2018年01月08日

政治情報:Q-Anon

By Indian in the machine
Q Drops Several Deep State Bombshells! US Paying Trillions and Billions for Paris Accord, Red Cross, Foreign Aid and War… US Taxpayers Funding People Engaged in Taking Down America… Slush Funds Everywhere! Past Presidents Have Corrupt Institutions and Foundations
Sunday, January 7, 2018 9:34

Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/q-drops-several-deepstate-bombshells-us-paying-trillions-and-billions-for-paris-accord-red-cross-foreign-aid-and-war-us-taxpayers-funding-people-engaged-in-taking-down-america-slush-funds-ev-3586470.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/trumps-hurricane-on-swamp-storm-updates-3586487.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/explosive-report-by-greg-hunter-trump-deep-state-war-confirmed-3586096.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/gitmo-arrests-q-anon-uk-ex-police-chief-blames-freemasons-costa-rica-plane-crash-israel-suffers-3585555.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2018/01/delta-force-seized-obama-get-away-vacation-mansion-in-thailand-under-solyndra-name-videos-3351826.html
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html

GOP
www.gop.gov/solution_content/plannedparenthood/

Q-Anon
https://qcodefag.github.io/








(要約)
Q-Anon,記事更新!
パリ合意,赤十字,ODA,米国の戦争の貿易収支..資金を調達する米国納税者...
米国を荒廃させる資金!腐敗した機関と財団を所有する前大統領
2018年1月7日日曜日9:34
Indian in the machine
Q-Anonがパリ合意,赤十字,ODA,米国の戦争の貿易収支などに関する記事を更新した。
パリ合意,赤十字,ODA,戦争のために数千億ドルを払っている米国...
米国奪取に献身する納税者...
腐敗した機関と財産を所有する前大統領...
12月20日,Donald Trumpは「国家の緊急事態」を宣言し大統領令を発令,
人身売買,宗教の奴隷活動,議員や上院議員などのインサイダー問題に布石を打った。
性的奴隷の子供を救い,地下牢にケージに閉じ込められた人(胎児)を救うTrump!!!
親の家の調査www.gop。gov / solution_content / plansparenthood /
Jan 7 2018、01:41:41Q!UW.yye1fxoID:345235 13696
>> 13655グラフィックとしてマークする。Q
491
Jan 7 2018、01:39:46Q!UW.yye1fxoID:345235 13668
7階はもうない。Q
490
Jan 7 2018、01:33:45Q!UW.yye1fxoID:345235 13615
>> 13534 PPに関する議会調査を再検討する。
学ぶ準備をしてください。
次の質問 - 彼らはどのように動くことが許されていますか?この人達は病気!Q
489
Jan 7 2018、01:28:14Q!UW.yye1fxoID:05b846 13549
勝利だ。我々は今後二度と負けない。Q
488
Jan 7 2018、01:26:30Q!UW.yye1fxoID:05b846 13528
上院議員はどうやって数百万ドルものお金を作るのか?
MWはどうやって40億ドルの家を買ったのか?
過去/現在の政治家たちはどれだけの財団や機関を持っているのか?
腐敗。崩壊。追跡者!!! 正義。刑務所。死。Q
487
Jan 7 2018、01:15:01Q!UW.yye1fxoID:05b846 13412
永遠に偉大なるこの国を守るために命を捧げる勇敢な男女を神は祝福する。
神は世界のすべての殉死者を祝福する。
FREEDOM RING。Q
486
Jan 7 2018、01:10:11Q!UW.yye1fxoID:05b846 13359
赤十字=詐欺(数十億ドル),ODA/対外援助=詐欺(数兆ドル),戦争WAR =詐欺(数兆ドル),.........
これをすべて払っているのは米国の納税者。
......お金が実際にどこに行っているのかを誰が監査するのか?
実際にお金を受け取っているのは誰か?
奪う者達に資金を提供する米国の納税者。
GSは自分のポケットからアンティファを支払うと思うか?
穴は深い。まだ気分が悪い?Q
Q https://qcodefag.github.io/
TrumpのDeepstate開始。
Obamaはハイブリッドダブルエージェント多国籍クローン人間..
イイ男は生き延びるために悪い事をせざるをえない...
Deepstateに協力する可能性 48
[Alternative]2018年1月7日日曜日09:06
アメリカ革命は極秘進行中!
Qの最新の話題...
彼らは私たちを征服する...
妨害による中断の可能性,タイムリミットは厳しい 211
[Alternative]2018年1月6日土曜日22:47
Qのビッグニュース!
QはObamaに内密に実行長官の職を提案,
仕事は内部告発してアメリカを破壊する事! 8540
[Alternative]2018年1月5日金曜日21:21
ヒント最新のピザゲートドラマ、リズとあなたは誰を知っている! 564
[Alternative]2018年1月4日木曜日14:58
Hillaryクローンのアラート!
Hillaryが逮捕されるだろうと安心しないでほしい。
単に彼女のクローンに過ぎない...
プレアデスの司令官によれば,地球ではクローニングは30年以上にわたり大規模に続いてきたという。
誰が本物で誰がクローンか,どう探せばいいのか? 3999
[Alternative]2018年1月4日木曜日10:16
Trump’s Bigger Buttonのコメント
予定されている第三次世界大戦について。
北朝鮮をコントロールして大戦につなげるシナリオ。 251

gfgfdf pc













pp2120180105334.jpg


ドブを掻き回すTrumpの嵐!更新!
2018年1月7日日曜日17:06
By Glenn Canady
Trump’s Hurricane on Swamp! Storm Updates!
Sunday, January 7, 2018 17:06
Swamp Drain- Mega Update from Truth Warriors on Vimeo.
Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/trumps-hurricane-on-swamp-storm-updates-3586487.html
Truth Warriorsメガアップデート
Qソースが更新,情報が追加された。素晴らしい仕事だ。
我々米国民は,選挙ドロボウのHillaryではなくDonald J. Trumpを選んだ。
この時に神は我々米国民の祈りを聞き給うたのだ。
そしてDonald J. Trumpは約束どおりにドブ掃除・沼の水抜きを始めた。
Tom Heneghanのレポートでは,Bushファミリーがグアンタナモ刑務所に送られたかどうかは確証はないという事だが,
Bushの最後に消息が確認されたのはメイン州・ケネバンクポート(Kennebunkport Maine)の自宅だという事。
もうグアンタナモ刑務所に収容されたという説もある。
アメリカが再び自由になるため,Obama・Busheファミリー・Clintonファミリーらは犯罪者として公開されなければならない!
Tom Heneghanによれば,Hillaryは軍事用ブーツを履かされており,国家安全保障の脅威として分類されていることは間違いないという。
Hillaryは完全な監視下におかれている。
昨年Stew WebbがOtis Johnsonから聞いた情報によれば,正義の輪(the wheels of justice)がBush・Clintonファミリーを粉砕しようとしているという事だった。
Otis Johnsonは昨年,衛星兵器の攻撃で心臓発作で死亡した!
またOtisによれば,FBIのRobert Muellerも刑務所に収容されるという!
現在,ホワイト・ハットは鷹のようにRobert Muellerを監視している!
Muellerも刑務所で長い懲役をうけるだろう!
Trumpは正しいことをするチャンスを与えられている。
これからの数ヶ月間で彼が何をするかを見守っていこう。
彼は確かに箱に入っており、議会は彼らから控えられた書類を求めて叫んでいる!
彼らは遊ぶカードがもうなくなり、遅れはもう働きません!
議会の要請があった事に,FBIやDOJは文書を引渡しを断るのは許されない。
カードで出来た家が崩壊しようとしている!
アメリカ人であることを光栄に思う。
数ヶ月先の素晴らしい未来を願う!
忘れないで、毎日祈って。
自分たちの利益のために戦争で数百万を殺し,アメリカを売って何兆ドルも稼いだ連中を破壊し,
Trumpのドブ掃除・沼の水抜きが成功する事を祈って!

gfhgdf pc






posted by datasea at 13:53| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

不穏なヒラリーの周辺,緊張は高まる



pp6520180105376.jpg


CONSPIRACY THEORIES
2018/1/6 20:55:16
By common sense
Clinton’s Trail of Bodies Grows, but Her Noose Is Tightening
Friday, January 5, 2018 9:36

Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/explosive-report-by-greg-hunter-trump-deep-state-war-confirmed-3586096.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/gitmo-arrests-q-anon-uk-ex-police-chief-blames-freemasons-costa-rica-plane-crash-israel-suffers-3585555.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2018/01/delta-force-seized-obama-get-away-vacation-mansion-in-thailand-under-solyndra-name-videos-3351826.html
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html











(要約)
不穏なヒラリーの周辺,緊張は高まる
common sense
2018年1月5日金曜日9:36
■ヒラリー関係者の不可解な死
Bruce SteinbergとJohn Cruzは、James ComeyとHillary Clintonの犯罪に関係する情報を知っていた。
今日Johnはまだ生きていて,メディアでClinton/Comeyの犯罪を語る。
しかし,Bruce Steinbergはコスタリカで死亡。その死体は燃死体で識別不可。
John Cruzとその家族は生きているが,Bruce Steinbergとその家族は皆死んだという重要かつ明確な理由が1つある。
それについては記事後半で説明する。
Bruce Steinbergとその家族は,コスタリカでおきた旅客機墜落事故で死亡した(乗客10人全員死亡)。
Bruce SteinbergはBridgewater社の役員でもあり,James Comeyもこの会社に3年間勤務したという。
Bridgewater社はRay Dalioが資本金1500億ドルで設立したヘッジファンド。
New Yorker誌が2016年6月の記事で「世界で最も裕福で奇妙なヘッジファンド」と書いた事で知られる。
Ray DalioはClintonの重要な支持者で,Donald Trumpとは対立していた。
選挙当時,Clinton陣営は,陣営がComey,Bridgewater社とグルで不正をしているという噂に悩まされていた。
そしてBruce Steinbergはその家族とともに死亡。
今,Bridgewater社とClintonとのつながりはない。
Whitewater,McDougalなど,Clintonに関わって不穏な末期にいたった企業を連想してしまう。
Zero Hedge社も旅客機墜落事故に遭っている
また,コンパスグループ(the Compass Group)の最高経営責任者(CFO)Richard Cousinsとその家族4人も旅客機墜落事故で死亡。
Steinbergの家族と同じ死にかただ。
Clintonの周辺では,さらに別の墜落事故も報告されている。
Cousinsの所有する水上飛行機がオーストラリア・シドニーのホークスベリー川(the Hawkesbury River)に墜落した。
Cousinsの会社コンパスグループ(the Compass Group)は,リトルロックにクリントン図書館(the Clinton Presidential Library)を建てた。
CousinsはClintonにとってどのような脅威になったのか?
大統領図書館の蔵書の選択は大変な作業。
まず,蔵書としてふさわしくない文書や資料をフィルタリングする必要がある。
この仕事はClintonの身辺をしらなければできない仕事で,Cousinsが,Clintonの犯罪行為について潜在的に害を及ぼす情報を所持していたことになる。
もちろん,Cousinsは会社のために非開示契約に署名しなければならなかったろうが,
しかし,このような合意があったにせよ,連邦政府から犯罪に関する召喚令状があった場合は,非開示契約は破らざるをえない。
もし私が犯罪捜査官なら,Clinton犯罪カルテルへ捜査の出発点はここにするだろう。
Steingbergの事故とCousinsの事故は,偶然,別々におきた事故なのだろうか?
さらに別の事故がある。
Neon Nettle:
Clinton財団のハイチでの資金不正流用に関与した米国の著名な外科医Dean Lorich博士が,胴を刺され死亡していたことが判明した。
11日午後1時ごろ,ニューヨークの自宅マンションのバスルームで博士が胸にナイフが刺さった状態で倒れているのを11歳の娘が発見。
Hillary Clintonの電子メールの受信箱にはLorich博士のメールが確認されている。
Lorich博士は,2010年におきたハイチ地震で救助ボランティアとして参加。
震災から24時間以内に,13人の外科医・麻酔科医・手術看護師のチームを作って,整形外科の手術室設備とともにポルトープランスに飛んだ。
BillとHillary Clintonの "慈善団体"Clinton基金は,ハイチ復興を支援するため,世界中から数百万ドルの募金を集め救援活動を率いた。
しかし残念ながら,資金のほとんどはハイチの人々には届かなかったようで,
代わりに、ハイチの再開発を考えていたClintonの同僚のポケットに入ったようだ。
博士とそのチームは,適切な医療処置がなければ多くの人々が手足を切断せざるをえない状況で救助活動に専念していた...。
Clintonカルテルに関する犯罪情報を流した別の男も死んでおり,こちらは事故として偽装することさえできない。
■捜査再開
Trump大統領はHillary Clintonの身辺調査を熱心に進めている。
大統領はClintonの自宅でおきた不審火に疑惑を持って反応した。
以下大統領のTwitterのつぶやき:
「Hillary Clintonの上席補佐官Huma Abedinは,基本的なセキュリティプロトコルを無視したと非難される。
彼女は外国人エージェントに極秘のパスワードを教えた。
潜水艦の船員の写真を覚えていますか?
刑務所行きだ!
ディープ・ステート調査部(Deep State Justice Dept)に調査を依頼する」。
大統領令で,DOJのHillaryの電子メール調査再開が決定した旨のツイートがあったので,このツイートを公開した。
Hillaryは米国議会からの召喚状を受け取った後,自身の33,000件の電子メール履歴を削除し酸洗浄したという事実がある。
しかし,これに対して司法省がどう動いたのか。米国民は頭をひねらざるをえなかった。
そして,Clintonの自宅でおきた不審火事件。
電子メール調査再開を告げる前述の大統領のツイートの数日後の不審火事件だった。
Chappaqua消防署関係者によれば,不審火事件は,ホワイトハウスの内部者がHillaryに大統領の犯行訴追の警告をした直後におきた。
火災時,消防チームが到着する前に「Secret Service agents」のサインが出ていた。「コード10-41」は「疑わしい火災」の消防士コード。
事件当時,書類の紙が部屋のいたるところに散在し,そこから火災がおきた事は容易に推測できたという。
Clintonの証拠が壊れてしまったという懸念を確認した。
ComeyとClintonのファミリーカルテルに対するJohn Cruzの主張を再検討することは,現時点では慎重だ。
この犯罪の規模を把握しているからだ。
元シニアHSBC副社長John Cruz氏は,信用を捨てて政府と銀行の犯罪を解明する。
Cruzは家族を持つ普通の人間。
大学に通って企業のはしごを昇っていった。
Cruzは銀行顧客との仕事に秀でていた。
CruzはHSBC銀行副会長に昇格。
仕事は順調だった。
銀行がカルテルとテロリストのために資金を提供しており,金の一部がHillary ClintonやClinton財団,WHOのようなエリートの手に渡ってしまったことを発見するまでは。。
Cruz氏は、大量の麻薬カルテルとテロ資金 がHSBCを通じ洗浄されていることを発見した。
Cruz氏は調査し,複数のマネーロンダリング業務の証拠を発見した。
氏は上司に会って現場での調査を行い,ボイラールームの運営や偽の事業所などの証拠を見つけた後,それを報告した。
上司は仕事に戻り,自分が見つけた事を忘れるよう言った。
HSBC証券の責任者は「これは私たちがお金を稼ぐ方法であり,見た事を忘れろ」と語った。
しかしCruz氏は銀行の違法行為を告発,HSBC銀行を解雇され,家族は脅迫された。
Cruz氏は不法なマネーロンダリングを国土安全保障に報告したが役に立たなかった。
本来Cruzはアメリカのヒーローとなるべきだったが,そうはならず,代わりに罰された。
新しい仕事は見つからず,人生の絶え間ない恐怖の中で生きた。
そして,麻薬取引の資金洗浄のために世界中から盗んだ偽の身元勘定を,何百万人ものアメリカ市民が発見したことを知る。
もしも彼が作って保持しているテープがなければ,今頃彼はとっくに死んでいただろう。
Cruz氏のテープは,彼がいまだ生きている唯一の理由であり,
一方,SteinbergとCousinsは家族ごと衝突事故できえた。
私は何回かCruz氏にインタビューした事がある。
当時副社長であったCruz氏のインタビューによって,私はHSBC銀行が関与した腐敗の内情を知り,最初にレポートした。
3回目のインタビューでは ,初めての目撃証言が得られた。
Cruz氏によると,Clinton財団はHSBC銀行経由で知り合ったテロ組織から利益を得た。
元FBIディレクターJames ComeyはHSBCの理事会に在籍していた時,HSBCからクリントン財団に資金を移したという。
HSBC銀行が政府のためにマネーロンダリングを行なった成果:
Hillary Clinton - 大統領選敗戦
James Comey - FBI幹部解任
Loretta Lynch-元司法長官
Eric Holder- - 元弁護士
■まとめ
ComeyとClintonのそれぞれの役割にしぼってこれまでのの議論をまとめる。
HSBC銀行の犯罪行為の隠蔽期,HSBC取締役会にいたFBI取締役Comey氏について,
ComeyはHSBC銀行内部に潜入して犯罪調査にあたる政府関係者ではなく,犯罪の関係者であった。
Cruz氏によると,ComeyがHSBC銀行の取締役会にいて「お金を動かす」権限を持っていた。
そして「お金を動かす」先の一部がClinton財団であった,Clinton財団に資金を移すことを意味していた。
財団は大統領選挙キャンペーンに参加した。
ここで何本の重罪があったか?
ComeyがClintonに送った電子メール履歴は残っている。
ComeyはClintonの隣の独房だろうか。
Cruz氏によると,Clintonの電子メール履歴には,間違いなくHSBC銀行とClinton基金とのやりとりが残っていたという。
そしてHSBC銀行とClinton基金の中心にあったHillary Clintonのそばにいたのは?
James Comey以外にいない。
震えるでしょう... ..
Cruz氏はTHE COMMON SENSE SHOW(7/31/16)に出演,
当時司法長官であったLoretta LynchはHSBC銀行の資金移送について「十分に知っていた」と述べた。
それをどのように知ったのか?
彼は当時,裏書に携わった銀行の上院公務員の発言などを秘密に録音をしていたという。
当時司法長官であったLoretta Lynchはイスラム圏のテロリスト団体に資金を援助する役目を負っていたという。
さらにショッキングな事には,援助の用途は銃の購入費・児童性愛の活動費・薬物の購入費であったという。
また当時FBI理事であったJames ComeyはOBAMA政権の中枢でもあった。
■結論
Clinton財団は全面的な犯罪組織。
スーツとネクタイを身に着け,約束を言うかもしれない。
しかし間違いなくアメリカ国民はDeep Stateマフィアの下で生きている。
希望はTrumpだけだ。
上述のクルーズテープ(the Cruz tapes)の多くはCruzのウェブサイトで入手可 。
私たちに残された問題は,今後,アメリカ人がこの犯罪行為とれくらいの距離を置けるかということ。
Trump大統領はこれらの犯罪者を十字架にかけようとしている。
John Cruzが指摘しているように,児童売買(Pizzagate/Pedogate,the child-sex-trafficking)など,即時に起訴の対象となるものを含め,これらは氷山の一角に過ぎない。
Donald Trumpがこの刑事カルテルに起訴する日は近い。
アメリカよ,いつ目覚めるのか?

efhgdfgfdgfddgf pc



posted by datasea at 01:37| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

Linda Newkirk交信録:Trump大統領とディープ・ステートの闘い,黙示録,ニビル


Explosive Report by Greg Hunter, Trump Deep State War Confirmed!
Friday, January 5, 2018 8:21
2018/1/6 6:33:33
By Mark Brander

Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/explosive-report-by-greg-hunter-trump-deep-state-war-confirmed-3586096.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/gitmo-arrests-q-anon-uk-ex-police-chief-blames-freemasons-costa-rica-plane-crash-israel-suffers-3585555.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2018/01/delta-force-seized-obama-get-away-vacation-mansion-in-thailand-under-solyndra-name-videos-3351826.html
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html









(要約)
Greg Hunterレポート「Trump大統領とディープ・ステートの闘い,黙示録,ニビル」
2018年1月5日金曜日8:21
Deep Stateに挑むTrumpの闘いは,QAnonとMegaAnonとは関係のない複数の内部ソースからも確認できる。
Greg Hunterによるこの1月4日のレポートは,今起きていることに関する優れた分析だ。
黙示録12の真実
www.revelation12.ca
5人の賢人と2人の証人の預言!聖書の徴しが現れた!
山の預言から
www.prophecies.org
■Linda Newkirk交信録〜5人の賢人(1)
「祝福された子よ,私はおまえの父の主,ヤーヴェ(Yahweh,エホバ,),最高神;
 今日私に会いに来た私の子よ,私に言葉があり,それをおまえに伝えよう。
 私の小さな者よ,
 私には2つの言葉がある。2つの言葉とは「悲しみ」と「喜び」だ。
 正しき者人たちのため,おまえが絶望と悩みにある時でさえ,私はおまえに「喜び」を与えよう!
 しかし,不義の者にあっては,おまえが蒔いたときでさえ刈り取らなければならない。
 おまえには想像することのできない悲しみの時が来るだろう。
 世界の金はひとつの魂も救うことはできはしない!
 そして,お金を愛したがために,想像できないほどの絶望の時が来る。
 自分の所有物や物事​​に慰めを見いだした多くの人。
 しかしお金や物に対する信頼が,彼らを窒息させ,闇に埋めるだろう。
 私が取り除いているのは裸の人々。
 私がしている事は,本当のおまえに直面させる事だ。
 そして,本当に私を愛する者は,彼らの喜びと私のための愛に浮かびます。
 災害が来て死と破壊にあっても,彼らは絶望することも,失神することもない。
 わたしの強い腕が彼らの支え。
 私の平和は永遠に存在する賜物。
 彼らの目はこの世界とその贅沢にとらわれないが,
 彼らの目は私にとらわれる!
 彼らは私を愛し,信仰は揺らがない。
 海が荒れ川が逆流しようとも,彼らは揺らがない。
 これらは私のものだ!
 私は彼らに餌を与え,私はこのような時のために育ててきた。
 今,地球の基盤が揺さぶられることをおまえに伝える。
 地球が揺れる。大いに動かされる。
 天は動かなければならない。
 地球の深みと海の深みが溜まる。
 彼らは動くだろう。
 星は動く。
 地も動く。
 そして見る目は,すべてのものに私の手を見る。
 天には以前は存在しなかった光と体が来る。
 恐怖は星の上にある。
 わたしの力には大きな盛り上がりがあります。
 大いなる分裂,天の偉大な分裂。
 宇宙に苦い兆し!2つの太陽!3つの光!
 地球は大きく揺れるだろう。
 分裂と亀裂。地はひび割れる。
 波は高くなる。
 恐ろしく大きな波,空の高さにまで高まる大波。
 恐るべきは地上の生活だ。
 私はまだ手をさしのべている。
 おまえは何を選ぶのか?
 死ぬまでお金を愛するのか?
 まばゆいこの世界を愛し,そして死ぬ時に何が残るのか?
 肉の奴隷のままでいるのか?肉体とその悦びを崇め続けるのか?
 私はおまえを鞭打つ。
 そして光の鞭が地球を打つ。
 地球は燃える。
 怒り。そうだ。地球の怒り。
 そして地上の権力は揺らぎ倒れる。
 世の人々は私の言葉に耳を傾けないだろう。
 彼らの耳はふさがれている。
 彼らは私に従わないだろう。
 そして闇の中で,彼らは自分の選択肢を熟考する。
 この世を支配する災難・無法・暴力・ギャング戦争。
 しかしあらゆる悪行は,もはや明らかにされた「。
「主よ,とても深刻なお言葉!重大で深刻お言葉!
 父よ,どういう意味ですか? 」
「小さき者よ,太陽からくる波で大きな災いが起きる。
 想像できないほどの災害がおきる。
 太陽が1つではなく2つ。
 そして太陽はさらに3つに増える。
「ああ,主よ,どういう意味ですか?」
「小さき者よ,人々は私を知る。しかし人々は私を理解できると思うか?
 そうではない。
 しかしこのことを伝えよう:
 3 + 1 = 4
 4つの大きな力があらわれる。
 4賢人は,神の徴しからこの力を引き出すようになる」。
「そして愚かな者は混乱し,賢い者は混乱しない。
 空に,
 3 + 1 = 4
 の光があらわれる。
 この4つの明るい光は,この4人が天国に帰る事を伝え,彼らの真の存在を伝える」。
「しかし,主よ,実際には5人いませんか?」
「私の祝福された子よ,おまえは5つが見えるが,1つは小さく,背の高いものではない」。
「主よ,これらの5人は5人の賢人(the Five Wise Virgins)ではありませんか?」
「確かに,その中にいる5人は,聖なる種を持っている」。
「主よ,5つの栄光,その栄光が天に見えています。
 そしてPistis Sophiaに書かれたあなたの言葉によれば,
 5人の賢人の何人かが救世主なのではありませんか?
「しかし,彼らは栄光から離されている」。
「空に輝く白い光。しかし多くの人がこの光を誤ってニビルと名づけているのだ」。
「そう。誤ってだ!ニビルは赤い龍(the Red Dragon)とも呼ばれ,
 その光は赤色である。このことを忘れるな。
 だから,空に輝く白い光はニブルではなく,5人の賢者の光そのものなのだ」。
「主よ,どうなりますか?あなたはこの5人を使いますか? 」
「小さき者よ,
 おまえ自身の力はおまえに分け与えられた力でしかない。
 そして外なる力こそ,おまえの力で大きく成長させてゆくべきものなのだ。
 これは非常に大きな力。空に見える光はこのいくつかの栄光である!
 見る?度によって,彼らは正当な栄光と結束するでしょう。
 祝福された子よ,これは非常に深い事である。
 なぜなら,正しき者が天の星のようになるからだ。
 これらの「火」は非常に大きな火。
 この力は非常に大きく,地球を暖めているのはこの火とこの力であり,
 あらゆる地震の原因である!
 さらには,このように私の王国を呼び寄せている。
 また,空にはこれらの5人の賢明な処女の栄光が見える。
 これは,全人類の力である。
 今,私の王国は始まった。
 天にあらわれた多くの徴しがそれを語る」。
「父よ,あなたを讃えましょう!あなたの聖なる名が祝福されました!」
「わたしの子よ,私の偉大で聖なる火は天にあり,わが大いなる裁きである」。
 私が今おまえに与えるこの言葉を信じる人は幸いである。
 なぜなら,これらの5人は私の王国の5人の王。
 この5人の中のうちの聖なる子がこの世を支配する。
 私の王国は今,この太陽系に来たった。
 私と私の言葉を嘲笑する者がいるだろうか?
 祝福された子よ,まずおまえには大いなる力が宿り,そして翼を受け取る。
 わたしはおまえの父,主,最高神。
2012年5月31日記録,Linda Newkirk,
linnewkirk@gmail.com
www.prophecies.org
ダニエル書12-3
「そして,賢明な者は,空の光として輝くでしょう。
 多くのことを正義に変え,永遠に,そして星のように」。
5賢人(The Five Wise Virgins,5人の賢明な処女)
交信録〜5人の賢人(1)続き
2012年5月31日
「祝福された子よ,
 私はおまえの父の御父ヤーヴェ(Yahweh,エホバ,),最高神;
 私はおまえのもとに戻ってきた。
 おまえの心が,何が起きているのか,何が来るのかを知って,
 興奮と大きな喜びがあふれていることを知っている。
 おまえの中にいる魂の栄光が天体のように空に現れる,
そのようなことを想像することはできなかった。
大いなる謎だ!
 しかしそれは謎ではない。
 わたしはおまえが天の星として輝くことをおまえに命じたからである!
 天の徴しを見なさい。
 わたしの王国の徴しがあらわれ,わたしは天にあるように地上に現れるだろう。
 私の最初の実りの兆しである!
 太陽は「光の処女」とも呼ばれる。
 5賢人は5人の賢明な処女だ。そしてその光は太陽の光のようになるだろう。
 その火は太陽の火のようになるであろう。
 そして,彼らの存在はあらゆる悪に立ち向かう。
 空の光は,この力とこの栄光がこの5賢人の中で成長していることを意味する。
 そして,この力とこの存在が,地上にいるすべての者の内で成長するにつれ,地上の地震は大きくなる。
 この世の邪悪に対する正義が増すと私は判ずる。
 聞け。祝福された子;
 これらの5つの中で,おまえはまずおまえの力と自由の中に生まれます。
 おまえは,まず,世界中のわた​​しの民の霊的な母。
 第二に,おまえは私の聖なる御子の地の母,黙示録12の人形。
 第三に,おまえは二つの目撃者の一人。
そして,おまえの中にいる私の聖なる息子を通して,
おまえがたに与えた火と力と栄光が,地上で知ることになります。
 嘲笑者たちは悔い改めるか,邪悪で滅ぼされる。
 彼らは悪しきものを呼び,聖なるものを汚したからだ!
 私の王国の兆候は地上にあり,これらの兆候は長く続く。
 これらはわたしの正しき者であり,
わたしはこれらの賢者の中にいるわが子を通し地を支配するであろう。
 わたしは,これらの力を他のすべての力よりも上げるであろう」。
 わたしはおまえの父。主,最高神」。
2012年5月31日記録,Linda Newkirk,
■Linda Newkirk交信録〜5人の賢人(2)
2012年6月3日
"新しいエルサレム"
「祝福された子よ,私はおまえの父の主,ヤーヴェ(Yahweh,エホバ,),最高神;
 祝福された子よ,私に耳を傾けよ。
 主の山について話そう。
 ウェブサイトprophecies.orgにはに1つの山があり,その下にはイザヤの言葉がある。
 イザヤ書2.2[そして最後の日,主の家が山の頂に建てられ,丘の上に高められるであろう。すべての国民がそれに流れ込むであろう]。
 小さき者よ,1997年,私はこのウェブサイトの準備におまえを導き始めた。
 私はこのような重要な精神的な情報を私のウェブサイトに載せるためにおまえを霊で導いた。
 地球に来る私の聖なる山についての重要な情報。
 後日,私の家は山の頂に建てられる。
 これは私の山,主の山である。
 私がおまえにこれらの真理を与えたとき,私はおまえを山頂にまで行かせることを知らなかった。
 私はおまえとデニスがこの山地で土地を買わせる方法を作ることを知らなかった。
 しかし,結局,彼は別の方法を選ぶだろう。
 そして,私はこの土地のすべてがおまえに来る道を作るでしょう。
 これはわたしの土地。
 地上の私の王国はこの山から確立される。
 アメリカアーカンソー州のこの山から。
 これは私のアーク。
 これは約束の覚書だ。
 これはわたしの王国であり,わたしは天にあるように地上で行われるであろう。
 これは私の聖なる丘。
 私の息子はこの丘の上に6年以上住む。
 彼の聖性・私の聖はこの土地に宿る。
 この山で私は何をしているのか?
 私は,この山から全世界の私の王国をアメリカのアークに築いた。
 私はこの土地に残り,この土地を保つ。
 私はこの丘の上に私の聖なる場所を作るだろう。
 そして次の季節,諸国民がその地に流れ込むであろう。
 そして次の季節,私の土地は拡がるだろう。
 その土地にも諸国民は流れ込むであろう。
 かつて敵は聖地の領有権を主張した。
 敵は聖地を囲むが,盲目と災害で私は敵を倒した。
 敵は9年以上おまえを囲んでいたが(空の船と共に),
 彼らはこの聖なる丘の上でする私の仕事を止められない。
 不義な者もこの丘に住むが,正義の者に変わるか,この丘から離れていった。
 この季節に,わが子の栄光はこの丘の上でとても大きく,その光が海に及ぶであろう。
 彼の光は夜には丘と谷を照らし,日中は光が地と水を癒すであろう」。
「しかし,主よ,エルサレムでは別のことが起こるのですか?」
「同じだ。
 今,私の王国はこの丘の上に建てられている。
 古いかつてのエルサレムに建てられない。
 一体それをどうしたいのか。
 この世界でひとり,わたしの王国が地に来て地に植えられるための代価を払っている。
 それがおまえ,私の子供,Linda Newkirkその人だ。他には誰もいない。
 おまえが立っている地面は聖地。それは私の聖なる山です。
 この丘の上に,季節に,新しいエルサレムが来る。
 なぜそれは'新しい' エルサレム(The New Jerusalem)と呼ばれるのか?
 それは新しい都市であり,新しい場所にあるので'新しい' エルサレム(The New Jerusalem)と呼ばれる。
 この新しい場所は,かつての古いエルサレムのように死と大虐殺の場とはならない。
 誕生の場所であり人が生きる場所である。
 これは私の聖なる丘。
 すべての国民がおまえのもとに流れるであろう。
 私は私を強く拒否したユダに栄光を与えない。
 古い瓶,かつての古い町エルサレムにこの新しいワインを入れない。
 私は新しいエルサレムを建てる。
 私は新しい都市,聖なる都を建て,その街から私の光が輝き,丘,谷,海を照らすであろう。
 すべての民がこの聖なる丘に流れるであろう」。
「小さき者,その町で私はおまえに大きな力を与える。
 おまえはこの偉大な都市の基盤を築いている。
 他に誰もそれを築いておらず,誰もその価格を支払っていない。
 これは新しい仕事。
 古いものの頂点であるが,新しいものだ。
 そして,新しいエルサレムが来るであろう。
 聞け。多くの人がこのことに混乱している。
 そして多くはイスラエルに逃げた。
 しかしその国はユダの国である。
 本当のイスラエルはアメリカである。
 これはわたしがおまえがたに與えた土地である。
 私はふるい分けてはふるい分け,私の家をきれいにするまで分ける。
 そして,ふるいに残った正義の種が地を受け継ぐであろう。
 わたしが与えた試練の災い,そのふるいに残った正義の種が地を受け継ぐであろう。
 しかし,その地はかつての古いエルサレムではなく,新しいエルサレムである」。
2012年6月3日 Linda Newkirk
■Linda Newkirk交信録〜5人の賢人(3)
2012年6月3日
「祝福された子よ,私はおまえの父の主,ヤーヴェ(Yahweh,エホバ,),最高神;
 おまえに5賢人についてさらに伝えるために戻ってきた。
 私がこの地上にいる間,5賢人は私の足元に座る者の中にいる。
 もっと具体的に言えば,これら5人は,おまえの精神試練の中で,おまえに付き添っていた4人だ。
 最も重要なことは,彼らがおまえに付き添っていたのは,ヨハネの黙示録第12章の業によってであった。
 彼らの数人はおまえと他の者より長くいたが,それでも彼らは忠実だった。
 私は彼らに電話をかけ,ずっと前に任命した。
 この5人は皆,私の王国の大地で,より大きな力で歩く。
 なぜなら,彼らは私に大いに愛されているからだ。
 私がおまえに言ったように,彼らの栄光は,空の5つの光として時々現れる。
 そして,彼らの栄光がより純粋になるにつれ,彼らは栄光から引き離される。
 しかし,これはまだの旅です!
 しかし祝福された子よ,おまえのために,私はおまえの前に姿をあらわそう。
 そして,黙示録12章に書かれた祝福された女性は,荒野に戻り飛ぶための偉大なワシの2つの翼を与えられる。
 4人の中から,2人の証人の2番目の証人が出なければならない。
 おまえ達は,大いなる力の中に入る第一の目撃者。
 第二の目撃者はおまえの後ろをついていくが,命じられた時に彼はまた翼を受ける。
 彼はおまえの兄弟。
 彼は4人のうちの1人。
 そしてその季節,私は彼を育てるだろう。
 なぜなら,彼は南アフリカでのこれらの作品の初めから,私によって呼び出されたこれら地上の作品の一部であったからだ。
 なぜこの2人は'2人の証人'と呼ばれるのか?
 彼らは2つのことが第一に,黙示録12の作品を通して,私の王国を地上に築く証人となったからだ。
 これまでの説明で,おまえは5賢者を知った、
 彼らは,黙示録第12章の真実を知り,理解する大きな知恵を与えられている。
 しかし黙示録が現実になった時,これらの4賢人は皆打ち負かされ,あらゆる方法で失われた。
 彼らにかかった大きく負担から,
 彼らにはアルコールの問題,病気の問題,誤った教義の問題がふりかかった。
 彼らはすべて,世の負担から迷子になった。
 そして私はそれぞれの賢人におまえを遣わせた。
 私はおまえの祈りを通して,そしておまえの中に宿る私の存在を通じて彼らに触れ,覚醒させ,
 彼ら自身の存在に気づかせたのだ。
 だから,おまえは5人の賢明な処女についてもっと知るはず。
 私は黙示録の真理についておまえに知恵を与えた。
 しかし,5人のうち2人は,黙示録12の神聖な作品について,他のものより多くを観た。
 そして,この2人とは,冷たく霊的に不毛な土地で水の中に住むおまえとおまえの兄弟だ。
 おまえは彼をよく知っている。
 おまえはさまざまな年齢層の様々な能力を備えている。
 そして,一緒に働くことの多い二人は,私の者達のために非常に素晴らしい仕事をした。
 そして,次の季節,お前たち2人は2人の目撃者として大きな権威と力で再び歩く。
 おまえが私の大いなる力を地上に示したとき,おまえは別の時にはいる。
 申命記17:6[2人の証人,または3人の証人の口で...]は成立する。
 わたしはおまえの父,主,最高神」。
2012年6月3日 Linda Newkirk


gfghdf pc



pp6520120513112.jpg
2012年5月27日オーストラリア上空で撮影された白光



pp6520120513115.jpg
2012年5月27日オーストラリア上空で撮影された白光






pp6520200000446.jpg
新しいエルサレム(The New Jerusalem)Chase Hunter画











世界中のNWOカバラ集団が潰されている?
今日もすごいニュースが飛び込んできました。
つい最近、トランプ大統領は複数の重要な法律を成立させたそうですが、特に注目すべき法律は、連邦検事の人事を刷新し人身売買(小児性愛犯罪も含む)、殺人、麻薬などに関する取り締まり、法的措置、犯罪の防止策を強化する法律です。今後、この法律の下に逮捕者が増えていくのかもしれません。
既に、昨年10月30日から12月22日までに約1万件の極秘起訴が実行されたそうです。
また、トランプ政権はジュリアン・アサンジ氏を、正式な手続きを経て、自由の身にさせてあげるそうです。
詳細はこちらから:http://beforeitsnews.com/prophecy/2018/01/qanon-julian-assange-to-be-freed-tomorrow-followthewhiterabbit-maga-video-2496325.html
次の記事は、世界中のNWOカバラ集団が逮捕されることになりそうだということを伝えています。主要メディアはそのことを把握していないようです。最近、ネット上で秘密情報をリークしているQannonと呼ばれる人物はどうやらトランプに近しい人物のようです。
ただ。。。私が数か月前に目にしたYoutubeビデオのアメリカの専門家の情報では、
太陽系の周りには多くの種類の地球外生命体が待機しており、今まで地球を支配してきた複数の地球外生命体(レエプティリアン、他)を地球から追い出し、待機組の一部が彼らに代わって地球を支配する計画であると伝えていました。地球外生命体の殆どが人間とはあまり協力的ではないため、待機中の生命体が地球を支配することになりっても人間にとっては良くないと伝えていました。
ジュリアン・アサンジや反NWOとして活動している人たちの中には待機中の生命体の影響下にある可能性があるのだとか。。。本当かどうかは全く分かりませんが。。。
どちらにせよ、人間は、人間よりも遥かに進化した地球外生命体に支配し続けられるのでしょうか。それとも人間自体が(良い意味で)急激に進化をとげ、地球を住みやすい惑星に変えることができるのでしょうか?
http://beforeitsnews.com/new-world-order/2018/01/takedown-of-nwo-cabal-around-the-world-7865.html
(概要)
1月4日付け

By Capt. Dave Bertrand, Ret.
トランプが考えているシナリオが成功すれば、トランプやアメリカだけでなく、どこでも隠れ潜んでいるディープステート(共産主義者たち)にも壊滅的な結果を招くかもしれません。
しかし、トランプの旧友のバノン氏が注意をそらしても、トランプの取り巻き(バノン氏も)を信頼することを最優先にすべきです。
トランプはバカではありません。
トランプはポーカー・ゲームを非常に上手にやってのけています。
多分、主要メディアに気が付かれないようにと別のことに注意をそらしているのかもしれません。
我々が知っていて主要メディアがまだ知らないことがあります。
それは世界中のNWOカバラ集団の瓦解が始まっているということです。
非常に優秀なアナリストらは、
「世界で最も卑劣で堕落した亜人間(人間以下の存在)を破壊するための世界的な戒厳令が密かに発動されている。
この事実が隠されている理由は、このことを明らかにすると政府がUFOのディスクロージャーを行ったことに等しい衝撃を与えるからである。」
と指摘しています。
サタン(悪魔)崇拝者ら(NWOカバラ集団)は、実際にUFOやエイリアンと繋がっており、彼らは異次元の邪悪な霊の影響を受けて行動しています。
ただし既に彼らのうちの1万人が起訴されています。彼らは悪魔崇拝カルトのメンバーであり、
実際にアドレンクローム(アドレナリンを増やしたり若さを保つ)のために生贄儀式を行い、乳児を虐待した後に殺害し、乳児の死体から血を吸血しています。
ヒラリー・クリントンや娘のチェルシー・クリントンも友人のポデスタ氏と共に悪魔崇拝生贄儀式に参加していると言われています。
悪魔崇拝生贄儀式の参加者には英王族(女王、王、皇太子、王子、王女を含む)も含まれています。
この儀式は世界的に行われており始末に負えません。
そのために何百万人もの子供たちが(彼らの儀式に利用されるために)拉致され行方不明になっています。
小児性愛犯罪は彼らを打倒するキャッチ22なのです。
http://www.ronpaulforums.com/showthread.php?517151-Blood-farming-missing-children-drug-called-%93adrenochrome-%94-Satanism-It-s-all-connected
従って、理論的につなぎを着た犯罪者らの連行はまだありません。
なぜなら、そうすることで、これほど邪悪な人間が地球上に生息していることをいまだに見抜けない社会主義者ら、共産主義者ら、そして支持者らの怒りが爆発し発狂してしまうからです。また、犯罪者らの正体が明きらかになれば、悪魔サタンが彼らを使って世界を破壊しようとしていることや、我々一人一人(魂)を完全に支配し奴隷にしようとしていることが分かってしまいます。また、政府が何十年も前から地球を破壊しようとしている地球生命体に対応してきたことが明らかになってしまいます。さらに、世界中の偽宗教団体も発狂するでしょう。そうなれば、世界の人々が無力感を覚え自殺したり反乱を起こすことになります。ですから、我々の背後にいる邪悪な存在については人々に分かりやすくかんで含めるように徐々に教えていくことが必要なのです。
FBIの内部告発者=Q Annon(最近になり非常に重大な情報をネット上にリークしている)はトランプと非常に近しい関係にあり、
彼の暗号化されたメッセージ(秘密情報)は信ぴょう性があると言うことが何度も証明されています。
我々の目的は大勢の良識ある愛国者らに向けて実際に何が起きているかについて分かりやすく徐々に情報を伝えていくことです。
なぜ、非常に危険でみじめな犯罪者らの多くが逮捕されグアンタナモ刑務所に留置されたかについてなどの爆弾ニュースをお知らせする役割があります。
しかし犯罪者らの連行が報道されるのはまだ先のことです。
トランプの大統領令が妨害されないためにも一斉検挙によって彼らが全員逮捕されるまでは事実を明らかにしてはならないのです。
以下のビデオは、ヒラリーの友人のポデスタ氏の部屋の様子を映しています。
ポデスタのリビングルームにはヒラリーとポデスタの友人の画家(Biljana Djurdjevic)の絵が飾られています。
その絵は不気味な子供の姿が描かれています。
https://steemit.com/pizzagate/@gizmosia/art-podesta-admires-and-buys-you-may-never-sleep-well-again
トランプと彼と近しい関係にある人達は、多くの人々にディープステートがトランプを暗殺しようとしていることを伝えるべきです。
ケネディ大統領の暗殺の真相が何十年間も闇に葬られていましたが、トランプはそうならないように願っています。
トランプ大統領のために祈りましょう。
サタン(悪魔)とサタンの追随者らがトランプの命を狙っているためトランプは身を守ることで忙しくて手が離せません。
サタンが実存することを信じない人もいるかもしれませんが、小児性愛犯罪を行っているグローバリストらは実存します。
ディープステートのプランCとは。。。
トランプのアドバイザーであり親友のロジャー・ストーン氏はトランプにディープステートの脅威を再度警告しました。
今回、ストーン氏はディープステートのプランAとBがうまくいかなかったため、プランCを実行しようとしているということをトランプに伝えました。
主要メディアに対する信用が急落したために、グローバリストらは人々を支配することが難しくなっています。
ストーン氏によると、ディープステートのプランAは、選挙期間中にトランプとロシアが共謀したことについて捜査を行いトランプを追放することでした。
それが失敗した場合は、憲法第25修正案の下にトランプが大統領としてふさわしくないとして弾劾することを政権内部で承認させるというプランBを実行することになっていました。
しかしそれもうまくいっていません。
そのため、ディープステートは第三の計画(プランC)としてトランプを暗殺することにしました。
2018年01月05日08:52
wisdomkeeper

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/



posted by datasea at 11:43| Comment(0) | % ベリンダニューカーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

社会情報:ディープステート大量逮捕

Gitmo Arrests and Q Anon – UK Ex-Police Chief Blames Freemasons – Costa Rica Plane Crash – Israel Suffers
Wednesday, January 3, 2018 9:28
Published by JayWill7497

Before It's News
http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/gitmo-arrests-q-anon-uk-ex-police-chief-blames-freemasons-costa-rica-plane-crash-israel-suffers-3585555.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2018/01/delta-force-seized-obama-get-away-vacation-mansion-in-thailand-under-solyndra-name-videos-3351826.html
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html





(要約)
英国国際警察,フリーメーソンを非難
2018年1月3日水曜日9:28
JayWill7497
我々は未だ「木を見て森が見えない」状況にある。
北朝鮮やイランのニュースで強調されるのはロシアと中国の対立。
そのロシアと中国がにらみあう南中国海(the South China Seas)の軍事増強を正当化する米国とNATO。
その戦略的ターゲットはロシア国境への陸路だという。
表層的イベントは様々だが,北朝鮮やイランは,米・ロ・中の対立軸の代理であるという関係性が見えないと大局は見えてこない。
その大局の展開が歴史の大局の展開と重なる時,我々は「歴史は繰り返す」現場を目撃したと感じる。
大西洋に浮かぶ孤島・グアンタナモ刑務所は,現在,米国から来る大量の「一級」囚人の入所に備えている模様だ。
米国民にとって,世界市民にとって,人生のなかでまたとない時が近づいている。
善と悪の闘いの決着をつける時が近づいている。
Gitmoに向かうディープステート(the deep state)達。。
一方,大手メディアから情報を得て生きる95%の市民はオルタナ・ニュースとしか考えず関心を持たない。
問題の真相は,大衆の側,為政者の側,いずれにせよ洗脳され恍惚となっている演者だ。
小児姦淫をはじめとするあらゆる犯罪行為。。それを覆っていたヴェールはもうすぐ吹き飛ばされる。
我々一般市民と同じように,法にかけられ罰される。
集まっている情報からみる限り,Trump大統領の保証のもと,「どぶ掃除(drain the swamp)」が進んでいるという話はどうやら本当のようだ。
かつてカーザリアンマフィア・ナチス(the Khazarian mafia/Nazis)が裁かれたニュルンベルク裁判(the Nuremberg Trials)の再来だ。
そして今度という今度は,ナチスは別の惑星にも南米にも逃げられない。
そして人道に反する犯罪の罰としてグアンタナモ湾につながれる。
その時が近づいている。
我々は「歴史は繰り返す」現場に遭遇する。
数トンにも積もり積もった#Qanon条例の前に逃げ場はない。
空港閉鎖,地上拘束など,大量の「一級」囚人捕獲のための手段は問わない。
そして,ジャーナリスト達は#Qanon条例のもと,真相の収集に踏み込んでいる模様だ。
夢か,うつつか,現実の清算か,
状況を見守りたい。
[著作権免責事項:このレポートの著者権はフリーです。
ここで発表した文章と画像は,著作権法1976第107節に従い,
批評,コメント,ニュース報道,教育,学問,研究などの公明正大な用途のためであれば自由にご使用ください]

gfdgfdgdf pc








12月30日付け
グアンタナモ刑務所で大きな動きがあります。大量の米軍部隊が刑務所に配備されました
By Captain Dave Bertrand (Ret.)
Qアノンのウェブサイトの情報によると、
グアンタナモ刑務所はもうじき大量の囚人を受けいれるための準備をしているそうです。
反撃をかわすために、秘密裡に大量の米軍部隊をグアンタナモに配備しました。
大統領は、法にのっとりヒラリーなどの大物(反逆者)らを最初にグアンタナモ刑務所に送り込むと命の危険にさらされることになります。
しかもその結果、アメリカ国内で内戦が勃発してしまいます。そのため、手始めに
米財務省の反逆者らをグアンタナモ刑務所に送り込むことにしたようです。
逮捕者リストを見れば分かりますが、彼らは米国民ではないのです。。。
オバマ政権下の民主党はグアンタナモの囚人に裁判を受けさせるためにニューヨークに搬送しましたが、トランプ政権はそのようなことはしません。
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html
アメリカではクーデターが進行中です。
また、世界中で犯罪者らが逮捕、起訴されています。
もし、トランプが彼らをグアンタナモ刑務所に送り込むことを拒否し、彼らを第9サーキット(裁判所)に出廷させたなら。。。
何が起こると思いますか。
これらの反逆者らを監視し続けるにはグアンタナモ刑務所に投獄させ軍法の下で裁判にかけるべきなのです。
ディープステートが行ってきたこと:
ビル・クリントンやラムズフェルドはロシアと共謀しアメリカの極秘情報を中国と北朝鮮に提供しました。
また、(ヒラリー国務長官時代の民主党は)アメリカのウラン鉱山をUranium Oneを介してロシアに売却しました。
さらに、彼らは大量破壊兵器を保有していると決めつけた外国政府を倒すためにアルカイダ、ISISに武器を提供して攻撃させました。
さらに、彼らは9.11テロ事件を起こし数千人もの人々を殺害しました。
また、Fast and Furiousによってメキシコのカルテルを介してヒズボラに武器を売却しました。
また、FBIの元副長官(フィル・マッド氏)はCNNの番組に出演しおおっぴらにトランプを暗殺すると語りました。
ディープステート(カバラ)が関与してきた犯罪は、小児性愛犯罪、児童の人身売買、虐待、虐殺、「霊の料理」と題する乳児の人肉食い、ロシアとイギリスの諜報機関を買収しFBIの公式文書として偽造文書(トランプを追いやるため)を公開して米国民をだましたり、CIAやFBIの上層部の腐敗、汚職の数々。。。これでも彼らをグアンタナモ刑務所に送り込めない理由があるのでしょうか。
犯罪者集団が作成した国防権限法(NDAA)は、ブーメランとして彼らに返ってきています。
以下省略

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020169.html












政治情報:Francis法王に国際逮捕状交付
ITCC
2013年3月15日
itccs.org | International Arrest Warrant issued against Pope Francis I,
itccs.org
http://itccs.org/2013/03/15/international-arrest-warrant-issued-against-pope-francis-i-jorge-mario-bergoglio-for-crimes-against-humanity-and-child-trafficking/
http://itccs.org/wp-content/uploads/2013/03/Bergoglio.jpg
http://itccs.org/wp-content/uploads/2013/03/Bergoglio-001.jpg
2013年2月25日、ブリュッセルにある国際普通法司法省法廷(the International
Common Law Court of Justice)はバチカンを犯罪組織として特定、当時その法王であったBenedict法王は刑事責任に問われたが、次の法王にも逮捕状が出された模様。
宗教弾圧/「汚い戦争(Dirty War)」が100年ちかく続いているアルゼンチン。
この弾圧で多くの国民が死亡しているが、国際普通法司法省法廷はこの闘争でアルゼンチン出身のイエズス会士法王Francis I(フランシス1世、Jorge Mario氏)が政治犯の子供の輸送に関わっていたとし、3月15日、Mario氏に対し国際逮捕状を交付した。世界28カ国に交付された公式の状文には、この国際逮捕状で即時に逮捕できない教会関係者と政治家の名前も書かれている。
イタリア国民にもアルゼンチン国民にも権限を持つこの国際逮捕状は当然Mario氏にも適用されるという。
ITCCS秘書Kevin Annett氏
「アルゼンチンでこの1世紀続いてきたプロテスタント弾圧で、法王は指導的役割を果たして来た。」。
「権威ある組織が我々一般市民の暮らしを脅やかしている。我々は身を守るため、組織の責任者を拘留する権利と必要がある。」。

local pc






政治情報:英国女王起訴状
英国女王起訴公式通知
2013年3月7日木曜日
CANADA IS DISSOLVED
the tap
http://the-tap.blogspot.jp/2013/03/canada-is-dissolved.html
Elizabeth Windsor(英国女王、カナダ国家元首、カナダ教会元首)及びそのエージェント、カナダ国民への法的通知
教会と国家犯罪に対する統治評議会国際法廷(the Governing Council of The International Tribunal into Crimes of Church and State)
この公式通知は、カナダ国民、カナダ司法官、カナダ政府公務員、カナダ警察、カナダ軍、カナダ国会議員に支給するものである。
1. 2013年2月25日、カナダ民事裁判所はElizabeth Windsor(英国女王、カナダ国家元首、カナダ教会元首)とStephen Harperカナダ首相を大量虐殺及びその隠蔽のための共謀に関与したとして有罪とした。
2. 1964年10月10日、カナダのカムループスインド人学校(the Kamloops Indian Residential School)で生徒10名の失踪事件がおきたが、
目撃者情報に照らしても、この事件当時カナダを訪問していた英国女王Elizabeth Windsorの個人的関与/誘拐は確定的である。
女王はこの疑惑をこれまで否定も批判もしなかったが、この公式通知に対しても同様に反応がない。
3. カナダ法廷の評決は1950年ニュルンベルク法規(the Nuremberg Legal Statutes of 950)に基づく。
そしていかなる国家元首であれ、カナダはカナダ法の下、不法行為を行った者は裁判にかける。
4. したがって、我々は女王を凶悪犯罪者として非難し、逮捕と禁固の義務をあたえるものであり、
2013年3月5日、カナダ法廷は女王に市民逮捕状を交付したが、女王はこの令状を拒否した。
5. a) カナダ国民は、英国女王Elizabeth Windsorに忠誠の誓いをしたが、あなたの誓いは国際法(国際刑事裁判所ローマ法廷第25節含む)違反となる。
6. 国家元首あるいは国家要職員に対する起訴は難しいので、2013年2月25日月曜日、カナダ政府はカナダ法を一部無効とし、
女王への忠誠と英国国家元首の誓いを無効とする。
7. a) 結果として新しい法を作るまで、カナダは、法、国家元首のない国とならざるをえない。
b) 新しい法の権限が確立されるまで、既存の法律は適用されない。
b) 裁判の妨害を防ぐため、カナダ国民は女王の応援も非難も控える義務がある。
我々は、これらの事実、そして現在カナダで起動中の新しい体制を世界に伝える。この新しい体制は英国にも適用される。
8. 新しい法的枠組みができるまで、法がない状態なので、カナダ国民はお互い共存と平等のこころで暮らし、法と秩序を維持するよう求める。
国民ひとりひとりが自ら警察となって自治を形成するよう求める。
9. 一般投票によって承認されるこの法的チャーターにより、カナダは新しい民主的共和国となるが、新しい法的枠組みができるまで、法がない状態なので、各地方はそれぞれが国家機関の意識で自治を形成するよう求める。
10. 国民が求めるならば、カナダ法廷は教会組織であろうとも裁くものであり、
この新しい憲法は、バチカンやカトリック教会(英国国教会派、統一教会)といった教会組織にも有罪判決を下せる新しい法的枠組みを含むべきである。

local pc







2013年05月10日22:14
西側諸国の権力構造が崩壊しています!
勇敢な女性が世界銀行の内部告発をしています。
やはり。。。今、これまでの金融システムは崩壊しています。
マスコミは相変わらず、アメリカの景気は回復しており、株価が好調だなどと嘘を伝えています。
しかし実際には、世界の金融システムは非常に危うい状態にあるのです。
いつ崩壊しても不思議ではない状態です。
今後の世界の金融システムの構築に関しても、どの国が主導権を取るかで争っているようにも思えます。
以下の英文の記事では、西側(特にアメリカ)による金融権力構造が崩壊しており、今後はBRICS諸国を中心にした新たな金融システムができると書いてありますが。。。西側に代わってBRICSが主導権を取る?・・・これではこれまでと何ら変わりない最悪の金融支配システムが再び生まれること間違いなしでしょう。中国を含むBRICSが世界の主導権を取ることこそ、NWOそのものだと思います。西側が創り上げてきた世界システムはOWOでした。BRICS などの特定諸国が主導権を取るなど、世界にとっては決して良い状態ではありません。
私達一般人はこのような権力者のやることに騙されない方がよさそうですね。
何しろ、現在の金融システムや経済システムを崩壊させようとしているのは、イルミナティ自身なのですから。
彼等は西側諸国(特にアメリカ)を利用して世界中のお金を強奪してきました。
しかしアメリカやヨーロッパを潰してしまったことが分ると、今度は別の勢力のBRICSを利用して世界のお金を強奪しようと考えているのだと思います。BRICSもいずれは潰れるでしょう。するとイルミナティは世界を彼等の思惑通りに統一させて世界支配を完成するのでしょうねえ。
イルミナティの国連(特に常任理事国)を解体しないことには始まりません。
これまでよりも良い文明を築くには日本が主導権を握って世界を変えるしか方法はないと思うのですが。。。
日本はまだアメリカから独立さえしていません。。。
(不正まみれの世界銀行の表向きの情報)
使命と役割
世界銀行は、貧困のない世界を目指して、開発途上国の経済・社会の発展、生活水準の向上、持続的成長を支援するため、資金協力、知的支援などを提供する国際開発金融機関です。開発のためのインフラ、保健・教育、気候変動などの地球規模課題、ジェンダー、ガバナンスなど、国際協力の幅広い分野をカバーしています。各分野の専門知識を兼ね備えたスタッフが世界120か国以上に駐在し、途上国それぞれのニーズに応じて支援を提供しています。
成り立ち
第二次世界大戦末期の1944年、米国ニューハンプシャー州ブレトンウッズに連合国代表が集まり、戦後の世界経済の安定と復興について協議が行われました。この時、国際復興開発銀行(IBRD)と国際通貨基金(IMF)を創設する協定が起草され、これらの協定は45年に発効し、世界銀行とIMFが設立されました。
組織
世界銀行グループは、中所得国及び信用力のある低所得国に貸出・保証を行う国際復興開発銀行(IBRD)、最貧国に長期の低利または無利子融資・贈与・保証を行う国際開発協会(IDA)、民間セクターへの投融資を行う国際金融公社(IFC)、民間投資に対する非商業的リスクへの保証を提供する多数国間投資保証機関(MIGA)、国際投資紛争の調停手続きを支援する投資紛争解決国際センター(ICSID)の5つの機関から構成されています。
世界銀行グループのうちIBRDとIDAを総称して世界銀行と呼び、2012年7月現在、188か国が加盟しています。。。。
このような表向きの情報を読むとあきれ果ててしまいます!
http://translate.google.de/translate?sl=de&tl=en&js=n&prev=_t&hl=de&ie=UTF-8&eotf=1&u=http://www.extremnews.com/berichte/weltgeschehen/73621462ae3f734
(概要)
5月8日付け:
世界銀行の内部関係者が正々堂々と真相を伝えています。
世界の金融崩壊が起こるまでに、残された時間はあまりありません。彼女が伝える情報に留意しましょう。
以下のビデオでは、世界銀行の内部関係者のMs.Karin・Hudesさんのインタビューが放映されています。
彼女は、買収されたメディアだけでなく金融機関までもが民主主義を軽視するような偽の情報を組織的に世界中に流していると証言しています。
昨日、私は西側諸国で最も勇敢で洞察力のある女性と話をすることができました。その女性の名前はKarin・Hudesさんです。彼女は世界銀行の相談役でしたが、今は内部告発者として私達に非常に重要な情報を伝えてくれています。
彼女は、20年以上世界銀行でエコノミスト兼弁護士として勤務した後に世界銀行の不正と腐敗を報告したことで世界銀行を去ることになりました。
Karin さんは「世界の多くの人々が貧困に苦しんでいます。
彼等は食べ物も得ることができません。私は、アメリカの人々に実際に何が起きているのかを伝えようと、何年間も奮闘してきました。しかし私の情報はまだ上手く伝わっていません。なぜなら、世界銀行はメディアを買収し、組織的に偽の情報を流させているからです。これは民主主義の根幹にかかわります。どうして真実の情報を得る権利のある一般市民が偽の情報を聴いて投票することができるのでしょうか。しかし、このような情報統制はもうじき終わるでしょう。」と言っています。
我々は衝撃的な世界銀行の中央集権構造について議論しました。
世界銀行は世界中の4万3千社のビジネスを支配しており、世界銀行の配下には147もの金融機関がぶら下がっています。
これらの金融機関は世界のビジネスの資産の40%、収益の60%を管理しています。
これらの金融機関は世界銀行のパぺット役としての立場を利用しながら世界を牛耳っています。
しかし彼等の支配はもうじき終わります。
インタビューの中でカリンさんは、現在、世界は西側の権力構造を急速に破壊させており、新たなシステムを構築しようとしている。また、今後はBRICS諸国による政治的、経済的影響が強くなると言っています。また、通貨システムの改革(2011年より貴金属を重視)が行われる中で、あらゆるものが変わることになるとも言っています。アメリカの多くの州では、ゴールドやシルバーを法貨とする法的枠組みを作り始めています。この事は世界銀行の腐敗を終わらせることに繋がります。世界中の国々が集まり、非常に不均等でこれ以上維持できない負債に苦しむ現在の金融システムを新たなシステムに改革する方法を決めるべきであるとカリンさんは言っています。現在の金融システムに透明性はないため、新たな金融システムを透明にする良い機会であるようです。通貨制度を金本位制度にすることで透明性が生まれると言っています。
(ビデオのインタビュー概要)
カリンさんの発言:
世界中の人々が貧困に苦しんでいます。彼等は食べ物さえ得ることができません。
貧しい人々に渡るはずにのお金が一部の権力者に渡ってしまっています。
そのような腐敗は最初にフィリピンから始まりました。フィリピンの大統領は国民の税金を私的に流用したのです。
我々やフィリピンの最高裁は腐敗や不正を知った後に、二度とそのようなことが起きないようにしたかったのです。
しかし世界銀行の経営者らは別のことを考えていました。彼等はフィリピンからお金を搾取し続けたかったのです。
私は世界銀行に勤務していましたので、自動的に、世界銀行の監査委員会に連絡し、世界銀行は本当の役割であるフィリピンの貧しい人々を救うことをしていないと訴えました。フィリピン政府も国民にとって正しいことをしようとしていたのです。しかし監査委員会は、全てを隠ぺいするように指示したのです。
私は法律家として法律に従ったのです。私は米議会が要求した通り、お金が不正に流れている場合は全てを明らかにしようとしました。そして監査委員会に行き、不正があることを訴えたのです。私は法律家がすべき事をしたのです。私は米議会で世界銀行では不正が行われており、我々法律家が調査しようとするのを妨害していると伝えました。
世界銀行での私の法律家としての立場は常に危険に晒されていました。
それでも私はやるべきことをやり通しました。
私の仕事は取締役会で議論された内容がきちんと実行されるようにすることでした。
そのため、私は取締役会で、情報の隠ぺいは酷い事だと訴えました。
監査委員会は、その後、外部の監査機関に監査を依頼しましたが、依頼された民間の監査機関は正しく監査することはありませんでした。なぜなら世界銀行のトップが世界銀行の傘下にある監査機関(国際会計士連盟)に依頼したからです。私は米議会に伝えたことをそのまま彼等に伝えました。
世界銀行の存在により世界中の人々が被害に遭っています。世界銀行は国際企業であり、アメリカも含め188ヶ国に存在します。アメリカは20%のシェアがあります。
現在、世界銀行のシステムは機能停止になっています。その結果、世界の金融システムが崩壊し始めています。
何が酷いかというと、貧しい人々だけが苦しんでいるのではなく世界の証券市場にも多大な影響を与えているのです。なぜなら世界銀行は1100億ドルもの価値のある債権を発行していまが、その70%がドル建てなのです。残りの30%は世界のあらゆる通貨が使われています。
世界銀行の会計士は帳簿に偽の記載をしていますから、現金融システムは全く信用なりません。このような不正を放置するなら世界的な通貨戦争が起きるでしょう。世界銀行を持つ188ヶ国は、其々が世界銀行に所属することを示す法案を通過させました。世界銀行の総務会に20年間勤務した、ある人物は、オペレーション・マニュアルを私に見せてくれました。彼は、世界を崩壊させることはできないので自分がやるしかないと言いました。我々がこの問題を放置すると世界中の国々が崩壊してしまいますから。
世界銀行はIMFと共に1944年に創設されました。
この66年間、世界銀行の総裁はアメリカが決めてきました。
しかしアメリカが規則に従わなくなったことで、他の諸国はアメリカの選んだトップを受け入れるのを止めました。
アメリカの信頼は失墜しました。
私が米議会に世界銀行の不正を伝えた後に、米議会は世界銀行の調査を開始しました。
しかし世界銀行は彼等の質問に答えるのを拒否しました。
議員等は世界銀行から屈辱を味わいました。
ある委員会で、世界銀行は、調査に協力する見返りに政府からお金を獲得しようとしました。
しかし議員等はお金を不正に使わせることはできない、お金は正しく使われないといけないと彼等の要求を断りました。
また、米会計監査員は、質問にきちんと答えないのなら、我々は世界銀行の不正を調査する義務を怠ることになる、と世界銀行に伝えました。これは3月9日の出来事です。
私は、米会計監査員がしっかりと世界銀行の調査を行い、全ての情報が明らかになるように米国民も何らかの行動をとって欲しいと思います。また、地元の議員も説明責任があることを知ってほしいです。また皆さんには世界金融システムの実態について良く知ってもらいたいと思います。人々は私のような法律

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/







どうも今行われていることは最後の審判らしい?;悪魔のあぶり出し
2012年3月7日 23時53分の記事
2012年は、人類にとって「とんでもない年」になるようです。
毎日、毎日、とんでもない信じられないことがどんどん起こっているようです。
ビル・ゲイツが逮捕などは、ほんの序の口で、今まで散々企てられてきた詐欺、騙し、人口削減計画、世界支配計画などが暴かれ、その面々が3月中に一斉逮捕されることも、どうやらほんとうに実行されるようです。そして、その状況が何とテレビ中継され世界中で報じられるようです。そんなこと信じられますか?
こうなると何も知らない人々は何がなんだかわからなくなる「ぶっ飛んだ」状態になるかもわかりません。しかし、それはさらに「ぶっ飛ぶ」ほんの露払いに過ぎないことを知ることになると思います。その時に、皆さんが「ぶっ飛ばない」ためにお知らせします。
そして、これらのことは「銀河の闇の勢力」に加担して代々続いてきた悪のあぶり出しのようです。
最後の審判です。そして、これらのことは、地球と伴に人類とあらゆるものが一緒にアセンション(テレポーテーション)するための準備だとのことです。地球とそこに住む生き物達が同時にアセンションすることは宇宙では初めてのことのようで、宇宙の全ての目が注目し見守っているとのことです。そして、その一部は既に地球人の中に混じっており、ホワイトドラドンのメンバーになっているのかもしれません。実は、これらのことは、私自身まだ半信半疑な状態です。もっと色々検証して確信を持った時に投稿しようと思っていたのですが、今の段階で色々考えても確信するまでには至りません。色々と疑問を感じていることがあり、ちょっと引っかかっているのですが、知りえたことを早く皆さんにそのままお伝えするのが当ブログの基本なので、お伝えすることにしました。どうも、2012年は数千年に一度、いや数億年に一度かもしれませんが、どうもそのような年のようですので非常に展開が速く進むようです。
これらのことが、本当であるかどうかも3月中にはわかってくるものと思われます。後日、もっと検証し確信を持つことが出来れば再度お伝えしようと思っています。
簡単に言いますと、人類はこの数千年、あるシナリオにより暮らしてきた。そして、その人類を支配してきたのが、所謂、宇宙の闇の勢力で、肉体の無い悪魔意識の霊ではなく、宇宙の闇の勢力と言われる地球文明より遥かに進んだ宇宙人であること。その闇の勢力を崇める悪魔崇拝の一部の人類が世界を支配し、その闇の勢力と交信出来る者が世界の裏の最高指導者として君臨してきたと言うことです。
これは私の仮説ですが、その闇の勢力と交信出来るノウハウを持ったものが古来の一部のユダヤであると思われます。その手下が偽ユダヤ(白人系ハザール人)のロスチャイルドなどだと思います。
一方、失われたユダヤ十部族の末裔がアジアの東端の日本にたどり着き、天皇を守る、昨日お伝えした「八咫烏」であると、その「八咫烏」が人智を超えた力を持っているということは、宇宙の闇の勢力を駆逐する能力がある銀河連邦(連合)と交信出来る能力を備えていると言う想像です。この銀河連邦(連合)の支援があってこそ宇宙の闇の勢力を駆逐し、その手下の世界支配層も大々的に逮捕が可能になったのではと思われます。
で、この銀河連邦(連合)は、現在、イスラエルとイランとで戦争が起きないように徹底して管理しているそうです。そこで疑問ですが、銀河連邦(連合)がそこまで地球の人類のために協力してくれるなら、なんで、昨年の人工地震と福島第一原発の破壊を防いでくれなかったのか?
ということです。この疑問に明確に解答が見出せないと、銀河連邦(連合)による地球人類救済説も信頼できるものでなく、悪魔の陽動作戦である疑いすら出てきます。
ベンジャミンさんもこの辺の疑問もあるのではと思われます。
ただ、1つ納得は出来ないのですが、2011年10月28日までは、所謂、この世代の人類の5000年に及ぶ大きなシナリオがあり、そのシナリオには銀河連邦(連合)も介入出来なかったということです。
地球は今までは「猿の惑星」状態でしたから、俄かには信じられないと思いますが、宇宙には膨大な知的生物が存在し、地球人より遥かに進んだ文明・文化を持った人類も数限りなく存在すると考えるほうが当たり前であるし自然なことであると思います。
これらの仮説は、その前提によって成り立つことです。
ですから、「猿の惑星」状態を肯定されるかたはスルーしていただければと思います。
以下、参考記事
長文ですので、時間があるときにご覧下さい。
「ハートの贈りものー2012アセンション」さんより
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/13b07069c0146ea306b5258e7defbbec
「地雷撤去を手伝ってくれるET」
Message from the Galactic Federation 12/22/11
こんにちは。愛しき皆さん。今日はアセンションではなく、あなた方の世界の見えないところで進行中の出来事についてお話します。あなた方のメディアが調査も報道もしないこと、それは、光と闇の間で起こっている激烈な戦いです。それは、地球の周囲の宇宙空間を舞台にしています。我々は喜びと共に、我々、光の銀河連合が勝利を収めつつあることをご報告いたします。我々はまた、あなた方人類の安全を第一の関心事にしていることも知っていただきたいと思います。あなた方を戦いに巻き込まないよう多くの防護策を講じていますし、あなた方のアセンションにも干渉しないように極力、努力しています。地球のみならず、他の多くの世界から闇の脅威を取り除くための試みは時に大変骨の折れる仕事ですが、すべての世界を愛と光に満ちたけがれなき状態に戻すという任務は、順調に見事な前進を遂げています。双方の戦艦の数や、闇の影響を排除できた特定のベクターに関しての情報は、諜報活動の面から、また機密が必要な作戦であるため、あなた方と多くは共有できませんが、光が勝利を収めつつあることは、知っておいて下さい。
この、我々からのメッセージを読んで、どんな恐怖も感じる必要はありません。我々は単に、あなた方のうちもっと多くの人が、周囲の世界で何が起こっているか、また長らく言及されてきた大量ファースト・コンタクトが、何故未だに実現しないのか、その理由を理解するタイミングが来たと感じただけなのです。闇の勢力は、破壊力のある星間宇宙船を多数保有しています。すべて、人類が一生懸命働いて得たお金を刈り取った黒い予算から支払われたものです。闇の勢力の軍隊は、同じ様におのれの目的のために人類を監獄に閉じ込めておきたいという利害をもつ闇のET集団から、先端技術の供与を受けてきました。しかし、彼らが目的を達することは、我々が絶対に許しません。今回のメッセージは、恐怖を植えつけるためではなく、まさにその逆です。あなた方の間に、何故ファーストコンタクトが実現しないのか、本当に実現するのか、疑いの影が広がっています。これは、あなた方に約束した未来について、幾分悲観的になってしまっている多くの人の心に、再び希望の光を灯すためのものです。信念を持ち続けてください。我々は、戦いに勝利しつつあります。勝利は我々の、そしてあなた方のものです。人類はまもなく解放されます。日々、闇の勢力は後退し続けています。終結は見えています。
地球上には、何十平方マイルにもわたり、地雷を埋めた場所があります。これら地雷の撤去は、あなた方とのオープンなファースト・コンタクトを安全に行えるようになった時に、我々が行う作業の一つです。これらの何百万もの危険な武器の撤去は、我々銀河連合とあなた方、地球市民との共同作業になります。地雷の撤去に当たっては、我々の宇宙船は地面まで近づく必要がありますから、事実上、我々が存在すること、そして、我々の意図が、損なわれてしまったあなた方の世界の修復をお手伝いすることにあるというのが、すべての人に明らかになります。このような仕事が数多く、近い将来に行われます。お伝えしてきたように、あなた方の世界を、人類が存在する前、また他の地球外生命体種が地球へ危害を加え始める前の状態に戻すためには、多くの作業がなされなければならないからです。
共同作業では、あなた方の多くが我々のそばで働くことになり、それは、まもなく私たちが直接に対面することを意味します。うち解けて、お互いにもう少しよく知り合いましょう。一方で、あなた方の新しい職業の選択肢や機会についても話し合いましょう。我々と共に働き始めることに、ワクワク興奮してくれているのが感じられますよ。我々も、新しいパートナーシップを楽しみにしています。宇宙空間は広大ですから、ここで述べたような仕事がたくさん存在するのです。惑星を、もとの自然のけがれない状態に戻すためには、常に沢山やるべきことがあるのです。しかし、この仕事はまず故郷から、ですね。一つの魂として、癒しのプロセスはまず自分自身から始めて下さい。他の人を癒す仕事は、その後から。上の如く、下も然り、です。
我々はまもなく、人類家族のまえに姿を現します。闇の勢力は後退を重ね、生命線と言える場所から撤退しています。最後の闇の軍隊を宇宙のこの一角から追い出し、取り除くことができれば、我々は、正式な開かれたコンタクトを直ちに行います。これは、我々が極めて長い間、遂行してきたプロセスであり、達成するまで、我々がペースダウンすることはありません。その日は近づいています。まもなく、あなた方と一緒にいられるようになります。希望を持ち続けてください。闇のマスターからの解放は、すぐそこなのです。
「銀河連合から2012新年のメッセージ」
銀河連合からのメッセージ 1/1/12
親愛なる皆さん、我々は喜び、希望、愛、光のメッセージ、そして新年の約束を携えてやってきました。今日は、あなた方の文明に大きな変化をもたらす新しい年の最初の日ですね。変化はスムーズだと言いたいのですが、正直に申し上げて、過渡期においては、地球の多くの人々には驚天動地の出来事となるでしょう。まだ目覚めていない人々にとってこれまで、政府とは彼らを守り、医療を保障し、経済を保護し、行動や思考まで指示する存在であったのです。それがある日突然、政府そのものが崩壊し、彼らの知らない、選挙で選んだわけでもない多くの男女による組織に取って代わられるのです。唯一の本当の現実だと信じてきたすべてが嘘だったと知らされるのです。おそらく、そう聞かされること自体が彼らにとって初めてであり、理解してきたことすべてを疑わねばならなくなるのです。世界も宇宙も、まったく新しい姿を見せるのです。自分たち人類がこの宇宙で唯一の種族ではないという事実をたやすく受け入れられる人もいるでしょうが、そうでない人にとっては、足元が崩れ落ちるようなニュースなのです。あなた方はそのような、覚醒を難しく感じる魂たちに寄り添っていてあげるようにして下さい。それが、あなた方の仕事の1つなのです。あなたがもし、それをできないと感じ、また、あなたはできると信じる我々がいなかったら、あなたは今日ここでこのメッセージを読んではいないのですから。
我々銀河連合は、行動を起こす準備を整えています。既に人員を配置に付け、今はただ関連する全ての部署から、開始の準備が整ったという合図が来るのを待っています。一連の計画の中には、政府要人の入れ替えが含まれています。これまで明らかに私利私欲で行動し、ゆえに全く信用に値しない政治家や官僚たちは全員、世界中の権力機構から排除されます。続いて我々は、地球を取り囲む銀河連合の存在を明らかにし、着陸を行い、メディアを通じてあるいは個人単位での、地球人類とのオープンコンタクトを開始します。
未だに闇の勢力の喧伝や真実の隠蔽に従事しているメディアの多くは、彼らの脅迫や圧力を受けて、仕方なくそうしています。闇の勢力やその手先の連中が排除されるにつれて、メディア内部に存在する高潔な魂たちがその地位に応じて、自由に必要な活動を行えるようになります。あなた方の世界に関する真実等も報道されるようになります。それは最高に喜ばしい瞬間ですよ。想像できますか? その日、テレビを点けたときの興奮を? これまでのような闇の勢力の宣伝やマインドコントロールの垂れ流しではなくて、あなた方の兄弟姉妹のような存在たちが、これまでほとんど語られることのなかった情報を詳細にわたって解説してくれるのを見られるのです。
我々としても皆さんにお話したいことが沢山あり、プレゼンの機会を頻繁に持つつもりです。2012年の最後の日が終わるまでに、皆さんは新しい知識の多くの領域を知らなければなりません。そして人類は、高次元の領域へのアセンションに向けて、自らを方向付けてゆくのです。二元性の最後の日々を賢く使って下さい。あなたの人生に起きた多くの出来事を振り返り、総括して下さい。その多くは、あなたとあなたのスターファミリーが、あなたの学びと成長のために細心の注意を払って計画したことなのです。その多大な努力をどうぞ無駄にしないで下さい。この先待ち受ける変化の荒波の中で、あなたの助言を必要とする兄弟姉妹に寄り添い、影響を軽減してあげて下さい。それがあなた方の仕事の1つです。上手くやれることは証明されています。なぜなら、そうでなければ、あなたは今ここにいて、このメッセージを読んではいないのですから。今現在、このチャネリングが、我々が地上要員の多くとコミニュケーションを取る方法であり、我々は、これほど多くの皆さんが、我々の存在と我々の崇高な目的を世間に広めるという仕事を、信じられないほど素晴らしく実行してくれていることをとてもうれしく思っています。
大きな出来事がいよいよ始まろうとしています。皆さんも、皆さんの家族、友人、まだ知り合いではない方々も、よく準備するようにして下さい。新旧交代に伴い、世の中はやや不安定になります。変容が順調に進む場所もあれば、混乱の起こる場所もあります。それは避けようがありません。我々もこの仕事には熟達しています。一緒にやり遂げましょう。一緒にこの世界を、本来の持ち主であるあなた方、地球市民の手に取り戻しましょう。皆さんを待ち受けている出来事は奇跡以上のもの、あらゆる苦闘に値して余りある出来事です。しっかりつかまって、地に足をつけて。その日がどんどん迫っています。
我々は、星間からやってきたあなた方の光の家族です。
「地球のアセンションが宇宙全体のモデルケースとなる」
Message from Jennetta of the Galactic Federation of Light 1/30/12
中略
アセンションは、決して簡単な仕事ではありません。だからこそ今日、沢山の救いの手があなた方に差し伸べられているのです。事実上、すべてといっていい文明が、繰り返し外部の影響による恩恵を受けています。地球も例外ではありません。あなた方への我々の援助が、他の世界に対するそれよりも、多いことも少ないこともありません。あなた方が克服しなければならない困難のいくつかは、他の世界が直面する障害とは違っているとはいえ、全体として、あなた方の状況や課題は、あなた方の現在の発展段階と同じレベルにある世界の大半と、極めてよく似ています。我々は、3次元の世界だけを援助するのではなく、より高い次元振動数にある文明も援助しています。あなた方がアセンションを終えて、それで我々の仕事が終わるわけではなく、多くの意味で、それは始まりに過ぎません。次のレベルを超えたところのあなた方の世界も、我々は同様に援助します。連続する次元が、我々に、それぞれ異なる課題を与えてくれるのです。
あなた方のアセンションが特別である理由の一つは、人口の多くがアセンドするのみならず、宿主である地球も同時にアセンドする、という点です。これは、この宇宙では、今までになされなかった事なのです。そのため、全宇宙の目があなた方に注がれています。あなた方がこの先、選択する行動のすべてが、あなた個人の未来のみならず、あなた方の惑星の未来にとっても、あなた方の宇宙の未来にとっても、決定的に重要になります。何故なら、この非常に複雑なプロジェクトが成功するということは、ここで行われたことを原型として、同様のプロジェクトが将来にも行われることを意味するからです。そのことが、いまだ低次元の限界の中で苦闘している他の世界に対してもたらす意味は、計り知れないものがあります。ここでのあなた方の経験という贈り物は、この宇宙全体でシェアされる贈り物になり、あなた方のここでの仕事から大きな恩恵を受けることが可能な、非常にたくさんの世界へと贈られるのです。どうぞ時間を取って、これらの世界に、彼らにふさわしい贈り物をあげるための努力をしてください。ちょうど、あなた方が今、あなた方にふさわしいたくさんの贈り物を受け取っているように。それが計画です。皆さんがどれほど重要な役目を演じているか、今はもうおわかりですね。ここで起きることが、宇宙全体に影響するのです。
「スペース・ファミリーの存在を知らせて下さい−銀河連合からのメッセージ」
Message from the Ashtar Command 2/1/12
あなたがまだ仕事を始めていないとしたら、すぐにできることがたくさんあります。現時点では、あなた方の世界にスペース・ファミリーが来ている、そのニュースを率先して広めること、それが最も大切な仕事です。あなたの知恵をこの困難な時期の導きとして頼ってくる兄弟姉妹に手を差し伸べる、あなたはその仕事のために十分な準備をしてきました。「大丈夫ですよ」と声をかけてなだめてあげることが、変化を怖れる人々にとって大変役に立つのです。あなたは、自分の能力を知っていますし、我々も常にあなたを信頼してきました。我々の存在と、手助けをしたいという我々の高潔な目的を説明してあげて下さい。そしてその間、冷静な落ち着いた態度で手本を示してあげて下さい。我々は多くの世界を支援しており、あなた方の世界をもっと高い水準に進化させるのに必要な変化を、容易に加速させることができます。そうすれば、何処に住んでいようと誰であろうと、地球のあらゆる人が大きな恩恵を受けられるのです。
あなたは他の人と、必要以上に細かいところまで議論する義務を負ってはいません。常に、我々が何者か、何をするつもりか、簡単に説明するだけで十分です。冷静でゆるぎない確信をもって話すように心がけていれば、最初はその努力は無駄なように見えても、相手には常に好印象を残しています。ただ、種を植え、自力で芽を出させて下さい。あなた自身がスターシードなのです。あなたの専門は、まったく未知の、課題の多い世界に転生して、その世界に、あなたの知恵と高い波動をもつ概念と考え方を植えつけることです。地球は彼らの惑星であり、我々は単なるゲストなのです。ですから、あなたが話をする相手が、彼ら自身のスピードで進むことを許してあげて下さい。いつもこのことを忘れないで下さい。最終期限というものはありません。時を刻む時計はありません。我々の仕事をなし遂げるにあたっては、常に十分な時間があります。あなた方のやる気の面で切迫感があるだけで、この世界の外側のことや我々の任務については、焦る理由はないのです。
また、グレッグ・ジャイルズさんからの銀河連合のメッセージも、載せておきます。これは、「ふるやの森」に全訳が載っていますので、一部をそっくりお借りしました。
【投稿記事】銀河連邦2/2:地球着陸に向けて 1
私たち、光の銀河連邦は、皆さんの土地への着陸と、これらの必要な変化を直ちに開始する準備を済ませています。私たちとともに、すべての配置についている地球連合がいて、全体プランの次の段階に進むあらゆる準備が整った、との信号を待っています。皆さんの準備はいいでしょうか? 人間の多くが、私たちを受け入れ、目の前での発生を目撃することになる、世界に対する激しい変化に対応できる心理的な準備ができていることが、この作戦にとって大切なのです。もしある存在が、一つの現実であるものとして理解していたあらゆることが、目の前であらゆるレベルで変化するのを見たとき、この経験はきわめて不安なものとなり得ます。世界中の多くの人たちが、この転生の間眠っていただけではなく、もっと多くの人たちが突然、激しく揺れるベッドから放り出されるような経験をすることになるのです。私たちは、これらの変化が円滑で、すべての人たちが容易に受け入れられ、むしろ世界のあらゆる病弊が地球上のすべての存在にとって良い方向に癒されるのを見て楽しめる様に望むものです。皆さんの世界で、私たちの存在の秘密が暴露されたときには、多くの人たちが、完全な恐怖とパニックに陥ることを、私たちのモニターサービスチームが予想していますので、私たちはこのような楽観的なことが容易には起こらないことを十分に理解しています。
私たちの作戦の中で、大きな期待を寄せられているデスクロージャーの段階では、これは、私たちが受け入れなければならない事実です。私たちが望むことは、このために転生している多くのライトワーカーたちが、行動を起こし、仲間の兄弟、姉妹たちの恐怖を収めるのを見ることです。これが今の時点で点灯している希望です。これが私たちの全体のプランの中での最大の変動要因です。私たちの全体のミッションのうちの他のほとんどの領域は、完全に整列させたドミノのように進行するでしょうが、私たちの真の関心は、私たちの地上要員のうちの十分な数の者が、今の時点で、サービスの呼びかけに応えるかどうかです。この呼びかけは、今行われていて、私たちの目はあなた方に注がれています。あなた方のサービスはこのパズルにとって重要な一片であり、舞台の中央にいるのはあなた方なのです。あなた方は、呼びかけに対応し、兄弟、姉妹たちのために、この必要な時にそこにいるように要請されています。多くの人たちには何回も説明が行われ、あなた方すべては、この時点で何をすべきか知っているはずです。あなた方の多くは、周辺で、今、何が起きているのか、知識が力なので、あなた方の兄弟、姉妹たちへの情報の伝達を支援するために得た知恵を使う時であると、自身に知らせる時間を取っていることでしょう。十分な数の人たちが周囲で起きるイベントを十分に理解すれば、私たちが共にすべての必要な変化を起こすためにより容易に働ける環境があなた方の世界のために計画されているので、地球の上には突然静寂がもたらされ、湧き上がる恐怖は去り、ただ、平和なのどかさが得られるでしょう。
私たちは、作戦の次の段階に進んで、目的を遂げる準備ができています。私たちは、あなた方が、プラン通りに、” テーブルを整え”、他の人たちに私たちの出現に十分に備えさせるという目的に向かうのを待っています。私たちのモニターサービスチームはあなた方の集合意識を定常的に読み取れるように忙しく働いていますし、私たちは毎日のこのような大きい進歩をものにしたあなた方の着実な努力が見られるとの報告に幸せを感じています。人々と地球に対する報酬は大きく、たくさんあるのですから、努力を続けてください。あなた方の集合的な経験が大いに進展する新しい時代にまさに入ろうとしてます。あなた方の多くは、目前に広がるすばらしい光景に目を奪われ、私たちはこれらの変化の実施に向けて突き進む多くの人たちがいることに、ただ興奮を覚えるのみです。
「銀河連邦が、私たちの協力を求めています!」
2012-02-08 21:27:31 | 銀河連邦グレッグ・ジャイルズのメッセージ
銀河連邦が闇の勢力を逮捕するのを許可する署名活動が行われています
Message from James of the Galactic Federation of Light 2/7/12 (光の銀河連邦、ジェームスからのメッセージ)
我々は今、闇の勢力を権力の座から排除する仕事を推し進めています。奴らはあなた方の世界の実質的な支配者であり、地球の生態系を全域にわたって破壊し、天然資源を略奪し、それをあなた方に法外な値段で売りつけてきました。そのために、多くの人々が家に暖かさと灯りを求めるだけのことで貧しさに追いやられ、あげくの果てに凍死しています。我々はこの問題で、あなた方を直ちに支援したいと願っています。もうここら辺できっぱりと闇の奴らを一斉検挙し、権力の座のみならず、地表からも追い払いたいのです。我々には、そうするだけの力があります。我々は、あなた方の許可を求めます。あなた方のために、それをやらせていただけませんか。我々のチームは完全に準備を終えており、直ちに実行に移すことが可能です。チームは、司令官からのゴーサインを待っている段階です。
これらの男女が拘束されれば、あなた方は、即座にはっきりと変化が起きたことを実感するでしょう。逮捕はドアの後ろで行われるにしても、その話は世界中に広まります。その出来事がもたらす意味合いも、確実に世界に広がってゆきます。我々は、逮捕の瞬間を既に手中にしており、司令官の合図があれば、素早く力強く行動を開始します。我々はあなた方にこのことを知っていただき、この情報をできるだけ広範囲に広めてもらいたいのです。地球の歴史上で、最も重要なイベントの一つだからです。闇の勢力が進路から一掃されれば、あなた方の世界は速やかに、効率よく、これまで長い間、誰も夢にも思わなかったほど、想像を越えて美しく、自由な世界へと変貌を遂げるでしょう。我々の仕事を手伝っていただけませんか? あなた方の道から障害物を取り除く、神聖なる機会を与えていただけませんか? 我々は、あなた方の合図を待っています。ここはあなた方の世界、あなた方があなた方の船の司令官だからです。
「まもなく逮捕が放映されます−銀河連邦のメッセージ(2/10)」
2012-02-11 15:39:22 | 銀河連邦グレッグ・ジャイルズのメッセージ
Message from the Galactic Federation of Light 2/10/12
Channeled through Greg Giles, Ascension Earth 2012, Feb. 10, 2012
このメッセージが本物だと受け取めてもらえることを願っています。闇の勢力のリーダーの逮捕を皮切りに、変化が次々と長期にわたって続くでしょう。その変化は非常に広範囲で、あなた方の生活を多くの面で変えてしまいす。この言葉を読んでいる人々の中にはまだ、疑っている人、真実だと信じていない人がいますね。
あなた方に申し上げます。直感に従って下さい。このように大変な時期には、直感の方がより良い導き手となるのです。多くの人が今、証拠を求めています。しかし、確固たる証拠であっても、あなた方が受け取ろうとしないのです。各人は、それぞれ必要としている証拠の量が違います。テーマによっても、また、その人がどの程度まで情報に既に馴染んでいるかによっても、それは異なります。ですから、銀の皿で差し出された証拠をどのようにあなたが受け取るか、それは選択の問題なのです。
今は、水漏れを防ごうと、堤防のたくさんの穴に指が突っ込まれている状態です。しかし、我々が着陸を許されなければ、そしてあなた方と共に多くのプロジェクトを開始できなければ、堤防はすぐにも決壊してしまいます。我々に、機会を与えて下さい。そうすれば、頑固な反対者や疑い深い人、懐疑論者、我々の言葉を信じるなんて余りにも恐ろしいと感じている人々に、我々が平和と愛のうちにやってきたこと、あなた方の進化の上で極めて重要なこの時期に、あなた方を手助けするべく旅をしてきたことを、証明することができます。
我々は、あなた方に逮捕をお約束しました。それを実行します。作戦の次の段階になっています。あなたがこのメッセージを読んでいる間にも、我々の同盟者たちがそのための最終配置についています。我々はあなた方のメディアの何社かと、このイベントに関する報道協定を結びました。全世界がこの報道を見ることができるでしょう。この話に、あなたが興奮しているのがわかります。今日、我々はこう言いましょう、明日は期待を裏切りませんよ、と。しかしまた、これらの逮捕劇は単なる始まりです。人類の進歩を阻んできたこれらの者たちが排除されれば、あなた方が経験する大きな変化へのスタートが切られるのです。奴らのうちのある者は、政府内にいる、選挙で選ばれた政治家ではありません。あなた方の世界には、多くの人が知らないパワーブローカーが存在してきました。奴らは、大衆の支配というアジェンダにおいて、不可欠の役割を果たしてきています。
皆さんは時間をかけて、これらの闇の勢力のメンバーとアジェンダを同胞に知らせる努力をしてきました。さらに、お願いします。この逮捕の情報を広めて、人々が、奴らの逮捕とそのもたらす大きな影響をもっと深く理解できるように助けてあげて下さい。皆さんの多くは、奴らの大掛かりな陰謀に精通すべく、多くの時間とエネルギーを割いてきており、我々は、その点を称賛します。皆さん全員がそれぞれ独自の才能と他の人にシェアできる贈り物を持っており、それらの知識が、たくさんの人の利益となるのです。これらの陰謀者たちは、多くの名前と組織で知られています。我々光の銀河連邦は、彼らを単純にCabal 、闇の勢力と呼ぶのを好んでいますが、あなた方には、馴染みのある名前を使っていただいてかまいません。New World Order でも、イルミナティでも。
今、何が起こっているのか、自分たちにとってどういう意味があるのか、それを理解する人が増えれば増えるほど、この大イベントのもたらすインパクトも大きくなります。我々は、奴らの逮捕劇を、地球規模での変容が起こる新しい時代への分岐点となるイベントにしたいのです。そのために今、この逮捕劇とその意味するところを、なるべく遠く広く広めて下さるようにお願いしています。まもなく、逮捕が始まります。今から、その驚くべき物語の放映が始まるまでの間に時間を取って、テーブルをセットして下さい。そうすれば、奴らが拘束される姿がテレビの画面に映った瞬間に、あなた方の間に沸き起こるポジティブなエネルギーを、変化への強力な触媒とすることができます。我々は、この機会を最大限に利用したいと願っています。全世界にポジティブなエネルギーを作り出す、この絶好の機会を無駄にしたくないのです。そして、このエネルギーの高まりと高い波動をすべて余すことなく利用して、我々の次なる作戦、オープン・ファースト・コンタクトへと迅速に移りたいのです。我々は、この機会を逃せません。それを確信していただけますね。ですから、油断なく注意して、いくつかの異なるニュースソースに目を光らせていて下さい。我々は、どのメディアと協定を結んだかを、闇の勢力に知られたくないのです。とはいえ、この逮捕劇を見過ごすことは難しいでしょうね。我々は今日、Awakening、覚醒が、大変な力とスピードを得て、世界的な流れとなったのを見ました。そのため、我々のモニタリング部では、近日中に膨大な数の人類が目覚めるだろうと予測しています。これは、大変な吉報です。何故なら、いまだに、現在届いている新しいエネルギーに目覚めていない人々が多く残っている現状では、その点が、力を集中しなければならない核心の領域だからです。しかし、我々は、それも急速に変わるだろうと見ています。多くのLightworker の皆さんに、どのような知識の分野であれ、あなたの高次元の知恵を広める努力を続けてくれるようにお願いします。頑固な反対者や懐疑論者に、あなたが前もって決めている任務を妨害されないようにして下さい。馬鹿にされてもへこたれない、そのあなたの能力を深く信頼している者たちがいるからこそ、あなたはこのミッションに選ばれたのです。過去にも確信をもってお伝えしましたが、今日も断言したいと思います。あなた方は、馬鹿だとか狂人だとか思われたままで、終わることはありません。それどころかやがて、新しい流れを作る人、先見者として崇められることになるでしょう。今日、あなた方に浴びせられている罵声は、その者たちが拒んでいた間にあなたが獲得した叡智、それを求める懇願へと変わることでしょう。それがあなた方の将来です。そして、その時期は遠からずやって来ます。ですから、今は逆境にめげずに前進して下さい。あなた方はほとんどもう、トンネルの終わりの光に到達しているのですから。あなた方のミッションのこの段階はまもなく終了します。この暗い廊下の隅々まで光を輝かせようというあなた方の大変な努力を、我々は心から称賛しています。
「子供もペットも、アセンションのチケットを持っている」
2012-02-24 19:00:41 | 銀河連邦グレッグ・ジャイルズのメッセージ
「子供を置いて、自分だけアセンションするなんて、できない。。」 そう思っておられる方、多いのではありませんか?
私も、そうでした。想像するだけで、胸が引き裂かれてしまう。涙)
でも、大丈夫! ちゃんと、メッセージが届きましたよ。むしろ、彼らに、波動で追いつけるように、こちらががんばらないと、置いていかれそうです。笑)
鍵は、unconditional love (無条件の愛) ですから!
Thursday, February 23, 2012
Children, Pets & Ascension  (子供とペット、アセンション)
多くの人がこの時期、自分の子供たちとペットについて大変心配しています。人類がグレートシフトの頂点に達する時、その者たちも一緒に、高次元へとアセンドできるのだろうか、と。最初に1点、はっきりさせておきましょう。意識的であろうが、無意識にであろうが、あるいは、現在の転生の前であろうが、アセンドするということを選択した者は、この地球から消え去って、新しい5次元の地球に物質化するわけではありません。そうではなくて、我々は安全に大地に足をつけたまま、地球全体がアセンドするのです。高次元のエネルギー波に乗りたいと願う者は、そう選択すれば良いだけです。その選択によって、私たちの天使やガイド、スター・ファミリー、ソウル・ファミリーが手伝って、それを実現させてくれるのです。
子供やペットについては、心配すべき理由はありません。何故なら、彼らは元々、多次元の存在で、いわば高次元へのチケットを既に手に持った状態で転生してきているからです。この時期、地球に転生してきた子供たちは、新しい5次元の地球のスチュワードであり、そのような神聖なる任務に対して有能であることを示したために選ばれています。理論的には、過去20年以内に産まれた子供たちは100%、インディゴかクリスタル、レインボー・チルドレンです。彼らの魂の持つ、より高い波動が、地球のアセンションを助けるために必要なのです。ペットに関しても、彼らは既に多次元の存在であり、私たちの、ともすれば孤独に見える旅路の道連れとなるべく、転生してきてくれています。彼らも、より高い次元の波動の持ち主で、この時期に地球と人類に奉仕することを任務の一部としています。その確たる証拠は?と、お尋ねですか。このことを理解するだけでも十分でしょう。3次元の存在として、人間の最大の課題の1つは、unconditional love(無条件の愛)のスピリチュアルな美徳を習得するということです。それを理解してはいても、私たちの多くはまだ、愛に多くの条件をつけてしまうことを白状しなければなりませんね。正直に言って、それを否定できないでしょう。「もし、私のことも愛してくれるならば、あなたを愛します。もし、私を裏切らないならば、あなたを愛します。もし、あなたが魅力的な人だと思えたならば、あなたを愛します。もし、お金をたくさん持っているならば、あなたを愛します。」それらは、私たちが誰かを愛する時に付ける条件のたった数例に過ぎません。しかし、自分に問うてみて下さい。毛皮を着た私たちの友だちは、私たちを愛する時に、どんな条件を付けるでしょうか? どのような扱いをされても、時にひどい扱いをされても、私たちの誠実なコンパニオンは、私たちを常に無条件で愛してくれています。何故なら、彼らは既に、unconditional love というスピリチュアルな美徳を習得しているからです。このようにさえ言えるかもしれません。私たちの最愛なるペットは、私たちの多くにとって、 Wayshower (道を示す者)だと。ですから、子供たちや忠実なるコンパニオンについて、心配する理由がないことがわかりましたね。私たちが、この宇宙の高次の領域にアセンドする時、彼らは傍らに寄り添っていてくれるのです。彼らのアセンションは、既に決まっているのですから。
「光の銀河連邦から、あ・な・たへの緊急メッセージ!」
「通常の生番組の途中で、’生活を一変する’ニュース速報が流れます! (3/1/12)」
これまでの人生で、あなたはずっとグッド・ニュースを待ちわびてきました。その日がついにやって来ました。ごく間近に、あなたは世界中で、これまで世界の政治・経済のリーダーと目されてきた多くの男女がいっせいに逮捕されるのを目撃します。これらの逮捕は合衆国政府内にまで及び、金融・銀行業界の多数のメンバーを含みます。その名前の多くは、聞けばすぐにわかるでしょうし、すぐにはわからなくても、全員が人々に対する重大な犯罪に積極的に加担し、私たちが一生懸命に稼いだお金を略奪するために、国家を破産させてきた者たちです。
奴らの逮捕は、これまでにはあり得なかったこと、地球を変えることです。人類はついに、通称、闇の勢力と呼ばれるこれらのパワーブローカーによる暴虐非道な支配から逃れることができるのです。私たちの多くにとっては、奴らの逮捕は別に驚くことではありませんね。私たちは、この世界は何かが非常にまちがっていると、深いところで認識してきました。ごく一握りの人間が、人々の労働からくすね取ったお金で、何百万ドル、何十億ドルどころか、何兆ドルもの財を成す一方で、非常に多くの人が飢えたまま眠りについています。地球上にはいつだって十分に行き渡る富があったのに、それをごく一部の男女がすべて実質的に自分たちだけで山分けし、残りのわずかなパン屑をめぐって、残りの人間が争うように仕向けてきたのです。奴らが逮捕されて、これからはそれが変わってゆきます。
きわめて高潔な男女の新しいリーダーシップのもとに、多くの新規のプロジェクトがただちに開始されます。彼らは、私たちの世界を、かつてそうであったように、憲法を基盤にした、真に民主的なプロセスによって統治されるユートピアに戻すという責任を引き受けています。その活動に献身する男女が、合衆国政府内に、ペンタゴンに、軍部に、金融セクターに、民間ビジネスセクターに多数存在しています。彼らは、この努力に人生をかけてきた人々で、極秘のうちに何年も心血を注いで作り上げてきた新しい豊饒化システムを、人類に提示することを切望しています。その手続きの一環として、闇の勢力が人々から盗んできた莫大な額の資産が再分配されます。そのプログラムは、地球上のすべての男女子供に多大な恩恵をもたらし、誰一人として見過ごされることも、忘れられることもありません。しかし、まだ続きます。犯罪者集団の多数が逮捕された後、作戦の第2段階が始まります。今日、私たちの世界には、古い家族とのオープンな再会を求める多くのスピリチュアルに進化した存在が訪れています。この世界においては、犯罪者集団が主要な軍隊を掌握し、高度に進化した兵器システムを保持してきました。その奴らの武装解除に協力してくれたのが、これらのスピリチュアルに進化した男女なのです。
人類の進化した祖先である彼らは、私たちと同じ外見をしていますが、私たちが出会うことになる他の存在の中には、異なる外見をした者たちもいます。全員、アセンド/次元上昇したスピリチュアルな存在で、ここには単に、私たちが自分の内奥で達成しなければならないと感じている変化、それを手助けするためにのみ来ています。これらの存在こそが、この世界の元々の立案者であり、エジプトのピラミッドのような多くの考古学上の大いなるミステリーを建設した、その同じ先進文明なのです。彼らは全くもって、私たちにとって未知の存在ではありません。何故なら、私たちも彼らの祖先なのですから。全員が。
ここ地球では、非常に重要な社会実験が長年にわたって実施され、私たちはその構成要素の一部でした。私たちは、一見したところ、ここに孤独に取り残され、自分たちの力で何とか切り抜けてこなければなりませんでした。この実験は今、終わりを告げ、大成功を収めました。私たちは今や、星々から来た兄弟姉妹との再会を果たし、大銀河系コミュニティへ喜んで迎えられようとしています。
大銀河系コミュニティには多くの名前で知られる多くの世界が存在しますが、現時点では彼らを、平和的な同盟:光の銀河連邦の名前で呼んでおくのが簡単でしょう。他にもここには、アシュタル・コマンドを含めて、スピリチュアルに進化した組織体が訪れています。
闇の勢力の逮捕およびスター・ファミリーとの再会が果たされれば、私たちの世界のすべての問題は、純粋な真心からの意図をもつソウルたちのリーダーシップを通じて、新しい黄金時代の社会へと迅速にスムーズに引き継がれます。全世界のコミュニティの努力により、すべての戦争、飢餓、貧困、病気、汚染、それに、日々の奴隷のような生活も、すぐに過去のものとなるでしょう。進化したテクノロジーが、生活のために働く必要性に取って代わり、全員が、これまで温めていた独創的な夢、そのすべてを自由に追求できるようになるでしょう。
これらのことすべてが、多数の犯罪者たちの緊急逮捕から始まります。
奴らの逮捕が社会に与える意味、それを理解した地球市民の人数が適切な数に到達すれば、そのイベントはすぐに実現します。それこそが、あなたが今日、このメッセージを読んでいる理由です。あなた方人類家族の多くの人々が、このニュースをあなた方に伝えるべく、ベストを尽くしています。彼らは、自分たちの文明を、世界中のすべての人に平和と自由と繁栄をもたらす新しい黄金時代へと先導する活動に参加しているのです。
どうぞ、あなたも、このメッセージを、フェイスブックや他の SNS で広める活動に参加して下さい。あなた自身が本物の変化を作り出し、同胞たちの導き手となるチャンスです。このニュースを広める上で自らの役割を果たせば、私たちは、世界中で、トップの座にいる者たちの逮捕が始まるのを目にすることができます。それこそが、あなたが今、読み終えたすべてが真実であることを証明するサインになるでしょう。
転載終了


悪魔のあぶり出し
http://blog.kuruten.jp/katukan01/198473












◆この記事へのコメント(投稿順)

1. mm 2012年3月8日 14時25分 [返信する]

はじめまして。
News USさんから、こちらのサイトにおじゃましました。3月7日23:53の勝さんの記事の内容に関しまして、私も、全く同じことを感じていました。あまりにも、同じなので、びっくりしてしまいました。シンクロとか共鳴、resonate とか言うものと思います。世の中には同じことを感じている方がけっこういらっしゃるんですね。こちらのサイトを発見できて、うれしいです。ありがとうございました。
■このコメントへの返信■
1. 勝寛舟 2012年3月8日 21時55分
コメントありがとうございます。
いやーうれしいです。同じ頃に同じように感じていたとは・・・
この本文にも書いたように、この記事を書くのに少し躊躇しました。同じようなことをSFのように書く時は気軽に書けますが、現実に大きく影響する「とんでも話」は、どうしても強く責任を感じてしまいます。mm様が同じように感じていたことが解り、心強く思いました。「News U.S.」さんは世界支配層が操る経済危機を専門に堂々と記事にしているので、私も毎日見ています。この観点からハッキリと主張するブログは以外に少なく、皆さんに危機を知らせる貴重なブログだと思います。
2. mm 2012年3月11日 11時11分 [返信する]
コメントへのお返事ありがとうございました。大変同調できる勝さんの記事は毎日読ませていただき、参考にさせていただいております。ところで、今回、勝さんに、ちょっとご意見をお訊きしたいことがございます。現在、銀河連邦の協力の下、地球連合(いろいろな組織や人材)が悪のイルミナティを処罰するために動いておられるようですが、地球上の悪者の人間をいくら処罰しても、その裏で彼等を操ってきた大元の悪魔の存在を倒さないと、また別の欲深い地球人グループを操って、地球人を支配するのではないかと、危惧しています。これは、余計な心配でしょうか。また、ガイアの法則という本を読みましたが、その法則によると、シュメール文明から続いた文明は今度は日本に戻ってきて花を咲かせるそうです。日本が中心になるそうですが、どうも現状の日本を見るとそのような状態ではない感じがします。私たち日本人が覚醒して、一人ひとりが神の存在として動かなければ、日本が世界を先導できないのではないかなと思います。
すみません、これらの点についてご意見やご存じの情報をお聞かせいただければ幸いです。ありがとうございました。
■このコメントへの返信■

1. 勝寛舟 2012年3月11日 21時58分

度々のコメントありがとうございます。
銀河連邦と地球連合が闇の勢力と世界支配層を駆逐しているとのことについて、大いに期待していますが、確信は持てずにいます。世界の金融関係で既に2百数十名が辞任に追い込まれているとのことが「News U.S.」さんで報じられています。これは駆逐が進んでいると捉えることが出来ますが、逆に彼らの役目が終わったとも捉えられます。
このことは世界の大手金融機関が近々潰れることを意味します。既に、ドル、ユーロは裏付けが無い通貨とのことは既報しました。このように、今の段階では世界支配層が世界を騙す陽動作戦の可能性もあるわけです。ベンジャミンさんも最終決着がつくまで油断しないようにと言われています。それと、大元の悪魔は、私はその悪魔は霊的な存在で無く、残忍な宇宙勢力の知的生命体であると考えています。ある情報では、その大元の悪魔は既に地球勢力圏から去ったとの情報もあります。日本人が覚醒して世界を導く可能性は、現状から見ると全くその気配が無いことはおっしゃるとおりだと思います。ただ、地理的条件、歴史の経緯、本来持っている日本人の本質的な心の持ちようなどから、ある日突然目覚めるのではと期待しています。私もスピリチュアル系といわれるブログも見ていますが、なにしろ彼ら彼女らのような能力が無いので確信できません。しかし、この2012年中にはそれがハッキリするのではと思っています。
答えになっているかどうか解りませんが、そのように思っています。
3. mm 2012年3月12日 10時28分 [返信する]
再度の質問にお答えいただきまして、誠にありがとうごさいます。私も、まさに、同じようなことを感じておりました。他のサイト情報では、勝さんがおっしゃるように、既にダークなエンティティ(蛇や爬虫類系?)は、ほとんど地球から去ったように書かれています。今は闇の支配者の中に残る悪の意識が悪さを続けているとのこと。。。ただ、どうしても、地上の悪者退治に中国がかかわっていることが心配です。ロシアはまあ良いとしても。もちろん、アセンション後は中国や米国などという国別の権力争いは終了し、世界が180°変わっていると言われますのでなんら心配することはないのかもしれません。ただ、今まで騙され、翻弄されてきた私たちにとっては、中国の今後の世界制覇は現実的に油断ができないと感じています。ダークな宇宙人?が中国を後ろから操っていないことを願っています。ありがとうございました。


悪魔のあぶり出し

http://blog.kuruten.jp/katukan01/198473
伊勢白山道 

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20120313  















FRB、ロスチャが降伏
2012/1/12(木) 午後 2:56
□ベンジャミン・フルフォードの国内外 金融・経済・政治の裏事情レポート
◆ 米連銀大株主の一大派閥が日本への交渉を望んでいる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2012/1/10号 VOl.157≫
月末日、国際金融界は年に数回ある恒例の裏決算日(国々の裏帳簿の決算日)を迎える。
巨額の支払期限を伴うその日を前に、株式会社ワシントンD.C.、並びに米連銀の大株主グループの一大派閥の1つがホワイトドラゴン財団に日本政府との交渉を委任してきた。これで、長らく続いた金融戦争にも終わりが近づいたと言えるのかもしれない。
米連銀側が提示してきた最初の交渉案は、アメリカの対日借金の9割相当を金(ゴールド)の現物で支払い、残りの1割を米ドルで支払いたい、とのことだった。彼らは、さらに世界中から貧困を無くし、環境破壊に歯止めをかけ、これまで封印されてきた技術を解禁して独自の事業展開を推し進めることを約束している。ただし、彼らが支払いに充てようとしているのは第二次世界大戦中に封印されたブラックゴールド(闇金)であり、その正当な所有権を巡る問題はいまだ解決されていない。
もちろん、ホワイトドラゴン財団も彼らと交渉を進めるにあたって最初に幾つかの条件を提示している。
先ずは、アメリカ国内で流通しているドルと海外に出回っているドルとを実質的に乖離させること。
つまり、現在基軸通貨となっているドルとアメリカ国家を切り離し、アメリカはドルとは別の新たな自国通貨を発行する、ということだ。さらに・・・・
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/
FRB・ロスチャイルドついに降伏か!? (くもち) 2012-01-10 18:56:12
ベンジャミン・フルフォード氏の本日付メルマガで重大ニュース発表ですよ。以下引用
FRB・ロスチャイル全面降伏の模様。
日本政府との和解を水面下で交渉予定!
FRBの主要株主グループのうちの最後の1つが、ついに和平交渉を申し立ててきらしい。
その内訳として、日本政府への借金の大半を”ブラックゴールド”と呼ばれる闇の金塊で支払うということです。
ドルはアメリカの元を離れ、世界共通の通貨として流通するようです。
アメリカ国内でしか通用しない屑ドルは廃止され、新たな独自通貨を発行することになります。
2012年12月22日、FRBが廃止となるその日をもって、新通貨の発行が発表されるとみられます。
ついに、デヴィッド・ロスチャイルド率いるデヴィッド・ロックフェラー、ジェイ・ロックフェラー、ブッシュ、ハリマン、モルガン、ウォーバーグといったFRBの背後にいる勢力が完全降伏を宣言したということになる。
ふるやの森 http://blog.goo.ne.jp/flatheat
アメリカが、本気で日本へお金を返してくれるならば、日本の借金はなくなるのです。
日本の借金の原因は、多くがアメリカによって買わされた米国債のせいです。
日本でこれまで悪事を働いてきた売国奴も軒並み逮捕されたようです。
和解は既に具体的な事務手続きに至るまで進められており、来週中にも日本政府との交渉が始まるようです。
1月中には何らかの良い動きが出てくる可能性がある。いいニュースだが、ぬか喜びにならぬよう祈っているよ。
ふるやの森 http://blog.goo.ne.jp/flatheat
(経済界を牛耳ってきた、FRBとロスチャイルドが降伏したとなると、これで経済は光の側のものとなったも同然。
英国王室、バチカン、各国政府、マスコミ、国際的企業、中国、ロシア、北朝鮮などもお願いします。)
ホント????
2012/1/12(木) 午後 4:35 [ kunkun193 ]
フルフォードのこのてのFRB関連のドルの話は、数年前より何度も聞かされていますので、何とも言えませんね…。
まあ、期待はしたいですけどね。
2012/1/12(木) 午後 6:17 挽き物屋
掘さん、いつも拝見して参考にしてます。幅広いピックアップ情報をありがとうございます(^^) 〜私は信じます♪
フルフォード氏の指摘する一面は、“ある”と思います。ただ 真に受けた身内は、数年前にアメリカ人に従うよりないと決心。“日本はアメリカの州、または支店”という基本に乗っ取り渡米。その後、資本主義体制が根本から瓦解へと激変期の様相に。〜私共は、フルフォード氏の指摘を信じたのです。ですから、この“闇の終りの潮時”は、光に満ちた祝福の時代への大いなる転換として 喜んで受け取りたいと思います。
2012/1/14(土) 午前 7:03 [ ☆☆ ]
マシュー君とか、カガリさんとか、古谷さんとかの正直者が、ヤミの敗退を伝え続けていますから、フルフォードさんの情報も真実であろうと思われます。もうすぐ、ディスクロージャーが有って、ファーストコンタクトが有って、NESARAか又は緊急避難が有って、世の中があわただしく変化していきます。
2012/1/14(土) 午後 1:27 [ hor*s*sum*8 ]

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/839324.html


posted by datasea at 03:28| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

社会情報:ディープステート大量逮捕


pp6520180105335.jpg


Delta Force Seized Obama Get-Away Vacation Mansion in Thailand (Under Solyndra Name) +Videos
Tuesday, January 2, 2018 9:18

Before It's News
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2018/01/delta-force-seized-obama-get-away-vacation-mansion-in-thailand-under-solyndra-name-videos-3351826.html
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html

twitter.com
www.twitter.com/bertranddave1





(要約)
米軍特別攻撃隊,タイの別荘で休暇中のObamaを拘束
2018年1月2日火曜日9:18
Dave Bertrand大尉より
件名:朝の短報(2018年1月2日)
本文:
今週末,驚くべき出来事がに起きた。
特務をうけた米軍デルタフォース特別攻撃隊(U.S. Military Delta Force)がタイの別荘(Solyndra社名義)で休暇中のObamaを拘束したようだ。
デルタフォース特別攻撃隊は,金の地金,コンピュータ,数百万ドルなどを押収。
Obamaは別荘のダイニングテーブルには暖かい食物を残したままで別荘を後にした。
米国民に「愛された」Obamaが約5億3500万ドルもの資金を偽の連邦補助金の名目でSolyndra社に横流し,
最終的にObama自身がその利益を得ていたという。
Solyndra社はシリコン・バレーのベンチャー企業で,実質的には架空インサイダー会社,補助金受領後に計画倒産。現在は存在しない。
実質的には5億3500万ドルの税金の持ち逃げだ。
2018年は良い年になりそうだ。アメリカ国民が共産主義グローバリスト,小児性愛者,幼児食人鬼からアメリカを取り戻す時がきた。
アメリカから逃げ出す大物たち。
IRANも危ない。人々は自由を望んでデモ行進している。    
北朝鮮は次のICBMを発射する用意ができている。金正恩(the Munchkin-Un)はX-Boxのある部屋から出られない子供みたいだ。
ビッグニュースはもうすぐ…
Hillary,Podesta兄弟,George Soros,Huma…
Julian Assangeはレーダーを張り巡らす。
Hillaryは足首のGPSトラッカーをブーツで覆い,ゲーム好きのJohn McCainとトランクの取り換えっこ。
マスコミを巻くためにトランクを替える。お次はカリフォルニア州の女性議員のトランクだ。
でも我々は騙されない。
12月20日,Trump大統領は国家非常事態/大統領令(The National Emergency / Executive Order)に署名,21日に法制化され実行された。
大統領令によって,約10,000の封印された告発が世界に公開される。
彼らの財産と銀行預金は押収される。公開質問,審議のためだ。
最近のTrump大統領の演説の中の「Hello Obama」という言葉があったが,あれは何か暗号のメッセージだったのか。
「我々は4兆ドルを取り戻す。あるいは,もっと」
アメリカ国民が共産主義グローバリストからアメリカを取り戻す時がきた。
-Dave Bertrand

gfghfdg pc










2018年01月02日10:51
ディープステートの極悪人たちが処刑される?
元旦から気になるヒュースが飛びこんできましたのでご紹介します。
これが裏舞台で本当に起きているのだとしたら。。。。ミサイルを発射するぞと威嚇している北朝鮮どころではないようです。
ネバダ州最高裁はディープステートの極悪人たちを処罰しようとしています。
法律用語がよくわからないため詳しくはご説明できないのですが。。。
かなり重い刑を言い渡されることになるようです。
新年のニュースにはふさわしくないのですが。。
http://beforeitsnews.com/9-11-and-ground-zero/2017/12/nevada-indictements-unsealed-choice-of-firing-squad-or-life-in-quantanamo-bay-for-wait-till-you-read-the-names-2442150.html
(概要)
12月31日付け
ネバダ州最高裁で起訴された者たちとは?
多くの人々が待っていたことがついに起こりました。
ネバダ州最高裁は9.11テロ事件の秘密作戦に関与したとして国家への反逆罪で次の者たちを起訴したと公表しました。
・・・ヒラリー・クリントン、バラク・オバマ、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ(パパブッシュ)、
ジョージWブッシュ、リチャード・チェイニー、ジョン・アシュクロフト、ジョン・ブレナン、
ケビン・スぺイシー、エドワード・ブロンフマン、ポール・ウォルフォウィッツ、ジョージ・ソロス、
ジェイムズ・ベイカー、リチャード・パール、ピーター・モンク、コンドリーザ・ライス、ブレント・スコックロフト、デイビッド・ロックフェラー・・・・
パパブッシュに関しては、公開逮捕及び銃殺隊に処刑されることになるでしょう。
また、ジョージ・ソロスに関しては、記憶に深く残すためにも、テレビの視聴者の前で2度処刑されることになります。
ジョン・マケインに関しては、グアンタナモ刑務所で最長20年間服役することになります。
ジョン・アシュクロフトとリチャード・チェイニーに関しては、Uranium Oneを介してアメリカのウラン鉱山をロシアに売却したことも含めて死刑になるでしょう。
上記の者たちは(複数の反逆罪で)敏速な軍事裁判にかけられます。彼らの多くが既にグアンタナモ刑務所に留置されています。
彼らの多くが戦争中に国家に対する裏切り行為をしたとして起訴されました。彼らは最も厳しい判決を言い渡されることになるでしょう。
彼らの犯罪はサウジアラビアとイスラエルの協力を得て行っていました。
また、バリック・ゴールドなど、犯罪を計画、実行したか、その計画を認識していた者たちも起訴されることになります。
ピーター・モンクは、9つの反逆罪で起訴されたため、銃殺隊に処刑されるか、薬物注射で処刑されるか、グアンタナモ刑務所で終身刑を言い渡されます。
リチャード・チェイニーは8つの反逆罪で起訴されました。彼らのパスポートは押収されるでしょう。
エドワード・ブロンフマンも銃殺隊に処刑されるでしょう。
この男はSeagrantsのオーナーではなかったですか。
ブロンフマンもジョージWブッシュも9・11テロ事件の首謀者ですから銃殺隊に処刑されるでしょう。
ジョージ・ソロスは、ピーター・モンクと共に15の反逆罪と貿易プラットフォームを設置した罪で起訴されました。
ソロスも銃殺隊に処刑されることを求めていきます。
現在のところ、1万人以上が起訴されました。しかし今回の起訴状には小児性愛犯罪は含まれていません。
以下省略

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020234.html








2017年12月31日17:33
アメリカで大量逮捕は現実に進攻中です。
このブログでも何回かお伝えさせていただいておりますが、
アメリカではディープステート側の犯罪者ら(反逆行為、小児性愛犯罪、人身売買、裏金、その他)の逮捕、起訴が続いているようです。
主要メディアはそれについて一切報道しないため多くの人々はこの事実を知りません。
私も、今回もデマなのではないかと思っていましたが。。。
事の成り行きを見ていると。。。その可能性が大きいのではと思います。
特に悪名高いグアンタナモ刑務所に大量の米軍部隊が配備されたそうですが、大量の囚人を受けいれる体制を整えているのだとか。。。
また、世界中で容疑者が次々に逮捕されているのだとか。。。
まあ、小児性愛犯罪組織のネットワークが世界中に広がっていますから、逮捕しきれないかもしれませんが。。。
また、トランプは約2週間前に死亡しクローン人間が造られたと伝えた人もいましたが、これまでの流れから、幸い、トランプはまだ生きており、替え玉或はクローンではないと思います。
もし一連の逮捕劇が嘘であったなら、トランプもクローン化されてしまったのかも。。。
あまりにも極秘に事が進められているためその後どうなったかについては簡単に知ることはできないかもしれません。
とりあえず、大勢の犯罪者が逮捕されていることは確かなようです。
別のニュースでは、逮捕されることになっている犯罪者のマッケイン議員が海外逃亡の準備をしているそうです。
来年、世界はどのような方向に進むのでしょうか。少しでも良い方向に進んでもらいたいものです。
<出発数時間後に引き返したロサンゼルス発成田行き便についてのニュース:日本版>
http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/27/ana-la-narita_a_23318283/
ハフィントンポストより:
ロサンゼルス発成田行きの全日空175便が12月26日、出発してから数時間後に、別の便に搭乗する予定だった乗客1人が紛れ込んでいたことが判明し、引き返すトラブルが起きた。NHKニュースなどが伝えた。
乗客200人あまりを乗せた同機は、機長判断で引き返し、離陸から約8時間後にロサンゼルスに戻った。
その後、当初の離陸から16時間後に改めて、成田に向けて出発した。
紛れ込んだ乗客は、20代のアメリカ人男性。時事通信によると、男性は兄弟で同機に搭乗したが、実はユナイテッド航空便のチケットを持っていた。
客室乗務員が、空席のはずの座席に座っていた男性に声をかけて間違いに気付いたという。
搭乗するはずのない乗客がいることが判明した場合に引き返すのは安全規定に従った措置。
ロサンゼルス国際空港では不測の事態を警戒し、警察当局が一時警戒態勢を取ったという。
歌手のジョン・レジェンドさんと一緒にこの飛行機に乗っていた妻でモデルのクリッシー・テイゲンさんが、Twitterで「なぜ1人の間違いで私たち全員がひどい目に遭わなきゃいけないの?予定通り東京に飛んで、その人だけ送り返さないの」
と投稿し、注目を集めた。
http://beforeitsnews.com/crime-all-stars/2017/12/more-arrests-gitmo-its-what-you-arent-seeing-that-is-important-video-2462162.html
(一部)
12月30日付け
大量逮捕が続いています。
皆さんが目にしていない隠されたものこそが真実なのです。
今起きていることはハリウッド映画のフィクションだと思っている人がいるかもしれませんが、それは違います。
我々の子供たちの生命にかかわることが起きているのであり現実の世界で実際に起きているのです。
それらは大量虐殺事件です。事実に目を向けず、批判的なコメントをする人たちは今こそ目を覚ますべきです。
私が現実に何が起きているかを皆さんにお伝えしても中にはそれを信じたくない人がいます。しかし多くの人々は覚醒しており実際に何が起きているかを把握することができています。
彼らに対する裁判はハリウッド映画のような裁判にはなりません。彼らは大量虐殺者なのです。彼らは強姦者であり子供たちを拉致してきました。彼らは法を超越している存在と思っています。彼らを、グアンタナモ刑務所でなく、他の刑務所に投獄すれば、彼らは刑務所のオーナー、守衛、裁判所の関係者らを買収し刑務所からこっそり抜け出すことも可能でしょう。
皆さんが知らない間にニューヨーク市長は18人の犯罪者を別の場所へ移そうとしています。市長は彼らを赦免し国外退去させることにするでしょう。
ニューヨーク市はまだディープステートの影響下にあります。
ディープステートの影響下にあるニューヨーク市はトランプ大統領の指示に従いません。
しかしトランプに従わない彼らは大きな災難に見舞われることになります。
大量逮捕・起訴に関しては簡単に物事が進展するわけではなく、このような反発が(我々の知らないところで)毎日のように起きています。
私と全く同じように真実を明らかにしているYou are free TVと呼ばれるチャンネルが開設されました。
今、我々のように真実を明らかにしているサイトに多くの人々が集まってきています。
しかし真実を伝えていないサイトには閑古鳥がなくよういなります。
我々はソーシャルメディアのあちこちで真実の情報を拡散し続けています。
私のブログ記事により多くの人々が目を通してくれれば、多くの犯罪者をグアンタナモ刑務所に送ることができるのです。
先日、ロサンゼルス発の全日空175便が数時間後にロサンゼルスに引き返しましたが、その理由は。。。その飛行機に性的搾取を目的とする人身売買業者が乗っていたからです。警察は飛行機が着陸した後、飛行機に乗っていた1人の人身売買業者を逮捕した後、同じ飛行機に乗っていた他の4人(人身売買に関与していたとみられる)も逮捕しました。
デープステートの犯罪者らを逮捕することがいかに大変なことかを理解すべきです。
当局は彼らを逮捕するまでは情報が絶対に外に漏れないよう極秘に行動しています。
そのため飛行機が着陸した後、空港の照明が一時的に消されました。
主要メディアや主要ジャーナリズムは我々の敵なのです。
主要メディアが非常に危険な逮捕の瞬間を映像で流せば、一般の人々の命を危機にさらすことになります。
ディープステートの正体や現実に起きていることを理解しない人々にはもはや望みはありません。
主要メディアが報道していることは真実ではなく、主要メディアが報道していないところに真実が隠されていることを知るべきです。
トランプとトランプ側の当局はものすごいことをやろうとしているのです。
当局に逮捕された犯罪者たちがその後どうなるかは誰も知りえないでしょう。
なぜなら彼らはカバラ犯罪者集団だからです。
これまでカバラ犯罪者集団を倒した人物は誰もいません。
レーガンもケネディも彼らを倒そうとしましたが、邪悪なカバラたちは自分たちの権力を維持するために彼らの口封じを行い殺害しました。
なぜ、大量逮捕が実現しているかについては、ソーシャルメディア、真実の情報を拡散している市民ジャーナリスト、ジュリアン・アサンジ、その他の活動家の存在があるからです。
そうでなければ、カバラ犯罪者集団は絶対に逮捕されずに今後も彼らの犯罪
(小児性愛犯罪、児童保護施設での児童の拉致、児童の人身売買、ケムトレイル、遺伝子組み換え、裏金、政府の共謀など)が隠蔽され繰り返されることになります。
民主党は税制法案から始まり全てにおいて嘘を吐き続けています。
彼らは嘘を吐く集団です。
彼らは偽善者でありカメラに向かって平気で嘘を吐きます。
民主党は100年もの間、同じようなことをやってきました。
しかし永遠にそれを続けることはできません。民主党は潰れるべきなのです。
これはあまり報道されていないことですが、トランプ大統領はクリスマスの日に自腹で非常に多くの(困っている)人々にクリスマスの御馳走をプレゼントしたそうです。
またトランプは大量逮捕にかかる費用(一部?)を自分で負担しているそうです。
現在、トランプが行っていることは我々が想像を絶するほどものすごいことなのです。
http://beforeitsnews.com/military/2017/12/gitmo-mystery-grows-media-quiet-as-military-deployed-2480517.html
(概要)
12月30日付け
グアンタナモ刑務所で大きな動きがあります。大量の米軍部隊が刑務所に配備されました
By Captain Dave Bertrand (Ret.)
Qアノンのウェブサイトの情報によると、
グアンタナモ刑務所はもうじき大量の囚人を受けいれるための準備をしているそうです。
反撃をかわすために、秘密裡に大量の米軍部隊をグアンタナモに配備しました。
大統領は、法にのっとりヒラリーなどの大物(反逆者)らを最初にグアンタナモ刑務所に送り込むと命の危険にさらされることになります。
しかもその結果、アメリカ国内で内戦が勃発してしまいます。そのため、手始めに
米財務省の反逆者らをグアンタナモ刑務所に送り込むことにしたようです。
逮捕者リストを見れば分かりますが、彼らは米国民ではないのです。。。
オバマ政権下の民主党はグアンタナモの囚人に裁判を受けさせるためにニューヨークに搬送しましたが、トランプ政権はそのようなことはしません。
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2017/12/podesta-group-clinton-foundation-focus-of-the-trump-eo-3351003.html
アメリカではクーデターが進行中です。
また、世界中で犯罪者らが逮捕、起訴されています。
もし、トランプが彼らをグアンタナモ刑務所に送り込むことを拒否し、彼らを第9サーキット(裁判所)に出廷させたなら。。。
何が起こると思いますか。
これらの反逆者らを監視し続けるにはグアンタナモ刑務所に投獄させ軍法の下で裁判にかけるべきなのです。
ディープステートが行ってきたこと:
ビル・クリントンやラムズフェルドはロシアと共謀しアメリカの極秘情報を中国と北朝鮮に提供しました。
また、(ヒラリー国務長官時代の民主党は)アメリカのウラン鉱山をUranium Oneを介してロシアに売却しました。
さらに、彼らは大量破壊兵器を保有していると決めつけた外国政府を倒すためにアルカイダ、ISISに武器を提供して攻撃させました。
さらに、彼らは9.11テロ事件を起こし数千人もの人々を殺害しました。
また、Fast and Furiousによってメキシコのカルテルを介してヒズボラに武器を売却しました。
また、FBIの元副長官(フィル・マッド氏)はCNNの番組に出演しおおっぴらにトランプを暗殺すると語りました。
ディープステート(カバラ)が関与してきた犯罪は、小児性愛犯罪、児童の人身売買、虐待、虐殺、「霊の料理」と題する乳児の人肉食い、ロシアとイギリスの諜報機関を買収しFBIの公式文書として偽造文書(トランプを追いやるため)を公開して米国民をだましたり、CIAやFBIの上層部の腐敗、汚職の数々。。。これでも彼らをグアンタナモ刑務所に送り込めない理由があるのでしょうか。
犯罪者集団が作成した国防権限法(NDAA)は、ブーメランとして彼らに返ってきています。
以下省略

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52020169.html









ワクチン接種希望
2010
オーストリアのジャーナリスト、ジェイン・ブルガマイスター(Jane Bürgermeister)は、死の豚インフル・ワクチンで人口を間引きしようとする計画を暴露し、WHO(世界保健機関)、国連、バラク・オバマ、 ロックフェラー、ロスチャイルド、その他に対し、FBIに告訴する手続きをした。
ジェインが言うには、鳥インフルも豚インフルも、実験室で開発され、ワクチン接種による大量殺戮を目的として民衆にばら撒いたものである。
彼女の告訴文書は「細菌テロの証拠」と題されている。
米国のことを書いてあるが、世界中どこでも同じことだと彼女は言う。
米国の連邦および州政府の上層部とつながっている国際犯罪企業シンジケートは、人工(遺伝子操作した)インフルエン ザ・ウィルスの世界的流行を利用して大量殺戮を行うつもりであり、
米国の支配を国連とその軍事力(中国、カナダ、イギリス、メキシコなどから成る国連軍) に移管する目的で、アメリカ人を大量に殺傷するワクチン接種を強要しようとしている証拠がある。
バクスター社(Baxter)、ノバルティス社(Novartis)などのワクチン製造会社と同様に、WHO、国連な ど多くの組織が、一つの仕組みの一部として機能している証拠がある。
その仕組みは、中核となる犯罪組織の指揮で統制され、そこから戦略的指令と資金提供を 受けながら、人工ウィルスを開発・製造・流布し、細菌兵器薬物=ワクチン接種の正当化を目論んでいる。
その目的は、アメリカ人を抹殺し、北米の資産や資源 等を獲得することである。
その規模と手法は歴史的に初めてであるが、犯罪の動機としては昔からある強盗殺人と同じである。
中核の組織は、三極委員会のような委員会や、毎年のビルダーバーグ会議で個別に会ったときに、戦略目標と作戦の優先順位を秘密裏に決定している。
(訳者注:三極委員会とは、アジア、北米、欧州の有力者が私的に結集する組織。ビルダーバーグ会議のように秘密組織ではない。
1973年にロックフェラーやブレジンスキーによって日米欧委員会として発足した。)
ジェイン・ブルガマイスターは、数少ない本物のジャーナリストだ。
FBIに告訴したことで、彼女は「再生利用可能エネルギーの世界(Renewable Energy World)」というウェブサイトの欧州通信員の仕事を解雇された。
「再生利用可能エネルギー」だって? 
再生が必要なのは、ジェインを解雇したのは良識ある社会人だ。
いずれにしても、このことがコントロールされていることを示す例だ。
By David Icke 翻訳:為清勝彦

挽き物屋
http://ameblo.jp/moneynosinri/theme-10008333504.html

youtubez
http://animal.youtubez.biz/burgermeister-





大手幹部の辞任、逮捕つづく
2012年3月6日
Greece Defaults. Dozens More Senior Bankers Resign. More Arrests.
Posted by Tapestry at 3:44 AM 4 comments
Tap
http://the-tap.blogspot.com/2012/03/greece-defaults-dozens-more-senior.html
大手幹部の辞任、逮捕つづく
2012年3月6日
辞任、逮捕者リスト
2011年9月1日 (米) Bank of New York社チーフRobert P. Kelly氏、辞任。
http://goo.gl/NdW7q
2011年9月20日 (英)Bank of Scotlandのオーナーである Lloyds Banking Groupの会長Sandy Leitch氏、辞任、退社を表明。
http://goo.gl/Dx8qs
2011年9月11日 (スイス) SNB Bank Council社Fritz Studer氏、辞任。
http://goo.gl/7dNiD
2011年9月21日(オーストラリア) JP Morgan社オーストラリアニュージーランドセキュリティCEOのJane Perryre氏、辞任。
http://goo.gl/Qx0Va
2011年9月25日 (スイス) UBS社CEOのOswald Gruebel氏、辞任。
http://goo.gl/WCeqB
2011年10月5日 (英) UBS社チーフFrancois Gouws氏、辞任。
http://goo.gl/OuUjr
2011年10月5日 (英) UBS社チーフYassine Bouhara氏、辞任。
http://goo.gl/OuUjr
2011年10月29日 (中) China Construction Bank Corp社会長Guo Shuqing氏、辞任。
http://goo.gl/fdd9v
2011年10月29日 (中) Agricultural Bank of China Ltd社会長Xiang Junbo氏、辞任。
http://goo.gl/yWX9R
2011年11月2日 (英) Lloyds Banking GroupチーフエグゼクティブAntonio Horta-Osorio氏、退社を表明。
http://goo.gl/3L9gE
2011年11月4日 (米) MF Global社会長 Jon Corzine氏、降格。
http://goo.gl/tUaVY
2011年11月11日 (香港) Goldman Sachs社アジア部門チーフYusuf Alireza氏、辞任、退社。
http://goo.gl/pejs3
2011年11月21日 (日) UBS社投資部長松井氏、辞任
http://goo.gl/OiDiq
2011年11月29日 (米) Peoples Bancorp社ディレクターR. David Land氏、辞任。
http://goo.gl/XncOc
2011年12月15日 (バミューダ) HSBC Bermuda Ltd,社幹部John Campbell氏、辞任。
http://goo.gl/peFGD
2011年12月15日 (バミューダ) HSBC Bermuda Ltd,社CEOのPhilip Butterfield氏、辞任、退社。
http://goo.gl/peFGD
2011年12月15日 (英) Coutts社シニアバンカーJames Fleming氏、辞任。
http://goo.gl/ANN5B
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Mark Giles氏、辞任、退社。
http://goo.gl/dFDpH
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Claire Gargalli氏、辞任、退社。
http://goo.gl/kowkW
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Leslie Disharoon氏、辞任、退社。
http://goo.gl/kstLp
2011年12月23日 (米) 国立バージニア銀行(VNB、Virginia National Bank) 幹部Neal Kassell氏、辞任、退社。
http://goo.gl/NrrPZ
2012年1月1日 (ナイジェリア) ユナイテッドアフリカ銀行(United Bank for Africa) 幹部Victor Osadolor氏、辞任。
http://goo.gl/b6AoA
2012年1月1日 (イスラエル) Leumi社CEOのGalia Maor氏、降格。
http://goo.gl/xwlFt
2012年1月3日 (米) Suffolk Bancorp社社長兼CEOのJ. Gordon Huszagh氏、降格。
http://goo.gl/joExI
2012年1月3日 (米) サウスポート銀行(Southport Bank)社長兼CEOのMichael Falbo氏、就任6ケ月で辞任。
http://goo.gl/DP1uK
2012年1月3日 (英) Arbuthnot Banking Group社幹部Neil Kirton氏、辞任。
http://goo.gl/SKE7j
2012年1月3日 (英) Arbuthnot Banking Group社幹部Atholl Turrell氏、辞任。
http://goo.gl/bzZtQ
2012年1月5日 (英) Saunderson House社CEOのNick Fletcher氏、降格。
http://goo.gl/zvo1L
2012年1月9日 (スイス) SNB社会長Philipp Hildebrand氏、辞任。
http://goo.gl/5qsUu
2012年1月9日 (米) ホワイトハウスバンカー兼チーフWilliam M. Daley氏、辞任。
http://goo.gl/34F0B
2012年1月12日 (米) Goldman Sachs社セキュリティチーフEdward K. Eisler氏、辞任、退社。
http://goo.gl/i2TVk
2012年1月12日 (米) Goldman Sachs社セキュリティチーフDavid B. Heller氏、辞任。
http://goo.gl/i2TVk
2012年1月19日 (スペイン) Santander社米国支部長Francisco Luzon氏、辞任、退社。
http://goo.gl/jEY7Y
2012年1月20日 (日) 野村証券販売部長Jasjit Bhattai氏、辞任、退社。
http://goo.gl/6FuWe
2012年1月21日 (ギリシャ) Institute of International Finance社ディーラーCharles Dallara氏、辞任、退社。
http://goo.gl/NbPlt
2012年1月21日 (Greece) Institute of International Finance社ディーラーJean Lemierre氏、辞任、退社。
http://goo.gl/E3AkE
2012年1月21日 (米) Nara Bancorp (BBCN)社社長Min Kim氏、降格。
http://goo.gl/rcfJ3
2012年1月29日 (ニュージーランド) ニュージーランド貯蓄銀行(New Zealand Reserve Bank )社長Alan Bollard氏、降格。
http://goo.gl/BwUgv
2012年1月30日 (英) Venture Capital Association (BVCA) 社COOのAndrew Graham氏、降格。
http://goo.gl/4SDW8
2012年1月30日 (英) バターフィールド個人銀行(Butterfield Private Bank) 社長Danny Dixon氏、降格。
http://goo.gl/sdY1p
2012年2月1日 (英) 前ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)CEOのFred Goodwin氏、ナイトの称号剥奪。
http://goo.gl/CoLVS
2012年2月1日 (南アフリカ) ABSA [Barclay's Bank]社副CEOのLouis von Zeuner氏、辞任。
http://goo.gl/IP8nH
2012年2月1日 (英) Lloyds Bankging Group社販売部チーフTruett Tate氏、辞任、退社。
http://goo.gl/OqRVo
2012年2月1日 (英) Llyods Banking Group社Tim Tookey氏、2月末まで連絡とらず。
http://goo.gl/vjO5M
2012年2月2日 (ベネズエラ) Arne Chacon氏、銀行破産の容疑で逮捕。
http://goo.gl/bb5sh
2012年2月3日 (英) UBS London社トレーダーKweku M. Adoboli氏、不正取引の容疑で逮捕。
http://goo.gl/ClTaq
2012年2月5日 (米) Morgan社投資チーフJoseph Perella氏、辞任、退社。
http://goo.gl/pG2jF
2012年2月5日 (米) Morgan Stanley社ディーラーTarek Abdel-Meguid氏、辞任、退社。
http://goo.gl/bRv9K
2012年2月6日 (INDIA) Dhanlaxmi Bank CEO Amitabh Chaturvedi氏、辞任、退社。
http://goo.gl/OhCEb
2012年2月7日 (米) バンクオブアメリカ (Bank Of America)チーフBarbara Desoer氏、辞任、退社。
http://goo.gl/i7AUY
2012年2月7日 (インド) コタックマヒンドラ銀行(Kotak Mahindra Bank) Falguni Nayar氏、辞任、退社。
http://goo.gl/fP03J
2012年2月9日 (バチカン) バチカンの司教4人、バチカン銀行の不正容疑。
http://goo.gl/tW8Sj
2012年2月9日 (ウクライナ) ウクライナ国立銀行(National Bank of Ukraine)チーフVolodymyr Krotiuk氏、辞任。
http://goo.gl/8BuXy
2012年2月9日 (英) JP Morgan Chinese Investment Trust PLC社ノンエグゼクティブディレクターMadam Yujiang Zhao氏、辞任。
http://goo.gl/CPO23
2012年2月10日 (韓) 韓国為替銀行(Korea Exchange Bank)チーフLarry Klan氏、降格。
http://goo.gl/DBKdc
2012年2月10日 (インド) タミルナッドメルカンタイル銀行(Tamilnad Mercantile Bank)CEO A K Jagannathan氏、辞任。
http://goo.gl/wMl5g
2012年2月13日 (クウェート) クウェート中央銀行(Kuwait Central Bank) CEOのSheikh Salem Abdulaziz Al Sabbah氏、辞任。
http://goo.gl/GFvIy
2012年2月13日 (英) Goldman Sachs社、同社のトップディーラーであるGeorge N. Mattson氏の辞任を発表。
http://goo.gl/vgnq2
2012年2月14日 (ニカラグア) ニカラグア中央銀行(Nicaraqua Central Bank) 社長Antenor Rosales氏、辞任。
http://goo.gl/iQ0n8
2012年2月14日 (英) チャリティバンク(Charity Bank)社長Malcolm Hayday氏、辞任、退社。
http://goo.gl/uHp6C
2012年2月14日 (パキスタン) パキスタン国立銀行(National Bank of Pakistan、NBP)会長Syed Ali Raza氏、辞任。
http://goo.gl/scexo
2012年2月14日 (米) Goldman Sachs社Jeffrey Moslowre氏、辞任。
http://goo.gl/7h4O7
2012年2月15日(世界) 世界銀行(the World Bank)CEOのZoellick氏、辞任。
http://goo.gl/dHDSm
2012年2月15日 (スロベニア) Nova Kreditna Banka Maribor社CEOのAndrej Plos氏、辞任。
http://goo.gl/SNsVI
2012年2月15日 (スロベニア) Nova Ljubljanska Banka d.d. CEOのBozo Jasovic氏、辞任。
http://goo.gl/TyYiJ
2012年2月16日 (英) The Financial Services Authority社Margaret Cole氏、降格。
http://goo.gl/yT6rS
2012年2月16日 (ガーナ) Databank Group社エグゼクティブチェアKen Ofori-Atta氏、降格。
http://goo.gl/c7PtU
2012年2月16日 (サウジアラビア)サウジホランディ銀行(Saudi Hollandi Banks)マネージングディレクターGeoffrey Calvert氏、辞任。
http://goo.gl/CtmOU
2012年2月16日 (豪) ANZ銀行オーストラリア支社(ANZ Bank Australia )CFOのPeter Marriott氏、辞任。
http://goo.gl/I7Alo
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)トレーダーJason Edinburgh氏、逮捕。
http://goo.gl/WczHh
2012年2月16日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド社(Royal Bank of Scotland)ディレクターVincent Walsh氏、逮捕。
http://goo.gl/I7Alo
2012年2月16日 (英) Marex Spectron社シニアトレーダーMichael Elsom氏、逮捕。
http://goo.gl/I7Alo
2012年2月16日 (豪) ロイヤルバンクオブスコットランドオーストラリア支社(Royal Bank of Scotland Austrailan)CEOのStephen Williams氏、辞任。
http://goo.gl/4r16D
2012年2月17日 (米) Goldman Sachs社 CEOのLloyd Blankfein氏、夏まで休み。
http://goo.gl/UjpzD
2012年2月17日 (スイス) SNB Council社 社長Hansueli Raggenbass氏、辞任。
President resigns
http://goo.gl/1n1Nr
2012年2月18日 (パキスタン) アサドジャムカシミール銀行(The Bank of Azad Jammu & Kashmir)チーフZulfiqar Abbasi氏、辞任。
http://goo.gl/G0woP
2012年2月20日 (露) ロシア銀行(Russian Bank)チーフGennady Melikyan氏、降格。
http://goo.gl/Unuez
2012年2月20日 (スイス) Credit Suisse社チーフJoseph Tan氏、辞任。
http://goo.gl/F5twL
2012年2月20日 (イスラエル) ローミ銀行(Bank Leumi le-Israel Ltd)Zvi Itskovitch氏、辞任。
http://goo.gl/aA0RW
2012年2月21日 (米) First Financial Northwest社ディレクターSpencer Schneider氏、辞任。
http://goo.gl/6Dj0i
2012年2月21日 (アルゼンチン) アルゼンチン中央銀行(Central Bank of Argentina、BCRA)Gen Mgr Benigno Velez氏、辞任。
http://goo.gl/DuMrm
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターAbdul Matlub氏、辞任。
http://goo.gl/aEmwB
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターSelima Ahmad氏、辞任。
http://goo.gl/aEmwB
2012年2月21日 (バングラデシュ) Nitol Insurance Co. Ltd社ディレクターAbdul Musabbir Ahmad氏、辞任。
http://goo.gl/aEmwB
2012年2月21日 (バングラデシュ) City General Insurance Co. Ltd社ディレクターGeasuddin Ahmad氏、辞任。
http://goo.gl/aEmwB
2012年2月21日 (バングラデシュ) イスラミ銀行(Social Islami Bank Limited)ディレクターTaslima Akter氏、辞任。
http://goo.gl/aEmwB
2012年2月21日 (日) CITIBANK JAPAN社ディレクターBrian Mccappin氏、解任。
http://goo.gl/Z1rnw
2012年2月22日 (香港) DZ銀行(DZ BANK)金融チーフTim Meaney氏、辞任、退社。
http://goo.gl/ppKno
2012年2月22日 (米) Goldman Sachs Hedge Fund Group社ディレクターChief Howard Wietschner氏、辞任、退社。
http://goo.gl/x4Zsr
2012年2月22日 (英) UBS AG’s (UBSN)社厚生部部長Doug McCutcheon氏、辞任、退社。25年勤務。
http://goo.gl/Dnxqh
2012年2月23日 (英) Goldman Sachsノルウェー支社M&AバンカーLuca Ferrari氏、辞任、退社。
http://goo.gl/qmCh3
2012年2月23日 (南アフリカ) スタンダードバンク(Standard Bank)Richard Gush氏、辞任。
http://goo.gl/DTL5S
2012年2月23日 (英) ロイヤルバンクオブスコットランド(Royal Bank of Scotland Group)ディレクターJohn McFarlane氏、辞任。
http://goo.gl/KoEUI
2012年2月24日 (インド) ICIC銀行(ICICI Bank)GCのPramod Rao氏、辞任。
http://goo.gl/5eUqU
2012年2月24日 (香港) Citigroup Pvt Bank Global Real Estate社Kwang Meng Quek氏、辞任。
http://goo.gl/JIC9A
2012年2月24日 (NEW ZEALAND) FSF Executive Director Kirk Hope resigns
http://goo.gl/6UJau
2012年2月24日 (米)Evercore Partners社社長Eduardo Mestre氏、降格。
http://goo.gl/n5RLY
2012年2月25日 (豪) Goldman Sachs社会長Stephen Fitzgerald氏、降格。
http://goo.gl/nMTLW
2012年2月25日 (ドイツ) ドイツ銀行米国支社(Deutsche Bank Americas) チーフSeth Waugh氏、降格。
http://goo.gl/8lxSw
2012年2月27日 (バーレーン) カーレジ商業銀行(Khaleeji Commercial Bank) CEOのEbrahim Ebrahim氏、辞任。
http://goo.gl/yKjzL
2012年2月27日 (仏) Societe Generale’s Investment Banking社投資部門チーフMichel Peretie氏、降格。
http://goo.gl/IJ5Lw
2012年2月27日 (マレーシア) エラフ銀行(Elaf Bank) CEOのEl Jaroudi氏、辞任。
http://goo.gl/eVCS5
2012年2月27日 (インド) コタックマヒンドラ銀行(Kotak Mahindra Bank) Falguni Nayar氏、辞任。
http://goo.gl/pTbII
2012年2月27日 (独) Equiduct社会長 Artur Fischersteps氏、降格。
http://goo.gl/Q0dWR
2012年2月27日 (バーレーン) Mumtalakat Holding社CEOのAl Zain氏、辞任。
http://goo.gl/hhHSm
2012年2月27日 (イラン) メリ銀行(Bank Melli) CEOのMahmoud Reza Khaavari氏、辞任、カナダへ逃亡。
http://goo.gl/DDEUk
2012年2月27日 (イラン) サデラト銀行(Bank Saderat) CEOのMohammad Jahromi氏、辞任。
http://goo.gl/ZD0mc
2012年2月27日 (英) Lloyds Banking Group社 Glen Moreno氏、降格。
http://goo.gl/dsXcE
2012年2月28日 (香港)ハンセン銀行(Hang Seng Bank)CEOのMargaret Leung Ko May-yee氏、辞任。
http://goo.gl/Uo800
2012年2月28日 (中) バンクオブチャイナECM(Bank of China International ECM) グローバルヘッドMarshall Nicholson氏、辞任。
http://goo.gl/26MYq
2012年2月28日 (シンガポール)DBS社セキュリティヘッドJim Pasqurell氏、辞任。
http://goo.gl/NDJze
2012年2月28日 (香港)バンクオブアメリカアジア支店(Bank of America's Asia-Pac.)Brian Canniffe氏、辞任。
http://goo.gl/cRkCP
2012年2月28日 (ベルギー)KBC社CEOのJan Vanhevel氏、辞任。
http://goo.gl/1rCWd
2012年2月28日 (カナダ)オンタリオ監視委員会(Ontario Securities Commission)会長Peggy-Anne Brown氏、辞任。
http://goo.gl/HIYXv
2012年2月28日 (豪)オーストラリア銀行マネージャーColin John Carleton氏逮捕、懲役9年。
http://goo.gl/ggPvq
2012年2月28日 (スリランカ)スリランカコム銀行(Sri Lanka Com Bank)CEOのAmitha Gooneratne氏、辞任。
http://goo.gl/YxvNA
2012年2月28日 (南アフリカ) REDEFINE INCOME FUND社ディレクターGerald Leissner氏、辞任。
http://goo.gl/F0UgN
2012年2月28日 (伊) 国会議長Rampl氏、連絡とれず。
http://goo.gl/7aLRU
2012年2月28日 (英)英国銀行(Bank of England)サーDavid Lees氏、同銀行会長の職を打診、2013年末辞任を条件に着任。
http://goo.gl/LkJhV
2012年2月29日 (アイルランド)State Street Global Advisors社投資部門ディレクターKeith Walsh氏、辞任。
http://goo.gl/n6uoM
2012年2月29日 (豪)Perpetual社ポートフォリオマネージャーMatt Williams氏、役を辞任(降格)。
http://goo.gl/Jh9jd
2012年2月29日 (英)Honister Capital社CEOのRichard Pearson氏、役を辞任(降格)。
http://goo.gl/014or
2012年2月29日 (ギニア)ギニア国立投資会社(NICIL、National Investment and Commercial Investments Ltd.)エグゼクティブディレクターWinston Brassington氏、辞任。
http:// goo.gl/L7I35
2012年3月1日 (マレーシア)RHB銀行(RHB Bank Bhd)マネージングディレクターRenzo Viegas氏、辞任。
http://goo.gl/wACrI
2012年3月1日 (伊)イタリア銀行協会(Italian Banking Association)会長Giuseppe Mussari氏、辞任。
http://goo.gl/3llyT
2012年3月1日 (米)Florida Venture Forum社エグゼクティブディレクターRobin Lester氏、辞任。
http://goo.gl/nA8g9
2012年3月1日 (米)PineBridge Investments社チーフエグゼクティブWin Neuger氏、辞任。
http://goo.gl/SI7kT
2012年3月1日 (シンガポール)UBS Singapore社ディレクターJames Tulley氏、辞任、退社。
http://goo.gl/BGugF
2012年3月1日 (米)ピスタカタ貯蓄銀行(Piscataqua Savings Bank)CEOのJay Gibson氏、辞任。
http://goo.gl/uEqDV
2012年3月3日 (アイスランド)Iceland’s Financial Supervisory Authority (FSA)社ディレクターGunnar Andersen氏、解雇。
http://goo.gl/VG9q5
2012年3月3日 (中)China Construction Bank Corp社アシスタントジェネラルマネージャーMickey Mehta氏、辞任。
http://goo.gl/B9dR0
2012年3月3日 (米)Deutsche Bank Student Loan社CEOのJohn Hupalo氏、辞任。
http://goo.gl/8kZuc
2012年3月3日 (英)英国銀行(Bank of England)Sir Mervin King氏、辞任。
http://goo.gl/ZEUwf
2012年3月3日 (ボツワナ)バークレー銀行ボツワナ(Barclays Bank Botswana)マネージングディレクターWilfred Mpai氏、解雇。
http://goo.gl/npBe2
2012年3月3日 (米)New Century Group Hong Kong Ltd社会長Wilson Ngre氏、辞任。
http://goo.gl/wFSV8
2012年3月5日 (米)Citigroup社会長Richard Parsons氏、会長を辞任、降格。
http://goo.gl/BhZ0F
2012年3月3日 (エチオピア)ダッシェン銀行(Dashen Bank)会長Leulseged Teferi氏、会長を辞任。
http://goo.gl/Y801M
2012年3月4日 (露)Enza Capital KK社バンカーPhilip Townsend氏とその家族、自宅で殺害される
http://goo.gl/GSOUN and http://goo.gl/x94ID andhttp://goo.gl/gGgLP
2012年3月4日 (韓)Hana Financial Group Inc社Kim Seung-yu氏、辞任。
http://goo.gl/fmNxY
2012年3月5日 (米)JP Morgan社トレーディングチーフMike Stewart氏、辞任。
http://goo.gl/gubPj
2012年3月5日 (サウジアラビア)アルラジ銀行(Al Rajhi Bank)CEOのAbdullah bin Sulaiman Al Rajhi氏、辞任。
http://goo.gl/pNx0l
2012年3月5日 (英)Jupiter社マネージャーTony Nutt氏、役を辞任。
http://goo.gl/RPqOp
2012年3月5日 (英)Jupiter社マネージャーJohn Hamilton氏、役を辞任。
http://goo.gl/RPqOp
2012年3月5日 (米)Insured Group会長Bill Jeffries氏、辞任。
http://goo.gl/gX7wu
2012年3月5日 (米)Reliance Bancshares会長Patrick Gideon氏、辞任。
http://goo.gl/u6BT4
2012年3月6日 (仏)Blackstone Groupパリ支店支店長Jean-Michel Steg氏、役を辞任。
http://goo.gl/w3Ca5
2012年3月6日 (ジャマイカ) Jamaica Money Market Brokers Limited社エグゼクティブディレクターPatricia Sutherland氏、役を辞任。
http://goo.gl/oMwv6
2012年3月6日 (ジャマイカ) ジャマイカ金融委員会(FSC、Jamaica’s Financial Services Commission) エグゼクティブディレクターRohan Barnett氏、ジャマイカ金融省顧問を辞任。
http://goo.gl/FBwFo
2012年3月6日 (米) USA Technologies Inc社シェアホルダーアドボケートBradley M. Tirpak氏、役を辞任。
http://goo.gl/8oi7C
2012年3月6日 (米) ステアリンググリーングループ(Sterling Green Group) ノンエグゼクティブディレクターPhilip Kanas氏、辞任。
http://goo.gl/qc3jB
2012年3月7日 (ドイツ) ドイツ銀行(DB、Deutsche Bank AG) チーフリスクオフィサーHugo Baenzigeri氏、辞任。
http://goo.gl/MWqsH
2012年3月7日 (ドイツ) ドイツ銀行(DB、Deutsche Bank AG) チーフオペレーティングオフィサーHermann-Josef Lamberti氏、辞任。
http://goo.gl/MWqsH
2012年3月7日 (アラブ首長国連邦) Dubai Mercantile Exchange社社長Thomas Leaver氏、CEOに降格。
http://goo.gl/rfhWN
2012年3月7日 (英) Macfarlane Group社会長Archie Hunter氏、会長職を辞任。
http://goo.gl/RHllr
2012年3月7日 (米) BlackRock Emerging Markets Fund社社長Daniel Tubbs氏、幹部職を辞任。
http://goo.gl/CpEzZ
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)幹部Christopher Frenchresigns氏、幹部職を辞任。
http://goo.gl/3yQDS
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)幹部Matthew Westermanresigns氏、幹部職を辞任。
http://goo.gl/3yQDS
http://goo.gl/3yQDS
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)買収部部長Yoel Zaoui氏、辞任。
http://goo.gl/3yQDS
2012年3月7日 (英) Goldman Sachs社(GSI、Goldman Sachs)欧州天然ガス交易部部長Phil Beatty氏、辞任。
http://goo.gl/jqbYY
2012年3月7日 (シンガポール) 日興アセットマネジメント社(Nikko Asset Management)会長兼CEOのTimothy McCarthy氏、辞任。
http://goo.gl/v8tcT
2012年3月7日 (香港) UBS社シニアアジアエコノミストJonathan Anderson氏、エコノミストを辞任。
http://goo.gl/09VqT
2012年3月7日 (ハイチ) ハイチ中央銀行(HAITI CENTRAL BANK)マネージャー、辞任。
http://goo.gl/UtVz3
2012年3月7日 (仏)Societe Generale Private Banking社社長Daniel Truchi氏、社長職を退任。
http://goo.gl/XhgJ9
2012年3月7日 (豪)全豪最大のATMプロバイダCustomers Ltd社 Tim Wildash氏、Customers Ltd社を退社。
http://goo.gl/eZJMb
2012年3月7日 (米) カリフォルニア州年金部ポートフォリオマネージャーPascal Villiger氏、辞任。
http://goo.gl/ub0ke
2012年3月7日 (米) Bank of America Merrill、Barclays Capitalとの合併を発表。
http://goo.gl/Zv6Ny
2012年3月8日 (米) Schroders投資部門チーフAlan Brown氏、辞任。
http://goo.gl/ZTtYo
2012年3月8日 (米) CBOE幹部Patrick Fay氏、辞任。
http://goo.gl/x5snO
2012年3月8日 (米) ブリストル郡銀行(Bristol County Savings Bank) 社長E. Dennis Kelly氏、辞任。35年勤務。
http://goo.gl/8KVKn
2012年3月8日 (ドイツ) Katja Rosenkranz氏が証券会社ドイツボースグループ(Deutsche Borse Group) を退社。
http://goo.gl/RiVNi
2012年3月9日 (モンゴル) 先月末、モンゴル銀行(Mongol Bank) 社長Alag Batsukh氏がダンベレル議会(Parliament D. Demberel)議長を辞任。理由は議会のサポート不足との談。
http://goo.gl/RDmNx

local pc






posted by datasea at 14:31| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニ氷河期


pp6521000000202.jpg


ミニ氷河期の到来が確定的な中で、「太陽活動と地球寒冷化の関係」についての科学論文の掲載数が2017年だけで100本を超えていた
2017/12/29
地球寒冷化予測に関しての学術論文
・Bicentennial decrease of the solar constant leads to the Earth’s unbalanced heat budget and deep climate cooling
太陽活動と地球寒冷化についての学術論文の数は2017年は120件に達する
今現在、アメリカやヨーロッパからアジアまで、北半球の各地がとんでもない寒波と大雪に見舞われているということもあるのでしょうけれど、英語などのニュースを検索していますと、「ミニ氷河期(Mini Ice Age)」とタイトルにあるものが、とても多くなっていることに今朝気づきました。
2017年12月29日のGoogle ニュース検索より
・Google
今にして、この「ミニ氷河期」という概念も身近な感じになってきたということなのでしょうかね。
なお、この In Deep で、はじめて「ミニ氷河期が近いのかもしれない」ということにふれたのは、今から 6年ほど前のことで、「あらかじめ予測されていた小氷河期の到来」というシリーズを書いた時でした。
・あらかじめ予測されていた小氷河期の到来(4) 太陽活動極小期は何をもたらすのか?  In Deep 2011/11/14
という記事を書いた時に、初めて私は、「太陽活動と地球の気候に関係がある」ということを知ったのです。
そして、その後、太陽自体に興味があったこともあり、いろいろと調べていくうちに、
・現在の太陽活動が過去にないほど弱いこと
・これは過去の寒冷期の時代とよく似ていること
などを知るにいたりました。
そして、その頃から「寒冷期は近いのかもしれない」という思いは確信に変わりました。
5年くらい前のことでしょうか。
もっとも、その頃は……まあ今もかもしれないですが、「人為的な原因による地球温暖化」という概念が世の中に跋扈していまして、太陽に関する科学的なデータは隅に追いやられ、よくわからないデータが社会の表面に出てくるようになりました。
しかし、その後、「太陽と地球の気候の関係」の科学的データや過去の資料が次々と出てくる中、寒冷化に関しての科学論文は増加していき、2017年に、科学誌に掲載されたものの中で「太陽活動と地球の気候の関係」に関しての論文は120 本にものぼったたのだそうです。
昨日、アメリカの科学系ブログで、最新の「太陽活動と地球の寒冷化」についての学術論文を一気に紹介しているものがあり、今回はその記事をご紹介したいと思います。
2017年12月28日のアメリカの科学系ブログより
・7 New Papers Forecast Global Cooling, Another Little Ice Age Will Begin Soon
オリジナルの記事では、論文から抜粋しているのですが、むしろ難解でわかりにくいですので、箇条書きにしました。
ただ、大量の数式が並んでいて私には理解しようがないものや、書いてある内容も難解すぎてわからないものなどは割愛していますので、記事の中の一部ということになりますが、しかし基本的には、どの論文も書いてあることの根底は同じようなテーマであり、すなわち、
というものです。
「いつからミニ氷河期が始まるのか」ということに関しての主張はさまざまでして、2020年からという場合や、もう少し後の主張もあります。
ただ、私個人としては、ロシア人科学者たちが昨年までに発表していた、「地球はすでにミニ氷河期に入っている」という説を気に入っています。これについては、過去記事、
・ミニ氷河期は「2015年にすでに始まって」おり、今後「200年から250年間続く」というロシア科学アカデミーの科学者たちの主張が公開された  In Deep 2016/11/05
に、比較的詳しく書いてあります。
また、やはりロシア人科学者で、モスクワ大学の美しき理論物理学者ヘレン・ポポワ博士は、「 2030年までには 97%の確率で地球はミニ氷河期に入る」と述べています。
これは、
・精度97%の「2030年までのミニ氷河期突入」予測は、その発表の元となったロシア人女性物理学者の「太陽活動の解析予測の実績」から実現確実な状勢に  旧 In Deep 2015/07/22
にあります。
理論物理学者ヘレン・ポポワ博士
・RT
この地球寒冷化に関して、ロシア人科学者のほうを重視するのは、ロシアの科学者は西側の科学者のような「温暖化ビジネスによる利益関係」を持たないからです。
まあそれはともかく、寒冷化していくとはいっても、気温だけの問題では、予測されている変化は平均 1℃以下ですので、そんなに大きなことにはならないのかもしれないですが、ミニ氷河期がもたらすものは、気温の問題と共に「荒れた天候」だったりもします。
このあたりに関しては、いろいろと複雑なことではあるのですけれど、過去記事、
・海の巨大な変化とミニ氷河期の関係:「温暖化が招く寒冷期」からの気温の回復に40年から100年かかるという気候モデルが提示される地球の海で成長する「モンスター・エルニーニョ」
に、「寒冷化と、モンスターハリケーンやモンスター級台風」が同居する時代になるメカニズムなどを書いています。ミニ氷河期に入るということは、農業や漁業を含む生活に直結した部分への影響も含めた大きな時代の転換となる可能性は強いと思っています。
ただし、そのミニ氷河期が本格的に始まるのが 2020年頃からなのか 2030年頃からなのか、あるいは「すでに始まっているのか」ということについては、今はまだ確信を持っていえる根拠はありません。
それでは、ここから記事です。
7 New (2017) Papers Forecast Global Cooling, Another Little Ice Age Will Begin Soon notrickszone.com 2017/12/28
ミニ氷河期と地球寒冷化がまもなくやってくる予測に関して 2017年に発表された最新の7つの論文
太陽黒点の減少と、太陽の活動の低下のため、気温は平均で 0.5℃〜 0.7℃下がる
太陽活動の変化による地球の歴史と現代の気候変動への影響との関連について、2017年には 120もの論文が科学誌に掲載された。
低い太陽活動(これは太陽黒点が少ないことを意味する)と、それによる雲の増加(雲は宇宙線によって調節されるため)が地球の寒冷傾向と大きく関係していることについての理論がますます確立されている。
この数十年、地球は非常に高い太陽活動の期間であったが、この高い太陽活動が、この過去 10年から 100年間の地球の温暖化期間を出現させた。
しかし現在、多くの太陽科学者たちが、今後数年間( 2020年から 2025年頃までに)のあいだ、非常に低い気温活動の期間が始まることを予測しており、その確信は次第に強まっている。
今回は、最近発表された地球寒冷化に関してのいくつかの論文の内容を列挙する。
論文「惑星系の軌道間のコントラスト解析と太陽活動の周期性」より
Contrast analysis between the trajectory of the planetary system and the periodicity of solar activity
・惑星系の周期的運動と太陽活動の周期は、その2つが 179.5年の周期変化の規則を持つことを示している。
・規則的な軌道は太陽活動の高周期に対応し、無秩序な軌道は太陽活動の低周期に対応する。したがって、惑星系の動きと太陽活動と地球規模の気候変動には一定の関係があることがわかった。太陽の動きと地球規模の気候変動の周期的な傾向を解釈するためには、惑星系の動きを使用することができる。
・現在、太陽は極端に低い太陽活動の期間であり、今後、極小期に向かう。西暦 1000年以来、地球は 6回の太陽活動極小期を経験している。それは、(1040-1080 年)、中世の小値(1150 1200 年)、(1270-1350 年)、(1430-1520 年) 、マウンダー極小期(1620-1710 年)、ダルトン極小期(1787-1843 年)となる。そして、惑星系の軌道は、その 6つの長い太陽極小の間に乱れていたことがわかっている。
論文「コーカサス地域の気候変動における長期的傾向 」より
Long Term Trends in Climate Variability of Caucasus Region
・様々な科学者たちによって推定された 1610年以降の総太陽放射照度は、マウンダー極小期に最小値を示して以来、約1.3W / m2の増加を示している。これは、地球の総土質量を考慮に入れると、膨大な量のエネルギーだ。
・黒点が多くなる場合、太陽の明度が増加し、太陽風が地球を暖める傾向があるために、地球の大気に多くのエネルギーを送る。太陽活動は地球に多くの点で影響を与えることは確かだが、まだ理解されていないものがある。
・アメリカ国立地球物理データセンター.(NGDC)の予測によると、次の太陽活動周期であるサイクル 24と 25は非常に弱くなる。これは、数値からの計算では、平均 0.5 〜 0.7℃の地球の温度低下につながると考えられており、特に北半球では大気の温度が低くなる。スイスのジュネーブでは 1.5℃低下すると予測される。
論文「全太陽放射の変動に対する太陽系振動の影響 」より
The Influence of Solar System Oscillation on the Variability of the Total Solar Irradiance
・西暦 1000年から現在までの太陽活動極小期と地球の気候とには密接な関係があり、過去のデータは、黒点の少ない太陽活動の減少期は寒冷期が続き、多くの黒点がある高い太陽活動の時期は暖かい気候の期間と関係していた。
・1940年に始まった、宇宙線同位体データと黒点データを用いた研究によれば、現在(1940年から 2000年)は、太陽活動の最大の活動レベルを記録した比較的稀な事象の期間だった。
・現在と同様に高いレベルの太陽活動が観測されるのは、今から 4000 〜 8000年前になる。
・過去 11,500年間の期間では 27回の太陽活動極小期が確認されており、それは全体の期間の 17%を占める。
・過去約 1000年間のあいだのすべての太陽指標は、1920年から 1940年の間に太陽活動レベルが最も高かったことを示す。
・西暦 1700年から 2013年までの時間では、1760年、1840年、1930年、2000年に太陽活動レベルの最大値を示しており、これは約 80年ごとに太陽活動の最大値が出現することを示す。
論文「 過去3000年間の太陽活動と二重の原動力の強化」より
Reinforcing the double dynamo model with solar-terrestrial activity in the past three millennia
・太陽活動周期であるサイクル 21からサイクル 24の分析から得られた太陽磁場振動の 2つの固有ベクトルのサマリー曲線を使用して過去と現在を比較した。その結果、私たちの研究では、2020年から 2053年にかけて、太陽の活動極小期の発生を確信した。
論文「 宇宙線と太陽活動と地球の気候変動」より
Cosmic rays, solar activity, and changes in the Earth’s climate
(訳者注 / この論文は数式が並びまくっていて、理解できなかったので、翻訳はできないですが、数値の証左はともかく、そこから計算されたのは下のグラフということになります)
論文「政策の定義の基準となる太陽活動周期あるいはエルニーニョ南方振動」より
The Solar Cycle or El Niño Southern Oscillation (ENSO) as a Criterion for the Definition of Public Policies
・提示された資料と論議された論考を分析することから、太陽活動の周期は、長期的に地球の気候条件に影響を与えると結論付けることができる。太陽活動周期のサイクル5とサイクル24の類似点に基づけば、次の太陽活動周期であるサイクル24から サイクル25に対応する 2022年から 2034年は寒冷期間が長くなると予想される。
きりがないですので、このあたりまでとさせていただきますが、こういうような科学論文が1年間で 120も科学専門誌に掲載されていたという現状についてお知らせしたかったというようなことだとご理解いただければ幸いです。

In Deep
https://indeep.jp/mini-ice-age-is-coming-soon-2018/














pp6520100000324.gif


「過去3000年間加速し続ける地球の寒冷化を止めることはできない」
: 南極とグリーンランドの氷床コアが語る地球過去45万年のサイクルから見る「今はまさに氷河期突入直前」だという強力な示唆
2017/05/27
・The Holocene context for Anthropogenic Global warming
最近、海外の SNS で話題となっているネット上の論文があります。
それは、NOAA (アメリカ海洋大気庁)のデータをもとに、過去 45万年の氷床コアのデータから地球の気温のサイクルを見つめ直したものです。
その内容は「現在の地球は過去 8000年の中で最も寒い」ことがわかると共に、これからの地球の気候を考える上でとても参考になるものです。
今回は前振り一切ナシで本文に入ろうと思います。
「なぜ、今、氷河期が近いといえるのか」ということや、地球の歴史が見せてきた「厳密な気候のサイクル」に驚かれるかと思います。
簡単に書けば、
「地球という場所は、約10万年間の氷河期と、約1万年間の温暖期を繰り返している」
ということが、少なくとも過去 45万年の氷床の記録は示しているのです。
そして、今の私たちは 1万年の温暖期の「完全な最後の時期」にいることもわかります。
次の氷河期がすぐに迫っているということが、データは明白に示します。
あるいは、「なぜ、こんなにも気候が荒れてきているのか」ということも、この本文の中の文章で理解できる部分があります。
そんなわけで、本題に入りますが、文中に出てくる単語の説明だけは最初に記しておきます。
・完新世 – 完新世(かんしんせい)は地質時代区分のうちで最も新しい時代である。現代を含む。
・後氷期 – 後氷期(こうひょうき)とは、約1万年前から現代までの時代をさす。
・間氷期 – 氷期と氷期の間の比較的温暖な時期。現在は後氷期にあたるが、次の氷期の前の第四間氷期であると考えられている。
また、地球の寒冷化やミニ氷河期については、過去多くの記事を記させていただいていますので、翻訳の後に、個人的にピックアップした記事のリンクを示させていただきますで、ご参考いただければ幸いです。
The Holocene context for Anthropogenic Global warming
人為起源による地球温暖化のための完新世の背景
私たちの現在の有益で温暖な後氷期(1万年前から現在までを含む時代)は、過去1万年間、人類の文明の構築を可能にしてきた。
完新世の穏やかな気候は、人類の最古の農業から、最近 100年間の科学技術の急速な発展までを支え続けた。
しかし、今現在、グリーンランドの氷床に記録されるすべての北半球の氷床は、以下のことを示している。
・最後の千年紀である西暦 1000年 – 西暦 2000年の間は、後氷期の中で最も気温の低い 1000年であること。
・より最近の完新世では、紀元前 1000年頃の「気温の転換点」以来、以前の 20倍以上の 約 0.14 ℃の気温の低下を見せて現在に至っている。
・後氷期はすでに 10000年から 11000年続いており、前世紀の期間の長さから判断すると、完新世は終わりに近づいているはずだ。それは、今世紀かもしれないし、次の 1000年紀かもしれない。
・20世紀の終わりから、有意な気温の上昇がもたらされ、それは「人為的な地球温暖化警報」という捉え方に変わっていった。
・しかし、最終的には、この 20世紀後半からの気温の急上昇は、過去 3000年以上にわたる比較的急速な気温低下期間の長期的な進展の中では、小さな変動の一部として見なされるようになるだろう。
・NOAA 以外の機関から公表されたグリーンランドの氷床コアの記録もまた、この知見を裏づけている。
ある一部の人たちは、人為的な要因による地球温暖化の環境への悲惨な影響を警告しているが、その気温変動の規模を考えると、その最高の転換点とされる+ 2℃は、結局は、紀元前 1000年の頃の暖かい期間と似通った気候の水準に近づくというだけだろう。
最近の地質学的状況
南極のボストーク基地の氷床コアの酸素温度評価技術による解析では、以下のことがわかっている。
・過去 80万年間では、約 10万年の間隔で定期的な気温の変動があった
・過去 45万年間に、おそらく 5回の間氷期の温暖期があった
間氷期の温度の変化と持続時間は、それぞれ差異があり、いくつかの初期の間氷期では、 10,000年の基準よりもかなり短かった。
これらのデータから示されることは、
・〜10万年周期 北半球の多くが数キロメートルの深さの氷のシートで覆われている長い氷期の繰り返しパターン。
・〜1万年周期 短い期間の暖かい間氷期が続く。
というものだ。
これは太陽のより短い周期的な振る舞いによって調整されることがわかっており、地球の気候を支配するこれらの事実は十分に文書化されており、現在ではよく理解されている。
下は、過去12万年のグリーンランドの氷床コアが示す北半球の気温の変化だ。
過去の間氷期の長さから判断すると、およそ 10,000〜 11,000年続いた完新世期は今、終わりに近づいているはずだ。
したがって、過去のサイクルから見れば、地球は再び完全な氷河に覆われる気候へ戻る時期が近づいている。
それは今世紀からかもしれないし、次の世紀かもしれないし、あるいは次の千年紀になるかもしれないが、過去のサイクルに従うのではあれば、予見は可能だ。
直近の 3000年で地球は急速な冷却を経験しているが、今後より寒冷な気候へと変化が継続していく可能性は高い。
寒冷化は、より強烈な悪天候につながる。 地球の極(南極、北極)と、熱帯の間の全体的なエネルギーの差は寒冷化によってのみ大きくなる。
そして、それにより大気中の安定性が低い状態になるため、悪天候が顕著になりやすくなる。
さらなる悪天候に加えて、来るべき寒冷期はまた人類全体と生物圏全体にとって非常に深刻な欠乏につながるだろう。
植物が成長する季節が短くなり、耕作面積が減ることにより、大きな影響が出る。
かつての寒冷期では、多くの生物圏が崩壊したが、直近、世界はこれらの悪条件と温度の限界上昇から回復し、20世紀後半は人類と生物圏にとって完全に有益な時代であった。
しかし、人為的な温暖化が過去 3000年の寒冷化を逆転すると期待するのは人類の傲慢だろう。
地球の寒冷化は加速し続けており、その傾向は継続すると考えるのが妥当だ。
ここまでです。
過去の寒冷化と氷河期関係の記事をいくつかピックアップさせていただいて、今回の記事を締めさせていただきます。

In Deep
http://indeep.jp/coldest-millennium-in-8000-years-is-now-and-coming-soon-ice-age/





氷河期のパターン
2010.03.30
YouTube - Timeline To 2012 (Part 1 of 16) - Ice Age Core Data
http://www.youtube.com/watch?v=jZ8Tp0XAeI8&feature=fvsr
http://www.youtube.com/watch?v=EXPWYPD-hgo&feature=fvw
Ivan "Evon" Stein
あらゆる物質には固有の周期、周波数がある。
それぞれ固有の周期、周波数で運動している。
原子、中性子から惑星、天体まで、それぞれの物質はそれぞれのスケールで固有の運動をしている。
周期運動
・光、色、音
・周期体
・原子(核、電子など)
・惑星(自転、公転、衛星など)
・彗星(公転、周期など)
・太陽系(公転、惑星など)
・銀河(公転、太陽系など)
地球温暖化について調査をはじめた。まず調査にあたり、私は氷河期のデータを集めた。炭素のアイソトープ分析を行なった。
図は分析結果。気温の変化と南極の氷の量の変化を表したもの。
図の赤のラインはEU・Epicaの気温。図の青のラインはロシア・Vostokの気温。一番下は南極の氷の量。時間の単位は1000年。
図をみると一定のパターンがある事に気づく。およそ10万年の周期で気温の上下を繰り返している。温暖化のピークをむかえ、その後に氷河期がはじまる。氷河期が続いて氷の量が増えていき、やがてまた温顔化のピークを向かえて氷の量は減る。そしてまた氷河期がはじまる。変化の周期はおよそ10万年。1つの周期の中で寒冷期が8万年で温暖期が2万年。寒冷期の地球の気温は通常の気温よりも7〜9度低い。
氷河期がおきる原因として私が考える可能性は
・地球の内部の温度の低下
・外的要因
・ポールシフト

local pc








09890000 永祚元年6月1日(日本略紀),ハレー彗星接近, 古天文
09890513 5月13日〜6月18日の37日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする75.8度の扇型内に集中,
09930000 993年〜994年,太陽嵐,
09990000 長保元年(999年)、富士山噴火。
10330100 長元5年(1033年)1月、富士山噴火。
10330400 永保3年(1083年)4月 噴火
10400000 太陽活動極小期,惑星系の軌道は太陽極小の間に乱れていた
10400000 太陽活動極小期(1040〜1080年),西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験
10660000 ノルマンジー公英国攻撃,ハレー彗星接近, 古天文
11260508 5月8日〜5月24日の17日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする86.6度の扇型内に集中
11390000 マラキ、1139年にローマでヴィジョンを体験。
11450000 [太陽活動極小期]紹興15年4月(宋史天文志),ハレー彗星接近, 古天文
11500000 太陽活動極小期(1150〜1200年),西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験,惑星軌道は乱れていた
11501000 [太陽活動極小期][ラグナロク]12世紀の北欧の散文エッダでは,地球規模の破滅のテーマがラグナロクとして預言
11501000 [太陽活動極小期][ラグナロク]あらゆる生物,神々にさえも訪れる夜,ラグナは夜,ロクは古代ノルド語で闇を意味
11501000 [太陽活動極小期][ラグナロク]ラグナロク(古ノルド語:Ragnarok,「神々の運命」の意)は、北欧神話の世界における終末の日のこと
11501000 [太陽活動極小期][ラグナロク]リヒャルト・ワーグナーは「神々の黄昏」を自身の楽劇『ニーベルングの指環』最終章のタイトルとした。
11501000 [太陽活動極小期][ラグナロク]神々の黄昏の物語,血と殺戮の話がテュートンの神々のはかなさと死すべき運命を強調する
11660829 [太陽活動極小期]8月29日〜9月21日の24日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする73.1度の扇型内に集中,
12220000 (吾妻鏡),ハレー彗星接近, 古天文
12260000 太陽系は第2の世(2/5)にはいる,マヤ暦
12700000 太陽活動極小期(1270〜1350年),西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験,惑星軌道は乱れていた
13000000 [太陽活動極小期]14世紀にエジプトのアレクサンドリアで大地震,アレクサンドリア大灯台下部は粉々に倒壊
13000000 [太陽活動極小期]寒冷期。1300年から1850年まで続いた。
13010000 [太陽活動極小期]ジオットの「マギ礼拝」にある彗星の絵,ハレー彗星接近, 古天文
13070327 [太陽活動極小期]3月27日〜5月17日の52日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする47.1度の扇型内に集中,
13250000 [太陽活動極小期]太陽系は銀河系の魚座のエリアに入宮,銀河系の6月で夏の入口,
13450324 [太陽活動極小期]1345年3月24日,水瓶座のエリアに土星,火星,木星,黒死病,
14300000 [太陽活動極小期]太陽活動極小期(1430〜1520年),西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験,惑星軌道は乱れていた
14350000 [太陽活動極小期]永享7年(1435年)、富士山噴火。
15000000 [太陽活動極小期]西暦1500年  世界の人口=約5億人
16190000 1619年の飢饉
16200000 [マウンダー極小期]ピューリタンが英国から北米に移住。
16200000 [マウンダー極小期]太陽活動極小期(1620〜1710年,マウンダー極小期,マウンダー小氷河期,),
16200000 [マウンダー極小期]西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験,惑星軌道は乱れていた
16320000 [マウンダー極小期]1632年ガリレオ地動説を大成
16330000 [マウンダー極小期]1633年第1次鎖国令。奉書船以外の渡航を禁じる。
16400000 [マウンダー極小期]ピューリタン革命がおこる。
16420000 [マウンダー極小期]寛永の大飢饉 1642年-1643年 全国
16450000 [マウンダー極小期]マウンダー小氷河期,1645年から1715年まで続いた,太陽無黒点期
16450000 [マウンダー小氷河期]小氷河期突入から25年
16490000 [マウンダー極小期]英国チャールズ1世が処刑,清教徒革命,王政を廃し共和制へ
16500002 [マウンダー極小期]アムステルダム取引所は後の貨幣の世界市場のルーツ
16600000 [マウンダー極小期]英国で王政復活、チャールズ2世即位。
16660000 [マウンダー極小期]1666年ニュートン,万有引力の法則を考案
16660915 [マウンダー極小期]9月15日〜10月3日の20日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする85.1度の扇型内に集中,
16750000 [マウンダー極小期]オランダの最盛期末期、オランダの商船1.6万隻は欧州の商船の総数約2万隻の約8割 コルベール
16750001 [マウンダー極小期]オランダの最盛期(1600年〜1675年) ヒルファディング
16870000 [マウンダー極小期]1687年ニュートン,「プリンキピア」出版
16880000 [マウンダー極小期]1688年〜1689年、英国で名誉革命と権利章典の交付。
16880000 [マウンダー極小期]英国で議会政治の定着
17070000 [マウンダー極小期]イングランド、スコットランド合併。グレート・ブリテン連合王国が成立。
17070000 [マウンダー極小期]富士山、宝永四年(1707)に大爆発。
17071216 [マウンダー極小期]浅間山、東南の山腹4~5合目から大爆発。
17150000 マウンダー小氷河期終わる
17320000 享保の大飢饉,中国・四国・九州地方の西日本各地
17380000 太陽系は第3の世(3/5)にはいる,マヤ暦
17430000 アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ(1743年 - 1794年)
17550000 「第6の時」の期間は紀元前3115年〜1755年。4870年間。
17550000 「第7の時」の期間は1755年〜1999年6月5日。249年間。
17550300 第1太陽周期,1755年3月〜1766年6月,周期期間11.3年,
17590000 乾隆24年,ハレー彗星接近, 古天文
17600000 1760年頃〜英国で産業革命がすすむ
17600000 AD1700年〜2013年の時間では,1760年,1840年,1930年,2000年に太陽活動レベルの最大値 NGDC
17660600 第2太陽周期,1766年6月〜1775年6月,周期期間9.0年,
17740000 ラヴォアジエ、質量保存の法則を発見。
17750600 第3太陽周期,1775年6月〜1784年9月,周期期間9.3年,
17760000 アメリカ13州の独立。イギリス、植民地アメリカを失う。
17760000 このころ英国内で産業革命が進行。
17760501 1776年5月1日。イルミナティ結成の記念日。
17760704 1776年7月4日,13州の独立宣言,
17760704 アメリカ政府、独立宣言を公布。
17760706 1776年7月6日はアメリカの独立記念日と表向きはなっています。
17780500 第3太陽周期活動極大 (黒点相対数の最大値)158.5(1778年5月),
17800000 1700年代末から始まった寒冷化
17800000 18世紀 チチウスとボーデ,惑星と太陽の距離の関係の研究
17800000 18世紀の英国の政権は死滅した封建階級の遺族たる貴族と新しい富豪階級で構成されていた マルロー
17810000 1781年,ハーシェル,銀河系の構造(銀河円盤)を発見
17810000 1781年,ハーシェルが天王星発見(ニュートン力学にもとづく)
17810000 1781年,土星の衛星ウラヌス発見,
17810000 アメリカ政府、1781年までにほぼ独立。
17820000 1682年ニュートン力学に基づきハレーが彗星発見(ハレー彗星)
17820000 フリーメーソンのマークできる。
17820000 悪魔的な存在がジェファーソンに現れアメリカ政府の公式の印を彼に与えた。
17820000 天明の大飢饉 1782年-1787年 全国
17830000 1783年のアイスランドのラキ火山噴火。人口の4分の1が死亡。
17830000 アメリカ政府、1783年のパリ条約で独立が正式に承認。
17840900 第4太陽周期,1784年9月〜1798年5月,周期期間13.7年,
17850000 ラテン語の書「薔薇十字の秘密のシンボル」発行。
17870000 太陽活動極小期(1787〜1843年,ダルトン極小期),西暦1000年以来地球は6回の太陽活動極小期を経験,惑星軌道は乱れていた
17880000 書 「薔薇十字の秘密のシンボル」、1785年から 1788年にかけて配布。
17880500 第5太陽周期,1798年5月〜1810年12月,周期期間12.6年,
17900000 1790-1830年の間にも太陽活動はやや弱くなった(ダルトン極小期)。
17930121 1月21日/国王ルイ16世処刑。
17930213 第一次対仏大同盟結成。
17930303 3月3日リヨンで反革命暴動。リヨンの反乱始まる。
17931010 10月10日/サン・ジュストが国民公会に提案し「平和が到来するまで革命的である政府」の樹立が宣言(革命政府宣言)。
17931016 10月16日/王妃マリー・アントワネット処刑。
17931031 10月31日/ブリッソーら、ジロンド派議員21名が処刑。
17940508 革命裁判所の審判でラヴォアジエ処刑。
18150000 タンボラ山爆発
18190000 1809年-1819年地球全体の平均気温が0.5下がった
18330000 天保の大飢饉 1833年-1839年
18400000 1840年アヘン戦争
18400000 1840年頃 天体写真の始まり(写真の発明は1829年)
18400000 1841年天保の改革
18400000 1842年天保の薪水給与令
18400000 1844年 オランダ国王、開国を勧告
18400000 AD1700年〜2013年の時間では,1760年,1840年,1930年,2000年に太陽活動レベルの最大値 NGDC
18430700 第9太陽周期,1843年7月〜1855年12月,周期期間12.4年,
18430700 第9太陽周期,無黒点日数654
18440000 ドミニカ共和国がフランス植民地から独立したハイチの支配から独立。
18500000 1300年から1850年まで続いた寒冷期おわる
18500000 19世紀大英帝国の繁栄とビクトリア女王の時代。
18500000 リーマン・ブラザーズ,綿花取引会社として1850年にアラバマ州で設立,
18500000 西暦1950年 世界の人口=約25億人
19000000 1900年,磁北極はカナダにあった
19200000 過去約1000年間のあいだのすべての太陽指標は、1920年〜1940年の間に太陽活動レベルが最も高かったことを示す。
19300000 AD1700年〜2013年の時間では,1760年,1840年,1930年,2000年に太陽活動レベルの最大値 NGDC
19300000 日本は莫大なお金をつぎ込んで、朝鮮を近代国家に変えていった remnant
19300200 1930年2月新燃岳噴火、1,369人死亡。
19310000 1931年 天体の電波観測の始まり
19310000 1931年:満州事変、「生まれてはみたけれど」
19320000 1932年,満州国建国
19380300 3月オーストリア併合
19381109 11.9「水晶の夜」事件 
19390000 1939年、第二次世界大戦勃発。(1+9+3+9=22)
19400000 宇宙線同位体データと黒点データを用いた研究始まった NGDC
20000000 AD1700年〜2013年の時間では,1760年,1840年,1930年,2000年に太陽活動レベルの最大値 NGDC
20000000 過去11,500年間の期間では 27回の太陽活動極小期が確認されており、それは全体の期間の 17%を占める。
20000000 現在(1940年〜2000年)と同様に高いレベルの太陽活動が観測されるのは、今から4000〜8000年前 NGDC
20000000 現在(1940年〜2000年)は太陽活動の最大の活動レベルを記録した比較的稀な事象の期間 NGDC
20000000 地球は非常に高い太陽活動の期間(1940年〜2000年)
20000000 惑星系の周期的運動と太陽活動の周期は、その2つが 179.5年の周期変化の規則を持つ
20070000 寒冷期が始まった?
20090100 イギリスでは予想外に厳しく冷え込む冬。
20091000 ギャビン・クーク氏、著書「凍結する英国( Frozen Britain )」を出版。
20100000 Bible code解析-- THE PLAGUE SEVEN DAYS(7日間の飢饉)
20101205 我々は30年続く「ミニ氷河期」に突入しているかもしれない。Sunday Sun
20101228 メキシコ湾の海流停止、欧州は氷河期か? 2010年12月28日
20101228 欧州にミニ氷河期が来る? 2010年12月28日
20101228 欧州にミニ氷河期が来る? 2010年12月28日
20110119 網走市で流氷を観測。流氷初日。
20110127 ヒマラヤの氷河は大きくなっている? 2011年1月27日
20110127 ヒマラヤ北西部のカラコラムにある氷河のおよそ半分は拡大しているという。
20110127 国連のレポートでは、氷河は2035年までになくなるとされた。
20110817 バハマ沖で氷河期以前の遺跡発見。紀元前21,520年から20,610年のもの。
20111109 2011年11月09日 あらかじめ予測されていた小氷河期の到来(2) In Deep
20120000 2012年。太陽の黒点の極大期。
20120311 惑星二ビル、近地点(地球に最接近)。 endtimeswatcher予測。
20120803 惑星二ビル、地球の公転軌道をこえる。 endtimeswatcher予測。
20120819 この先数十年で食糧不足、燃料不足に直面する危険性がある John L. Casey氏
20120819 衛星画像によれば、英国はすでに氷河期に入っている John L. Casey氏
20120819 記録的洪水,記録的かんばつ,極端な暑さ寒さが世界中で続いている 歴史的スケールで記録更新
20120819 地球温暖化は氷河期の前触れ George Kukla教授
20120911 惑星二ビル、近日点に到達。 endtimeswatcher予測。
20120913 惑星二ビル、地球、太陽が直列。 endtimeswatcher予測。
20121200 英国とロシアで記録的な低温が発生,多くのエリアが氷におおわれた
20130513 太陽系は秋の相。地球の1年で数えると9月20日あたり。さてらいと
20130817 南極の「氷床の下」からウジャウジャと何かが露出し始めた?In Deep2013年08月17日
20140000 2014年から15年にかける無黒点期に入るだろう。NASA
20140000 地球の寒冷化は2014年前後から始まるだろう。NASA
20140600 南極で表面温度が平年より10度以上高い地域
20140600 南極の6月の平均気温はマイナス 22.4℃となり,これまでの観測記録の平均より 6.6℃低かった In Deep
20140600 南極のフランス基地局のあるアデリーランドで,6月としては最も低い気温を記録 WUWT 2014.07.12
20150000 ミニ氷河期は2015年にすでに始まっており,今後200年から250年間続く ロシア科学アカデミー
20170000 現在,太陽は極端に低い太陽活動の期間であり,今後極小期に向かう
20170000 太陽活動の変化による地球の歴史と現代の気候変動への影響との関連について,2017年には 120もの論文が科学誌に掲載
20170000 低い太陽活動と,それによる雲の増加(雲は宇宙線によって調節)が地球の寒冷傾向と関係していることについての理論がますます確立
20171229 ミニ氷河期到来が確定的な中で「太陽活動と地球寒冷化の関係」の論文掲載数が2017年だけで100本を超えていた In Deep
20200000 2020年には世界の平均気温は3.6度ほど低下するにいたるだろう。NASA
20200000 今後数年間(2020年から 2025年頃まで)のあいだ,非常に低い気温活動の期間が始まる
20200000 次の太陽活動周期であるサイクル 24と 25は非常に弱くなる NGDC
20200000 数値からの計算では、平均 0.5 〜 0.7℃の地球の温度低下につながる
20300000 2030年までには 97%の確率で地球はミニ氷河期に入る ヘレン・ポポワ博士,2017
20300000 2030年頃にかけて地球の寒冷化 webbot
30200000 寒冷期がおわる?
44160000 銀河系の冬の入口(氷河期)はAD4416年ごろになる計算。さてらいと
50000000 (氷河期)。西暦4416年-西暦11041年の6625年つづく。さてらいと

gfddfgdf pc



posted by datasea at 11:08| Comment(0) | ∞ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

未来年表

20180000 太陽系の位置は銀河系の獅子座の10/2167。
20180000 冥王星は2008年から2023年まで山羊座エリア 2008年以降の社会は「過去の清算、システムの崩壊」の風潮
20180100 1月ごろ木星が射手座に入る,
20180100 2018年,米国経済は減速するだろう Gerald Celente
20180119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20180128 2018年01月26日21時56分〜,火星射手座
20180218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20180319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20180400 1980年代の大量採用時期の行員・社員が退職時期を迎える
20180400 キリストの誕生は4月で、本当の名前はエマニュエル ジョセフ・ティテル
20180417 シリア建国記念日,1946.4.17,シリア,フランスより独立し建国
20180419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20180516 2018年05月16日13時56分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20180516 2018年05月16日13時56分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20180520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20180600 2018年第2四半期までに米国経済は減速を始めるとみている Gerald Celente/201711
20180620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20180721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20180813 2018年08月13日12時12分〜,火星山羊座(逆行)
20180813 2018年08月13日12時12分〜,火星山羊座(逆行)
20180822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20180911 2018年09月11日09時10分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20180911 2018年09月11日09時10分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20180911 火星が山羊座に入った8月13日から33日
20180911 火星が山羊座に入った8月13日から33日
20180922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20181022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20181116 2018年11月16日07時18分〜,火星魚座 fortunecafe-ceres
20181116 2018年11月16日07時18分〜,火星魚座 fortunecafe-ceres
20181121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20181220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20190000 2008年以降の社会は「過去の清算、システムの崩壊」の風潮
20190000 2018年から19年頃になると、新しい鉱山が海底で多数発見される webbot
20190000 2019年03月31日15時10分〜,火星双子座
20190000 2019年05月16日12時11分〜,火星蟹座 fortunecafe-ceres
20190000 2019年07月02日08時19分〜,火星獅子座
20190000 2019年08月18日14時18分〜,火星乙女座
20190000 2019年10月04日13時24分〜,火星天秤座 fortunecafe-ceres
20190000 2019年11月19日16時39分〜,火星蠍座 fortunecafe-ceres
20190000 冥王星は2008年から2023年まで山羊座エリア 2008年以降の社会は「過去の清算、システムの崩壊」の風潮
20190101 2019年01月01日 月蠍座
20190101 2019年01月01日11時17分〜,火星牡羊座 fortunecafe-ceres
20190102 2019年01月02日17時58分 〜月射手座
20190105 2019年01月05日03時55分 〜月山羊座
20190107 2019年01月07日15時46分 〜月水瓶座
20190110 2019年01月10日04時43分 〜月魚座
20190112 2019年01月12日17時18分 〜月牡羊座
20190115 2019年01月15日03時31分 〜月牡牛座
20190117 2019年01月17日10時00分 〜月双子座
20190119 2019年01月19日12時44分 〜月蟹座
20190119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20190121 2019年01月21日12時54分 〜月獅子座
20190123 2019年01月23日12時22分 〜月乙女座
20190125 2019年01月25日13時02分 〜月天秤座
20190127 2019年01月27日16時30分 〜月蠍座
20190129 2019年01月29日23時33分 〜月射手座
20190201 2019年02月01日09時47分 〜月山羊座
20190203 2019年02月03日22時03分 〜月水瓶座
20190206 2019年02月06日11時02分 〜月魚座
20190208 2019年02月08日23時34分 〜月牡羊座
20190211 2019年02月11日10時28分 〜月牡牛座
20190213 2019年02月13日18時32分 〜月双子座
20190214 2019年02月14日19時52分〜,火星牡牛座 fortunecafe-ceres
20190215 2019年02月15日23時02分 〜月蟹座
20190218 2019年02月18日00時21分 〜月獅子座
20190219 2019年02月19日23時47分 〜月乙女座
20190221 2019年02月21日23時17分 〜月天秤座
20190224 2019年02月24日00時56分 〜月蠍座
20190226 2019年02月26日06時19分 〜月射手座
20190228 2019年02月28日15時48分 〜月山羊座
20190303 2019年03月03日04時06分 〜月水瓶座
20190317 2019年03月05日17時11分 〜月魚座
20190319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20190400 2019年消費増税
20190417 シリア建国記念日,1946.4.17,シリア,フランスより独立し建国
20190419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20190520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20190620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20190721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20190800 2019年夏の参院選
20190822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20190922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20191022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20191121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20191220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20200000 2020年「ミロクの世」完成,ヤッズ★
20200000 2020年あたりではないかと思いますがアメリカは最終的には完全に崩壊するでしょう。JosephTitle
20200000 2020年には世界の平均気温は3.6度ほど低下するだろう。NASA
20200000 後10年後に地球で大規模な宇宙戦争が行われる。ラケルタ
20200000 小池さんは東京五輪を成功させ、もう一度挑戦してくるはず 澤田
20200103 2020年01月03日18時39分〜,火星射手座
20200107 2021年01月07日07時25分〜,火星牡牛座 fortunecafe-ceres
20200119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20200216 2020年02月16日20時32分〜,火星山羊座 fortunecafe-ceres
20200218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20200319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20200331 2020年03月31日04時44分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20200419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20200513 2020年05月13日13時15分〜,火星魚座 fortunecafe-ceres
20200520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20200620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20200628 2020年06月28日10時42分〜,火星牡羊座 fortunecafe-ceres
20200721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20200822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20200922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20201022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20201121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20201200 ニビルとの攻防戦は西暦2020年末まで続くでしょう。
20201220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20210000 西暦2021年,「弥勒の世」の世界へ移行,
20210000 西暦2021年、「弥勒の世」の世界へ移行。
20210119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20210218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20210319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20210419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20210520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20210620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20210721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20210822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20210922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20211022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20211121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20211220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20220119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20220210 2022年2月10日16:50小惑星2012 PK24接近,
20220218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20220319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20220322 二ビル・惑星Xの地球接近は2022年3月22日 Jean Seimple
20220419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20220520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20220620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20220721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20220822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20220922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20221022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20221121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20221220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20230119 太陽/山羊座,地球/蟹座(1.19〜2.17,30日間,魚座春分点系,),
20230218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20230319 太陽/魚座,地球/乙女座(3.19〜4.18,31日間,魚座春分点系,),
20230419 太陽/牡羊座,地球/天秤座(4.19〜5.19,31日間,魚座春分点系,),
20230520 太陽/牡牛座,地球/蝎座(5.20〜6.19,31日間,魚座春分点系,),
20230620 太陽/双子座,地球/射手座(6.20〜7.20,31日間,魚座春分点系,),
20230721 太陽/蟹座,地球/山羊座(7.21〜8.21,32日間,魚座春分点系,),
20230822 太陽/獅子座,地球/水瓶座(8.22〜9.21,31日間,魚座春分点系,),
20230922 太陽/乙女座,地球/魚座(9.22〜10.21,30日間,魚座春分点系,),
20231022 太陽/天秤座,地球/牡羊座(10.22〜11.20,30日間,魚座春分点系,)
20231121 太陽/蝎座,地球/牡牛座(11.21〜12.19,29日間,魚座春分点系,)
20231220 太陽/射手座,地球/双子座(12.20〜1.18,30日間,魚座春分点系,),
20240218太陽/水瓶座,地球/獅子座(2.18〜3.18,29日/30日),
20280000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの20/2167の位置。
20300000 2030年頃にかけて地球の寒冷化 webbot
20350000 2035年には「3人に1人」が高齢者。産経新聞2012/01
20351030 月にソーラー発電施設をおくルナリング構想(清水建設)着手予定。
20380000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの30/2167の位置。
20390000 2039年,それが世界統一政府の仕上げの最終年度ではないかと,
20390000 2039年。それが世界統一政府の仕上げの最終年度ではないかと。
20390000 ケネディ暗殺の首謀者が誰なのか2039年には全面的に真相を公開,
20390000 ケネディ暗殺首謀者2039年に全面的真相公開。
20390000 ヒトラーは2039年のことを多く書いております,
20480000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの40/2167の位置。
20500429 2050年04月29日17時40分〜,火星水瓶座 fortunecafe-ceres
20501101 2050年11月01日05時50分〜,火星魚座 fortunecafe-ceres
20501223 2050年12月23日18時08分〜,火星牡羊座 fortunecafe-ceres
20580000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの50/2167の位置。
20600000 「超民主主義」2060年頃〜 ジャック・アタリ
20600000 2060(平成72)年には日本の「5人に5人」が高齢者。産経新聞2012/01
20600000 生産年齢人口は4418万人に半減。産経新聞2012/01
20630531 金星食,
20680000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの60/2167の位置。
20700130 高齢者1人を1.3人の現役世代で支える「肩車型」社会。産経新聞2012/01
20700130 日本の人口の約4割が高齢者という超高齢化社会。産経新聞2012/01
20740503 2074年5月3日6:13小惑星2006 JY26 接近,
20780000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの70/2167の位置。
20840801 2084年8月1日17:26小惑星2013 BC70接近,
20880000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの80/2167の位置。
20931214 ファエトンは2093年12月14日に地球から291万kmまで接近,
20980000 水瓶座の時代AD2150〜AD4300,Renaissancejapan
20980000 太陽系の位置は銀河系のみずがめ座のエリアの90/2167の位置。
21610501 5月1日〜6月3日の34日間,水星から海王星までの8惑星が太陽を中心にする68.7度の扇型内に集中,
22080000 太陽系は銀河系の牡牛座のエリアに入宮,銀河系の10月で秋,
225120000 太陽系は第4の世(4/5)にはいる,マヤ暦
265000000 太陽系は銀河系の水瓶座のエリアに入宮,銀河系の12月で冬(氷河期),
276370000 太陽系は第5の世(5/5)にはいる,マヤ暦
41750000 多くの動物相が消える世界的破滅イベント/ヤンガードレアス期イベント(YD)がおきる
41751111 4175年ころ,水瓶座の時代から山羊座の時代へ移行,
41751111 4175年ころ、みずがめ座の時代からやぎ座の時代へ移行。
44160000 西暦4416年から6625年(26500/4=6625、西暦4416年-西暦11041年)つづく銀河系の冬(氷河期)
44160000 西暦4416年から銀河系の牡羊,魚,水瓶,山羊座エリアで6625年つづく銀河系の冬(氷河期)
44160000 太陽系は銀河系の牡羊座のエリアに入宮,銀河系の11月で冬(氷河期)の入口,
63411111 6341年ころ,山羊座の時代から射手座の時代へ移行,
63411111 6341年ころ、やぎ座の時代からいて座の時代へ移行。
66250000 太陽系は銀河系の魚座のエリアに入宮,銀河系の12月で冬(氷河期),
71370000 太陽系は第1の世(1/5)にはいる,マヤ暦

local pc
posted by datasea at 03:37| Comment(0) | % 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする