2021年04月19日

[動画][資料] ナタリー(映画芸能ニュース)最新動画












posted by datasea at 05:09| Comment(0) | ♪  アート,エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江戸中期予言書「をのこ草子」...2045年,米国支配の終わる年がAIのシンギュラリティ予測と一致


江戸中期予言書「をのこ草子」...2045年,米国支配の終わる日がシンギュラリティのAI予測と一致
日本の恐ろしい予言書「をのこ草子」の未来予言が的中!
TOCANA
日本の恐ろしい予言書「をのこ草子」の未来予言が的中! コロナ、戦争、貧困…解決するのは20XX年!
2021.02.19 14:00
関連キーワード:をのこ草子
『をのこ草子』という予言書がある。成立年代にはふたつの説があって江戸中期に書かれたという説と、昭和初期に江戸時代の書物を装って書かれた偽書であるという説だ。
仮に後者の立場をとってみたところで、そこには不思議に合致する未来予言が書かれている。
「今より250年を経て、世の様変わり果てなむ」というのは江戸中期から数えてちょうど昭和初期の時期を指す。そこに
「切支丹の法いよいよ盛んになりて、空を飛ぶ人も現はれ、地をくぐる人も出るべし」
とあるのは、日本でもキリスト教の布教が進み、飛行機や地下鉄が出現するという記述だ。
これについては、昭和初期に書かれた偽書説の立場をとれば「さもありなん」という記述である。
しかし、そこから先の未来の予言が不気味に合致しているところが恐ろしい。
..................
この先、時局はつぎつぎと悪化し、やがて戦争が起きて日本は敗北すると書かれている。
「かくていよいよ衰えぬるそのはてに、地水火風空の大いなる災い起こりて、世の人十が五まで亡び異国の軍さへ攻め来るべし」
というのは昭和初期から見たとしても東京の未来を記した箇所であり、まさに太平洋戦争の終結はその通りとなった。
戦争終盤に東南海地震、三河地震、南海地震と立て続けに大地震が起き、大空襲により東京は焼け野原となり人口の半分は焼失し、枕崎台風は終戦直後の日本列島を蹂躙した。大混乱の中で日本は進駐軍によって占領された。
これが1945年についての予言であるとすれば、非常に正確に的中している。
そして本当に恐ろしいのは、それに続く予言である。
「世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし」、つまり戦後世界はそこから百年の苦しみを経験する。
日本だけを見れば表面上復興し、幸せな世界に戻ったように見えるけれども、そこから神国日本はニューワールドオーダー(新世界秩序)の支配下に入り、狂気と偽りの平和の時代を経験するのだと予言されている。
現実には日本はいまだにアメリカの属国である。
そして日本を永遠の被占領国と捉えて世界の観点から戦後史を眺めれば、アメリカの業(ごう)とも言える狂った戦争の時代は今日までの戦後75年間、いまだ止むことはない。
冷戦やベトナム戦争に代表される大国の代理戦争、共産圏の崩壊の後にはテロとの戦争やイスラムとの戦争が続く。
日本はそれらの戦争にアメリカに次ぐ規模の巨額資金を提供し続け、本当の意味で国民が富むことも自由に国を統治することもできていない。これが影の戦後史と呼ばれる属国日本の歴史だ。
そして救済がやってくる。
『をのこ草子』によればこのアメリカによる狂った世界支配が2045年に終わると予言されている。
「この時神のごとき大王いでまい、人民悔い改めてこれに従ひ世の中再び正しきに帰りなむ」
というのが最終的に日本が救済される日についての予言であり、それは前の戦争の終戦から百年後、つまり西暦2045年だと明示されているのだ。
2045年にアメリカ、ないしは新世界秩序の世界支配から日本を救ってくれる「神のごとき大王」とは何だろう? 未来予測を専門とする理系の同僚と議論をしてみた。
「ああ、その予言はたぶん当たりますよ。2045年でしょう。科学技術の発展予測とぴったりと合致しますから」
この2045年は未来予測界では非常に有名な年である。それはレイ・カーツワイルが1990年代に予測した一台のコンピュータの計算能力が全人類の頭脳を合わせた能力を超えると予測される年。シンギュラリティの年である。
「神のごとき大王というのはおそらく世界最高性能の人工知能でしょう。AIの思考が人間が考えるあらゆる政策や謀略を上回る。世界の支配者たちの作ったルールの欠陥や、政治家が決めた欺瞞がすべて白日の下にさらされ、わかりやすく過去百年の支配の構造が解明されるとともに、AI支配によって世界は正されるようになることでしょう」
その後の政策はすべからく最大多数の最大幸福から大きく外れることができなくなり、結果として世界は正しい場所へと戻ることになるだろうというのが、現時点での未来予測科学の一致する意見なのだそうだ。
つまり『をのこ草子』は、シンギュラリティの到来までの戦後100年間を正しく予言していたのである。
文=ホラッチェ

TOCANA
https://tocana.jp/2021/02/post_199867_entry.html














2046年〜(乙女座天王星)
【5】2046年〜(乙女座天王星)
★シンギュラリティの時代
乙女座は、細かい物事や緻密作業全般に影響する星座です。
つまりプログラミング、コンピュータ言語、人工知能に関する革命が起きる時期と解釈できるでしょう。
人工知能が人間の知能を超え、生活が大きく変化するという概念を
「技術的特異点(シンギュラリティ)」
と言います。一般的に流布されているレイ・カーツワイル博士の説によれば2045年が可能性が高いとのことです。
とはいえ、社会の変化は、大抵の場合、助走期間がありますので、翌日から急に違った生活を強いられるというのは考えづらいです。
2044年〜2046年の間に木星と冥王星の合とか、天王星と冥王星の衝など占星術的にインパクトのあるイベントが目白押しであり、その3年間において世界がじわじわと激変していくものかと考えられます。
☆人工知能が人類を凌駕するということで、実務的なことは人工知能がやってくれるとした場合、人類は何をするのでしょうか?
おそらくは、技術に関する法整備、倫理・哲学の整備、管理責任などそういったことが求められるのでしょう。
機械が起こした事故は誰が責任を取るのか、機械が生産した機械の所有者は誰か。
人に似せた機械を作成・廃棄するときに制約を作るべきなのか・・・
そういった細かいことが沢山決められ、守ることが義務となります。
ところでテクノロジーは、加速度的に進歩しており、世界の保存情報は、2年ごとに倍になるとすら言われています。
とはいえ、いくらデータや知恵があったとしても、それを物理的に影響を与えるいわば手足が無ければ、バーチャルの存在に留まっているだけだということです。
例えば、2050年頃には世界で深刻な水不足が懸念されています。そういった、試算は機械の得意分野です。
ところで水不足の件ですが、日本は水資源は一見豊かそうに見えますし、水道を捻れば水はいくらでも出てきそうなもので、何が問題なのでしょうか。
実は問題は農作物の輸入にあります。
農作物の育成には多大な水を使うのです。
そして、現在大量の農作物を輸入しているということは、大量の水を輸入しているのと同義なのです。
ついでに言えば、インフラの老朽化から日本国内の水道水の利用料金は高くなると言われています。
人工知能様がこういった社会問題を解決してくれればいいのですが、いくら優秀な頭脳があったとしても、地球規模で何らかの解決策を実行してくれる手足が無ければ、理想通りの世界には中々ならないでしょう。
・・・そんな感じで、未来の状況を天王星の動きに即した時系列にまとめてみました。
既に記述したとおり、その時期になったら、いきなり切り替わるのではなく、グラデーションのように少しずつ変化していきます。
周囲の人たちの携帯電話がガラケーからじわじわスマートフォンに切り替わったかのような感じです。
グラデーションの最先端の部分を見極めつつ、少しだけ先行して、少しずつ慣らしていくのが、多分、効率の良い生き方なのだと思われます。

魔術師ダッチの人生放浪日記
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/76970791.html
http://cagliostro-a-dutch.blog.jp/archives/77758493.html













注目したいのは144年周期(半周期72年)ですが、日本の歴史を振り返ってみましょう。
   ● 日露戦争(1905年前後)
   ● 経済発展(1976年:昭和51年) 1905+72=1976
この144年(72年)というのは表側のリズムで、その下には裏側リズムがあります。
それは72年ウエーブの半周期ずれた位置になり、36年(半周期18年)となります。
ここにも表裏一体、陰陽の法則があるのですね。
   ● 日露戦争(1905年前後)
   ● 太平洋戦争開戦(1941年:昭和16年) 1905+36=1941
では、太平洋戦争開戦の年から表のリズム72年さかのぼってみましょう。
   ● 明治維新(1868年〜1869年) 1941-72=1869 となります。
明治維新とはあのチョンマゲ、サムライの江戸時代から西洋文明への節目です。
当時の人々にはそれこそなにがなんだかわからない時代の変化だったでしょう。
なにせそれまでは鎖国をしていて、鼻の高い外人さんなんか見たことなかったの
ですからね。大変勇気のいることだったでしょうし、恐怖心もあったでしょう。
   ● 明治維新 1869+144=2013 2013年です。
   ● 太平洋戦争 1941+72=2013 2013年ですね。      
72年(36年) 裏リズム
72年(36年) 表リズム
1868-1869 明治維新
1904-1905 日露戦争勝利
1940-1941 太平洋戦争・敗戦
1976-1977 高度成長
2012-2013 ???
2048-2049 ???
よく考えると、表リズムに現れるのは勝利、経済発展がみられますが、
裏リズムにおいては 国内混乱、暴動、生活困窮がキーワードっぽい感じですね。
東経135.0度地点がこれからの文明の基点になるそうですが、
上にはハバロフスクがあり 南半球にいくとニューギニアを通り、オーストラリアに到達します。
これからは明らかに極東、ASEAN(アセアン)などの東アジア地域が繁栄します。
完成形は30年後くらいでしょうか。
「スターチルドレンと呼ばれる若者たち」という日記で紹介しましたが、
今の小学生、幼児が大人になって、社会をけん引していく頃でしょう。
私たちはその基礎を作らなければならないのですね。
完璧に私は鬼籍の人間です。
「ガイアの法則U」によると、
2030年までにはアジア全域の新社会への流れを与える人々が日本にあふれるようになるだろう・・・
ということです。
そうして多くの日本人が民間レベル、意識レベルでアジアをリードするようになる。
それは、決して行政レベルではなく、
個々の人々が、個々の意志で土台を形成する。
それは135度地点の意志だそうで
「大阪首都移転」は実現しそうですね。
その前に、今年来年と相当な覚悟が必要みたいです。
表には載せていませんが、天変地異もあるでしょうし、金融システムがガラッと変化
するでしょうから、経済の混乱は少なからずあります。
天変地異は地球の活動でもありますし、人類の業の清算のために仕方のない現象です。
火、水、風などによる大地と人類の浄化はあるでしょう。
ユダ金たちが去ってこれで平和が・・・と簡単にはいかないでしょう。
ユダ金成敗には中国、ロシアも協力してきたでしょうが、成敗後は今度は日本が標的に
なると思いますよ。2013年〜2015年が日本にとって一番大変でしょう。
「神国の民」である日本人を真に目覚めさせることが一番重要なのです。
そのためにこの二国が大役を仰せつかるって感じかな? (必要悪)
日本は、どんなに苦しくても、辛くても、腰ぬけと言われても絶対に太平洋戦争の
二の舞はしてはいけないのです。参加も加担も許されません。
これから数年は、日本人全員が色々な意味で試されていくと思います。
「大阪首都移転」ということは、東京は首都としてのお役目が終わるということですから
私的には福島原発がこのままというのは考えられないですね。
原発自体も、公然の秘密である「核兵器所有」も日本国自体の業の清算の対象になる
のではと思います。皇居も最終的には京都移転という方向に行くのではないかしら。
「東京が首都でなくなるのは嫌だ〜」「経済混乱なんか嫌だ〜」「このままでいたい」 ・・・とお考えの方は、
なるべく早く「古い上着」は脱いだ方がいいですよ。
古い価値観、古い観念、古い対象物、執着心をいさぎよく捨てなければ
崩壊の際には大きな代償を払うことになるそうですから。
こういった精神性は団塊の世代以上に多くみられるので、遅かれ早かれこの時代から
去らなければならないでしょうね。
        崩壊 → 浄化 → 建設 → 再生 
物は考えようで、
衰退するばかりの欧米よりはずぅーと希望が持てるのですから。 
10代〜30代のみなさん、新しい価値観で新生日本をお願いします。

MU(ムー)のブログ
http://agnes2001.blog.fc2.com













posted by datasea at 00:28| Comment(0) | ◇ AI・ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事故物件住みます芸人・松原タニシ: 5年後にすべてを無くします....

事故物件住みます芸人・松原タニシ: 5年後にすべてを無くします....
事故物件住みます芸人・松原タニシ 顔が真っ黒の心霊写真に「5年後、すべてを無くす」の予言...今年ついに現実に!?:東京怪奇酒
ドラマ テレ東
テレ東プラス
2021.3.4 【ドラマ25】東京怪奇酒
漫画家・清野とおるの同名コミックを原作に、杉野遥亮が主演しているドラマ25「東京怪奇酒」(毎週金曜深夜0時52分放送)。
全員が本人役で登場し、ホラーが大の苦手だという杉野が、"怪談オールスターズ"として登場するゲストから心霊話を聞いて夜な夜な怪奇酒を堪能するという、ちょっとコミカルなホラー作品です。
3月5日(金)放送の第3話には、怪奇マスターとして"事故物件住みます芸人"の松原タニシさんが出演。体験談をまとめた著書「事故物件怪談 恐い間取り」がベストセラーとなり、2020年には中田秀夫監督、亀梨和也主演で映画化も。現在も事故物件に住み続ける松原さんに、自らの身に起こった最近の怖い出来事や、ドラマ出演の感想などをうかがいました。
「5年後、すべてを無くす」との預言が現実に!?
――松原さんは事故物件に住み続ける"事故物件住みます芸人"ですが、住む家を選ぶポイントはありますか?
「以前は亡くなられ方のパターンをコンプリートしようとしていたんです。殺人、自殺、事故死、孤独死......。ですが、だんだんパターンがなくなってきましたし、何も起きない事故物件も多いので、幽霊が出るとか確実に変なことが起こる物件を探すようになりました」
■事故物件1軒目にて
――実際に心霊スポットへ足を運んだり、事故物件に住んだりする中で、まだ著書などに書かれていない最近の不思議な経験を教えてください。
「4年前、撮った写真が自分の顔だけ真っ黒で、それを見たお坊さんに
『5年後、すべてを無くします』
と言われたんです。『東京怪奇酒』の原作にも載っているように、事故物件に住むと運気が上がるらしいんです。で、あるときストンと落とされる。落差がすごく、いいことも悪いことも大きくなるそうなんです。
僕も事故物件に住み始めてから仕事も増えてきて、昨年は著書『事故物件怪談 恐い間取り』が映画化され、このドラマのお話もいただいて、ありがたいなと思っていて。
けど、年をまたいで2021年になった瞬間に、昨年1年間のLINEのデータが全部消えたんですよ。ちょうど今年がその5年後。すべてをなくす予兆なんかな、と。あと、痔もひどくて、いよいよか......という気がしています」
――痔は一刻も早く病院へ行って診ていただければと思いますが(笑)。そういう場所へ向かう際、例えばお払いなど何かしていることはありますか?
「自らネタを探しに行ってるので、その辺はなんとも言えないといいますか。何か起きて欲しいと思って、自らを使って人体実験をやっているので気にしてないんです」
――以前、一緒に行った廃神社で、そこに祀られていた教祖さまに取り憑かれて、その教祖さまのことを詳しく説明し始めた後輩のことを話していらっしゃいましたが、その方はその後どうなったんですか?
「普段は普通です。けど、あの廃神社の話をすると、『やっぱり○○さんはすごいですよ! なんでこのすごさがわからないんですか』ってめちゃくちゃ褒め出すんで、まだ憑いてますね(笑)。廃神社に行ったあと、そいつと別の神社に行ったんです。そうしたら、急に階段を走り出していろんなお塚にお辞儀し出して。最終的にたどり着いてお辞儀していたのが、奈良の廃神社と同じ名前の人が祀られているお塚やったんです。オカルトにまったく興味のない人間ということもあって、"あぁ、これは本物やな"と思いましたね」
■事故物件に住み続ける意味
事故物件6軒目にて
――松原さん自身、怖いことはお好きなんですか?
「好きじゃない、ってことはないんだろうなと思います。『ドラゴンボール』の孫悟空が、勝てそうにない相手を目の前にして『ワクワクする』のと同じ感じで、僕にとって(心霊は)乗り越えられそうなものだから楽しめるのかもしれないですね。
例えば、殺意のある人間とか野生動物のように確実に命の危険があるものを前にすると、怖くて逃げ出すと思うんですよ。
けど、幽霊って恐怖ではあるけれど、乗り越えられそう。呪われることがあるかもしれないですが、"そもそも呪われるってなんやねん"と(実態を)確かめるところまではいきたいなと思う。殺人鬼やイノシシ、クマを目の前にしてそんなことは言ってられないし、逃げるしかないですけど、僕にとって幽霊はちょうどいい怖さだと思います」
――ドラマでは、主人公・杉野さんは怖い話は苦手ながらも、怪奇マスターの話を聞いて好奇心から心霊スポットへ出向いてお酒を飲むという行為を繰り返します。怖いもの見たさという心理を、松原さんはどう考えていますか?
「この間、『リング』の著者・鈴木光司さんとお話しさせてもらったんです。
鈴木さんは船を持っていて、むちゃくちゃ遠いところまで行くんですって。何回も死にかけてるらしいんですが、そういうギリギリの体験をすることで人間として危機察知能力が培われているというようなお話をされていたんです。
それを聞いて、僕が怖いものを探ったり聞いたりしてるのって、自分の死なない範囲を広めているというか、生きるための行動としてやってるんかな、と。怖い話を聞くことは安全圏からの行為ではあるけれど、冒険や探検と同じように、"生存確率を伸ばすための快楽"として人間にプログラミングされているものなのかな、というようなことを考えました」
■事故物件7軒目にて
――心霊体験をしたり、事故物件に住んだりすることも、松原さんにとっては生きるためにやっていることだと。
「そうですね。事故物件に住むようになって、"死ぬことって身近なことなんやな"と感じるようになったんです。それに"死"は、みんなが興味を持っているテーマ。芸人には家電芸人とかキャンプ芸人とか得意なものを仕事にしている人がいますが、"ほかの芸人とかぶらないものってなんだろう"と探して行き着いたものが"事故物件"だったんです。死にまつわることには誰しも興味があって、掘ったらどんどんいろんなことが出てくるジャンルなのに、誰もやってない。なんてすごくいいものを見つけたやと思ったんですよね。だから、自分からもっと死に近づいて、さらにいろんなことを発信していこうと。うわべだけじゃなくて、特化したことをやっていく芸人を目指したいと思うようになりました」
――怖い話を求められることも多いでしょうが、話す際に気をつけていることはありますか。
「嘘をつかないということですね。怖がらせることをメインにしているなら、嘘をついてもいいし、過剰な演出をしてもいい。けど、僕は事実にしか興味はないので、わざわざ怖がらせるための演出はしないですね。あとは、楽しく話す。怖いものや死にまつわることであっても楽しいほうが絶対に楽しい......変な日本語ですけど(笑)、僕の怖い体験を楽しんでもらえるように提供できたら成功なのかな」
■事故物件に住みはじめてからは夢遊病も
事故物件8軒目にて
――今回、ドラマ第3話に怪談マスターとして出演されますが、現場の感想を聞かせてください。
「全員が本人役ということで、自分を演じる難しさを感じましたね。ドラマ的な自分なのか、視聴者的な自分なのか。『自分を演じて』と言われても、自分は誰なのか、どう見られている自分が正解なのかわからなくなって。けど、杉野さんのボロボロの台本を見て、頭にセリフを叩き込んで(現場では)流れでやるのが正解のかなと感じたので、自分がしっくりくる感じでやってみました。
そもそも、自分のことってよくわからないですよね。僕は最近、夢遊病みたいになっていて、寝ている間に行動を起こしていることがよくあるんですよ。もしかしたら何者かに(体を)乗っ取られてる可能性もあるなって思うと、本当の自分がよくわからなくなってしまって」
――夢遊病みたいな行動を起こしてしまうのは、いつからなんですか?
「事故物件に住み始めてからですね。徐々にひどくなっている気がします。朝起きたら昨日買ったお菓子がなくなってるっていうのはよくあります。定点カメラで夜中の様子を撮影したら、勝手に起き上がってチョコをむさぼってスッと寝てる自分の姿が映ってました」
松原さん出演「東京怪奇酒」第3話より
――痔に続いて、夢遊病も心配ですね......。杉野さんの台本がボロボロだったとのことですが、彼の印象はいかがでしたか?
「すごく真面目で誠実な好青年というイメージでしたが、現場で全然、目が合わなくて。最初の挨拶をした時も、絶対に目を合わせようとしないんです。お芝居に入ると普通に目を合わせてもくれるんですが、カットがかかった瞬間、目をそらして鼻歌とか歌い出したり、絵を描いたりして、すぐ自分の世界に入るんです。だから、"あぁ、役者さんってコミュニケーション能力がすごく高い方とオフではすごくシャイな方の2種類がいて、杉野さんは後者なのかな"と思っていたんですが、あとからスタッフさんに聞いたところ『杉野さん、ガチでタニシさんのこと、怖がってます』と(笑)」
――杉野さんは怖い話が苦手なんですね。では、撮影の空き時間に「怖い話を聞かせてください」と言われるようなことは?
「まったくなかった。なんなら、『本当にやめてください』って感じでしたね。僕から目をそらすのは、杉野さんなりの防御だったんだと思います。そのエピソードを知って、可愛らしい方なんだなと思いました」
――原作者の清野さんとは、もともと面識があったんですよね。
「以前、対談させていただいたこともあるんですが、共感できる部分がたくさんある方で。変なものに対する興味がすごく純粋で、違和感や不自然を放置しない。そういう歪なものに対して愛情を持って執着するところがすごく信頼できる方だなという印象でした。僕と清野さんは、"正直同盟"というものを組んでまして。『タニシさん、僕たちで欺瞞に満ちた世の中の嘘を暴いていきましょう』と。ドラマかつドキュメンタリーでもあるこの作品も、清野さんとしてすごく面白いと感じて描きあげたんでしょう。だから、今回のオファーはすごくうれしかったですね」
【プロフィール】
松原タニシ(まつばら・たにし)
1982年4月28日生まれ。兵庫県神戸市出身。B型。ピン芸人。2012年、テレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」の事故物件に住む企画をきかっけに、その後も自殺や孤独死が起こったワケあり物件に 住み続け「事故物件住みます芸人」として活動。2018年、著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房)がベストセラーとなり、2020年、中田秀夫監督、亀梨和也主演で映画化。ほか、「異界探訪記 恐い旅」「事故物件怪談 恐い間取り2」(二見書房)などの著書、日テレプラス「松原タニシのいきなりホラー旅」、ラジオ関西「松原タニシの生きる」、CBCラジオ「北野誠のズバリ」、YouTube・ニコ生で配信の「おちゅーんLIVE!」「大島てる×松原タニシの事故物件ラボ」など で活躍中。
Twitter:@tanishisuki
(取材・文/高本亜紀)

テレ東プラス
https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2021/023368.html




posted by datasea at 00:19| Comment(0) | + 墓地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎名基樹: 市川海老蔵5月大地震予言??....海老蔵寝ろ!

椎名基樹: 市川海老蔵5月大地震予言??....海老蔵寝ろ!
市川海老蔵のネット活動が異常すぎる 「地震予言」で驚いている場合じゃない
3/1(月) 8:51配信
週刊SPA!
いまや海老蔵のネット活動はブログだけではない。(「ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ」より)
文/椎名基樹
市川海老蔵、地震予言でネットをザワつかせる
2月13日の深夜に福島県沖を震源地に発生したマグニチュード7.3の大地震を、歌舞伎役者の市川海老蔵が予言したと話題になった。
海老蔵は地震の起こる約10時間前に「なんとなくだけど、地震きて欲しくないなーとふと思う」とツイート。その翌日には早くも、自身のYouTubeチャンネルで、その予言の顛末を語った。
予言ツイートをした時、彼は車で移動中であったそうだ。
その時、異常な睡魔に襲われ体の調子が非常に悪くなったことを、地震発生のサインだと感じて、件のツイートをしたと言う。
そして、自分は、災害が起こる気配を感じ取ってしまう体質であり、しかしそれは「そういう人なだけで、特別じゃない」と語った。
どう考えても「特別」だと思う。海老蔵の中で、オカルト的な存在は、疑うまでもなく当然のものとして、受け入れられているらしい。
それよりも印象に残ったこと……
そして、このYouTube投稿の中で海老蔵は、今年の5月にもっと大きな災害が発生する予感がしていることを匂わせた。
彼は、ほぼ1年ほど前から、この予感を覚えていて、ピンポイントでその日にちも見えているが、それは「言わないほうがいい」そうだ。
市川海老蔵は、この時期のスケジュールをすべてキャンセルしているそうだ。
この投稿について世間では「いたずらに不安を煽るだけだ」と批判の声が上がった。それも当然だろう。
しかし私はオカルトの存在を信じていないので、ただたわいもない発言に感じられた。
むしろ私は、そのことよりもこのYouTube投稿の中で海老蔵が自らがショートスリーパーであると語っていることが印象に残った。
海老蔵独特のギラギラした目や他人が容易に近づけないような雰囲気と、アドレナリンに翻弄されて眠りを妨げられる姿が重なって、妙な納得をしてしまった。
YouTube、インスタ、TikTokにまで手をだして…もう海老蔵は止まらない
市川海老蔵は、ブログ、Twitter、Instagram、YouTube、Facebook、TikTok、オンラインサロン、そして今話題のClubhouseとほぼすべてのSNS・ネットサービスを制覇している。
ただやっているだけでなくどれも相当の頻度で新しい投稿をアップしている。
私など想像するだけで辟易としてしまう。
しかし、アドレナリンに突き動かされる海老蔵のような「速い」タイプには、こんなこと朝飯前なのだろう。
むしろこのくらい「社会生活過剰」の方が気持ちよく生活できるのかもしれない。きっと、明石家さんまと同じく「止まったら死ぬ」タイプなのだ。
ただそれにしてもTikTokまではやりすぎなのではないか(笑)。
特にお笑い芸人・西村ヒロチョの「ロマンティック鉄道」を演じたTikTokには唖然とした。
カメラを見る目力ときれいに整えすぎた眉毛が、オネエ言葉にも聞こえる歌唱にマッチしすぎていて、鬼気迫るものがある。
有り体に言って怖い。西村ヒロチョの自己愛が強いキャラクターと、海老蔵のキャラクターが重なり(整えられた眉毛も)、このマニアックな芸を彼が選択した理由が見えるような気がした。
ネットやってる場合じゃない
また、カジサックや中田敦彦のように、自らYouTubeに活動の場を移した芸人と、アドレナリン多寡で、媚びることのできない自我の強さ、それによって孤立することなど、市川海老蔵は共通点が多いように思えた。
そうした性格プラス、ワーカホリックな市川海老蔵と、他人から何かを強要されることなく自分発信で、露骨に数字を競い合うインターネットメディアは非常に親和性が高かったのではないだろうか。
しかし、市川海老蔵の本業は役者である。
海老蔵はワーカホリックで「止まると死ぬ」のかもしれないが、私生活を見せず神秘性を保つのも役者の大切な仕事のはずだ。
また、今回のように地震予知などして世間を騒がせるのは、あまりにも無責任だ。
海老蔵ほどの有名人でも、ネットメディアにおける「人気投票」の数字の競い合いは、我を忘れて没入してしまうものらしい。
むしろ、ワーカホリックな彼らのようなキャラクターこそが、数字の争いに最も心奪われる人種に思える。しかし、露骨な数字の競い合いの中で、オカルトの予言をする事は、自ら墓穴を掘る行為に思える。
特に歌舞伎界一の大名跡を継ぐ、市川海老蔵がするべきことには思えない。
とりあえず「海老蔵寝ろ!」である。
【椎名基樹】
1968年生まれ。構成作家。『電気グルーヴのオールナイトニッポン』をはじめ『ピエール瀧のしょんないTV』などを担当。週刊SPA!にて読者投稿コーナー『バカはサイレンで泣く』、KAMINOGEにて『自己投影観戦記〜できれば強くなりたかった〜』を連載中。ツイッター @mo_shiina

Yahoo! JAPAN
https://news.yahoo.co.jp/articles/5145c726615eaecd7cd9cf20b4dff49029dcc1e9





「気になる日がある」地震的中の市川海老蔵が別の“予言” 「不安を煽るだけ」など批判の声も
2021.2.20
歌舞伎役者の市川海老蔵が2月13日の地震を予言したと話題になっている。
海老蔵は地震の起こる約10時間前に「なんとなくだけど、地震きて欲しくないなーとふと思う、」とツイート。
“予言”だと驚きの声があがっているが、ただ、地震については、少し前に千葉の銚子沖に正体不明の生物の死骸であるグロブスターが打ち上ったり、その前にはハマグリが大量に打ち上ったりしている。これらは地震の予兆と言われており、こういうニュースを無意識に目にしていたことや、10年前の3月11日を思い出すタイミングでもあったということも関係している可能性は高いだろう。
「海老蔵さんは当初「昨日のツイートはたまたまですから、あんまり信じないでね、」と冷静にコメントしていましたが、その翌日にはちゃっかり自身のYouTubeで“予言”の詳細について語りました。海老蔵さんによると、彼は災害などの危険を感じ取る能力があるそうで、さらに別の”予言”もしています(苦笑)」(スポーツ紙記者)
「去年の4月か5月からもうちょっとすごいの感じ取ってるんだよね」
「言わないほうがいいと思うんだけどな」
「ピンポイントで気になる日がある。5月。前後するかもしれないけど、なんか5月。具体的になにかもわかってる」
とのこと。
「ただ、これにはただ漠然と不安を煽るだけだと批判が殺到していますね」(前出・スポーツ紙記者)
言わないほうがいいと思うのに言っちゃった・・・。 (zakzak編集部)

zakzak
https://www.zakzak.co.jp/ent/news/210220/enn2102200008-n1.html



posted by datasea at 00:06| Comment(0) | ♪  アート,エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森永卓郎: 株価バブルは3〜5月に崩壊

森永卓郎: 株価バブルは3〜5月に崩壊
森永卓郎が予言「株価バブルは3〜5月に崩壊する。危険な指標ときっかけは……」
2/27(土) 10:05配信
庶民には30年ぶりの株高という実感はない(時事)
日経平均株価が3万円を超え、失態続きの菅義偉・首相はそこにすがるように、「3万円は目標の目標のまた目標だった。感慨深い」(2月17日の国会答弁)と胸を張った。
昨年のGDPはマイナス4.8%という大幅な落ち込み、個人消費も5.9%減という真っ暗闇の経済状況で、こんな奇妙な光景が繰り広げられている。『週刊ポスト』(2月26日発売号)では、この株高がどのような仕組みで演出され、誰が儲けているかを詳しく分析しているが、簡単に言えば日銀のカネと年金資金が湯水のごとくつぎ込まれ、それに乗じて儲けようとする海外ヘッジファンドが吊り上げているのが実態で、いつ暴落してもおかしくない「令和のバブル相場」だというわけだ。
バブルであろうとなかろうと、株を買う投資家がいる限りは株価は下がらない。では、いつ、どういうきっかけでバブルが崩壊するのかが国民の知りたいところだ。生涯をバブル研究に費やした経済学者、ジョン・ケネス・ガルブレイスは、「バブルがいつ弾けるのかを正確に予測することは誰にもできない。ただし、すべてのバブルは必ず崩壊する」と結論づけている。それほどにバブル崩壊を予測することは難しいのだが、何もヒントがないわけではない。経済アナリストの森永卓郎氏は、「この春にも崩壊する」と分析している。
人類はこれまでに100回近く大きなバブルを経験しています。17世紀のオランダで起きたのが最初とされますが、すべてのメカニズムは共通しています。誰かがある資産を買い、それが値上がりして利益を得ると、周囲の人たちが「アイツ、いいなあ」と真似するようになって価格がさらに上がる。それが世間に知られてくると、「乗らなきゃ損」という空気になって新たな投資家がどんどん増えてバブルが拡大していく。そして、やがて実体とかけ離れた資産価格が作られるのです。
今回の株バブルは、1980年代のバブルより危険だと思います。
先日、アメリカの自動車メーカー「テスラ」がビットコインを15億ドル(約1600億円)購入したというニュースがありました。
これが今回のバブルを象徴しています。そもそもテスラ社の時価総額は、トヨタ、GMなど世界の自動車大手6社の合計よりはるかに大きくなっているのですが、生産台数を見ればトヨタの19分の1程度しかない。なぜ同社の株がそんなに値上がりしているかというと、「これからは電気自動車の時代だ。電気自動車といえばテスラだ」という単純な発想で投機的に買われたからです。でも、電気自動車はトヨタなど他のメーカーも作っています。テスラが市場を独占することなどあり得ないのだから、すでに同社の株価が実体とかけ離れていると見るべきです。
そして、同社は株価が上がって資金が潤沢になり、ビットコインに投資した。
この投資先にも実体がありません。通常なら、株にはその会社の資産という裏付けがあり、紙きれのように見える日銀券(現金)にも日銀の資産という裏付けが一応はある。
しかし、ビットコインにはそうしたものは何もありません。テスラが買ったという情報だけで価格が暴騰し、もう鉄火場のような騒ぎです。これは、これまで人類が経験してきたバブル崩壊前夜の光景そのものです。
コメント
森永氏は確か日経23000円ぐらいのときもバブル弾けると言っていて11月ごろも弾けると言ってた。言い続ければいつかは当たりますよ!!
上がったものは下がり、下がったものは上がりますよ!初心者さんでもわかっているはず。
下がると言うのは自由だけど何月とか指定しないほうが良いですよ。 当たらないし誰も予測できないのだから・・・

Yahoo! JAPAN
https://news.yahoo.co.jp/articles/5145c726615eaecd7cd9cf20b4dff49029dcc1e9

posted by datasea at 00:05| Comment(0) | $ 経済学者,経済オタク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月16日

松原照子: 日向灘が震源地にならなければいいナ.......



松原照子: 日向灘が震源地にならなければいいナ.......
世見2021年4月3日豪雨と地震について
2021/04/03 00:00
世見2021年4月
★世見★
松原照子氏のスピリチュアル情報
<世見>
世見2021年4月3日豪雨と地震について
今年の夏も暑そうですね。梅雨頃には大雨も心配になります。
昨年は“令和2年7月豪雨”と言われるくらい、例年の年間総降水量の半分以上も降った地域もあり、岐阜、長野においては時間当たりの降水量が観測史上最高となる地点が続出したのを思い出します。今年は、梅雨前線のご機嫌はどんなものなのでしょう。
梅雨前線が停滞すると、広い範囲で大量の降雨が続くのも気に掛かります。天災の中でも、被害が前もって予測が付きやすいのが大雨・洪水です。
安全な避難場所への事前誘導はとても大事なことですが、2018年の7月の豪雨の時は、避難の仕方が変わったのをニュースで見たりもしました。ホテル泊、車中泊といった新しい避難方法が提唱されたりもしましたからね。
7月に入ると毎年のように豪雨になってしまう日本。今年も心配になってしまいます。今年も台風が休日をとってくれるとは思いません。地震だって、日本に住んでいる以上、巨大地震を再度体験することになるのは仕方がないのでしょうね。
ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの接する南海トラフを震源地とする巨大地震など誰も体験はしたくありませんが、今後30年以内に70〜80%の確率でM8〜9の大地震が発生すると予測されている以上、私達は覚悟をしてその時を待たなくてはいけないのかもしれません。
日向灘が震源地にならなければいいと、今、何故かこんなことを思いました。
伊豆半島から九州東岸にかけて、いつどこで大地震が発生するかわからないのです。直接の被害だけで終わらず、社会全体に多大な影響を与えるのも心配になります。

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/480830833.html







<世見>
世見2021年3月30日 揺れたとき何をするか
地震のことを書くとご心配をお掛けするかもしれませんが、私自身も気になるのが地震です。
私の体は何を感じ取っているのか、自分が地震を体感する数時間前頃から、腰に独特な痛みが走ります。ズキンズキンというのではなく、動きたくないといいますか、動けないといいますか、腰にズワーといいますか、息を止めて痛みが治まるのを待つような、表現しにくい痛みがやって来ます。
2月13日も8時頃からこの痛みがやって来て、湿布を腰に貼ったりもしました。だからね。地震が来るなぁ〜と身構えてから、午後11時8分の揺れが来るまでの間、かなりの緊張状態で何となくテレビを見ていました。
緊急地震速報のアラームが鳴った時には再びあの腰の痛みです。私は地震が起きると俊敏な対応が出来ません。あなたも、地震が起きる前に体で何かを感じませんか。耳鳴りや、耳の中でピーと鳴る音と申しますか、何かいつもと違う感じを体感したとか‥‥。私達には動物的勘があり、地面の動きを感じ取れるものがあると思うのです。感じたからといって、私のように役立たせることは出来ないかもしれませんが、気構えだけは出来ると思っているのです。
体にお知らせが来た時には、恐がるのではなく、揺れが起きた時、何をするかくらいは考えておいた方がいいということをこの度学びました。地震大国日本列島に暮らす以上、心配して待つのではなく、日頃から、もしもの時自分はどのような行動をとるのかを考えていてもいいのではと思います。
この間の地震はM7,3もの大きな地震にもかかわらず、被害が少なかったのが幸いでしたが、そんなに遠くないある日、又、大きく揺れるかもしれません。

あほうどりのひとりごと
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/480750762.html
http://www.xn--l8ji6b8dbd9a6a7e0hd.com/article/480830833.html










3月末,ほぼ一年振のブログ更新。。
真面目に逝去されたと思っていたが。。
何はともあれ今後に期待。。

ygvhhhhhh pc


posted by datasea at 11:43| Comment(0) | % 松原照子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする