2017年12月02日

[Bank of America 2018年経済分析] 2018年クラッシュ,その後に戦争が続く

Bank of America: Flash Crash in 2018 Then War to Follow
Financial Markets
‎2017‎年‎12‎月‎2‎日‎ ‎13‎:‎25‎:‎38
By Red Dragon leo (Reporter)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/financial-markets/2017/11/bank-of-america-flash-crash-in-2018-then-war-to-follow-2946046.html









(要約)
[Bank of America 2018年経済分析] 2018年クラッシュ,その後に戦争が続く
Red Dragon leo
2017年11月29日水曜日8時49分
(Before It's News)
Bank of Americaは、投資顧客に「フラッシュクラッシュ(flash crash)」を警告しているという。
警告は2018年前半の経済分析によるもので、過去(1987年,1994年,1998年)におきた「フラッシュクラッシュ」が2018年に再びおきるという予測によるもの。
現在の市場をつくった米中央銀行の政策が逆戻りできずに「フラッシュクラッシュ」の事態へと進展、結果戦争につながるという予測しているという。
1987年におきた世界株式市場の下落は「ブラックマンデー(Black Monday)」として知られる。
その損失額はニュージーランド(60%),米国(23%)と膨大なものとなった。
1994年には株式大暴落(the Great Bond Massacre)がおき,世界の株式証券市場の崩壊がおきた。
この株式大暴落は日本と米国からはじまり世界に波及,金融レートの急騰は1994年9月までつづいた。
1998年,ダウジョーンズ工業株平均(the Dow Jones Industrial Average)は一日で512ポイント下がる暴落がおきた。
暴落の原因はロシア,タイ,ポーランドの「新興市場」でおきた金融危機だった。
かなり悲観的な展望ではある。。
Bank of Americaリポート
「現在の市況は新年に入っても長く続く。
収益もまた,新年に入っても高い状況が続く。
政府による経済刺激政策は強まり,株価市場は株価,利益ともにピークになる。
つまり,2018年にリターンはピークになる」。
このリポートが伝えるところは,米国で「ハイテクバブル(tech bubble)/崩壊」がまさおきようとしているという事だ。
バブル崩壊は仮に2018年におきないとしても,いずれ2019年に入っておきる。
バブル崩壊は結果として内戦に結びつく危険性が非常に高い。そして内戦は世界戦争につながる危険性を帯びる。
そしてBank of Americaは,バブル崩壊対策として金貨購入を勧めている。
直近の問題として,バブル崩壊がいつおきるのか?
もしバブル崩壊が年内に起こったら?
トランプの税制法案(Trumps tax bill)が議会に承認されなかったら?
2017年11月29日現在,トランプの税制法案は上院で審議中。
もしも承認されなければ,バブル崩壊は目の前だ。

local pc







Gerald Celenteの2018年予測
Greg Hunter
‎2017‎年‎11‎月‎3‎日‎ ‎17‎:‎22‎:‎18
Gerald Celente: 2018 Predictions –Trump, Clintons, Economy, Gold, World – Greg Hunter Video
Greg Hunter’s USAWatchdog.com
https://usawatchdog.com/2018-predictions-trump-clintons-economy-gold-world-gerald-celente/
Before It's News
http://beforeitsnews.com/space/2017/10/monster-planet-discovery-challenges-formation-theory-2510097.html
トレンド研究家Gerald Celenteが2018年予測を語った。
2018年は強いトレンド傾向(trends shaping)が見られると言う。
まずTrump大統領の予測。
Gerald Celente
「ロシアはハッキングをはじめあらゆる手をつくしてDNC情報をはじめとするデータを入手した。
これはTrump大統領と関係がないが、人々の関心を主要な問題から反らす作用をした 。
結果、米国の軍産共同体はさらに巨大化。ロシアへの警戒は高まった。
ロシアのGDPは米国のGDPの約7%、
米国の軍事予算は540億ドル増えた。 一方、ロシアの軍事予算は全体で480億ドルだ。
米国市民はロシア人を憎んでいる。仕掛けは完璧だ。。
Trump大統領が告発される様子もない。。」
「Clintonファミリーについては、ウラニウムの取引で、クリントン財団はロシアから数億ドルの利益を得る模様だ。Trump政権には影響はない模様だ。」
Gerald Celente
「経済について。
Trump氏が大統領戦(the Trump rally)に入って約1年。
Trump氏が大統領に選ばれるまでネガティブであった米国株式市場だったが、Trump氏が大統領になった1週後に米国株式市場は180°転換して上昇モードになった。
Trump氏は企業家のプロ。市場には優位に作用したようだ。」
2018年の予測について。
Celente
「米国経済は減速するだろう。
利率が上がっている。12月にはさらに25 basis point上がる。これは(米国政府の)賭けだろうが、2018年第2四半期までに米国経済は減速を始めるとみている。
なぜなら、現在の米国の景気を上げている唯一の要素は安いお金だからだ...
魚は頭から腐る。市場もまた'頭'から腐りはじめるだろう。'頭'は非常にリッチだ。米国では10%の富裕層が全体の96%の株を持っている。
従って、腐敗はこの10%の富裕層の株からはじまると見ている。」
Celenteは、2018年に中国が大きいヘッドラインを作るとも予測する。
Celente
「中国は石油を米国(オイルダラー,petro-dollars)から買わない。ロシアの石油を業者から元(yuan)で買う。
金は元(yuan)に換金できる。 イランやサウジアラビアでも金は元(yuan)に換金できる。
これは中国がイランやサウジアラビアに貢献しようとしているという意図でもある。
もっとも、中国が換金したドルの札束をカートに入れてWalmartで買い物しても良いが(米国に貢献しても良いが)。。
すべての石油がドルで取引される、この機構によってドルは世界準備通貨としての地位を確保していた。
もし他の通貨で石油を買えるようになれば、ドルは準備通貨としての地位を失う。
そうなれば、FRBが望むお金(ドル札)を刷っても、意味がなくなる。米国でインフレが急騰している。だから、金やBitcoinが急騰する。
事態は起こり始めている。」

ferdrwe pc



posted by datasea at 15:52| Comment(4) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする