも言われる静穏期に入った,ヤス
20091021 ニビルの衛星はすでに地球の大気圏に突入している チェイスハンター
20091021 惑星ニビルの衛星はすでに地球の大気圏に突入している チェイスハンター
20091212 トランスフォーメーションポータル(変身の入口),
20091221 冬至,宇宙から流れ込む光のエネルギーがふえた,
20101200 2010年12月ごろのNASA STEREO H3画像をみると、3恒星はまるでワルツを踊るように交錯
20110215 [惑星二ビル] 太陽系9番目の巨大惑星の存在についての公式アナウンスが近いという報道 2011/02/15
20110322 2011年3月22日のNASA STEREO H3画像には3つの恒星が映っている
20110322 私は個人的に3つの恒星をダンテ恒星(Dante's Sun)/レモン恒星(LD Sun)/ミカンの皮恒星(OP Sun)と呼んでいる。
20120400 ニビルは26,000〜30,000年毎に帰還 Kerry Cassidy
20120429 今年は土星のリングの傾きが少し大きくなった,星空ガイド
20120816 PROJECT EXODUS/来るべき出来事に備えるため人々がこの星を離れている Kerry Cassidy
20121203 位置(火星/山羊座の12/30のエリア)KochHoroscope
20121203 位置(金星/蠍座の13/30のエリア)KochHoroscope
20121203 位置(水星/蠍座の11/30のエリア)KochHoroscope
20121203 位置(太陽/射手座の11/30のエリア)KochHoroscope
20121203 位置(土星/蠍座の7/30のエリア)KochHoroscope
20121203 水星,金星,土星がギザピラミッド(オリオン座のベルト)の3つのピラミッドと並ぶ
20121203 水星,金星,土星が見かけ上直列,
20121203 惑星ニビル,獅子座の位置に確認,
20121210 位置(直列/地球-月-土星),
20121212 夜,小惑星「Toutatis」が近地点を通過,
20121221 (北半球)1暗黒の三日間始まる,
20121221 21日,銀河系の中心と太陽系惑星が直列,3.14
20121221 21日にポールシフトがおきた場合太陽磁気とニビルの引力で人類の2/3が死,
20121221 3600年に一度,ニビルが地球の側を通るたびポールシフト,
20121221 午前11時11分,銀河系の中心と太陽系惑星は直列,3.14
20121221 聖書やマヤ暦で世界の終わりとして記録,
20121221 太陽系は第5の世(5/5)にはいる,マヤ暦
20121221 地球は太陽系の双子座の2/30,
20121221 地球は太陽系の双子座の2/30,356/366日,
20121221 冬至,冬至の意識シフト,銀河直列,
20121221 冬至の太陽系惑星の銀河系直列は約25,920年に1回,3.14
20121221 日本は東西に伸びる列島になるだろう,
20121222 12月22日(冬至),地球は太陽系の蟹座の1/31,
20121222 太陽と月と地球のみが,テレポーテーション(瞬間移動),
20121222 第五太陽期の最終日,ヤッズ★
20121222 第六太陽期はじまる,ヤッズ★
20121222 地球は太陽系の蟹座エリア,ニビルは蟹座の方向から北上,
20121229 地球は太陽系の双子座の10/30,364/366日,
20121230 12/30に二ビルが爆破されたともっぱらの話,aioi
20130101 1月1日,テレポーテーションした太陽と月と地球が合流,Kagari
20130103 月は蠍座の方向の2/2,22/30,旧暦11月22日,
20130103 地球は太陽系の双子座の15/30,3/365日,
20130104 「次元交差」で異次元世界にあるニビルが見え出した,ヤッズ★
20130104 アセンションは始まっている ヤッズ★
20130104 カチーナが天界に現れた時五の世が出現する,ヤッズ★
20130104 現在,太陽の裏側にニビルが到達している筈,ヤッズ★
20130120 2013年は,天文学に関して言えば,彗星の年になる,徹底検索,堀進
20130120 オリオン座の位置がかなりずれている,日本や世界や宇宙の動向
20130120 カミサンに「ニビル爆発したんだって!」とからかわれる始末,aioi
20130120 ニビルはセクメトという善い宇宙人が支配していて心配要らない,徹底検索,堀進
20130120 ニビルは善い宇宙人の側が管理していて,一般人は心配しなくてよい,徹底検索,堀進
20160120 第9惑星報道:海王星の外側に新たな惑星が存在する可能性がある カリフォルニア工科大チーム
20160120 第9惑星報道:第9惑星は地球の10倍程度の質量,海王星よりも20倍離れた軌道を回っている
20160121 第9惑星報道: 太陽系に9番目の惑星か,海王星の外側に 日本経済新聞 2016/01/21
20160121 第9惑星報道:「9番目の惑星」の存在の可能性 CBCニュース
20160121 第9惑星報道:第9惑星はイラストでは「青い惑星」として描かれることが多く「ホピの予言」を思す oka-jp
20170000 二ビルは北極点をはさんで北極星Polarisと一列に並ぶ。北極点のすぐ上に輝く Bob Fletcher
20170000 約900年続く惑星二ビルの「夏」,惑星二ビルはその公転領域、太陽系中心部をすすむ
20170000 惑星二ビルが近日点に達する時、二ビルは北極星と一列に並ぶ Bob Fletcher
20170400 2017年,惑星ニビルは,見かけ上,木星と乙女座の近くに見えるだろう!
20170700 WISE (WISE survey,the Wide-field Infrared Survey Explorer,広視野赤外線観測衛星,) ではまだネメシスを検出できていない
20170700 惑星X・惑星ニビル・ネメシス理論,太陽のバイナリ星が存在すべきであるという事実
20170817 [巨大パルサー波] エネルギー波(SHOCK WAVE of ENERGY)が来る Amber William
20170821 [惑星二ビル] 8月21日におきた日食は,9月23日の惑星二ビル接近のサイン David Meade
20170901 [惑星二ビル] ユタ州上空,飛行機の窓から二ビル撮影,二ビルの位置は地上20000〜25000フィート
20170901 [惑星二ビル] 最近ユタ州の知り合いが北極点のすぐ上にある惑星二ビルの写真を私に送ってきた David Meade
20170901 [惑星二ビル] 惑星二ビルの目撃報告が増えている David Meade
20170920 大ピラミッドの中の2つのトンネルのなす角は、9月20日の天体配置を示している David Meade
20170920 黙示録12章,ギーザの大ピラミッド,時と場所を隔てた2つの文献が正確に同じ日付,2017年9月20日を指している
20170923 [惑星二ビル] 9月23日に惑星二ビルが接近して10月に通過する時の大災害を懸念する David Meade
20170923 [惑星二ビル] 9月23日はエジプトのギーザのピラミッドにも記録されている David Meade
20170923 [惑星二ビル] 9月23日はバイブルコードに日付マーカー(date marker)として記録された日付 David Meade
20171000 [巨大パルサー波] 10月におきうるエネルギー波(The Second Wave)に備えNASAは、観測衛星による観測を強化している
20171000 [巨大パルサー波] 10月に来る事が予測されるエネルギー波は、この2004年におきたエネルギー波よりもつよい波
20171000 [巨大パルサー波] 過去にない、観測史上最大のものになる可能性
20171000 [惑星二ビル] 10月に惑星二ビルが地球付近を通過する David Meade
20201200 [惑星ニビル] 地上における光と闇の攻防戦が2020年末まで続きまして,一旦二ビルからの難を逃れるでしょう カガリ
20201200 弥勒の世から始まる第8宇宙サイクルの時代のはじまり カガリ
20201200 弥勒の世の約3000年は、安泰で、平安な期間 カガリ
20220322 二ビル・惑星Xの地球接近は2022年3月22日 Jean Seimple
20931214 ファエトンは2093年12月14日に地球から291万kmまで接近,
35000000 惑星二ビルの「冬」、太陽系外縁部オールト雲はるか遠くをすすむ

fdfds pc


posted by datasea at 13:27| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天体情報:惑星二ビル


pp2720180709122.png





THE mysterious Planet X is approaching and will cause widespread destruction across Earth,
a conspiracy theorist has claimed.
By SEAN MARTIN

Express Newspapers
https://www.express.co.uk/news/science/678099/Planet-X-approach-is-causing-devastating-climate-and-seismic-activity







(要約)
天体情報:惑星二ビル
異常気象,壊滅的な地震活動は二ビル接近が原因
SEAN MARTIN
2016年6月8日水曜日17:36
太陽系には認識が困難な惑星​​が現在ある。
惑星二ビルが近づいている可能性がある。
惑星二ビルは科学者によって確認されていないが,巨大な軌道と地上の生命に影響を与えるような強い磁気をもつ惑星二ビルは異常気象,壊滅的な地震活動の原因である。
2016年6月,Skywatch Media NewsはYouTubeに新しい動画を投稿した。
動画のなかでSkywatch Media Newsは,惑星二ビルは3600年の楕円軌道をすすむと同時に,地球の引力によって停滞しているのではないかと分析している。
惑星二ビルの磁力は非常に強く,惑星二ビルから48.6AU(天文単位,地球と太陽の間の距離の48.6倍の距離)内の天体・物体に影響を与えるとしている。
楕円軌道の中で,太陽への接近の行程を終え,太陽から離れる行程に入った二ビルだが,
2016年6月現在惑星は地球との距離は縮まって後退しており,地球に強い磁気引力を加えているとしている。

dgfsgsdsg pc
posted by datasea at 13:27| Comment(0) | ∞ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする