2018年06月13日

【緊急悲報】関東大震災 秒読み…!?


pp6520180612112.jpg



【緊急悲報】関東大震災 秒読み…!?
There is much confusion about the Stereo satellites. Where they were initially sent into space in 2006 along Earth’s orbit,
the Ahead paced to move ahead of Earth and the Behind lagging behind,
they met on the opposite side of Earth’s orbit and crossed paths some years ago.
The plan was to look at the Sun from all sides, a Stereo view,
so the Ahead looks to the left toward the Sun and the Behind looks to the right toward the Sun.
Thus at the present time, the Ahead is seeing a close up of the Nibiru Moon Swirls which cluster to the left of the Sun,
blown there by the retrograde rotation in the vast tail of Nibiru.
Powered by livedoor 相互RSS
>>
2018年06月12日
【緊急悲報】関東大震災 秒読み…!?
71dd44e1.jpg
1: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:50:49.00 ID:dhqKVB0H0
TRUTH.
国土地理院
‏@GSI_chiriin
Once again the enigmatic Q shows his insights and accuracy.
It is May, and the Pope is murmuring about resigning.
It was early April that Q predicted a “terrible May” for the Pope.
What would the issue be? The rampant pedophilia in the Catholic church was in the past hidden from the public as the Church
threatened the victims and paid them for silence. Then there was a period of time where these practices were exposed in the media,
with many priests being expelled. Past practices haunt those still in charge of the Church,
and even the innocent are tainted by what others have done.
https://twitter.com/GSI_chiriin/status/1006104464162357248
【地殻変動情報】房総半島の電子基準点観測データに、6月5日頃から、通常とは異なる地殻変動(非定常地殻変動)が検出されました。
これまでに検出された非定常地殻変動は大きいところで約1cmです。
引き続き、注意深く監視していくこととしています。
詳細はこちら
http://www.gsi.go.jp/chibankansi/chikakukansi_bousou_sse20180611.html
1000 :マジ卍速報 2018/04/19(木) 00:00:00
We were asked early in the ZetaTalk saga about robots, as to whether they can have souls.
They do not, because all their decisions, at base, are programmed and man has choice.
Faced with a world where the public is aware of Nibiru and is viewed as likely to riot or splinter off into cults or revolt against the establishment,
many in government and the wealthy elite are trying to get the upper hand via drones and robots.
Amazon has promoted their goods delivered via drones. Walking as well as flying drones have been developed,
and driver-less cars. Sex dolls are now available.
ジムのプールにビキニで来てる女いてワロタwwww
【驚愕】変な人、発見されるwwwwwwwww
下着をリアルにしすぎるとセクシーさがなくなる思考実験www
【画像】声優の物販列が参勤交代みたいでワロタwwwwwwwwww
面白いソシャゲなんか知らんか?あったら教えてくれ
父の日のプレゼント買いたいんやが
2: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:00.20 ID:dhqKVB0H0
はやく脱出しとけよ
We have long predicted that the daily Earth Wobble would create storms in the oceans for planet Earth.
In 1995 we predicted an “increased frequency of hurricanes”.
In 2005 we predicted that due to temperature swings,
“the seasons almost blend into one another” such that snow in summer would become common.
In 2005 we also predicted that “swirling in the oceans and air” would increase.
In 2007 we pointed to the daily Earth Wobble as the cause. And as recently as 2017 we confirmed that the wobble’s slings to the right and left,
as well as into the Polar Push, are responsible for the worsening hurricane season.
3: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:01.80 ID:vk5hZ2WC0
The latest Star Wars film, "Solo" features a villain named Moloch. In the Old Testament of the Bible,
Moloch is the name of an evil Canaanite god. Worshippers of Moloch would sacrifice children by fire in order to appease him.
In recent times a sacrifice to Moloch was mentioned in one of Hillary Clinton's leaked emails.
A cryptic post by Q also mentions mass murders occurring to satisfy Moloch.
Of all the names that could have been chosen for a fictional villain,
why did the Star Wars film makers choose the name of an evil Biblical god associated with ritual slaughter and human suffering?
[and from another]
https://en.wikipedia.org/wiki/Moloch
Moloch is the biblical name of a Canaanite god associated with child sacrifice.
Rabbinical tradition depicted Moloch as a bronze statue heated with fire into which the victims were thrown.
[and from another]
http://starwars.wikia.com/wiki/Moloch
Moloch was a male alien who lived in the galaxy during the reign of the Galactic Empire as a member of the White Worms gang.
[and from another]
https://thecantina.starwarsnewsnet.com/index.php?threads/interesting-new-bios-about-the-main-characters-from-solo-a-star-wars-story.54687/
The sadistic Moloch wallows in authority over the lesser thieves of his gang.
Like all White Worms, Moloch is extremely sensitive to natural light and must wear special protective gear
when operating beyond the murk of his dank lair.
[and from another]
https://wikileaks.org/clinton-emails/emailid/30489
With fingers crossed, the old rabbit's foot out of the box in the attic,
I will be sacrificing a chicken in the backyard to Moloch.
[and from another]
https://www.rationalchristianity.net/human_sacrifice.html
Genesis 22:2 Then God said, "Take your son, your only son, Isaac, whom you love,
and go to the region of Moriah. Sacrifice him there as a burnt offering on one of the mountains I will tell you about."
[and from another]
https://archive.4plebs.org/pol/thread/149463784/#149467638
Q !ITPb.qbhqo ID:wmN+33xv Tue 14 Nov 2017 20:25:09 No.149467638
For the coming days ahead.
Ask yourself an honest question, why would a billionaire who has it all, fame, fortune, a warm and loving family, friends, etc.
want to endanger himself and his family by becoming POTUS?
Why would he want to target himself and those he cares about?
Does he need money? Does he need fame?
What does he get out of this?
Does he want to make the US/world a better place for his family and for those good and decent people who have long been taken advantage of?
Perhaps he could not stomach the thought of mass murders occurring to satisfy Moloch?
Perhaps he could not stomach the thought of children being kidnapped, drugged,
and raped while leaders/law enforcement of the world turn a blind eye.
ヒェッ
4: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:20.90 ID:bWW0Cf2k0
ファッ!?
ダメみたいですねぇ...
Thus when setting out to control the world in the Aftertime,
after the Pole Shift, the New World Order crowd did more than plan for World War III.
They needed hardened Service-to-Self captains in their ranks,
who could smile and laugh in the cameras while ushering in the worst circumstances for innocents.
The regular practice of child sacrifice, which did and does occur among this crowd,
ensured that none of them had drifted toward empathy and regret.
Those who did so were themselves sacrificed by assassination.
Could the Zetas say something about this latest crop circle, it seems to say that earth is closed in, no escape.
[and from another]
https://www.cropcirclecenter.com/ccdata/2018/05/26/UK20180526_A.html
[and from another]
http://www.cropcircleconnector.com/2018/bucklanddown/bucklanddown2018a.html
[and from another]
https://youtu.be/sj4NNKx4r_k
5: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:33.26 ID:NGPib7ba0
あかんやつやんけ
6: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:33.91 ID:fz29lE90d
来週で頼む
7: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:38.09 ID:AQDNeWqz0
ワイ関西済高みの見物
34: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:44.50 ID:LiBrWr9Q0
>>7
南海トラフ連動企画やで
479: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:19:17.16 ID:0+HWWoUd0
>>7
低すぎて草も枯れはてた
8: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:39.98 ID:dNomubny0
南海トラフにしてくれ
949: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:39:50.23 ID:QmcK4Vqsd
>>8
わりゃ何言うとんじゃ
9: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:42.98 ID:GzoXlPau0
多分あれやろ
東日本大地震の影響やろ
10: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:51.43 ID:tYuDglNO0
これどれくらいヤバいん?
なんjで例えてや
15: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:28.63 ID:NGPib7ba0
>>10
1000越えても書き込める
43: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:54:24.54 ID:i9KJxePOM
>>15
それ震度3くらいやんけ
11: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:51:58.51 ID:SDRJ3cqc0
地震速報の瞬間にジャンプするからワイはノーダメージの予定やで
12: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:08.52 ID:AaoCC7Kn0
なお散々不安を煽り結局何も起こらない模様
19: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:42.33 ID:GzoXlPau0
>>12
地質なんてどんだけ経験積んでもわからんからね
しょうがないね
106: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:58:03.93 ID:UJx9yHLv0
19 名前: つくばちゃん(埼玉県) 投稿日:2011/01/18(火) 08:40:47.34 ID:RcZEdQsY0
ν速に阪神も宮城も経験した奴いたでしょ。
うちの県には来るなとか皆に言われててワロタ
30 名前: ぼっさん(関東・甲信越) 投稿日:2011/01/18(火) 09:16:47.51 ID:/0rU1bbmO
>>19
そいつ新潟も経験してなかったっけ
84 名前: あんらくん(神奈川県) 投稿日:2011/01/18(火) 17:53:50.82 ID:g3gC8jBR0
>>19
それ俺だ
大阪出張で阪神淡路、新潟出張で中越、石川県出張で能登半島と
被害の大きかった大地震三回を出張先で食らった
今年の三月中旬に岩手県に行くけど地震ないといいな
174: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:02:54.50 ID:WtvZH1Wc0
>>106
これほんまレジェンド今どこにいるんやろか
225: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:06:07.37 ID:spkp6EKM0
>>174
東日本大震災で死んだで
266: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:08:10.63 ID:BFIWQu1d0
>>225
マ?
207: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:04:53.80 ID:VnSOibDl0
>>106
コイツ熊本にも来たんか
804: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 01:33:17.73 ID:Zzgfh/1w0
>>106
この人ほんまどこおるんやろ
14: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:24.22 ID:bWW0Cf2k0
これガチでヤバいやつ
千葉県東方沖ってM8ぐらいの地震が起きるところやんけ
16: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:34.98 ID:SMZoOevh0
2週間前くらいにテレビでやってた福島?の地面のズレって結局なんやったんや
2時間で10cmくらいズレたやつ
22: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:59.97 ID:nLjxd0VN0
>>16
ワイやで
52: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:54:49.68 ID:g+Rl2KUa0
>>16
あれって地殻変動やなくて表面の土がゆっくり動いとるだけやろ
18: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:36.79 ID:inM2zzgU0
今すんごい細かい揺れ続いとるんやけど
20: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:48.27 ID:DB0KR0XR0
1cmってやばいんか?
21: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:52:55.44 ID:VPD7Ohkm0
本当にやばかったら政治家とかが逃げ出してるやろ
32: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:29.69 ID:0dTrE0wJ0
>>21
こち亀理論すこ
24: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:05.23 ID:NGPib7ba0
これはまじであかんやつや
25: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:06.04 ID:U3j4nxQva
なお南海トラフ
26: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:12.66 ID:FOGYSPJf0
【悲報】誕生日を来週に控えたワイ、これから先一生お祝いムードにならない事を悟る
27: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:14.17 ID:lbjmPAES0
電車乗ってる時は勘弁してくれ
28: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:53:14.28 ID:vcMkiTtn0
東日本大震災の時と同じで絶対に予想もしてない場所で大地震やぞ
42: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:54:15.32 ID:AzI5fpLe0
埼玉はセーフやろ
何もないから地震もないで
46: @マジ卍速報 2018/06/12(火) 00:54:30.70 ID:XjXqBI7T0
だからなんやねんって話
予知なんてできないんだから起きたときの対策に金かけろよダボ

@マジ卍速報
http://majimanjisokuhou.com/article/459941827.html
posted by datasea at 11:32| Comment(0) | ∞ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

ジョン・ホーグ

2018.05.01(第51回)
ロシアとシリアの未来
 早くも5月になりました。
季節は初夏になり気持ちのよい風が吹いていますが、シリア情勢を中心に世界情勢はさらに危険な方向に進みつつあるようです。
今回はこの状況を見ながら、久しぶりにこれからどのようなことが起こるのか、いくつか予言を参照してみることにしましょう。
●実施された空爆
すでに半月も前になりましたが、アメリカ軍は4月13日、イギリス、フランス両軍とともにシリアを攻撃しました。
シリアをめぐっては4月7日、アサド政権軍が反体制派が潜伏するダマスカス近郊の東グータ地区にある町、デューマを空爆した際、
民間人ら約50人が呼吸困難などの症状で死亡したとされ、アサド政権軍が化学兵器を使った疑いが持たれています。
トランプ大統領は政権側が化学兵器を使ったと断定し、軍に攻撃命令を下しました。
トランプはツィッターでシリアへの攻撃を示唆するとともに、アサド政権を支援しているロシアを牽制しました。
●化学兵器は本当に使われたのか?
このように、今回のシリア空爆の理由になったのは、ロシアに支援されたアサド政権が行ったとされる化学兵器の使用です。
塩素が使われたとされています。
しかし、化学兵器の使用が疑われているダマスカス近郊、東グータ地区にある町、デューマをロシア軍が調査したところ、
化学兵器が使われた証拠が見つかりませんでした。
さらに、ロシアのニュースメディア、「スプートニク」は、化学兵器攻撃がなかったとする証拠を掲載しました。
欧米の主要メディアでは、化学兵器の攻撃を受け治療されている市民を撮影したビデオが放映されていますが、
このビデオに登場する医者と医学生にインタビューしました。要約すると次のような証言を得ました。
・4月7日、近隣の3階建の建物が崩壊した。3階と地下にいた住民が病院に運び込まれた。
・地下から救出された住民は爆煙のなかで呼吸困難な状況だった。
その治療を実施していた。またなかには喘息の患者もいたので、治療を受けていた。
・そのとき、撮影機材を持った集団が治療室に入ってきた。
見たこともない集団だ。
彼らは「化学兵器の攻撃だ」と怒鳴って、その場にいた患者に水をかけ始めた。
人々はあっけにとられて見ていた。
・彼らは撮影が終わるとすぐに出て行った。
この日、化学兵器の攻撃があったという事実はまったくないし、その治療を受けた患者もいない。
このような内容でした。
さらに、4月13日のアメリカ、イギリス、フランスの空爆の終了後、欧米のジャーナリストも実際に化学兵器による攻撃が行われたのかどうか確認するため、
東グータのデューマに入り始めました。
そうしたジャーナリストからの取材報告が出てきています。
最初は、英「インデペンデンス紙」の著名な記者、ロバート・フィスクの報道です。
中東の調査報道ではもっとも著名なジャーナリストです。
これまでも数々のスクープをものにしています。
4月16日、フィスクはデューマに入り、化学兵器攻撃の犠牲者の治療を行った病院で取材をしました。
すると、「スプートニク」のビデオでも証言した医者と医学生から同じ証言を得ることができました。
フィスクも化学兵器の攻撃があったとする証拠は皆無であるとしたのです。
次に、アメリカのCNNやFOXニュースに次ぐ大手ケーブルテレビの
「ワン・アメリカン・ネットワーク(OAN)」
の取材報告です。
4月17日、フィスクに続き「OAN」もデューマに取材チームを送り、原地の状況を報道しました。
それは、以下のような内容でした。
・デューマに入り、当局による証言内容の操作が疑われないように、街に出て無作為に40名ほどの市民や兵士にインタビューした。
するとどの人も化学兵器の攻撃などはまったくなかったと証言した。
・市民によると、これはシリア政府軍との戦闘に負けている反政府勢力の「イスラム軍」が行った自作自演のプロパガンダではないのかということだ。
国際世論を味方につけ、状況を挽回しようとしたではないかという。
・また、化学兵器攻撃の犠牲者を治療したとされる病院にも行ってみたが、そのような攻撃はなかったと皆証言した。
彼らは、その日は呼吸困難になっている患者の治療を行っていたといっている。
この日はひとりの死者も出ていないということだった。
・最後に、アサド大統領についてどう思うか聞いて見たところ、ほぼ全員がアサドこそ救世主なので、心から愛しているという返答だった。
反政府勢力の「イスラム軍」の支配はまさに地獄のようだったという。
このような証言でした。
これらの証言を見ると、先の「スプートニク」が報道した証言内容とぴったりと一致しています。
やはりアメリカやイギリスが主張するような化学兵器の攻撃はなかったと結論づけてよいでしょう。
これはアメリカに支援された反政府勢力のプロパガンダに過ぎない可能性が極めて高いのです。
●次の攻撃はイスラエルが主導
では、なぜアメリカを中心とした欧米諸国は、化学兵器の攻撃をでっち上げるのでしょうか? 
その答えは明白です。
シリアのアサド政権を打倒し、親欧米派の政権に置き換えることです。
しかし、ロシアとイランに支援されたアサド政権が崩壊する予兆はまったくありません。
むしろ、シリア政府軍はシリアの大部分の地域を平定し、シリア全土を支配下にしつつあります。
そのような状況ですから、欧米による攻撃はこれから何度も起こるとみてよいでしょう。
シリア国内にはアメリカ軍とロシア軍の両方が展開しています。
下手をすると、アメリカ軍とロシア軍の戦闘機が交戦するという最悪な事態にさえなる可能性もあります。
これからいったいどうなるでしょうか?
●クレイグ・ハミルトン・パーカーとジョン・ホーグ
そのようなとき、驚異的な的中率のサイキック、クレイグ・ハミルトン・パーカーと、
アメリカの占星術師で非常に鋭い社会分析家でもあるジョン・ホーグが、シリアの未来を中心に、実に興味深い予言をしています。
クレイグ・ハミルトン・パーカー
周知かもしれませんが、クレイグ・ハミルトン・パーカーはイギリスの著名なサイキックです。
前年の9月に翌年の大きな出来事の予言を行い、ユーチューブなどで公表しています。
イギリスのEU離脱やトランプの大統領選勝利など数々の出来事を見事に予言し、その的中率は年によっては70%を越えるのではないかとも言われている人物です。
パーカーは一般企業の宣伝部長だった異色の経歴を持つサイキックです。
また、予言だけではなく人間が精神的に進化するためには善意で生きなければならないとし、慈善活動や啓蒙活動を熱心に行っています。
非常に親しみやすく気さくな人柄で、大変人気があります。
予言を公表するときも、前年の予言を自分ですべて検証し、的中しなかったものは正直に認めています。
そのようなパーカーですが、4月11日にロシアとシリアに関する予言を緊急にアップしました。
それは、ロシアのテレビチャンネルの取材を受けたので、その内容を公表したものです。
4月11日といえばシリア攻撃が行われる2日前です。次のように予言しています。
●シリアに関して
・残念ながらシリア攻撃は行われる。
ただし、ロシアと全面的に対決するような大きなものにはならない。
相当に限定された攻撃になるはずだ。
・最終的にシリアは3分割される。
それというのも、トランプがプーチンに取引を申し出るからだ。
まず、シリアの北部にはクルド人の自治国家ができる。
そして中央部はロシアとイランに支援されたアサド政権の支配地域となる。
また南部はアメリカおよびその同盟国が支配する地域となる。
・アサド政権は存続するものの、アサドは最終的には暗殺される可能性がかなり高い。
●ロシアについて
・興味深いことに、ロシアでは近い将来精神的な覚醒が起こる。
それは現在のロシアの国教であるロシア正教と関連した現象ではない。
キリスト教が入ってくる前のロシアの伝統的なスピリチュアリズムが息を吹き返すのだ。
この運動は世界的な影響力を持つ。
以上です。
●ジョン・ホーグの予言
次はジョン・ホーグです。
ホーグはアメリカを代表するノストラダムスの研究者で、占星術師でもあります。
しかし、社会の集合意識の変化を深層心理学から的確に読み取り、世界の変化を予測するという手法では群を抜いており、
非常に的確な情勢分析を行っている社会分析の専門家でもあります。
トランプが立候補し、まだ泡沫候補のひとりにすぎなかった2015年8月の時点で、ホーグはトランプの勝利を予想していました。
その数ヵ月後に出版した『トランプを大統領に』という本は、トランプの勝利のみならず、トランプ政権の性格まで予想し的中させています。
そうしたホーグですが、4月10日、聴視者が300万人もいるといわれるアメリカの深夜ラジオ番組、
「コースト・ツー・コーストAM」
に出演し、次のように予言しました。
●シリアとロシアに関して
・シリア攻撃は実施されるだろうが、大きな戦争にはならない。
しかし、いまの欧米は悪の枢軸と呼ばれてもおかしくないような勢力に支配されているため、ロシアとの核戦争は避けられない。
・ロシアとの核戦争が起こるとすれば、やはりその原因となるのは中東で、2021年の10月がもっとも危険な時期となる。
もしこのとき危機が回避されたとしても、次の核戦争の危機は2031年にやってくるはずだ。
●アンチキリストに関して
・ところでノストラダムスの予言では、アンチキリストが出現するとある。
アンチキリストは「MABUS」と標記されている。
これはアナグラムというノストラダムス独特のコードによって暗号化されているため、
これに当たる人物がだれであるのかノストラダムスの研究者の間でも議論が続いていた。
・私は「MABUS」はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(通称MBS)ではないかと考えている。
彼が世界の破壊者になるのだ。
以上です。
これが彼らが予言する未来です。どうなるでしょうか?

ヤスのちょっとスピリチュアルな世界情勢予測
http://funaiyukio.com/yasu/







予知情報:2014年
ジョン・ホーグのビジョン
一方、筆者はすべての可能性にオープンであるべきだと思うので、こうした陰謀論も単純に否定するべきではないと考えている。もちろん、頭から信じ込んでしまうのはもってのほかだが。ところで、有料メルマガで紹介した人物にジョン・ホーグがいる。ジョン・ホーグは、アメリカを代表するノストラダムスの研究者であり、また著名な占星術師でもある。アメリカの歴代の政権には、ときどきプロの占星術師がアドバイザーとしてかかわっていることがある。例えば1980年代のレーガン政権では、ファーストレディーのナンシー・レーガンのアドバイザーとして占星術師のジョーン・キグリーがいた。キグリーの自伝によると、自宅にはホワイトハウスの直通電話があり、むしろレーガン大統領からの相談が多かったという。実はオバマ政権では、ジョン・ホーグがなんらかのアドバイスを提供している可能性があるのだ。ネットラジオに出演したジョン・ホーグは、ホワイトハウスのスタッフから連絡があり、アドバイスしていることを認めている。だれから連絡があるのかは明かさなかったが。
前々回の有料メルマガでは、ジョン・ホーグが最新著書「2013年ー2014年予言」で明らかにした未来のビジョンを詳しく紹介した。ブログではその一部を紹介する。以下である。
「いま、アメリカも世界ももっとも重要な時期に入っている。
2013年5月から2014年12月の期間だ。
もしこの期間に、アメリカやその他の国々が、すでに限界にきている既存の政治経済的システムを軌道修正するなら、
2015年からは、現在よりもバランスのよい世界が出現し、楽観的な未来がやってくるはずだ。我々にとっては大きなチャンスである。
だが、この時期を逸し、既存のシステムの改革が行われないとなると、2015年からは、出来事が起こるペースが加速し、アメリカも世界も最悪な方向に向かう。そして、2020年代には、我々はその結果に苦しむことになるはずだ。」
ジョン・ホーグはこのように言い、これからアメリカは危機の時代を向かえるとしている。
「アメリカは28年に一度、国としてのアイデンティティーを問い直し、これを刷新する運命にある。
2013年から2014年にかけての時期に、このサイクルは再度巡ってきた。だが、今回は以前のサイクルとは大きく異なっている。
死と破壊を意味する土星が、アメリカの星座であるさそり座を通過するのだ。
28年の刷新のサイクルとこれが重なることは、アメリカの歴史ではかつてなかったことだ。
これは何を意味するのだろうか?
それは、もし2013年5月から2014年12月の期間に、アメリカ国民が、国家による徹底した情報管理と、金融資本の利害を優先した格差の固定化という流れに本格的に抵抗しないと、アメリカは民主主義を停止し、金融資本と軍産複合体が支配する独裁政権に移行してしまうという未来だ。おそらく、2014年から始まるアメリカのデフォルトと、それに伴うドルと米国債の大幅な下落がきっかけとなり、政府は物価の政府管理を導入する。これは独裁政権の成立を加速させることになるはずだ。今回の28年のサイクルで、アメリカは独裁政権になってしまうのだ。この未来の姿は、アイン・ランドの描いた「アトラス・シュラッグド」そのものである。」
以上である。さて、どうだろうか?「アメリカは民主主義を停止し、金融資本と軍産複合体が支配する独裁政権に移行する」というイメージは、先に紹介したリチウム散布のビデオの警告とシンクロしていることは実に興味深い。筆者は2004年ころからジョン・ホーグの著作を読んでいるが、実に緻密な政治経済的な情勢分析に基づいた非常に正確な予測を行っている。例えば、1968年から2012年まで、すべての大統領選挙で結果を的中させており、すでに1997年からヒラリー・クリントンが2008年の大統領選で最有力候補になることを予測し的中させている。またオバマが大統領になった2008年の選挙では、ジョン・ホーグは以下のように予測していた。
「オバマは間違いなく大統領になる運命を背負った人物だが、
彼は2008年の選挙で大統領になるべき人ではない。
彼はその後の2012年か2016年に大統領になるべきなのだ。
すると偉大な大統領になるだろう。
だが、2008年に早期に大統領になってしまった場合、暗殺の危機に遭遇するか、または周囲のパワーグループに阻まれ有効な政策が実行できなくなるだろう。
死に体になるのだ。」
いまから見ると、これは的中していると言って間違いない。
とするなら、アメリカが独裁政権になるというビジョンも実現するのだろうか?
また、先のリチウム散布ビデオや陰謀論系のサイトでは、FEMAによる一般市民を対象にした強権的な管理の計画が存在しており、それはアメリカの独裁政権化を目標にしたものだとしている。この見方が実際の現実の動きを反映しているなら、すでにその動きは始まっているのかもしれない。だとするのら、リチウム散布ビデオの警告も理解できなくはない。判断は読者に任せることにする。
アメリカ人の集合意識
だが、実際はどうであれ、アメリカがデフォルトし、それによるハイパーインフレが背景となり、アメリカが独裁政権化するという陰謀論的なシナリオは、間違いなくアメリカ人の集合意識の一部になっている。
前回のメルマガでも紹介したが、著名な歴史学者のイマニュエル・ウォーラスティンが、こうしたシナリオにもある程度の現実性があることをはっきりと認めている。今後どうなるのか注視して行きたい。
続く
2013-11-09

ヤスの備忘録2.0 歴史と予知、哲学のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-287.html






予知情報/ジョン・ホーグ
以下、ジョン・ホーグ さんというアメリカ人の予言が面白かったので載せます。
アメリカでノストラダムス予言本とか、最後の教皇(The Last Pope)という聖マラキの予言本、聖書預言本を出してる人です。
日本で言うと五島勉さんみたいな人でしょうか。
このおっさんが言うには2018年までに現在の経済システムは完全に終わって
分散化された世界がやってくるのだと言っています。
興味深かったので載せます。
1914年と2014年
では、いままさに集合無意識から現れようとしている我々の未来とは、どのような姿なのだろうか?
そのヒントになるのは、2014年こそ第一次世界大戦が勃発した1914年の100周年であるという事実だ。
第一次世界大戦は、それ以前のヨーロッパを中心とした世界秩序を完全に破壊した。
1914年以前は、経済のグローバリゼーションと科学技術の急速な発展という、まさに理性の合理的な力がもたらした繁栄を享受していた。
国際紛争は、大きな戦争にならないように、ヨーロッパ各国の王侯貴族が密接に結び合ったネットワークのなかで管理され、
安定した国際秩序の維持に成功していた。
それは、王侯貴族と特権階級である外交官が活躍する壮麗な世界であった。
事実、ヨーロッパで戦争は43年間も起こっていなかった。
これを180度変えたのものこそ、第一次世界大戦だった。
第一次世界大戦は、周到に計画されて起こった戦争ではまったくない。
理性の勝利によって、経済や政治を完全にコントロールしたと思い込んだ傲慢さの背後で、
抑圧された暗く動物的な集合無意識の力がなんの前触れもなく突然と解除されてしまったのだ。
集合無意識の力がもたらす破壊は壮絶なものだった。
オスマントルコ帝国やオーストリー・ハンガリー帝国、そしてロシア帝国は完全に消滅し、ドイツ帝国は崩壊した。
そして、それとともに、長い間ヨーロッパの国際秩序を管理していた王侯貴族の世界は、それを支えていた伝統的な階級社会とともに吹き飛んでしまった。
第一次世界大戦前と後の世界では、ほとんどなんの共通点もないほどに変化してしまった。
2014年のいま、100年前と同じことが起きようとしているのだ。
読者の方々は、自分の内面に、また社会の激しい動きのなかに、集合無意識が息を吹き返し、荒々しいエネルギーの発散をはじめたのを感じないだろうか?
2014年のいま、まさに100年前の過程が再現されようとしている。
おそらく、第一次世界大戦の終結100周年にあたる2018年には、かつてと同様、世界の様相は相当に異なっているはずだ。
2014年に始まる根本的な変化
では我々の集合無意識は、100年前と同じように、世界大戦へと我々を追い込んでいるのだろうか?
いや、そうではない。これから破壊されるのは、コントロールがつかないほど肥大化した金融システムと、
それに過度に依存した現代の経済システムである。
2014年から2018年にかけて、世界経済は1930年代の大恐慌を上回る不況に突入する。
これが引き起こされる原因は、民衆の怒りというかたちをとる、激しい集合無意識の炸裂だ。
過度なグローバリゼーションは、低賃金労働の導入で中間層を没落させ、地域の住宅街を中心とした共同体を消滅させた。
多くの人々の生活は先が見えないほど不安定になり、これまでの慣れ親しんだ安定した生活世界は消え去ってしまった。
グローバリゼーションはほんの一部の人々に莫大な富を残したものの、大部分の人々には極端な格差しか残さなかった。
この恨みが、集合無意識の荒れ狂う力を解除させ、世界各地で激しい抗議運動に火を付ける。
トルコ、ブラジルなどの新興国ではこうした抗議運動はすでに起っているが、新興国の経済の停滞が続くにしたがって一層激しいものとなろう。
またアメリカでは、これまでにない激しい抗議運動が全米各地で起こるはずだ。
・・・略・・・
アメリカの衰退の真の意味とみずがめ座の時代
こ れまでに解説したように、
アメリカの衰退はだれの目にも明らかになりつつある。
しかし、アメリカの衰退の後に待っている世界は、これまで考えられているよ うな、BRICs諸国などが地域覇権を分け合う多極化した世界秩序の出現という地政学的な変化だけではない。もちろん多極化は進展するだろうが、アメリカ の衰退ははるかに深い意味をもつ。
この意味を理解するためには、アメリカの衰退が起こっている時期に注目する必要がある。2008年にみずがめ座の時代に入ったことを考えると、衰退の過程はみずがめ座の時代の特徴を反映したものとなるはずだ。
で は、みずがめ座の時代の特徴とはなんだろうか?それは、巨大組織の衰退、個人の力の強化、ネットワークの拡大などの特徴だ。それに伴い、社会のあらゆる方 面で中央集権が解体して、分散化が加速度的に進む。アメリカの覇権の衰退と多極化は、あらゆる領域でダイナミックに進む分散化の過程が、地政学の分野で表 現されたものにしかすぎないのだ。
2018年にやってくる徹底して分散化した世界
したがって、世界の多極化が本質的な現象だと誤解してはならない。これから我々の目の前に現れてくるのは、徹底して分散しシステムなのだ。こうしたシステムは、2015年から2016年に起こる世界的な不況の過程で出現する。
先の解説ですでに紹介したように、2015年から始まる世界的な不況でドルと円は衰退し、中国の元が唯一の信頼できる基軸通貨となる。
し かし、元の基軸通貨の支配は長くは続かない。というよりも、2016年頃になると、基軸通貨という概念が意味をなくし始めるのだ。基軸通貨が必要であるの は、中央銀行が管理する不換紙幣によって維持されている経済システムのもとだけだ。不換紙幣を相互に交換するツールが基軸通貨なのである。
だ が2016年頃からは、ビットコインのような、ネットワークで使われるデジタル化した通貨が、あらゆるものとサービスの取引に使われるようになる。こので は中央銀行も一般の銀行も、中央集権化したあらゆる金融システムは必要なくなる。世界に分散化した個人が、ネットワークを通してデジタル通貨を支払い手段 として経済関係を結ぶのだ。またこれは、投資にも大きな影響を与える。いま次第に大きくなっているクラウドファンディングが投資の中心的な形態になるはずだ。もはや、巨大な投資銀行の役割はなくなる。
宗教と信仰
分散化というみずがめ座の時代の特徴は、宗教と信仰にも歴史的な転換を迫ることになる。中央集権化した教壇と、それを支えている信者の信仰心は、やはり急速に衰退する。権威を集中した一神教的な宗教に変わって、個々の人間に神的な力が宿っていることを自覚する方向にシフトする。これは、特定の権威が神聖なものを独占してい る中央集権的な宗教の時代から、神聖性が個々の人間に分散化した時代になる。そのような時代では、自分の内面に宿る力こそがもっとも神聖なものなので、信 仰という態度を保持する必要性もなくなる。
・・・略・・・

ヤスの備忘録2.0
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-297.html

hogueprophecy.com
www.hogueprophecy.com/

黄金の金玉を知らないか?
http://golden-tamatama.com/



posted by datasea at 16:07| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

ZetaTalk,2018年5月31日,Deep state(ディープ・ステート)情報

ZetaTalk Chat Q&A for May 31, 2018

ZetaTalk
http://zetatalk.com/ning/31ma2018.htm
http://www.zetatalk.com/ning/31ja2018.htm
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue588.htm
http://www.zetatalk.com/ning/05fe2011.htm
http://www.zetatalk.com/ning/30sp2017.htm
http://www.zetatalk.com/ning/05fe2011.htm

Earth Changes and the Pole Shift
http://poleshift.ning.com/forum/topics/zetatalk-chat-for-april-30-2018?id=3863141%3ATopic%3A1088119&page=3#comments
http://poleshift.ning.com/forum/topics/zetatalk-chat-for-may-31-2018

Red Sparrow
https://youtu.be/PmUL6wMpMWw











(要約)
ZetaTalk Chat
2018年5月31日
●Nancy:2018年5月2日に墜落したC-130について。
Zeta:1950年代の軍用貨物飛行機「C-130」はジョージア州の高速道路上に落下爆発。
墜落の数秒後,機体は爆発炎上,9人の乗組員全員が死亡した。
レポートには矛盾がある。
飛行機が墜落してから爆発するまでにタイムラグがある。
墜落してしばらくしてから爆発がおきている。
証拠を破壊するために,墜落の後にミサイル攻撃を行なった可能性?
軍に対するDeep state(ディープ・ステート)の攻撃?
他の人が飛行機を無効にすることを許可する
墜落した飛行機には遠隔制御装置がついていた可能性?
あるいは単にプラネットXのEMP作用が原因?
[別ソース]
https://www.facebook.com/graeme.gordon/videos/10155658547818693/
https://youtu.be/52-f2Wnh9WY
https://www.youtube.com/watch?v=rt-K0BDBeMo&authuser=0
https://www.cbsnews.com/news/savannah-plane-crash-video-shows-national-guard-
https://www.nbcnews.com/news/us-news/investigators-search-cause-deadly-wc-130-plane-crash-georgia-n870976
https://www.reuters.com/article/us-usa-military-crash/two-u-s-soldiers-killed-in-kentucky-helicopter-crash-army-idUSKBN1HE0PK
●Nancy:Deep Stateとの戦争は、コントロールのために米軍内部で争いがおきるところまで来ているの??
Zeta:ダンフォード海兵隊(Dunford’s Marines)は、昨年11月にCIAファイルを没収するためにラングレー(Langley)に上陸したグループ。
2015年10月,Dunford海兵隊(Dunford’s Marines)は,米連邦準備制度からユダヤ人銀行家の介入を排除した。
Mattis国防長官(Secretary of Defense Mattis)は海軍出身。
国防省スタッフのKellyも海軍出身。
●Nancy:パターンがある?
Zeta:Sorosが米国内で暴動や混乱を作り出し,米軍の睡眠分子(sleeper cells)をゆり起こしてTrump討伐に向かわせようとしている事は過去に述べた。
Deep State側は,これまで全敗が続いていて,もう負けられず,焦っている。
Anonymous,Ben Fulfordグループ,Dunford海兵隊,Assange率いるWikileaks,Puppet Master,我々ZetaTalkとNancy,
世界評議会(the Council of Worlds),the enigmatic Q(謎のQ)で構成する「トランスフォーメーションチーム(世直し衆,a Transformation Team)」。
「トランスフォーメーションチーム(a Transformation Team)」は企業メディアが作る嘘に溢れた世界と戦う。
人類がニビルの真実を知る力を与える。
欧米銀行とユダヤ銀行が人類を奴隷にするツールとして使い続ける「債務奴隷(debt slavery)システム」から解放するために戦う。
カザリアマフィア(the Kazarian Mafia),ユダヤ人銀行帝国,Netanyahu,Sorosの資金援助を受け活動したBush,Clinton両大統領など,新世界秩序の群衆(the New World Order crowd),カバール。
こういった集団は,常々機会を作っては,第三次世界大戦を誘発しようと努めている。
特に力を入れているのは対ロシア戦争で,彼らが誘発した議論「2016年米大統領選へのロシアの干渉」は全くの嘘だ。
Herbert Bushが米国民に提供する薬は人口削減のためのもの。飲めば飲むほど人口は減ってゆく。。
報道される米国の「学校での銃撃戦」。その多くは米国民がもはや武装しないよう第二修正条項を変更させるための施策だ。
中東の戦争は目覚ましい。
911は内部工作だった。そして結果,世界中のすべての石油を支配することに成功した。
人類のコントロールは自己奉仕(self-serving)する人々の深い願い。
そう。私たちは彼ら,自己に奉仕する政治家・資本家たちを「自己奉仕者(the Service-to-Self)」と呼ぶ。
ハワイを核攻撃し,デンバー付近の寝台砲台を介して米国の原子力潜水艦を召喚する策がある。
その目的はDunfordのJuntaを脅かす事だ。
これらは事例のほんの一部であり,メディアには載らない情報だ。
この戦争のほとんどは隠されている。
しかし,最近おきた数件のヘリコプター墜落事故に彼らが関与していたのは明白だった。
その後トリガーが配置され解体されたので,事故はおきなくなった。
C-130墜落事件については,責任者が発見され静かに終了したが,こういった事件は繰り返される危険がある。
戦争は終わってはいない。
●Nancy:イラン周辺の緊張は?
Zeta:以前,Ahmadinejad政権下のイランはBush政権の標的だった。
Zetaによれば,イランは今は臨時政権下にある。
ロシア・中国・EUはイランとの協定を支持している。
TrumpアメリカとNetanyahuイスラエルは反対しているが。
Netanyahu(犯罪者)がTrumpをサポートするのはなぜ?
このすべてが混乱の原因となります。
最近,Netanyahuは勝利パレードでPutinに会うためにロシアに行った。
理解不能な行動だ。
[別ソース]
2018年3月2日,イスラエル警察,ベンジャミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)の第三の腐敗事件について捜査
https://www.theguardian.com/world/2018/mar/02/police-question-benjamin-netanyahu-over-third-corruption-case
2017年11月8日
1870年,イルミナティグランドウィザードAlbert Pikeの世界大戦予言
「三つの世界大戦は、第三次世界大戦は,イルミナティの『agentur』による内部対立によって引き起こされなければならない
政治的シオニズム(political Zionism,=イスラエル)とイスラム世界(the Moslem Arabic World)との対立から引き起こされなければならない。
両世界がお互いに破壊するように戦争を進める必要があるが,
この対立から離れて傍観していた他の国々は,最終的に同盟して対立に加わり物理的,道徳的,霊的,経済的な限りを超えて戦わねばならない」。
https://www.disclose.tv/in-1870-illuminati-grand-wizard-albert-pike-predicted-how-the-three-world-wars-will-start-315765
2018年5月9日のイランの合意では,ロシアと中国は米国の経済制裁によるイランの脅威から救うことができる。
Trump大統領はイランとの核交渉を撤回するとみられるが,中国・ロシアはイランとの関係が強化されているため,米国との激しい対決が起こる可能性がある。
ロシアと中国は,イランとの数億ドル相当の商業取引を締結しており,イスラム共和国大統領との緊密な関係構築がすすむ。
[別ソース]
2018年2月14日,ロシアはシリアの石油とガスの引き継いだ。
1月下旬に締結されたエネルギー協力枠組み協定に基づき,ロシアはシリアで石油とガスの独占的な生産権を有する。
http://www.foxnews.com/opinion/2018/05/08/on-iran-deal-russia-and-china-could-save-iran-from-harm-caused-by-us-economic-sanctions html
物事はいつも表面通りというわけではない。
表面上,友人としての姿勢を忠実に守り,他者の福利を助長する特に「自己奉仕者(the Service-to-Self)」たち。
しかしその本心は真逆だ。。
「羊の皮をかぶったオオカミ」や「背中から刺す」などの一般的な表現があるように,こういった態度・生き方は昔から多くみられた生き方なのだ。
贈収賄などの選挙詐欺を取り締まるコントロールよりもロイヤルティは強い。
小児性愛に関わる人を取り締まるコントロールよりも小児性愛は強い。
に対する脅迫よりも、よりも、 99%の貧困層よりも1%の意図的な富裕化は強い 。
ボヘミアグローブ(Bohemian Grove)やスカルアンドボーンズ(Skull and Bones),スピリットクッキング(Spirit Cooking),カザリアマフィアの人肉消費の実践など,
自己奉仕(the Service-to-Self)はシークレットソサエティの基本的な在り方だ。
「他者奉仕者(Service-to-Other)」よりも「自己奉仕者(the Service-to-Self)」が多い今の人間社会は「自己奉仕者」のコントロールにより形成されたもの。
しかし世界は霊的な変容の真っ只中にある。
世界を統治しようとしている「自己奉仕者(the Service-to-Self)」達は,惑星ニビルの接近とそれが地球にもたらす影響を熟知している。
太古から残る啓示の書。しかしそれはあまりにも多くの未来を洞察していた。
そのため,彼らは聖書からエノックの書(the Book of Enoch)を取り除くことを決めた。
彼らは同じ理由でエジプトのコルブリン文書(the Egyptian Kolbrin)も破壊しようとした。
ニビル情報は隠蔽の方向ですすむ。
●Nancy:Deep Stateとの戦いはなぜ公開されないの?
Zeta:終わりの時を迎えるために、「自己奉仕者(the Service-to-Self)」達は一般人を弱める慣行を導入している。
貧困・麻薬中毒・絶望感はすべて「自己奉仕者」に利益をもたらす。
中東で最後の戦いが起こることは長い間予言されてきた。
実際,これは運命ではなく世界を支配する人の意図だ。
Kazarian Mafiaは,その利益のために両国に資金を調達して戦争を後援してきたことは長い間知られていた。
両国は資金を戦争に使い,その後の復興にまた資金を使う。
戦争によってもたらされる機会であり,さらには,荒廃・病気・戦争によって弱体化された人々に対する支配を生む。
その目的は利益のみではない。
第三次世界大戦は世界支配を望む人々の目標。
この目的のため,Bush・Clinton政権は過去数十年にわたって核技術を北朝鮮に提供し続けた。
イランとの合意により,イランがシリアで核計画を続けることを可能にするよう調整した。
イランとオバマ政権間で築かれた取り決めによって,核計画に資金が流れた。
Kazarian Mafiaはロシアと米国の両方が戦争に引き込まれることを望んだが,Putin・Trumpはあまりにも賢明すぎて仕向けられなかった。

vcvvx pc



posted by datasea at 22:42| Comment(0) | % Zeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする